« 鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2018.1.1 | トップページ | 鳥見歩る記*取手七福神巡り2018.1.4 »

2018年1月 5日 (金)

鳥見歩る記*高月水田 2018.1.1

2018年1月1日、10時30分~12時25分 晴れ

Photo_2

コースは、高月水田を一周するものです。

高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

 

モズが田んぼで地面に降りて餌を捕っていた(写真)。

モズの眼から見ると冬でも虫などの餌が見えるのだろうか。

ハシボソガラス85羽、タヒバリ30羽の集団が田んぼで採餌中。

正月は「一富士・二鷹・三茄」と言われるが、変な鷹を見てしまった(写真)。

場所は高月水田の秋川沿いの角にあるごく小さな林です。

林という程の大きさはなく、数本の高木があるところ。

その高木の枯れ枝のてっぺんから鷹が釣り下がっていた(写真)。

高さは20メートル以上はあるので、人が吊るしたものとは考えられない。

2018111


この写真を数人の方に鑑定していただいたら、これは鷹狩り用のオオタカのようで足革は狩りのときには両足をつなげないが、飼育中は足革をつなげることがあるので、飼育中に逃げた個体で、木に引っかかって死んでしまい、それを何かが捕食した食痕ようにも思われまとのことでした。 

 

@@@ 田のモズが 冬陽浴びて 餌を捕る @@@

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 4

モズ 3

ハシボソガラス 85

ハシブトガラス 10

ムクドリ 10

ツグミ 3

スズメ 60

ハクセキレイ 7

セグロセキレイ 1

タヒバリ 30

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

 

|

« 鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2018.1.1 | トップページ | 鳥見歩る記*取手七福神巡り2018.1.4 »