« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月31日 (木)

鳥見歩る記*暁町保全緑地2015.12.29

20151229 9時15分~11時5分  晴れ

Photo

久し振りに小宮公園に行ってみた。

駐車場とトイレのある入口でエナガの群が迎えてくれた。

エナガの群をしばしみているとメジロ、シジュウカラ、カマガラもやってきた。

少し大きめ鳥も目に入ったので確認するとシメであった。

シロハラの声も聞こえてきた。

弁天池にはコガモが来ていた。

オス2とメス6であった。ここでコガモは珍しい。

弁天池には他にマガモオス2メス5、カルガモ8もいた。

アオゲラの地鳴きのような声がした。

しかし声はイカルの地鳴きで2羽の姿を確認した。コゲラがマユミの実を食べに来ていた(写真)。

木道奥のひよどり沢ではルリビタキの綺麗なオスに出会えた(写真)。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

マガモ 7

カルガモ 8

コガモ 8

コゲラ 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

エナガ 

メジロ 

ルリビタキ 

シメ 

イカル 

ガビチョウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年12月30日 (水)

鳥見歩る記*暁町保全緑地2015.12.28

20151228 10時00分~11時10分  晴れ

暁町保全緑地に行ってみた。

暖冬の今年もようやく寒くなってシモバシラが目についた。

薄暗い木の根元で動いた鳥がいた。

シロハラと直感したが、直ぐ姿を消した。

確認するためその場所にじっととどまり再び出るのを待った。

予感とおりシロハラであった(写真)。

Photo


誰もいない雑木林でコゲラ、シジュカラ、メジロ、エナガの混群に出会った。急に賑やかになり、友に会えた感じであった。

サルトリイバラが人知れず赤い実をたわわに実らしていた(写真)。

ゴンズイの実は既に盛りを過ぎていた。

ツルウメモドキは葉の落ちた雑木林で木のテッペンに黄色と赤を輝かせていた。

ツルウメモドキは夏の間は存在すらわからないが、冬になると急に光輝く植物である。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

シロハラ 1

ジョウビタキ 1

ハシブトガラス 2

メジロ 2

コゲラ 3

キジバト 5

シジュウカラ 6

ヒヨドリ 6

エナガ 10

サルトリイバラ 実

ゴンズイ    実

ツルウメモドキ 実

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年12月29日 (火)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵と宇津貫緑地2015.12.24

20151224日  800分~1145分 晴れ

 

宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

JR横浜線みなみ野駅→毘沙門天→宇津貫公園→クボノキ湧水→宇津貫緑地(ホタル沢、尾根道)→兵衛川→みなみ野駅のコースを歩いた。

コゲラが目立ち、全体で10羽をカウントした。

数ヶ所で出会ったカラ類の混群には必ずいて、多い所は1ヶ所で3羽確認できた。

マユミの実を食べているコゲラもいた。

住宅地の庭の餌台にカワラヒワが1羽置物のようにじっとしていた。

 

以下は宇津貫緑地の中の様子である。

宇津貫緑地に入ると、先ずアオジが姿を見せた。

続いてシロハラも姿を見せた。

コジュケイの声が聞こえてきた。

ルリビタキはいなかった。

紅梅がもう咲き出していた。12月のウメの開花には驚きだ。

Photo


 

観察した鳥は以下のとおりです。

キジバト 6

コゲラ 10

モズ 2

ハシボソガラス 3

ハシブトガラス 2

ヤマガラ 8

シジュウカラ 23

ヒヨドリ 19

ウグイス 2

エナガ 10

メジロ 16

ムクドリ 14

シロハラ 1

ツグミ 9

ジョウビタキ 4

スズメ 28

ハクセキレイ 7

カワラヒワ 3

ホオジロ 3

アオジ 3

コジュケイ 2

ガビチョウ 12

ホトケノザ 

ウメ 花

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年12月28日 (月)

鳥見歩る記*奥多摩湖(イソヒヨドリ探査)2015.12.22

20151222  10時00分-1400分 晴れ

奥多摩湖にイソヒヨドリを探しに行ったが、イソヒヨドリには出会えなかった。

集まったメンバーは13名。

湖岸の南側遊歩道を800m程をゆっくり往復した。

陽だまりが温かく気持ちよい探鳥であった。

アカゲラ2羽の赤い模様が印象的であった。

ジョウビタキの写真はうまく撮れなかった。Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

マガモ

カルガモ

カワウ

トビ

カワセミ

コゲラ

アカゲラ

ハシブトガラス

ヤマガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

エナガ

メジロ

ジョウビタキ

カヤクグリ

スズメ

ハクセキレイ

カシラダカ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年12月25日 (金)

鳥見歩る記*川町田んぼ2015.12.21

20151221日  925分~1035分 晴れ

 

毎月1回、川町谷戸(田んぼと雑木林)で野鳥と他の生きものの定期カウントを行っている。コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

 

ハシボソガラス20羽程の集団が田んぼに降りて採餌していた(写真)。

シイタケ林にアオゲラのオスがいたが、直ぐに飛び去ってしまった。

そのシイタケ林にキジョランが生えていた。

今までこの場所でキジョランは気がつかなかった。

雑木林でカケスの声、藪でルリビタキの声が聞こえてきた。

S農家はキャベツとブロッコリの収穫をしていた。

今年は両種とも出来があまり良くないとのことであるが、取りたてのキャベツとブロコッリをお土産に頂いた。

Photo


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アオゲラ 1

カケス 2

ハシボソガラス 25

ヒヨドリ 6

ムクドリ 1

ルリビタキ 1

キジョラン 

タネツケバナ 

ノボロギク 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年12月24日 (木)

鳥見歩る記*種入り・北沢谷戸(稲の不耕起栽培)2015.12.17

2015年12月17日、8時55分~12時5分 曇り 

上川口小学校裏の谷戸は、正式には種入り・北沢谷戸と呼ばれているが、地元の人は「癒しの道」とも呼んで散策コースに利用している。

本日は先ずこのコースで小学生の野鳥観察支援を行った。

その後にほぼ同じコースをもう一度回って野鳥のカウント行った。

小学生と回った時と比べエナガ、アオゲラが新たに観察された。

季節がら植物は実、種となっているものが多いが、オオジシバリ、タチツボスミレ、トネアザミ、ノハラアザミ、ナズナなどは開花していた。

ミヤマフユイチゴ、フユイチゴ(写真)がともに赤い実を付けていた。

桧林の道ではコアジサイが群落状にあって黄葉が見事であった。

Photo_2


 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

カルガモ 2

キジバト 2

アオサギ 1

ダイサギ 1

コゲラ 3

アオゲラ 1

モズ 2

カケス 4

ハシボソガラス 1

ハシブトガラス 8

シジュウカラ 2

ヒヨドリ 10

ウグイス 1

エナガ 10

ルリビタキ 1

ジョウビタキ 2

スズメ 15

キセキレイ 4

ハクセキレイ 2

ホオジロ 2

カシラダカ 15

アオジ 2

オオジシバリ 

オヤマボクチ 

ガマ  

クサギ 

コアジサイ 黄葉

スズメウリ 

セイタカアワダチソウ 

セイヨウタンポポ 

タチツボスミレ 

トネアザミ 

ナズナ 

ナンテン 

ノイバラ 

ノコンギク 

ノハラアザミ 

フユイチゴ 

マンリョウ 

ミヤマフユイチゴ 

ヤブコウジ 

ヤブムラサキ 

リュウノヒゲ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*上川口小学校(野鳥観察支援)2015.12.17

2015年12月17日、8時55分~10時15分 曇り

 

上川口小学校の全校野鳥観察を支援した。

1年生から6年生まで縦割りの班が3班あって、各班にカワセミ会の参加者が着いた。

学校の東部を回るコース、西部を回るコース、裏の谷戸を回るコースに分かれ、私は裏の谷戸を回るコースに着いた。

このコースは地元の人から「癒しの道」と呼ばれている。

癒しの道に入り、田んぼの奥にルリビタキのオスを目撃したが、直ぐに林の中に入ってしまった。

その代わり同じ場所にジョウビタキのメスが姿を見せ、じっとしていてくれたので、皆にスコープを覗いて観察してもらうことができた。

田んぼにキセキレイがいた(写真)。

Photo


休耕田のヨシが生えている所ではホオジロとアオジが1羽ずつほぼ同じ場所に止まっていたのでこれもじっくり観察できた。

カラ類の混群は動き回るのでいつものように子ども達にとって観察が難しい。

カケスが林の中で鳴いていて、1羽は谷を渡った。

栗林の下にはカシラダカが30羽程いた。

川口川に来ると白いサギが1羽飛び出した。

それをみた6年生がくちばしが黄色だったのでダイサギだと言った。

上川口小学校の子ども達は、さすがである。

 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

カルガモ

キジバト

アオサギ

ダイサギ

トビ

コゲラ

モズ

カケス

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

ムクドリ

ルリビタキ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

ホオジロ

カシラダカ

アオジ

コジュケイ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年12月21日 (月)

鳥見歩る記*醍醐林道から和田峠2015.12.16

20151216  8時17分-1330分 晴れ

醍醐林道を和田峠まで歩き、下りは陣場高原下バス停まで歩いた。

関場から醍醐の里を歩き出すと養魚場を見下ろす木の上にアオサギ1羽がじっと止まっていた。

ミソサザイが急カーブの小さな沢の所に現れた。

全体に鳥が少なく、期待したクマタカも出なかった。

ミヤマフユイチゴが真っ赤な実を付けていた。緑色の葉とのコントラストが鮮やかである(写真)。

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

アオサギ

モズ

ハシブトガラス

ヤマガラ

ヒガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

エナガ

メジロ

ミソサザイ

ルリビタキ

ジョウビタキ

ホオジロ

アオジ

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年12月20日 (日)

鳥見歩る記*浅川(カワセミ会ジュニアクラブ野鳥観察)2015.12.12

20151212  8時40分1200分 晴れ

 

カワセミ会のジュニアクラブの野鳥観察。

今月は3組の親子が参加した。

コースはいつもと同じでエコ広場(八王線鉄橋)から長沼橋までの堤防を一回りした。

今月もベニマシコに出会った。

今月の場所は中央線鉄橋上流側の右岸河原でセイタカアワダチソウの種を食べていた。

2羽いたが、草の中の見え隠れで写真を撮れなかった。

カシラダカ(写真)は新浅川橋下流側の河原にいた。

Photo


イカルチドリが丸石河原に4羽集まっていた。

北野卸売市場付近の河原でハシボソガラスがクルミのようなものを銜えて空中から石の転がる河原に落とす行動を繰り返していた。

さいかち池にヒドリガモのオスが2羽いたが、うち1羽はアメリカヒドリの雑種のようであった。

今月は40種を観察できた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

ヒドリガモ

カルガモ

コガモ

カイツブリ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

コサギ

オオバン

イカルチドリ

イソシギ

セグロカモメ

トビ

カワセミ

コゲラ

チョウゲンボウ

モズ

オナガ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

エナガ

メジロ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

タヒバリ

カワラヒワ

ベニマシコ

シメ

ホオジロ

カシラダカ

アオジ

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年12月18日 (金)

鳥見歩る記*宇津木(保全緑地の野鳥カウント)2015.12.14

2015年12月14日、10時20分~12時40分 晴れ

 

宇津木台緑地と宇津木保全緑地の野鳥カウントを行った。

宇津木台緑地の紅葉の落ち葉が綺麗であった(写真)。

カラ類の混群は宇津木台緑地、宇津木緑地の両方で出会った。

シロハラは宇津木台緑地から出た所のブッシュの中から声を聞いたものである。

雑木林の落葉のある地面にいたツグミ大の鳥が直ぐに葉の繁る木の中に逃げ込んでしまい、何であるかわからず不明鳥とした。

これが2か所であった。

何故か今日は鳥が種類も羽数も少なかった。

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 1

コゲラ 3

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 6

ヤマガラ 6

シジュウカラ 14

ヒヨドリ 22

ウグイス 2

エナガ 10

メジロ 10

シロハラ 1

ルリビタキ 1

スズメ 10

ハクセキレイ 2

不明鳥 2

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年12月17日 (木)

鳥見歩る記*片倉城跡公園(巣箱清掃)2015.12.13

20151213  8時10分-1015分 曇り時々小雨

片倉城跡公園とその隣りを流れる湯殿川での探鳥会。合わせて巣箱の清掃と利用状況の調査をした。

バン3羽がかたくり橋と稲荷橋の間にいた。

カイツブリも1羽、コガモ10羽以上も一緒にいた。

片倉城跡公園の西端のエノキの大木にイカルが100羽位の大きな集団で来ていた。

片倉城跡公園にかけているシジュウカラ用の巣箱の清掃もした。1

4個のうち7個の巣箱が営巣に利用されていた(写真)。

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

コガモ

カイツブリ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

バン

イソシギ

カワセミ

コゲラ

アカゲラ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ヤマガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

エナガ

メジロ

ムクドリ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

タヒバリ

カワラヒワ

シメ

イカル

ホオジロ

アオジ

ドバト

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年12月14日 (月)

鳥見歩る記*新宿御苑2015.12.11

20151211  14時45分-1600分 晴れ

日本チョウ類保存協会主催の企画展「チョウが消えてゆく」が新宿御苑のインフォーメーションセンターで開催されている。

カタクリの花に舞うギフチョウの写真を出展したので、見に行った。

その帰りに新宿御苑に立寄って鳥を見た。上の池にはカルガモ、カイツブリ、オナガガモ、オシドリがいた。

オシドリは池の奥の樫の木の下にオスが5羽程確認できた。

日本庭園の池にはマガモ、カワウ、カイツブリがいた。

中の池にはホシハジロ、オオバン、マガモ、カルガモ、カワウ、ヒドリガモ、カイツブリ、ハシビロガモがいた。

下の池にはマガモ、キンクロハジロ、ホシハジロがいた。

全体を通じてはマガモが最も多かった。

紅葉がとても綺麗で、中でも房咲スイセンの花の白とカエデの紅葉の赤のコントラストが素晴らしかった(写真)。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

オシドリ

ヒドリガモ

マガモ

カルガモ

ハシビロガモ

オナガガモ

ホシハジロ

キンクロハジロ

カイツブリ

カワウ

ハシブトガラス

ヒヨドリ

メジロ

ハクセキレイ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*上柚木公園(野鳥定期カウント)2015.12.10

20151210 8時30分~10時55分 

 

公益財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団からの依頼による上柚木公園の12月度の野鳥調査を行った。

ヒヨドリが多く、どこにもいて賑やかであった。

野球場に隣接する雑木林にアオゲラが1羽、他にエナガ10羽、ガビチョウ4羽、ヒヨドリ(写真)多数がいた。

野球場の東側の斜面のススキ等の草が全て刈られていた。

その刈った後にキジバト15羽の集団が降りて採餌していた。

同じ場所にハシボソガラス4羽もいて、近づいたネコを追い払っていた。

オオタカが突然現れて飛んでいるキジバトかドバトを狙って急降下した。

少し遠かったが翼の形とハトとの大きさ比較でオオタカとした。

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 22

トビ 1

オオタカ 1

コゲラ 2

アオゲラ 1

モズ 1

ハシボソガラス 7

ハシブトガラス 5

ヤマガラ 2

シジュウカラ 15

ヒヨドリ 55

ウグイス 1

エナガ 20

メジロ 15

ムクドリ 30

シロハラ 1

ツグミ 1

ジョウビタキ 2

ハクセキレイ 5

カワラヒワ 6

ホオジロ 1

アオジ 1

ドバト 30

ガビチョウ 3

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年12月13日 (日)

鳥見歩る記*浅川・多摩川合流付近からふれあい橋(読売カルチャー野鳥観察講座)2015.11.11

201512  10時45分1340分 晴れ

読売カルチャー野鳥観察講座で今月は浅川の多摩川程久保川合流地から浅川の堤防を上流に向かって進み、ふれあい橋まで歩いた。

京王百草園駅から歩いて程久保川に来るとアオサギ、カルガモが目の前に出ていて、カワセミが遠くの見づらい所にいた。

程久保との合流付近に着くとノスリが上空を旋回し、続いてミサゴが現れた。

ミサゴは浅川の上流方向に飛んでいった。

ツグミが河原の木の枝にしっかり止まっていた(写真)。

新井橋から中州の丸石河原を覗くとイカルチドリがいた。

よく見ると5羽いた。

ユリカモメ1羽が上流の方へ飛んで行った。

浅川でユリカモメは久し振りである。

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

イカルチドリ

ユリカモメ

ミサゴ

トビ

ノスリ

カワセミ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

メジロ

ムクドリ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

シメ

ホオジロ

カシラダカ

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年12月11日 (金)

鳥見歩る記*早戸川林道(宮ヶ瀬)2015.12.7

201512  11時00分-1600分 晴れ

ヤマセミが見られるというので宮ヶ瀬湖畔の早戸川林道に行ったが、カラ振りであった。

カワセミは魚を狙っているというより、水辺から離れた所で日向ぼっこをしているように見えた。

オシドリはいたが数は多くなかった。

オシドリよりアオサギが多く目立った。

全てのアオサギは食事を終えてじっと休んでいるという光景であった。

カワラヒワがポーズをとってくれた(写真)。

Photo_3


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

オシドリ

マガモ

カワウ

アオサギ

オオバン

トビ

カワセミ

ハシブトガラス

ヤマガラ

ヒヨドリ

エナガ

ルリビタキ

ジョウビタキ

ハクセキレイ

カワラヒワ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*高月水田 2015.12.4

2015年12月4日、10時00分~11時15分 晴れ

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

 

タヒバリの集団が帰ってきた。

モズ(写真)が3羽いて、2羽はメスであった。

アキアカネが弱々しく飛んでいた。

ホトケノザ、ナズナ、タネツケバナなどの早春の花が咲いていて、ハルジオンも咲いた。

ヒメジョオンとハルジオンが同時に咲いていた。

Photo_2


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 1

モズ 3

ハシボソガラス 7

スズメ 5

ハクセキレイ 10

セグロセキレイ 4

タヒバリ 25

ドバト 100

モンキチョウ 1

アキアカネ 12

ミヤマアカネ 1

アカツメクサ 

イヌガラシ 

オオイヌノフグリ 

オオジシバリ 

コセンダングサ 

シロツメクサ 

シロバナタンポポ 

セイヨウタンポポ 

タネツケバナ 

ナズナ 

ノボロギク 

ハキダメギク 

ハルジオン 

ヒメオドリコソウ 

ヒメジョオン 

ホトケノザ 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

 

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2015.12.4

201512日、10分~9時55分 晴れ

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、一部ワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

 

ベニマシコは2羽が鳴き交わす声だけで姿は確認できなかった。

ツルウメモドキの実(写真)がたわわにあったので、この実にベニマシコが来るかと待ったがだめであった。

カワセミは岸辺にいたものである。

ベニシジミの成虫が未だいた。

Photo


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 1

カワセミ 1

モズ 1

シジュウカラ 4

ヒヨドリ 3

メジロ 2

ジョウビタキ 1

スズメ 5

カワラヒワ 2

ベニマシコ 2

ホオジロ 1

アオジ 1

ガビチョウ 2

ベニシジミ 1

ウシハコベ 

スズメウリ 

セイタカアワダチソウ 

ツルウメモドキ 

ノイバラ 

ヘクソカズラ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年12月 7日 (月)

鳥見歩る記*滝山城跡公園から高月、秋川2015.12.2

201512  8時30分1335分 曇り

滝山城跡公園から多摩川、高月浄水場、秋川を経て五日市線の東秋留駅まで歩いた。

滝山城跡公園ではカラ類、シメの姿、アオゲラの声などがあったが、特にこれはというものは無かった。

多摩川の河原グランドではベニシジミが枯葉の上ではなたぼっこをしていた(写真)。

Photo


多摩川の昭和用水堰上にはホオジロガモのメス型が1羽、その回りにオオバンとカイツブリがいた。

河原のオギの原ではベニマシコの声が聞こえて。

高月浄水場の池にはヨシガモのメスが1羽入っていた。

秋川ではカワセミを探したが出て来なかった。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

ヨシガモ

ヒドリガモ

マガモ

カルガモ

オナガガモ

コガモ

カイツブリ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

オオバン

トビ

オオタカ

ノスリ

カワセミ

コゲラ

アオゲラ

モズ

カケス

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ヤマガラ

ヒガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

メジロ

ムクドリ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

タヒバリ

カワラヒワ

シメ

ホオジロ

アオジ

コジュケイ

ドバト

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年12月 4日 (金)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース) 2015.12.1

2015年12月1日、9時10分~14時00分 晴れ

 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

 

クロジはオスで蛇滝からの昇り登山道で出た。

シロハラが2号路で2羽、声と姿を確認。

ルリビタキは5ヶ所で声を確認、うち2ヶ所ではさえずり有り。

ミソサザイは蛇滝からの沢で姿を確認。

下り1号路でツルギキョウの実を観察(写真)。

Photo_2


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 2

コゲラ 2

アオゲラ 1

ハシブトガラス 15

ヤマガラ 8

ヒガラ 3

ヒヨドリ 25

エナガ 2

メジロ 10

ミソサザイ 1

シロハラ 2

ルリビタキ 5

ジョウビタキ 1

クロジ 1

ガビチョウ 2

ツルギキョウ 

ミヤマガマズミ 

ミヤマフユイチゴ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2015.12.1

2015121日00分~05分 晴れ

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

 

ジョウビタキが小仏川の藪でよく鳴いていたが、姿を確認できなかった。

声だけだったがルリビタキとは異なると判断した。

カワララスは梅郷橋付近で上流方向に飛んで行ったものである。

スタート地点でウラギンシジミが低温下のもとじっと止まっていた(写真)。

Photo

 

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

モズ 1

ハシボソガラス 3

ハシブトガラス 2

シジュウカラ 2

ヒヨドリ 10

メジロ 10

カワガラス 1

ジョウビタキ 1

スズメ 5

キセキレイ 1

ホオジロ 2

アオジ 2

シオデ 

テイカカズラ 

マユミ 

ムラサキシキブ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年12月 2日 (水)

鳥見歩る記*暁町保全緑地2015.11.30

2015130  14時20分1520分 曇り

暁町保全緑地に野鳥観察に行った。

ススキなどで覆われていた草地は完全に刈取られていた(写真)。

Photo


これで来年も草地の再現が期待できた。

ススキなどが刈取られた所にはキジバトが10羽地上に降りて採餌していた。

エゴノキにヤマガラ3羽が来て、実を食べていた。

その他で野鳥が少なく寂しい限りであった。

そんな中でフユシャクが賑やかに飛び交っていた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 10

ハシブトガラス 4

ヤマガラ 3

シジュウカラ 5

ヒヨドリ 8

ジョウビタキ 1

フユシャク 20

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »