« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月26日 (日)

鳥見歩る記*豊田南公園(キジの巣)2015.7.24

201524  10時30分1200分 晴れ

淺川左岸、平山橋の下流に豊田南1号公園という草地の公園がある。

この公園は刈られた草地に誰でも自由に出入り出来るようになっている。

サッカーの練習をする人、幼稚園の遊び場、紙飛行機を飛ばす人等々様々な利用がされている。

ヒバリにとっても重要な生息地になっている。

今年は公園の一部をヒバリの営巣地確保という目的で地元町会は草を刈らずに立入禁止にしてくれた。

その結果23番が営巣した模様である。

そのヒバリが巣立ったので、どこに巣があるかの調査をした(写真)。

30℃を超す炎天下で汗だくとなった。

Photo


残念ながらヒバリの巣を見つけることは出来なかったが、キジの巣を見つけることができた(写真)。

卵が8個あった。どういう訳か親は放棄してしまったらしく、卵は既に腐敗していた。

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。

ヒバリ

ツバメ

スズメ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年7月25日 (土)

鳥見歩る記*底沢峠から陣場山2015.7.22

201522  8時20分1420分 晴れ

陣場高原下バス停から底沢峠に出て、陣場山に登り、和田峠経由で陣場高原バス停まで歩いた。

山は風が吹いていて、涼しかった。

陣場山頂ではツバメが気持ちよさそうに飛んでいた。

山頂ではウツボグサ、コウゾリナ、モジズリ、クルババナ、ニガナ、コカモメヅル、チダケサシなどが綺麗に咲き、スズサイコも地味な花を着けていた。

陣場山から和田峠への途中でシモバシラが咲いていた(写真)。

Photo


シモバシラが咲くのは未だ早過ぎる気がする。

陣場高原下バス停の山下屋さんで生麦酒とお酒を飲んで疲れを癒した(写真)。

ショウガと舞茸が美味しかった。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 

ホトトギス 

アオゲラ 

カケス 

ハシブトガラス 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

クロツグミ 

アオスジアゲハ 1

イチモンジチョウ 2

オナガアゲハ 3

キアゲハ 1

コミスジ 3

サカハチチョウ  3

ジャノメチョウ 2

スジグロシロチョウ 5

ツマグロヒョウモン 3

モンキアゲハ 1

ルリシジミ 3

ウスバキトンボ 30

オニヤンマ 2

アキノタムラソウ 

イヌトウバナ 

ウツボグサ 

ウマノミツバ 

オオバジャノヒゲ 

オトギリドウ 

カノツメソウ 

キクバドコロ 

キヌタソウ 

キバナアキギリ 

キンミズヒキ 

クズ 

クルマバナ 

コカモメヅル 

コウゾリナ 

シモバシラ 

スズサイコ 

タケニグサ 

タマアジサイ 

チダケサシ 

ツユクサ 

トチバニンジン 花実

ニガナ 

ヌスビトハギ 

ハエドクソウ 

ヒメドコロ 

ヒメヒオウギズイセン 

ヒメヤブラン 

ヒヨドリバナ 

ミズヒキ 

ミツバ 

モジズリ 

モミジガサ 

ヤブミョウガ 

ヤマユリ 

ヨツバムグラ 

レンゲショウマ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

| | コメント (0)

2015年7月24日 (金)

鳥見歩る記*長坂から日野春(オオムラサキの里山歩き)2015.7.21

201521  10時10分1520分 晴れ

Photo

山梨県北杜市の長坂にオオムラサキの観察に行った。

長坂駅から深沢を通って日野春駅まで10kmの里山道の散策である。

山梨県農業大学校を過ぎ、深沢橋の所でオオムラサキを探すも、今年はなかなか見つからない。

ようやく田んぼの片隅にある作業小屋にいた♂1匹を見つけた(写真)。

その後でオオムラサキは2匹に出会ったが今年は不作なのか、又は時期が合わなかったのか、それだけであった。

田んぼの広がる集落に出るとノスリが鳴きながらゆったりと何回も飛んでくれた。

近くに巣があると思われる。

イタチササゲ(写真)が咲いていた。

萩の仲間は他にヤマハギ、マルバハギも咲いていた。

キツネノカミソリ、カワラナデシコ、ワレモコウ、コイケマのども咲いていた。

セミ4種が揃って鳴いてくれた。

適度な風が吹いてくれて、心地よい里山歩るきであった。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

74 キジバト 

342 トビ 

358 ノスリ 

397 アオゲラ 

436 ハシブトガラス 

442 ヤマガラ 

457 ツバメ 

463 ヒヨドリ 

464 ウグイス 

485 メジロ 

518 クロツグミ 

569 スズメ 

573 キセキレイ 

587 カワラヒワ 

610 ホオジロ 

901 コジュケイ 

2000 オオチャバネセセリ 

2000 オオムラサキ 

2000 カラスアゲハ 

2000 キアゲハ 

2000 キチョウ 

2000 ゴイシシジミ 

2000 コミスジ 

2000 ジャノメチョウ 

2000 モンキチョウ 

2000 モンシロチョウ 

2000 ヤマトシジミ 

3000 オニヤンマ 

3000 ハラビロトンボ 

3000 ミヤマアカネ 

3500 アブラゼミ 

3500 ニイニイゼミ 

3500 ヒグラシ 

3500 ミンミンゼミ 

10000 イタチササゲ 

10000 イヌゴマ 

10000 ウメガサソウ 

10000 オミナエシ 

10000 ガガイモ 

10000 カワラナデシコ 

10000 キツネノカミソリ 

10000 キハギ 

10000 クサノオ 

10000 クズ 

10000 コイケマ 

10000 コウゾリナ 

10000 ダイコンソウ 

10000 タカトウダイ 

10000 チダケサシ 

10000 ヌスビトハギ 

10000 ノカンゾウ 

10000 ハエドクソウ 

10000 ヒメヤブラン 

10000 マルバハギ 

10000 モジズリ 

10000 ヤマハギ 

10000 ユウガギク 

10000 ヨウシュヤマゴボウ 

10000 リョウブ 花終わる

10000 ワレモコウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年7月18日 (土)

鳥見歩る記*暁町保全緑地2015.7.18

201518  11時00分1200分 小雨

Photo_3

小雨が降っていたが、暁町保全緑地を歩いてみた。

ウグイスが2ヶ所でさえずっていた。

メジロの10羽程の集団が移動していた。

ツバメは先月もそうであったが、何故か1羽だけであった。

ウスバキトンボの集団が飛んでいた。よく見ると地面に近い方にはミヤマアカネがいた。

アカボシゴマダラ、ムラサキシジミなどチョウの方が鳥より種類が多かった。

今年もヤマユリの大きな花が目立ったが、シオデはひっそりと花を咲かせていた(写真)。

タマゴタケの小さいのが顔を出していた(写真)。

Photo_4


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 1

ハシブトガラス 5

シジュウカラ 4

ツバメ 1

ヒヨドリ 6

ウグイス 2

メジロ 12

スズメ 5

ガビチョウ 2

アカボシゴマダラ 1

キチョウ 8

クロヒカゲ 7

コミスジ 3

スジグロシロチョウ 10

ダイミョウセセリ 1

ヒカゲチョウ 2

ヒメウラナミジャノメ 1

ムラサキシジミ 2

モンキアゲハ 1

モンシロチョウ 5

ルリシジミ 2

ウスバキトンボ 30

ミヤマアカネ 12

ニイニイゼミ 

タマゴタケ 

アキノタムラソウ 

ウワミズザクラ 

オニドコロ 

シオデ 

シュロソウ 

ススキ 

チダケサシ 

ネムノキ 

ノブドウ 

ヒメヤブラン 

ヒヨドリバナ 

ヘクソカズラ 

ヘビイチゴ 

ヤマユリ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*裏高尾日影沢から小仏城山2015.7.15

20155  8時50分1300分 晴れ

Photo

日影沢林道から小仏城山に登り、一丁平を経由して萩沢作業道を日影沢に下った。

ウグイスがさえずっていたが、小仏城山山頂近くではホトトギスのさえずりの方が多かった。

日影沢林道の小仏城山近くではテリハノイバラ、キキョウが綺麗な花を咲かせていた。

タマアジサイ、ユウガギク、ミヤマタニワタシ、ジャコウソウ、ダイコンソウが咲きだした。

一丁平でオカトラノオの花にメスグロヒョウモンのメスが来ていた(写真)。

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。

ホトトギス 

アオゲラ 

カケス 

ハシブトガラス 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

ホオジロ 

ガビチョウ 

イチモンジチョウ 3

オオイチモンジ 1

オナガアゲハ 1

カラスアゲハ 5

キチョウ 7

コミスジ 5

サカハチチョウ  15

スジグロシロチョウ 10

スミナガシ 2

テングチョウ 10

ミドリヒョウモン 2

ミヤマカラスアゲハ 2

ヤマトシジミ 1

ルリシジミ 2

カワトンボ 2

ニイニイゼミ 

アカメガシワ 

アキノタムラソウ 

ウツボグサ 

ウマノアシガタ 

ウマノミツバ 

オオバギボウシ 

オオバジャノヒゲ 

オカトラノオ 

カノツメソウ 

キキョウ 

コウゾリナ 

ジャコウソウ 

ダイコンソウ 

タカトウダイ 

タケニグサ 

タニタデ 

タマアジサイ 

ツユクサ 

ヌスビトハギ 

ノアザミ 

ハエドクソウ 

ハグロソウ 

ヒメヒオウギズイセン 

ヒヨドリバナ 

ミズヒキ 

ミツバ 

ミヤマタニワタシ 

ムラサキニガナ 

ヤブミョウガ 

ヤマテリハノイバラ 

ヤマユリ 

ユウガギク 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年7月15日 (水)

鳥見歩る記*川町田んぼ2015.7.14

201515日  900分~10分 晴れ

 

毎月1回、川町谷戸(田んぼと雑木林)で野鳥と他の生きものの定期カウントを行っている。コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

Photo


カルガモが田んぼの畦に2羽、田んぼの中に2羽いた。

全て成鳥で雛はいなかった。

シイタケのホダギが置いてある雑木林で盛んに鳴いている鳥がいた。

アオゲラ2羽で、ヒヨドリ4羽が一緒であった。

同じ雑木林にはエナガ、メジロ、シジュウカラの混群もいた。

ヒグラシがカナカナカナではないが、昼間の一声を出していた。

イヌゴマの花が目立ち、ツルニガクサも数株あった。

チダケサシ、オカトラノオの花はピークを過ぎていた。

ウスバキトンボが集団で飛んでいた。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ 4

キジバト 4

アオサギ 1

アオゲラ 2

ハシブトガラス 4

シジュウカラ 2

ヒヨドリ 12

ウグイス 3

エナガ 4

メジロ 4

スズメ 4

セグロセキレイ 1

ガビチョウ 4

キチョウ 3

コミスジ 1

スジグロシロチョウ 5

ミズイロオナガシジミ 1

モンシロチョウ 1

ヤマトシジミ 3

ウスバキトンボ 70

オオシオカラトンボ 2

ギンヤンマ 2

コシアキトンボ 2

シオカラトンボ 15

ハラビロトンボ 2

ヒグラシ 3

キリギリス 2

アカバナユウゲショウ 

アキノタムラソウ 

イヌゴマ 

イヌホオズキ 

ウマノアシガタ 

オオバギボウシ 

オカトラノオ 

オッタチカタバミ 

コヒルガオ 

チダケサシ 

ツユクサ 

ツルニガクサ 

ハキダメギク 

ヒメジョオン 

ヘクソカズラ 

ホタルブクロ 

ヤブガラシ 

ヤブカンゾウ 

ヨウシュヤマゴボウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年7月14日 (火)

鳥見歩る記*醍醐の里2015.7.12

20152  8時55分1330分 晴れ

Photo_3

 

カワセミ会月例探鳥会で醍醐の里を歩いた。

上恩方の夕焼け小焼け文化公園から醍醐の道をににく沢出会いまでの往復である。

オオルリのオスが2ヶ所でよくさえずっていた。

ウグイスがあちこちでよくさえずっていたが、ホトトギスは現れなかった。

エナガ、シジュウカラなどの巣立ち雛を含む混群に出会った。

終点のににく沢出会いのところではミソサザイ、クロツグミがよくさえずってくれた。

イノシシの親子が檻に捕まってもがいていた。ヤマユリが綺麗に咲いていた(写真)。キツネノカミソリ(写真)、ボタンズルがもう咲き出した。

サワギクがことしも可憐な花をつけていた。

Photo_4


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 

コゲラ 

カケス 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

シジュウカラ 

ツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

エナガ 

メジロ 

ミソサザイ 

カワガラス 

クロツグミ 

オオルリ 

スズメ 

キセキレイ 

カワラヒワ 

コジュケイ 

イチモンジチョウ 1

ウラナミシジミ 1

カラスアゲハ 1

キチョウ 10

コミスジ 3

サカハチチョウ  2

スジグロシロチョウ 15

スミナガシ 1

ナミアゲハ 2

ベニシジミ 1

ミスジチョウ 1

ムラサキシジミ 1

ヤマトシジミ 5

ミヤマカワトンボ 1

カジカガエル 5

アオツヅラフジ 

アカバナユウゲショウ 

ウマノアシガタ 

カラスビシャク 

キツネノカミソリ 

クサノオ 

コマツナギ 

サワギク 

シラキ 

ハエドクソウ 

ハンゲショウ 

ヒメヒオウギズイセン 

ホタルブクロ 

ボタンヅル 

ヤブカンゾウ 

ヤマノイモ 

ヤマホタルブクロ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記*浅川(カワセミ会ジュニアクラブ野鳥観察)2015.7.11

201511  8時55分1125分 晴れ

Photo

 

カワセミ会のジュニアクラブの野鳥観察。

今月は3組の親子が参加した。

コースはいつもと同じでエコ広場(八王線鉄橋)から長沼橋までの堤防を一回りした。

長沼橋付近の上空にトビ2羽が同時に現れて帆翔、うち1羽のトビにツミが攻撃を何回もした。

ホオジロのオスが3ヶ所でさえずっていた(写真)。

メスは見当たらなかったので、近くの巣で抱卵しているのかも知れない。

ヤブカンゾウ、ワルナスビが堤防で満開となっていた。

本格的な夏空になり、参加した子ども達は中央線鉄橋下で水ガキになった(写真)。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ 

キジバト 

カワウ 

アオサギ 

ダイサギ 

ヒメアマツバメ 

イカルチドリ 

イソシギ 

トビ 

ツミ 

カワセミ 

コゲラ 

チョウゲンボウ 

ハシボソガラス 

ハシブトガラス 

シジュウカラ 

ツバメ 

イワツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

メジロ 

ムクドリ 

スズメ 

セグロセキレイ 

カワラヒワ 

ホオジロ 

ドバト 

タマムシ 

ヤブカンゾウ 

ワルナスビ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年7月10日 (金)

鳥見歩る記*小山田緑地(読売文化センター野鳥講座)2015.7.8

2015  10時50分時40分 曇り後雨

読売文化センターの講座で今月は小山田緑地に行った。

多摩センター駅から日大三校行のバスに乗り扇橋で下車。

先ず公園の管理事務所に行って情報を入手、今年はサンコウチョウ、キビタキが繁殖したという。

ここは本園の他にアサザ池、トンボ池が離れて点在している。

先ず本年を歩いた。

雑木林のエリアと草地のエリアが見事に分かれていた。

ガビチョウが目立ち、ウグイス、ホトトギスがよく鳴いていた。

アオゲラの声も聞こえる。

溜池でカワセミを期待したが、姿が見えず、キビタキの声が不明確であるが聞こえてきた。

アサザの池に向かう途中のつり橋でエナガの小集団に出会った。

アサザ池では、アサザ(写真)とコウホネが咲いていた。ここで雨が本降りになって来たので、トンボ池に行くのは中止した。

帰路大泉寺の境内でアオゲラの姿を確認できたのが、救いであった。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

ホトトギス

アオゲラ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ツバメ

ヒヨドリ

ウグイス

エナガ

メジロ

キビタキ

スズメ

ホオジロ

ガビチョウ

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*富士山麓(中の茶屋、奥庭荘)2015.7.7

20157日 曇り(一時小雨)

Photo

カワセミ会の富士山麓探鳥会に参加した。

吉田登山口の中ノ茶屋でバスを降りるとウグイス、キビタキのさえずりが飛びこんできた。

カッコウ、ホトトギスの声、ビンズイ、ヒガラは姿も確認。この辺り赤松の林が美しい。

クモキリソウ、ヤマオダマキ、ウツギ、シモツケ、サワギクなどが花を咲かせていた。

フジザクラの熟した実、チョウセンゴミシの青い実もあり、シャクジョウソウも顔を出していた。

その後、スバルラインを富士山5合目まで行った。

気温が低く、雨も降ってきた。

お中道を歩く本隊と別れて、5号目の佐藤小屋までの往復と奥庭荘までの散策を行った。

佐藤小屋往復では、シロバナヘビイチゴ、ツマトリソウ、マイヅルソウ、ベニバナイチヤクソウなどの花を観察した。

奥庭荘の野鳥の水浴場は雨のためか、ルリビタキが一度姿を見せてくれただけであった(写真)。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

ホトトギス 

カッコウ 

コゲラ 

ホシガラス 

ハシブトガラス 

ヒガラ 

ウグイス 

メボソムシクイ 

ルリビタキ 

キビタキ 

キセキレイ 

ビンズイ 

ホオジロ 

アカショウマ 

イワツメクサ 

ウツギ 

クサイチゴ 

クモキリソウ 

コケモモ 

サワギク 

シモツケ 

シャクゾウソウ 

シロバナヘビイチゴ 

チョウセンゴミシ 

ツマトリソウ 

ナナカマド 

ハクサンシャクナゲ 

フジザクラ 

ベニバナイチヤクソウ 

マイヅルソウ 

ヤマアジサイ 

ヤマオダマキ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年7月 9日 (木)

鳥見歩る記*高月水田 2015.7.4

2015年7月4日、10時27分~12時20分 晴れ

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

Photo_2


休耕田にコチドリ(写真)6羽が集まっていた。

巣立ち雛が混じっていたようである。

採餌していたので、餌場として休耕田を利用していたものと思われる。

同じ休耕田にセグロセキレイの幼虫も来ていた。

田植の終わった田んぼにアオサギ、ダイサギ、コサギが来ていた。

ダイサギ6羽はチュウサギのようにも見えたが、一緒にいたアオサギとほぼ同じ大きさであった。

今年もアイガモ田が2ヶ所あり、可愛いアイガモの雛が田んぼに放たれていた。

羽化直後のウスバキトンボ、ミヤマアカネ、アキアカネが稲にとまっていた。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ 4

アオサギ 4

ダイサギ 6

コサギ 1

コチドリ 6

カワセミ 1

ハシボソガラス 8

ツバメ 12

ムクドリ 60

スズメ 150

ハクセキレイ 8

セグロセキレイ 10

ベニシジミ 2

モンシロチョウ 70

ヤマトシジミ 6

アキアカネ 1

ウスバキトンボ 1

ギンヤンマ 1

シオカラトンボ 6

ハラビロトンボ 1

ミヤマアカネ 10

アカツメクサ 

アカバナユウゲショウ 

イヌガラシ 

オオジシバリ 

コヒルガオ 

シロツメクサ 

スズメノヒエ 

ハキダメギク 

ヒメジョオン 

ヒルガオ 

ブタナ 

ヘクソカズラ 

ヘラオオバコ 

ムシトリナデシコ 

ヤブガラシ 

ヤブラン 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2015.7.4

2015日、40分~10時20分 曇り

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、一部ワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

Photo


 

ウグイスのさえずりの他は野鳥では特記事項無し。

ギンイチモンジセセリ(写真)が草から出て来て石の上にとまった。

他にチョウではヒメウラナミジャノメが目立った。

カワラニガナが未だ咲いていた。

オギの葉を畳んだカバキコマチグモが目立った。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 1

シジュウカラ 2

ツバメ 2

ヒヨドリ 2

ウグイス 2

オオヨシキリ 1

スズメ 2

ハクセキレイ 1

ホオジロ 2

コジュケイ 2

ガビチョウ 6

オオチャバネセセリ 3

キチョウ 2

ギンイチモンジセセリ 1

ツバメシジミ 5

ヒメウラナミジャノメ 10

ベニシジミ 6

モンシロチョウ 20

オオシオカラトンボ 1

カバキコマチグモ 10

アカツメクサ 

アカバナユウゲショウ 

アレチハナガサ 

ウシハコベ 

オッタチカタバミ 

カワラニガナ 

シロツメクサ 

ツユクサ 

ハルシャギク 

ヒメジョオン 

ヘラオオバコ 

マメグンバイナズナ 

メマツヨイグサ 

ヤブガラシ 

ワルナスビ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年7月 8日 (水)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2015.7.2

20157月2日、25分~1415分 小雨

 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

 

アカショウビンを2羽観察した。

2号路から4号路に入り、深山橋方面に少し進むと声が聞こえてきた。

深山橋方面に進んで行くと、1号路の女坂の方から声が聞こえ、一旦声が遠ざかった後、再び近くから声が聞こえてきた。

深山橋に着くと、谷の反対側の斜面(西側)の林からも声が聞こえてきて、鳴き交わすような感じであった。

同時2羽の観察である。

深山橋を渡ると声は下流の方に移動して、その後鳴きやんだ。

3名で姿を探したが、姿は確認できなかった。

1030分から約10間のことで、この間にアカショウビンは鳴き続けていた。

誰か人による録音した音の流しも疑ったが、そのような素振りの人はいなかったこと、女坂からの声が一旦遠ざかりまた近づいてきたこと、観察者3名が深山橋を渡ったあと、西側の斜面の声が谷の下流側に移動したことと等から本物のアカショウビンと推定した。

花の盛りは過ぎたが、4号路深山橋の袂付近でイワガラミの大きな株を観察した。

帰路、富士道でオオカモメヅル、1号路であオスづラン、ツチアケビ(写真)の花に出会った。

Photo_3


 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

キジバト 5

アカショウビン 2

コゲラ 3

アオゲラ 3

ハシブトガラス 6

ヒガラ 8

シジュウカラ 20

ヒヨドリ 20

ウグイス 5

ヤブサメ 1

メジロ 12

クロツグミ 2

キビタキ 14

オオルリ 2

イカル 5

ガビチョウ 12

スジグロシロチョウ 5

カワトンボ 3

アオスズラン  花

アカショウマ 

アカメガシワ 

イイギリ 落花

イチヤクソウ 

イワガラミ 花終わる

イワタバコ 

ウマノミツバ 

オオカモメヅル 

オオバジャノヒゲ 

キツネノボタン 

ギンリョウソウ 

タニタデ 

タマアジサイ 

ツチアケビ 

ハエドクソウ 

ヒメヒオウギズイセン 

ヒメヤブラン 

ヒヨドリバナ 

ミツバ 

ムラサキシキブ 

ムラサキニガナ 

リュウノヒゲ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2015.7.2

20152日00分~20分 曇り

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

Photo

 

ツバメ約30羽が駒木野病院付近で集団飛翔していた。

巣立ち雛混じりと思われる。

小仏川の上椚田橋上流側の河原にシソ科のメハジキ(写真)が咲いていた。

この辺りでのメハジキは珍しい。

梅郷橋を過ぎて天神梅林の下のはシロテンマ(写真)が花を突き出していた。

Photo_2

 

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 2

ホトトギス 1

ハシボソガラス 2

シジュウカラ 20

ツバメ 30

ヒヨドリ 15

ウグイス 2

スズメ 2

キセキレイ 3

カワラヒワ 2

ガビチョウ 4

サトキマダラヒカゲ 1

カワトンボ 2

ミヤマカワトンボ 3

カジカガエル 7

アカショウマ 

アカメガシワ 

ウマノミツバ 

オカトラノオ 

キササゲ 

クサノオ 

シロテンマ 

セイヨウタンポポ 

タケニグサ 

ツタバウンラン 

ツユクサ 

ナワシロイチゴ 

ニガキ 

ネムノキ 

ハエドクソウ 

ハキダメギク 

ヒメジョオン 

ヒルガオ 

ホタルブクロ 

ミミガタテンナンショウ 

ムラサキニガナ 

メハジキ 

ヤブカンゾウ 

ヤブニンジン 

ヨウシュヤマゴボウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年7月 5日 (日)

鳥見歩る記*大潟村(チュウヒの営巣)2015.7.1

20151日 曇り(一時小雨)

Photo_3


久しぶりに大潟村に行ってみた。

今回は秋田駅からレンターカーで行った。

大潟村道の駅で案内をお願いしておいたT氏と落ち合った。

道の駅に隣接する干拓博物館で、チュウヒの繁殖を記録した映像を先ず観察した。

その後、大潟草原鳥獣保護区内の野鳥観測ステーションに行った。

防風林ではアオサギ、ゴイサギ、ダイサギなどの大きなコロニーが形成され、草地ではコヨシキリ(写真)が盛んに鳴いていた。

ここはチュウヒの営巣地にもなっているということで、巣に帰って来ると思われるチュウヒの飛翔がよく観察できた。

再び道の駅の近くに戻り、ここではオオセッカが観察できた。

また、巣箱で営巣するアリスイも観察できた。

次に生態系公園へ行った。

ここ秋田の豊かな自然や、野山の風景をモデルにして作られた公園ということで、アオジ、クロツグミ、アカゲラ、カケスなどが観察できた。

大潟村ではカッコウが多く、最後に広大な田んぼの農道を走ってみるとホオアカ、モズの他に用水路にカワセミ、防風林にコムクドリがいた。

 

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト

ゴイサギ

アオサギ

ダイサギ

コサギ

カッコウ

トビ

チュウヒ

ノスリ

カワセミ

アリスイ

アカゲラ

モズ

カケス

ハシボソガラス

ヒバリ

ツバメ

ヒヨドリ

ウグイス

オオセッカ

オオヨシキリ

コヨシキリ

ムクドリ

コムクドリ

クロツグミ

スズメ

ハクセキレイ

カワラヒワ

ホオアカ

アオジ

コジュリン

オオジュリン

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*十二湖探鳥会(カワセミ三兄弟)2015.6.28-30

201528日~30日 曇り(一時小雨)

Photo

628日から23日で青森の十二湖に鳥見に行った。

28日は早朝に八王子を出発して、秋田新幹線、五能線と乗り継いで、十二湖の宿(末丸旅館)に着いたのは16時過ぎであった。

宿は八景の池の湖畔にあり、池に着き出した食堂で夕食の席に着くと、何とヤマセミ2羽が歓迎するかのように飛来し、対岸の樹にとまってくれた。

29日の朝食前の探鳥は小雨の降る中、仲道の池に行った。途中、道路を横切るカエルのようなものが通りかかった自動車に轢かれた。

犠牲者はカエルでなく、巣から落ちた小鳥の雛であった。

キビタキの雛かもしれない。

日暮の池に差し掛かるとアカショウビンの声が2方向から聞こえてきた。

仲道の池はモリアオガエルの産卵が多数あり、これを狙いにくるアカショウビンを観察でした。

湿地のような池には、オシドリの2家族の親子連れがいた。

 

朝食後の午前は小夜の池、影坂の池を通って日本キャニオンを歩いた。

影坂の池にもアカショウビンはいた。

大崩山の麓の日本キャニオンを歩いているとトラツグミの声が聞こえてきた。

この日の午後は糸畑の池、長池、青池、仏壷の池を回った。

長池にもアカショウビンはいた。

 

630日の早朝は再び仲道の池に行った。

アカショビン2羽が出っぱなしであった。

捕まえたカエル枝に何回も打ちつけるシーンもあった。

朝食後は金山の池、四五郎の池、長池、青池、鶏頭場の池を巡って締めくくった。

 

33あるという湖沼をどのように回ろうかと悩んだが、泊った末丸旅館から適切がアドバイスを頂き、鳥見に最適と思われるコースを設定できた。

ブナに覆われた樹林はキビタキが多く、ケラ類も現れた。

上空にはクマタカのような鷹が2度現れ、そのうちの1回は2羽一緒であった。

クマタカと思ったが、仲間が撮った写真を見るとハチクマのようであった。

 

今回の探鳥会はカワセミ3兄弟に会うことをテーマとしたが、そのうちカワセミには出会うことが無かった。

その代わり森の物産館キョロロでカワセミ3兄弟彩物語クッキーのお土産を買うことができた。

 

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

オシドリ 

カルガモ 

カイツブリ 

キジバト 

アオバト 

カワウ 

ツツドリ 

アカショウビン 

ヤマセミ 

コゲラ 

オオアカゲラ 

アオゲラ 

カケス 

ハシボソガラス 

ハシブトガラス 

コガラ 

ヤマガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ヤブサメ 

メジロ 

ゴジュウカラ 

トラツグミ 

キビタキ 

オオルリ 

キセキレイ 

イカル 

ノジコ 

ウメガサソウ 

ウリノキ 

エゾアジサイ 

エンレイソウ 

オカトラノオ 

オニシモツケ 

カキラン 

キツネノボタン 

キンコウカ 

ギンリョウソウ 

クマヤナギ 

クモキリソウ 

クルマユリ 

ツルアリドウシ 

ノリウツギ 

ハエドクソウ 

ヒヨドリバナ 

マタタビ 

ムラサキシキブ 

ヨツバヒヨドリ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年7月 3日 (金)

鳥見歩る記*種入り(稲の不耕起栽培)2015.6.27

2015年6月27日、15時00分~20時00分 晴れ

Photo


 

上川口小学校裏の谷戸の田んぼ(種入り)で、稲の不耕起栽培をしている。

今年6回目の田んぼの作業を行った。

67日に田植して以来の作業で、田の中の草取りと畦の草刈、その他関連作業をした。

サンコウチョウの声が脇の雑木林から聞こえてくるという贅沢が場所だ。

ウグイスもよくさえずり、ホトトギスのさえずりも聞こえてきた。

イカルもさえずっていた。

作業は15時から始め、18時まで行った。

その後に蛍観察会を行った。

薄暗くなったころフクロウの声が一声した。

その後にフクロウの飛翔がちらっと見えた。

モリアオガエルの声がよく聞こえてくる。

蛍は1935分から光り出した。

ゲンジボタルは約10匹ぐらいであるが、ここの圧巻はヘイケボタルである。

きょうも100匹近く飛んでくれた。

無農薬で稲を栽培しているとヘイケボタルが増えてくることの実証が出来ていると自負している。

 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

ホトトギス 

フクロウ 

アオゲラ 

サンコウチョウ 

ハシボソガラス 

ヒヨドリ 

ウグイス 

ガビチョウ 

ゲンジボタル 10

ヘイケボタル 75

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »