2017年10月20日 (金)

鳥見歩る記*浅川(長沼橋から大和田橋)2017.10.12

20171012日  1030分~1350分 晴れ

 

浅川の長沼橋から大和田橋まで歩いた。

左岸長沼橋上流のさいかち池にはコガモが帰って来ていて、バンの幼鳥もいた。

モズが梢で陽を浴びながら高鳴きのような鋭い声でない、比較的穏やかな声で鳴いていた。

浅川に釣り人が多かった。

何を釣っているのか尋ねると「アユです」と答えが返ってきた。

アオサギ、ダイサギ、コサギ(写真)も同じところに集まって魚を捕っていた。

彼らもアユを捕っているのだろうか。 

 

@@@ 梢から 聞こえてきたよ モズの声 @@@

Photo


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ

コガモ

キジバト

アオサギ

ダイサギ

コサギ

バン

イカルチドリ

トビ

カワセミ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ツバメ

ヒヨドリ

スズメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ドバト

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2017年10月13日 (金)

鳥見歩る記*浅川(浅川橋から浅川大橋)2017.10.10

20171010日  1215分~1545分 晴れ

Photo

浅川の浅川橋から浅川大橋までの左岸を歩いた。

浅川橋下の落差工でダイサギとコサギが採餌に来ていた。

その近くでイソシギも飛び回っていた。

浅川大橋の上流側ではカルガモ5羽が羽を休め、カイツブリ1羽は潜水を繰り返していた。

川口川との合流付近の河原で見かねない白い花を見つけた。

写真を専門家に鑑定して頂いたら園芸種が野生化したヤマモモソウ(ハクチョウソウ)とのことであった。

川岸のピラカンサが赤い実を着けていた(写真)。

 

 @@@ 秋晴れの 河原で乱舞 キチョウたち @@@

Photo_2


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ 5

カイツブリ 1

キジバト 1

ダイサギ 4

コサギ 2

イソシギ 1

モズ 1

ハシボソガラス 2

ヒヨドリ 6

ムクドリ 4

キセキレイ 2

ハクセキレイ 4

セグロセキレイ 6

カワラヒワ 2

ドバト 2

アカタテハ 2

イチモンジセセリ 6

ウラナミシジミ 2

キタテハ 10

キチョウ 40

チャバネセセリ 1

ツマグロヒョウモン 8

ヒメウラナミジャノメ 5

ベニシジミ 6

モンキチョウ 6

ヤマトシジミ 10

ミヤマアカネ 15

アカツメクサ 

アレチウリ 

アレチハナガサ 

ウシハコベ 

オオイヌタデ 

オオブタクサ 

オギ 

キンエノコロ 

コセンダングサ 

コマツヨイグサ 

ジュズダマ 

ススキ 

セイタカアワダチソウ 

チカラシバ 

ツユクサ 

ツルヨシ 

ヒメジョオン 

ピラカンサ 

ブタナ 

ミゾソバ 

ムラサキエノコロ 

メマツヨイグサ 

ヤマモモソウ(ハクチョウソウ) 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

 

 

|

2017年10月11日 (水)

鳥見歩る記*北浅川(陵北大橋から東京天使病院裏)2017.10.9

201710日  1325分~1440分 晴れ

Photo


北浅川の東京天使病院裏から陵北大橋までを歩いた。

東京天使病院裏の堰の上流側でバンの幼鳥が草むらの根元で見え隠れしていた。

秋晴れのもと、チョウが結構あちこちに飛んでいた。

ベニシジミがコセンダングサで吸蜜している姿を撮ることが出来た(写真)。

 

 @@@ バン一羽 草藪根元 見え隠れ @@@

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カワウ 1

バン 1

トビ 2

モズ 1

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 3

シジュウカラ 2

ヒヨドリ 12

スズメ 15

ハクセキレイ 1

ガビチョウ 2

イチモンジチョウ 1

ウラナミシジミ 10

キタテハ 10

キチョウ 25

スジグロシロチョウ 12

ツマグロヒョウモン 1

ベニシジミ 3

モンシロチョウ 5

ヤマトシジミ 2

アキアカネ 3

ギンヤンマ 3

ナツアカネ 2

ハグロトンボ 7

ミヤマアカネ 15

アカツメクサ 

アカバナユウゲショウ 

アキノウナギツカミ 

アレチウリ 

アレチハナガサ 

イヌタデ 

ウシハコベ 

オギ 

コセンダングサ 

セイタカアワダチソウ 

チカラシバ 

ツユクサ 

ツルヨシ 

ハキダメギク 

ハナタデ 

ママコノシリヌグイ 

ミゾソバ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

 

 

|

2017年10月10日 (火)

鳥見歩る記*種入り(稲刈り)2017.10.8

2017年10月8日、10時00分~14時00 晴れ

Photo

上川口小裏の谷戸の田んぼで行っている稲の不耕起栽培の稲刈りをした。

先ず斜面林から竹を切り出し、稲を乾燥する「はざ」を立てた。

今年の稲はイノシシにもやられず何とか稔りにこぎつけた。

無肥料のため、稲の分けつが少なく収量はあまり望めないが、手刈りで刈った稲を束ねてハゼ架けした(写真)。

畦に試作したハヤトウリは実を着けてくれた(写真)。

Photo_2

斜面林ではバアソブが花を咲かせ(写真)、シオデの黒い実がなっていた。

脱穀は1029日に足踏み脱穀機で行う予定である。 

 

@@@ あぜ道で 稔ってくれた ハヤトウリ @@@

Photo_3

観察された鳥、蝶、蜻蛉、花など

アオゲラ 

ハシボソガラス 

ハシブトガラス 

ヒヨドリ 

ウグイス 

イチモンジセセリ 

キチョウ 

ツマグロヒョウモン 

ミドリヒョウモン 

モンキアゲハ 

アキアカネ 

ノシメトンボ 

ミヤマアカネ 

ツクツクボウシ 

ジョロウグモ 

アメリカセンダングサ 

キツネノマゴ 

シオデ 

ツリフネソウ 

トネアザミ 

ノハラアザミ 

バアソブ 

ミゾソバ 

ユウガギク 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2017年10月 6日 (金)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース) 2017.10.3

2017年10月3日、10時55分~14時25分 晴れ

 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

Photo_2


高尾山蛇滝コース:アオゲラの声を3ヶ所で聞いた。

蝶はアサギマダラ以外は観察できなかった。

4号路のタカオヒゴタイが風前の灯のようであるが、今年も何とか花を咲かせていた。

ヤクシソウも咲き出した(写真)。

この花が咲き出すと秋も深まってきたという感じである。

ヤマトフキバッタというバッタに出合った(写真)。 

 

@@@ 今年また タカオヒゴタイ 見て嬉し @@@

Photo_4


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

トビ 7

アオゲラ 3

ハシブトガラス 8

ヤマガラ 5

ヒガラ 2

ヒヨドリ 20

メジロ 10

ガビチョウ 2

アサギマダラ 6

アブラゼミ 10

ツクツクボウシ 15

ミンミンゼミ 5

アキノキリンソウ 

アキノゲシ 

アズマヤマアザミ 

イヌショウマ 

オオミゾソバ 

オオヤマハコベ 

オクモミジハグマ 

カシワバハグマ 

ガンクビソウ 

カントウヨメナ 

ギンミズヒキ 

コウヤボウキ 

シュウブンソウ 

シラヤマギク 

シロヨメナ 

タカオヒゴタイ 

タマアジサイ 

チヂミザサ 

トネアザミ 

ノブキ 

ハダカホオズキ 

ハナタデ 

ヒヨドリバナ 

フジカンゾウ 

マツカゼソウ 

ミズヒキ 

ヤクシソウ 

ヤブハギ 

ヤブミョウガ 

ユウガギク 

レモンエゴマ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2017.10.3

2017103日45分~1055分 晴れ

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

 

高尾小仏川コース:小さいながらタカ柱的なトビの集団に2度出合った。

先ずスタ―ト地点の上椚田橋付近から見て清滝駅方向で5羽の集団、次に梅郷橋の北側の山裾で7羽の集団であった。

ヒヨドリバナ(写真)がまとまって咲いていたが、そこにアサギマダラは来ていなかった。

 

 @@@ 高尾山 秋の空舞う トビの群れ @@@

Photo


カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

トビ 12

アオゲラ 2

モズ 1

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 2

シジュウカラ 14

ツバメ 5

ヒヨドリ 3

キセキレイ 2

ハクセキレイ 1

キチョウ 1

ミドリヒョウモン 3

ムラサキシジミ 1

ヤマトシジミ 5

オオスカシバ 1

アキアカネ 

ツクツクボウシ 2

ミンミンゼミ 1

ジョロウグモ 

アキノウナギツカミ 

アキノゲシ 

アズマヤマアザミ 

アメリカセンダングサ 

オシロイバナ 

オッタチカタバミ 

カゼクサ 

カントウヨメナ 

キツネノマゴ 

キンエノコロ 

ゲンノショウコ 

コウヤボウキ 

コセンダングサ 

コメナモミ 

シュウブンソウ 

シロヨメナ 

ススキ 

ダンドボロギク 

チカラシバ 

チャノキ 

ツユクサ 

ツリフネソウ 

ツルニンジン 

ツルヨシ 

ノダケ 

ノハラアザミ 

ノブキ 

ハナタデ 

ヒメジョオン 

ヒヨドリバナ 

ベニバナボロギク 

ボントクタデ 

ミズヒキ 

ミゾソバ 

ヤクシソウ 

ヤブラン 

ヤマゼリ 

ヤマハッカ 

ユウガギク 

ヨウシュヤマゴボウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2017年10月 2日 (月)

鳥見歩る記*城山湖(秋のサシバの渡り調査)2017.9.30

201730  11時35分1400分 晴れ

高尾山のほぼ東側に位置する城山湖ダムサイトで行っているサシバ他秋の渡り調査に参加した。

11時半過ぎに現地に着くと既に大勢の仲間が来て観察していた。

サシバは12時過ぎに東の空に7羽が出て、西に向かって渡って行った。

ハチクマも1羽ずつ2回、渡りが観察できた。

城山湖の湖畔北側には昨年なかったカワウのコロニーが形成され30羽以上が枝に止まっていた。

水面にはオオバンが来ていて、オシドリも奥の方でひっそりと休んでいた。

観察ポイントまでの道脇のコマツナギ(写真)が今年も綺麗な花を咲かせていた。

 

 @@@ サシバ出て 見送る人も 笑顔出る @@@

Photo


観察した野鳥などは以下の通りです。

オシドリ 

カイツブリ 

カワウ 

アオサギ 

ダイサギ 

オオバン 

ミサゴ 

ハチクマ 

トビ 

サシバ 

ノスリ 

モズ 

ハシブトガラス 

メジロ 

アキノゲシ 

コマツナギ 

ススキ 

ツリガネニンジン 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

|

2017年9月29日 (金)

鳥見歩る記*松竹公園付近(秋のサシバの渡り調査)2017.9.26

201726  10時15分1400分 晴れ

渡りをする鷹サシバ等の秋の渡りを観察するために八王子の西部・恩方の松竹公園付近に行った。

ここは八王子・日野カワセミ会のタカの渡り観察ポイントの一つで、10時過ぎに現地に着くと既に数名の仲間が来ていた。

午前中はイワツバメの集団が次から次へと渡って行った。ノスリ4羽の渡りもあり、ほぼ同時にハヤブサも出て来た。

地付きのトビも上昇気流を捉え旋回飛翔を繰り返していた。

一時は11羽が集団になった旋回飛翔を見せてくれた(写真)。

サシバは午後1時過ぎにようやく5羽が通過するのが観察された。 

Photo


@@@ サシバ行き トビだけ残る 秋の空 @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト

アオサギ

トビ

サシバ

ノスリ

ハヤブサ

モズ

カケス

ハシブトガラス

シジュウカラ

イワツバメ

ヒヨドリ

ウグイス

スズメ

カワラヒワ

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

|

2017年9月26日 (火)

鳥見歩る記*醍醐の里(読売カルチャー)2017.9.24

201724  10時15分1430分 晴れ

Photo_2


読売文化センターの講座で、今月は八王子市の奥座敷「醍醐の里」を歩いた。

スタートは恩方の「夕やけ小焼けの里」、関場は案下方面と別れて醍醐川沿いの里に入った。

今日の目標はクマタカとサシバの渡りとした。

途中カケスが何回も近くに出てくれた。

龍蔵神社で昼飯を食べ、その後一人だけ先に進んだ人が降宿集落でクマタカに出合うことが出来た。

最奥の民家のところで引き返し、午後2時龍泉寺を通り過ぎた所でサシバに出合うことができた。

少し遠かったが高圧線鉄塔の上空を旋回しながら上昇し、南西の方へ移動する3羽のサシバを捉えることができた。

鳥よりチョウの方が目立ち、特に龍泉寺の境内でナガサキアゲハ、カラスアゲハ、オナガアゲハが同時に現れたのは見事であった。

ここでヒガンバナの花に吸蜜するナガサキアゲハの写真が撮れた。 

 

@@@ タカの空 南へ帰る サシバかな @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 

サシバ 

カケス 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

イチモンジセセリ 

オナガアゲハ 

カラスアゲハ 

キチョウ 

コミスジ 

ナガサキアゲハ 

オオスカシバ 

アキカラマツ 

アキノエノコログサ 

アズマヤマアザミ 

キンミズヒキ 

クサノオ 

ゲンノショウコ 

コブナグサ 

コボタンヅル 

シラヤマギク 

シロヨメナ 

ススキ 

センニンソウ 

ノブキ 

ボントクタデ 

マツカゼソウ 

ミズヒキ 

ヤマゼリ 

ヤマハッカ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*冨士森公園(全国都市緑化フェア―)2017.9.23

201723日  1340分~1445分 晴れ

冨士森公園:第34回全国緑化フェア―八王子が冨士森公園でオープンしたので行ってみた。

陸上競技場がメイン会場であった。

内容が平凡であり、目玉がなく、都市緑化の必要性、方法などのアピールが希薄であった。

会場内には鳥が1羽も現れないので、隣の浅間神社に行った。

ここも鳥が少なく、身近に来たのはキジバトだけであった。

Photo


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト

ハシブトガラス

ヒヨドリ

スズメ

ドバト

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

 

 

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

自然観察