« 鳥見歩る記*高月水田 2018.1.1 | トップページ | 鳥見歩る記*小仏城山2018.1.7 »

2018年1月13日 (土)

鳥見歩る記*取手七福神巡り2018.1.4

2018日  940分~1520分 晴れ

Photo


毎年正月はコース中にカワセミが見られそうなコースの七福神巡りをしている。

今年は取手七福神を歩いた。

取手駅をスタートし、光明寺(寿老人)、普門院(布袋尊)、東谷寺(弁財天)、福永寺(毘沙門天)、明星院(恵比寿)、念仏院(福禄寿)、長禅寺(大黒天)を回り、再び取手駅に戻った。

光明寺への途中のキリンビール工場付近でキセキレイ、ハクセキレイ、アオジに出合う。

光明寺、普門院は近くにあり周辺の田んぼにはタヒバリ、ツグミ、アオサギなどがいた。

普門院の住職の奥様から境内でアゲハチョウ、キアゲハが羽化しているという話を聞いた。

東谷寺、福永寺、明星院の3寺までは田んぼの中を延々と歩き、先ず相野谷川に着いた。

この川にはコガモが約70羽、カルガモが約30羽、イカルチドリが1羽いたが、カワセミには出合わなかった。

オオタカ、ノスリ、トビが上空を飛んだ。

相野谷川の利根川合流付近はカワセミが出そうなので、寄り道した。

利根川本流にはセグロカモメ、カワウ、カイツブリ、カンムリカイツブリがいたが、カワセミは出なかった。

取手駅近くにある残り二つの念仏院、長禅寺へは利根川沿いの道を歩いた。

途中のホウレンソウ畑にタゲリが1羽いた(写真)。想定外の鳥に出合えた。

Photo_2

さらに歩くと利根川にそそぐ排水路があり、堤防から眺めると利根川との合流部がワンドのようになっているので、カワセミを期待してそこへ行ってみた。

そこにはダイサギ、アオサギ、カイツブリなどいて、いかにもカワセミが出そうな雰囲気だったので、暫し待つと案の定カワセミがやって来た。

期待通りの七福神巡りであった。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ

コガモ

カイツブリ

カンムリカイツブリ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

タゲリ

イカルチドリ

セグロカモメ

トビ

オオタカ

ノスリ

カワセミ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ヒヨドリ

メジロ

ムクドリ

シロハラ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

タヒバリ

アオジ

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

 

 

|

« 鳥見歩る記*高月水田 2018.1.1 | トップページ | 鳥見歩る記*小仏城山2018.1.7 »