« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月25日 (金)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵(コゲラ)2022.2.21

2022年2月21日  8時00分~11時55分 晴れ
Photo_20220225183001
宇津貫の丘陵地の野鳥定期カウント。
宇津貫公園の富士山が見える所でコゲラが細い枝に止まり細い枝をつついていた(写真)。
その直ぐ近くにイカル4羽が現れたが、声を出さないので姿での確認である。
七国閑道西尾根緑道でイソヒヨドリのオス(若鳥)が飛び立ち、民家の屋根でしばし止まっていた。
宇津貫緑地ではオオタカ、ノスリの飛翔が観察できた。
ホタル沢でヤマアカガエルが産卵した卵胞が認められた。

観察した鳥花等は以下のとおりです。
マガモ 1
キジバト 5
ダイサギ 1
オオバン 1
トビ 1
オオタカ 2
ノスリ 1
コゲラ 6
アオゲラ 1
モズ 3
ハシボソガラス 9
ハシブトガラス 10
ヤマガラ 5
シジュウカラ 15
ヒヨドリ 13
エナガ 24
メジロ 5
ムクドリ 6
ツグミ 4
ジョウビタキ 4
イソヒヨドリ 1
スズメ 6
ハクセキレイ 3
イカル 4
アオジ 3
ガビチョウ 2

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*川町谷戸(シジュウカラ)2022.2.18

2022年2月18日  9時45分~10時35分  晴れ

毎月1回、川町谷戸(田んぼと雑木林)で野鳥と他の生きものの定期カウントを行っている。コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。
Photo_20220225182101
田んぼにカシラダカが降りて採餌していたが3羽と少なく、カシラダカらしい集団ではなかった。
シジュウカラが大沢川に覆い被る枯れ草の実を採餌していた(写真)。
陽だまりではオオイヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウの花が見られ春を感じるようになってきた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
ハシボソガラス 2
ハシブトガラス 2
シジュウカラ 1
ヒヨドリ 8
ホオジロ 6
カシラダカ 3
アオジ 1
オオイヌノフグリ 花
ヒメオドリコソウ 花
ホトケノザ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2022年2月20日 (日)

鳥見歩る記*刈寄林道(カヤクグリ)2022.2.16

2022年2月16日  9時20分~14時25分  晴れ 
Photo_20220220133601
秋川の支流刈寄川沿いの刈寄林道を沢戸橋から往復した。
昨年の下見の時と同じでこのコースは途中より林道終点近くがハイライト、今年もエナガの集団の他ウソが出て、カヤクグリ(写真)が出てくれた。
沢戸橋の下ではカワガラス、上ではクマタカの飛翔が観察できた。
沢戸橋からは帰路のバスに乗らず秋川を秋川橋まで歩きアトリ、カワラヒワ、シロハラなどにも出合った。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カルガモ
キジバト
アオサギ
ダイサギ
トビ
クマタカ
モズ
カケス
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ミソサザイ
カワガラス
シロハラ
ツグミ
ルリビタキ
ジョウビタキ
カヤクグリ
キセキレイ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
アトリ
カワラヒワ
ウソ
ホオジロ


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*多摩川・多摩大橋拝島橋一周(ヒバリ)2022.2.15

2022年2月15日  8時30分~12時25分  晴れ 
Photo_20220220133001
多摩川の日野用水堰(平の堰)から右岸堤防を下流に進み、多摩大橋を渡って左岸に出て上流に向かい、拝島橋を渡って日野用水堰まで一周した。
スタート地点の日野用水堰では中州の木にオオタカ(若鳥)、ノスリが止まっていた。
水面ではコガモが多く100羽以上が岸辺で羽を休めていた。
他にカルガモ、オオバンの小さな集団、カイツブリ、イソシギなど。
八石下広場にトイレ休憩で立ち寄るとヒバリ(写真)、ツグミともに数羽が芝生広場に散らばっていた。
多摩大橋を渡って昭島市民プール前の河原にはタヒバリが数羽、ハクセキレイの中で目立った。
40種と比較的多くの種が出たが、期待したベニマシコ、カワセミには出合わなかった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カルガモ
コガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ
ダイサギ
オオバン
イソシギ
ミサゴ
トビ
オオタカ
ノスリ
コゲラ
アオゲラ
モズ
オナガ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒバリ
ヒヨドリ
メジロ
ムクドリ
シロハラ
ツグミ
ジョウビタキ
スズメ
キセキレイ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
タヒバリ
カワラヒワ
シメ
ホオジロ
カシラダカ
アオジ
コジュケイ
ドバト
ガビチョウ


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*長池公園(ヤマガラ) 2022.2.14

2022年2月14日、11時10分~12時46分 曇り 
2_20220220132001
長池公園の野鳥カウントをした。
キジバトが多く出現した。人が傍を通っても逃げない。
エナガの大きな群れ(10羽±)を作っていた。
奥の長池にはダイサギ、マガモが入っていた。
ヤマガラが雑木林で落ち葉の下から好物のエゴノキの実を掘り出した(写真)。秋に貯食のため隠して置いた物なのかも知れない。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
マガモ 2
カルガモ 17
コガモ 5
キジバト 15
ダイサギ 1
コゲラ 5
アオゲラ 1
モズ 1
ハシボソガラス 4
ハシブトガラス 1
ヤマガラ 5
シジュウカラ 13
ヒヨドリ 4
ウグイス 1
エナガ 16
メジロ 11
ムクドリ 3
ジョウビタキ 1
ハクセキレイ 1
アオジ 2
ドバト 6
ガビチョウ 4
エゾライチョウ

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*清水入り緑地(ヒヨドリ) 2022.2.14

2022年2月14日、9時35分~11時8分 曇り
Photo_20220220131501
清水入り緑地の野鳥カウントをした。この緑地内には立ち入り禁止のサンクチュアリが設定されている。
朝方雨の為、開始時間を1時間遅らせて実施した。
雨上がりの為か、全般に鳥の出現が少なく特にサンクチュアリ内は静かであった。
シロハラは緑地入口付近で鳴いていた。終了間近にも開始時と同じ付近にいた。
ヒヨドリが地上に降りて餌を探していた。ヒヨドリが地上に降りることは珍しい。 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 5
コゲラ 3
モズ 1
ハシボソガラス 1
ハシブトガラス 5
ヤマガラ 4
シジュウカラ 20
ヒヨドリ 7
エナガ 10
メジロ 12
シロハラ 1
ツグミ 1
ガビチョウ 1


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2022年2月17日 (木)

鳥見歩る記*高尾山4号路他(アトリ)2022.2.9

2022年2月9日  9時40分~14時55分  晴れ 
Photo_20220217175601
高尾山の蛇滝口から4号路を登り、1号路を下った。
4号路ケーブルカー駅付近谷間をアトリの群れが飛んでいた。
そのうち近くの木にとまった個体を視認できた(写真)。
山頂の人出は少なかった。
金毘羅台で逢った知り合いの情報によると、薬王院境内でソウシチョウ群れを視認したとのこと。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 3
コゲラ 4
アオゲラ 1
ハシブトガラス 2
ヤマガラ 6
ヒヨドリ 34
ルリビタキ 1
アトリ 20
ガビチョウ 2

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*高尾山麓小仏川(アトリ、紅梅)2022.2.9

2022年2月9日  8時00分~9時40分  晴れ 
Photo_20220217175101
スタート地点の紅梅が咲き出した。
小仏川が上椚田橋から駒木野病院付近まで干上がっていた。
アトリの小さな群れが梅郷橋手前付近で梢に止まったり、河原に下りたり上空を飛び交ったりしていた。
その群れにカワラヒワ、カシラダカも混ざっていた。
アトリ観察中に上空を横切るタカ1羽があったが種不明である。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
ハシボソガラス 5
シジュウカラ 17
ヒヨドリ 13
ウグイス 1
メジロ 4
アトリ 20
カワラヒワ 6
アオジ 3

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*暁町緑地越冬期調査(コゲラ、ノスリ) 2022.2.8

2022年2月8日、10時5分~11時15分 晴れ
Photo_20220217172801
緑町緑地の越冬期野鳥調査をした。
コゲラ(写真)、シジュウカラの混群を見ているとその奥でアオゲラも幹を突いて餌を探していた。
雑木林の中央高速道側まで行くと1羽のタカが地面から飛び上がり木の枝に止まった。
ノスリであった。写真を撮る間もなく飛び去ってしまった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 5
トビ 1
ノスリ 1
コゲラ 1
アオゲラ 1
モズ 1
ハシボソガラス 4
ハシブトガラス 2
ヤマガラ 2
シジュウカラ 4
ヒヨドリ 26
メジロ 4
ツグミ 2

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2022年2月11日 (金)

鳥見歩る記*湯殿川定期カウント(クイナ、ツグミ) 2022.2.7

2022年2月7日、8時5分~10時5分 晴れ 
Photo_20220211125101
湯殿川の時田大橋から白旗までの区間の野鳥定期カウントをした。
コースは時田大橋から上流に向かって白旗橋まで。
時田大橋をスタートして直ぐ、狭い河原にエナガ約10羽の群にメジロ、シジュウカラの混じる混群に出合った。
かたくり橋の手前ではバン、稲荷橋の手前ではクイナに出合った。
クイナは湯殿川では今シーズンの初認である。
カワセミ、ジョウビタキが次々に出てきて飽きることが無かった。
帰路、カワセミ1羽が魚を狙っているところにもう1羽のカワセミ(ともにオス)がやってきて、にらみ合いになった。
今年はツグミ(写真)が少ないような気がしているが、本日は5羽に出合うことができた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カルガモ 6
コガモ 30
カイツブリ 1
キジバト 15
カワウ 1
アオサギ 1
ダイサギ 2
クイナ 1
バン 2
オオバン 2
イソシギ 1
カワセミ 6
モズ 3
ハシボソガラス 20
ハシブトガラス 8
シジュウカラ 13
ヒヨドリ 6
ウグイス 3
エナガ 10
メジロ 8
ムクドリ 17
ツグミ 5
ジョウビタキ 3
スズメ 80
キセキレイ 2
ハクセキレイ 4
セグロセキレイ 8
カワラヒワ 7
アオジ 7

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*湯殿川野鳥観察会支援(シメ)2022.2.6

2022年2月6日  9時10分~11時50分  晴れ 
Photo_20220211124401
八王子市東南部環境市民会議主催の探鳥会を支援した。
コースは片倉城跡公園から湯殿川の上流方面に進み、釜土橋までを往復した。
スタートして直ぐ、片倉城跡公園の葉を落としたケヤキにシメが1羽、じっと止まっていた(写真)。
湯殿川は川幅が狭くフェンスに囲まれているので野鳥が真近で観察できる。
カワセミ、ジョウビタキが次々に出てきて、バンも2ヵ所で姿を見せてくれた。
帰路、ゴール手前でオナガ約30羽の集団が湯殿川を横切って行った。
終了後、片倉城跡公園にキクイタダキが出ているというので、住吉神社境内に行って見るとモミの高木のてっぺんの方で動き回る3羽を確認できた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カルガモ
コガモ
キジバト
カワウ
アオサギ
バン
オオバン
イカルチドリ
イソシギ
カワセミ
コゲラ
モズ
オナガ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
シロハラ
ツグミ
ジョウビタキ
スズメ
キセキレイ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
カワラヒワ
シメ
カシラダカ
アオジ


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*高月水田(ヒヨドリ) 2022.2.1

2022年2月1日、10時35分~12時5分 晴れ
Photo_20220211123401
コースは、高月水田を一周するものです。
高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

今年はツグミがあまり目立たないが、田んぼに3羽飛来していた。
ムクドリの50羽集団、タヒバリの6羽も田んぼで採餌、ムクドリは近づくと電柱に移動した。
ヒヨドリも田んぼの野菜を狙いに来ていた(写真)。
田んぼまでは出て来なかったが丘陵の上空にはノスリが旋回していた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
モズ 2
ハシボソガラス 20
ハシブトガラス 2
ヒヨドリ 2
ムクドリ 50
ツグミ 3
スズメ 10
ハクセキレイ 4
タヒバリ 6
ホトケノザ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原(オオタカ食痕)2022.2.1

2022年2月1日、9時30分~10時25分 晴れ 
Photo_20220211122701
コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、一部ワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

アオジがあちこちで目立った程度で、静かな河原であった。
オオタカの食痕らしいドバトとみられる羽の散乱があった(写真)。
ワンドもカワウ2羽とダイサギ1羽だけで、カモ類は1羽も来ていなかった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 2
カワウ 2
ダイサギ 1
ハシブトガラス 2
シジュウカラ 1
ヒヨドリ 2
ウグイス 1
ジョウビタキ 1
セグロセキレイ 1
カワラヒワ 4
ホオジロ 1
カシラダカ 1
アオジ 8

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。
アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2022年2月 5日 (土)

鳥見歩る記*大学セミナーハウス、下柚木緑地(シイタケほだぎ)2022.1.31

2022年1月31日  10時20分~12時40分  晴れ 
Photo_20220205113901
野猿街道の野猿峠から下柚木の大学セミナーハウス、下柚木緑地を歩き、大栗川に出て、帰路は中山経由野猿峠まで戻った。
セミナーハウスからの富士山の眺めがよく、そこにモズが現れた。
下柚木緑地は綺麗な雑木林が続いていたが鳥は出てこなかった。シイタケのほだぎ置き場があった(写真)。
大栗川の富士見橋からはコガモ5羽が羽を休めている姿が見えた。
中山の手前の下田バス停付近に田んぼがあり、キジバト、ハシボソガラス、カシラダカ、カワラヒワが観察できた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
コガモ
キジバト
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヒヨドリ
ムクドリ
シロハラ
カワラヒワ
カシラダカ


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*上柚木公園(シジュウカラ巣箱)2022.1.29

2022年1月29日  9時00分~12時30分  晴れ 
Photo_20220205113301
下柚木公園主催の野鳥観察会と巣箱の利用状況調査を支援した。
第1部は野球場周辺の野鳥観察、参加者が多かったので4班に分かれて実施した。
カワセミ会からの12名の支援者があったので、各班3人の支援体制で実施できた。
4班に分かれると班により見られた鳥が少しずつ異なったが全体で24種、アオゲラ、モズ、エナガ、メジロ、シロハラ、シメ、イカル等が観察でき、ベスト3はアオゲラ、カワセミ、エナガであった。
第2部は昨年2月に10組の親子が設置した巣箱の取り外しとその利用状況の調査であった(写真)。
結果は10個の巣箱のうち、8個がシジュウカラの営巣に利用されていた。80%と高い利用率であった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
トビ
カワセミ
コゲラ
アオゲラ
モズ
オナガ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
エナガ
メジロ
ムクドリ
シロハラ
スズメ
キセキレイ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
カワラヒワ
シメ
イカル
ドバト


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2022年2月 4日 (金)

鳥見歩る記*檜原小坂志林道(メイプルシロップ、カモシカ)2022.1.26

2022年1月26日  9時40分~14時30分  晴れ 
Photo_20220204183601
檜原村の小坂志林道を笹平バス停から林道終点まで往復した。
ヤマガラ、コガラ、ヒガラ、シジュウカラのカラ4種が勢ぞろい、エナガの集団には何回も出合った。
カケスは声だけでなく、姿も現した。林道の終点近くにメープルシロップを採取しているところがあった(写真)。
イタヤカエデの幹に穴をあけて管で導いた樹液を白いビニール袋で受ける装置で、同じものが幾つも仕掛けてあった。
近くにルリビタキあり。
帰路は可愛いいカモシカの子供1頭に出合った(写真)。
オオバアサガラ、ミツデカエデ、イイギリ等の実が目立った。
キヨスミイトゴケが朝日の射光に輝いていた。
Photo_20220204183701
観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
コゲラ
アオゲラ
カケス
コガラ
ヤマガラ
ヒガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
エナガ
ルリビタキ
ジョウビタキ
カモシカ 子
イイギリ 実
オオバアサガラ 実
ミツデカエデ 実


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*冨士森公園山田川緑町公園(メジロ、シロハラ)2022.1.25

2022年1月25日  9時30分~11時30分  晴れ
Photo_20220204182901
冨士森公園から緑町墓地、山田川、緑町緑地を経由、再び山田川に出て国道16号の黄金橋まで歩いた。
冨士森公園では日が当たる梢にはたくさんのカラ類がいた。
コンクリート化した山田川でもここは自然のままのところが続いていて藪が生い茂るところには、アオジがチッチと鳴いていた。
メジロが冬の間花が咲くヤツデの花にくちばしを伸ばし、川で水浴びするのも見ることができた(メジロ)。
キセキレイが凍った川面をよちよち歩いているも面白い光景であった。
緑町公園はまさに鳥のパラダイス。シメとシロハラ(写真)。ガビチョウ、ツグミが落ち葉を掻き分け食べ物を探していた。
Photo_20220204183001
観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
コゲラ
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
シロハラ
ツグミ
ジョウビタキ
キセキレイ
ハクセキレイ
シメ
イカル
アオジ
ガビチョウ


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*川町谷戸(ロゼット)2022.1.24

2022年1月24日  9時45分~10時45分  晴れ
Photo_20220204121701
毎月1回、川町谷戸(田んぼと雑木林)で野鳥と他の生きものの定期カウントを行っている。コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

シロハラ、カシラダカの群れ20羽、アオジが見えた程度で静かな谷戸であった。
オオイヌノフグリ、ホトケノザが陽だまりで花を開いていた。
キツネアザミは葉を円盤状に広げる状態のロゼットで寒い冬を耐えていた(写真)。
放射状に伸ばした葉の形をバラの花(rose)に例えてロゼット(rosette)と呼ばれる。冬の少ない陽光を効率よく利用するための植物の対応とのことである。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 1
ハシブトガラス 2
ヒヨドリ 2
シロハラ 1
カシラダカ 20
アオジ 2
オオイヌノフグリ 花
ホトケノザ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*宇津木緑地(ニホンミツバチ巣箱) 2022.1.23

2022年1月23日、9時30分~11時45分 晴れ
Photo_20220204101001
八王子市指定宇津木台緑地と東京都指定宇津木緑地の越冬期野鳥カウントを行った。
エナガを中心としたカラ類の混群をルリビタキのオスに出合えた程度で、これはという物には出合えなかった。
市指定の宇津木台緑地にニホンミツバチ巣箱が設置されていたが、ハチは来ていなかった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 5
コゲラ 2
ハシボソガラス 6
ハシブトガラス 6
ヤマガラ 7
シジュウカラ 15
ヒヨドリ 7
ウグイス 2
エナガ 25
メジロ 9
シロハラ 2
ルリビタキ 1
ジョウビタキ 1
スズメ 11
ハクセキレイ 1

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*長池公園(アオジ) 2022.1.19

2022年1月19日、10時30分~12時00分 晴れ
Photo_20220204095701
長池公園の野鳥カウントをした。
長池、とんぼ池はほぼ全面氷結、築池は一部氷結していた。
イカル10羽が中央園路の夕日展望台付近の高木に止まっていた。
アオジが中央園路脇で近くを人が通っても逃げないでエサをとっていた(写真)。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
マガモ 6
カルガモ 19
キジバト 1
コゲラ 3
モズ 1
ハシブトガラス 6
ヤマガラ 2
シジュウカラ 2
ヒヨドリ 26
エナガ 2
メジロ 11
ルリビタキ 1
イカル 10
アオジ 3
ドバト 1
ガビチョウ 3

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*清水入り緑地(モズ、オナガ) 2022.1.19

2022年1月19日、8時45分~10時25分 晴れ
Photo_20220204095101
清水入り緑地の野鳥カウントをした。この緑地内には立ち入り禁止のサンクチュアリが設定されている。
寒さのためか、鳥影が少なかった。それでもシロハラに2ヵ所で出合い、オナガの5羽にも出合った。
オナガは緑地東端の中木に止まり木の実を食べていた。オナガらしくなくほとんど鳴かなかった。
後半、モズも姿を現した(写真)。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 3
コゲラ 2
モズ 1
オナガ 5
ハシブトガラス 4
ヤマガラ 1
シジュウカラ 15
ヒヨドリ 17
エナガ 6
メジロ 19
シロハラ 2
ハクセキレイ 1
ガビチョウ 4


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »