« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月31日 (金)

鳥見歩る記*暁町保全緑地2017.3.28

201728 13時00分~14時5分  晴れ

P3280014

暁町保全緑地を歩いた。

刈られた草地にはキジバトがいたが、先月記録してシロハラ、ツグミは来ていなかった。

春を告げる蝶ミヤマせせりが飛んで来た(写真)。三匹は確認できた。

クサボケの花が地面にへばりつくように咲いていた(写真)。 

 

@@@ 春が来た ミヤマせせりが やって来た @@@

Photo_3


観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 2

ハシボソガラス 1

ハシブトガラス 4

シジュウカラ 2

カワラヒワ 2

ミヤマセセリ 3

オオイヌノフグリ 

カントウタンポポ 

クサボケ 

タチツボスミレ 

ヒメカンスゲ 

ミチタネツケバナ 

ミツバツチグリ 

モミジイチゴ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*種入り(田んぼの畦の修復)2017.3.25

2017年3月25日、10時00分~12時30 晴

上川口小学校裏の谷戸の田んぼ(種入り)で田んぼ作業を行った。

今月も田んぼの畔の修復作業を中心に行った。

田んぼにはヤマアカガエルの卵(写真)が産んであって、早いものはオタマジャクシになっていた。

Photo

セリとヤブカンゾウを摘むことができた。

ジョウビタキ、ミソサザイの声と姿を確認できた。

ウグイスのさえずりが聞こえてきた。 

 

@@@ ミソサザイ せわしく鳴いて 春を呼ぶ @@@

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

ミソサザイ

ジョウビタキ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年3月28日 (火)

鳥見歩る記*浅川(カワセミ会ジュニアクラブ野鳥観察)2017.3.11

201711  8時50分1130分 晴れ

 

カワセミ会のジュニアクラブの野鳥観察会で今月は、38名の親子の参加があった。

コースは何時も同じでエコ広場から浅川右岸の堤防に出て、長沼橋までの一周である。

通称サイカチ池がある左岸の長沼橋上流側の堤防工事がようやく終わり通行することができるようになった。

山田川の浅川合流付近が干上がってしまっていた。最近雨が降ってないことによるものであるが、長い浅川での観察で、この地域まで干上がってしまったのをみたのは初めてである。

キジバトがエコひろばの構内の片隅の落葉の積もる中で採餌していた。

落葉の中から白い玉のような物を拾いだして嘴に入れたところの写真が撮れた。

2_2


イソヒヨドリのメスが湯殿川の栄橋上流側の川岸コンクリートの上にいて、しばらくの間止まっていたが、その後に立ち去った。

ウグイスはさえずりと地鳴きの両方が観察できた。

セキレイ4種(キセキレイ・ハクセキレイ・セグロセキレイ・タヒバリ)を見ることが出来た。

ホオジロの仲間も3種(ホオジロ・カシラダカ・アオジ)を見ることが出来た。

 

 @@@ ウグイスの さえずり地鳴き ともに有り @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ

カルガモ

コガモ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

オオバン

カワセミ

コゲラ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒバリ

ヒヨドリ

ウグイス

エナガ

メジロ

ムクドリ

シロハラ

ツグミ

ジョウビタキ

イソヒヨドリ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

タヒバリ

カワラヒワ

ホオジロ

カシラダカ

アオジ

ドバト

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲

|

2017年3月27日 (月)

鳥見歩る記*八王子西南部地区環境市民会議主催の野鳥観察会2017.3.19

201719日  900分~1045分 曇り

 

八王子西南部地区環境市民会議主催の野鳥観察会を支援した。

集合場所の浅川市民センターには公募した参加者31名、環境市民会議のスタッフ12名、八王子・日野カワセミ会の支援メンバー18名が集まった。

4班に分かれて2班は南浅川の両界橋から白山橋の北側にある八王子の杜公園墓地の谷を往復して再び南浅川に戻り浅川市民センター裏までコースを、他の2班は逆のコースを歩いた。

コースが短く、自然環境の変化も少ないためか、観察した種は19種と少なかった。

しかし、全ての班ではないが、浅川市民センター裏の落差構の滝では今年もカワガラスが営巣している模様で、滝付近にやってきたカワガラスを観察できた。

同じ場所にはキセキレイ(写真)も来ていた。

マヒワの群れを観察した班もあった。 

 

@@@ キセキレイ カワガラス呼ぶ 春の川 @@@

Photo


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト

トビ

コゲラ

ハシボソガラス

ヤマガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

メジロ

ムクドリ

カワガラス

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

カワラヒワ

マヒワ

アオジ

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年3月21日 (火)

鳥見歩る記*川町谷戸(田んぼ他)2017.3.13

201713日  1310分~1410分 曇り

 

毎月1回、川町谷戸(田んぼと雑木林)で野鳥と他の生きものの定期カウントを行っている。コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

 

ミソサザイがシイタケのホダギ林にいたが、一声出して直ぐ身を隠してしまった。

そのホダギ林に何者かに食べられたドバトの羽根が散乱していた。

川沿いに咲くダンコウバイの黄色い花が目立った。梅も綺麗に咲いていた。

シロハラが川から飛び出して行った。 

 

@@@ シロハラが 迎えてくれた 梅の里 @@@

Photo


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 1

トビ 1

アオゲラ 1

モズ 2

ハシブトガラス 3

シジュウカラ 2

ヒヨドリ 6

ミソサザイ 1

シロハラ 1

ジョウビタキ 1

オオイヌノフグリ 

ショカツサイ 

ダンコウバイ 

ナズナ 

ヒメウズ 

ヒメオドリコソウ 

フキ 

ホトケノザ 

ミチタネツケバナ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年3月17日 (金)

鳥見歩る記*淺川・多摩川合流付近(公開探鳥会)2017.3.12

201712  8時20分1140分 曇り

 

カワセミ会の公開探鳥会を淺川の多摩川合流地から新井橋を経由して多摩川の石田大橋付近まであるいた。

暖かな晴の日よりに恵まれて100名近い多くの市民とカワセミ会会員の参加があった。

ベニマシコ(写真)が淺川の河原の右岸、左岸の2ヶ所でオスメスの2組が出たことが何よりの収穫であった。

Photo


オオタカとハイタカも出た。

淺川の河原でハシボソラス5羽の内、1羽がオニグルミの実を咥えて空中から落とすことを何回も繰り返していた。

この行動を数回繰り返した後、クルミの実が割れてハシボソガラスが中身を食べているところを観察できた(写真)。

中身を咥えたカラスは近くの他のハシボソガラスから横取りされそうになった。

空中からクルミの身を何回も落とすことにより、身が割れたのを観察したのは、初めてであった。

1


最後に多摩川に向かう途中の落ち葉で採餌するアトリの集団にも出会った。

本日は全部で47種と多くの種を観察できた。 

 

@@@ 淺川で 2組出たよ ベニマシコ @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ

カルガモ

コガモ

カイツブリ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

バン

ヒメアマツバメ

イソシギ

トビ

ハイタカ

オオタカ

ノスリ

カワセミ

コゲラ

アオゲラ

チョウゲンボウ

モズ

オナガ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒバリ

ヒヨドリ

ウグイス

エナガ

メジロ

ムクドリ

シロハラ

アカハラ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

アトリ

ベニマシコ

カワラヒワ

シメ

ホオジロ

カシラダカ

アオジ

ドバト

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2017年3月15日 (水)

鳥見歩る記*片倉城跡公園他2017.3.10

201710  10時30分1200分 晴れ

Photo

片倉城跡公園、湯殿川、集いの森公園を歩いた。

片倉公園ではアズマイチゲとミスミソウ(写真)が咲いていた。

カタクリは蕾であった。

ミスミソウが咲いている林で観察しているとコゲラとシジュウからが集まってきた。

ウグイスのさえずりが聞こえてきた。 

 

@@@ ミスミソウ 咲いた林に コゲラ来る @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

アオサギ 

カワセミ 

コゲラ 

モズ 

ハシボソガラス 

ハシブトガラス 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

メジロ 

ムクドリ 

ツグミ 

ドバト 

アズマイチゲ 

カタクリ 

ミチタネツケバナ 

ヤブツバキ 

ミスミソウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

|

2017年3月14日 (火)

鳥見歩る記*淺川・ふれあい橋から多摩川合流2017.3.9

2017  9時00分1200分 曇り

Photo


読売カルチャーの野鳥講座で今月は日野市内の淺川のふれあい橋から多摩川合流まで歩いた。

春を感じる暖かさになった。

モズが巣材運びをしていた。

トビが大きな物を掴んで飛んでいた。

フィールドスコープで確認すると掴んでいる物は魚であった。

オオタカ、ノスリが青空で旋回してくれた。

1羽だけであるがユリカモメが久し振りに淺川に現れた。

嘴が未だ赤くなっていないので幼鳥のようである(写真)。

今日は34種と多くの鳥に出合うことができた。 

 

@@@ 淺川で 久し振りだね ユリカモメ @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ

マガモ

カルガモ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

コサギ

ユリカモメ

トビ

オオタカ

ノスリ

カワセミ

コゲラ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

メジロ

ムクドリ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

タヒバリ

カワラヒワ

ホオジロ

アオジ

ドバト

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2017年3月13日 (月)

鳥見歩る記*川口川生きもの調査2017.3.6

2017日  1330分~1500分 小雨

 

東京都南多摩西部建設事務所が主催する淺川流域連絡会の水生生物の生きもの調査が川口川の堀口橋付近で行われた。

今年は雨が少なく、川口川はあちこちで水の流れが無く、枯上がっているが、堀口橋付近には流れがあったので、生き物調査ができた。

しかし、あいにくの小雨降る中であった。

Photo


川岸の近くの桜の木にカワラヒワ約20羽が止まっていて、その隣りにイカルが5羽飛んで来た。

河原にはセグロセキレイとハクセキレイがいて、セグロセキレイが優勢でハクセキレイが近づくと追い出していた。

そのセグロセキレイが綺麗な声でよくさえずっていた。

生きの調査では小魚や水生昆虫の幼虫がいっぱい捕れた。

種の同定と数は今後、都南多摩西部事務所が行うこととした。

 

 @@@ 網持って 生きもの調査 雨の中 @@@

Photo_2


観察した鳥は以下のとおりです。

キジバト

カワウ

ヒヨドリ

ムクドリ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

イカル

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年3月12日 (日)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース) 2017.3.4

20173月4日、-9時15分~14時00分 晴れ

 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

 

シロハラが蛇滝の近くの藪で落ち葉を盛んにひっくり返して採餌していた。

2号路でアオゲラに出合った。

そのほぼ同じ場所で、イヌブナの株本(地面)から次々の飛び出す小鳥がいた。

20羽であった。

アトリのようにも見えたが、遠くて種の判別ができなかったので不明鳥とした。

今月も鳥が少なかった。

寂しい限りである。

クサイチゴ、タチツボスミレ(写真)が咲いていた。 

 

@@@ 残念だ 飛び立つ小鳥 よく見えず @@@

Photo_2


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 1

コゲラ 2

アオゲラ 1

ハシブトガラス 15

ヤマガラ 10

ヒガラ 4

シジュウカラ 10

ヒヨドリ 27

エナガ 6

メジロ 4

シロハラ 1

不明鳥 20

クサイチゴ 

タチツボスミレ 

ヤブツバキ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2017.3.4

201734日00分~15分 

Photo

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

 

アトリがスタート地点の上椚田橋上流の梅林(写真)の梅にカワラヒワ約20羽のその隣に同じく約20羽じっと止まっていた。

両種は隣同士でともにしばらくの間止まっていた。

ヤマガラがさえずっていた。

ハシボソガラスが生木の枝を折っていた。巣作りが始まった模様である。

小仏川の通称どんどんの所の川岸でコチャルメルが早くも数株開花していた。 

 

@@@ 河畔林 静かに休む アトリ達 @@@

 

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

トビ 1

コゲラ 4

アオゲラ 1

モズ 1

ハシボソガラス 4

ハシブトガラス 4

ヤマガラ 6

シジュウカラ 6

ヒヨドリ 12

ウグイス 1

メジロ 2

ジョウビタキ 2

スズメ 10

キセキレイ 1

ハクセキレイ 1

セグロセキレイ 2

アトリ 20

カワラヒワ 20

シメ 1

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年3月11日 (土)

鳥見歩る記*高月水田 2017.3.3

2017年3月3日、11時45分~12時50分 晴れ

コースは、高月水田を一周するものです。

高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

 

今月もムクドリとツグミが田んぼに多く集まっていた。

ムクドリは集団で、ツグミは単独行動と両種の行動パターンの違いが面白い。

ホオジロ(写真)、カシラダカも田で採餌していた。

オオタカが旋回してくれたが、カラスの追い出されてしまった。

シロバナタンポポが今月も咲いていた。 

 

@@@ 春を待つ オオタカが舞う 田んぼかな @@@

Photo_2


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

トビ 2

オオタカ 1

モズ 2

ハシボソガラス 1

ハシブトガラス 2

ヒヨドリ 2

ムクドリ 170

ツグミ 13

スズメ 20

ホオジロ 12

カシラダカ 12

ドバト 85

オオイヌノフグリ 

シロバナタンポポ 

セイヨウタンポポ 

ナズナ 

ホトケノザ 

ミチタネツケバナ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2017.3.3

Photo


20
17
日、1050分~11時37分 晴れ(暖か)

 

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、一部ワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

 

ウグイスは地鳴きのものと、さえずりのものの両方があった。

気温が上がったためか、キタテハが目立った(写真)。

キジのオスも最後に出てきた。 

 

@@@ キタテハが 舞い上がる春 キジも出る @@@

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジ 1

キジバト 1

ハシボソガラス 2

ヒヨドリ 1

ウグイス 2

ジョウビタキ 1

ホオジロ 10

ガビチョウ 4

キタテハ 7

オオイヌノフグリ 

セイヨウタンポポ 

ヒメオドリコソウ 

ミチタネツケバナ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年3月 2日 (木)

鳥見歩る記*淺川市民探鳥会2017.2.25

201725日  840分~1130分 

 

八王子市史編纂室と共催で浅川市民野鳥観察会を実施した。

コースは、八王子市役所裏の浅川鶴巻橋から左岸を中央高速道橋まで行って折り返した。

公募に応じた参加者は40名程で、親子連れも数組あった。

鳥に興味を持つ小学生が参加してくれて頼もしい。

鶴巻橋の上からは魚をじっと狙うカワセミを皆が観察できた。

ジョウビタキのオス、メスが交互に出てきたのはよかった。

清川グランドの片隅では、エナガとコゲラが同じ木に集まってくれた。

最後に排水樋門から流れ出る小さな流れで採餌するタシギに出会えた。

草が生える中だったので、それでなくても保護色のタシギを見つけることは難しく、第1班は見逃してしまったが、第2班がこれを見つけて、第1班も戻って皆が観察できた。

これを祝うかのようにオオタカが上空を旋回してくれた。

タシギの姿が目立てばオオタカに狙われるのであろう。

 

 @@@ 見え隠れ やっと出てきた タシギかな @@@

Photo


観察した鳥は以下のとおりです。

キジ

カルガモ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

ヒメアマツバメ

イカルチドリ

タシギ

トビ

オオタカ

カワセミ

コゲラ

チョウゲンボウ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

エナガ

メジロ

ムクドリ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

シメ

ホオジロ

カシラダカ

アオジ

ドバト

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »