« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月27日 (木)

鳥見歩る記*長沼公園(イカル、アカショウマ) 2021.5.26

2021年5月26日、8時15分~11時15分 晴れ 
Photo_20210527121301
長沼公園のガビチョウの生息分布調査をした。
ガビチョウが鳴いている場所を地図の上に落とす調査で、今月は22ヵ所のマッピングをした。
平山口ではイカルさえずりを聞いた。
アカショウマ(写真)が迫出していた。
目立たないがヤブムラサキも葉の裏に花を咲かせていた(写真)。
Photo_20210527121302
観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
アオゲラ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ハクセキレイ
イカル
コジュケイ
ガビチョウ
イチモンジチョウ
クロヒカゲ
コジャノメ
サトキマダラヒカゲ
スジグロシロチョウ
ダイミョウセセリ
ヒメウラナミジャノメ
ミスジチョウ
モンキチョウ
ルリシジミ
キアシドクガ
アカショウマ 花
アワブキ 花
オカトラノオ 花
カタバミ 花
キショウブ 花
キツネアザミ 花
キツネノボタン 花
コアジサイ 花
コメツブツメクサ 花
テイカカズラ 花
ドクダミ 花
ニガナ 花
ヒメジョオン 花
メキシコマンネングサ 花
ヤブムラサキ 花
ヤマアジサイ 花
ヤマボウシ 花
モミジイチゴ 実

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*豊田用水(ミゾホオズキ、オナガ)2021.5.25

2021年5月25日  8時45分~11時35分  晴れ 
Photo_20210527120601
豊田用水を歩いた。目的は用水でのカワセミ探しであったが、カワセミには出合うことが無かった。
コースは浅川・平山橋から用水沿いに歩き、川辺堀之内で豊田用水と別れ、黒川清流公園の湧水から流れてくる水路沿いを歩き、豊田駅近くの水源池まで、約4kmである。
途中、オナガが出てきた。市立図書館裏の湧水地、絵になる壁(写真)、堀之内緑道など見どころ、歩きどころが多いコースである。
ゴールの黒川清流ではミゾホオズキの黄色い花が清流に映えていた(写真)。
Photo_20210527120602
観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カルガモ
キジバト
ダイサギ
オナガ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
メジロ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ
ガビチョウ
イボクサ 花
ホタルブクロ 花
ミゾホオズキ 花
ヤマボウシ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2021年5月24日 (月)

鳥見歩る記*暁町緑地(ノアザミ)2021.5.24

2021年5月24日  10時5分~11時10分  曇り 
Photo_20210524185201
緑町緑地の繁殖期野鳥調査をした。
シジュウカラの親子連れが動き回っていた。
ウグイス、メジロのさえずりも聞くことができた。
この緑地は草原的なところが広がっていて、今の時期、ノアザミ(写真)の群落的に咲き誇っていた。
ニガイチゴの見事で、食べてみると確かに苦みはあるが、甘くて美味しかった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 1
ハシボソガラス 2
ハシブトガラス 2
シジュウカラ 7
ヒヨドリ 10
ウグイス 3
メジロ 4
ガビチョウ 2
キチョウ 1
クロヒカゲ 1
コミスジ 1
スジグロシロチョウ 2
テングチョウ 1
ヒメウラナミジャノメ 2
モンシロチョウ 10
キアシドクガ 20
アカバナユウゲショウ 花
オッタチカタバミ 花
コアジサイ 花
コウゾリナ 花
スイカズラ 花
ゼニアオイ 花
ドクダミ 花
ナワシロイチゴ 花
ニガイチゴ 実
ニガナ 花
ノアザミ 花
ハルジオン 花
ヒメジョオン 花
マメグンバイナズナ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*高尾山(イナモリソウ、オオルリ)2021.5.22

2021年5月22日  10時10分~14時10分  霧雨 
Photo_20210524184601
高尾山の6号路を登り、3号路から琵琶滝道を下った。
6号路の目当てはセッコク、しかし今年のセッコクは勢いが弱く、見ごたえしないものであった。
下りの1輪のイナモリソウ(写真)が素晴らしくよかった。まるで登山道を照らしているようであった。
キビタキの声は多く、オオルリは3号路の途中でばっちりさえずりを聞かせてもらった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
アオゲラ
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
キビタキ
オオルリ
キセキレイ
ガビチョウ
イナモリソウ 花
イヌガラシ 花
ウワバミソウ 花
オッタチカタバミ 花
ガクウツギ 花
ガマズミ 花
コゴメウツギ 花
コバノタツナミ 花
シャガ 花
セッコク 花
フタリシズカ 花
ホシザキイナモリソウ 花
マルバウツギ 花
マタタビ 蕾

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2021年5月23日 (日)

鳥見歩る記*浅川・サイエンスドームから鶴巻橋往復(キアシシギ)2021.5.21

2021年5月21日  9時30分~12時00分  雨 
Photo_20210523194801
大横町のサイエンスドームから浅川右岸に出て、鶴巻橋まで堤防を歩き、帰りは左岸河原の遊歩道を浅川橋経由、サイエンスドームまで一周した。
人の会というグループの自然観察会に支援で、集まったメンバーは8名であった。
梅雨時のような雨の中で傘を広げたり畳んだりの繰り返しであった。
浅川に出るとセッカの声とカジカガエルの声が聞こえてきた。
ダイサギが2羽いて、1羽のくちばしは冬のままの黄色、もう1羽は繁殖期の黒色になっていた。
萩原橋ではイソヒヨドリのオスに出合った。
本日の目玉はキアシシギ、鶴巻橋の上流に1羽(写真)、下流に4羽が期待通りに渡来していた。
ツバメ、ムクドリも賑やかの浅川であった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カルガモ
キジバト
カワウ
ダイサギ
イカルチドリ
キアシシギ
オナガ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヒバリ
ツバメ
イワツバメ
ヒヨドリ
セッカ
ムクドリ
イソヒヨドリ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
カワラヒワ
ドバト
カジカガエル 声
アカバナユウゲショウ 花
オオキンケイソウ 花
ブタナ 花
ヘラオオバコ 花
ムシトリナデシコ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*川町谷戸(セグロセキレイ)2021.5.20

2021年5月20日  10時25分~11時25分  曇り 
Photo_20210523194001
毎月1回、川町谷戸(田んぼと雑木林)で野鳥と他の生きものの定期カウントを行っている。コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

田んぼの代掻きが始まっていた。
3軒の農家が同時にトラクターを動かしていた。3台のトラクター勢ぞろいである。
代掻き中の田んぼにはセグロセキレイ(写真)、カワラヒワ、ムクドリ、ハシボソガラスが来て採餌していた。
トウキョウダルマガエルも勢いよく鳴いていた。
休耕田にはママコノシリヌグイが咲いていた。この花は秋のものだと思っていたら、もう咲いていた。
キアシドクガがここでも集団で飛んでいた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
ハシボソガラス 2
ハシブトガラス 2
シジュウカラ 2
ヒヨドリ 2
ウグイス 2
ムクドリ 6
スズメ 2
ハクセキレイ 2
カワラヒワ 4
ガビチョウ 6
ヒメウラナミジャノメ 5
モンキアゲハ 1
モンシロチョウ 5
キアシドクガ 30
トウキョウダルマガエル 声
アカバナユウゲショウ 花
アメリカフウロ 花
イヌガラシ 花
ウシハコベ 花
エゴノキ 花
オオイヌノフグリ 花
オオジシバリ 花
オッタチカタバミ 花
オニタビラコ 花
オニノゲシ 花
キツネアザミ 花
ショカツサイ 花
シロツメクサ 花
スイカズラ 花
セリバヒエンソウ 花
ナガミヒナゲシ 花
ナズナ 花
ナワシロイチゴ 花
ニガナ 花
ノアザミ 花
ノビル 花
ハハコグサ 花
ママコノシリヌグイ 花
ヤブジラミ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*長池公園(イチヤクソウ) 2021.5.19

2021年5月19日、10時15分~11時30分 曇り後小雨 
Photo_20210523193101
続いて長池公園の野鳥カウントを行った。
途中から小雨となったがウグイス、ガビチョウが盛んに鳴いていた。
長池、築池の2つの池にはカルガモ、カワセミ、カイツブリなど鳥影がなかった。
築池でウシガエルが鳴いていた。
イチヤクソウがまとまって株のようになり蕾が出ていた(写真)。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 4
コゲラ 2
アオゲラ 2
ハシボソガラス 3
ハシブトガラス 2
ヤマガラ 1
シジュウカラ 8
ツバメ 2
ヒヨドリ 9
ウグイス 12
エナガ 6
メジロ 11
スズメ 2
ハクセキレイ 1
カワラヒワ 2
コジュケイ 1
ガビチョウ 11

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*清水入緑地(ヤマボウシ) 2021.5.19

2021年5月19日、8時45分~10時13分 曇り
Photo_20210523192501
南大沢駅から南にほゞ1㎞にある清水入緑地で野鳥の定期カウントを実施した。
雨が降りそうな天気で、林の中は薄暗かった。
シジュウカラの幼鳥6羽の群れがいた。エナガ15羽が群れていた。
ここでもヤマボウシ(写真)が満開となっていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 5
コゲラ 2
アオゲラ 2
ハシボソガラス 2
ハシブトガラス 12
シジュウカラ 18
ツバメ 1
ヒヨドリ 11
ウグイス 17
エナガ 15
メジロ 9
ムクドリ 4
スズメ 4
ホオジロ 1
コジュケイ 1
ガビチョウ 10


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年5月21日 (金)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵と宇津貫緑地(ヤマボウシ)2021.5.17

2021年5月17日  8時00分~11時40分 曇り
1_20210521163301
宇津貫の丘陵地とその一角にある宇津貫緑地の野鳥定期カウント。
ハクセキレイは幼鳥が駅前に来ていた。
宇津貫公園で先月、先々月確認できたツミは今月は確認出来なかった。
今年もキアシドクガの成虫が目立ってきた。
ヤマボウシ(写真)が正に満開となっていた。

以下は宇津貫緑地の状況です。
調整池にはカルガモが2羽来ていたが、カイツブリはいなかった。
キビタキの声を2ヵ所で聞いた。
ほたる沢の田んぼではトウキョウダルマガエルが鳴き、トンボの奥ではオカタツナミソウがひっそり咲いていた。

観察した鳥花等は以下のとおりです。
カルガモ 2
キジバト 4
コゲラ 5
アオゲラ 3
ハシボソガラス 9
ハシブトガラス 4
ヤマガラ 2
シジュウカラ 26
ツバメ 7
ヒヨドリ 22
ウグイス 12
ヤブサメ 1
エナガ 7
メジロ 5
ムクドリ 13
キビタキ 2
スズメ 14
ハクセキレイ 2
ホオジロ 1
ガビチョウ 12
アカシジミ 2
ダイミョウセセリ 2
モンシロチョウ 1
ヒメウラナミジャノメ 10
クロヒカゲ 10
キアシドクガ 150
トウキョウサンショウウオ 声
アカバナユウゲショウ 花
イモカタバミ 花
エゴノキ 花
オオキンケイソウ 花
オッタチカタバミ 花
ガマズミ 花
キショウブ 花
コゴメウツギ 花
コヒルガオ 花
コメツブツメクサ 花
ゴンズイ 花
スイカズラ 花
ドクダミ 花
ナワシロイチゴ 花
ニガナ 花
ニワゼキショウ 花
ノアザミ 花
ノイバラ 花
ノビル 花
ハルジオン 花
ヒメジョオン 花
ヘラオオバコ 花
ペラペラヨメナ 花
ミヤマナルコユリ 花
オカタツナミソウ 花
カキツバタ 花
カントウマムシグサ 花
キクバドコロ 花
ギンリョウソウ 花
ケキツネノボタン 花
コウゾリナ 花
サイハイラン 花
ナルコユリ 花
ミヤマガマズミ 花
ヤブジラミ 花
ヤマボウシ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

見歩る記*宇津木緑地繁殖期調査(コアジサイ) 2021.5.15

2021年5月15日、9時10分~11時10分 晴れ
Photo_20210521162701
宇津木台緑地(八王子市指定)・宇津木緑地(東京都指定)の繁殖期野鳥調査を行った。
オオタカの古巣があるアカマツは枯れてしまった。
キビタキの声が聞こえたが姿は確認できなかった。
ウグイス、メジロ、シジュウカラのさえずり有り。
ヤマボウシ、イボタノキ、エゴノキ、ピラカンサ等白い花が目立った。
白くないがコアジサイが数株、揃って咲いていた(写真)。
ナガサキアゲハの飛翔が見られた。ヒメジョオンが早くも咲き出した。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 3
アオゲラ 2
ハシブトガラス 12
シジュウカラ 10
ツバメ 1
ヒヨドリ 24
ウグイス 6
メジロ 8
ムクドリ 2
キビタキ 1
スズメ 10
ガビチョウ 12
キアゲハ 1
キチョウ 1
クロヒカゲ 1
コジャノメ 6
コミスジ 1
スジグロシロチョウ 2
ダイミョウセセリ 1
ツマグロヒョウモン 3
ナガサキアゲハ 1
ヒカゲチョウ 1
ヒメウラナミジャノメ 5
ヤマトシジミ 3
キアシドクガ 20
アカツメクサ 花
アカバナユウゲショウ 花
アメリカフウロ 花
イボタノキ 花
イモカタバミ 花
ウグイスカグラ 実
ウラジロチチコグサ 花
エゴノキ 花
オオイヌノフグリ 花
オオキンケイソウ 花
オオジシバリ 花
オオバコ 花
オッタチカタバミ 花
オニタビラコ 花
カタバミ 花
ガマズミ 花
カントウタンポポ 花
キリ 花
コアジサイ 花
コウゾリナ 花
コゴメウツギ 花
コナスビ 花
コヒルガオ 花
ゴンズイ 花
サイハイラン 花
ショカツサイ 花
シロツメクサ 花
スイカズラ 花
セリバヒエンソウ 花
タニウツギ 花
ドクダミ 花
ナガミヒナゲシ 花
ニガナ 花
ニワゼキショウ 花
ノビル 花
ハハコグサ 花
ハルジオン 花
ヒメジョオン 花
ピラカンサ 花
ブタナ 花
ヘビイチゴ 花
ホウノキ 花
ヤセウツボ 花
ヤブジラミ 実
ヤブタビラコ 花
ヤマボウシ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年5月19日 (水)

鳥見歩る記*長沼公園(ソウシチョウ) 2021.5.12

2021年5月12日、8時10分~11時25分 曇り 
Photo_20210519195101
長沼公園の野鳥調査をした。
相変わらずガビチョウが多い。
ソウシチョウも1羽いた。そのソウシチョウは餌を咥えていたので、営巣していると思われる。
殿ヶ谷戸のルートの入り口から入って直ぐの所にカワセミが営巣しそうな赤土の崖があり、実際にその崖の方へカワセミミが飛んで行った。
ミヤマナルコユリの大きな株があり開花中、ハンショウヅル(写真)も数ヵ所で開花していた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジ
キジバト
アオサギ
カワセミ
コゲラ
アオゲラ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
センダイムシクイ
メジロ
ムクドリ
キビタキ
スズメ
キセキレイ
コジュケイ
ガビチョウ
ソウシチョウ


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年5月18日 (火)

鳥見歩る記*醍醐の郷(オオヨシキリ) 2021.5.11

2021年5月11日、9時25分~12時10分 曇り 
2_20210518080701
八王子の奥座敷、醍醐の郷でオオルリ他夏鳥調査の第1回目を行った。
関場から醍醐川沿いの道を行くと恩方第一小学校から500m程のところでオオヨシキリの声を聞いた。
オオヨシキリが来るようなヨシ原でないので、間違いかと思ったが同行の他の二人も間違いなくオオヨシキリと確認した。
渡りの途中にはこんな所も通過しているのだろうか。
キビタキは全て声だけで8羽、オオルリは3羽のうち、1羽は姿を確認できた。
エナガの巣立ち雛が可愛いかった(写真)。
カジカガエルもよく鳴いていて、ざっと16匹をカウントした。
エゴノキ3兄弟のうちエゴノキ、ハクウンボクが咲き、オオバアサガラは未だ蕾であった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 7
アオサギ 1
ホトトギス 1
コゲラ 6
アオゲラ 1
カケス 2
ハシブトガラス 10
ヤマガラ 14
ヒガラ 2
シジュウカラ 6
ヒヨドリ 15
ウグイス 18
エナガ 20
センダイムシクイ 4
メジロ 7
オオヨシキリ 1
キビタキ 8
オオルリ 3
キセキレイ 3
イカル 4
ガビチョウ 8
カジカガエル 16
アカバナユウゲショウ 花
アヤメ 花
イヌガラシ 花
ウマノアシガタ 花
エビネ 花
オオジシバリ 花
ガクウツギ 花
キショウブ 花
キュウリグサ 花
クサノオ 花
シャガ 花
ショカツサイ 花
スイカズラ 花
セリバヒエンソウ 花
ツボスミレ 花
ツルカノコソウ 花
ナガミヒナゲシ 花
ハクウンボク 花
ハハコグサ 花
ヒメウツギ 花
フジ 花
フタリシズカ 花
ペラペラヨメナ 花
ホウチャクソウ 花
ホウノキ 花
マツヨイグサ 花
マルバウツギ 花
ヤブジラミ 花
ヤブデマリ 花
ユキノシタ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年5月16日 (日)

鳥見歩る記*東京都鳥類繁殖分布調査(アオバズク) 2021.5.7

2021年5月7日、5時00分~7時45分 曇り 
Photo_20210516193901
東京都鳥類繁殖分布調査に参加し、早朝に野鳥の調査をした。
国土地理院の2万5千分の1地形図を縦横10当分して得られるメッシュ単位に行うもので、南浅川の南浅川橋をスタートし、万葉公園の真覚寺(写真)、めじろ台駅、永生病院を通り、湯殿川の和合橋までの3メッシュの調査をした。
東浅川町の十二社では、思いがけずアオバズクの声を聞いてびっくりした。
めじろ台の永生病院ではイソヒヨドリに出合った。オスで病院の屋上でさえずりと求愛デイスプレイフライトをいた。
ゴールの湯殿川ではイワツバメの小さな集団が飛び回っていた。和合橋に下に出入りしていたので、橋の下に巣があると思われる。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カルガモ
キジバト
アオバズク
アオゲラ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
イワツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
イソヒヨドリ
スズメ
カワラヒワ
ガビチョウ


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年5月15日 (土)

鳥見歩る記*湯殿川定期カウント(バン) 2021.5.5

2021年5月5日、8時5分~9時20分 曇り
Photo_20210515180301
湯殿川の野鳥定期カウントを行った。コースは時田大橋から白旗橋まで。
コガモが3ヵ所で未だいた。殿田橋上流10羽、釜土橋上流4羽、大橋下流6羽の計20羽でいずれも採餌中。
大橋下流ではバンも1羽、こちらも採餌中であった(写真)。
イワツバメは殿田橋付近と白旗橋付近にいて、殿田橋では数羽が橋の下を出入りしていた。
この時期は右岸の小比企の畑からキジの声が何回も聞こえてきて気持ちが良い。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジ 3
カルガモ 4
コガモ 20
キジバト 10
カワウ 1
アオサギ 2
バン 1
カワセミ 1
ハシボソガラス 2
ハシブトガラス 6
シジュウカラ 4
ツバメ 7
イワツバメ 6
ヒヨドリ 8
ウグイス 2
メジロ 2
ムクドリ 14
スズメ 16
キセキレイ 2
ハクセキレイ 2
セグロセキレイ 1
カワラヒワ 2
ドバト 2
ガビチョウ 4
オナガアゲハ 2
ヒメウラナミジャノメ 4
モンシロチョウ 2
アカツメクサ 花
アカバナユウゲショウ 花
アメリカフウロ 花
アヤメ 花
オオイヌノフグリ 花
オオキンケイソウ 花
オオジシバリ 花
オッタチカタバミ 花
オランダガラシ 花
カキネガラシ 花
ギシギシ 花
キショウブ 花
キツネアザミ 花
コマツヨイグサ 花
コメツブツメクサ 花
シラン 花
シロツメクサ 花
スイバ 花
スズメノエンドウ 花
ツルニチニチソウ 花
ナガミヒナゲシ 花
ノイバラ 花
ハハコグサ 花
ハルジオン 花
ヒルガオ 花
ブタナ 花
フランスギク 花
ヘラオオバコ 花
ホトケノザ 花
マツバウンラン 花
マツバギク 花
マメグンバイナズナ 花
ミズキ 花
ムラサキツユクサ 花
メキシコマンネングサ 花
ヤセウツボ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

| | コメント (0)

鳥見歩る記*裏高尾旧甲州街道(イソヒヨドリ) 2021.5.4

2021年5月4日、10時5分~13時35分 曇り 
Photo_20210515060401
西浅川小名路から小仏峠に通じる旧甲州街道を小仏バス停まで歩いた。目的は路傍に咲く花々の鑑賞である。
今回は名前の分かる花・実95種を観察できた。今回のベストはヒルザキツキミソウ、モッコウバラ、キリ、フランスギク、サクランボ実、ペラペラヨメナ、シラー・ベルビアナ、マツバギク、ボタン、シャクヤク、アヤメ、コデマリ、オオデマリ、シランであった。
シラー・ベルビアナ(写真)が路傍を明るく飾っていた。
ウスバシロチョウ(写真)がハルジオンの花で吸蜜していた。
イソヒヨドリの♂が国道20号から旧甲州街道に入って約50mの民家の雨どいのような所に餌と咥えて入った。
Photo_20210515060402
観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
アオゲラ
ヤマガラ
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
キビタキ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
コジュケイ
ガビチョウ
アオスジアゲハ
ウスバシロチョウ
オナガアゲハ
キチョウ
コミスジ
スジグロシロチョウ
テングチョウ
モンシロチョウ
ヤマトシジミ
アカツメクサ 花
アカバナユウゲショウ 花
アメリカフウロ 花
アヤメ 花
イヌガラシ 花
イモカタバミ 花
ウマノアシガタ 花
エニシダ 花
エビネ 花
オオアマナ 花
オオイヌノフグリ 花
オオキンケイソウ 花
オオデマリ 花
オダマキ 花
オッタチカタバミ 花
オニタビラコ 花
カタバミ 花
カラスノエンドウ 花
カラスムギ 花
キスゲ 花
キツネアザミ 花
キュウリグサ 花
キランソウ 花
キリ 花
クサイチゴ 花
クレマチス 花
コウゾリナ 花
コデマリ 花
コバノタツナミ 花
コバンソウ 花
コヒルガオ 花
サクラソウ 花
ジシバリ 花
シバザクラ 花
シャガ 花
シャクヤク 花
シュンギク 花
ショカツサイ 花
シラーペルビアナ 花
シラン 花
シロツメクサ 花
スイバ 花
スズメノエンドウ 花
セイヨウカラシナ 花
セイヨウジュウニヒトエ 花
セイヨウタンポポ 花
セリバヒエンソウ 花
タチイヌノフグリ 花
ダッチアイリス 花
チェリーセージ 花
ツツジ 花
ツボスミレ 花
ツルニチニチソウ 花
ドイツスズラン 花
トキワハゼ 花
ナガミヒナゲシ 花
ナデシコ 花
ナデシコカオリ 花
ナヨクサフジ 花
ニワゼキショウ 花
ノースポール 花
ノアザミ 花
ノイバラ 花
ノビル 花
バーベナ 花
ハナウド 花
ハナビシソウ 花
ハハコグサ 花
バラ 花
ハルジオン 花
パンジー 花
ヒルザキツキミソウ 花
ブタナ 花
フユシラズ 花
フランスギク 花
ペチュニア 花
ヘビイチゴ 花
ヘラオオバコ 花
ペラペラヨメナ 花
ボタン 花
ホワイトレースフラワー 花
マツバウンラン 花
マツバギク 花
マツヨイグサ 花
マリーゴールド 花
ムシトリナデシコ 花
ムラサキカタバミ 花
ムラサキツユクサ 花
メキシコマンネングサ 花
ヤブジラミ 花
ヤブデマリ 花
ユキノシタ 花
キンカン 実
サクランボ 実
センリョウ 実
マンリョウ 実


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年5月13日 (木)

鳥見歩る記*日影林道から小仏城山(サツキヒナノウスツボ) 2021.5.3

2021年5月3日、10時20分~14時30分 晴れ 
Photo_20210513194401
久しぶりに日影林道を小仏城山まで往復した。
オオルリがよくさえずっていた。
ハイライトはサツキヒナノウスツボであった(写真)。花はユニークな形をしている。
高尾山で初めて発見された植物らしい。
咲いていた場所には昨年まで無かったが、今年突如現れたと思う。
現場に居合わせた方によると花粉対策で伐採された杉林の跡地で、地面が日に当たるようになって眠っていた種が発芽したことによるものと説明を受けた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
ハシブトガラス
ヒガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
クロツグミ
オオルリ
ホオジロ
ガビチョウ
オナガアゲハ
スジグロシロチョウ
テングチョウ
アオダイショウ
ウワバミソウ 花
オニグルミ 花
オニタビラコ 花
カキドウシ 花
ガクウツギ 花
キランソウ 花
クサイチゴ 花
クワガタソウ 花
コウゾリナ 花
サツキヒナノウスツボ 花
サワハコベ 花
シャガ 花
セイヨウタンポポ 花
ツボスミレ 花
ツルカノコソウ 花
ニガイチゴ 花
ハハコグサ 花
ハルジオン 花
ヒメウツギ 花
ヒメコウゾ 花
フジ 花
フタバアオイ 花
ホウチャクソウ 花
ミズキ 花
ミツバウツギ 花
ミヤマキケマン 花
ヤブデマリ 花
ヤブヘビイチゴ 花
ラショウモンカズラ 花
ヤマシャクヤク 花後

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

2021年5月 9日 (日)

鳥見歩る記*高月水田(ハシボソガラス) 2021.5.1

2021年5月1日、10時25分~12時15分 晴れ
Photo_20210509195401
コースは、高月水田を一周するものです。
高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

田んぼでハシボソガラスが何やらを夢中で食べていた(写真)。
このような時は警戒心が強いカラスも写真を撮らせてくれる。
オオジシバリ、オヘビイチゴ、オッタチカタバミ、ハハコグサ、ケキツネノボタンなどの黄色い花が目だった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 2
モズ 1
ハシボソガラス 4
ハシブトガラス 4
ヒバリ 2
ツバメ 1
ムクドリ 30
スズメ 10
ホオジロ 2
ドバト 2
キタテハ 2
ベニシジミ 2
モンシロチョウ 4
ヒメウラナミジャノメ 7
モンキチョウ 7
ヤマトシジミ 7
アカバナユウゲショウ 花
アメリカフウロ 花
イヌガラシ 花
オオカワジシャ 花
オオジシバリ 花
オオバコ 花
オッタチカタバミ 花
オニタビラコ 花
オニノゲシ 花
オヘビイチゴ 花
カタバミ 花
カントウタンポポ 花
キショウブ 花
キツネアザミ 花
キツネノボタン 花
キュウリグサ 花
コオニタビラコ 花
コヒルガオ 花
ショカツサイ 花
シロツメクサ 花
シロバナタンポポ 花
スイバ 花
セトガヤ 花
ダンドボロギク 花
トウダイグサ 花
トキワハゼ 花
ナガミヒナゲシ 花
ノビル 花
ノミノフスマ 花
ハハコグサ 花
ハルジオン 花
ムラサキサギゴケ 花
ヤブジラミ 花
レンゲ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原(ヒメウラナミジャノメ)2021.5.1

2021年5月1日、9時20分~10時12分 晴れ 
Photo_20210509194901
コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、一部ワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

キジ、ウグイス、オオヨシキリ、ホオジロのさえずりが響き渡っていた。
いかにも春らしい光景である。
ニセアカシア、ノイバラの白い花も目立った。
マツバウンランの花にヒメウラナミジャノメが来て吸蜜していた(写真)。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジ 2
キジバト 3
イカルチドリ 2
ハシボソガラス 2
ハシブトガラス 2
ツバメ 1
ヒヨドリ 2
ウグイス 4
オオヨシキリ 1
カワラヒワ 2
ホオジロ 4
ガビチョウ 4
コミスジ 6
ヒメウラナミジャノメ 15
ベニシジミ 1
モンキチョウ 5
ヤマトシジミ 1
アカツメクサ 花
アカバナユウゲショウ 花
アメリカフウロ 花
イヌガラシ 花
イボタノキ 蕾
オオカワジシャ 花
オッタチカタバミ 花
オニタビラコ 花
オニノゲシ 花
オヘビイチゴ 花
カラスノエンドウ 花
キツネアザミ 花
ケキツネノボタン 花
コマツヨイグサ 花
コメツブツメクサ 花
ショカツサイ 花
シロツメクサ 花
スイバ 花
セイヨウタンポポ 花
セリバヒエンソウ 花
ナガミヒナゲシ 花
ニセアカシア 花
ノイバラ 花
ノジシャ 花
ハルジオン 花
ヘラオオバコ 花
マツバウンラン 花
ヤブタビラコ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。
アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »