« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月29日 (月)

鳥見歩る記*多摩川(六郷)2016.2.28

201628 11時20分~13時30分 晴れ

多摩川の右岸(川崎側)の六郷橋から大師橋まで歩いた。

京急川崎駅から多摩川の堤防に出ると、ユリカモメが羽を休めていた。

70羽、その近くを散策の人が通っても逃げない。

ヒドリガモも目立つ。

オオバン、カンムリカイツブリもいる。

六郷橋の東側ではヒドリガモ、キンクロハジロの羽数が増える。

川崎河港水門にカンムルカイツブリ(写真)、カイツブリ、コガモがいた。味の素樋管の対岸(大田区南六郷)の六郷水門付近にシギがいた。

遠いいが、よく見るとセイタカシギであった。

セイタカシギは数えると8羽いた。大師河原干潟館(水防センター)で一休み。

大師橋を過ぎると堤防工事のため、その先への通行が出来ず、京急産業道路駅を終点とした。

@@@ 遠目にも セイタカシギの 光見ゆ @@@

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

ヒドリガモ

マガモ

カルガモ

コガモ

キンクロハジロ

カイツブリ

カンムリカイツブリ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

コサギ

オオバン

セイタカシギ

ユリカモメ

セグロカモメ

トビ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ヒヨドリ

ムクドリ

ツグミ

スズメ

ハクセキレイ

カワラヒワ

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2016年2月28日 (日)

鳥見歩る記*上柚木公園(市民探鳥会)2016.2.27

201627 9時00分~11時15分 晴れ

上柚木公園主催の野鳥観察会を支援した。

上柚木公園は、京王相模原線・南大沢駅の北西に位置する豊かな自然環境を残した21ヘクタールに及ぶ総合公園です。

雑木林が残っていること、グランドが芝生であること、大栗川が隣りを流れていること等で、それなりの野鳥が観察される。

先ず目についたところではカワラヒワの大群で100羽近くはいた。

ムクドリの集団もいた。

モズがペアーになっていた。

イカルが2回出た他に、シメ、シロハラ、コゲラ、ジョウビタキ、ルリビタキ、カシラダカ等もいた。

大栗川ではセグロセキレイ2羽が採餌していた。

この採餌は水面近くを飛んでいる昆虫を捕っているもので、セグロセキレイがちょっと飛び上がる仕草が観察できた(写真)。

この観察会には40名以上の市民の参加があり、親子連れも多く、子供達も熱心に鳥の観察をしていた。

 @@@ 飛ぶ虫を セグロセキレイ 追いかける @@@

Photo_4


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

キジバト

トビ

コゲラ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

エナガ

メジロ

ムクドリ

シロハラ

ツグミ

ルリビタキ

ジョウビタキ

スズメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

シメ

イカル

カシラダカ

アオジ

ドバト

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*川町田んぼ2016.2.26

201626日  950分~1120分 晴れ

 

毎月1回、川町谷戸(田んぼと雑木林)で野鳥と他の生きものの定期カウントを行っている。コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

 

カケスの声が聞こえてきた。

シイタケのホダギ林に入るとシロハラとメジロがいた。

青空にノスリが現れて、1羽のカラスがモビングしていた。

小さな溜池にカワセミが来ていてダイビング採餌をしていた(写真)。

その溜池の周辺の雑木林が伐採されていた。

@@@ 青空に ノスリ舞立つ 春の谷戸 @@@

Photo_3


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 2

ノスリ 1

カワセミ 1

カケス 2

ハシブトガラス 4

ヒヨドリ 9

メジロ 2

シロハラ 3

ツグミ 2

ホオジロ 3

オオイヌノフグリ 

セイヨウタンポポ 

ナズナ 

ヒメオドリコソウ 

ミチタネツケバナ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*宇津貫丘陵と宇津貫緑地2016.2.25

201625日  800分~1115分 晴れ

 

宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

JR横浜線みなみ野駅→毘沙門天→宇津貫公園→クボノキ湧水→宇津貫緑地(ホタル沢、尾根道)→兵衛川→みなみ野駅のコースを歩いた。

225日の未明に降った雪を被った紅梅にメジロが来て吸蜜していた(写真)。

この紅梅は八王子みなみ野駅付近の住宅地の庭のものである。 

@@@ 紅梅に 白と緑の 飾り付 @@@ 

ウグイスは未だ笹鳴きであった。

Photo


 

以下は宇津貫緑地の中の様子である。

未明の雪で薄化粧された尾根道は気持ちよかった(写真)。

草地の地面で3羽のツグミが採餌していて、その隣りにシメも1羽が地上にいた。

フクジュソウが咲いていた。

Photo_2


 

観察した鳥は以下のとおりです。

キジバト 9

トビ 1

コゲラ 4

モズ 5

ハシボソガラス 6

ハシブトガラス 5

ヤマガラ 3

シジュウカラ 19

ヒヨドリ 14

ウグイス 2

エナガ 15

メジロ 10

ムクドリ 35

シロハラ 1

ツグミ 10

ジョウビタキ 3

スズメ 32

キセキレイ 1

ハクセキレイ 2

カワラヒワ 10

シメ 1

ホオジロ 1

カシラダカ 10

アオジ 1

コジュケイ 2

ドバト 1

ガビチョウ 3

オオイヌノフグリ 

キランソウ 

フクジュソウ 

ホトケノザ 

ミチタネツケバナ 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2016年2月26日 (金)

鳥見歩る記*真壁のひなまつりと地酒2016.2.24

201624 10時00分~15時20分 晴れ

Photo


 

筑波山の北麓に位置する桜川市真壁に「真壁のひなまつり」を見に行ってきた。

宇都宮線の小山駅から水戸線に乗り換えて岩瀬駅で下車。

同駅から臨時シャトルバスでひなまつり会場へ。

真壁は城下町で、見世倉・土蔵などが幹を連ねる風情豊かな町並みに、160軒を超える家がひな人形を飾る一大イベントである。

商店街の店の一角というより大部分にお雛様が飾られていて、立寄ると漬物付のお茶が振舞われ、町の人々と触れ合いながら、のんびりとひと時を過ごすことができた。

甘酒を振舞う酒屋さんもあった。本日の狙いは地酒である。

伊瀬屋旅館という古い旅館に「弥生の風」という名称の昼飯を予約しておいた。

これに真壁の名酒「花の井」の原酒を楽しむことができた。

@@@甘酒と 原酒生酒 飲み比べ@@@

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2016年2月25日 (木)

鳥見歩る記*長池公園(オシドリ)2016.2.23

201623 9時00分~11時15分 曇り

長池公園で野鳥観察会を行った。

自然館の前の雑木林で、昨夜から寝ていたと思われるアオゲラが幹に止まっていた。

築池にオシドリのペアがいたが、藪の中に隠れるような様子であった。

カモは他にマガモとカルガモがいた。

梅林は梅の花が咲いていて、そこに1羽のメジロがきて盛んに蜜を吸っていた(写真)。

Photo


奥の長池には水鳥は何もいなかった。

築池の方に戻ってきたところでシロハラが落葉をひっくり返して採餌している様子が間近に観察できた。

これを観察しているとシジュウカラ、カマガラ、コゲラ、メジロの混群も現れた。

最後に鳥合わせをしているとコジュケイの声が聞こえてきて、全体の観察種は24種となった。

@@@池の縁 オシドリ夫婦 見え隠れ@@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

オシドリ

マガモ

カルガモ

キジバト

コゲラ

アカゲラ

モズ

ハシブトガラス

ヤマガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

エナガ

メジロ

ムクドリ

シロハラ

ツグミ

ジョウビタキ

ハクセキレイ

カワラヒワ

アオジ

コジュケイ

ドバト

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2016年2月23日 (火)

鳥見歩る記*小下沢林道2016.2.22

201622 8時30分~13時30分 曇り

Photo


小下沢林道で鳥見をした。

集まったメンバーは9名であった。

高尾駅から小仏行バスで大下バス停下車。

バスを降りてから小下沢林道の入口までの間にキセキレイ、アオジ、ホオジロ、カシラダカ、ジョウビタキ、モズがいた。

林道入口付近の梅林は梅の花が綺麗に咲いていた(写真)。

その花から花へメジロ15羽が次々に移動していた。

梅林の奥からはイカルの声が聞こえてきた。

梅林を過ぎ、杉林に入るとシジュウカラ、ヤマガワの中にアトリが1羽いた。

旧キャンプ場で一休みしているとマヒワ約50羽の群が杉林の上を飛んでいた。

マヒワの群は小下沢林道をさらに進んだ所でも出合った。

景信山へ通じるザリクボ沢に少し入ってみるとホオジロがいた。

ミソサザイが時々さえずりを聞かせてくれたが、姿は確認できなかった。

高圧線の所で小下沢林道を折り返しがた、この辺りは117日の雪が未だ残っていた。

そこにルリビタキの濃い青色のオスが出てきた。

本日の確認種は22種であった。

@@@ 青空を 見上げてみれば マヒワ飛ぶ @@@

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

コゲラ

モズ

カケス

ハシブトガラス

ヤマガラ

ヒガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

エナガ

メジロ

ミソサザイ

ツグミ

ルリビタキ

ジョウビタキ

キセキレイ

アトリ

マヒワ

イカル

ホオジロ

カシラダカ

アオジ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2016年2月22日 (月)

鳥見歩る記*種入り(稲の不耕起栽培)2016.2.21

2016年2月21日、9時00分~13時40分 晴れ

Photo_2


川口小学校裏の谷戸の田んぼ(種入り)で、稲の不耕起栽培をしている。

221日は雑木林に蔓延る竹の伐採とその整理で先月の続きを行った。

フクロウらしき鳥が1羽ふわっと飛んだ。

マヒワ約30羽が杉林の田んぼ側で群で飛んでいた。

ヤマアカガエルの合唱があり、田んぼには卵が産みつけられていた(写真)。

午前中の田んぼの作業が終わり、その後で北沢谷戸を歩いた。

暖かくて気持ちの良い日であった。

テングチョウが飛び、濃い黄色の鮮やかのキタキチョウ(写真)が出てきた。今期初認である。

 

@@@ 春の陽に 光輝く キタキチョウ @@@

 

Photo_3


 

観察した鳥は以下のとおりです。

ノスリ 1

フクロウ 1

カケス 1

ハシブトガラス 2

ヤマガラ 4

シジュウカラ 4

ヒヨドリ 4

ウグイス 2

メジロ 2

ジョウビタキ 2

キセキレイ 1

セグロセキレイ 1

マヒワ 30

カシラダカ 10

キチョウ 1

テングチョウ 3

オオイヌノフグリ 

タチツボスミレ 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*淺川・鶴巻橋~中央高速道橋2016.2.20

201620 8時30分~10時30分 曇り後雨

八王子市史編纂室と共催の淺川冬鳥観察会を開催した。

場所は淺川の鶴巻橋から上流の中央高速道橋まで。

ジョウビタキ♂、カワセミがスタート地点で雄姿を見せてくれた。

曇っていたためかアオジが姿を現してくれた(写真)。

セグロカモメ1羽が下流から飛んできた。

途中で雨が降ってきたので野鳥を中断したが32種を観察できた。

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ

カルガモ

コガモ

キジバト

カワウ

ダイサギ

ヒメアマツバメ

イソシギ

セグロカモメ

トビ

カワセミ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

イワツバメ

ヒヨドリ

ウグイス

セッカ

ムクドリ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

シメ

ホオジロ

カシラダカ

アオジ

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2016年2月20日 (土)

鳥見歩る記*淺川・淺川大橋付近(水辺の楽校)2016.2.19

201619 9時15分~11時15分 晴れ

八王子市水循環部水再生課からの依頼による水辺の楽校(八王子十小4年生)の野鳥観察会を支援した。

イワツバメが早くも帰ってきた。

場所は淺川の淺川大橋の下で、ここのイワツバメのコロニーに今年も帰ってきた。

橋の下の昨年の古巣を点検しているような様子であった。

チョウゲンボウが上空を飛翔、2羽のハクセキレイが追いかけられていた。

コホオアカ(写真)が淺川大橋下流側河原の枯草地でスズメ2羽と一緒に採餌、カマラマンが大勢集まっていた。

Photo_5


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト

カワウ

ダイサギ

イカルチドリ

トビ

カワセミ

チョウゲンボウ

モズ

ハシボソガラス

シジュウカラ

イワツバメ

ムクドリ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

ハクセキレイ

カワラヒワ

コホオアカ

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*上柚木公園(野鳥定期カウント)2016.2.18

201618 8時35分~10時45分 

 

公益財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団からの依頼による上柚木公園の2月度の野鳥調査を行った。

野球場隣りの雑木林の混群には、シメ、カワラヒワ、シジュウカラ、メジロ、エナガ、ヤマガラと6種が混じっていた。

野鳥場東側の斜面の刈られた草地にはカワラヒワの大きな群、カシラダカ、アオジ、シメ、モズ、ハシボソガラスが地上に降りて採餌していた。

カワラヒワは野球場の芝生グランドにもいた。

シメは3羽いて木のテッペンで日を浴びているものもいた(写真)。

アオゲラは声で判断したので、アカゲラの可能性もある。

野球場の大栗川側の雑木林のシンジュがたわわに実を着けていて、これがよく目立った。

@@@ カワラヒワ 群の隣りに カシラダカ @@@

Photo_4


観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 10

コゲラ 4

アオゲラ 1

モズ 1

ハシボソガラス 9

ハシブトガラス 8

ヤマガラ 2

シジュウカラ 22

ヒヨドリ 3

エナガ 7

メジロ 10

ムクドリ 5

シロハラ 3

ツグミ 12

スズメ 15

ハクセキレイ 2

カワラヒワ 75

シメ 3

カシラダカ 20

アオジ 3

ドバト 3

ガビチョウ 5

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*小宮公園2016.2.17

201617 10時55分~12時40分  晴れ

小宮公園の園内路改修工事で、工事業者がヒヨドリの声をスピーカーで流しているというので、行ってみた。

確かにヒヨドリの声を流していた(写真)。

業者が言うには、「木道を工事中のため、来園者に通行に注意するよう喚起するため設置した。」とのことである。

小宮公園のような自然公園で野鳥の声を流すという行為が生態系を乱すものであるという認識に欠けているようである。

Photo


弁天池にカルガモ7羽、コガモ4羽の他にアオサギが1羽来ていた。

公園の外の畑の縁の木にイカル30羽の群がいて、畑に降りて採餌していた。

イカルは公園の奥の水場でも水浴していた。

ここにはイカルも来ていた。

公園内でヒヨドリがアオキの赤い実を啄ばんでいた。

地面にはカシラダカ(写真)がいた。

その中にミヤマホオジロがいないか、探したがいなかった。

@@@ イカル舞う 水辺のあたり シメも呼ぶ @@@

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ 

コガモ 

アオサギ 

コゲラ 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

エナガ 

メジロ 

ムクドリ 

ツグミ 

ルリビタキ 

シメ 

イカル 

カシラダカ 

アオジ 

コジュケイ 

ガビチョウ 

ナズナ 

ウグイスカグラ 

オオイヌノフグリ 

セイヨウタンポポ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2016年2月19日 (金)

鳥見歩る記*新宿御苑(2月のトモエガモ)2016.2.16

201616  9時30分1200分 晴れ

読売カルチャーの公開講座「新宿御苑で冬鳥観察」の講師をした。

8名が集まってくれた。

苑内に入ると先ず芝生広場にツグミが目立った。

公園内のツグミは人慣れしていて、近づいてもなかなか逃げない。

上池にはコサギ、カイツブリがいた。

奥にはオシドリが10羽近くカシの木の下で見え隠れしていた。

台湾閣付近でアオジ、シロハラが出た。

中の池ではサンシュユの花がほころび出していて、その花の向うにキンクロハジロが眠っていた。

ハシビロガモはメスが3羽であった。

カワセミもいた。

お目当てのトモエガモ(写真)は今月は下の池にマガモに混ざっていた。

玉藻池にはカルガモとカイツブリがいた。

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

オシドリ

マガモ

カルガモ

ハシビロガモ

トモエガモ

キンクロハジロ

カイツブリ

キジバト

コサギ

オオバン

カワセミ

ハシブトガラス

ヤマガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

メジロ

シロハラ

ツグミ

スズメ

アオジ

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2016年2月17日 (水)

鳥見歩る記*浅川サンクチュアリ(北淺川、城山川、南淺川の3川合流地付近他)2016.2.15

201515  7時55分1300分 曇り後雨

浅川で地形的な特質から環境の多様性に富み、多くの種類の野鳥が生息している所や希少的な野鳥が生息している所を勝手にバードサンクチュアリとして設定している。

215日は「北淺川、城山川、南淺川の3川合流地付近」、「北淺川の陵北大橋上流から下流の東京天使病院裏の用水堰付近」に行った。

「北淺川、城山川、南淺川の3川合流地付近」ではジョウビタキが河原の地面に降りていた。カワラヒワの小さな集団がいた。

ホオジロ(写真)が6羽と少なかった。

城山川合流付近の上空でヒマアマツバメの飛翔を観察した。

Photo


 

「北淺川の陵北大橋上流から下流の東京天使病院裏の用水堰付近」では雨が降ってきて、雨中での観察になった。

こちらにもカワラヒワの集団がいた。

アカゲラが河原の木に飛んできて止まったが直ぐに飛散してしまった。

日枝神社の小さな杉の森にアオサギが集団営巣地があり、今年もアオサギが戻ってきて、木の上で求愛行動のような動作が観察された(写真)。

キジのオスに3ヶ所で出会った。

陵北大橋袂のグランド芝生にはツグミが15羽いた。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

北淺川、城山川、南淺川の3川合流地付近

カルガモ 2

キジバト 7

カワウ 3

ヒメアマツバメ 3

トビ 1

カワセミ 2

モズ 4

ハシボソガラス 12

ハシブトガラス 2

ヒヨドリ 2

メジロ 2

ムクドリ 14

ツグミ 13

ジョウビタキ 2

スズメ 2

キセキレイ 3

ハクセキレイ 8

セグロセキレイ 3

カワラヒワ 20

ホオジロ 6

アオジ 4

ドバト 29

ヒメオドリコソウ 

 

北淺川の陵北大橋上流から下流の東京天使病院裏の用水堰付近

キジ 3

マガモ 2

カルガモ 4

コガモ 1

カイツブリ 3

キジバト 7

カワウ 4

アオサギ 7

ダイサギ 2

オオバン 2

トビ 1

アカゲラ 1

アオゲラ 2

モズ 1

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 2

シジュウカラ 10

ヒヨドリ 5

ウグイス 1

ムクドリ 27

ツグミ 15

ジョウビタキ 2

スズメ 20

キセキレイ 2

ハクセキレイ 2

セグロセキレイ 5

カワラヒワ 60

シメ 5

ホオジロ 6

カシラダカ 7

アオジ 12

ガビチョウ 3

ジョウビタキ♂ 1

ジョウビタキ♀ 1

ヒメオドリコソウ 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2016年2月15日 (月)

鳥見歩る記*浅川(カワセミ会ジュニアクラブ野鳥観察)2016.2.13

201615  8時50分1140分 晴れ

 

カワセミ会のジュニアクラブの野鳥観察。

コースはいつもと同じでエコ広場(八王線鉄橋)から長沼橋までの堤防を一回りした。

今月は2組の親子が参加した。コースはいつもと同じでエコ広場(八王線鉄橋)から長沼橋までの堤防を一回りした。

ジョウビタキの5回出会ったが、オスは1羽だけで他は全てメスであった。

河原に生えている満開のウメの花にメジロが2羽来て吸蜜していた(写真)

南風が吹いて暖かくなり、シジュウカラが下手なさえずりをしていた。

さいかち池のコガモは50羽程度、大きなアカミミガメ約10匹が甲羅干しをしていた。

亀も休眠から覚めたか。

オオイヌフグリの可憐な花が目立った。

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ 

カルガモ 

コガモ 

キジバト 

カワウ 

アオサギ 

ダイサギ 

コサギ 

オオバン 

トビ 

カワセミ 

コゲラ 

モズ 

オナガ 

ハシボソガラス 

ハシブトガラス 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

メジロ 

ムクドリ 

ツグミ 

ジョウビタキ 

スズメ 

キセキレイ 

ハクセキレイ 

セグロセキレイ 

カワラヒワ 

シメ 

ホオジロ 

カシラダカ 

アオジ 

ドバト 

オオイヌフグリ 

セイヨウタンポポ 

ヒメオドリコソウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2016年2月13日 (土)

鳥見歩る記*横浜・三渓園(読売カルチャー野鳥観察講座)2016.2.10

201610  11時25分1400分 晴れ

Photo

読売カルチャー野鳥観察講座の2月は横浜の三渓園に行った。

カモはマガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロの4種だけで種類だけでなく、羽数も少なかった。

公園内のカワセミは人に慣れていて、直ぐ近くで観察できた(写真)。

上空にオオタカが現れ、そのオオタカを攻撃するツミも出てきて天空ショウを観察できた。

展望台からは海上のセグロカモメとカワウが観察できた。

最後にモズのメスが出て来てくれた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ

マガモ

カルガモ

ホシハジロ

キンクロハジロ

カイツブリ

キジバト

カワウ

アオサギ

オオバン

セグロカモメ

トビ

ツミ

オオタカ

カワセミ

モズ

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

メジロ

ムクドリ

スズメ

ハクセキレイ

アオジ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2016年2月12日 (金)

鳥見歩る記*浅川サンクチュアリ(さいかち池他)2016.2.8

2015  8時10分1245分 晴れ後曇り

浅川で地形的な特質から環境の多様性に富み、多くの種類の野鳥が生息している所や希少的な野鳥が生息している所を勝手にバードサンクチュアリとして設定している。

Photo


28日は「淺川、程久保川、多摩川の3川合流付近」と「淺川左岸長沼橋上流の通称サイカチ池付近」の2地域の観察をした。

「淺川、程久保川、多摩川の3川合流付近」では、1羽のチョウゲンボウが南方面から飛んで来て高圧線鉄塔の一番上に止まった。

するともう1羽が北の方から飛んできて、高圧線に止まっている1羽とあいさつを交わすような行動をとった後に南の方へ飛んで行った。

カワセミが程久保川と多摩川の両方にいた。

淺川の浅瀬にダイサギ、アオサギ、カワウの各1羽が話し合いでもするように集まっていた。

さいかち池では1羽のメスのコガモに2羽のオス盛んに求愛ディスプレイをしえいた。

さいかち池はコガモ70羽とオオバン3羽がいただけで、低調であった。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

淺川、程久保川、多摩川の3川合流付近

カルガモ 5

キジバト 4

カワウ 1

アオサギ 2

ダイサギ 1

イカルチドリ 2

カワセミ 2

オナガ 5

ハシボソガラス 15

ハシブトガラス 2

シジュウカラ 2

ヒヨドリ 2

ウグイス 1

ムクドリ 32

ツグミ 3

スズメ 50

ハクセキレイ 3

セグロセキレイ 2

カワラヒワ 2

シメ 1

アオジ 3

 

淺川左岸長沼橋上流の通称サイカチ池付近

カルガモ 2

コガモ 70

キジバト 4

カワウ 1

アオサギ 1

オオバン 3

イカルチドリ 1

ハシボソガラス 2

ヒヨドリ 3

ウグイス 1

ムクドリ 18

ツグミ 3

ジョウビタキ 1

ハクセキレイ 4

セグロセキレイ 2

ドバト 4

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2016年2月10日 (水)

鳥見歩る記*葉山の棚田と里山2016.2.6

2016 9時40分~11時45分  晴れ

三浦半島の大楠山の近くの湘南国際村センターで実施された合唱団鯨の合宿に参加。

その前に葉山の棚田を歩いた。4名が集まった。

逗子駅から衣笠行バスに乗り、上山口小学校で下車。

少し歩くと杉山神社。この神社の裏が棚田になっている。

棚田は未だ冬景色でトビが上空に飛んで来て輪を描いた。

棚田を過ぎて里山的な集落を歩いていった。

ウメが満開のところがあり、その花にメジロが来ていた。

コジュケイの声が聞こえてきた。

ツグミ、モズ、ジョウビタキに出会った。

最後の登り道であるツツジ園にはシロハラがいた。

湘南国際村センターの前庭で昼飯を食べていると、トビに襲われた。三浦半島のトビは怖い。

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト

トビ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

メジロ

ムクドリ

シロハラ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

ハクセキレイ

コジュケイ

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2016年2月 9日 (火)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース) 2016.2.4

2016年2月4日、9時10分~14時00分 晴れ

 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

 

蛇滝コースでもイカルに5か所で出会った。

イイギリの赤い実が残雪の登山道に落ちていた(写真)。

Photo_3


4号路の日影には118日に降った雪が未だ多く残っていた。

ヒヨドリが樹上に残るイイギリを食べていた。

4号路でソウシチョウの小さな群に出会った。

同じ4号路のカラ類の集団のゴジュウカラ3羽、ヒガラ4羽、キキイタダキ4羽が混じっていた。

薬王院裏のヤブツバキの花でメジロが吸蜜していた(写真)。

1


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 1

コゲラ 5

カケス 2

ハシブトガラス 8

キクイタダキ 4

ヤマガラ 10

ヒガラ 4

シジュウカラ 12

ヒヨドリ 45

ウグイス 1

エナガ 10

メジロ 4

ゴジュウカラ 3

シロハラ 5

ルリビタキ 3

ジョウビタキ 1

イカル 10

ドバト 2

ガビチョウ 2

ソウシチョウ 10

ヤブツバキ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2016.2.4

20164日00分~5分 晴れ

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

 

小仏川ふかんどの所のコチャルメルソウが1株だけだけど花を咲かせていた(写真)。

Photo

イカルに3ヶ所で出会った。

梅郷橋で出会ったものは10羽の群で、さえずりもあった。

ヤマガラがさえずっていた。

シロハラが白い腹を輝かせていた(写真)。

Photo_2


カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

シロハラ 3

ツグミ 3

ルリビタキ 1

ジョウビタキ 2

キセキレイ 1

シメ 1

イカル 15

カシラダカ 4

アオジ 2

ガビチョウ 2

コチャルメルソウ 

ヤブツバキ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2016年2月 4日 (木)

鳥見歩る記*高月水田 2016.2.3

2016年2月3日、10時00分~11時30分 晴れ

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

 

水が少ししか流れていない田んぼの中のコンクリート3面張りの用水路にカワセミ♀がいた。

カワセミはしばらく観察していると採餌した。

チョウゲンボウが上空を通過して滝山丘陵の方へ飛んで行った。

ムクドリ、ハシボソガラス、タヒバリ、ホオジロ、セグロセキレイ、ハクセキレイが田んぼに降りて採餌していた。

Photo_3


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

トビ 2

カワセミ 1

チョウゲンボウ 1

モズ 4

ハシボソガラス 14

ヒヨドリ 1

ムクドリ 110

ツグミ 20

スズメ 190

ハクセキレイ 5

セグロセキレイ 4

タヒバリ 20

カワラヒワ 10

ホオジロ 20

カシラダカ 4

ドバト 60

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2016.2.3

2016日、10分~9時50分 晴れ

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、一部ワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

Photo


 

ベニマシコが今月もいた。オス2羽、メス2羽を合わせた4羽が一緒にいてイノコズチの実を食べていた。

地上に降りたジョウビタキの♀が何やらを採餌した。

カワラヒワの小さな群がいて、その近くにシメ、ホオジロ、カシラダカがいた。

Photo_2


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 5

アオサギ 1

トビ 1

モズ 1

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 10

ヒヨドリ 1

ムクドリ 4

ツグミ 1

ジョウビタキ 1

カワラヒワ 15

ベニマシコ 4

シメ 1

ホオジロ 2

カシラダカ 10

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2016年2月 3日 (水)

鳥見歩る記*宇津木(保全緑地の野鳥カウント)2016.2.1

2016年2月1日、8時20分~11時30分 晴れ

 

宇津木台緑地(市指定)と宇津木保全緑地(都指定)の野鳥カウントをした。

集まったメンバーは5名。

オオタカがいきなり出てきて多摩川の方へ飛んで行った。

シロハラが目立った。

雪が舞ってきたが途中で止んだ。

宇津木緑地のマンサクが開花していた(写真)。

カシラダカは宇津木保全緑地にいたもの。

宇津木緑地に戻り再度観察しているとルリビタキ、トラツグミ、ウソを確認できた。

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 7

オオタカ 1

コゲラ 4

ハシボソガラス 1

ハシブトガラス 6

ヤマガラ 5

シジュウカラ 23

ヒヨドリ 9

ウグイス 4

エナガ 6

メジロ 15

ムクドリ 2

トラツグミ 1

シロハラ 5

ツグミ 5

ルリビタキ 1

ジョウビタキ 1

スズメ 10

キセキレイ 1

ハクセキレイ 1

ウソ 2

カシラダカ 12

アオジ 1

ガビチョウ 2

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2016年2月 1日 (月)

鳥見歩る記*暁町保全緑地2016.1.31

201631 13時55分~15時00分  晴れ

Photo

暁町保全緑地に行ってみた。残雪がまだ少しあった。キジバトが先ず目についた。エナガの声が聞こえてきた。最初はどこにいるのか姿が見えなかったが、その後で4羽確認した。しかし、エナガだけでカラ類、コゲラは一緒にいなかった。雑木林で元気のよいツグミ1羽に出会った(写真)。ジョウビタキは声だけで姿を確認できなかった。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 3

ハシボソガラス 2

エナガ 4

ツグミ 1

ジョウビタキ 1

ガビチョウ 2

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »