« 鳥見歩る記*湯殿川(クイナ)2020.12.6 | トップページ | 鳥見歩る記*多摩川・谷地川(カワセミ)2020.12.8 »

2020年12月11日 (金)

鳥見歩る記*鶯宿峠(ゴジュウカラ)2020.12.7

2020年12月7日  8時30分~14時50分 晴れ 
Photo_20201211131801
笛吹市の往復峠まで鶯宿集落から往復した。
中央線石和温泉駅から鶯宿の芦川支所前までバスで行き、そこから歩いた。
朝は霜が降りて、道路面が薄く凍結していた。
鶯宿峠までは5.5km、人工林がなく、赤松と落葉樹の明るい林が続く気持ちよい林道歩きであった。
カラ類はヤマガラ、コガラ、ヒガラ、シュウジュウカラが揃い、ゴジュウカラ(写真)にも出会えた。
1羽だけだがアトリもいた。
ヤマハンノキが多く、この実を食べに来ているのだろうと思われた。
鶯宿の名の場所なのに、ウグイスの地鳴きを聞いたのは1回だけであった。
鶯宿集落は兜作りの民家が残っている場所(写真)、そこを流れている芦川の清流にカワガラスがいないかと探すと何とか1羽に出合えた。
石和温泉駅までのバスは1日3本しかない。
15時少し前に集落まで帰ってきたが、最終バスが出る16時55分まで2時間のバス待ちとなった。
バス停にいると幸いに地元の方が声をかけてきてくれて、お宅に案内され炭火の炬燵でお茶を御馳走になることが出来た。
Photo_20201211131802
観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
コゲラ
アカゲラ
カケス
ハシブトガラス
コガラ
ヤマガラ
ヒガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
ツグミ
ハクセキレイ
アトリ
ウソ
ホオジロ
カシラダカ
アオジ
ガマズミ 実
ツルウメモドキ 実
ヤマハンノキ 種

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

« 鳥見歩る記*湯殿川(クイナ)2020.12.6 | トップページ | 鳥見歩る記*多摩川・谷地川(カワセミ)2020.12.8 »