« 鳥見歩る記*浅川(カワセミ会ジュニアクラブ野鳥観察)2015.4.28 | トップページ | 鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2018.5.1 »

2018年5月 6日 (日)

鳥見歩る記*三鷹の大沢の里、国立天文台 2018.4.29

2018年4月29日、13時20分~16時45分 晴れ

Photo


三鷹の大沢の里とその近くの国立天文台に行った。

大沢の里には野川と崖線の豊かな湧水を生かしたわさび田や水田がある。

また、文化51808)年頃創設された武蔵野地域を代表する営業用水車・新車(しんぐるま)が公開されている。

田んぼには「鯉のぼり」がひらめいていた(写真)。

カジカガエルの声が野川から聞こえてきた。

ナガサキアゲハが葉に止まって大きく翅を広げていた。

最後の立ち寄った国立天文台の構内ではキビタキの声とワカケホンセイインコ2羽の飛翔が観察できた。 

 

@@@ 大沢の 里に息づく 水車かな @@@

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ 

キジバト 

アオサギ 

ハシブトガラス 

シジュウカラ 

ツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

ムクドリ 

キビタキ 

キセキレイ 

カワラヒワ 

ドバト 

ワカケホンセイインコ 

オナガアゲハ 

ナガサキアゲハ 

カジカガエル 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

 

|

« 鳥見歩る記*浅川(カワセミ会ジュニアクラブ野鳥観察)2015.4.28 | トップページ | 鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2018.5.1 »