« 鳥見歩る記*ムクドリの集団ねぐら(八王子駅前)2017.7.31 | トップページ | 鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2017.8.3 »

2017年8月 3日 (木)

鳥見歩る記*土を使わないツバメの巣(日野市高幡不動駅付近)2017.8.1

2017年8月1日、12時30分~13時15 曇り

Photo

日野市の高幡不動付近・JAグリーンライフ七生の2階の碁会所で日よけの内側に吊るされている竹籠に営巣したツバメの巣を観察した。

碁会所のオーナーに聞いたところ、6/205羽巣立ったとのこと。

同じ巣で2番子が孵化しているというので81に観察した。

雛は当初5羽いたが、2羽が巣から落ちてしまって、当日は3羽いた。

吊るされている籠は竹製で贈答用の果物籠であった。

大きさは縦25cm、横14cm、深さ8cmでツバメの巣としては大き目であり、底には約4cm厚の枯草が敷いてあり、側面と底に土は全く使われていなかった。

オーナーの話では、ここでは以前からツバメが営巣していたが、平成11年(1999)年に巣が落ちてしまったので、この年に竹籠を吊るしたところ、以後この竹籠に営巣するようになったとのことである。

 

 @@@ 竹篭で 雛無事巣立つ ツバメの巣 @@@

Photo_2

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

« 鳥見歩る記*ムクドリの集団ねぐら(八王子駅前)2017.7.31 | トップページ | 鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2017.8.3 »