2021年10月28日 (木)

鳥見歩る記*多摩川多摩大橋附近(ミサゴ、アマツバメ) 2021.10.25

2021年10月25日、9時00分~11時25分 晴れ 
Photo_20211028193101
多摩川平の堰(日野用水堰)から八高線鉄橋下、多摩大橋下を通り通称ひょたん池まで堤防と河原を歩いた。
スタート地点の平の堰ではミサゴが中州の木の先端に止まり捕えた大きな魚を食べていた。食べ終わると水面に降り水を飲んで上流方向に飛び去った。
アマツバメの小さな群れが多摩大橋付近で次々に南西の方向に飛んで行った。
そのアマツバメを見ているとハヤブサが現れて、その後に急降下した。
ひょうたん池にはコガモに混ざりハシビロガモ2羽とカワセミを観察できた。
河原のオギの穂が風に揺れて輝いているのが見事であった(写真)。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カルガモ
ハシビロガモ
コガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ
ダイサギ
バン
オオバン
アマツバメ
イソシギ
ミサゴ
トビ
オオタカ
カワセミ
ハヤブサ
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒバリ
ヒヨドリ
ウグイス
スズメ
キセキレイ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ
ドバト
ガビチョウ

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年10月26日 (火)

鳥見歩る記*浅川ジュニアクラブ観察会(ツバメ) 2021.10.23

2021年10月23日、9時00分~11時30分 晴れ 
Photo_20211026151901
野鳥観察ジュニアクラブの活動支援を行った。
場所は浅川で八高線鉄橋から右岸堤防を下流に向かい長沼橋を渡り左岸堤防を一回りするコース。
長沼橋附近の湯殿川合流点近くにイソヒヨドリのオスとメスがいた。
写真は民家屋根のアンテナのメスである。
ツバメが未だ飛んでいた。早く南の国に帰らないと寒さにやられてしまわないかと心配だ。
例年さいかち池には越冬するコガモが100羽近く集まって来るが、今年は未だ1羽も来ていない。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジ
カルガモ
キジバト
カワウ
アオサギ
ダイサギ
トビ
ハヤブサ
モズ
オナガ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
メジロ
ムクドリ
イソヒヨドリ
スズメ
キセキレイ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
カワラヒワ

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年10月24日 (日)

鳥見歩る記*長池公園(オシドリ) 2021.10.21

2021年10月21日、10時35分~12時20分 晴れ 
Photo_20211024134601
長池公園の野鳥カウントをした。
ジョウビタキが長池公園西端で声が聞こえ、民有地境のフェンスに止まっている姿を確認した。
その後、ツバキの株の中に入ってしまい姿が見えなくなった。ジョウビタキが株に入って姿が見えなくなるという行動は珍しい。
長池の奥の岸辺にオシドリ3羽(♂1♀2)がいた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
オシドリ 3
カルガモ 18
カワセミ 2
コゲラ 3
アカゲラ 1
モズ 1
ハシボソガラス 6
ハシブトガラス 4
ヤマガラ 7
シジュウカラ 14
ヒヨドリ 26
ウグイス 5
エナガ 5
メジロ 13
ジョウビタキ 1
コジュケイ 2
ガビチョウ 6

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年10月23日 (土)

鳥見歩る記*三頭山(ゴジュウカラ) 2021.10.20

2021年10月20日、9時35分~15時10分 晴れ 
Photo_20211023155701 三頭山に登った。
コースは都民の森(森林館)を出発し三頭大滝経由ブナの路の沢筋を登り、むしかり峠から三頭山頂、下山は「こまどりの路」から野鳥観察舎経由「香りの路」を通って森林館へ下った。
三頭大滝への路(森林セラピーロード)でホソバツルリンドウが開花しているという情報があり、何とか見つけることができた。
地味な目立たない花であった(写真)。
この日は下山の「香りの路」でツルリンドウ、リンドウも開花していて、リンドウ三兄弟に出合うことができた。
三頭山の山頂からは素晴らしい富士山を見ることができた。
帰路、熊の真新しい木の幹への引っ掻き爪痕があった。
「こまどりの路」で直ぐ近くに現れたゴジュウカラ2羽が疲れを癒してくれた。
Photo_20211023155801 観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
コゲラ
アカゲラ
カケス
ハシブトガラス
コガラ
ヤマガラ
ヒガラ
シジュウカラ
エナガ
メジロ
ゴジュウカラ
ミソサザイ
マヒワ
ウソ
アキノキリンソウ 花
カメバヒキオコシ 花
シラヤマギク 花
シロヨメナ 花
ナギナタコウジュ 花
ホソエノアザミ 花
ホソバツルリンドウ 花
ヤクシソウ 花
ヤマトリカブト 花
アオハダ 実
オトコヨウゾメ 実
ヒトツバカエデ 黄葉

 

 

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

 

 

|

2021年10月22日 (金)

鳥見歩る記*程久保川(カワセミ、カルガモ) 2021.10.19

2021年10月19日、8時40分~10時20分 曇り一時小雨
Photo_20211022100601
京王線百草駅から程久保川を多摩動物公園前まで歩いた。
小雨が降ったり止んだりの天気であった。
河原にはシャクチリソバの花が多く、次いでミゾソバも多く咲いていた。
カルガモが首を長く伸ばしミゾソバの実を食べていた。
スズメの親子はカナムグラの実を食べていた。
大きなアオサギは川幅の狭い程久保川には不釣り合いの感じがする。
カワセミは多摩動物公園手前でようやく出合うことができた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カルガモ
キジバト
アオサギ
ダイサギ
カワセミ
モズ
ハシボソガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ムクドリ
スズメ
キセキレイ
ドバト
シャクチリソバ 花
フヨウ 花
ミゾソバ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*宇津貫丘陵と宇津貫緑地(モズ、ハチオウジアザミ)2021.10.18

2021年10月18日  8時00分~11時40分 晴れ

宇津貫の丘陵地とその一角にある宇津貫緑地の野鳥定期カウント。
鳥が少ない中でモズの高鳴きが目立った。
秋も深まりつつあり、その表徴のようなヤクシソウの黄色い花が目立った。
ガマズミの赤い実も目立ってきた。
畑のジンジャーリリーの白い花、珍しい花を見ることができた。
Photo_20211022095501
以下は宇津貫緑地の状況です。
宇津貫緑地でもモズの高鳴きが目立った。
ウグイスの地鳴きが2ヵ所で聞こえてきたがシジュウカラには出合わなかった。
調整池のアサザが今年も増え、一部千切れた株が風で流されたのか、本体と分離した株が見出された。
ほたる沢のハチオウジアザミが今年も開花したが、前年と比べ株が少し貧弱になってしまったような感じがした(写真)。

観察した鳥花等は以下のとおりです。
キジバト 2
コゲラ 1
モズ 8
ハシボソガラス 4
ハシブトガラス 10
ヤマガラ 7
シジュウカラ 5
ヒヨドリ 38
ウグイス 2
エナガ 5
メジロ 6
スズメ 5
ハクセキレイ 1
コジュケイ 2
ガビチョウ 2
キタテハ 2
キチョウ 2
ヤマトシジミ 2
ルリタテハ 1
アキノウナギツカミ 花
アズマヤマアザミ 花
イヌタデ 花
ガマズミ 実
キツネノマゴ 花
コメナモミ 花
サラシナショウマ 花
シラヤマギク 花
ジンジャーリリー 花
セイタカアワダチソウ 花
チヂミザサ 花
ツリフネソウ 花
ノコンギク 花
ノハラアザミ 花
ハゼラン 花
ハチオウジアザミ 花
ハナタデ 花
ヒヨドリバナ 花
ミゾソバ 花
ヤクシソウ 花
ヤマゼリ 花
リンドウ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2021年10月16日 (土)

鳥見歩る記*裏高尾旧甲州街道(シュウメイギク、ザクロ) 2021.10.14

2021年10月14日、10時10分~13時55分 晴れ
Photo_20211016163801
西浅川小名路から小仏峠に通じる旧甲州街道を大下バス停まで歩いた。目的は路傍に咲く花々の鑑賞である。
今回は名前の分かる花・実89種を観察できた。
今回のベストはアカザ、アズマヤマアザミ、オヤマボクチ、キツリフネ、ゲンノショウコ、ザクロ(写真)、サマーポインセチア、サラシナショウマ、シュウカイドウ、シュウメイギク(写真)、シラネセンキュウ、タイワンホトトギス、チャノキ、ツリフネソウ、トネアザミ、ヒメツルソバ、フウセントウワタ、ボタンクサギ、メキシカンブッシュセージであった。
高尾駒木野庭園の池のネキトンボは今月もいた。
Photo_20211016163802
観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
トビ
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
メジロ
スズメ
ホオジロ
アサギマダラ
ウラギンシジミ
キタテハ
キチョウ
ヤマトシジミ
ネキトンボ
アカザ 葉
アカバナトキワマンサク 花
アキノゲシ 花
アズマヤマアザミ 花
アメリカセンダングサ 花
イトバハルシャギク 花
イヌガラシ 花
イヌタデ 花
イモカタバミ 花
エノコログサ 花
オイランソウ 花
オシロイバナ 花
オニノゲシ 花
オヒシバ 花
オミナエシ 花
オヤマボクチ 花
カタバミ 花
カナムグラ 花
カボチャ 花
カヤツリグサ 花
キクイモ 花
キツネノマゴ 花
キツリフネ 花
キバナコスモス 花
ギンミズヒキ 花
ケイトウ 花
ゲンノショウコ 花
コスモス 花
コセンダングサ 花
コムラサキ 実
コメナモミ 花
ザクロ 花実
サザンカ 花
サマーポインセチア 花
サラシナショウマ 花
サルスベリ 花
サルビア グアラニティカ 花
シオン 花
シュウカイドウ 花
シュウメイギク 花
シラネセンキュウ 花
シロツメクサ 花
シロヨメナ 花
ススキ 花
セイタカアワダチソウ 花
セイヨウタンポポ 花
センニチソウ 花
タイワンホトトギス 花
タマスダレ 花
チェリーセージ 花
チカラシバ 花
チャノキ 花
ツユクサ 花
ツリフネソウ 花
トネアザミ 花
トレニア 花
ニラ 花
ネナシカズラ 花
ノコンギク 花
ハキダメギク 花
ハゼラン 花
ハナタデ 花
ハブラシノキ 花
ヒメジョオン 花
ヒメツルソバ 花
ヒャクニチソウ 花
フウセントウワタ 花
ブタナ 花
ベニバナボロギク 花
ペラペラヨメナ 花
ボタンクサギ 花
ホトケノザ 花
ママコノシリヌグイ 花
マリーゴールド 花
マルバアガオ 花
ミゾソバ 花
ムシトリナデシコ 花
ムラサキカッコウアザミ 花
ムラサキゴテン 花
ムラサキツユクサ 花
メキシカンブッシュセージ 花
メヒシバ 花
メマツヨイグサ 花
メランポジューム 花
ヤブマメ 花
ヤマゼリ 花
ルドベキア 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年10月14日 (木)

鳥見歩る記*高月水田(ミサゴ) 2021.10.11

2021年10月11日、11時10分~13時10分 晴れ
Photo_20211014182201
コースは、高月水田を一周するものです。
高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

稲刈りの終わった田んぼにアオサギが2羽来ていたが、ダイサギはいなかった。
ミサゴ(写真)が浄水場の池の上空に現れ、それが田んぼの上でも旋回した(写真)。
ショウドウツバメ2羽が田んぼの上を飛んでいた。渡りの途中と思われる。
サクラタデが今年も綺麗な花を咲かせていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
アオサギ 2
ミサゴ 1
モズ 3
ショウドウツバメ 2
ハクセキレイ 5
アオスジアゲハ 1
ウラギンシジミ 1
キアゲハ 3
キタテハ 8
ツマグロヒョウモン 4
ナツアカネ 40
ミヤマアカネ 2
アカバナユウゲショウ 花
アキノゲシ 花
アメリカセンダングサ 花
イヌガラシ 花
オオジシバリ 花
オギ 花
オッタチカタバミ 花
カントウヨメナ 花
コセンダングサ 花
ジュズダマ 花
スズメノヒエ 花
セイバンモロコシ 花
タカサブロウ 花
ツユクサ 花
トキワハゼ 花
ノコンギク 花
ハキダメギク 花
マルバアサガオ 花
ミゾソバ 花
メヒシバ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原(ノシメトンボ)2021.10.11

2021年10月11日、10時20分~11時00分 晴れ 
Photo_20211014180901
コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、一部ワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

モズの高鳴きがあったが、鳥は他にこれはというものがでなかった。
ノシメトンボの♂を見つけることができた(写真)。
河原を歩いていてツルヨシの地上茎につまずき転んでしまったが、大きな怪我にはならなかった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 1
モズ 2
シジュウカラ 2
ヒヨドリ 4
ガビチョウ 4
ウラナミシジミ 2
キチョウ 30
モンキチョウ 2
ノシメトンボ 1
ヒメアカネ 5
アカツメクサ 花
アキノゲシ 花
アレチウリ 花
アレチハナガサ 花
イヌタデ 花
エノコログサ 花
オオイヌタデ 花
オギ 花
ギンミズヒキ 花
コセンダングサ 花
コマツヨイグサ 花
スズメウリ 実
セイタカアワダチソウ 花
ツユクサ 花
ミゾソバ 花
ムラサキエノコロ 花
メマツヨイグサ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。
アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年10月12日 (火)

鳥見歩る記*浅川・長沼駅から大和田橋(コゲラ) 2021.10.10

2021年10月10日、8時30分~11時30分 曇り 
Photo_20211012095801
コロナで探鳥会に開催が出来なかったが、今日は久しぶりの探鳥会となった。
長沼駅集合で長沼橋から大和田橋まで歩いた。
スタートの長沼駅ではヒメアマツバメ約20羽の集団が飛び交っていた。
電柱のてっぺんにはイソヒヨドリの幼鳥が止まっていた。
浅川の河原に生えるオニグルミにはコゲラの幼鳥2羽が採餌していた(写真)。
通称さいかち池には未だコガモが来ていなかったが、ゴイサギの幼鳥がひっそりと隠れるように佇んでいた。
今日のハイライトはアリスイ、遠かったので写真は撮れなかったが、河原の木のてっぺんにじっと止まっていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジ
カルガモ
キジバト
カワウ
ゴイサギ
アオサギ
ダイサギ
ヒメアマツバメ
イカルチドリ
カワセミ
アリスイ
コゲラ
チョウゲンボウ
モズ
ハシボソガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
メジロ
ムクドリ
イソヒヨドリ
スズメ
キセキレイ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ
ドバト
ガビチョウ


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

自然観察