« 鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース) 2016.11.3 | トップページ | 鳥見歩る記*新川耕地2016.11.9 »

2016年11月10日 (木)

鳥見歩る記*権現谷戸(自然観察会)2016.11.8

2016118日  130分~1515分 晴れ

八王子市館町の住人を中心とした女性グループ「人の会」は町田街道沿いの権現谷戸でささやかな田んぼで稲を育てている。

そのグループからの依頼で権現谷戸の自然観察をした。

集まったメンバーは10名弱。

谷戸の入口にはヤクシソウが群落的に咲いていた。

ヤクシソウが綺麗に咲いている姿は「秋たけなわ」という感じである。

ここではキク科の花の3タイプが勢ぞろいしていたので、その説明をした。

舌状花と筒状花から出来ているハキダメギク、舌状花だけから出来ているヤクシソウ、筒状花だけからできているトネアザミである。

この説明をしている時にジョウビタキの声が聞こえてきた。

気温があまり上がらない日だっただめか、チョウの活動が鈍く、葉にじっと止まっているものが多く、ウラナミシジミとヤマトシジミが一緒に止まっている姿を観察できた(写真)。

Photo


アカゲラが飛んできて近くの木に止まってくれた。

田んぼの周りにはホオジロもいた。

田んぼの周りには植物も多く、サルトリイバラの赤い実、シオデの黒い実、ムラサキシキブの紫の実、ガマズミの赤い実、ツリフネソウのはじける鞘、アキノタムラソウの最後の花、カントウヨメナの花など多彩である。 

 

@@@ 秋の谷戸 赤黒紫 多彩な実 @@@

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 

アカゲラ 

カケス 

ハシボソガラス 

ハシブトガラス 

ヒヨドリ 

ジョウビタキ 

ホオジロ 

ガビチョウ 

ウラナミシジミ 

キチョウ 

ヤマトシジミ 

アキノウナギツカミ 

ガマズミ 

カントウヨメナ 

クサギ 

コウゾリナ 

コセンダングサ 

サラシナショウマ 

サルトリイバラ 

シオデ 

シロヨメナ 

セイタカアワダチソウ 

センニンソウ 

トキリマメ 

トネアザミ 

ノコンギク 

ノハラアザミ 

ハキダメギク 

ヒヨドリバナ 

ミゾソバ 

ムラサキシキブ 

メナモミ 

ヤクシソウ 

ヤブコウジ 

ヤマゼリ 

リュウノウギク 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

« 鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース) 2016.11.3 | トップページ | 鳥見歩る記*新川耕地2016.11.9 »