2020年10月20日 (火)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵と宇津貫緑地(アオゲラ)2020.10.18

2020年10月18日  8時00分~11時35分 晴れ
Photo_20201020200901
宇津貫の丘陵地とその一角にある宇津貫緑地の野鳥定期カウント。
スタート地点の八王子みなみ野駅の駅付近の毘沙門神社境内に先月に続いてアオゲラ(写真)を観察した。
頭の上まで赤いオスであった。
ジョウビタキを2ヵ所で観察できた。今シーズンの初認である。
ヤクシソウの花が目だった。

以下は宇津貫緑地の概要である。
宇津貫緑地でもジョウビタキを観察した。ガマズミの実が赤くなってきた。
ほたる沢のハチオウジアザミが今年も開花した。
ミゾソバとツリフネソウの混じった群落で両者の花のコントラストが見栄えした。

観察した鳥花等は以下のとおりです。
アオゲラ 1
ウグイス 3
ホオジロ 2
モズ 5
ハシボソガラス 4
ヤマガラ 4
メジロ 6
ヤマトシジミ 2
カケス 4
ガビチョウ 4
ジョウビタキ 4
ハクセキレイ 3
コゲラ 6
ハシブトガラス 8
ムクドリ 4
キジバト 11
ヒガラ 18
ヒヨドリ 9
スズメ 55
コウヤボウキ 花
シラヤマギク 花
セイタカアワダチソウ 花
ノハラアザミ 花
ヒヨドリバナ 花
ヤクシソウ 花
アキノウナギツカミ 花
アキノゲシ 花
アズマヤマアザミ 花
カシワバハグマ 花
ガンクビソウ 花
キツネノマゴ 花
キバナアキギリ 花
コメナモミ 花
サラシナショウマ 花
ツリガネニンジン 花
ツリフネソウ 花
ナンバンギセル 花
ノササゲ 花
ハチオウジアザミ 花
ミゾソバ 花
ヤマゼリ 花
ユウガギク 花
オオメナモミ 実
ガマズミ 実
スズメウリ 実


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*川町谷戸(ツマグロヒョウモン)2020.10.18

2020年10月18日  10時25分~11時50分  晴れ
Photo_20201020194101
毎月1回、川町谷戸(田んぼと雑木林)で野鳥と他の生きものの定期カウントを行っている。コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

先月は3羽のモズが高鳴きしていたが、今月高鳴きしているモズは1羽であった。
カケスが雑木林で賑やかであった。
アキアカネが稲が刈り取られた田んぼで連結で打水産卵をしていたが、匹数がわずかであった。
用水路の水際でサワヒヨドリが開花していた(写真)。
ツマグロヒョウモンのメスがノハラアザミで吸蜜しているとそこにオスがやってきてメスオスとも交尾行動をとった(写真)。
Photo_20201020194102
観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 3
トビ 1
モズ 1
カケス 4
ハシボソガラス 4
ハシブトガラス 6
ヒヨドリ 7
メジロ 2
ハクセキレイ 2
ガビチョウ 2
イチモンジセセリ 5
キタテハ 5
キチョウ 10
ツマグロヒョウモン 3
ヒメジャノメ 1
ベニシジミ 2
ヤマトシジミ 5
アキアカネ 10
コノシメトンボ 1
ナツアカネ 2
ミヤマアカネ 5
ツクツクボウシ 声
ジョロウグモ
アカバナユウゲショウ 花
アキノウナギツカミ 花
アメリカセンダングサ 花
イヌガラシ 花
イヌゴマ 花
イヌタデ 花
イヌホオズキ 花
オオアレチノギク 花
オオジシバリ 花
オシロイバナ 花
オニノゲシ 花
カタバミ 花
カナムグラ 花
ガンクビソウ 花
カンナ 花
キツネノマゴ 花
キンエノコロ 花
クサギ 花実
ゲンノショウコ 花
コセンダングサ 花
コブナグサ 実
コメナモミ 花
サワヒヨドリ 花
セイタカアワダチソウ 花
ツリガネニンジン 花
トウダイグサ 花
トレニア 花
ナギナタコウジュ 花
ノハラアザミ 花
ハキダメギク 花
ヒメジョオン 花
ミゾソバ 花
ヤマゼリ 花
ユウガギク 花
ヨウシュヤマゴボウ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2020年10月19日 (月)

鳥見歩る記*絹の道(ヤブタバコ)2020.10.16

2020年10月16日  9時15分~14時15分  晴れ
Photo_20201019195001
八王子絹の道を歩いた。コースは片倉駅から道了堂、絹の道資料館、諏訪神社、永泉寺、小泉家屋敷を経てタマニュウタウンの小山内裏公園までであった。
小山内裏公園内はナラ枯のコナラが続出であった。
ナラ枯の出ている遊歩道にはヤブタバコ(写真)が道沿いに続いていた。
数えると50株以上はあった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カルガモ
キジバト
トビ
コゲラ
アオゲラ
モズ
カケス
オナガ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
エナガ
メジロ
ムクドリ
スズメ
セグロセキレイ
キツネノマゴ 花
シラヤマギク 花
シロツメクサ 花
シロヨメナ 花
セイタカアワダチソウ 花
ツタバウンラン 花
トネアザミ 花
ヤクシソウ 花
ヤブタバコ 花
ヤマハッカ 花
クサギ 花実
オキナワスズメウリ 実

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2020年10月18日 (日)

鳥見歩る記*清水入緑地、長池公園(バードサンクチュアリ)2020.10.15

2020年10月15日  10時15分~12時35分  曇り
Photo_20201018055601
南大沢の駅から清水入緑地を通り長池公園まで歩いた。
清水入緑地にはバードサンクチュアリが設定され、野鳥観察舎(写真)も整備されていた。
しかし、バードサンクチュアリの中が全く人の手が加えられてなく、野鳥観察舎から野鳥が観察できるような状況になってなかった。
これではガビチョウしか棲めないバードサンクチュアリになってしまっているという感じがした。
長池公園では昨年長池の「かいぼり」をしたらヒルムシロ、ジュンサイ、ミズユキノシタが復活したとう話をきくことができた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カルガモ
キジバト
モズ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ドバト
ガビチョウ
イヌコウジュ 花
オシロイバナ 花
ゲンノショウコ 花
シロヨメナ 花
セイタカアワダチソウ 花
タイワンホトトギス 花
トネアザミ 花
ノハラアザミ 花
ブタナ 花
メナモミ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース・アサギマダラ) 2020.10.14

2020年10月14日、9時5分~15時10分 曇り
Photo_20201018054801
コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。
Photo_20201018054802
アオゲラ、カケスが目立った。
4号路杉林でソウシチョウ約20羽にも出合った。
アサギマダラ(写真)が多く、全部で37匹に出合った。
アズマヤマアザミ、サラシナショウマ、オクモミジハグマ、カシワバハグマ、シラネセンキュウの花で吸蜜していた。
イカリモンガ(写真)もシラネセンキュウの花に来ていた。
ツルギキョウは花と紫色の実の両方が見られた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
トビ 3
アオゲラ 5
カケス 13
ハシブトガラス 15
ヤマガラ 14
シジュウカラ 16
ヒヨドリ 110
メジロ 16
イカル 2
コジュケイ 6
ガビチョウ 2
ソウシチョウ 20
アサギマダラ 37
イチモンジセセリ 3
イカリモンガ 1
アキノキリンソウ 花
アキノタムラソウ 花
アズマヤマアザミ 花
アメリカセンダングサ 花
イヌコウジュ 花
イヌトウバナ 花
イノコズチ 花
オオミゾソバ 花
オオヤマハコベ 花
オクモミジハグマ 花
カシワバハグマ 花
カラムシ 花
キジョラン 花
キバナアキギリ 花
ギンミズヒキ 花
コウヤボウキ 花
サラシナショウマ 花
シモバシラ 花
シュウカイドウ 花
シュウブンソウ 花
シラネセンキュウ 花
シロヨメナ 花
セキヤノアキチョウジ 花
タカオヒゴタイ 花
チヂミザサ 花
ツリフネソウ 花
ツルギキョウ 花実
ナワシログミ 花
ノコンギク 花
ハキダメギク 花
ハダカホオズキ 実
ハナタデ 実
ヒヨドリバナ 花
ミズヒキ 花
ミゾソバ 花
ミヤマシキミ 実
メナモミ 花
ヤクシソウ 花
ユウガギク 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*高尾山小仏川(セキヤノアキチョウジ)2020.10.14

2020年10月14日  8時00分~9時5分 曇り 
Photo_20201018054301
小仏川の野鳥定期カウントを行った。
上椚田橋から上流に向かって蛇滝橋までのコース。

圏央道付近でカラ類の混群に出合った。
この混群はエナガが特に多く、次から次へと移動していた。50羽くらいはいた。
秋の花の色どりが鮮やかで、ベストはセキヤノアキチョウジ(写真)、アズマヤマアザミ、ヤクシソウ、サラシナショウマ、シロヨメナであった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 2
コゲラ 1
モズ 1
ハシブトガラス 10
ヤマガラ 6
シジュウカラ 6
ヒヨドリ 14
エナガ 50
メジロ 10
スズメ 10
キセキレイ 1
セグロセキレイ 2
アカツメクサ 花
アキノタムラソウ 花
アズマヤマアザミ 花
アメリカセンダングサ 花
イヌシデ 花
オオブタクサ 花
オトコエシ 花
ガンクビソウ 花
キツネノマゴ 花
キバナアキギリ 花
キバナコスモス 花
クサノオ 花
コウヤボウキ 花
コスモス 花
コセンダングサ 花
コメナモミ 花
サラシナショウマ 花
サルビア グアラニティカ 花
シロヨメナ 花
ススキ 花
セイヨウタンポポ 花
セキヤノアキチョウジ 花
チカラシバ 花
チヂミザサ 花
チャノキ 花
ツユクサ 花
ツリフネソウ 花
ツルヨシ 花
ノハラアザミ 花
ノブキ 花
ヒメジョオン 花
ベニバナボロギク 花
ミズヒキ 花
ミゾソバ 花
ムラサキエノコロ 花
メナモミ 花
ヤクシソウ 花
ヤブマメ 花
ヤマゼリ 花
ユウガギク 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2020年10月17日 (土)

鳥見歩る記*皇居一周(メキシカンセージ)2020.10.13

2020年10月13日  10時00分~12時20分  晴れ 
Photo_20201017193301
9月22日に続き皇居一周をした。今回は九段下から北の丸公園を通り北桔門に出て皇居一周した。北の丸公園入口にはユウガギクが小群落で咲いていた。武道館付近ではメキシカンセージが綺麗に咲いていた(写真)。北桔門付近の生け垣のヤブガラシの花にアオスジアゲハが多数飛来していた。数を数えると35匹になった。桜田濠ではカイツブリが10羽以上いて目立ち、オオバンは2羽だけであった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カルガモ
カイツブリ
アオサギ
オオバン
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
メジロ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
ドバト
キタテハ
キチョウ
モンシロチョウ
ヤマトシジミ
アオスジアゲハ 15
アカツメクサ 花
アキノエノコログサ 花
オギ 花
オッタチカタバミ 花
キツネノマゴ 花
キンエノコロ 花
クサノオ 花
コマツヨイグサ 花
ススキ 花
セイタカアワダチソウ 花
セイバンモロコシ 花
ツユクサ 花
ハナゾノツクバネウツギ 花
ハルノノゲシ 花
ヒメジョオン 花
ヘクソカズラ 花
メヒシバ 花
メマツヨイグサ 花
ヤブガラシ 花
ヤマノイモ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*旧甲州街道路傍の花々(キツリフネ)2020.10.12

2020年10月12日  8時45分~12時30分  晴れ 
Photo_20201017192201
西浅川小名路から小仏峠に通じる旧甲州街道を小仏バス停まで歩いた。目的は路傍に咲く花々の鑑賞である。
今回は名前の分かる花102種と名前の分からない花数種を観察できた。
今回のベストはキツチフネ、ツリフネソウ、ヤクシソウ、ヤマゼリ、シラネセンキュウ、シロヨメナ、シュウメイギク、タイワンホトトギス、キバナコスモス、オシロイバナ、コセンダングサ、トレニア。
ツクツクボウシが未だ鳴いていた。
キツチフネ、ツリフネソウ、シラネセンキュウは日影沢の入口に咲いていた。
特にキツリフネは群落で見事であった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
トビ
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
アオスジアゲハ
アサギマダラ
イチモンジセセリ
ウラギンシジミ
ウラナミシジミ
キタテハ
キチョウ
スジグロシロチョウ
ツマグロヒョウモン
オオスカシバ
ツクツクボウシ
アカバナユウゲショウ 花
アキノエノコログサ 花
アキノタムラソウ 花
アズマヤマアザミ 花
アメリカイヌホオズキ 花
アレチウリ 花
イヌサフラン 花
イヌタデ 花
イヌホオズキ 花
イノコズチ 花
イモカタバミ 花
ウシハコベ 花
ウド 花
エノキグサ 花
オオブタクサ 花
オシロイバナ 花
オッタチカタバミ 花
オミナエシ 花
オヤマボクチ 花
カタバミ 花
カナムグラ 花
カヤツリグサ 花
キクイモ 花
キツネノマゴ 花
キツリフネ 花
キバナコスモス 花
キンミズヒキ 花
ギンミズヒキ 花
クサノオ 花
ケイトウ 花
ゲンノショウコ 花
ゴーヤ 花
コスモス 花
コセンダングサ 花
コニシキソウ 花
ザクロソウ 花
サルビア 花
サルビア グアラニティカ 花
シュウカイドウ 花
シュウメイギク 花
シラネセンキュウ 花
シラヤマギク 花
シロヨメナ 花
ススキ 花
スズメノヒエ 花
セイタカアワダチソウ 花
セイヨウタンポポ 花
センニチコウ 花
センニンソウ 花
タイワンホトトギス 花
タマスダレ 花
チェリーセージ 花
チカラシバ 花
チヂミザサ 花
チャノキ 花
ツユクサ 花
ツリフネソウ 花
ツルボ 花
トネアザミ 花
トレニア 花
ニラ 花
ノコンギク 花
ノハラアザミ 花
ノブドウ 花
ハキダメギク 花
ハナトラノオ 花
ハブラシノキ 花
ヒガンバナ 花
ヒマラヤユキノシタ 花
ヒメジョオン 花
ヒメツルソバ 花
ヒャクニチソウ 花
ブタナ 花
フヨウ 花
ベニバナボロギク 花
ペラペラヨメナ 花
ホウキギク 花
ホウセンカ 花
マリーゴールド 花
マルバルコウソウ 花
ミズヒキ 花
ムシトリナデシコ 花
ムラサキエノコロ 花
ムラサキツユクサ 花
メマツヨイグサ 花
ヤクシソウ 花
ヤナギハナガサ 花
ヤブマメ 花
ヤブラン 花
ヤマゼリ 花
ヤマニガナ 花
ヤマハギ 花
ユウガギク 花
ヨウシュヤマゴボウ 花
カラムシ 実
コムラサキ 実
ジュズダマ 実
ハナタデ 実
フウセンカズラ 実
ミツバアケビ 実
メヒシバ 実
アカザ 葉

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2020年10月12日 (月)

鳥見歩る記*高月水田 2020.10.11(アマサギ)

2020年10月11日、12時50分~15時00分 晴れ
1_20201012194701 コースは、高月水田を一周するものです。
高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

 

稲刈りが9割以上終わっていた。
刈り取られた稲田にアマサギ(写真)が1羽いてカエルを食べていた。
カメラをセットしている間にカエルを飲み込んでしまった。
アオサギ11羽が小さい輪を描きながら反時計回りで旋回飛翔をしていた。
アオサギのこのような行動は珍しい。
コセンダングサの花にウラナミシジミ(写真)が多数来て吸蜜していた。
イネが刈られてない稲穂の上からナツアカネのオスとメスが連結した状態で飛びながら空中で卵を産み落としていた(連結打空産卵)。
イネが刈り取られている田んぼではアキアカネが連結打水産卵をしていた。
両種の産卵の仕方が明瞭に違う。
それにしても赤蜻蛉である両種の羽数が少な過ぎる。
サクラタデが5ヵ所で綺麗な花を咲かせていた。
Photo_20201012194701 観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
アオサギ 13
ダイサギ 5
アマサギ 1
モズ 4
ハシボソガラス 4
ハシブトガラス 2
ヒバリ 1
ムクドリ 60
スズメ 200
ハクセキレイ 20
セグロセキレイ 2
ドバト 80
イチモンジセセリ 2
ウラナミシジミ 25
キアゲハ 1
キチョウ 10
ツマグロヒョウモン 3
ヒメアカタテハ 2
ベニシジミ 2
モンキチョウ 6
モンシロチョウ 20
アキアカネ 10
ナツアカネ 20
ミヤマアカネ 5
アカバナユウゲショウ 花
アキノゲシ 花
アメリカセンダングサ 花
アレチウリ 花
イヌガラシ 花
イヌタデ 実
カタバミ 花
カヤツリグサ 花
カントウヨメナ 花
キクイモ 花
キバナコスモス 花
キンエノコロ 花
コセンダングサ 花
サクラタデ 花
シロツメクサ 花
スズメノヒエ 花
セイタカアワダチソウ 花
タマガヤツリ 花
チカラシバ 花
ハキダメギク 花
ヒガンバナ 花
ブタナ 花
マルバルコウソウ 花
ミゾソバ 花
メヒシバ 花

 

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

 

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原(キタキチョウ)2020.10.11

2020年10月11日、12時00分~12時40分 晴れ
Photo_20201012194001
コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、一部ワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

鳥はヒヨドリが少し目立っただけで、その他は声だけの確認である。
キタキチョウが多く、交尾も観察できた。
交尾中の2匹は蛹の抜け殻に止まっていた。
多分メスが羽化した直後にオスがやってきて交尾したものと推定される。
スズメウリの実が未だ熟していないが、たわわに下がっていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
ハシブトガラス 2
シジュウカラ 2
ヒヨドリ 8
ハクセキレイ 2
カワラヒワ 2
ガビチョウ 4
イチモンジセセリ 2
ウラギンシジミ 1
ウラナミシジミ 5
キタテハ 4
キチョウ 30
コミスジ 4
ツバメシジミ 5
ヒメジャノメ 3
ヤマトシジミ 10
アキアカネ 10
ウスバキトンボ 10
ナツアカネ 10
ミヤマアカネ 6
アキノゲシ 花
アメリカセンダングサ 花
アレチウリ 花
アレチハナガサ 花
イヌコウジュ 花
イヌタデ 実
オオイヌタデ 花
オギ 花
カナムグラ 花
キツネノマゴ 花
キンエノコロ 花
キンミズヒキ 花
コセンダングサ 花
ジュズダマ 花
スズメウリ 実
セイタカアワダチソウ 花
チカラシバ 実
チヂミザサ 花
ツユクサ 花
ハキダメギク 花
メヒシバ 花
ヤブマメ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。
アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

自然観察