« 鳥見歩る記*権現谷戸(コウヤボウキ)2019.10.31 | トップページ | 鳥見歩る記*高月水田 2019.11.1(シロバナタンポポ) »

2019年11月 7日 (木)

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原(アオジ、シメ)2019.11.1

2019年11月1日、9時15分~10時00分 晴れ
2019111
コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、一部ワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

アオジとシメが帰ってきた。ホオジロもこれらの鳥と一緒にいた。
イタチが1頭現れて眼の前を横切って行った。
スズメウリの実が正に鈴なりになっていた。
河川敷にブルドーザーが入り河原の大幅な改変が行われていた(写真)。
この地域は「生態系保持空間」として国土交通省(京浜河川事務所)が多摩川の残り少なくなった自然を残す目的で設定したエリアで、環境保持の観点から基本的に人間の手が入らないようになっている。
その旨の看板が掲げられている所での大幅な自然改変は理解できない。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジ 1
アオサギ 1
モズ 1
ハシボソガラス 2
シジュウカラ 4
ヒヨドリ 6
セグロセキレイ 2
カワラヒワ 6
シメ 3
ホオジロ 10
アオジ 10
ガビチョウ 4
ウラナミシジミ 5
キチョウ 12
ナツアカネ 4
ミヤマアカネ 2
イタチ 1
アレチハナガサ 花
カラスウリ 実
コセンダングサ 花
スズメウリ 実
セイタカアワダチソウ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。
アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

« 鳥見歩る記*権現谷戸(コウヤボウキ)2019.10.31 | トップページ | 鳥見歩る記*高月水田 2019.11.1(シロバナタンポポ) »