« 鳥見歩る記*旧甲州街道路傍の花々(アジサイ、ヒメヒオウギスイセン)2020.6.16 | トップページ | 鳥見歩る記*座間谷戸公園(ホトトギス、キビタキ)2020.6.25 »

2020年6月28日 (日)

鳥見歩る記*長沼駅付近(ヒメアマツバメ巣調査)2020.6.23

2020年6月23日  9時00分~12時00分  晴れ
Photo_20200628192801
京王線長沼駅付近のヒメアマツバメのコロニーがある。ここでは小規模ながら夜のねぐらと昼間の営巣が観察される。巣は京王線の高架下で、コンクリートの継ぎ目の隙間に6巣が形成されている(写真)。
今は営巣活動が盛んに行われているので、巣にヒメアマツバメが昼間にどのくらいの回数で巣への出入りがあるかの調査をした。
調査時間は日の出前の4時から日没後の19時半まで、私は9時から12時までの3時間を担当した。
ヒメアマツバメは一瞬のうちに巣に入り、一瞬のうちに巣から出ていくので、これを見落とさないように注視し続けなければならないので、疲労困憊になる。
6巣のうち、5巣で出入りがあり、平均するとほぼ10分間隔で巣への出入りがあった。

|

« 鳥見歩る記*旧甲州街道路傍の花々(アジサイ、ヒメヒオウギスイセン)2020.6.16 | トップページ | 鳥見歩る記*座間谷戸公園(ホトトギス、キビタキ)2020.6.25 »