« 鳥見歩る記*藤野(イソヒヨドリ) 2018.5.22 | トップページ | 鳥見歩る記*浅川(ジュニアクラブ) 2018.5.26 »

2018年5月28日 (月)

鳥見歩る記*光明塾(野鳥観察支援) 2018.5.24

2018年5月24日、7時50分~10時30分 晴れ

Photo_3


光明塾主催の野鳥観察会を支援した。

光明塾とは、八王子市内を中心に保育所など18の福祉施設を運営する社会福祉法人多摩養育園(八木町)が、楽しく学びながら仲間、生きがい作りをめざす市民講座である。

場所は裏高尾の日影沢林道、13名の光明塾関係者とカワセミ会からの支援4名で17名の総勢であった。

日影林道の入り口から歩き出し、途中のキャンプ場で一休み、鳥の姿、声が少なく、ヒヨドリとガビチョウだけの世界であるかのようであったが、ようやくオオルリに出合うことができた。

林道のほぼ真上を2羽が鳴き交わした。多分相互の縄張りの境界付近であったと思われる。

2羽がそれぞれ下流側と上流側に移動した後、上流側のオスを参加者全員がじっくり観察できた。

このオスは杉の木のてっぺんに長くとどまり、よくさえずってくれた。

逆川作業道分岐の所で折り返し、キャンプ場まで戻って昼食とし、午後はいろばの道へ通じる林道を歩き始めたが雷が鳴って来たので、急遽引き返し観察会を終了した。

キャンプ場ではサンコウチョウ、キビタキの声も聞こえたが、オオルリのようにはっきり聞き取ることが出来なかった。

マタタビの葉が白くなり、その下に蕾が着いていた(写真)。

 

 @@@ 初めての オオルリ出合い 顔ゆるむ @@@

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

トビ 

コゲラ 

アオゲラ 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

ヤブサメ 

メジロ 

クロツグミ 

キビタキ 

オオルリ 

ガビチョウ 

サワギク 

テイカカズラ 

マタタビ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

 

|

« 鳥見歩る記*藤野(イソヒヨドリ) 2018.5.22 | トップページ | 鳥見歩る記*浅川(ジュニアクラブ) 2018.5.26 »