« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月28日 (月)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵と宇津貫緑地2015.9.21

201521日  800分~1155分 晴れ

 

宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

JR横浜線みなみ野駅→毘沙門天→宇津貫公園→クボノキ湧水→宇津貫緑地(ホタル沢、尾根道)→兵衛川→みなみ野駅のコースを歩いた。

宇津貫公園から住宅地に出た境目の所にキジのメスがいて、我々が近づくと慌てて逃げていった。

キタキチョウが目立ち、アキノノゲシの花で吸蜜しているものもあった(写真)。

Photo_2


 

以下は宇津貫緑地の中の様子である。

キジバトがエゴの実を食べていた。

エゴの実と言えばヤマガラであるが、キジバトも食べることが分かった。

蛍沢ではナンバンギセルが咲いていた。

田んぼの化かでは珍しいミズオオバコ(写真)が咲いていた。

ノササゲの花が目立った。

アオハダが赤い実を付けていた。

フクロウ巣箱に今年もスズメバチが巣をつくった。

Photo_3


観察した鳥は以下のとおりです。

キジ 1

カルガモ 1

キジバト 15

コゲラ 3

アオゲラ 1

モズ 3

ハシボソガラス 4

ハシブトガラス 7

ヤマガラ 4

シジュウカラ 7

ツバメ 3

ヒヨドリ 10

ウグイス 1

エナガ 5

メジロ 10

スズメ 69

ハクセキレイ 4

コジュケイ 2

ガビチョウ 14

アオスジアゲハ 1

アカボシゴマダラ 1

イチモンジセセリ 30

オオチャバネセセリ 2

キチョウ 40

クロアゲハ 1

クロヒカゲ 5

サトキマダラヒカゲ 2

スジグロシロチョウ 1

ツバメシジミ 2

ナミアゲハ 2

ヒカゲチョウ 10

ヒメウラナミジャノメ 1

モンキチョウ 1

ヤマトシジミ 10

ホタルガ 1

シオカラトンボ 10

ハグロトンボ 5

マユタテアカネ 2

アブラゼミ 0

ツクツクボウシ 0

アオハダ 

アキノゲシ 

アレチヌスビトハギ 

アレチハナガサ 

イヌコウジュ 

イヌタデ 

イボクサ 

イモカタバミ 

ウド 

オオニシキソウ 

オオブタクサ 

オケラ 

オトコエシ 

オモダカ 

カナムグラ 

キツネノマゴ 

キバナアキギリ 

キンエノコロ 

キンミズヒキ 

ゲンノショウコ 

コウヤボウキ 

コセンダングサ 

コナギ 

ジュズダマ 

シラヤマギク 

ススキ 

センニンソウ 

タカサブロウ 

ツユクサ 

ツリガネニンジン 

ツリバナ 

ツリフネソウ 

ツルボ 

ナンバンギセル 花実

ニラ 

ヌスビトハギ 

ノササゲ 

ノハラアザミ 

ヒガンバナ 

ヒヨドリバナ 

ヒルガオ 

ブタナ 

ヘクソカズラ 

マルバハギ 

マルバルコウソウ 

ミズオオバコ 

ミズヒキ 

ミゾソバ 

メヒシバ 

メマツヨイグサ 

モジズリ 

モミジガサ 

ヤブヅルアズキ 

ヤブマメ 

ヤブミョウガ 

ヤブラン 

ヤマハギ 

ヤマホトトギス 

ユウガギク 

ヨモギ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*種入り(稲の不耕起栽培)2015.9.20

2015年9月20日、9時00分~12時15分 晴れ

川口小学校裏の谷戸の田んぼ(種入り)で、稲の不耕起栽培をしている。

920日は822日に続いて田んぼの草取りと畦の草刈を行った。

本日も種入りの草取り作業、参加人数が少なかったため(4名)、予定の一部しかできなかった。

Photo


鳥はキジバト、シジュウカラ、モズ、ウグイスが近くにいた。

青空にタカが2羽現れた。

オオタカとノスリのようであった。

同時2羽のタカの飛翔に見とれている間はつらい田んぼの草取りの疲れを一瞬忘れさせてくれた。

 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

キジバト

オオタカ

ノスリ

モズ

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年9月22日 (火)

鳥見歩る記*大阪城公園(鳥見)2015.9.18

201518  11時5分1545分 晴れ

919日から兵庫県立大学で開催される2015年日本鳥学会に参加するため前日に大阪城公園で探鳥した。

秋の渡りの鳥達が公園に既に来ていることを期待して。

JR大阪城公園駅で下車して、先ず市民の森と音楽堂の裏へ行ってみた。

ハシブトガラス、ドバト、ヒヨドリ、スズメしかいない。

ようやくバードウオッチャーに出会ったので、どこへ行ったら鳥に会えるかと聞くと豊国神社の裏がいいという。

早速行ってみると、カメラマンが数人いた。

アキニレにムシクイの仲間が2羽いた。

頭央線がチラッと見えたのでセンダイムシクイとした。同じ樹でスズメが実を食べていた。

キビタキの綺麗なオスもいた。

少し待つと混群がやってきた。

コゲラ、エナガ、センダイムシクイ、メジロ、シジュウカラ、ヤマガラの他にコサメビタキもいた。

7種混合である。次に飛騨の森へ行くと、こちらにもカメラマンいた。

こちらではキビタキのメス(写真)、ヤブサメに会うことができた。

Photo

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト

コゲラ

ハシブトガラス

ヤマガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

ヤブサメ

エナガ

センダイムシクイ

メジロ

キビタキ

コサメビタキ

スズメ

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年9月21日 (月)

鳥見歩る記*南高尾(三沢峠から西山峠)2015.9.16

201516  8時50分1045分 晴れ

Photo_3

高尾山口駅から梅ノ木平、三沢峠と登り、西山峠から下山した。キセキレイが数ヶ所で目立った。

梅ノ木平から三沢峠に向かう沢ではカワガラスが下流方面に向かって飛んでいた。

この谷戸のた田んぼでは稲が実り、畦の彼岸花、ツルボが満開で、これぞ里山という心地良さを感じさせてくれた(写真)。

三沢峠から西山峠へ向かう途中の尾根でなんとも奇妙なハシブトガラスの声を聞いた。

オオモクゲンジが案内川沿いに数本あった(写真)。

1本の木で独特の大きな実と花の両方を同時に着けていた。これも奇妙である。

このコースではキセワタの花を期待したが空振りに終わった。

Photo_4

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 

ノスリ 

コゲラ 

アオゲラ 

モズ 

カケス 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

メジロ 

ミソサザイ 

カワガラス 

スズメ 

キセキレイ 

ハクセキレイ 

イカル 

ガビチョウ 

ミンミンゼミ 

ダイミョウセセリ 1

ツバメシジミ 1

ヒメウラナミジャノメ 3

ヤマトシジミ 5

シラフシロオビエダシャク 20

アカネ 

アキノタムラソウ 

アレチヌスビトハギ 

イタドリ 

イヌトウバナ 

オオブタクサ 

オオモクゲンジ 花実

オケラ 

オトコエシ 

カシワバハグマ 

カゼクサ 

カナムグラ 

カノツメソウ 

カラムシ 

ガンクビソウ 

キツネノマゴ 

キツリフネ 

キバナアキギリ 

キンミズヒキ 

クサノオ 

クズ 

クマツヅラ 

ゲンノショウコ 

コウヤボウキ 

コセンダングサ 

コヒルガオ 

コボタンヅル 

シモバシラ 

シュウカイドウ 

シュウブンソウ 

シラヤマギク 

シロヨメナ 

ススキ 

センニンソウ 

ダイコンソウ 

タマアジサイ 

チカラシバ 

チヂミザサ 

チャノキ 

ツユクサ 

ツリフネソウ 

ツルニンジン 

ツルボ 

ナガバノコウヤボウキ 

ニラ 

ノササゲ 

ノハラアザミ 

ノブキ 

ハグロソウ 

ハナタデ 

ヒガンバナ 

ビナンカズラ 花実

ヒメジョオン 

ヒヨドリジョウゴ 

ヒヨドリバナ 

フジカンゾウ 

ヘクソカズラ 

ボタンヅル 

マツカゼソウ 

マルバハギ 

ミズヒキ 

ミヤマフユイチゴ 

メイゲツソウ 

メマツヨイグサ 

ヤブマメ 

ヤブラン 

ヤマゼリ 

ヤマハギ 

ヤマハッカ 

ヤマホトトギス 

ユウガギク 

ヨモギ 

レモンエゴマ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*多摩川探鳥会(日野橋付近)2015.9.13

201513  8時50分1045分 晴れ

Photo

 

カワセミ月例探鳥会が多摩川の石田大橋付近から中央線鉄橋までの間で行われた。

カワウの集団採餌が圧巻であった。

300羽程度のカワウが下流側から集団で飛んできて、日野橋手前に降り、その後集団採餌が始まった(写真)。

ダイサギもそこに集まってきた。

ツバメが飛び交っていて、そこにコシアカツバメが数羽混ざっていた。

石田大橋近くの住宅のアンテナにイソヒヨドリのメスが止まっていた。

ヒガンバナが咲き、ツルボも咲いていた。

そのツルボの花にヒメウラナミジャノメが来て吸蜜していた(写真)。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ 

キジバト 

カワウ 

アオサギ 

ダイサギ 

コサギ 

トビ 

カワセミ 

モズ 

オナガ 

ハシボソガラス 

ハシブトガラス 

シジュウカラ 

ツバメ 

コシアカツバメ 

ヒヨドリ 

ムクドリ 

イソヒヨドリ 

スズメ 

ハクセキレイ 

セグロセキレイ 

カワラヒワ 

ドバト 

アカボシゴマダラ 

キチョウ 

ジャコウアゲハ 

ナミアゲハ 

ヒメウラナミジャノメ 

アキノエノコログサ 

アレチヌスビトハギ 

オオアレチノギク 

オオニシキソウ 

カタバミ 

カナムグラ 

キクイモ 

キンエノコロ 

クズ 

コセンダングサ 

ススキ 

スズメウリ 

セイバンモロコシ 

センニンソウ 

ツユクサ 

ツルマメ 

ニラ 

ヒガンバナ 

ヒメジョオン 

ヘクソカズラ 

ママコノシリヌグイ 

メドハギ 

メヒシバ 

メマツヨイグサ 

ヤブガラシ 

ヨモギ 

ワルナスビ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年9月20日 (日)

鳥見歩る記*浅川(カワセミ会ジュニアクラブ野鳥観察)2015.9.12

2015年912  8時45分1145分 晴れ

 

カワセミ会のジュニアクラブの野鳥観察。

今月は2組の親子が参加した。

コースはいつもと同じでエコ広場(八王線鉄橋)から長沼橋までの堤防を一回りした。

モズの高鳴きがあったが少し遠かったので、鋭い声には感じなかった。

ツバメが未だ飛んでいた。

ヒメアマツバメの2030羽の集団が低く飛び交っていたので、声が良く聞こえた。

カワセミが何回も顔を出したくれた。

さいかち池でゴイサギが葉影に隠れていた。

ダイサギが中央線鉄橋下の堰で魚を狙っていた(写真)。

Photo


観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

キジバト

カワウ

ゴイサギ

アオサギ

ダイサギ

コサギ

ヒメアマツバメ

イカルチドリ

イソシギ

トビ

カワセミ

モズ

オナガ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ツバメ

ヒヨドリ

ムクドリ

スズメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

ドバト

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年9月12日 (土)

鳥見歩る記*川町田んぼ2015.9.11

201511日  1025分~1140分 晴れ

Photo_3


毎月1回、川町谷戸(田んぼと雑木林)で野鳥と他の生きものの定期カウントを行っている。コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

アオサギ1羽が田んぼ来ていたが、野鳥はガビチョウを含め4種だけで低調であった。

ナツアカネが雌雄連結で稲穂の出ている田んぼで空中から卵を振り落とす打空産卵をしていた。

その数は15カップル以上であった。

田んぼの畦にヒガンバナが咲き出した。

雑木林にはタマゴタケが群生していた。数えると16株あった(写真)。

全身真っ赤なショウジョウトンボが2匹いた(写真)

Photo_4


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 4

アオサギ 1

ハシブトガラス 2

ヒヨドリ 6

ガビチョウ 2

イチモンジセセリ 20

オオチャバネセセリ 1

キチョウ 8

コミスジ 1

ヒメウラナミジャノメ 2

ヤマトシジミ 5

オオシオカラトンボ 1

シオカラトンボ 35

ショウジョウトンボ 2

ナツアカネ 40

ハグロトンボ 1

アブラゼミ 

ツクツクボウシ 

ミンミンゼミ 

アキノエノコログサ 

アキノゲシ 

アキノタムラソウ 

イヌガラシ 

イヌタデ 

ウド 

オオアレチノギク 

オオブタクサ 

オトコエシ 

オモダカ 

カタバミ 

カナムグラ 

カヤツリグサ 

カラムシ 

キツネノマゴ 

キンエノコロ 

クズ 

ゲンノショウコ 

シラヤマギク 

センニンソウ 

タカサブロウ 

ツユクサ 

ツリガネニンジン 

ツルボ 

テンツキ 

トキワハゼ 

ヌスビトハギ 

ノハラアザミ 

ノブキ 

ハハコグサ 

ヒガンバナ 

ヒデリコ 

ヒメジョオン 

ヒヨドリバナ 

ボントクタデ 

ママコノシリヌグイ 

ミズヒキ 

ヤブラン 

ヨウシュヤマゴボウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*上柚木公園(野鳥定期カウント)2015.9.10

201510 8時00分~10時5分 曇り

Photo

 

公益財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団からの依頼による上柚木公園の9月度の野鳥調査を行った。

ヒマアマツバメが上空に1羽、ヤマガラが街路樹に1羽現れた。

キアゲハがイタドリの葉にじっと止まっていた(写真)。

ヤマホトトギスが咲いていた。

ヤマボウシの実が熟し食べてみたら美味しかった(写真)。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 6

ヒメアマツバメ 1

オナガ 2

ハシボソガラス 7

ハシブトガラス 1

ヤマガラ 1

シジュウカラ 8

ヒヨドリ 14

スズメ 33

ハクセキレイ 3

コジュケイ 4

ガビチョウ 2

キアゲハ 1

キチョウ 2

ダイミョウセセリ 1

ヒメウラナミジャノメ 25

ヤマトシジミ 10

アブラゼミ 

ツクツクボウシ 

ミンミンゼミ 

アカバナユウゲショウ 

アキノエノコログサ 

イタドリ 

イヌホオズキ 

オオニシキソウ 

オオブタクサ 

カヤツリグサ 

キツネノマゴ 

キンエノコロ 

クズ 

コブシ 

シラヤマギク 

スズメノヒエ 

ツユクサ 

ツルボ 

トチノキ 

ヒメジョオン 

ヒメムカシヨモギ 

ヒヨドリバナ 

ブタナ 

メヒシバ 

ヤブラン 

ヤマハギ 

ヤマボウシ 

ヤマホトトギス 

ワルナスビ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年9月11日 (金)

鳥見歩る記*多摩川の谷地川合流付近(野鳥カウント)2015.9.6

2015年9月6日、8時00分~10時20分 晴れ

多摩川の谷地川合流付近で野鳥のカウントを行った。

中央線鉄橋から約500m上流の中州の丸石河原にタシギが1羽いた。

モズが8羽出た。

一定の間隔をおいて高鳴きをしていた(高鳴きは今シーズン初認)。

セッカ、オオヨシキリのさえずりが数ヶ所であった。

草の刈られた堤防では約50羽のムクトドリの集団が採餌していた。

ゴール手前の残土置き場付近でコシアカツバメ5羽がツバメに混じって飛んでいた。

八王子水再生センターからの下水処理水の水路にはカルガモ20羽以上の集団がいた(写真)。

通称ひょうたん池にはバンが2羽いた。

Photo_2


 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

カルガモ 30

キジバト 17

カワウ 9

アオサギ 6

ダイサギ 4

バン 2

タシギ 1

イソシギ 2

モズ 8

ハシボソガラス 4

シジュウカラ 7

ツバメ 45

コシアカツバメ 5

ヒヨドリ 20

メジロ 1

オオヨシキリ 3

セッカ 6

ムクドリ 70

スズメ 90

キセキレイ 1

ハクセキレイ 11

セグロセキレイ 4

カワラヒワ 6

ガビチョウ 8

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*水辺の環境教室(浅川)2015.9.5

2015年9月5日、10時00分~12時20分 晴れ

八王子市水辺の環境教室で小学校6年生に野鳥の観察指導をした。

場所は浅川の鶴巻橋上流側。

八王子市子供の水辺協議会と八王子科学センター主催の水辺の環境教室が毎年9月に浅川で開催されるもの。

理科に興味を持つ八王子市内の小学校6年生約150名が集まって来る。

魚、水生昆虫、野鳥の3班に分けて、45分ずつ3回行って参加児童全員が3分野の観察をできる仕組み。

この時期は野鳥の観察には不向きであるが、全体では16種が観察された。

カワセミと秋を告げるモズは第3班で観察された。

1,2班はダイサギ(写真)とコサギの同時観察、イソシギの観察ができた。

鳥は移動するので、全ての班で全ての鳥を観察出来ないのは止むを得ない。

Photo


 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

キジバト

アオサギ

ダイサギ

コサギ

イソシギ

トビ

カワセミ

モズ

ハシボソガラス

シジュウカラ

ツバメ

ヒヨドリ

スズメ

セグロセキレイ

カワラヒワ

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年9月 9日 (水)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース) 2015.9.4

2015年9月4日、11時30分~15時35分 晴れ

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

 

鳥は4号路でアオゲラの声を聞いた程度で、低調であった。

オクモミジハグマ(写真)、カシバワハグマが咲き出した。

オオカモメヅルが富士道で目立たない小さな花を咲かせていた。

タマゴタケが蛇滝から2号路に出る間の登山道脇に出ていた。

チョウは少なく、アサギマダラがいただけであった。

Photo_2


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 2

アオゲラ 1

ハシブトガラス 4

ヒヨドリ 1

ガビチョウ 2

アサギマダラ 1

ダイミョウセセリ 1

ヒカゲチョウ 1

ミドリヒョウモン 1

アブラゼミ 

ツクツクボウシ 

ミンミンゼミ 

タマゴタケ 

イノコズチ 

ウド 

ウマノアシガタ 

ウマノミツバ 

オオカモメヅル 

オオヤマハコベ 

オクモミジハグマ 

カシワバハグマ 

カラムシ 

ガンクビソウ 

キジョラン 

キハギ 

クズ 

ゲンノショウコ 

コアカソ 

シモバシラ 

シュウブンソウ 

シラヤマギク 

ススキ 

ダイコンソウ 

タマアジサイ 

トネアザミ 

ヌスビトハギ 

ノササゲ 

ノブキ 

ハエドクソウ 

ハキダメギク 

ハグロソウ 

ハナタデ 

ヒヨドリバナ 

フジカンゾウ 

マツカゼソウ 

ミズヒキ 

ムラサキニガナ 

メナモミ 

モミジカラマツ 

ヤクシソウ 

ヤブミョウガ 

ヤブラン 

ヤマホトトギス 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2015.9.4

20154日1021分~1125分 晴れ

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

 

セミの声が多く、鳥は種数が少なかったが、キジバト2羽が道の直ぐ近くで採餌する姿に出会った(写真)。

ママコノシリヌグイの花にイチモンジセセリが多数集まっていた。

梅林の下草のヒメウラナミジャノメが目立った。

ヒガンバナが咲き出した。

キクイモの黄色い花が目立った。

Photo

 

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 2

ハシブトガラス 2

シジュウカラ 4

ヒヨドリ 4

メジロ 2

キセキレイ 3

ガビチョウ 2

イチモンジセセリ 25

キチョウ 8

コジャノメ 1

スジグロシロチョウ 2

ツマグロヒョウモン 1

ヒメウラナミジャノメ 35

ベニシジミ 1

ヤマトシジミ 8

アブラゼミ 

ツクツクボウシ 

ミンミンゼミ 

アキノエノコログサ 

アキノタムラソウ 

イヌトウバナ 

イノコズチ 

ウマノミツバ 

エノコログサ 

オオブタクサ 

オトコエシ 

オニドコロ 

カヤツリグサ 

カラムシ 

キクイモ 

キツネノマゴ 

キンエノコロ 

キンミズヒキ 

コウゾ 

シュウカイドウ 

ススキ 

センニンソウ 

タマアジサイ 

チヂミザサ 

ツユクサ 

ニラ 

ヌスビトハギ 

ノハラアザミ 

ノブキ 

ハグロソウ 

ヒガンバナ 

ヒヨドリバナ 

ヒルガオ 

フジカンゾウ 

ヘクソカズラ 

ボタンヅル 

マツカゼソウ 

ママコノシリヌグイ 

ミズヒキ 

メマツヨイグサ 

ヤブヅルアズキ 

ヤブラン 

ヨウシュヤマゴボウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年9月 5日 (土)

鳥見歩る記*高月水田 2015.9.2

Photo_2


20
15
年9月2日、13時35分~15時15分 晴れ

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

 

チュウサギ7羽が田んぼと浄水場の池を行き来していた。

口角が目の下で止まっているので、ダイサギでなく、チュウサギとした。

田んぼにコバネイナゴが増えてきたので、これを狙っているのかも知れない。

ツバメの渡りか、30羽の群、次に10羽の群が現れた。

スズメが集まってきた。

300羽の集団で、防鳥網のない出穂した稲穂に集まっていた。

シオカラトンボ、ウスバキトンボが目立った。

水を張って草を取った田んぼではギンヤンマが産卵していた。オスのブルー、メスのグリーンの胴体が鮮やかである(写真)。

久し振りにやってきた猛暑の中のカウントで「熱中症気味」になり、ほとほとに疲れた。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 1

アオサギ 1

ダイサギ 2

トビ 1

ハシボソガラス 4

ツバメ 40

スズメ 300

ハクセキレイ 1

セグロセキレイ 2

イチモンジセセリ 5

ウラギンシジミ 2

ナミアゲハ 1

ベニシジミ 2

モンキチョウ 3

モンシロチョウ 1

ヤマトシジミ 5

ウスバキトンボ 50

オニヤンマ 3

シオカラトンボ 70

ハグロトンボ 5

マユタテアカネ 1

ミヤマアカネ 20

エノコログサ 

オオニシキソウ 

オヒシバ 

オモダカ 

カタバミ 

カヤツリグサ 

キンエノコロ 

シロツメクサ 

スズメノヒエ 

タカサブロウ 

テンツキ 

ハキダメギク 

ヘクソカズラ 

メヒシバ 

ヤブガラシ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2015.9.2

2015日、1245分~13時25分 晴れ

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、一部ワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

 

セッカ1羽が鳴かずにオギの原の上を行ったり来たりしていた。

ミサゴが昭和用水堰の上空を飛んでいて、急降下した。

右岸河原の上空にもやってきた。

河原を歩いていると足元近くでコジュケイが地鳴きをしながらがさついていた。

メドハギが咲きだした。目立たないがマメ科の綺麗な花である(写真)。

Photo


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 2

ミサゴ 1

ハシボソガラス 2

セッカ 1

スズメ 2

コジュケイ 4

ガビチョウ 2

イチモンジセセリ 15

ウラギンシジミ 1

キアゲハ 2

キチョウ 7

キマダラセセリ 2

コミスジ 1

サトキマダラヒカゲ 1

スジグロシロチョウ 2

ツバメシジミ 5

ヒカゲチョウ 1

ヒメウラナミジャノメ 4

ミヤマチャバネセセリ 2

ヤマトシジミ 7

ウスバキトンボ 20

シオカラトンボ 15

ミヤマアカネ 20

アブラゼミ 

ツクツクボウシ 

アカバナユウゲショウ 

アキノエノコログサ 

アレチハナガサ 

エノコログサ 

オオイヌタデ 

オオブタクサ 

ガガイモ 

カヤツリグサ 

カラムシ 

キツネノマゴ 

キンエノコロ 

キンミズヒキ 

クズ 

コセンダングサ 

セイバンモロコシ 

センニンソウ 

ツユクサ 

ツルマメ 

ヒメジョオン 

ヒメムカシヨモギ 

ヘクソカズラ 

ママコノシリヌグイ 

メドハギ 

メマツヨイグサ 

ヤブガラシ 

ヤブラン 

ワルナスビ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »