« 鳥見歩る記*川町谷戸(田んぼ他)2016.8.16 | トップページ | 鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2016.9.1 »

2016年9月 2日 (金)

鳥見歩る記*秘湯めぐり探鳥(八ヶ岳本沢温泉) 2016.8.24~26日

201624~26日(23日)

Photo


 
 

秘湯で鳥と花を観察する会、第2回は八ヶ岳本沢温泉周辺を歩いた。

初日は茅野駅から桜平までタクシーで行き、夏沢峠を経て、本沢温泉に行った。

2日目は夏沢峠まで戻り硫黄岳(硫黄岳山荘)までを往復した。

本沢温泉に2泊して、3日目は本沢温泉から緑池経由で稲子の湯に下った。

日本一標高が高い所にあるという露天風呂は宿から歩いて5分ほどの河原にあった。

硫黄岳の爆裂火口の方をのぞみながらの温泉浸りである。

初日の夏沢峠までの行程では体の調子が今一であったが、2日目の硫黄岳往復は超スローぺースで歩いたので、花と鳥を楽しむことができた。

イワヒバリが直ぐ近くに来てくれた。

ピークは過ぎていたがコマクサ(写真)が咲いていた。

ウメバチバチソウ(写真)が良く目についた。

Photo_2


夏沢峠で休んでいるとアサギマダラが次々と峠を越えて行った。

20頭以上はいたと思われる。

ルリビタキとメボソムシクイがしっ切り無しに鳴いていた。

3日目の下山途中のみどり池には真っ黒い蜻蛉がいた。

湖畔のしらびそ小屋には餌付されたリスが来ていた。

最後に稲子の湯の近くの八岳の滝まで足を延ばした。

滝のたもとにはオオレイジンソウが咲いていた。 

稲子の湯の周りのサワギキョウとアケボノソウの花が最盛期であった。

 

@@@ 日本一 高い秘湯を 一人占め @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 

アオバト 

アマツバメ 

ノスリ 

コゲラ 

ホシガラス 

ハシブトガラス 

コガラ 

ヒガラ 

イワツバメ 

ウグイス 

メボソムシクイ 

エゾムシクイ 

ゴジュウカラ 

ミソサザイ 

マミジロ 

コマドリ 

ルリビタキ 

イワヒバリ 

キセキレイ 

ウソ 

アサギマダラ 

カラスアゲハ 

キベリタテハ 

ミドリヒョウモン 

ギンボシヒョウモン 

ベニヒアゲ 

アカバナ 

アキノキリンソウ 

アキノギンリョウソウ 

アケボノソウ 

アズマヤマアザミ 

イタドリ 

イワオウギ 

イワツメクサ 

ウメガサソウ 

ウメバチソウ 

ウルップソウ 花終わる

ウワミズザクラ 

オオレイジンソウ 

オタカラコウ 

カメバヒキオカシ 

キオン 

キツリフネ 

キバナノオダマキ 

キバナノコマノツメ 

ゲンノショウコ 

コウゾリナ 

コマクサ 

コマツナギ 

ゴマナ 

サラシナショウマ 

サワギキョウ 

サワギク 

シシウド 

シラタマノキ 

シラネセンキュウ 

シラヤマギク 

ダイコンソウ 

タカネヒゴタイ 

ツリフネソウ 

トウヤクリンドウ 

トネアザミ 

トリカブト 

ノブキ 

ミヤマコゴメグサ 

ミヤマモジズリ 

ヤマニガナ 

ヤマハハコ 

ヤマホタルブクロ 

リンドウ 

リンネソウ 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

« 鳥見歩る記*川町谷戸(田んぼ他)2016.8.16 | トップページ | 鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2016.9.1 »