« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月25日 (火)

鳥見歩る記*川町谷戸(田んぼ他)2017.4.19

201719日  1040分~1150分 晴れ

 

毎月1回、川町谷戸(田んぼと雑木林)で野鳥と他の生きものの定期カウントを行っている。コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

 

ツバメが入れ替わり立ち替わり田んぼにやってきた。

シイタケのホダギ林にはシロハラがいた。

カルガモは大沢川の中にいたものである。

カワラヒワもやって来たが、羽数は多くなかった(写真)

スジグロシロチョウが目立った。

イトトンボが早や飛んでいたが、種名は解らない。

畔にムラサキサギゴケが綺麗に咲いていた。 

 

@@@ ツバメ飛ぶ 田んぼで土と 虫を捕る @@@

Photo


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ 2

キジバト 1

ハシブトガラス 2

ヤマガラ 2

シジュウカラ 6

ツバメ 9

ヒヨドリ 6

ウグイス 2

ムクドリ 2

シロハラ 1

キセキレイ 1

カワラヒワ 6

ガビチョウ 6

キチョウ 1

スジグロシロチョウ 14

ベニシジミ 7

モンキチョウ 6

ヤマトシジミ 1

イトトンボsp 1

アマガエル 2

シュレーゲルアオガエル 1

アオキ 

イヌガラシ 

オオイヌノフグリ 

オオジシバリ 

オニノゲシ 

オランダガラシ 

オランダミミナグサ 

カキドウシ 

カラスノエンドウ 

ギシギシ 

キュウリグサ 

コオニタビラコ 

コナラ 

ジュウニヒトエ 

ショカツサイ 

スイバ 

スズメノテッポウ 

スズメノヤリ 

セイヨウタンポポ 

セリバヒエンソウ 

タチツボスミレ 

ツクシ 土筆

トキワハゼ 

ナガミヒナゲシ 

ナズナ 

ニリンソウ 

ニワトコ 

ノミノツズリ 

ハコベ 

ハルジオン 

ヒメオドリコソウ 

ヒメカンスゲ 

ヘビイチゴ 

ホウチャクソウ 

ホトケノザ 

ミツバツチグリ 

ミツバツツジ 

ミミガタテンナンショウ 

ムラサキケマン 

ムラサキサギゴケ 

ヤマブキ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*@gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年4月24日 (月)

鳥見歩る記*昭和記念公園(日野稲門会)2017.4.20

201720  9時30分1140分 晴れ

Photo


日野稲門会の野鳥観察を支援した。

西立川口から入って正面の大きな池から先ずカイツブリの声が聞こえてきた。

カイツブリはきれいな夏羽になっていて、数羽がいた。

池には他にカルガモが目立ち、その中にヒドリガモのオスが1羽だけいた。

カワセミはいなかった。

池にはツバメが飛んでいたが、よく見るとツバメでないのもいた。

コシアカツバメであった。コシアカツバメは着水姿勢で水浴を繰り返していた。

昭和記念公園はチュウリップが見頃で大勢の人で賑わっていた。

日本庭園でウグイスの声があり、こちらの池ではカイツブリのペアー(写真)が求愛ディスプレイをしていた。 

 

@@@ 水浴を コシアカツバメ 繰り返し @@@ 

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

ヒドリガモ

カルガモ

カイツブリ

キジバト

カワウ

アオサギ

トビ

コゲラ

アオゲラ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ツバメ

コシアカツバメ

ヒヨドリ

ウグイス

メジロ

ムクドリ

ツグミ

スズメ

カワラヒワ

シメ

アオジ

ドバト

ガビチョウ

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2017年4月22日 (土)

鳥見歩る記*高尾山(6号路)2017.4.18

201718  1時50分1555分 晴れ

Photo


高尾山の6号路を登り、飛び石の道になった所から稲荷山コースに出て、冨士道、2号路、琵琶滝裏道を下山した。

高尾山口駅付近の案内川ではカジカガエルがよく鳴いていて、濡れた石の上で鳴いている姿も確認できた(写真)。

カエルといえば6号路他あちこちでタゴガエルの声も聞こえてきた。

6号路入口付近の渓流稲荷山コースに出ると、アオバトの声が聞こえてきた。

6号路でオオルリ、2号路でキビタキが鳴いていた。

6号路の琵琶滝までの間はカンスゲの花の連続であった。

琵琶滝を過ぎるとリョウメンシダが目立ち、新芽が出てきて昨年の葉との交替の時期場面の進行が観察できた(写真)。

Photo_2


 @@@ カエル鳴く 高尾山には 春似合う @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 

アオバト 

アオゲラ 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

メジロ 

キビタキ 

オオルリ 

キセキレイ 

アオジ 

コジュケイ 

ガビチョウ 

ベニシジミ 

モンシロチョウ 

ヤマトシジミ 

カジカガエル 

タゴガエル 

アオキ 花実

エイザンスミレ 

オオイヌノフグリ 

オオジシバリ 

カテンソウ 

カンスゲ 

カントウミヤマカタバミ 

キュウリグサ 

キランソウ 

クサイチゴ 

クサノオ 

クロモジ 

コクサギ 

サルトリイバラ 

ショカツサイ 

セントウソウ 

タチツボスミレ 

タネツケバナ 

チゴユリ 

ツルカノコソウ 

ナガバノスミレサイシン 

ナルコスゲ 

ニオイタチツボスミレ 

ニリンソウ 

ハコベ 

ハハコグサ 

ヒメオドリコソウ 

ホウチャクソウ 

マルバスミレ 

ミチタネツケバナ 

ミツバツツジ 

ミミガタテンナンショウ 

ミヤマキケマン 

ムラサキケマン 

モミジイチゴ 

ヤブツバキ 

ヤブニンジン 

ヤマザクラ 

ヤマブキ 

ヤマルリソウ 

ユリワサビ 

リョウメンシダ 新芽

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2017年4月21日 (金)

鳥見歩る記*多摩川・通称ひょうたん池(つばめ集団ねぐら)2017.4.15

201715  17時00分1845分 晴れ

 

ツバメの集団ねぐらが今年も多摩川の多摩大橋下流にある通称ひょうたん池に形成されることを期待して、今年の第1回ツバメ集団ねぐら調査を実施した。

結果は日の入り前に10羽、20羽、30羽の集団の飛翔が認められたが、ひょうたん池の縁のよし原にねぐら入りはしなかった。

多摩大橋の近くでチョウゲンボウが1羽止まっていた。

川にはコガモが、河原にはコチドリがいた。

今年もツバメの集団ねぐらが形成されることを期待したい。 

Photo


@@@ 夕闇に チョウゲンボウの 姿あり @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

コガモ

キジバト

カワウ

コチドリ

チョウゲンボウ

ハシボソガラス

ツバメ

ヒヨドリ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2017年4月19日 (水)

鳥見歩る記*上川口小学校(全校野鳥観察)2017.4.15

201715  8時50分1015分 晴れ

 

上川口小学校の全校野鳥観察を支援した。

担当したのは4年生のクラスで、学校の東側の集落を一回りした。

今年は3月末から4月初めが寒かったので、ここへきて一機に春となった。

桜はソメイヨシノとヤマザクラが一緒に咲き、紫のミツバツツジ、黄色の菜の花が咲きそろい、ハナモモも咲いてまるで桃源郷のような世界であった。

春を告げる鳥ではウグイスとシジュウカラのさえずりが終始あり、キジは一声だけであった。 

 

@@@ ヒヨドリが 蜜吸うサクラ あちこちに @@@

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ

カルガモ

キジバト

コゲラ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ツバメ

ヒヨドリ

ウグイス

メジロ

ムクドリ

スズメ

キセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

ホオジロ

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*北淺川・鶴巻橋⇔中央高速道橋2017.4.13

201713  9時30分1200分 晴れ

Photo


読売カルチャーの野鳥講座で今月は北浅川の鶴巻橋から中央高速道橋の先までを往復した。

中央高速道橋付近の清川の堤防の桜が満開で見事であった。

毎年この時期にこの桜にコムクドリが立ち寄るので、期待したが今年は出合いが果たせなかった。

桜に花にはヒヨドリが何羽も来て吸蜜していた。

中央高速道橋の下のヒメアマツバメ巣にはヒメアマツバメが出入りしていた。

同じ場所の橋げたにはイソヒヨドリのオスが1羽いて、橋脚と橋の隙間を見え隠れしていた。

対岸ではあるが、カワセミが同じ姿勢で長い間、じっと枝に止まっていたので、参加者全員がゆっくり観察できた。

 

 @@@ 橋の下 イソヒヨドリの 見え隠れ @@@ 

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ

カルガモ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

ヒメアマツバメ

カワセミ

モズ

ハシボソガラス

シジュウカラ

ツバメ

ヒヨドリ

ウグイス

ムクドリ

ツグミ

イソヒヨドリ

スズメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

アオジ

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2017年4月17日 (月)

鳥見歩る記*北浅川(花見)2017.4.9

2017  8時00分1045分 曇り小雨混じり

Photo


4月のカワセミ会月例探鳥会で北浅川の松枝橋から右岸を小田野中央公園まで歩いた。

菜種梅雨の影響で小雨模様であったが、何とか傘をささずに探鳥できた。

毎年この時期のこのコースはキジが多く、陵北大橋付近では数メートルの近さ観察できた(写真)。

陵北大橋付近、陣場街道の切通バス停付近のアオサギのコロニーは今年も営巣が始まり、巣が5つ確認できて、いずれも巣中に親が入っていた。

ヒバリが出ているが、これは川から少し離れた元八王子市民センター前の草地にいたものである。

ゴールの小田野中央公園ではカワセミ会10周年記念事業で植樹したヤマザクラの下で花見をすることになっている。

今年の桜の開花は遅く、未だ蕾であったが、恒例の花見を始めた。

しかし、花見を始めると雨が降り出してきて、傘をさした花見宴会になってしまった。 

 

@@@ 花見宴 降ってきました 春の雨 @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ

カルガモ

カイツブリ

キジバト

カワウ

アオサギ

イカルチドリ

オオタカ

カワセミ

コゲラ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒバリ

ツバメ

イワツバメ

ヒヨドリ

ウグイス

エナガ

メジロ

ムクドリ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

シメ

イカル

ホオジロ

ドバト

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2017年4月15日 (土)

鳥見歩る記*浅川(カワセミ会ジュニアクラブ野鳥観察)2017.4.8

2017  8時50分1120分 小雨時々曇り

 

カワセミ会のジュニアクラブの野鳥観察会で今月は、1組2名の親子の参加があった。

コースは何時も同じでエコ広場から浅川右岸の堤防に出て、長沼橋までの一周である。

先月は干上がっていた山田川の浅川合流付近は最近の降り続く雨で流れがあり、大きなスッポン(写真)とオオバンがいた。

Photo

コガモがさいかち池でなく、浅川の新浅川橋上流側に集団で来て採餌していた。

その数は40羽であった。雨が降っているためか、ツバメが低空を盛んに飛んでいた。

採餌飛翔と思われる。

モズのオスメスがさいかち池付近の小さな竹藪近くで餌運びをしていた。

近くに巣があると思われる。新浅川橋ではムクドリが巣材運びをしていた。 

 

@@@ 小雨降る 地面すれすれ ツバメ飛ぶ @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ

カルガモ

コガモ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

コサギ

オオバン

イカルチドリ

イソシギ

トビ

カワセミ

モズ

オナガ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ツバメ

イワツバメ

ヒヨドリ

ウグイス

ムクドリ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

シメ

ホオジロ

アオジ

ドバト

ガビチョウ

スッポン

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2017年4月13日 (木)

鳥見歩る記*高月水田 2017.4.4

2017年4月4日、12時55分~14時30分 晴れ

コースは、高月水田を一周するものです。

高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

Photo_2


田んぼにツグミが目立ってきた。

田んぼで採餌して栄養をつけて、北への旅たちに備えているのか。

カワラヒワ、ムクドリも田んぼに集団で採餌に来ていた。

モズも田んぼで餌を探していた(写真)。

ヒバリに注目したが、確認できなかった。

田んぼにコオニタビラコ、スズメノテッポウの花が咲いて、春らしさが感じられた。

 

@@@ 田のツグミ そろそろ北へ 旅たちか @@@

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 3 

トビ 1 

モズ 3 

ハシボソガラス 7 

ツバメ 2 

ムクドリ 40 

ツグミ 11 

スズメ 50 

ハクセキレイ 4 

セグロセキレイ 2 

カワラヒワ 50 

ホオジロ 1 

ドバト 30 

キタテハ 1 

ベニシジミ 2 

モンキチョウ 10 

モンシロチョウ 8 

オオイヌノフグリ  

オランダミミナグサ  

カラスノエンドウ  

カントウタンポポ  

コオニタビラコ  

コハコベ  

ショカツサイ  

シロバナタンポポ  

スズメノエンドウ  

スズメノテッポウ  

セイヨウタンポポ  

タネツケバナ  

ツクシ 土筆 

トウダイグサ  

ナズナ  

ノボロギク  

ヒメオドリコソウ  

ホトケノザ  

ミチタネツケバナ  

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2017.4.4

2017日、1140分~12時40 晴れ

 

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、一部ワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

 

ウグイスが2か所でさえずっていた。

コジュケイも3か所から声が聞こえてきた。

キジの声も聞こえてきた。

鳴きながら飛んでいたトビが木にとまった(写真)。

桜は未だ蕾であった。今年の開花は遅いようだ。

キタテハが目立ち、タンポポの花にも来ていた。 

 

@@@ トビが鳴く ウグイスも鳴く 原の里 @@@

Photo


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジ 1

キジバト 2

トビ 1

ハシボソガラス 1

シジュウカラ 2

ウグイス 2

メジロ 2

ツグミ 2

ジョウビタキ 2

カワラヒワ 2

アオジ 1

コジュケイ 6

キタテハ 10

ベニシジミ 1

モンキチョウ 2

モンシロチョウ 2

オオイヌノフグリ 

カキドウシ 

カントウタンポポ 

ショカツサイ 

セイヨウタンポポ 

ナズナ 

ヒメオドリコソウ 

ホトケノザ 

ミチタネツケバナ 

ムラサキケマン 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年4月10日 (月)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース) 2017.4.2

2017年4月2日、-9時15分~14時20分 晴れ

 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

 

蛇滝林道ではヨゴレネコノメが目立った(写真)。

鳥が少なく、蛇滝から登る道でキブシの花で吸蜜するメジロに出合ったのが唯一の救いであった。

帰路、1号路の布流の滝付近では今年もタゴガエルの声が聞こえてきた。

その下の1号路のタカオスミレは葉だけで、花は付けてなかった。 

 

@@@ メジロ呼ぶ キブシの花が 賑やかだ @@@

Photo_2


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

コゲラ 1

アオゲラ 2

ハシブトガラス 10

ヤマガラ 1

ヒガラ 2

シジュウカラ 2

ヒヨドリ 10

ウグイス 1

メジロ 7

キセキレイ 1

ガビチョウ 4

ツチグリ 

アオキ 花実

アブラチャン 

ウグイスカグラ 

エイザンスミレ 

カンスゲ 

クサイチゴ 

シャガ 

シュンラン 

タカオスミレ 

タチツボスミレ 

ニリンソウ 

ネコノメソウ 

ヒメカンスゲ 

ヒナスミレ 

フサザクラ 

モミジイチゴ 

ヤブツバキ 

ヤマオオイトスゲ 

ユリワサビ 

ヨゴレネコノメ 

ジャゴケ 

ハカタシダ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2017.4.2

20172日00分~15分 

Photo

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

 

スタート地点の上椚田橋から歩き出して直ぐ、イカル約20羽が川沿いケヤキにとまり、そこから地上に降りて採餌が始まった。

そこにはツグミも1羽いた。

その同じ場所の河原にはアオサギ1羽が佇んでいた。

さらに進むと川にカワセミのオスメスが一緒にいたが直ぐに上流の方へ飛んで行ってしまった。

小仏川の通称どんどんの所は野草の生える場所にロープが数年前から張られたため、可愛い野草が増えてきた。キバナノアマナ(写真)やヤマエンゴサクなどが花を付けていた。

キクザキイチゲ、コチャルメルソウもヒメニラも咲いていた。

 

 @@@ カワセミが オスメス揃う 春の川 @@@

 

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

アオサギ 1

カワセミ 2

ハシブトガラス 1

シジュウカラ 8

ヒヨドリ 13

ウグイス 1

ムクドリ 3

ツグミ 1

スズメ 2

キセキレイ 3

カワラヒワ 2

イカル 20

ガビチョウ 2

アオイスミレ 

アオキ 

アズマイチゲ 

アブラチャン 

アマナ 

ウグイスカグラ 

カテンソウ 

カラスノエンドウ 

カンスゲ 

キクザキイチゲ 

キブシ 

コチャルメルソウ 

ショカツサイ 

セイヨウアブラナ 

セイヨウタンポポ 

セントウソウ 

ダンコウバイ 

ナガバノスミレサイシン 

ニリンソウ 

ヒサカキ 

ヒメオドリコソウ 

ヒメニラ 

マンリョウ 

ミチタネツケバナ 

ミミガタテンナンショウ 

ヤブツバキ 

ヤマエンゴサク 

ヤマネコノメソウ 

ユリワサビ 

ヨゴレネコノメ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年4月 4日 (火)

鳥見歩る記*藤野町沢井の里(山菜採り)2017.4.1

2017  9時5分1600分 小雨

Photo


中央線藤野駅から沢井川の里を訪れた。

今日の目的は昨年10月に陣場山に登る途中に出会ったT氏のお宅に伺うことである。

T氏は地元の方で昨年10月に偶然お会いした時はキノコを採っていた。

声をかけていろいろと話をしていて意気投合し、春になったら山菜採りに来いというお誘いいただいたので、カワセミ会の仲間にも声をかけて出かけた。

小雨が降る中であったが、8人が集まり、藤野駅から踏切をわたり、トンネルを抜けて沢井に里に向かった。

トンネルを出た所のカタクリは雨のためか、蕾は大きく膨らんでいたが花は開いていなかった。

沢井川にはカワガラスが期待通りにいた。

しかも2か所で出合った。

うち1か所は2羽が一緒であった。

オシドリも2ペアーに出合った。

T氏のお宅に着き、近くの山菜採りに出かけた。

T氏の畑にはイヌトウキが数十株植えてあり、新芽が出ているところで、これを摘ませてもらった(写真)。

イヌトウキは別名山渓ニンジン、また「神の草」ともいう薬草でもあるとのことである。

フキノトウもたくさん採れた。

T氏宅に戻り、イヌトウキの天ぷらと手打ちうどんをご馳走になった。

イヌトウキは程よい苦みがあった美味しかった。 

 

@@@ オシドリと カワガラスが出た 沢井川 @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ 

オシドリ 

カルガモ 

キジバト 

アオサギ 

トビ 

ノスリ 

コゲラ 

モズ 

ハシブトガラス 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

メジロ 

ミソサザイ 

ムクドリ 

カワガラス 

ツグミ 

スズメ 

キセキレイ 

アトリ 

カワラヒワ 

シメ 

ホオジロ 

カシラダカ 

アオジ 

ガビチョウ 

イヌガラシ 

カタクリ 

キブシ 

セントウソウ 

ナズナ 

ヒメオドリコソウ 

フキ 

ミチタネツケバナ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年4月 3日 (月)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵と宇津貫緑地2017.3.30

2017年330日  800分~1130分 晴れ

1


宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

スタート地点の八王子みなみ野駅西口の駅前の量販店の屋上にイソヒヨドリのオスが来ていた。近くに営巣するかも知れない。

毘沙門天の境内のカヤの木のような針葉樹に巣があり、通常のカラスの巣より大きいので、タカの巣ではと期待したが、巣中からハシボソガラスが出てきた。

宇津貫公園では、チョウゲンボウが突如現れ、ハクセキレイのような小鳥を追ったが、狩りに失敗して飛び去って行った。

帰路、兵衛川でカワセミが下流に向かって飛んで行く光景に出合った。

 

以下は宇津貫緑地の中の様子である。

モズが竹藪の近くでオスメス一緒にいた。営巣していると思われる。

ヤマガラのさえずりが聞こえてきた。

カタクリが満開になっていた(写真)。

カタクリの群落の傍らでアズマイチゲも数株、花を付けていた。

ヤマツツジの蕾が膨らんできた。

シュンランの花が多く、あちこちで目立った。

 

 @@@ 尾根道の 蕾膨らみ ヤマツツジ @@@

Photo_2


観察した鳥は以下のとおりです。

キジ 1

キジバト 2

カワセミ 1

チョウゲンボウ 1

ハシボソガラス 6

ヤマガラ 4

シジュウカラ 16

ヒヨドリ 14

ウグイス 7

メジロ 12

ムクドリ 9

ツグミ 11

イソヒヨドリ 1

スズメ 22

ハクセキレイ 4

セグロセキレイ 1

カワラヒワ 10

ホオジロ 4

キタテハ 1

ベニシジミ 5

モンキチョウ 1

アカシデ 

アズマイチゲ 

アマナ 

イヌシデ 

ウグイスカグラ 

オオイヌノフグリ 

カタクリ 

カラスノエンドウ 

クロモジ 

コブシ 

シュンラン 

スイバ 

セイヨウタンポポ 

タチツボスミレ 

ツクシ 土筆

ナガバノスミレサイシン 

ニオイタチツボスミレ 

ノボロギク 

ハルノノゲシ 

ヒサカキ 

ヒメオドリコソウ 

フサザクラ 

ホトケノザ 

ミチタネツケバナ 

ミヤマカンスゲ 

モミジイチゴ 

ヤマツツジ 

ヤマルリソウ 

ヨゴレネコノメ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*淺川・さいかち池(淺川サンクチュアリ)2017.3.29

201729  13時30分1445分 晴

 

勝手に淺川サンクチュアリとしている浅川左岸長沼橋上流側の通称さいかち池の周辺に行った。

気温が少し上がってきて、モンキチョウ、モンシロチョウが飛び始めた。

さいかち池にはオオバンが4羽いて、コガモも未だ北の国に帰らず残っていた。

カウントしたら30羽いた。そのコガモ達が踊り出した(写真)。

ペアリングに向けての求愛ディスプレイと思われる。

Photo

モズがニセアカシアの林にオスメス一緒にいた。

近くに巣があると思われる。

帰路、浅川の河原でセイヨウアブラナの新芽を摘んだ。油炒めが美味しい野草だ。 

 

@@@ コガモ達 踊っているよ 池の中 @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

コガモ 30

キジバト 1

カワウ 1

アオサギ 1

オオバン 4

カワセミ 1

モズ 2

ハシブトガラス 2

シジュウカラ 4

ヒヨドリ 4

ウグイス 1

メジロ 2

セグロセキレイ 1

モンキチョウ 1

モンシロチョウ 2

アカミミガメ 

オオイヌノフグリ 

ショカツサイ 

ヒメオドリコソウ 

ミチタネツケバナ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »