« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月30日 (月)

鳥見歩る記*暁町保全緑地2017.1.24

201724 13時5分~14時00分  晴れ

 

暁町保全緑地の中を歩いた。

緑地内にまとまった草原が残されていて、ススキなどが綺麗に刈取られていた。

その草地にシロハラが出ていたが、ツグミ(写真)が飛んで来てシロハラを追い出してしまった。

Photo


明るい雑木林の中にはモズが縄張り内をパトロールするかのように動きまわっていた。

犬の散歩の人が一人やってきた。

シジュウカラなどのカラ類無し、ガビチョウ無しの静かな緑地であった。 

 

@@@ モズ一羽 明るい林 一人占め @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 4

モズ 1

ハシブトガラス 2

ヒヨドリ 1

メジロ 2

シロハラ 2

ツグミ 3

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年1月29日 (日)

鳥見歩る記*宇津木(保全緑地の野鳥カウント)2017.1.22

2017年1月22日、9時30分~11時35分 晴れ

 

宇津木台緑地(市指定)と宇津木保全緑地(都指定)の2ヶ所の緑地の野鳥カウント行った。集まったメンバーは7名。

カワラヒワがヤマハンノキの実を食べに来ていた。

藪の中でウグイスの地鳴きに似た声が聞こえてきた。

そこから出できたのはシロハラであった。シロハラもウグイスの笹鳴きのような声を出すことを知った。

オオタカが青空の緑地の上空を旋回してくれた。

ウグイスカグラの花が先出していたが、シナマンサクの花は未だ少し早く蕾であった。 

 

@@@ オオタカと 緑地の上で ご対面 @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 1Photo


トビ 3

オオタカ 1

コゲラ 2

ハシボソガラス 4

ハシブトガラス 2

ヤマガラ 2

シジュウカラ 17

ヒヨドリ 10

ウグイス 1

エナガ 20

メジロ 11

ムクドリ 1

シロハラ 4

ツグミ 5

ルリビタキ 2

ハクセキレイ 2

カワラヒワ 4

カシラダカ 6

アオジ 1

ウグイスカグラ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2017年1月22日 (日)

鳥見歩る記*多摩川のヨシ原保全活動(右岸多摩大橋下流)2017.1.21

201721 8時30分~12時30分  晴(強い季節風あり)

1


多摩川の多摩大橋下流に通称ひょうたん池というワンドがあり、その周辺のヨシ原に大規模なツバメの集団ねぐらが2016年に形成された。

このヨシ原を少しでも長く良好な状態に保ち、ヨシ原の中及び隣接地域のタケ、クズ、ノイバラ、ニセアカシア(外来植物)、その他雑木類、セイタカアワダチソウ等の外来種を伐採・伐根した。

伐採した植物はメンバーの軽トラックで運び出した。

3


この作業に八王子・日野カワセミ会、日本野鳥の会奥多摩支部、日本野鳥の会本部、多摩市ツバメ調査団の計25名がボランティアとして参加して頂いた。

作業を始める前にノスリが上空を旋回してくれた。

作業途中ではヒバリがさえずり無しで舞い上がった。

最後にヒマアマツバメの集団が青空を舞ってくれた。

強い季節風が吹き荒れる日であったが、やりがいのある作業であった。 

 

@@@ ヨシ原を 荒す樹木を 掘り返す @@@

2


観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト

カワウ

ヒメアマツバメ

ノスリ

ヒバリ

ヒヨドリ

ムクドリ

ツグミ

スズメ

ホオジロ

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年1月21日 (土)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵と宇津貫緑地2017.1.19

201719日  800分~1135分 曇り後晴

Photo


宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

宇津貫公園の近くで木の枝の高い所に止まっている鳥、最初はツミかと思ったが、少し近くから確認するとチョウゲンボウであった。

飛び立ったチョウゲンボウの姿に納得する。

ジョウビタキがあちこちで目についた。オスの方が多い。

最後に兵衛川を覗くとカワセミがいて、その近くにダイサギとアオサギ一緒に魚を狙っていた(写真)。 

 

@@@ アオサギと ダイサギ並ぶ 兵衛川 @@@

 

以下は宇津貫緑地の中の様子である。

草地広場にムクドリ約60羽の群が降りて採餌していた。

ホタル沢にはカシラダカがいたが、4羽だけであった。

ルリビタキのオスが姿を現してくれた。

その近く藪から別のルリビタキの地鳴きが聞こえてきた。

昨日の上柚木公園に続いて今日の宇津貫でもガビチョウが出なかった。

 

観察した鳥は以下のとおりです。

キジバト 7

カワウ 2

アオサギ 1

ダイサギ 1

カワセミ 1

コゲラ 5

アオゲラ 1

チョウゲンボウ 1

モズ 2

カケス 1

ハシボソガラス 6

ハシブトガラス 4

ヤマガラ 6

シジュウカラ 10

ヒヨドリ 13

ウグイス 1

エナガ 20

メジロ 7

ムクドリ 68

シロハラ 4

ツグミ 18

ルリビタキ 2

ジョウビタキ 7

スズメ 29

ハクセキレイ 3

カワラヒワ 20

ホオジロ 7

カシラダカ 4

アオジ 2

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年1月20日 (金)

鳥見歩る記*上柚木公園(野鳥定期カウント)2017.1.18

Photo


20
17
18 13時00分~15時30分 晴れ

 

公益財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団からの依頼による上柚木公園の1月度の野鳥調査を行った。

 

午前中は所要があったので、午後のカウントになった。

冬はメジロやヒヨドリが樹液を吸いに集まることがある。

ここでもメジロが来て樹液をなめているような行動が見られた(写真)。

トチノキの冬芽が粘膜に覆われていて、西陽に輝いていた(写真)。

ここにもメジロがやって来そうな感じである。

カワラヒワの大きな群があり、シメも約15羽が群れていた。

ガビチョウは何故か観察されなかった。 

 

@@@ メジロ来て 冬の林に 息吹き生む @@@

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 15

コゲラ 6

モズ 2

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 2

ヤマガラ 4

シジュウカラ 16

ヒヨドリ 8

ウグイス 2

エナガ 10

メジロ 7

ツグミ 3

ジョウビタキ 1

スズメ 1

ハクセキレイ 2

カワラヒワ 50

シメ 15

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2017年1月18日 (水)

鳥見歩る記*川町谷戸(田んぼ他)2017.1.17

201717日  1335分~1425分 

 

毎月1回、川町谷戸(田んぼと雑木林)で野鳥と他の生きものの定期カウントを行っている。コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

 

田の縁にある木にカラスの古巣のようなものがあり、よく見るとこの巣に横穴のようなものがある(写真)。

この穴のような物は何なのか、不明である。

1


田んぼにツグミ、シイタケのホダギの林にシロハラ、畑にジョウビタキが出て、最後は小さな結氷した溜池の氷の上にセグロセキレイが出た(写真)。

セグロセキレイは氷の上に落ちている物を採餌していた。

真冬でも畦にタネツケバナ、ナズナが花を付けていた。 

 

@@@ 氷上で セグロセキレイ 何食べる @@@

Photo


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 2

ハシボソガラス 4

ハシブトガラス 4

ヤマガラ 2

シジュウカラ 2

ヒヨドリ 6

ムクドリ 6

シロハラ 2

ツグミ 2

ジョウビタキ 1

セグロセキレイ 1

タネツケバナ 

ナズナ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年1月16日 (月)

鳥見歩る記*多摩川(読売カルチャー)2017.1.12

201712  9時00分1145分 晴れ

 

読売カルチャーの野鳥観察講座で今月は立川駅から多摩川に出て立日橋から左岸堤防を上流に向かい、日野橋を渡って右岸堤防を石田大橋まで歩き、北川原公園で解散した。

日中は暖かい日がさして気持ちよい日であった。

立川駅から立日橋までの間にダイサギ、アオサギ、コサギ、スズメ、ジョウビタキに出合った。

立日橋の下ではカルガモの他にキンクロハジロのメスが1羽いた。

対岸に近い水面にはコガモ約20羽の群が浮いていた。

立日橋の上流側の河原にはカワウ約30羽の群が羽根を休めていた。

右岸に渡り中央高速道を過ぎて石田大橋に向かう途中、堤防の草むらにアオジ、アトリがいた。

河原にはカシラダカの小群もいた。

ベニマシコが2羽飛び出した。

うち1羽の羽根の赤が強烈に見えた。

対岸の木にはオオタカの若鳥が止まっていた。

上流からノスリが飛んできた。

ゴールの北河原公園には予想とおりヒバリがいた。 

全体で35種とまずまずの収穫であった。

 

@@@ ベニマシコ ちらっと見た赤 強烈だ @@@

Photo


観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

コガモ

キンクロハジロ

カイツブリ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

コサギ

イカルチドリ

ユリカモメ

トビ

オオタカ

ノスリ

コゲラ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒバリ

ムクドリ

ツグミ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

タヒバリ

アトリ

カワラヒワ

ベニマシコ

ホオジロ

カシラダカ

アオジ

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2017年1月12日 (木)

鳥見歩る記*冬鳥一斉カウント(川口川92017.1.8

2017 8時00分~10時00分  曇り

 

毎年1月の第2日曜日は八王子、日野の19コースの河川で冬鳥一斉カウントを毎年行っている。

私は川口川の淺川合流地から上流に向かって明治橋までのコースを担当した。

天気は曇りで寒い日であった。

カルガモが川に姿が数羽しか見当たらなかったが、川に隣接する清水公園の池にまとまって羽根を休めていた。

コガモも毎年の場所にいなかったが、上流でようやく10羽を認めることができた。

カワセミは5ヶ所で5羽を確認したが、期待したクイナは出なかった。

ダイサギの魚を狙う姿に迫力があった(写真)。 

 

@@@ コガモさん いつもの所 姿無し @@@

Photo


観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ 55

コガモ 10

キジバト 18

カワウ 2

アオサギ 2

ダイサギ 3

トビ 2

カワセミ 5

モズ 2

ハシボソガラス 25

ハシブトガラス 35

シジュウカラ 15

ヒヨドリ 20

ウグイス 2

ムクドリ 35

ツグミ 1

ジョウビタキ 4

スズメ 70

キセキレイ 3

ハクセキレイ 7

セグロセキレイ 9

カワラヒワ 4

アオジ 2

ドバト 52

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年1月11日 (水)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース) 2017.1.7

2017年1月7日、-9時10分~13時10分 晴れ

 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

 

ミソサザイが直ぐ近くの石垣の隙間を出入りしていた。

メジロがヤブツバキの花で吸蜜していた。

地面イイギリの実が落ちていて(写真)、見上げるとヒヨドリが次から次へとやって来て実を食べていた。

蛇滝から少し入った登山道にソウシチョウ約30羽がいて、せわしく採餌していた。

山頂手前のトイレの裏のモミの木に群れているエナガ約20羽の中にヤマガラもいた。

帰路、林野庁殉職者慰霊碑の前にシメ、イカルが現れた。

イカルはさえずりもしてくれた。

1号路中程の所で青空に舞うノスリが観察できた。 

 

@@@ 石垣に 見え隠れする ミソサザイ @@@

Photo_3


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 1

ノスリ 1

コゲラ 5

アオゲラ 1

カケス 2

ハシブトガラス 12

ヤマガラ 2

シジュウカラ 2

ヒヨドリ 50

エナガ 25

メジロ 50

ミソサザイ 3

シロハラ 1

ルリビタキ 1

シメ 1

イカル 10

ソウシチョウ 30

イイギリ 

ヤブツバキ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2017.1.7

Photo


20177日、800分~時8 曇り

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

 

カワウが駒木野公園付近の渓流的な流れの所に1羽来ていた。

鳥が少ないと思っていたが、最後に圏央道の下でビンズイ4羽に出合った。

ビンズイは枯草の中から突如出できた(写真)。

尾根の杉の上の方に約30羽の小鳥が飛び交っていた。

マヒワより大きかったのでアトリかと思われたがはっきりしないので、不明鳥とした。キジョランの種とテイカカズラの種が一緒に道に落ちていた(写真) 

 

@@@ ビンズイが 突如顔出す 枯野かな @@@

Photo_2


カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 3

カワウ 1

コゲラ 2

アオゲラ 1

ハシボソガラス 4

ハシブトガラス 7

シジュウカラ 6

ヒヨドリ 17

スズメ 4

ビンズイ 4

アオジ 1

不明鳥 30

アオキ 

キジョラン 

テイカカズラ 

マンリョウ 

ヤツデ 

ヤブコウジ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年1月 8日 (日)

鳥見歩る記*八王子七福神巡り2017.1.5

2017 8時50分~11時50分  晴れ

Photo


自宅から八王子七福神巡りをした。

八王子七福神は8神あって、実際は八王子八福神である。

先ず、伝法院の恵比寿天、ここでハクセキレイに出合う。

次の本立寺の毘沙門天ではキジバト、ヒヨドリ、ツグミが出る。

金剛院の福禄寿はハシボソガラス、ヒヨドリ、メジロであった。

信松院の布袋尊に向かう途中でカワセミ会のS氏に出会う。

信松院の境内はヒヨドリだけ。

善龍寺の走大黒天はヒヨドリだけ。

了法寺(新護弁財天)と宗格院(寿老尊)は鳥影無し。

ここで南淺川に出る。

舟田川出合いから睦橋間でセグロセキレイ、ハクセキレイ、カワセミ、ムクドリ、アオサギ、ダイサキ、コサギ、カルガモ、カワウ、バン(写真)に出会う。

コサギは丁度小魚を捕ったところが観察できた(写真)。

 

@@@ 本年も 七福神で 鳥見初め @@@

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

コサギ

バン

カワセミ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ヒヨドリ

メジロ

ムクドリ

ツグミ

スズメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ドバト

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年1月 6日 (金)

鳥見歩る記*片倉城跡公園、つどいの森公園2017.1.4

2017 12時30分~14時20分  晴れ

 

午後になって時間ができたので、片倉城跡公園に行ってみた。

天気がよく、温かくてウインドヤッケを脱いでしまった。

弁天池にはカワセミが来ていて、カメラマンも3名いた。

他に鳥がいないので、湯殿川に出てみると、ここも鳥が少なくカルガモ、ハクセキレイだけだったが最後にカワセミが飛んできた。

住吉神社境内でヤマガラ、シジュウカラ、ウグイス、メジロに出合えたが、これではもの足りないので、隣りの片倉つどいの森公園に足を伸ばした。

調整池にはカイツブリ、カワウ、カワセミがいた。

ヨシの髄にクチバシを突っ込んで餌をとるシジュウカラもいた。

その上の木にシメが1羽飛んできた(写真)。

Photo


帰路、片倉公園でエナガの小群に出合った。

このエナガ達はあまり移動しなかったので、写真が撮れた。 

 

@@@ エナガ出て 賑やかなりし 帰り路 @@@ 

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

カイツブリ

カワウ

アオサギ

カワセミ

ハシブトガラス

ヤマガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

エナガ

メジロ

ムクドリ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

ハクセキレイ

カワラヒワ

シメ

ドバト

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年1月 4日 (水)

鳥見歩る記*高月水田 2017.1.3




20
17
年1月3日、13時20分~14時50分 晴れ

Photo_2

コースは、高月水田を一周するものです。

高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

 

鳥の密度が低い中で、モズとキジバトが少し目立つ程度であった。

モズは田んぼで何やら餌を採っているようであり、撮った写真を見ると何やら食べ物を咥えていた(写真)。

真冬というのにホトケノザ(写真)、シロバナタンポポ(写真)、ナズナ、オオイヌノフグリなどが暖かい陽を浴びて綺麗な花を咲かせていた。

寒さはどこへ行ってしまったのだろうか。 

Photo_3


@@@ 冬の田に 餌を求めて モズ数羽 @@@

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 12

トビ 2

モズ 5

ハシボソガラス 4

ハシブトガラス 4

ヒヨドリ 5

ムクドリ 50

ツグミ 3

スズメ 20

ハクセキレイ 6

セグロセキレイ 1

ホオジロ 6

ドバト 60

オオイヌノフグリ 

シロバナタンポポ 

セイヨウタンポポ 

ナズナ 

ノボロギク 

ホトケノザ 

 

Photo_5


*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2017.1.3

2017日、1225分~13時15分 晴れ

 

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、一部ワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

 

アオジが枯草の藪の中で見え隠れしていた。

鳥が少ない中でエナガ数羽の群が近づいてきて、ほっとした。

日差しが暖かく、オオイヌノフグリ(写真)の花が輝いていた。 

 

@@@ 枯藪で 見え隠れする アオジ達 @@@

Photo


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

オオバン 2

トビ 1

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 2

ヒヨドリ 4

エナガ 6

ツグミ 1

ハクセキレイ 1

カワラヒワ 4

アオジ 4

コジュケイ 3

オオイヌノフグリ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年1月 3日 (火)

鳥見歩る記*浅川、極楽寺2017.1.2

2017 14時45分~16時20分  晴れ

 

午後浅川に行って「鳥見始め」をした。

コースは浅川橋から上流に向かい萩原橋経由鶴巻橋までの往復と帰路、浅川大橋袂の極楽寺。

鳥は少なかったが、帰路極楽寺でアトリの集団に出会うという収穫があった。

右岸萩原橋下流のワンドが河川改修中で、このワンドが改修後も残せるか、ピンチである(写真)。

201712


16日に管理者の京浜河川事務所の担当者と現地打合せをすることになっている。

萩原橋上流の河原にカシラダカの集団がいて、草の実を啄ばんでいた(写真)。

Photo


帰路、極楽寺で出合ったアトリは境内のケヤキの実を啄ばんでいたもので、丁度夕陽に当る刻であった(写真)。

 

 @@@ ケヤキの実 アトリを呼んで 年が明け @@@

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。

アオサギ

ダイサギ

イカルチドリ

カワセミ

モズ

オナガ

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

エナガ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

アトリ

カシラダカ

ドバト

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2017年1月 2日 (月)

鳥見歩る記*江の島鎌倉2016.12.31

 

20161231 9時30分~14時35分  晴れ

 

毎年恒例の大晦日探鳥会、本年は江の島と鎌倉大仏ハイキングコースを歩いた。

江の島に渡るまえの境川にはカワウ、オオバン、ウミネコ、スズガモがいた。

島に入る前に浅瀬で緑色の藻を食べるヒドリガモ15羽、その回りにもカワウ、オオバン、ハクセキレイ、ユリカモなどがいた。

トビは10羽位が悠然と飛んでいる。

橋からの富士山が雄大であった。

Photo_2


江の島に入り東側の駐車場脇から島の南側に行った。

先ず目に入ったのがクロガモとイソヒヨドリで、イソヒヨドリは3羽のオスと1羽のメスがいた。

本場のイソヒヨドリは羽根の色が濃く、鮮やかに感じた(写真)。

Photo_3


ウミアイサのメスも1羽浮かんでいた。

ハヤブサのポイントでは崖でなく、木にとまる後姿のハヤブサを観察できた。

江の島から長谷までは海岸を歩く予定であったが、時間が足りなくなるので、この間は江ノ電を利用した。

大仏を拝みながら昼飯とし、大仏ハイキングコースを銭洗い弁天、淨智寺経由で北鎌倉駅まで歩いた。

この間ではウグイス、アオジ、コゲラ、メジロなどが出た。

タイワンリスがウソに似た声を出していた。

淨智寺の人里に来てガビチョウの声が聞こえてきた。

ハイキングコースは急坂もあったが、参加者17名全員が何とか歩ききった。

 

 @@@ 江ノ島で ハヤブサに会い 年を越す @@@

Photo_4


観察した野鳥などは以下の通りです。

ヒドリガモ

スズガモ

ウミアイサ

カワウ

クロサギ

オオバン

ユリカモメ

ウミネコ

セグロカモメ

トビ

コゲラ

ハヤブサ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

エナガ

メジロ

ムクドリ

ジョウビタキ

イソヒヨドリ

スズメ

ハクセキレイ

アオジ

ドバト

ガビチョウ

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*小宮公園2016.12.29

20161229 9時30分~11時50分  晴れ

 

年末の小宮公園に行ってみた。

鳥の種類、羽数とも以前から比べると少ないという印象であった。そのような中で、ヒヨドリ山のある草地広場に出ると、ノスリが飛来し、地面にはカシラダカ約50羽が降りで採餌していたので、ほっとした(写真)。

帰路、弁天池近くの雑木林にカケス1羽がいたが、全く鳴かずカケスらしくなかった。

 

 @@@ カシラダカ たらふく食べて 年を越せ @@@

Photo


観察した野鳥などは以下の通りです。

マガモ

コガモ

キジバト

ノスリ

アオゲラ

モズ

カケス

ハシブトガラス

ヤマガラ

ヒヨドリ

ウグイス

ムクドリ

ツグミ

ルリビタキ

カシラダカ

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »