« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月28日 (火)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵と宇津貫緑地2017.2.23

201723日  800分~11分 小雨後曇り

 

宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

小雨の中をスタートしたが、少し薄日が差したり、消えたりの天気であった。

トビが上空に現れた。小雨日よりの時にトビが現れるのは珍しい。

宇津貫の雑木林に掛けられた巣にハシボソガラスが出入りしていた。

アトリ1羽はカワラヒワの群の中にいた。

 

@@@ 小雨の日 トビが舞うのは 珍しい @@@

 

以下は宇津貫緑地の中の様子である。

アオゲラは声だけで、姿の確認はできなかった。

ホタル沢のネコヤナギ系のヤナギが咲き出した。

この部分だけ雪がかかったように白く輝いていた。

フクジュソウが咲いていたが、陽が射していないため花弁が全開していなかった。

しかし、判開のフクジュソウもいいものだ。 

Photo


観察した鳥は以下のとおりです。

キジバト 8

トビ 1

コゲラ 3

モズ 1

ハシボソガラス 6

ハシブトガラス 2

ヤマガラ 4

シジュウカラ 20

ヒヨドリ 7

エナガ 7

ムクドリ 14

ツグミ 12

ジョウビタキ 2

スズメ 10

ハクセキレイ 6

アトリ 1

カワラヒワ 22

ウグイスカグラ 

アセビ 

オオイヌノフグリ 

ホトケノザ 

ミチタタネツケバナ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年2月27日 (月)

鳥見歩る記*暁町保全緑地2017.2.20

201720 10時35分~11時55分  晴れ

Photo


暁町保全緑地の野鳥カウントをした。

草の刈られた広場のような草地には今月もツグミとシロハラがいたが、トラツグミは出て来なかった。

アオゲラが雑木林のコナラに2羽一緒に飛んで来て求愛ディスプレイのような行動をした。ただし、撮れた写真は普通の姿です。エナガが2羽いて巣材運びをしていた。

ツミが雑木林の端のコナラの上の枝に止まっていて、その後北西の方へ飛んで行った。♂と思われる。

 

 @@@ 2羽一緒 アオゲラの声 けたたまし @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 3

ツミ 1

アオゲラ 2

ハシボソガラス 2

シジュウカラ 4

ヒヨドリ 4

エナガ 2

メジロ 2

シロハラ 2

ツグミ 2

ガビチョウ 2

ホトケノザ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年2月26日 (日)

鳥見歩る記*川町谷戸(田んぼ他)2017.2.18

201718日  1057分~1200分 曇り

Photo


毎月1回、川町谷戸(田んぼと雑木林)で野鳥と他の生きものの定期カウントを行っている。コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

 

キジバト5羽とハシボソガラス2羽が田んぼに降りて採餌していた。

ジョウビタキは♂♀1羽ずつ、シロハラがシイタケのホダギ林に来ていた。

田んぼの片隅に現れたジョウビタキの♀は可愛い写真が撮れた。

アオゲラが栗園で一声を出してくれた。

タヌキの子供の死体があった。何者かに襲われたようで、顔はまともであったが、腹が引き裂かれていた。 

 

@@@ アオゲラの 声一声が 栗園に @@@

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 5

アオゲラ 1

ハシボソガラス 5

ハシブトガラス 2

シジュウカラ 4

ヒヨドリ 5

シロハラ 1

ツグミ 1

ジョウビタキ 2

キセキレイ 1

アオジ 4

タヌキ 死体

オオイヌノフグリ 

ヒメオドリコソウ 

ホトケノザ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年2月23日 (木)

鳥見歩る記*上柚木公園(野鳥定期カウント)2017.2.16

201726 8時30分~10時15分 晴れ

Photo


公益財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団からの依頼による上柚木公園の1月度の野鳥調査を行った。

 

スタートして直ぐ、野球場手前でカワラヒワの大きな集団に出合った。約100羽の集団であった。

テニスコートを過ぎて、雑木林にはケゲラ、エナガ、メジロ、シジュウカラがいたが、シジュウカラ以外は数は少なかった。

その雑木林の階段を降りると、変わった椿が花を付けていた。葉は通常の椿より細長く、花が下向きで小さいという特徴があった。

白い花と赤い花の2本が植えてあった。どうやらワビスケという椿らしい。

大栗川のほとりに出るとアトリの集団がいた(写真)。

100羽には少し足りなそうなので、80羽とした。

芝生的な草地に降りて採餌していた。

野球場の東側の草地の斜面には今月もシメの群がいた。

モズは2羽一緒になっていた。繁殖行動が始まったものと思われる。

春近しの感じがしてきた。 

 

@@@ 春近し アトリの群と シメの群 @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 12

コゲラ 4

モズ 3

ハシボソガラス 6

ハシブトガラス 6

ヤマガラ 2

シジュウカラ 27

ヒヨドリ 10

ウグイス 2

エナガ 6

メジロ 3

ムクドリ 7

シロハラ 1

ツグミ 3

ジョウビタキ 3

スズメ 4

ハクセキレイ 4

セグロセキレイ 1

アトリ 80

カワラヒワ 100

シメ 36

カシラダカ 8

アオジ 2

ガビチョウ 8

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2017年2月19日 (日)

鳥見歩る記*淺川・多摩川・程久保川合流付近(淺川サンクチュアリ)2017.2.14

201714  12時00分1345分 晴

Photo


勝手に淺川サンクチュアリとしている淺川・多摩川・多程久保合流付近の野鳥カウントをした。

最初に程久保川を覗くとコサギ1、ホオジロオス、ジョウビタキ♂1がいた。

カシラダカ(写真)約20羽の群の近くにはアオジとホオジロもいた。

チョウゲンボウが突如現れ、多摩川の方へ飛んで行った。

ヒメアマツバが1羽高い空を飛んでいた。ヒメアマツバメの単独飛翔は珍しい。

カワセミが程久保川の縁のオギの中から川に向けて顔を出していた。

河原のセイヨウカラシナは未だロゼット状であるが、気の早い一部の株は花を咲かせていた(写真)。 

 

@@@ カワセミや オギの中から 何狙う @@@

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ 4

キジバト 3

カワウ 4

アオサギ 2

コサギ 2

ヒメアマツバメ 1

カワセミ 1

チョウゲンボウ 1

モズ 3

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 5

シジュウカラ 6

ヒヨドリ 5

ムクドリ 14

ツグミ 5

ジョウビタキ 1

スズメ 5

キセキレイ 1

ハクセキレイ 3

セグロセキレイ 3

ホオジロ 4

カシラダカ 20

アオジ 4

ドバト 3

セイヨウカラシナ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2017年2月17日 (金)

鳥見歩る記*南北淺川・城山川合流付近(淺川サンクチュアリ)2017.2.13

201713  11時40分1325分 晴

Photo


勝手に淺川サンクチュアリとしている浅川の南北淺川・城山川の三川合流付近の野鳥のカウントをした。

鶴巻橋下の上流側だけでダイサギ1、ジョウビタキ♂1、キセキレイ1、ハクセキレイ2、セグロセキレイ3、ムクドリ5、モズ♂1、カシラダカ2、カワラヒワ2、ドバト5を観察した。

この場所は比較的鳥が多い。

流路から顔を出す石の上をジョウビタキが行き来する姿は軽快であった(写真)。

左岸清川グラウンドではカワラヒワの群が地面に降りて採餌していた。

城山川の堰にはコガモがいることが多いが、今日は皆無であった。

いつもいる鳥がいないのは寂しい。 

 

@@@ 群をなす カワラヒワ有り 声も善し @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 4

カワウ 1

ダイサギ 2

トビ 1

カワセミ 1

モズ 3

ハシボソガラス 2

シジュウカラ 2

ヒヨドリ 2

ムクドリ 15

ツグミ 5

ジョウビタキ 3

スズメ 30

キセキレイ 2

ハクセキレイ 7

セグロセキレイ 8

カワラヒワ 20

ホオジロ 7

カシラダカ 4

アオジ 2

ドバト 5

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年2月16日 (木)

鳥見歩る記*北淺川・陵北大橋下流(淺川サンクチュアリ)2017.2.12

201712  9時40分1145分 晴

 

勝手に淺川サンクチュアリとしている北浅川の陵北大橋~東京天使病院裏の間の野鳥のカウントをした。

キセキレイ(写真)がいた場所近くにクイナらしい鳥がいたが、草の中に逃げ込んでしまい、確認できなかった。

モズがオスメス一緒にいた。モズのペアリング完了のようである。

コゲラも小さな木に2羽一緒にいた。こちらもペアなのか。

ハシボソガラスの約20羽の集団が河原にきていたが、ハシブトガラスには1羽も出会わなかった。

カワセミはワンドのようになっている池にきていて、水面に張り出した木の枝から下の水面に何回も飛びこんでいたが、全て空振りであった。

最後にチョウゲンボウが流れ橋の上に出て帆翔したが、青空に姿が吸い込まれていって見失ってしまった。 

 

@@@ 春近し ペアとなったか モズコゲラ @@@ 

Photo


観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ 1

キジバト 2

カワウ 6

アオサギ 1

ダイサギ 2

オオバン 1

トビ 1

カワセミ 1

コゲラ 2

チョウゲンボウ 1

モズ 3

ハシボソガラス 28

シジュウカラ 6

エナガ 4

ムクドリ 30

ツグミ 3

ジョウビタキ 3

スズメ 80

キセキレイ 2

ハクセキレイ 5

セグロセキレイ 3

カワラヒワ 30

シメ 4

ホオジロ 5

カシラダカ 20

アオジ 7

ガビチョウ 2

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2017年2月15日 (水)

鳥見歩る記*淺川・小宮公園(読売カルチャー)2017.2.9

2017  9時15分1200分 曇り後雪

1


読売カルチャーの野鳥観察講座で今月はJR八王子駅から浅川に出て小宮公園に行った。

天気は曇りであったが予報通り12時前から雪がちらついてきた。

淺川では淺川大橋から暁橋までの間に、カワセミ、コサギ、ダイサギ、ジョウビタキ♂♀、モズ、ホオジロ、カシラダカ等20種を観察できた。

堤防沿いの民家の庭の梅が咲いていて、そこにメジロが来て吸蜜していた(写真)。

小宮公園では入口付近でアオゲラが出迎えてくれた。

公園内にルリビタキがいるというので探したが、残念ながら出合えることがなかった。

最後にキジのオスが姿を見せ、その回りにヤマガラ、シジュウカラ、エナガ、コゲラの混群がいた。 

 

@@@ 梅の花 ウグイス色の メジロあり @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ

キジバト

カワウ

ダイサギ

コサギ

トビ

カワセミ

コゲラ

アオゲラ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ヤマガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

エナガ

メジロ

ムクドリ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

シメ

ホオジロ

カシラダカ

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2017年2月10日 (金)

鳥見歩る記*上柚木公園(野鳥観察の支援)2017.2.5

2017 9時00分~11時00分 晴れ

 

上柚木公園の野鳥観察会を支援した。

同公園が募集した参加者は35名であった。

支援のカワセミ会会員参加者は11名であった。

先ず目に入ったのはシメの群、少し遠かったが葉を落としたトチの木に20羽以上が止まっていた。

テニスコートを過ぎて雑木林に入るとエナガがいて、アオゲラもちらっと姿を見せてくれた。

北側の斜面の下にツグミとシロハラがいて、そこにアトリの集団がやってきた。

30羽位はいたと思う。

大栗川に出るとカワセミとセグロセキレイ(写真)がいた。

カワセミは上流方向に飛んで行ってしまったので、参加者全員が観察できなかったことが、残念であった。

全部で28種と予想より多くの種類の鳥が観察できたが、スズメは出なかった。

 

 @@@ シロハラの 餌場に集う アトリ達 @@@

Photo


観察した野鳥などは以下の通りです(全校でこの日に観察できた鳥)。

キジバト

ハイタカ

ノスリ

カワセミ

コゲラ

アオゲラ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ヤマガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

エナガ

メジロ

ムクドリ

シロハラ

ツグミ

ジョウビタキ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

アトリ

カワラヒワ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2017年2月 9日 (木)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース) 2017.2.4

2017年2月4日、-9時20分~14時10分 晴れ

 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

 

ヤマガラが目立った。さえずりもあった。

エナガは繁殖期に入ったのか、大きな群はなかった。

キジバトが山頂で昼飯を食べているグループの木の上で、おこぼれを待つかのように止まっていた(写真)。

ヒガラはさえずりからの判断である。

最近の好天続きのためか、1号路入口の清滝の水が枯れていた。 

 

@@@ 春近し ヤマガラの声 あちこちに @@@

Photo_4


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 4

コゲラ 4

カケス 1

ハシブトガラス 15

ヤマガラ 27

ヒガラ 1

シジュウカラ 8

ヒヨドリ 35

エナガ 4

メジロ 8

シロハラ 1

ハクセキレイ 1

アオキ 

ヤブツバキ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2017.2.4

20174日00分~20分 

Photo

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

 

小仏川の通称どんどんの所にかかる橋から下流を見ると約100m下流の岩の上にカワガラスが尾を立てて動き回っていた。

カワガラスはその後で上流方向に飛んで行った。

梅郷橋から北側を見ると尾根の枯れ枝にノスリがじっと止まっていた(写真)。

圏央道の下には今月もビンズイがいた。先月は4羽であったが、今月は3羽であった。

立春のこの日、コゲラのドラミングが聞こえてきた。

モズが可愛い表情をしてくれた(写真)。  

 

@@@ 立春の 朝日に輝く ノスリかな @@@

Photo_2


カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 3

ノスリ 1

コゲラ 1

モズ 2

ハシブトガラス 6

ヤマガラ 2

シジュウカラ 4

ヒヨドリ 6

カワガラス 1

スズメ 4

セグロセキレイ 1

ビンズイ 3

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年2月 7日 (火)

鳥見歩る記*高月水田 2017.2.3

2017年2月3日、13時20分~14時50分 晴れ

コースは、高月水田を一周するものです。

高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

 

キジバトがゆったりとひなたぼっこをしていた。

田んぼにツグミが多く集まってきた。

ムクドリは集団で田んぼに降りて採餌していた。

その田んぼに南風が吹いて暖かな日よりであった。

休耕田にカシラダカが来て草の実を食べていた。

ヒヨドリが畑の青菜を食べていた。

冬枯れの田んぼにヒガンバナの葉だけが緑色の帯を作っていた(写真)。 

オオイヌノフグリ、ナズナ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザが2月の田んぼで花を咲かせていた。このような花が真冬に咲いていることは以前ではありえないことであった。

 

@@@ ツグミいる 冬の田んぼに 南風 @@@

Photo_2


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 1

モズ 3

ハシボソガラス 1

ハシブトガラス 4

ヒヨドリ 1

ムクドリ 110

ツグミ 13

スズメ 6

ハクセキレイ 2

セグロセキレイ 3

タヒバリ 2

ホオジロ 10

カシラダカ 10

ドバト 10

オオイヌノフグリ 

ナズナ 

ヒメオドリコソウ 

ホトケノザ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

 

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2017.2.3

2017日、20分~10時10分 晴れ

Photo


コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、一部ワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

 

鳥の声鳴く、静かな河原であったが、アオジだけが見え隠れしていた。

ワンドにはカイツブリが来ていた(写真)。

ジョウビタキは2羽ともに♀であった。 

 

@@@ 冬枯の 河原にアオジ 見え隠れ @@@

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カイツブリ 3

キジバト 3

シジュウカラ 2

ヒヨドリ 3

シロハラ 1

ジョウビタキ 2

ホオジロ 3

アオジ 6

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年2月 6日 (月)

鳥見歩る記*上川口小学校(全校野鳥観察の支援)2017.2.2

2017 8時45分~10時05分 晴れ

上川口小学校の全校野鳥観察会を支援した。

担当したグループは12年生の児童たち。

学校裏の谷戸を歩いた。

愛鳥モデル校のこの小学校に年4回野鳥観察支援に行っている。

今回が本年度最後の支援となった。

1,2年生と言えども身近な野鳥の名前はよく知っている。

ヒヨドリがミカンの木に残っているあまり美味そうでないミカンの実を突いて、皆んなが近くで見ていても逃げ出さなかった。

Photo


谷戸には鳥が少なく、最後に川口川に出て、ダイサギが飛んできたら子供達が歓声を上げて喜んだのが印象的であった。

なお、谷戸の沢から飛び出した大きめの鳥がいた。

状況から推察して希少種のアオシギではないかとも思われてが、不明種とした。 

 

@@@ ダイサギに 歓声上げる 子供たち @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです(全校でこの日に観察できた鳥)。

キジバト

アオサギ

ダイサギ

オオタカ

ノスリ

カワセミ

コゲラ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ヤマガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

エナガ

メジロ

ムクドリ

シロハラ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

ホオジロ

カシラダカ

アオジ

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2017年2月 2日 (木)

鳥見歩る記*種入り(田んぼの畦の修復)2017.1.29

2017年1月29日、10時00分~12時00 晴

 

上川口小学校裏の谷戸の田んぼ(種入り)で今年最初の田んぼ作業を行った。田んぼは電機柵をしてあるが、イノシシに侵入され畦が壊されているので、その修復作業をした(写真)。

Photo

伸び放題の竹の伐採もした。

鳥は少なかったが青空にノスリがゆったりと旋回してくれた。

モズが田の中を自由に動き回っていた。

田の水面を見るとハシリグモが動き回っていた。

モズはこのクモも食べているのかも知れない。  

 

@@@ 冬の田の 水面を走る ハシリグモ @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

ノスリ

モズ

カケス

ハシブトガラス

ヒヨドリ

ウグイス

メジロ

ハシリグモ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年2月 1日 (水)

鳥見歩る記*東京都農林水産振興財団の森林ふれあい教室2017.1.28

201728 9時45分~14時50分  晴

 

東京都農林水産振興財団主催の森林ふれあい教室(野鳥観察会)を支援した。

コースは五日市線東秋留駅から八雲神社、久保熊野神社、田んぼ、秋川(東秋留橋)、多摩川、高月水田、滝山城址公園、谷地川、八王子道の駅まで、変化ある長い道のりであった。

天気よく、温かい鳥見日よりであった。

久保熊野神社から出た田んぼにはツグミ(写真)が地面で周りにじっと睨みを聞かせていた。

秋川の東秋留橋付近では、カワセミの他にカツガモに混じってミコアイサのメスが1羽羽根を休めていた。

高月浄水場の池にはオカヨシガモ、ヨシガモが今年も来ていた。

滝山城址公園は、エナガが出た程度で鳥が少なくというか、鳥がいなくて寂しかった。

雑木林あり、田んぼあり、池あり、川ありの変化に富んだコースのため、観察できた種数は45種と多かった。 

 

@@@ 冬の田に ツグミ出て来て 胸を張る @@@

Photo


観察した野鳥などは以下の通りです。

オカヨシガモ

ヨシガモ

マガモ

カルガモ

オナガガモ

コガモ

ミコアイサ

カイツブリ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

オオバン

イカルチドリ

イソシギ

トビ

ノスリ

カワセミ

コゲラ

モズ

カケス

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ヤマガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

エナガ

メジロ

ムクドリ

シロハラ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

タヒバリ

カワラヒワ

シメ

ホオジロ

カシラダカ

アオジ

ドバト

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »