« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月30日 (火)

鳥見歩る記*ジュニアクラブ野鳥観察(イカルチドリ)2019.4.27

2019年4月27日  8時45分~9時50分 小雨
Photo_34
カワセミ会ジュニアクラブの探鳥会。
2組の親子が集まった。
コースは浅川右岸の堤防を長沼橋迄下り、左岸の堤防に回ってエコ広場に返って来る周遊を目的としたが、途中で冷たい雨が降り出したので、新浅川橋までで中止した。
僅かの距離と時間であるが、18種を観察できた。
特にイカルチドリは独特の声を出して飛ぶ求愛ディスプレイフライトと地上に降りた姿を観察できた。
ダイサギはくちばしが黄色の冬羽の個体と黒く変わった夏羽の個体を同時に観察できた。
河原一面を黄色に染める菜の花(セイヨウ芥子菜、写真)が見事で、その花の中にもダイサギがいた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カルガモ
キジバト
カワウ
アオサギ
ダイサギ
イカルチドリ
コゲラ
ハシブトガラス
ツバメ
イワツバメ
ヒヨドリ
セッカ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
カワラヒワ
ホオジロ

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*高尾山ブッポウソウ用巣箱の設置(ほら貝)2019.4.26

2019年4月26日  9時15分~14時30分 曇り(濃霧)

高尾山ブッポウソウ復活プロジェクトが2018年秋からスタートした。
その一環として高尾山の3ヶ所にブッポウソウ用の巣箱を設置した。
場所はサル園、仏舎利塔の奥、山頂のビジターセンター裏である。巣箱の設置は森林組合のプロの方により行われました。
写真はサル園の中での設置作業です。
濃霧の中の作業でした。
最初に設置したサル園では薬王院の山伏により高らかなほら貝が山中に響き渡った。
この響きがブッポウソウに届くことを願っている。
仏舎利塔の奥での巣箱設置作業中にはアオゲラとキジバトが偵察に来たかのように直ぐ近くに寄ってきた。
2019426
観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
アオゲラ
ヤマガラ
シジュウカラ

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。


|

鳥見歩る記*八王子城跡(ウワミズザクラ)2019.4.25

2019年4月25日  10時45分~13時40分 曇り
Photo_33
八王子城跡に行った。キビタキはあちこちでないていたが姿を見ることが出来ない。
しかし2か所で出合ったオオルリのオスの姿をばっちり観察できた。
ウワミズザクラ(写真)が満開となっていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
コゲラ
アオゲラ
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
キビタキ
オオルリ
キセキレイ
ガビチョウ

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

鳥見歩る記*小峰公園から今熊山(オオルリ)2019.4.22

2019年4月22日  9時20分~14時30分 晴れ
2019422
三頭山に登る予定であったが、武蔵五日市駅に行ってみると都民の森行きのバスは欠行となっていた。
そこで行先を変更して小峰公園から金剛の滝経由で今熊山にのぼった。
小峰公園の田んぼで地面に降りているクロツグミを発見した。
小峰公園のヤマツツジが咲き出していた(写真)。
キビタキの声は随所で聞くことが出来た。
金剛の滝ではオオルリのメスオスの姿を観察できた。
今熊山のミツバツツジは既に花のピークが過ぎていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
アオバト
コゲラ
アカゲラ
カケス
ハシブトガラス
ヤマガラ
ヒガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
センダイムシクイ
ツグミ
キビタキ
オオルリ
キセキレイ
ホオジロ
コジュケイ
ガビチョウ
ナミアゲハ
ムラサキシジミ
モンキチョウ
モンシロチョウ
シュレーゲルアオガエル 声
アオキ 花
ウマノアシガタ 花
ウワミズザクラ 花
オオチゴユリ 花
オカスミレ 花
オトコヨウゾメ 花
クサイチゴ 花
コナラ 花
サルトリイバラ 花
シュンラン 花
セントウソウ 花
タチツボスミレ 花
ツボスミレ 花
ナズナ 花
ニオイタチツボスミレ 花
ニガイチゴ 花
フデリンドウ 花
ヘビイチゴ 花
ホウチャクソウ 花
マルバスミレ 花
ミツバツツジ 花
ミミガタテンナンショウ 花
ムラサキサギゴケ 花
モミジイチゴ 花
ヤマツツジ 花
ヤマルリソウ 花
ハナイカダ 蕾

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2019年4月24日 (水)

鳥見歩る記*浅川クリーンデー参加(イワツバメ)2019.4.21

2019年4月21日  10時00分~11時00分 晴れ
12019421
浅川流域連絡会(事務局:東京都南多摩西部建設事務所)では、八王子市東南部環境市民会議と共催、浅川流域市民フォーラムのかけ声と協力を得て、毎年4月下旬に浅川クリーンデーを開催し、浅川の清掃を行っている。
この活動に今年はカワセミ会として参加した。
カワセミ会が担当した場所は湯殿川の京王線北野駅付近であった。
河原に入ってみると見た目より多いゴミが散乱していた。
河原にはイワツバメが多数飛び交っていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
シジュウカラ
ツバメ
イワツバメ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
ドバト


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。


|

2019年4月23日 (火)

鳥見歩る記*高尾山(ツクバキンモンソウ)2019.4.20

2019年4月20日  8時45分~14時25分 晴れ
32019420
高尾山の山頂にあるビジターセンターにブッポウソウのカービング(木彫り)を届けるため、1号路を登った。
登る途中で知り合いに会い、6号路の下の方でコマドリのさえずりを聞いたという話を聞いたので、下りは3号路から琵琶滝のコースを歩いた。
3号路ではアオバトの声を聞き、ツクバキンモンソウ(写真)の花にも出合った。
琵琶滝まででコマドリの声を聞くことが出来なかったので、6号路を第一ベンチまで往復した。
コマドリはだめであったが、オオルリとキビタキの声を聞くことが出来た。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
アオバト
トビ
アオゲラ
カケス
ハシブトガラス
ヤマガラ
ヒガラ
シジュウカラ
イワツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
キビタキ
オオルリ
スズメ
キセキレイ
イカル
ガビチョウ
テングチョウ
カジカガエル 声
タゴガエル 声
アオキ 花
エイザンスミレ 花
オニタビラコ 花
カキドウシ 花
カテンソウ 花
カントウミヤマカタバミ 花
キランソウ 花
クサイチゴ 花
クサノオ 花
シャガ 花
シュンラン 花
ショカツサイ 花
シラン 花
セントウソウ 花
センボンヤリ 花
タカオスミレ 花
タチツボスミレ 花
チゴユリ 花
ツクバキンモンソウ 花
ツルカノコソウ 花
ナガバノスミレサイシン 花
ニガイチゴ 花
ニリンソウ 花
ハルジオン 花
ハルノノゲシ 花
マルバスミレ 花
ミツバツツジ 花
ミミガタテンナンショウ 花
ミヤマシキミ 花
ムラサキケマン 花
モミジイチゴ 花
ヤブツバキ 花
ヤブヘビイチゴ 花
ヤマツツジ 花
ヤマブキ 花
ヤマルリソウ 花
マメシダ 胞子葉


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*善福寺公園(コサギ)2019.4.18

2019年4月18日  8時45分~10時30分 晴れ
Photo_32
善福寺公園に再び鳥見に行った。
カモ達は留鳥のカルガモと羽を怪我しているというオナガガモ以外は既に北帰行したと思われ、留守であった。
繁殖期を迎えたコサギの婚姻色がとても奇麗であったが(写真)、1羽だけで、ペアーのお相手は見つからなかった。
カイツブリはペアーで巣作りをしていた。
4月8日にはワカケホンセイインコ下池側で出合ったが、今回は上池側にも来ていた。
ウグイスのさえずりが数か所で聞こえてきた。
ここは都会の中のオアシスである。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カルガモ
オナガガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
コサギ
カワセミ
コゲラ
オナガ
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ワカケホンセイインコ
アメリカスミレサイシン 花
タチツボスミレ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。


|

2019年4月21日 (日)

鳥見歩る記*高尾・日影林道(ヒトリシズカ)2019.4.16

2019年4月16日  9時40分~13時550分 晴れ
Photo_31
裏高尾の日影林道を小仏城山まで往復した。
日影沢にもオオルリが到着したようである。
タゴガエルは前回の3月31日に比べ声が減ってきた。
このコースは相変らず花が多く、本日も50種近い花にであった。
スミレは既にピークは過ぎていたが、見事である。
小仏城山山頂手前で出合ったヒトリシズカ(写真)は新鮮であった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
トビ
コゲラ
アオゲラ
カケス
ハシブトガラス
ヤマガラ
ヒガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
ヤブサメ
エナガ
センダイムシクイ
メジロ
ルリビタキ
オオルリ
イカル
ホオジロ
アオジ
ガビチョウ
テングチョウ
ヤマトシジミ
アシブトハナアブ
クマバチ
ビロードツリアブ
カナヘビ
イワガネゼンマイ
オオバノイモトソウ
オシャクジデシダ
キヨスミヒメワラビ
ジュウモンジシダ
ノキシノブ
リョウメンシダ
アオキ 花
アカネスミレ 花
アメリカスミレサイシン 花
イタヤカエデ 花
イロバモミジ 花
エイザンスミレ 花
オオシマザクラ 花
オカスミレ 花
カキドウシ 花
カテンソウ 花
カントウタンポポ 花
カントウミヤマカタバミ 花
キブシ 花
クサイチゴ 花
コクサギ 花
コスミレ 花
コチャルメルソウ 花
コハコベ 花
シャガ 花
ジロボウエンゴサク 花
セントウソウ 花
センボンヤリ 花
タカオスミレ 花
タチツボスミレ 花
ツボスミレ 花
ツルカノコソウ 花
トウゴクサバノオ 花
ナツトウダイ 花
ニオイタチツボスミレ 花
ニリンソウ 花
ニワトコ 花
ハコベ 花
ヒトリシズカ 花
フタバアオイ 花
ヘビイチゴ 花
ホソバヒカゲスゲ 花
マルバスミレ 花
ミチタネツケバナ 花
ミツバアケビ 花
ミツバウツギ 花
ミミガタテンナンショウ 花
モミジイチゴ 花
ヤマザクラ 花
ヤマネコノメソウ 花
ヤマブキ 花
ヤマルリソウ 花
ヨゴレネコノメ 花
ラショウモンカズラ 花
タゴガエル 声


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2019年4月20日 (土)

鳥見歩る記*宇津貫緑地(イソヒヨドリ)2019.4.15

2019年4月15日  8時00分~11時48分 晴れ
Photo_30
宇津貫の丘陵地とその一角にある宇津貫緑地の野鳥定期カウント。
八王子みなみの駅前でヒバリのさえずりを聞いた。
ヒバリがいそうな環境ではないが、数人が声を確認した。
宇津貫公園でツミの警戒音を聞いた。
もしかして巣があるかも知れない。
ログハウスの隣に新しくできた明治製菓研究所の周りでイソヒヨドリのオスとオオタカの飛翔が観察できた。
ヤマツツジが咲き出した。咲き出したツツジをよく観察すると枝が地面に着いているところが開花し、その上の枝は未だ蕾のままである(写真)。
地面の方が気温が高くなるための微妙な影響の現れなのであろうか。

以下は宇津貫緑地の概要である。

観察した鳥は以下のとおりです。
ツミ 1
オオタカ 1
ヒバリ 1
イソヒヨドリ 1
キタテハ 2
キチョウ 3
クマバチ 2
コゲラ 4
ハシブトガラス 7
ツグミ 5
カワラヒワ 2
エナガ 13
ハクセキレイ 4
ガビチョウ 16
モンキチョウ 6
メジロ 17
ハシボソガラス 7
キジバト 7
ベニシジミ 8
スズメ 12
ヒヨドリ 43
シジュウカラ 28
ツバメ 16
アカネスミレ 花
オオシマザクラ 花
カラスノエンドウ 花
カントウタンポポ 花
キランソウ 花
クヌギ 花
コナラ 花
サルトリイバラ 花
ジュウニヒトエ 花
スイバ 花
タチツボスミレ 花
ナガミヒナゲシ 花
ナツグミ 花
ニガイチゴ 花
ハナニラ 花
ハルジオン 花
フデリンドウ 花
ヘラオオバコ 花
マツバウンラン 花
マルバアオダモ 花
ミツバツチグリ 花
モミジイチゴ 花
ヤマザクラ 花
ヤマツツジ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2019年4月19日 (金)

鳥見歩る記*北浅川(オオジシギ)2019.4.14

2019年4月14日  8時00分~11時30分 曇り 
Photo_29
カワセミ会の4月探鳥会で北浅川の松枝橋から上流に向かって小田野中央公園まで歩いた。
毎年のことだが、このコースはキジが多く、この時期は大きな声のさえずりだけでなく、姿も見せてくれる。
今日も10か所以上でそれが確認できた。
普段はあまり目にしないメスの姿もあった。
松枝住宅付近の川原の枯れ木の幹にコゲラの巣穴があり、その巣穴に親が入った。
東京天使病院と陵北大橋の間では3ヶ所で大きな観察に出合うことができた。
先ず渡り途中と思われるノビタキのオス。
夏羽になっていてフライキャッチを繰り返していた。
次がカイツブリの営巣(写真)。
川の縁の草の陰に未だ小さいが浮巣のようなものがあり、1羽の親が巣の上、もう1羽はその隣にいた。
圧巻はオオジシギの出現だ。
枯草の河原から突然飛び出した。
飛んだ時の下面の白っぽいのが観察できた。
これも渡りの途中と思われる。
陣馬街道切通バス停近くの日枝神社境内の杉に今年もアオサギが営巣を開始した模様であり、巣が4~5巣見えて親が巣に入っているものもあり。
ゴール地の小田野中央公園にはかわせ会10周年記念植樹のヤマザクラがあり、今年もサクラの花の下で花見をした。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジ
カルガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ
ダイサギ
イカルチドリ
オオジシギ
トビ
ハイタカ
カワセミ
コゲラ
アオゲラ
モズ
オナガ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒバリ
ツバメ
イワツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ムクドリ
ツグミ
ノビタキ
スズメ
キセキレイ
ハクセキレイ
セグロセキレイ
カワラヒワ
シメ
イカル
ホオジロ
アオジ
コジュケイ
ドバト
ガビチョウ

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*花﨑公園(アメリカヒドリ)2019.4.12

2019年4月12日  10時50分~12時45分 曇り 
Photo_28
埼玉加須市にある花﨑公園に来月の観察会の下見に行った。
東武伊勢崎線の花﨑駅から歩いて行った
駅から南に広い道を行くと青毛堀川に架かる花﨑橋に来た。
川に鳥がいそうな雰囲気だったので橋から鳥を探したが、何もいなかった。
花﨑公園に入る前に公園の西側の湿地のような所を覗いてみた。
僅かではあるがヨシがあり、オオヨシキリが1羽いた。
しかし姿だけでさえずりは無かった。
花﨑公園の中で鳥を見られる場所は江川堀とボート池である。
江川堀の周りは樹木もあり、堀の最後には観察窓も整備されていた。
ここではアオサギ、ダイサギ、カルガモ、ツグミ、シメ等が噛んできた。
隣のボート池にはヒドリガモが約60羽いて、その中にアメリカヒドリの雑種が1羽混じっていた(写真)。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
ヒドリガモ
アメリカヒドリ
カルガモ
キジバト
カワウ
アオサギ
ダイサギ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
オオヨシキリ
ムクドリ
ツグミ
スズメ
シメ
ホオジロ
オニタビラコ 花
カラスノエンドウ 花
キショウブ 花
シロバナタンポポ 花
ナズナ 花
ホトケノザ 花
ムラサキサギゴケ 花
ヤマザクラ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。


|

2019年4月13日 (土)

鳥見歩る記*勝沼縁側カフェ(桃の花)2019.4.9

2019年4月9日  10時20分~17時00分 晴れ 
Photo_26
昨年の10月に引き続き、甲府盆地の勝沼の縁側カフェに行った。
今回は桃の花の郷を歩き、その後で縁側カフェに行って田舎料理を頂くというものである。
中央線の勝沼ぶどう郷駅を降りると満開の桜とその奥の雪を被った南アルプスの山々のコントラストが素晴らしかった。
今回は駅から桃の花の中心地である釈迦堂付近までタクシーを利用した。
釈迦堂付近のモモは今が最盛期で、ここでも北岳、間ノ岳、農鳥岳、塩見岳、荒川岳をバックに甲府盆地の最高の眺めを堪能できた(写真)。
その後は深沢地区に移動し縁側カフェで、昔ながらの野菜料理を楽しんだ。
化学調味料や添加物を一切使用しないとのことで、旬の食材で作られた料理が贅沢に並んだ(写真)。
お酒とワインも美味しいことは言うまでもない。
Photo_27
観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト
ノスリ
コゲラ
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
ツグミ
スズメ
カワラヒワ
ホオジロ
アオジ
イヌナズナ 花
オオイヌノフグリ 花
カラスノエンドウ 花
カントウタンポポ 花
クサフジ 花
スズメノエンドウ 花
トウダイグサ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*善福寺公園、井の頭公園(アオゲラ)2019.4.8

2019年4月8日  9時15分~14時00分 曇り 
Photo_25
善福寺公園と井の頭公園に行った。
サクラ(ソメイヨシノ)の花が未だ残っていて、奇麗である。
善福寺公園の野鳥たちは良く人に慣れていて、人が近づいても逃げようとしない。
下池で奇妙が大きな声が聞こえてきた。
ワカケホンセイインコであった。数羽が飛び回っていた。
井の頭公園に行ってみると行って池の中心地の七井橋袂の木がすっかり伐採されていた。
ここにはゴイサギやカワセミがいつもいたのだが、何故切ってしまったのか、残念である。
御殿山に行ってみるとアオゲラがサクラの幹で巣穴堀をしていた(写真)。
通路近くで低い位置の巣穴であり、あまり人をきにしていないようであった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カルガモ
オナガガモ
コガモ
キンクロハジロ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ
ダイサギ
カワセミ
コゲラ
アオゲラ
オナガ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
ツグミ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
シメ
アオジ
ドバト
ワカケホンセイインコ
雑種ガモ


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。


|

鳥見歩る記*種入り(アライグマ)2019.4.7

2019年4月7日  9時00分~10時45分 晴れ
Photo_24
今年2回目の田んぼ作業を行った。
場所は上川口小学校裏の谷戸。
風もなく気温も高く、作業日和だった。
校庭の桜が満開だった。
田んぼに水は少ないが、乾いておらず、雑草もあまり生えていなかった。
来月の種まきに備えて、田んぼの中に苗代を作った。
苗代と3枚の田んぼには購入して鶏糞を撒いた。
田んぼにオタマジャクシがいたが、何カエルははっきりしない。
田んぼに動物の足跡があった(写真)。
人の手に近い形をしているので、これはアライグマのものと思われる。
セリを摘んで帰った。
 

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。


|

2019年4月10日 (水)

鳥見歩る記*高月水田 2019.4.5(ムクドリ)

2019年4月5日、10時10分~12時20分 晴れ
コースは、高月水田を一周するものです。
高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。
Photo_22
ヒバリ久し振りに見かけて。
ツグミ、ムクドリ(写真)、ハシボソガラスが春耕の澄んだ田んぼで採餌。
シロバナタンポポが今年も昨年までと同じ場所(農道)で開花、開花株が増えてきた感じである。トウダイグサも開花していた。
コオニタビラコは目立たずに、ひっそりと小さな花を着けていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 2
トビ 2
モズ 1
ハシボソガラス 30
ハシブトガラス 12
ヒバリ 3
ヒヨドリ 1
ムクドリ 21
ツグミ 5
スズメ 10
ハクセキレイ 1
キタテハ 11
ベニシジミ 19
モンキチョウ 6
モンシロチョウ 27
イヌガラシ 花
オオジシバリ 花
オランダミミナグサ 花
カタバミ 花
カラスノエンドウ 花
コオニタビラコ 花
シロバナタンポポ 花
スズメノテッポウ 花
セイヨウタンポポ 花
トウダイグサ 花
ナズナ 花
ノジスミレ 花
ノボロギク 花
ノミノフスマ 花
ハナニラ 花
ホトケノザ 花
ミチタネツケバナ 花
ミツバツチグリ 花
ムラサキサギゴケ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原(カワセミ)2019.4.5

2019年4月5日、9時25分~10時05分 晴れ
Photo_21
コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、一部ワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

カワセミがワンドでホバーリング後に魚を捕まえた。
その魚を咥えているカワセミの写真が撮れた。
ツバメもワンドにやってきて、巣材の泥を咥えて行った。
ウグイスが4か所でさえずり、ガビチョウもよく鳴いていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
トビ 1
カワセミ 1
ハシボソガラス 4
ハシブトガラス 4
ツバメ 3
ヒヨドリ 1
ウグイス 4
ジョウビタキ 1
ホオジロ 3
コジュケイ 2
ガビチョウ 4
キタテハ 3
ビロードツリアブ 5
オオイヌノフグリ 花
カキドウシ 花
ショカツサイ 花
セイヨウタンポポ 花
ナズナ 花
ヒメオドリコソウ 花
ホトケノザ 花
ミチタネツケバナ 花

*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。
アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*江の島から稲村ケ崎(イソヒヨドリ)2019.4.4

2019年4月4日  10時25分~14時55分 晴れ 
Photo_20
江の島から七里ガ浜の波打ち際を稲村ケ崎まで歩いた。
先ず江の島で本場のイソヒヨドリを観察した。
3組のイソヒヨドリに出合った。内、2組は島南側の崖と海岸にいて、内1組は崖の隙間に♀が出入りしていた。
もう1組はヨットハーバーのある側のテトラポットが積み上げられている所にいた。
江の島で春の名物しらす丼を食べ、その後稲村ケ崎まで波打ち際をあるき、ここでも2組のイソヒヨドリに出合った。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
カワウ
ユリカモメ
トビ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ツバメ
ヒヨドリ
ムクドリ
イソヒヨドリ
スズメ
ハクセキレイ


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。


|

2019年4月 7日 (日)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース) 2019.4.3

2019年4月3日、9時55分~15時35分 晴れ

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。
Photo_19
蛇滝からの登山道でイカルの大群に出合った。
次から次へと大きな群れが移動していた。100羽以上はいた模様である。
新葉の出たイヌブナに止ったイカルの写真が撮れた。
この写真を見るとイカルのクチバシに土がついている。
地面の落ちたイヌブナの実を食べていたのではないかと思われる。
4号路の深山橋付近では、双葉のついているイヌブナの発芽した苗(イヌブナの赤ちゃん)が何本も生えていた。
その4号路でアオバトの声を聞いた。
ナガバノスミレサイシン、ヒナスミレの花が目立った。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 2
アオバト 1
トビ 1
アオゲラ 2
カケス 4
ハシボソガラス 2
ハシブトガラス 10
ヤマガラ 8
ヒガラ 3
シジュウカラ 12
ヒヨドリ 20
ウグイス 5
メジロ 6
イカル 100
ガビチョウ 2
タゴガエル 声
アカシデ 花
イヌブナ 新芽
ウグイスカグラ 花
エイザンスミレ 花
エンレイソウ 花
カスミザクラ 花
カタクリ 花
キブシ 花
キランソウ 花
クサイチゴ 花
クサノオ 花
クロモジ 花
コクサギ 花
シャガ 花
シュンラン 花
セントウソウ 花
タチツボスミレ 花
ダンコウバイ 花
ツルカノコソウ 花
ニリンソウ 花
ヒナスミレ 花
マルバスミレ 花
ミミガタテンナンショウ 花
ミヤマキケマン 花
ヤブツバキ 花
ヤマネコノメソウ 花
ヤマルリソウ 花
ユリワサビ 花
ヨゴレネコノメ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(「*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2019.4.3

2019年4月3日、8時00分~9時55分 晴れ
コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。
Photo_18
スタート地点でオオタカが観察できた。
水の流れが消えて「瀬切れ」になった小仏川の河原にカワラヒワ(写真)が降りて、採餌していた。
4月は小仏川沿いはスプリングエフェメラルと呼ばれる春の野草たちが可憐な花を楽しませてくれる。
ヒメニラ、キバナのアマナ、ジロボウエンゴサク、ヤマエンゴサク、マルバコンロンソウ、カントウミヤマカタバミなど多彩である。
梅郷橋付近には今年もナツトウダイが何株も花を咲かせていた。

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。
キジバト 1
オオタカ 1
アオゲラ 1
ハシブトガラス 8
ヤマガラ 2
シジュウカラ 4
ツバメ 2
ヒヨドリ 10
ウグイス 3
メジロ 12
キセキレイ 2
セグロセキレイ 1
カワラヒワ 2
アオジ 3
モンキチョウ 1
ヤマアカガエル 卵
アオキ 実花
アズマイチゲ 花
アブラチャン 花
イチリンソウ 花
ウグイスカグラ 花
カキドウシ 花
カテンソウ 花
カントウミヤマカタバミ 花
キバナノアマナ 花
キブシ 花
クサイチゴ 花
コクサギ 花
コスミレ 花
コチャルメルソウ 花
シュンラン 花
ショカツサイ 花
ジロボウエンゴサク 花
セントウソウ 花
タカオスミレ 花
タチツボスミレ 花
ナガバノスミレサイシン 花
ナツトウダイ 花
ニリンソウ 花
ハナニラ 花
ヒメニラ 花
マルバコンロンソウ 花
マルバスミレ 花
ミチタネツケバナ 花
ミミガタテンナンショウ 花
ミヤマシキミ 花
ムラサキケマン 花
ヤマエンゴサク 花
ヤマザクラ 花
ヤマブキ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*滝山丘陵、高月、秋川(ミヤマセセリ)2019.4.1

2019年4月1日  8時15分~12時05分 晴れ後小雨
Photo_17
八王子滝山道の駅から谷地川、滝山城跡、多摩川、高月水田を経由して秋川の東秋川橋まで歩いた。
当初計画ではさらに多摩川の睦橋を渡って拝島駅まで歩く予定であったが、東秋川橋の下で昼食を食べていると、それまで晴れていた天気が一転にわかにかき曇り冷たい強風と小雨がぱらついてきたので、ここで中止して、バスで八王子に帰った。
滝山丘陵を歩いている時は温かく心地よい日取りで、桜が奇麗に咲き、蝶もヒオドシチョウ、キタテハ、ルリタテハ、ミヤマセセリ(写真)などが陽だまりに出てきた。
オオタカも舞ってくれた。
高月水田ではヒバリ、高月浄水場の池ではオカヨシガモ、コガモ、ハシビロガモなどが観察できた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
キジ
オカヨシガモ
マガモ
カルガモ
ハシビロガモ
オナガガモ
コガモ
カイツブリ
キジバト
カワウ
アオサギ
ダイサギ
オオバン
イカルチドリ
トビ
オオタカ
ノスリ
カワセミ
コゲラ
アオゲラ
モズ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ヒバリ
ツバメ
ヒヨドリ
ウグイス
エナガ
メジロ
ムクドリ
ツグミ
ハクセキレイ
カワラヒワ
シメ
ホオジロ
アオジ
コジュケイ
ドバト
ガビチョウ


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2019年4月 6日 (土)

鳥見歩る記*高尾・日影林道(エイザンスミレ)2019.3.31

2019年3月31日  9時00分~14時00分 晴れ
Photo_15
裏高尾の日影林道を小仏城山まで往復した。
早春の花々を満喫した。
名前が確認できたのは32種であった。
タカオスミレ、エイザンスミレ(写真)。
ナガバノスミレサイシン、ニオイタチツボスミレ等多彩。
八重咲のニリンソウもあった(写真)。
コジュケイの声を小仏城山の山頂手前で聞いた。
コジュケイはこんな山の上まで上がって来ている。
Photo_16
観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
アオゲラ
カケス
ハシブトガラス
ヤマガラ
シジュウカラ
ヒヨドリ
ウグイス
メジロ
ミソサザイ
ジョウビタキ
ガビチョウ
ヤマトシジミ
ビロードツリアブ
アオキ 花 実
アブラチャン 花
エイザンスミレ 花
カキドウシ 花
カントウミヤマカタバミ 花
キブシ 花
クサイチゴ 花
クサボケ 花
コチャルメルソウ 花
セントウソウ 花
タカオスミレ 花
タゴガエル 声
ツルカノコソウ 花
トウゴクサバノオ 花
ナガバノスミレサイシン 花
ニオイタチツボスミレ 花
ニリンソウ 花
ハシリドコロ 花
フタバアオイ 蕾
マルバスミレ 花
ミチタネツケバナ 花
ミミガタテンナンショウ 花
ミヤマキケマン 花
ムラサキケマン 花
モミジイチゴ 花
ヤブツバキ 花
ヤマザクラ 花
ヤマネコノメソウ 花
ヤマブキ 花
ヤマルリソウ 花
ユリワサビ 花
ヨゴレネコノメ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。


|

鳥見歩る記*市ヶ谷の外濠(ハシビロガモ)2019.3.28

2019年3月28日  12時50分~15時00分 曇り
Photo_13
ツアイスの双眼鏡の調子がおかしくなったので、ツアイスジャパンの事務所に修理のため行った。
場所は市ヶ谷本塩町で防衛省の近く。
その後で市ヶ谷濠を飯田橋駅まで歩いた。
丁度サクラが開花していて花見ができた。
市ヶ谷濠ではハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、オオバンが観察できた。
中でもハシビロガモが150羽以上いて圧巻だった(写真)。
Photo_14
観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
ハシビロガモ 150
ホシハジロ 5
キンクロハジロ 50
カイツブリ 2
カワウ 5
オオバン 3
ハシブトガラス
ヒヨドリ
スズメ
ハクセキレイ
ドバト
アメリカフウロ 花
オオイヌノフグリ 花
オニタビラコ 花
カラスノエンドウ 花
キュウリグサ 花
スズメノエンドウ 花
セイヨウタンポポ 花
ダンドボロギク 花
ナガミヒナゲシ 花
ハルノノゲシ 花
ホトケノザ 花


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

鳥見歩る記*多摩動物公園(アオサギのコロニー)2019.3.26

2019年3月26日  9時00分~13時30分 曇り

日野稲門会の野鳥観察会の支援で多摩動物公園へ行った。
この公園内で長年繁殖している野生のアオサギのコロニーが気になっていた。
今年の状況が観察できた。
今年もコウノトリの奥の雑木林で営巣が始っていた。
巣材の枝を運ぶアオサギの姿が何度も観察できた。
巣は10巣ぐらいあるように見えたが、
未だ出来上がってないようである。
ワシタカのフライングケージでは、オオワシの威容さが際立っていたが、イヌワシの羽数の多いのには驚いた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。
マガモ
カルガモ
コガモ
キジバト
アオサギ
ダイサギ
トビ
コゲラ
アオゲラ
ハシボソガラス
ハシブトガラス
シジュウカラ
ヒヨドリ
エナガ
メジロ
ムクドリ
スズメ
ハクセキレイ
カワラヒワ
ガビチョウ


*******
粕谷和夫
皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。


|

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »