« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »

2021年6月29日 (火)

鳥見歩る記*長沼公園ガビチョウ調査(オオタカ)2021.6.28

2021年6月28日  8時50分~11時10分 晴れ 
Photo_20210629200001
長沼公園でガビチョウの生息分布調査の6月分を実施した。
今月は23ヵ所でさえずりが確認された。
オオタカの声、キビタキのさえずりも観察された。
栃本尾根ではリョウブ約15本が開花中(写真)、15本が集まっていて見事であった。
殿ヶ谷の道の草地ではルドベキアの黄色い花が目立った(写真)。
Photo_20210629200002
観察した鳥花等は以下のとおりです。
キジバト
オオタカ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
キビタキ
コジュケイ
ガビチョウ
アカツメクサ 花
アカバナユウゲショウ 花
アキノタムラソウ 花
ウマノミツバ 花
オオバコ 花
オカトラノオ 花
シロツメクサ 花
セリ  花
タケニグサ 花
ツユクサ 花
テイカカズラ 花
ノアザミ 花
ハエドクソウ 花
ハンゲショウ 花
ヒヨドリバナ 花
ブタナ 花
ホタルブクロ 花
モジズリ 花
ヤブカンゾウ 花
リョウブ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*ジュニアクラブ浅川探鳥会(巣立ち雛たち)2021.6.26

2021年6月26日  8時45分~11時45分 晴れ 
Photo_20210629195401
ジュニアクラブの野鳥観察会。新型コロナ感染防止の注意を払い実施を心配した。
コースは浅川の八高線鉄橋から長沼橋往復。
巣立ったヒナが多く見られた(カワセミ カルガモ ムクドリ シジュウカラ ハクセキレイ ハシボソガラスなど)。
カワセミは親から独立した巣立ち雛、他はすべて親子連れであった。
キカラスウリが堤防で繊細な花を咲かせていた(写真)

観察した鳥花等は以下のとおりです。
カルガモ
キジバト
カワウ
アオサギ
ダイサギ
イカルチドリ
カワセミ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ツバメ
イワツバメ
ヒヨドリ
セッカ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ
ドバト
ガビチョウ


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2021年6月25日 (金)

鳥見歩る記*浅川多摩川合流付近(イソヒヨドリ)2021.6.24

2021年6月24日  10時45分~13時35分 晴れ 
Photo_20210625182701
百草園駅から程久保川に出て、浅川右岸の堤防を新井橋まで歩き、橋を渡って日野市東部会館でトイレ休憩、浅川左岸を多摩川合流付近まで歩き、根川の橋の日陰で昼食、多摩川右岸の堤防を下河原公園まで歩いた。
数は少ないがアオサギの存在感があった。
ダイサギ数羽のうち、嘴が短いのをチュウサギとしたが、暫定判断である。
浅川では河原でセッカが終始鳴いていた。
ホオジロのさえずりもあり、何とか姿を捉えることができた。
日野クリーンセンターではイソヒヨドリのメスに出合った(写真)。
看板や電柱から草地に降りて採餌していた。
多摩川のワンドでカワセミを期待したが、ワンドの水面に藻がはびこっていて、カワセミの姿はなかった。
最後の下河原公園ではムクドリに混じってヒバリ2羽が草地で採餌中であった。

観察した鳥花等は以下のとおりです。
カルガモ
キジバト
カワウ
アオサギ
ダイサギ
チュウサギ
トビ
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヒバリ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
セッカ
ムクドリ
イソヒヨドリ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ
ドバト
ガビチョウ


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2021年6月23日 (水)

鳥見歩る記*宇津貫緑地(カワセミ)2021.6.21

2021年6月21日  9時30分~11時30分 晴れ

Photo_20210623114301

宇津貫緑地の定期カウントを行った。
調整池にカワセミが2羽いて、水面上を追いかけっこのような飛び方をしていた。
調整池にはカイツブリが帰ってきた。
その調整池のアサザが黄色い花を沢山咲かせていた。今までで花の数が一番多いのではないかと思われる。見事である。
シロバナイナモリソウ、オカトラノオ(写真)の白い花が雑木林で咲いていた。

 

観察した鳥花等は以下のとおりです。
カイツブリ 1
キジバト 7
ホトトギス 1
カワセミ 2
コゲラ 4
カケス 1
ハシブトガラス 8
ヤマガラ 2
シジュウカラ 2
ツバメ 3
ヒヨドリ 4
ウグイス 5
メジロ 2
キビタキ 3
ホオジロ 2
コジュケイ 1
ガビチョウ 8
アカバナユウゲショウ 花
アサザ 花
ウマノミツバ 花
オカタツナミソウ 花
オカトラノオ 花
キツネノボタン 花
コウゾリナ 花
タケニグサ 花
ドクダミ 花
ハエドクソウ 花
ヒメコウゾ 実
ヒメヤブラン 花
ヒヨドリバナ 花
ホタルブクロ 花
ミゾソバ 花
ムラサキシキブ 花
モジズリ 花
ヤブカンゾウ 花
ヤブレガサ 花

 

 

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

 

|

2021年6月21日 (月)

鳥見歩る記*長池公園(スッポン) 2021.6.17

2021年6月17日、10時22分~11時55分 曇り
Photo_20210621175601
続いて長池公園の野鳥カウントを行った。
ヒヨドリ、メジロ、ガビチョウの鳴き声が再三聞こえたが、他の鳥の声は少なかった。
築池で埋没しかけた木の上にスッポン1がアカミミガメと一緒に寝ていた(写真)。
ヒメコウゾの実が熟していて、食べと見ると酸味がなく甘味だけであった(写真)。
Photo_20210621175602
観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カルガモ 1
キジバト 5
アオゲラ 1
ハシボソガラス 2
ハシブトガラス 5
シジュウカラ 5
ツバメ 4
ヒヨドリ 16
ウグイス 8
エナガ 2
メジロ 19
ムクドリ 1
ハクセキレイ 1
コジュケイ 1
ガビチョウ 15

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*清水入緑地(ムラサキシキブ) 2021.6.17

2021年6月17日、8時45分~10時15分 曇り 
Photo_20210621175001
南大沢駅から南にほゞ1㎞にある清水入緑地で野鳥の定期カウントを実施した。
雨上がりで園内が薄暗く感じた。
藪蚊が多く手や顔を刺され、かゆい中のカウントであった。
幼鳥と思われる鳴き声を再三聞いたが種別は確認した。
ムラサキシキブの花が目だった(写真)。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 4
コゲラ 5
オナガ 2
ハシボソガラス 3
ハシブトガラス 7
ヤマガラ 3
シジュウカラ 8
ヒヨドリ 17
ウグイス 8
エナガ 1
メジロ 7
ムクドリ 4
ガビチョウ 5

|

2021年6月20日 (日)

鳥見歩る記*川町谷戸(キビタキ)2021.6.15

2021年6月15日  11時50分~13時5分  晴れ
Photo_20210620123201
毎月1回、川町谷戸(田んぼと雑木林)で野鳥と他の生きものの定期カウントを行っている。コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

カワセミが田んぼの脇の大沢川を上流に向かって飛んで行った。
久しぶりのカワセミの登場である。
キビタキがシイタケのほだぎ林と八王子霊園の境の林でさえずを繰り返していたが、姿を見つけることができなかった。
田んぼにシオヤトンボ、ハラビロトンボ、雑木林にホタルガ(写真)、テイカカズラ、マタタビの花が目立った。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 3
カワセミ 1
ハシブトガラス 5
ツバメ 2
ヒヨドリ 2
ウグイス 5
ムクドリ 2
キビタキ 1
キセキレイ 2
ガビチョウ 6
キアゲハ 1
スジグロシロチョウ 7
ヒメアカタテハ 1
ヒメウラナミジャノメ 2
ベニシジミ 3
ミスジチョウ 1
モンキチョウ 1
モンシロチョウ 10
ヤマトシジミ 6
ホタルガ 2
シオカラトンボ 5
シオヤトンボ 10
ハラビロトンボ 2
アカバナユウゲショウ 花
カンナ 花
キツネノボタン 花
クサノオ 花
コセンダングサ 花
コヒルガオ 花
シロツメクサ 花
テイカカズラ 花
ドクダミ 花
ナガミヒナゲシ 花
ハキダメギク 花
ハハコグサ 花
ヒメジョオン 花
ヒメツルソバ 花
ヒルガオ 花
ブタナ 花
マタタビ 花
ママコノシリヌグイ 花
ムシトリナデシコ 花
モジズリ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*上川口小学校(ホトトギス) 2021.6.11

2021年6月11日、8時45分~10時00分 晴れ 
Photo_20210620122601
上川口小学校3年生、4年生の野鳥観察支援に参加した。
ウグイスとホトトギスがの競演が素晴らしかった。
携帯電話の中継アンテナ塔にカラスの巣があり、親が巣に入る所が観察できたが、高くて巣の中にヒナがいるかどうかわからなかった。
ハクセキレイが頭上の電線でポーズをとってくれた(写真)。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
ホトトギス
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
イカル
ホオジロ
ガビチョウ


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*醍醐の郷(アオバト) 2021.6.10

2021年6月10日、9時20分~12時00分 晴れ 
Photo_20210620115901
八王子の奥座敷、醍醐の郷でオオルリ他夏鳥調査の第2回目を行った。
ホオジロ(写真)のさえずりを聞きながら歩き出したが、鳥にはあまり出合わず低調であった。
期待のオオルリは一度さえずりを聞いただけであった。
終点のににく沢出合の所で昼飯を食べていると比較的近くでアオバトの声がしてきた。
調査終了後、夕焼け小焼けバス停でバスを待っていると3羽のノスリが上空に現れ旋回飛翔した。そこにツミと思われる個体も現れた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 1
アオバト 1
アオサギ 1
トビ 1
コゲラ 1
ハシボソガラス 2
ハシブトガラス 6
ヤマガラ 4
ヒガラ 4
シジュウカラ 13
ツバメ 1
ヒヨドリ 25
ウグイス 18
エナガ 5
センダイムシクイ 1
メジロ 4
クロツグミ 2
キビタキ 4
オオルリ 1
キセキレイ 6
イカル 8
ホオジロ 1
コジュケイ 2
ガビチョウ 4
ウラギンシジミ 4
オナガアゲハ 3
キチョウ 1
クロアゲハ 2
コミスジ 1
ジャコウアゲハ 1
スジグロシロチョウ 50
テングチョウ 50
ミスジチョウ 1
ミドリヒョウモン 1
モンキアゲハ 3
モンシロチョウ 20
キアシドクガ 10
ミヤマカワトンボ 1
カジカガエル 声
アカショウマ 花
イヌガラシ 花
ウツギ 花
ウツボグサ 花
ギンレイカ 花
クサノオ 花
クリ 花
サワギク 花
スイカズラ 花
セリバヒエンソウ 花
チダケサシ 花
テイカカズラ 花
ホタルカズラ 花
マタタビ 蕾
ムシトリナデシコ 花
ヤマアジサイ 花
ユキノシタ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*片倉城跡公園(シャクジョウソウ) 2021.6.9

2021年6月9日、8時00分~10時00分 晴れ
Photo_20210620114901
片倉城跡公園と隣接する湯殿川を歩いた。
湯殿川ではカワセミが下流に向かって飛んで行くところが観察できた。
ギンリョウソウの仲間のシャクジョウソウ(写真)が咲いていた。
終了後につどいの森公園に行った。調整池でカイツブリが浮巣を作っていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
ホトトギス
カワセミ
コゲラ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
スズメ
ガビチョウ
シャクジョウソウ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年6月12日 (土)

鳥見歩る記*大戸緑地(ユクノキ) 2021.6.8

2021年6月8日、11時50分~12時35分 晴れ
1_20210612195201
町田の大戸緑地へユクノキを見に行ってきた。
毎年は咲かない木の花。前回咲いたのが2019年で2年ぶりの開花とのこと。
多数の白い小さな花が散る時の様子が雪が降っているように見えるのでユキノキといわれたのから今ではユクノキという名前になったらしい。
2_20210612195201
観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
ホトトギス
ヒヨドリ
ウグイス
キビタキ
コジュケイ
キチョウ
クロコノマチョウ
コミスジ
スジグロシロチョウ
テングチョウ
ヒメウラナミジャノメ
ミスジチョウ
オカトラノオ 花
キツネノボタン 花
テイカカズラ 花
ドクダミ 花
ニワゼキショウ 花
ハナカタバミ 花
ホタルブクロ 花
ユクノキ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年6月 9日 (水)

鳥見歩る記*湯殿川定期カウント(ホトトギス) 2021.6.5

2021年6月5日、8時15分~9時20分 曇り
Photo_20210609130201
湯殿川の野鳥定期カウントを行った。コースは時田大橋から白旗橋まで。
新型コロナ緊急事態宣言下のため、協力者無しで行った。
ウグイスとホトトギスのセットが観察された。
ホトトギスは下流部と上流部で観察されたので2羽としたが、1羽の可能性もある。
カルガモは親だけで、子連れは見当たらなかった。
イワツバメも先月は殿田橋付近と白旗橋付近にいたが、今月はその姿が無かった。
モンシロチョウは小比企の畑に多数いたものであるが、河原にもいた。
その河原にはアレチハナガサが多く、その花でモンシロチョウが吸蜜していた(写真)。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジ 2
カルガモ 8
キジバト 3
ホトトギス 2
カワセミ 2
ハシボソガラス 2
ハシブトガラス 4
シジュウカラ 2
ツバメ 6
ヒヨドリ 6
ウグイス 3
ムクドリ 9
スズメ 4
ハクセキレイ 1
カワラヒワ 1
ガビチョウ 2
キチョウ 7
モンキチョウ 8
モンシロチョウ 60
アカツメクサ 花
アカバナユウゲショウ 花
アレチハナガサ 花
オオキンケイソウ 花
オッタチカタバミ 花
オランダガラシ 花
キキョウソウ 花
キリンソウ 花
コスモス 花
コマツヨイグサ 花
シロツメクサ 花
スイカズラ 花
ツユクサ 花
ドクダミ 花
ニワゼキショウ 花
ノアザミ 花
ハキダメギク 花
ヒメジョオン 花
ビヨウヤナギ 花
ヒルガオ 花
ブタナ 花
フランスギク 花
ヘラオオバコ 花
ホタルブクロ 花
マメグンバイナズナ 花
ムシトリナデシコ 花
ムラサキツユクサ 花
ユキノシタ 花
ワルナスビ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年6月 4日 (金)

鳥見歩る記*裏高尾旧甲州街道(ヒナゲシ) 2021.6.3

2021年6月3日、10時5分~13時30分 晴れ 
Photo_20210604193601
西浅川小名路から小仏峠に通じる旧甲州街道を大下バス停まで歩いた。
目的は路傍に咲く花々の鑑賞である。
今回は名前の分かる花・実91種を観察できた。今回のベストはホタルブクロ、モジズリ、ヒメヒオウギ、タチアオイ、スイセンノウ、ビヨウヤナギ、ヒナゲシ、マツバギク、イモカタバミ、ヒルザキツキミソウ、オオキンケイソウ、ムシトリナデシコ、ヒナゲシ(写真)であった。
テングチョウが目立った。特に大下バス停では100匹くらいの大量のテングチョウが飛び交っていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
ホトトギス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
スズメ
キセキレイ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
ガビチョウ
アオスジアゲハ
アカボシゴマダラ
ウラギンシジミ
オナガアゲハ
キチョウ
クロアゲハ
スジグロシロチョウ
テングチョウ
ナミアゲハ
ヒメウラナミジャノメ
ベニシジミ
モンキチョウ
モンシロチョウ
アカショウマ 花
アカツメクサ 花
アカバナユウゲショウ 花
アジサイ 花
アメリカフウロ 花
アレチモーズイカ 花
イトバハルシャギク 花
イモカタバミ 花
ウツギ 花
オオキンケイソウ 花
オオバコ 花
オッタチカタバミ 花
オトギリソウ 花
カシワバアジサイ 花
カタバミ 花
カボチャ 花
キショウブ 花
キリンソウ 花
クサノオ 花
クリ 花
コウゾリナ 花
コスモス 花
コヒルガオ 花
コマツヨイグサ 花
サツキ  花
サルビア グアラニティカ 花
ジキタリス 花
シュンギク 花
ショカツサイ 花
シロツメクサ 花
シロヤマブキ 花
スイセンノウ 花
スカシユリ 花
セイヨウタンポポ 花
ゼニアオイ 花
タチアオイ 花
チェリーセージ 花
ツメクサ 花
テイカカズラ 花
ドクダミ 花
ナガミヒナゲシ 花
ナデシコカオリ 花
ニゲラ(クロタネソウ) 花
ニチニチソウ 花
ニワゼキショウ 花
ノアザミ 花
ノビル 花
ノミノツズリ 花
バーベナ 花
ハキダメギク 花
ハクチョウゲ 花
ハコネウツギ 花
ハタザオキキョウ 花
ハナウド 花
ハナカタバミ 花
ハハコグサ 花
ハブラシノキ 花
バラ 花
ハルジオン 花
ハルノノゲシ 花
パンジー 花
ヒエンソウ 花
ヒナゲシ 花
ヒメジョオン 花
ヒメツルソバ 花
ヒメヒオウギ 花
ビヨウヤナギ 花
ヒルガオ 花
ヒルザキツキミソウ 花
ブタナ 花
フランスギク 花
ペチュニア 花
ヘラオオバコ 花
ペラペラヨメナ 花
ホタルブクロ 花
ホワイトレースフラワー 花
マツバギク 花
マメグンバイナズナ 花
マリーゴールド 花
マンリョウ 実
ミヤコワスレ 花
ムシトリナデシコ 花
ムラサキツユクサ 花
メキシコマンネングサ 花
メランポジューム 花
モジズリ 花
ヤナギハナガサ 花
ヤマハギ 花
ユキノシタ 花
ヨウシュヤマゴボウ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*東京都鳥類繁殖分布調査(ツバメ、イワツバメ) 2021.6.2

2021年6月2日、4時54分~7時30分 曇り 
Photo_20210604193001
東京都鳥類繁殖分布調査、早朝に2回目の調査をした。今回も5月7日の第1回と同様に南浅川の南浅川橋をスタートし、万葉公園の真覚寺、めじろ台駅、永生病院を通り、湯殿川の和合橋までの3メッシュの調査をした。
スタート地点の南浅川橋では通行人がハシブトガラスに頭を襲われていた。近くに雛のいるカラスの巣があると思われる。
今回は巣立ち雛を連れた家族群の鳥がシジュウカラ、エナガの2種で観察された。
真覚寺(写真)・万葉公園はウグイスのさえずりが多く、そこにホトトギスがやってきた。
ツバメはめじろ台駅、イワツバメは湯殿川の和合橋でともに巣への親の出入りが観察された。
終了後に近くのアオバズクの営巣地に行ってみると、営巣木と思われる木の枝に1羽のアオバズクが止まっていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カルガモ
キジバト
ホトトギス
アオバズク
オナガ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ツバメ
イワツバメ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
スズメ
ガビチョウ


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年6月 2日 (水)

鳥見歩る記*高月水田(コチドリ) 2021.6.1

2021年6月1日、10時45分~12時5分 晴れ
Photo_20210602170101
コースは、高月水田を一周するものです。
高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

田んぼに水が引かれ、田植えが始まった。
そこにコチドリが姿を現した。ヒバリのさえずりもきこえた。
田んぼでウグイスは不自然な感じだが、田んぼの一角にエノキの林があり、そこでさえずっていた。
ハシボソガラスがカエルを食べていた。田んぼで盛んに鳴いているトウキョウダルマガエルが犠牲者と思われる。
モンシロチョウが目立ち、シオカラトンボも飛び出した。
シオヤトンボは交尾中で飛んでいた(写真)。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カルガモ 2
コチドリ 5
トビ 3
ハシボソガラス 4
ヒバリ 1
ツバメ 10
ウグイス 1
スズメ 5
ハクセキレイ 2
セグロセキレイ 3
カワラヒワ 3
モンシロチョウ 90
シオカラトンボ 10
シオヤトンボ 4
トウキョウダルマガエル 声
アカバナユウゲショウ 花
アメリカフウロ 花
オオジシバリ 花
カタバミ 花
キツネアザミ 花
コセンダングサ 花
コヒルガオ 花
シロツメクサ 花
ナズナ 花
ノミノツズリ 花
ハハコグサ 花
ブタナ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年6月1日、9時20分~10時35分 晴れ

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原(ホトトギス)2021.6.1
Photo_20210602165601
コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、一部ワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

ウグイスがあちこちでさえずり、頭上を1羽のホトトギスが鳴きながら飛び回り、賑やかであった。
そこにオオヨシキリもニセアカシアの高いところからさえずっていて、一層賑やかであった。
竹藪のハチクのタケノコはピークが過ぎていたが、今夜のビールのツマミ分だけは採れた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジ 2
カルガモ 2
キジバト 1
ホトトギス 1
トビ 1
ハシボソガラス 4
ハシブトガラス 2
ヒヨドリ 2
ウグイス 6
オオヨシキリ 1
コジュケイ 2
ガビチョウ 6
ダイミョウセセリ 1
ヒメジャノメ 2
ミスジチョウ 2
キチョウ 5
モンキチョウ 5
ヒメウラナミジャノメ 6
モンシロチョウ 40
アカツメクサ 花
アメリカフウロ 花
イボタノキ 花
オッタチカタバミ 花
キキョウソウ 花
コウゾリナ 花
コマツヨイグサ 花
シロツメクサ 花
スイカズラ 花
ハハコグサ 花
ヒメジョオン 花
ヘラオオバコ 花
マメグンバイナズナ 花
ムシトリナデシコ 花
ヤセウツボ 花
ヤブニンジン 花
ワルナスビ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。
アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

« 2021年5月 | トップページ | 2021年7月 »