« 鳥見歩る記*権現谷戸(自然観察会)2016.11.8 | トップページ | 鳥見歩る記*浅川サンクチュアリ(淺川・萩原橋付近)2016.11.10 »

2016年11月11日 (金)

鳥見歩る記*新川耕地2016.11.9

201611  10時45分1410分 晴れ(木枯らし)

 

読売文化センターの野鳥観察講座で今月は千葉県流山の新川耕地に行った。

木枯らし1号が吹き荒れる日で、寒い風に吹き飛ばされそうで、野鳥の観察には不向きであった。

また、新川耕地は大半が潰され物流団地の造成工事が行われていた。

かつて関東一のタゲリの越冬地といわれたこの田んぼが哀れの姿になってしまった。

残る田んぼは僅かで、しかもそのうちの半分が休耕田となっていた。

残った田んぼでは刈取られた稲のヒコバエが稔っていた。

そのような田んぼで一番目立ったのはアオサギであった(写真)。

Photo


ヒバリ、ホオジロ、カワラヒワ、ホオジロ、ハクセキレイが田んぼいた程度であった。

目当てのタゲリはいなかった。

未だ来ていないのか、田んぼが減ったからいなきのか、どちらかわからない。

最後にタシギ2羽が田んぼで観察できたことが救いであった。 

 

@@@ 秋の谷 木枯らし吹いて タシギあり @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト

アオサギ

ダイサギ

タシギ

ノスリ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒバリ

ヒヨドリ

ムクドリ

ツグミ

スズメ

ハクセキレイ

カワラヒワ

ホオジロ

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

« 鳥見歩る記*権現谷戸(自然観察会)2016.11.8 | トップページ | 鳥見歩る記*浅川サンクチュアリ(淺川・萩原橋付近)2016.11.10 »