« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月30日 (金)

鳥見歩る記*浅川さいかち池(サンクチュアリ)2015.10.27

20151027  8時00分50分 晴れ

淺川左岸の長沼橋上流側の野鳥カウントをした。

この場所は野鳥サンクチュアリと勝手に決めている所である。

秋の渡り途中のヒヨドリと渡らないヒヨドリの両方を観察した。

ムクドリの大きな集団が現れた。約300羽で周辺を飛び回っていた。

チョウゲンボウ1羽が現れた。

中心となる通称さいかち池はコガモ越冬地で、今日は62羽が羽を休めていた。

未だ全てがメス型のエクリプスである。

この池にはバンの幼鳥も1羽いた。

ジョウビタキのオスが光線を受けて光ったいた。

モズはオス、メス2羽いた。

写真はさいかち池のロープに止まったオスのモズである。

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ 3

コガモ 62

キジバト 7

カワウ 1

アオサギ 3

ダイサギ 3

バン 1

ヒメアマツバメ 4

イソシギ 1

トビ 1

カワセミ 2

チョウゲンボウ 1

モズ 2

ハシボソガラス 3

ハシブトガラス 2

ヒヨドリ 76

メジロ 2

ムクドリ 300

ジョウビタキ 1

スズメ 1

ハクセキレイ 3

セグロセキレイ 3

カワラヒワ 15

ホオジロ 1

ガビチョウ 3

キチョウ 10

コミスジ 2

チャバネセセリ 2

ベニシジミ 1

モンキチョウ 5

モンシロチョウ 10

ヤマトシジミ 10

イヌタデ 

オギ 

カゼクサ 

カラスウリ 

キツネノマゴ 

コセンダングサ 

セイタカアワダチソウ 

チカラシバ 

ツルヨシ 

ヒメジョオン 

マユミ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年10月29日 (木)

鳥見歩る記*高尾山(6号路⇒高尾林道⇒一丁平)2015.10.26

20151026  7時40分1435分 晴れ

Photo

高尾山口駅から6号路お上り、途中から高尾林道、大平林道を経由して一丁平に登った。

帰路は稲荷山コースを下った。

静かな高尾林道で鳥も少なかったがエナガがようやく出て来てくれた。

ヤマガラはエゴの木に来ていた。

アオゲラは数回声を聞いたが、姿も一度ちらっと見えた。

キクイタダキは声の確認である。

高尾林道はシロヨメナが多く、どこにでも咲いていた。

シラネセンキュウも1ヶ所見事な咲き振りのところがあった。

大平林道の学習の道分岐近くにセンブリの小さな群落があり、同じ場所でリンドウ(写真)、リュウノウギク(写真)も咲いていた。大

平林道の南向き斜面の陽だまりではタチツボスミレも咲いていた。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 

アオサギ 

コゲラ 

アオゲラ 

カケス 

ハシブトガラス 

キクイタダキ 

ヤマガラ 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

エナガ 

メジロ 

スズメ 

キセキレイ 

シメ 

ホオジロ 

ガビチョウ 

アサギマダラ 6

コミスジ 2

テングチョウ 40

ムラサキシジミ 1

ヤマトシジミ 5

アキノキリンソウ 

アズマヤマアザミ 

イイギリ 

イヌホオズキ 

ゲンノショウコ 

コウヤボウキ 

コセンダングサ 

コマユミ 

コメナモミ 

サラシナショウマ 

シラネセンキュウ 

シロヨメナ 

スイカズラ 

セキヤノアキチョウジ 

センブリ 

ダイコンソウ 

タチツボスミレ 

タマアジサイ 

チヂミザサ 

ツリフネソウ 

トネアザミ 

ナギナタコウジュ 

ノコギリソウ 

ハナタデ 

ヒイラギ 

ミゾソバ 

メナモミ 

ヤクシソウ 

ヤマハッカ 

ヤマホトトギス 

リュウノウギク 

リンドウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年10月28日 (水)

鳥見歩る記*高尾山(稲荷山~3号路)2015.10.24

20151024  9時00分1245分 晴れ

高尾山の稲荷山コースを登り、3号路を下った。

麓の高尾山口駅から清滝駅の上空を3羽と4羽の飛びが旋回飛翔をしていた。

カケスの声が林の中から聞こえてきた。

稲荷山コースの登山口斜面はシラネセンキュウが群生状態で開花中。

5号路の1号路出会いから6号路出会いまでの僅か85メートルの間にリンドウ、ノコンギク、シロヨメナ(写真)、アズマヤマアザミ、アキノキリンソウ、ヤクシソウ、センボンヤリ(閉鎖花)、コウヤボウキと8種もの花が咲いていた。

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 

トビ 

カケス 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

メジロ 

スズメ 

ガビチョウ 

アサギマダラ 3

テングチョウ 1

アキノキリンソウ 

アズマヤマアザミ 

コウヤボウキ 

サラシナショウマ 

シラネセンキュウ 

シロヨメナ 

センボンヤリ 閉鎖花

ダイコンソウ 

ツリフネソウ 

トネアザミ 

ノブキ 

ハキダメギク 

ハナタデ 

ミズヒキ 

ヤクシソウ 

ヤマゼリ 

ヤマハッカ 

ランヨウアオイ 

リンドウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年10月24日 (土)

鳥見歩る記*武田の杜(読売文化センター野鳥観察講座)2015.10.21

20151021  11時15分1415分 晴れ

Photo


読売文化センターの野鳥観察講座で今月は甲府の武田の杜(武田神社)に行った。

甲府駅から歩いて武田の杜(武田神社)に着くと、いきなりカワセミがお堀の水面を飛んでいった。

お堀にはコブハクチョウとカルガモ、アヒルがいたが、冬鳥のカモ達は未だ来ていなかった。

神社の中ではエナガ、シジュウカラの混群、ヤマガラ、ハクセキレイの姿、ウグイスの声だけであった。

トビ3羽が終始上空を旋回、モズのメスが高鳴きをしていた。

午後は隣りの竜華池を覗いてみた。

灌漑用の溜池で水は抜かれていたが、底に水が残っていて、オシドリオス2・メス4(写真)、コガモ14、カイツブリ3、イカルチドリ1、セグロセキレイ2がいた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ

キジバト

アオサギ

イカルチドリ

トビ

カワセミ

モズ

オナガ

ハシブトガラス

ヤマガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

エナガ

スズメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ドバト

アヒル

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*北浅川(陵北大橋~東京天使病院)2015.10.20

20151020  8時00分時55分 晴れ

北浅川の陵北大橋から東京天使病院の間の野鳥を観察した。

シメ5羽が河原の木に止まっていた。

今期初認である。

ハシビロガモメス型1羽が岸辺で採餌していた(写真)。

バン若1羽がカイツブリ2羽と一緒に羽を休めていた。

クコが綺麗な花を咲かせていた。

1


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ 6

ハシビロガモ 1

カイツブリ 2

キジバト 1

カワウ 1

バン 1

トビ 2

カワセミ 1

モズ 4

ハシブトガラス 4

シジュウカラ 4

ヒヨドリ 40

ウグイス 1

ムクドリ 6

スズメ 18

キセキレイ 2

ハクセキレイ 2

セグロセキレイ 9

カワラヒワ 17

シメ 5

ホオジロ 2

コジュケイ 2

雑種ガモ 2

イチモンジセセリ 2

キタテハ 1

キチョウ 20

チャバネセセリ 1

モンシロチョウ 5

ヤマトシジミ 3

ミヤマアカネ 4

アキノゲシ 

アレチウリ 

イヌガラシ 

イヌホオズキ 

ウシハコベ 

エノコログサ 

カタバミ 

カントウヨメナ 

クコ 

コセンダングサ 

セイタカアワダチソウ 

ツユクサ 

ハキダメギク 

ヒメジョオン 

ママコノシリヌグイ 

ミゾソバ 

ヨウシュヤマゴボウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年10月20日 (火)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵と宇津貫緑地2015.10.19

20151019日  800分~1115分 晴れ

 

宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

JR横浜線みなみ野駅→毘沙門天→宇津貫公園→クボノキ湧水→宇津貫緑地(ホタル沢、尾根道)→兵衛川→みなみ野駅のコースを歩いた。

渡り途中のヒヨドリが観察されたが、規模は小さかった。

エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラの小混群に宇津貫公園で出会った。

ツクツクボウシが未だ鳴いていた。

シラカシの葉に止まるムラサキシジミを観察できた。

 

以下は宇津貫緑地の中の様子である。

モズの高鳴きが2ヶ所であった。

コジュケイが鳴いていた。

ウグイスの笹の中で笹鳴きをしていた。

蛍沢では今年もハチオウジアザミが咲いた(写真)。

Photo_2


 

観察した鳥は以下のとおりです。

キジバト 7

アオサギ 1

コゲラ 1

モズ 2

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 3

ヤマガラ 3

シジュウカラ 12

ヒヨドリ 22

ウグイス 1

エナガ 2

メジロ 6

スズメ 40

コジュケイ 4

ガビチョウ 6

ウラギンシジミ 1

キチョウ 20

ツマグロヒョウモン 1

ヒカゲチョウ 1

ベニシジミ 1

ムラサキシジミ 2

モンキチョウ 2

ヤマトシジミ 17

ツクツクボウシ 

アレチハナガサ 

イヌザンショウ 

コウヤボウキ 

コセンダングサ 

コブシ 

コメナモミ 

サラシナショウマ 

ススキ 

セイタカアワダチソウ 

ツリフネソウ 

ノササゲ 

ノハラアザミ 

ハチオウジアザミ 

ブタナ 

マルバハギ 

ミゾソバ 

ムラサキシキブ 

ヤクシソウ 

ヤブムラサキ 

ヤマゼリ 

ユウガギク 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*多摩川(中央線鉄橋~立日橋)2015.10.18

20151018  11時00分1200分 晴れ

Photo

日野市町づくり市民フェアー2015年のミニ探鳥会に参加した。

場所は会場の直ぐ近くの多摩川(中央線鉄橋~立日橋)。

河原に生えるクワの木のテッペンの枯れ枝に1羽の鳥がいた。

モズが高鳴きしていたので、モズと思ってスコープを向けるとアリスイであった(写真)。

多摩川にはカイツブリ5羽が勢ぞろいしていたが、カモは何もいなかった。

アオサギ、ダイサギ、コサギが一緒に休憩している図が絵のようであった。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

コサギ

イカルチドリ

イソシギ

ミサゴ

トビ

アリスイ

ハシボソガラス

コシアカツバメ

ヒヨドリ

ムクドリ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年10月19日 (月)

鳥見歩る記*上柚木公園(野鳥定期カウント)2015.10.15

20151015 8時30分~10時30分 晴れ

Photo

 

公益財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団からの依頼による上柚木公園の10月度の野鳥調査を行った。

モズの高鳴きが広範囲にあり、5羽が観察された。

うちオス2羽、メス(写真)2羽、オスメス不明1羽であった。

エナガを主体とする混群に出会った。

シジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、コゲラを含む5種混合であった。

別の場所のシジュウカラはアカシデの実を食べていた。ヤクシソウが咲き出した。

蝶は9種、ツマグロヒョウモンはメスが2匹いた。

ヌルデの木に大きなヌルデミミフシと呼ばれる葉軸の翼にアブラムシの1種が寄生してできる袋状の虫こぶがついていた(写真)。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 6

トビ 1

コゲラ 4

モズ 5

ハシボソガラス 5

ハシブトガラス 6

ヤマガラ 3

シジュウカラ 10

ヒヨドリ 35

エナガ 15

メジロ 6

ムクドリ 5

スズメ 10

ハクセキレイ 9

ウラギンシジミ 3

キチョウ 2

クロヒカゲ 1

ツマグロヒョウモン 2

ヒカゲチョウ 1

ベニシジミ 1

ムラサキシジミ 1

モンシロチョウ 2

ヤマトシジミ 5

アキノエノコログサ 

アキノゲシ 

イヌタデ 

イヌホオズキ 

イノコズチ 

オオブタクサ 

カタバミ 

キツネノマゴ 

コセンダングサ 

コブシ 

ススキ 

セイタカアワダチソウ 

セイヨウタンポポ 

チヂミザサ 

ツユクサ 

ブタナ 

ミズヒキ 

ヤクシソウ 

ヤマハギ 

ヤマボウシ 

ユウガギク 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年10月16日 (金)

鳥見歩る記*善福寺川(忍川上橋⇒和田掘公園)2015.10.14

20151014  11時50分1350分 晴れ

荻窪駅南口から南下して行くと善福寺川に出る。

そこに架かる橋が忍川上橋で、ここを起点に下流に川沿いを歩き和田掘公園まで鳥見ウオークをして宮下橋から井の頭線の永福町まで歩いた。

忍川上橋の下にはハクセキレイ、スズメ、ドバトがいた。

橋の直ぐ近くの公園で昼飯を食べているとヒヨドリとハシブトガラスが現れた。

春日橋の下にコサギが1羽いた(写真)。

Photo


カルガモ4羽、コガモ6羽、キセキレイ1羽もいた。

少し下流にはカワウ1羽もいた。

松見橋下流にはダイサギ2羽、オナガガモ6羽、カルガモ4羽、コサギ1羽がいた。

神通橋の上流側にカルガモ2羽、橋の上の電線にハシボソガラス2羽がいた。

都区内にはハシブトガラスしかいないと思っていたので、ハシボソガラスがいたのには驚きだ。

この辺りは里山的な環境があることを示しているのかも知れない。

相生橋上流側にキジバト3羽、カルガモ4羽、白山前橋付近にはカルガモが25羽と多かった。

御供米橋の上下流側は河畔林があって素晴らしい環境となっていた。

御供米橋の左岸に和田掘公園のひょうたん池があって、カメラマンが15人程きていた。

お目当てはカワセミであった(写真)。

この池には他にカルガモ、オナガガモ、ゴイサギがいた。

善福寺川は予想以上の清流で鳥も予想以上に多かった。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

オナガガモ

コガモ

キジバト

カワウ

ゴイサギ

ダイサギ

コサギ

カワセミ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ヒヨドリ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年10月14日 (水)

鳥見歩る記*小仏城山2015.10.13

2015年10月13日、9時15分~14時48分 晴れ

Photo


高尾山の日影林道から小仏城山に登り、一丁平から紅葉台を経て高尾山5号路の手前で逆沢作業道を日影まで下った。

野鳥は4種しか出なかった。

カケスが終始現れた。

ウグイスは一丁平付近で地鳴きをしていた。

花は豊富で、44種を記録した。

中でもサラシナショウマ、セキヤノアキチョウジ(写真)、ツリフネソウ、ノコンギク、アズマヤマアザミ、トネアザミなどは花盛りであった。

アサギマダラがサラシナショウマ(写真)、アズマヤマアザミの花で吸蜜していた。

Photo_2


 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

カケス 

ハシブトガラス 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

アサギマダラ 3

ウラギンシジミ 2

キチョウ 5

テングチョウ 100

メスグロヒョウモン 1

ヤマトシジミ 5

ルリタテハ 1

アカネ 

アキノウナギツカミ 

アキノキリンソウ 

アズマヤマアザミ 

ウド 

ウマノアシガタ 

オオヤマハコベ 

カシワバハグマ 

カナムグラ 

ガマズミ 

ガンクビソウ 

キバナアキギリ 

キンミズヒキ 

コセンダングサ 

コメナモミ 

サラシナショウマ 

シモバシラ 

シラネセンキュウ 

シロヨメナ 

ススキ 

セキヤノアキチョウジ 

センブリ 

ダイコンソウ 

タカトウダイ 

タマアジサイ 

チカラシバ 

チヂミザサ 

チャノキ 

ツリフネソウ 

トネアザミ 

ナギナタコウジュ 

ヌスビトハギ 

ノコンギク 

ノダケ 

ノハラアザミ 

ノブキ 

ハナタデ 

ボントクタデ 

マツカゼソウ 

ミズヒキ 

ミゾソバ 

ミツバフウロ 

メナモミ 

ヤマゼリ 

ヤマハッカ 

ユウガギク 

リュウノウギク 

レモンエゴマ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年10月13日 (火)

鳥見歩る記*川町田んぼ2015.10.12

20151012日  945分~1130分 晴れ

 

毎月1回、川町谷戸(田んぼと雑木林)で野鳥と他の生きものの定期カウントを行っている。コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

 

稲刈が殆ど終わり、残った2枚の田んぼで連結ナツアカネが稲穂の上から空中産卵していた。

写真のナツアカネは産卵を止めて稲穂に止まったところである。

その田んぼにはコバネイナゴも一杯いた。

Photo


イノシシに荒らされて収穫できなくなった田んぼがあった。

雑木林の端の杉の木にコガタスズメバチの大きな巣が出来上っていた。

ノスリ2羽が旋回を始め、その後でトビも2羽出てきた。

ヤマガラ2羽がエゴの木から実を運んでいた。貯食と思われる。

 

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 4

トビ 2

ノスリ 2

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 2

ヤマガラ 2

ヒヨドリ 6

スズメ 30

セグロセキレイ 2

イチモンジセセリ 5

キタテハ 2

キチョウ 2

ツマグロヒョウモン 3

テングチョウ 1

モンシロチョウ 2

ヤマトシジミ 2

アキアカネ 20

シオカラトンボ 2

ナツアカネ 60

ミヤマアカネ 2

ツクツクボウシ 

コガタスズメバチ 

アキノウナギツカミ 

アキノゲシ 

アズマヤマアザミ 

イヌガラシ 

イヌタデ 

イヌホオズキ 

イモカタバミ 

カタバミ 

キツネノマゴ 

キンエノコロ 

クサノオ 

ゲンノショウコ 

コセンダングサ 

シラヤマギク 

セイタカアワダチソウ 

チカラシバ 

ツユクサ 

ツリガネニンジン 

ツリフネソウ 

トキワハゼ 

ノダケ 

ノハラアザミ 

ハキダメギク 

ハナタデ 

ヒヨドリバナ 

ミゾソバ 

ヤクシソウ 

ヤマゼリ 

ユウガギク 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年10月12日 (月)

鳥見歩る記*浮島のハス田(稲敷市)2015.10.10

2015年10月10日、15時30分~16時30分 曇り

東京新聞に稲敷市の浮島ハス田にアシナガシギが出ているという記事が載っていたので、午前中のジュニアクラブ探鳥会が終わった後で浮島に行ってみた。

現地に着いたのは15時過ぎ、曇っていたので既に夕方のようであった。

現地でカメラマンに聞くとアシナガシギは103日までいたが、もう今はいないということであった。

ハス田の一角にコブハクチョウが2羽いた(写真)。

収穫の終わったハス田には数種のシギがいたが、現地にいたカメラマンから聞いて確認できたのは、コチドリ、タカブシギ、トウネン、オジロトウネンだけであった。

Photo_2


 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

コブハクチョウ

コチドリ

タカブシギ

トウネン

オジロトウネン

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*浅川(カワセミ会ジュニアクラブ野鳥観察)2015.10.9

201510  8時45分1135分 晴れ

 

カワセミ会のジュニアクラブの野鳥観察。

今月は3組の親子が参加した。

コースはいつもと同じでエコ広場(八王線鉄橋)から長沼橋までの堤防を一回りした。

さいかち池にコガモのエクリプスが数は戻っていた。

その直後50羽以上のコガモの集団が北の方から飛んで来て池に入った。

渡り途中のヒヨドリが観察できた。

大きい集団は約100羽、20羽、30羽等の集団が次々に通過し、全部は200羽程度になった。

カワセミが3ヶ所以上で観察できた。

水管橋の上でダイサギ、コサギ、カワウが一緒に羽を休めていた(写真)。

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ 

カルガモ 

コガモ 

キジバト 

カワウ 

アオサギ 

ダイサギ 

コサギ 

ヒメアマツバメ 

イカルチドリ 

イソシギ 

トビ 

オオタカ 

カワセミ 

チョウゲンボウ 

モズ 

ハシボソガラス 

ハシブトガラス 

シジュウカラ 

ムクドリ 

イソヒヨドリ 

ヒヨドリ 200

スズメ 

キセキレイ 

ハクセキレイ 

セグロセキレイ 

カワラヒワ 

アオジ 

ドバト 

ガビチョウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年10月 9日 (金)

鳥見歩る記*高月水田 2015.10.7

2015年10月7日、11時10分~12時20分 晴れ

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

 

稲刈が6割がた終了し、稲刈中の田んぼもあった。

先月無数といえる程いたコバネイナゴはすっかり姿を消した。

そのためか、チュウサギも1羽しかいなかった。

コシアカツバメ3羽の飛翔を認めた。

渡り途中と思われる。

アキアカネ、ナツアカネが以前と比べると激減してしまった。

Photo_2


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

チュウサギ 1

トビ 2

カワセミ 1

モズ 1

ハシボソガラス 2

コシアカツバメ 3

スズメ 200

ハクセキレイ 8

セグロセキレイ 2

ドバト 60

スジグロシロチョウ 2

ツマグロヒョウモン 2

モンキチョウ 8

モンシロチョウ 5

アキアカネ 20

ナツアカネ 60

ミヤマアカネ 4

アカバナユウゲショウ 

アキノゲシ 

アメリカセンダングサ 

イヌガラシ 

オオジシバリ 

カタバミ 

カントウヨメナ 

コセンダングサ 

コナギ 

シロツメクサ 

セイタカアワダチソウ 

ツユクサ 

トキワハゼ 

ハキダメギク 

ブタナ 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

 

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2015.10.7

201510日、1015分~11時00分 晴れ

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、一部ワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

 

イワツバメ約10羽が飛んでいた。

渡り途中のものと思われる。

シロバナのツユクサ(写真)。

キチョウとイチモンジセセリが目だった。

Photo


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 1

トビ 1

モズ 1

イワツバメ 10

ヒヨドリ 8

スズメ 10

アカボシゴマダラ 2

イチモンジセセリ 15

キチョウ 15

スジグロシロチョウ 5

チャバネセセリ 1

モンキチョウ 2

ヤマトシジミ 1

シオカラトンボ 2

ミヤマアカネ 10

オオカマキリ 3

アキノゲシ 

アレチハナガサ 

イシミカワ 

オギ 

カタバミ 

カナムグラ 

キツネノマゴ 

キンエノコロ 

キンミズヒキ 

コセンダングサ 

スズメウリ 

セイタカアワダチソウ 

チカラシバ 

ツユクサ 

ハナタデ 

ムラサキエノコロ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年10月 7日 (水)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース) 2015.10.6

2015年10月6日、9時50分~15時25分 晴れ

 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

Photo_3


 

高尾山頂のミズキにサメビタキが2羽来ていた。

山頂にはノスリも2羽現れて帆翔した。

アサギマダラが多く、カウントしたら14匹であった。

ツルギキョウ(写真)、トリカブト、レモンエゴマが咲いていた。

タカオヒゴタイもいつもの場所で花を咲かせていた(写真)。

4号路深山橋横のオオツヅラフジが青い実を付けていた。

アオツヅラフジの実はよく目につくが、オオツヅラフジの実は珍しい。

Photo_4


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 1

トビ 5

ノスリ 2

コゲラ 3

アオゲラ 2

カケス 3

ハシブトガラス 4

ヤマガラ 2

シジュウカラ 2

ヒヨドリ 20

メジロ 2

サメビタキ 3

アサギマダラ 14

ヤマカガシ 1

アキノキリンソウ 

アズマヤマアザミ 

アメリカセンダングサ 

イヌタデ 

ウマノアシガタ 

オオツヅラフジ 実

オオミゾソバ 

オオヤマハコベ 

オクモミジハグマ 

カシワバハグマ 

ガンクビソウ 

ギンミズヒキ 

ゲンノショウコ 

コウヤボウキ 

シュウカイドウ 

シュウブンソウ 

シラネセンキュウ 

シロヨメナ 

スズメウリ 

セキヤノアキチョウジ 

タカオヒゴタイ 

ツチアケビ 

ツルギキョウ 

ツルグミ 

トネアザミ 

トリカブト 

ノダケ 

ノブキ 

ハナタデ 

ミズヒキ 

ヤクシソウ 

レモンエゴマ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2015.10.6

2015106日00分~45分 曇り

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

 

カワガラスが3か所で5羽観察された。

小仏川の上椚田橋上流側の梅林付近で下流に向かって飛ぶ1羽、通称ふかんどの橋から下流側に3羽。

ここでは3羽が一緒にいた。

もう1羽は圏央道付近で上流に向かって飛んで行った。

ふかんどを過ぎたところで、ノコンギクだけでなく、総苞片に紫褐色の部分があるものがあったので、これをサガミギクとした。

シロヨメナもあちこちに咲いていた(写真)

Photo_2

 

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 1

アオサギ 1

アオゲラ 1

モズ 1

カケス 1

オナガ 10

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 4

シジュウカラ 4

ヒヨドリ 25

ムクドリ 10

カワガラス 5

キセキレイ 3

ハクセキレイ 3

キチョウ 2

アカネ 

アキノウナギツカミ 

アズマヤマアザミ 

アメリカセンダングサ 

イヌタデ 

オオツヅラフジ 

オオブタクサ 

オケラ 

ガンクビソウ 

キツネノマゴ 

キンミズヒキ 

ゲンノショウコ 

コセンダングサ 

コメナモミ 

サガミギク 

サラシナショウマ 

シュウブンソウ 

ツリバナ 

ツリフネソウ 

ツルニンジン 

ノコンギク 

ノハラアザミ 

ノブキ 

ハナタデ 

ヒヨドリバナ 

ベニバナボロギク 

ミズヒキ 

ミゾソバ 

メナモミ 

ヤブマメ 

ヤマハッカ 

ユウガギク 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*多摩川の谷地川合流付近(野鳥カウント)2015.10.5

2015年10月5日、8時00分~11時10分 晴れ

多摩川の谷地川合流付近で野鳥のカウントを行った。

ダイサギが中央線鉄橋から約250m上流側の浅瀬で休息していた。

95羽の集団であった。

コサギ5、アオサギ15、カワウ5も一緒にいた(写真)。

ダイサギはその後大きな集団で飛翔した。

ツツドリ1羽が東光寺グランド付近の河原のオニグルミに飛び込んだ後、直ぐに下流側に飛んで行った。

ノスリは通称ひょうたん池の近くにから飛び立って、多摩大橋の方へ飛んで行った。

チョウゲンボウを2羽観察した。1羽は中央線鉄橋から約500m上流側の桜並木付近、もう1羽は谷地川新旭橋付近での飛翔であった。

ハヤブサは東光寺グランド付近で突如現れて、ヒヨドリを追いかけて行った。

モズが多く、13羽が高鳴きをしていた。

12羽がオスであった。

ヒバリ1羽が通称ひょうたん池付近の草の刈られたような所から飛び立った。

ツバメは20羽と10羽の2つの集団で渡り途中のものと思われる。

ヒヨドリも渡り途中と思われる小集団がいくつも南方面へ飛んで行った。

スズメとカワラヒワは通称ひょうたん池の周囲で草の実を食べに集まっていて、ともに大きな集団であった。

Photo


 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

キジ 3

カルガモ 21

コガモ 8

カイツブリ 1

キジバト 9

カワウ 20

アオサギ 20

ダイサギ 110

コサギ 5

ツツドリ 1

ノスリ 1

カワセミ 2

チョウゲンボウ 2

ハヤブサ 1

モズ 13

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 4

シジュウカラ 15

ヒバリ 1

ツバメ 30

ヒヨドリ 150

エナガ 7

ムクドリ 16

スズメ 425

キセキレイ 4

ハクセキレイ 6

セグロセキレイ 11

カワラヒワ 150

ホオジロ 5

ドバト 23

ガビチョウ 4

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年10月 6日 (火)

鳥見歩る記*陣場山頂(サシバカウント)2015.10.4

201510日  8時50分~14時10分 晴れ

 

陣場山の山頂にサシバ等秋の渡りのカウントに行った。

サシハは午前中は現れなかったが、1330分北の赤白高圧線鉄塔付近にタカ柱が現れ、カウントすると15羽であった。

タカ柱のまま陣場山頂を越え南西の方向へ進んでいった。

この間5分間であった。

ハヤブサが山頂の周りを何周も飛び回ってくれた。

アオバト、コサメビタキが山頂のミズキの実を食べに来ていた。

和田峠から陣場高原下バス停の間でシラネセンキュウが打上花火のような見事な花を咲かせていた(写真)。

Photo_4


 

観察した鳥は以下のとおりです。

アオバト 2

トビ 1

サシバ 15

ノスリ 2

ハヤブサ 1

カケス 3

ハシブトガラス 5

シジュウカラ 2

コサメビタキ 1

アサギマダラ 2

アズマヤマアザミ 

オクモミジハグマ 

ガンクビソウ 

キバナアキギリ 

コウゾリナ 

コブナグサ 

コメナモミ 

サラシナショウマ 

シモバシラ 

シラネセンキュウ 

シラヤマギク 

シロヨメナ 

ススキ 

セキヤノアキチョウジ 

センブリ 

ツリフネソウ 

トネアザミ 

ノハラアザミ 

ノブキ 

ハナタデ 

ヤクシソウ 

ヤマゼリ 

ヤマハッカ 

ユウガギク 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*種入り(稲の不耕起栽培)2015.10.3

2015年10月3日、9時00分~13時00分 晴れ

川口小学校裏の谷戸の田んぼ(種入り)で、稲の不耕起栽培をしている。

103日は稲刈を行った。

その前に雑木林あら竹を切り出して稲束乾燥用のハザを田んぼの中に組み立てた。

稲を刈っていると、カヤネズミの巣が5号田んぼと7号田んぼに合計6つあった(写真)。

Photo_2


2010年の活動開始の年に確認して以来である。

稲刈りは古代米(黒米)と餅米の両方を行って、束ねた稲束をハザに架けた。

写真はハザに架けられた古代米である。

天日乾燥である。キジバト、シジュウカラ、ヤマガラ、アオゲラ、ガビチョウが田んぼの周囲で観察できた。

マルタニシが目立った。

Photo_3


 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

キジバト

アカゲラ

ヤマガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*陣場山頂(サシバカウント)2015.10.1

201510日  930分~13分 晴れ

 

陣場山の山頂にサシバ等秋の渡りのカウントに行った。

藤野駅から一の尾根を歩いて登り、930分に山頂に着くと、丁度その時に山頂の東側でノスリがホバーリングしていた。

山頂に13時までいたが、この日はサシバが出て来なかった。

その代わりアマツバメの綺麗な飛翔を見せて渡って行くのが観察できた。

山頂ではカケスのどんぐり運び、エナガ、シジュウカラ、コガラ、ヤマガラの混群が観察できた。

山頂にはセンブリ、ヤクシソウ、ヒキオコシ(写真)などの花が共演、サワヒヨドリも咲いていた。

Photo


 

観察した鳥は以下のとおりです。

アマツバメ

ノスリ

カケス

コガラ

ヤマガラ

シジュウカラ

エナガ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年10月 5日 (月)

鳥見歩る記*水元公園(読売文化センター野鳥観察講座)2015.9.30

201530  10時50分1445分 晴れ

読売文化センターの野鳥観察講座で今月は水元公園に行った。

釣り掘には釣り人に餌をねだるアオサギがいた(写真)。

横着なアオサギである。

Photo_3


草原の所にカメラマンが数人集まっていた。そこにはノビタキがいた(写真)。

カワセミの里に行くとカワセミが木の枝に止まっていた。

ハスの池にはオオバンがカルガモとともに動き回っていた。

バードサンクチュアリはカワウがいただけであったが、その回りの林でキビタキを見つけることができた。

メスのキビタキが4羽ほどであったが、その後でようやくオスのキビタキ1羽を観察できた。

コガモがもう戻って来ているはずとさがしたが、コガモなく、その代わりヒドリガモ30羽が小合溜にいた。

ヒドリガモはエクリプスでなく、オスは既にオスの冬羽になっていた。

Photo_4


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

ヒドリガモ

カルガモ

カイツブリ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

コサギ

オオバン

カワセミ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

ムクドリ

ノビタキ

キビタキ

スズメ

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*城山湖(サシバカウント)2015.9.29

201529  9時30分1230分 晴れ

サシバの秋の渡りのカウントで城山湖のカウント地に行った。

12名メンバーがいて賑やかであった。

サシバも11:1517羽が、11:557羽が、12:5には56羽の集団が渡って行き、こちらも賑やかであった。

自宅から城山湖まで片道11kmを自転車で往復したが、コースの一部の湯殿川沿いは今年もコスモスが綺麗に咲いていた(写真)。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

サシバ 85羽(渡り)

トビ 

ノスリ 

チョウゲンボウ 

カケス 

ツバメ 

アサギマダラ 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*暁町保全緑地2015.9.28

201528  16時50分1735分 晴れ

夕方少し時間があったので、暁町保全緑地を覗いてみた。

鳥は、全くの低調。

草原として管理されている部分にはススキが綺麗に咲いていた(写真)。

ヒグラシがカナカナカナと鳴いているのが気にいったが、藪蚊攻めにあって、ひどく痒い思いをさせられた。

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 4

シジュウカラ 2

ヒヨドリ 4

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年10月 1日 (木)

鳥見歩る記*陣場山頂(サシバカウント)2015.9.23

201523日  645分~13分 晴れ

 

今日は陣場山に登り、サシバのカウントをした。

サシバの渡りは観察できなかったが、クマタカ2羽が同時に出てきてくれて飛翔を楽しませてもらった。

陣場山頂までは藤野駅から歩いて登った。途中リスに出会い、秋の野草の花にも一杯であった。

中でもクサボタンは山頂手前に数株が花を咲かせているのが印象的であった(写真)。

Photo_2


 

観察した鳥は以下のとおりです。

カルガモ 

コゲラ 

アオゲラ 

カケス 

ハシブトガラス 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

メジロ 

スズメ 

キセキレイ 

ガビチョウ 

リス  

アキノキリンソウ 

オケラ 

オトコエシ 

カシワバハグマ 

ガンクビソウ 

キバナアキギリ 

ギンミズヒキ 

クサボタン 

コウゾリナ 

コウヤボウキ 

シモバシラ 

シラヤマギク 

ススキ 

ツリガネニンジン 

トネアザミ 

ノハラアザミ 

ヒキオコシ 

マルバハギ 

メマツヨイグサ 

ヤクシソウ 

ヤブラン 

ユウガギク 

センボンヤリ 閉鎖花

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*松竹公園西(サシバカウント)2015.9.22

Photo


20
15
22日  805分~1330分 晴れ

 

今年も秋の渡りをするサシバのカウントの時期になった。

今日は八王子西部、恩方の松竹公園付近でカウントした。

集まったメンバーは3名。

渡ったサシバは12羽であった。

うち、1255分のものは7羽の集団であった。

これとは別にサシバの1羽が観察地付近にいて、幼鳥のようで、近くの藪から飛び出して、近くのケヤキの枝に10分間ほど止まった後にどちらかに消えたが渡った様子はなかった(写真)。

モズ3羽がそれぞれの場所で高鳴きをしていた。

 

観察した鳥は以下のとおりです。

キジバト 

トビ 

サシバ 12

コゲラ 

モズ 

カケス 

シジュウカラ 

イワツバメ 

ヒヨドリ 

メジロ 

キセキレイ 

カワラヒワ 

コジュケイ 

ガビチョウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »