« 鳥見歩る記*北浅川(瀬切れ調査)2019.2.15 | トップページ | 鳥見歩る記*西湖野鳥の森公園、河口湖2019.2.17 »

2019年2月21日 (木)

鳥見歩る記*南浅川(野鳥観察会)2019.2.16

201916日  9時10分~1120分 晴れ

Photo_2

八王子西南部環境市民会議主催の南浅川野鳥観察会を支援した。

コースは集合場所の長房市民センターの直近の綾東橋から上流に向かい、綾南大橋で折り返し、綾南公園を経て長房市民センターに戻って来る周遊コースである。

2班体制で行い、以下は第1班の概要である。

南浅川は「瀬切れ」と言って南浅川橋の少し上流部まで川に流れが全くない状態であった。

その様な干上がった川に水鳥でないツグミ、ジョウビタキが来ていた。

ジョウビタキはオス2羽が同時にいたが、これは両者の縄張りの境界であったのかも知れない。

上流の古道橋まで行くと水があり、コガモ(写真)、カルガモ、カワセミを観察することができた。

綾南公園に入るとシロハラがいた。

さらに進むと野球場近くでツグミらしい姿があり、よく見るとトラツグミであった。

参加者のアンケートから以下のような回答が寄せられた。「①今まで不明だった鳥の名前が数種類覚えられて良かった。②野鳥観察の疑問に答えていただき良かった。③特徴をわかりやすく教えてもらった。」。

また、主催者からは、「参加者の半数が初心者であり、環境市民会議としても自然に興味を持つ人が少しでも増えてゆくのは喜ばしいと感じております」というコメントがあった。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ

コガモ

キジバト

カワセミ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

メジロ

ムクドリ

トラツグミ

シロハラ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

シメ

ドバト

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

 

|

« 鳥見歩る記*北浅川(瀬切れ調査)2019.2.15 | トップページ | 鳥見歩る記*西湖野鳥の森公園、河口湖2019.2.17 »