« 鳥見歩る記*平山城址公園(メジロ) 2020.12.23 | トップページ | 鳥見歩る記*八王子湧水半周めぐり(シロハラ) 2020.12.29 »

2020年12月28日 (月)

鳥見歩る記*富士吉田農村公園(タシギ) 2020.12.24

2020年12月24日、10時15分~13時45分 晴後曇り
2_20201228113801
富士吉田の農村公園に行った。
ここは田んぼの広がる一帯で、5月の田植えの頃に田んぼに映る逆さ富士で有名なところ。田んぼの一角に豊富な湧水を利用したクレソンの田んぼがあり、そこでタシギが越冬しているという。
富士急富士山駅から田んぼを目指して歩いていった。
田んぼに着いて見るとどこにクレソンの田んぼがあるか全くわからない。見当をつけて下流側の方に歩いて行った。
感が当たってクレソン田んぼがあった。豊富な湧水が流れ込む田んぼでクレソンは収穫がほとんど終わっていた。
しかし、ツグミ、ハクセキレイ、カワラヒワがいるだけでタシギはいなかった。
そこで富士吉田市民病院の大きな建物が見える上流の方向に向きを変えて歩き出した。
途中、石彫作家浜田彰三作「富士を見る」という像に出合った。
田んぼの最上流に目指すクレソン田んぼがあった。
そこにはオオバン6羽、コガモ5羽がいた。よく見るとタシギがいた。
しかも1羽でない。10羽はいた。
タシギはクレソンの葉の中にどっぷりつかっているもの、その脇にいるもの等様々であった。
タヒバリも来ていた。帰路は道の駅で吉田のうどんを食べて富士山駅までバスで帰った。
3
観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
コガモ
キジバト
オオバン
タシギ
トビ
ハシボソガラス
スズメ
キセキレイ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
タヒバリ
カワラヒワ
カシラダカ


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

« 鳥見歩る記*平山城址公園(メジロ) 2020.12.23 | トップページ | 鳥見歩る記*八王子湧水半周めぐり(シロハラ) 2020.12.29 »