« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月28日 (土)

鳥見歩る記*日影林道から城山(タマアジサイ) 2021.8.26

2021年8月26日、9時5分~13時50分 晴れ 
Photo_20210828110801
奥高尾の日影林道を小仏城山へ往復した。鳥は殆ど姿無し。
ウグイスの地鳴きに夏の終わりという季節感があった。
チョウも目立たないが種類は8種、カラスアゲハも出た。
タマアジサイ(写真)がこもれびの中、清々しかった。
ミヤマウズラというランが咲いていたが、これば誰かが持ち込んで植えたらしいと一緒に見ていた人が言っていた。盗掘も困るが、持ち込も止めて欲しいものである。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
ウグイス
メジロ
ガビチョウ
アオスジアゲハ
カラスアゲハ
キチョウ
キマダラセセリ
コミスジ
サカハチチョウ 
テングチョウ
ミスジチョウ
ツクツクボウシ
ミンミンゼミ
アキカラマツ 花
アキノタムラソウ 花
アズマヤマアザミ 花
イヌトウバナ 花
オオヤマハコベ 花
ガンクビソウ 花
キツネノカミソリ 花
キツネノボタン 花
キツネノマゴ 花
キンミズヒキ 花
ギンミズヒキ 花
クサギ 花
クズ 花
コアカソ 花
シュウブンソウ 花
シラヤマギク 花
ススキ 花
センニンソウ 花
ダイコンソウ 花
タカトウダイ 花
タマアジサイ 花
ツユクサ 花
ツリガネニンジン 花
トネアザミ 花
ヌスビトハギ 花
ノブキ 花
ハエドクソウ 花
ハグロソウ 花
フジカンゾウ 花
ベニバナボロギク 花
ボタンヅル 花
マツカゼソウ 花
マルバハギ 花
ミズヒキ 花
ミヤマウズラ 花
ミヤマタニワタシ 花
メヤブマオ 花
ヤブマオ 花
ヤブミョウガ 花
ヤブラン 花
ユウガギク 花
ワレモコウ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*越野、堀の内の里地(竹林) 2021.8.25

2021年8月25日、10時05分~13時33分 晴れ
Photo_20210828104901
八王子市越野、堀の内の里地を歩いた。
多摩ニュータウンに隣接するが、開発からかろうじて免れたところである。
由井中央小学校から歩き出し、先ず日枝神社のスダジイの巨樹を拝んだ。
しっかりした大樹である。次に堀の内寺沢里山公園に行った。
公園に入り右側にモウソウダケの竹林があり、綺麗に整備されていた(写真)。
公園内に田んぼがあり、出穂していた。
規模は小さいが思いがけないところにたんぼがあったのでびっくりした。
帰路は大栗川沿いに由井中央小学校まで歩き、川でカワセミの幼鳥に出合った。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
カワセミ
ハシブトガラス
ヒヨドリ
メジロ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
ガビチョウ
アオスジアゲハ
キチョウ
ツマグロヒョウモン
ナミアゲハ
ヤマトシジミ
アブラゼミ
ツクツクボウシ
ミンミンゼミ
アカバナユウゲショウ 花
アキノタムラソウ 花
カラスビシャク 花
クズ 花
グランダリア・テネラ 花
ススキ 花
スズメノヒエ 花
スダジイ 葉
センニンソウ 花
タカサゴユリ 花
ツユクサ 花
ツルボ 花
ナガバヤブマオ 花
ヒヨドリバナ 花
ブタナ 花
ヘクソカズラ 花
ペラペラヨメナ 花
モジズリ 花
ヤブツバキ 葉
ヤマノイモ 花
ヤマユリ 花
ワルナスビ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*向島用水(両岸土水路) 2021.8.24

2021年8月24日、10時30分~13時30分 晴れ
Photo_20210828104301
日野市の向島用水を歩いた。スタートは浅川ふれあい橋上流の同用水取水口、ここから少し進むと潤徳小学校裏のとんぼ池に出る。
ホテイアオイの花が咲いていた。水車小屋を経て都道503号南新井の信号を左折して新井橋に向かった。
新井橋を渡らず右折して用水沿いを進む、途中住宅地を抜ける。ある民家の前にマツバボタン(ジュエル)の薄いピンク色の花が咲いていたので、見ているとご高齢の住人が出てきてしばし花談義になった。
新井地区の田んぼのある所に出ると昔の用水路を思わせる両岸土水路の部分があった(写真)。
今どき、こんな自然型の水路がよくぞ保たれているものと嬉しくなった。
用水の終点の程久保川に出るとカワセミがいた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
アオサギ
ダイサギ
カワセミ
オナガ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
コシアカツバメ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年8月23日 (月)

鳥見歩る記*裏高尾旧甲州街道(サマーポインセチア) 2021.8.22

2021年8月22日、10時00分~13時5分 晴れ
Photo_20210823192101
西浅川小名路から小仏峠に通じる旧甲州街道を大下バス停まで歩いた。目的は路傍に咲く花々の鑑賞である。
今回は名前の分かる花・実105種を観察できた。今回のベストはツルボ、ナツズイセン、ヤマハギ、タカサゴユリ、サルスベリ、ムクゲ、キバナコスモスであった。
鳥は今月も少なかったがチョウは、7種観察できた。
暑い中の赤いサマーポインセチア(写真)、外来種であるが、異彩を放っている感じであった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
トビ
ヒヨドリ
スズメ
アオスジアゲハ
ウラギンシジミ
キアゲハ
キチョウ
コミスジ
ツマグロヒョウモン
ナミアゲハ
ヤマトシジミ
オオシオカラトンボ
キリギリス
アオツヅラフジ 花
アカツメクサ 花
アカバナユウゲショウ 花
アキノエノコログサ 花
アキノタムラソウ 花
アズマヤマアザミ 花
イモカタバミ 花
エノコログサ 花
オイランソウ 花
オオアレチノギク 花
オオバギボウシ 花
オオマツヨイグサ 花
オシロイバナ 花
オッタチカタバミ 花
オニドコロ 花
オヒシバ 花
オミナエシ 花
オヤマボクチ 花
カノコユリ 花
カヤツリグサ 花
カラスウリ 花
キキョウ 花
キクイモモドキ 花
キツネノマゴ 花
キバナコスモス 花
キンミズヒキ 花
クサギ 花
クサノオ 花
クズ 花
グランダリア・テネラ 花
クレオメ 花
ケイトウ 花
ゲンノショウコ 花
ゴーヤ 花
コスモス 花
コニシキソウ 花
コボタンヅル 花
サマーポインセチア 花
サルスベリ 花
サルビア グアラニティカ 花
シモツケ 花
シュウカイドウ 花
ジュズダマ 花
シラヤマギク 花
シロヨメナ 花
ススキ 花
スベリヒユ 花
センニチコウ 花
センニチソウ 花
センニンソウ 花
ダイコンソウ 花
タカサゴユリ 花
タマアジサイ 花
タマスダレ 花
ツユクサ 花
ツルボ 花
トレニア 花
ナツズイセン 花
ニラ 花
ヌスビトハギ 花
ネバリノギク 花
ノウゼンカズラ 花
ノカンゾウ 花
ノシラン 花
ノブキ 花
ハキダメギク 花
ハグロソウ 花
ハゼラン 花
ハナスベリヒユ 花
ハナゾノツクバネウツギ 花
ハナトラノオ 花
ハルノノゲシ 花
ヒャクニチソウ 花
ヒルガオ 花
フウセンカズラ 花
フウチソウ 花
ブタナ 花
フヨウ 花
ヘクソカズラ 花
ペラペラヨメナ 花
ホオズキ 実
ホタルブクロ 花
マツバギク 花
ママコノシリヌグイ 花
マリーゴールド 花
ミズヒキ 花
ミゾソバ 花
ムクゲ 花
ムシトリナデシコ 花
ムラサキエノコロ 花
ムラサキカッコウアザミ 花
ムラサキゴテン 花
メヒシバ 花
メマツヨイグサ 花
メランポジューム 花
ヤナギハナガサ 花
ヤブガラシ 花
ヤブミョウガ 花
ヤブラン 花
ヤマハギ 花
ユウガギク 花
ヨウシュヤマゴボウ 花
ルドベキア 花
ルリマツリ 花
ワレモコウ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年8月22日 (日)

鳥見歩る記*多摩川多摩大橋下流のツバメの集団ねぐら観察 2021.8.21

2021年8月21日、17時55分~17時50分 曇り 
Photo_20210822195801
多摩川の多摩大橋下流の八王子市、日野市、昭島市の3市境界附近のヨシ原に今年もツバメの集団ねぐらが形成されている。
7月31日は通称ひょうたん池の周りに集団ねぐらが形成されているのを観察に行った。
そのねぐらの位置が多摩川内の谷地川釣り堀池周辺に移動したという情報があったので確認に行った。
多摩川右岸の桜並木の堤防(日野市栄町)から観察した。
18時5分前に現場に着き、観察を始めると18時30分頃から急にツバメが増加した。
上空の乱舞、18時45分頃には2万羽を超えたと思われた。
圧巻である。添付の写真は空が暗くなっているので見づらいが、無数ともいえるツバメの乱舞が映っている。

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年8月21日 (土)

鳥見歩る記*南大沢駅小山内裏公園から大平公園(ウワミズザクラ) 2021.8.19

2021年8月19日、10時35分~13時50分 晴れ 
Photo_20210821161601
南大沢駅から小山内裏公園大平公園、大平公園を通って南大沢駅に周遊するコースを歩いた。
小山内裏公園大平公園でカワセミがやって来るかもとしばし待ったが、ギンヤンマだけで、池の周りからガビチョウの声が聞こえてきた。
戦車道を歩いているとウワイズザクラの赤い実(写真)が陽を浴びて光っていた。
チョウは7種確認でき、クマゼミの声も聞こえた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ドバト
ガビチョウ
アオスジアゲハ
ウラギンシジミ
カラスアゲハ
キチョウ
スジグロシロチョウ
ツマグロキチョウ
ヤマトシジミ
ギンヤンマ
アブラゼミ
クマゼミ
ツクツクボウシ
ミンミンゼミ
ウワミズザクラ 実
オニドコロ 花
オミナエシ 花
キツネノカミソリ 花
キツネノマゴ 花
クサギ 花
タカサブロウ 花
トネアザミ 花
ヒヨドリバナ 花
ブタナ 花
ヤブガラシ 花
ワルナスビ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*川町谷戸(ツバメ)2021.8.18

2021年8月18日  11時00分~11時50分  雨
Photo_20210821161001
毎月1回、川町谷戸(田んぼと雑木林)で野鳥と他の生きものの定期カウントを行っている。コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

雨の中であった。
途中大雨になった時は誰もいない田んぼの脇で傘をさしてじっと雨が止むまで待った。
ツバメ8羽の飛来があり、気分のよいひと時であった。
用水路脇ではイヌゴマn可憐な花にモンキチョウがきていた。
雨上がりの田んぼは稲穂が出揃っていた色(写真)。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 1
ハシブトガラス 2
ツバメ 8
キセキレイ 1
ガビチョウ 2
ツマグロヒョウモン 1
ヒメウラナミジャノメ 3
モンキチョウ 5
ヤマトシジミ 5
スジグロシロチョウ 10
ミヤマアカネ 5
シオカラトンボ 40
ミンミンゼミ 10
ツクツクボウシ 20
アブラゼミ 30
アカバナユウゲショウ 花
アキノエノコログサ 花
イヌガラシ 花
イヌゴマ 花
イヌホオズキ 花
エノコログサ 花
オオアレチノギク 花
オオブタクサ 花
オッタチカタバミ 花
オモダカ 花
カヤツリグサ 花
シロツメクサ 花
セリ  花
ソクズ 花
タカサブロウ 花
ツユクサ 花
ハキダメギク 花
ヘクソカズラ 花
ママコノシリヌグイ 花
ミゾカクシ 花
メマツヨイグサ 花
ヤブガラシ 花
ユウガギク 花
ヨウシュヤマゴボウ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2021年8月14日 (土)

鳥見歩る記*南大沢松木日向緑地から富士見台公園(カワセミ会) 2021.8.12

2021年8月12日、9時10分~11時45分 曇り 
Photo_20210814184601 
南大沢の松木日向緑地から富士見台公園を歩いた。
最初に訪ねたのは八幡神社の御神木オオツクバネガシ、樹周6メートルを超える巨樹で100年以上前の1880年の火災からも復活したという不死身のアラカシと言われているという説明があった。
神社の東側、松木日向緑地の入口にカワラエツメイが群落になって咲いていた。絶滅が心配されている野草である。
松木日向緑地は藪蚊に悩まされながら歩き、温室を目指して歩いた。
温室を過ぎると都立大学校内であるが、夏休み中のためか人に出会わなかった。
富士見台公園の近くでクズの花に出合う(写真)。
富士見台公園にはシラカシの樹液を吸っているアカボシゴマダラがいた。
最後に大栗川(山下歩道橋)に出るとカワセミが魚を狙っていた。
Photo_20210814184701 観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
カワセミ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
アカボシゴマダラ
シオカラトンボ
クマゼミ
ツクツクボウシ
ミンミンゼミ
カワラケツメイ 花
キツネノカミソリ 花
クズ 花
タカサゴユリ 花
ヌスビトハギ 花
ヘクソカズラ 花

 

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

 

|

2021年8月 8日 (日)

鳥見歩る記*湯殿川定期カウント(オオヨシキリ) 2021.8.7

2021年8月7日、8時00分~9時10分 雨
2_20210808124501
湯殿川の野鳥定期カウントをした。時田大橋から白旗橋までの間、今月も新型コロナ禍のため、協力者無しで行った。
台風が近づいてくる時の雨だったが、小雨だったので定期カウントを開始、時田大橋をスタートした。
釜土橋でどしゃ降りになったので、無人野菜直売場で20分雨宿りをした。
その後小雨になったので再開し、ゴールの白旗橋に着いたら雨があがった。
カルガモが多く数羽のかたまりが次々で計35羽になった。
白旗橋と大橋の中間地点、オギの中にオオヨシキリが出た(写真)。
ススキが出穂、稲荷神社でキツネノカミソリ、タカサゴユリ、ヤブランの花をいているとクマゼミの声が聞こえてきた。
稲荷橋の下流では今月も大きなスッポンが甲羅干しをしていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カルガモ 35
キジバト 9
カワウ 2
アオサギ 3
カワセミ 1
モズ 1
ハシボソガラス 3
ハシブトガラス 8
ツバメ 7
ヒヨドリ 6
オオヨシキリ 1
ムクドリ 15
スズメ 6
ハクセキレイ 1
セグロセキレイ 2
ドバト 3
ハグロトンボ 2
クマゼミ 2
スッポン 1
アカバナユウゲショウ 花
アキノエノコログサ 花
オニユリ 花
キツネノカミソリ 花
クサギ 花
ススキ 花
センニンソウ 花
タケニグサ 花
タカサゴユリ 花
ツメクサ 花
ニラ 花
ヒルガオ 花
ヘクソカズラ 花
メマツヨイグサ 花
ヤブガラシ 花
ヤブラン 花
ヨウシュヤマゴボウ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*高尾山(イワタバコ) 2021.8.4

2021年8月4日、8時00分~14時10分 晴れ 
Photo_20210808123501
高尾山、小仏川の遊歩道から蛇滝橋、蛇滝経由高尾山の4号路を登り、1号路を下った。
蛇滝前のイワタバコはピークが過ぎていたが、最後の一輪が咲いていた(写真)。
今月はマツグミの花が登山道に多数落花していた。赤いのでよく目立つ。
山頂東側のエノキの周りにタマムシが多数飛んでいた。10匹はいた。
下り、サル園附近ではイカルのさえずりがあり、この声でしばし涼しさを感じた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
ハシブトガラス 16
ヤマガラ 6
ヒヨドリ 12
ウグイス 17
メジロ 20
クロツグミ 1
イカル 2
ガビチョウ 16
オナガアゲハ 1
アブラゼミ 22
ツクツクボウシ 7
ヒグラシ 35
ミンミンゼミ 15
タマムシ 10
アズマヤマアザミ 花
イヌトウバナ 花
イノコズチ 花
イワタバコ 花
ウバユリ 花
ウマノミツバ 花
オオヤマハコベ 花
オトコエシ 花
ガンクビソウ 花
キジョラン 花
コヤブタバコ 花
セリ  花
ダイコンソウ 花
タマアジサイ 花
ヌスビトハギ 花
ノブキ 花
ハエドクソウ 花
ハグロソウ 花
ハダカホオズキ 花
ヒメガンクビソウ 花
マツカゼソウ 花
マツグミ 落花
ミズヒキ 花
ムラサキニガナ 花
ヤブハギ 花
ヤブミョウガ 花
ヤマホトトギス 花
ユウガギク 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年8月 7日 (土)

鳥見歩る記*陣場山(ホオジロ) 2021.8.3

2021年8月3日、8時20分~12時50分 晴れ 
Photo_20210807195301
陣場高原下バス停から和田峠経由で陣馬山までを往復した。
和田峠の手前でクロツグミの声が聞こえた。
山頂の茶屋で休んでいるとホオジロのさえずりが聞こえてきた。涼しい風とホオジロのさえずりで疲れがとれた。
山頂で草原の野草を楽しむことができたが、殆どの花がピークを過ぎていた。
オオバギボウシが特に見事であった(写真)。
旧国民宿舎跡には楽しみにしていたレンゲショウマが咲いていたが、保護のため背の高い網に囲まれていたので、近づくことができなかった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
コゲラ
アオゲラ
ヒガラ
ツバメ
ウグイス
メジロ
クロツグミ
ホオジロ
カラスアゲハ
ツマグロヒョウモン
ミスジチョウ
アキカラマツ 花
アキノタムラソウ 花
ウツボグサ 花
オオガンクビソウ 花
オオバギボウシ 花
オカトラノオ 花
オトギリソウ 花
オトコエシ 花
キスゲ 花
キツネノボタン 花
キンミズヒキ 花
クサノオ 花
クルマバナ 花
コウゾリナ 花
コオニユリ 花
シシウド 花
シュウカイドウ 花
ダイコンソウ 花
タマアジサイ 花
ツユクサ 花
ノハラアザミ 花
ハエドクソウ 花
ヒメヒオウギズイセン 花
ヒメヤブラン 花
ヒヨドリバナ 花
ヘクソカズラ 花
ボタンヅル 花
ミズタマソウ 花
ミズヒキ 花
メマツヨイグサ 花
モミジガサ 花
ヤブミョウガ 花
ユウガギク 花
レンゲショウマ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*高月水田(キュウリ差し入れ) 2021.8.1

2021年8月1日、11時20分~13時15分 晴れ
Photo_20210807192601
コースは、高月水田を一周するものです。
高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

休耕田からキジのメスが飛び立って行った。
出穂の始まった稲田にアオサギ、ダイサギが来て餌を捕っていた。
猛暑の中、農道を歩いていた軽トラックが脇に止まり、農家の方が暑いので喉を潤せとキュウリを恵んでくれた(写真)。
塩を持っていなかったがとても美味しかった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジ 1
アオサギ 4
ダイサギ 10
ハシボソガラス 2
ハシブトガラス 2
ツバメ 8
スズメ 6
ハクセキレイ 5
セグロセキレイ 1
スジグロシロチョウ 3
モンキチョウ 2
ヤマトシジミ 2
キリギリス 声
アカツメクサ 花
アカバナユウゲショウ 花
エノコログサ 花
オオアレチノギク 花
オオジシバリ 花
オッタチカタバミ 花
オモダカ 花
カヤツリグサ 花
カントウヨメナ 花
シロツメクサ 花
スズメノヒエ 花
セイバンモロコシ 花
ツユクサ 花
トキワハゼ 花
ハキダメギク 花
ヒルガオ 花
ヘラオオバコ 花
マルバルコウソウ 花
ミゾカクシ 花
メヒシバ 花
メマツヨイグサ 花
ヤブラン 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原(ヘクソカズラ)2021.8.1

2021年8月1日、10時35分~11時10分 晴れ 
Photo_20210807192101
コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、一部ワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

 河原はウグイスのさえずりが四方から聞こえてくるだけで、野鳥は低調であった。
ガビチョウも相変わらず賑やかで、足元まで飛んで来るような振る舞いであった。
イチモンジセセリが見つかった。
今季初認である。ヘクソカズラ(写真)の花が新鮮に感じた。キンミズヒキの花が目立った。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カイツブリ 1
キジバト 2
ツバメ 2
ヒヨドリ 2
ウグイス 5
ガビチョウ 6
イチモンジセセリ 1
キチョウ 7
コミスジ 8
ヒメウラナミジャノメ 3
ヤマトシジミ 6
シオカラトンボ 6
ミヤマアカネ 25
アブラゼミ
ニイニイゼミ
ミンミンゼミ
キリギリス 声
アカツメクサ 花
アレチハナガサ 花
オオイヌタデ 花
キンミズヒキ 花
コマツヨイグサ 花
セイバンモロコシ 花
ツユクサ 花
ドクダミ 花
ヒメジョオン 花
ヘクソカズラ 花
ママコノシリヌグイ 花
メマツヨイグサ 花
ヤブカンゾウ 花
ヤブニンジン 花
ヤマハギ 花
ワルナスビ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。
アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »