« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月29日 (金)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵と宇津貫緑地2015.5.28

 

201528日  800分~12分 薄曇り

 

宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

JR横浜線みなみ野駅→毘沙門天→宇津貫公園→クボノキ湧水→宇津貫緑地(ホタル沢、尾根道)→兵衛川→みなみ野駅のコースを歩いた。

 

宇津貫公園を過ぎた所の雑木林でキジのオスに出会った。

ここではノアザミ、コアジサイなどの花が咲いていた。

ムラサキシメジ、サトキマダラヒカゲ、ヒカゲチョウなどチョウが観察できた。

開発予定の空き地でセッカ、ヒバリ、ホオジロのさえずりを聞くことができた。

今年も一見モンシロチョウのように飛ぶキアシドクガが舞っていた。

 

以下は宇津貫緑地の中の様子である。

ヒバリが電線にとまりさえずっていた(写真)。

Photo


キビタキのオスのさえずりが2ヶ所で確認できた。先月に続いてのさえずりであるので、営巣しているものと思われる。

調整池に久し振りにカワセミがやってきた。

ゴイシシジミ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ(写真)が観察できた。

ヤブムラサキが葉裏でひっそりと美しい花を咲かせていた。

Photo_2


観察した鳥は以下のとおりです。

キジ 1

カルガモ 3

キジバト 10

ホトトギス 1

カワセミ 1

コゲラ 2

アオゲラ 1

ハシボソガラス 4

ハシブトガラス 7

ヤマガラ 4

シジュウカラ 10

ヒバリ 1

ツバメ 15

ヒヨドリ 15

ウグイス 3

エナガ 2

メジロ 1

セッカ 1

キビタキ 2

スズメ 75

キセキレイ 3

ハクセキレイ 2

カワラヒワ 2

ホオジロ 5

コジュケイ 2

ガビチョウ 14

アカシジミ 5

アカボシゴマダラ 1

ウラナミアカシジミ 6

カラスアゲハ 1

キチョウ 5

クロヒカゲ 18

ゴイシシジミ 1

コジャノメ 1

コチャバネセセリ 1

コミスジ 1

サトキマダラヒカゲ 4

ダイミョウセセリ 1

テングチョウ 1

ナミアゲハ 1

ヒカゲチョウ 2

ヒメウラナミジャノメ 3

ムラサキシジミ 1

モンキチョウ 8

モンシロチョウ 7

ルリシジミ 4

キアシドクガ 多数

クロスジギンヤンマ 1

シオカラトンボ 4

シオヤトンボ 6

ショウジョウトンボ 2

モノサシトンボ 1

アカツメクサ 

アカバナユウゲショウ 

アサザ 

アメリカフウロ 

イボタノキ 

イモカタバミ 

ウツギ 

ウマノミツバ 

オカタツナミソウ 

カタバミ 

ガマズミ 

カントウマムシグサ 

キツネアザミ 

クリ 

ケキツネノボタン 

コアジサイ 

コウゾリナ 

サイハイラン 

シラキ 

スイカズラ 

テリハノイバラ 

ドクダミ 

ナルコユリ 

ナワシロイチゴ 

ニガナ 

ニワゼキショウ 

ノアザミ 

ノビル 

ノミノツズリ 

ハハコグサ 

ハルジオン 

ヒメジョオン 

ブタナ 

ホウノキ 

ミヤコグサ 

ヤナギハナガサ 

ヤブムラサキ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年5月27日 (水)

鳥見歩る記*裏高尾(日影沢、小仏城山、一丁平)2015.5.26

201526日 9時20分~14時25分 晴れ

 

裏高尾日影沢林道を小仏城山に登り、一丁平からもみじ台北側脇道と通り、逆沢作業道を日影沢に下った。

小仏城山手前の林道でイカルの声が聞こえてきたので、姿を探していると谷側の少し先の枝に隙間がある杉にツツドリが止まっていた。

声はないが、胸の黒の横縞が太いのでツツドリに間違いないと思う(写真)。

Photo

チョウだけで18種を記録した。

中でもテングチョウがすこぶる多かった。

トンボはカワトンボがいた他にヒメクロサナエと思われるものもいた。

ハクウンボク(写真)、サルナシの花が日影沢林道に落花していた。

Photo_2

日影沢林道の城山山頂の手前ではアヤメの花が咲いていた(写真)。

ヤマアジサイが咲き出した。

Photo_3

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

アオバト 

コゲラ 

アオゲラ 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

メジロ 

クロツグミ 

キビタキ 

オオルリ 

キセキレイ 

イカル 

ガビチョウ 

アオスジアゲハ 2

アカボシゴマダラ 3

アサギマダラ 3

イチモンジチョウ 5

オナガアゲハ 8

カラスアゲハ 4

クモガタヒョウモン 8

クロヒカゲ 2

コジャノメ 11

コチャバネセセリ 1

コミスジ 10

サカハチチョウ  3

ジャコウアゲハ 1

ダイミョウセセリ 6

ツマキチョウ 1

ツマグロヒョウモン 1

テングチョウ 50

ミスジチョウ 2

シラフシロオビエダシャク 7

カワトンボ 7

アヤメ 

イヌガラシ 

ウツギ 

ウリノキ 

エゴノキ 

オオバウマノスズクサ 

オカタツナミソウ 

オニタビラコ 

ガマズミ 

コウゾリナ 

コゴメウツギ 

サイハイラン 

サルナシ 

シャガ 

スイカズラ 

ナツトウダイ 

ナルコユリ 

ナワシロイチゴ 

ニガナ 

ノイバラ 

ハナニガナ 

ハルジオン 

ヒメハギ 

フタリシズカ 

マルバウツギ 

ミゾホオズキ 

ミヤマタニワタシ 

ヤマアジサイ 

ヤマテリハノイバラ 

ヤマボウシ 

ユキノシタ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年5月25日 (月)

鳥見歩る記*高尾山(セッコク6号路、3号路)2015.5.25

201525日 9時10分~14時00分 晴れ

 

高尾山の6号路を登って3号路を下った。

3号路では4月に設置した録音機を回収した。

キビタキのオスは7ヶ所、オオルリのオスは2ヶ所でさえずりを聞いた。

ホトトギスは終始鳴いていた。

3号路かしき谷園地のベンチで昼飯を食べていると、直ぐ近くにクロツグミのオスがやって来た。

観察していると餌を口一杯にくわえて飛び去っていった(写真)。

1

6号路のセッコクは見事であった。

セッコクは3ヶ所で見られたが、第1ベンチと第2ベンチの中間の杉に咲いているものが豪華であった(写真)。

6号路ではホシザキイナモリソウが咲いていた。

6号路最後のつらい階段を登っているとアサギマダラが現れて傍らにきて一緒に登ってくれた。

Photo_4

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

アオバト 

ホトトギス 

アオゲラ 

ハシブトガラス 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

メジロ 

クロツグミ 

キビタキ 7

オオルリ 2

スズメ 

キセキレイ 

ガビチョウ 

アオスジアゲハ 1

アサギマダラ 4

クロヒカゲ 13

ヒオドシチョウ 1

ヒメキマダラセセリ 1

ミスジチョウ 1

ミヤマカワトンボ 5

イナモリソウ 

イヌガラシ 

イモカタバミ 

ウリノキ 

ウワバミソウ 

オニタビラコ 

ガクウツギ 

ガマズミ 

キショウブ 

クサノオ 

コヒルガオ 

サイハイラン 

シャガ 

セイヨウタンポポ 

セッコク 

テイカカズラ 

ナガミヒナゲシ 

ヒメジョオン 

ホシザキイナモリソウ 

マルバウツギ 

ムヨウラン 

ヤブデマリ 

ヤマボウシ 

ユキノシタ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*暁町保全緑地2015.5.24

201524日 14時50分~15時55分 曇り

 

暁町保全緑地の野鳥カウントを行った。

ウグイスとシジュウカラのさえずりがあったが、鳥は少なく寂しかった。

羽化直後と見られる翅の綺麗なヒオドシチョウに出会った(写真)。

Photo_2

コアジサイが既に花の最盛期は過ぎていたが、今満開の株もあった(写真)。

ノアザミの花が目立った。

Photo_3


観察した野鳥などは以下の通りです。

ハシブトガラス 2

シジュウカラ 4

ヒヨドリ 3

ウグイス 1

ムクドリ 2

ガビチョウ 2

キチョウ 4

クロアゲハ 1

サトキマダラヒカゲ 6

スジグロシロチョウ 1

ツマグロヒョウモン 1

ヒオドシチョウ 1

ヒカゲチョウ 1

モンキチョウ 4

エゴノキ 花終わる

キツネアザミ 

コアジサイ 

コウゾリナ 

ゴンズイ 

シロツメクサ 

スイカズラ 

ドクダミ 

ナワシロイチゴ 

ニガナ 

ノアザミ 

ノイバラ 

ヒメジョオン 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*小比企(ツバメ巣調査)2015.5.23

2015年5月23日、9時00分~12時30分 晴れ

 

八王子市小比企町内全域のツバメ巣調査をした。

自転車で町内を隈なく歩いた。

自転車の全走行距離は26kmであった。

起伏が多く、上り坂の自転車は大変である。

ツバメの巣は思ったより少なく、見つけた巣の数は 6個に過ぎなかった。

巣中に雛が居るものもあったが、抱卵中のものが多かった。

北野街道沿いのそば屋さんに営巣したものも抱卵中であった(写真)

Photo


 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

鳥見歩る記*南高尾三沢峠2015.5.22

2015年5月22日、11時50分~14時30分 晴れ

Photo_3


 

甲州街道の高尾山入口を通り過ぎ、梅ノ木平の奥、峰の薬師参道に老人ホーム福寿園がある。

10時半から12時近くまで福寿園で野鳥の声を聞く会の支援をした。

ホトトギスの声も聞こえてきた。

その支援が終了後に三沢峠までを往復した。

サンコウチョウ、キビタキの声を聞くことができた。

登山道にはジャケツイバラ(写真)、サルナシ(写真)の花が落ちていいた。

Photo_4


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 

サンコウチョウ 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

メジロ 

キビタキ 

キセキレイ 

イカル 

ホオジロ 

ガビチョウ 

アオスジアゲハ 1

イチモンジチョウ 1

ウスバシロチョウ 10

オナガアゲハ 1

クロヒカゲ 1

コミスジ 5

サカハチチョウ  1

テングチョウ 1

シラフシロオビエダシャク 5

カワトンボ 15

ミヤマカワトンボ 1

オカタツナミソウ 

オッタチカタバミ 

オニタビラコ 

コゴメウツギ 

サルナシ 

ジャケツイバラ 

ツボスミレ 

フタリシズカ 

ヘビイチゴ 

マルバウツギ 

ムラサキサギゴケ 

ヤブデマリ 

ルイヨウボタン 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*上柚木公園(野鳥定期カウント)2015.5.21

201521 8時00分~10時45分 晴れ

 

公益財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団からの依頼による上柚木公園の4月度の野鳥調査を行った。

オオタカが2羽のカラスに追いかけられていた。

モズ2羽がいたが、うち1羽は幼鳥のようであった。

キジはオスで野鳥場東側の雑木林にいた。

コゲラ2羽が野球場北側の雑木林にいたが、営巣の様相は認められなかった。

郷戸地区の公園裏側のクローバーが生えている所にヤセウツボが群生していた(写真)。

ヤマボウシ、スイカズラクスノキ等の花が目立った。

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ 1

キジバト 5

ホトトギス 1

オオタカ 1

コゲラ 2

アオゲラ 1

モズ 2

ハシボソガラス 3

ハシブトガラス 6

シジュウカラ 10

ツバメ 4

ヒヨドリ 18

ウグイス 3

メジロ 6

ムクドリ 12

スズメ 6

キセキレイ 2

ハクセキレイ 1

カワラヒワ 2

コジュケイ 2

ガビチョウ 5

アカシジミ 1

コジャノメ 1

サトキマダラヒカゲ 4

テングチョウ 2

ヒメキマダラセセリ 1

ベニシジミ 1

モンキチョウ 1

モンシロチョウ 3

ヤマトシジミ 1

アカツメクサ 

アカバナユウゲショウ 

ウグイスカグラ 

クスノキ 

クワ  

コウゾリナ 

シロツメクサ 

スイカズラ 

ドクダミ 

ノイバラ 

ブタナ 

ヘラオオバコ 

モミジイチゴ 

ヤマボウシ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*川町田んぼ2015.5.20

201520日  1115分~1210分 晴れ

 

毎月1回、川町谷戸(田んぼと雑木林)で野鳥と他の生きものの定期カウントを行っている。コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

 

田んぼの畦作りが行われていて、そこにムクドリが来ていた(写真)。

Photo


既に水の入った田んぼにはシオカラトンボが集まってきた。

水路の上でサナエトンボが滞空飛翔をしていた。

ヤマサナエのようである(写真)。

キビタキのさえずりが雑木林から今月も聞こえてきた。

ハルジオンに代わってヒメジョオンが咲き出した。

1


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 1

ホトトギス 1

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 2

ツバメ 2

ヒヨドリ 10

ウグイス 2

メジロ 4

ムクドリ 7

キビタキ 1

スズメ 5

キセキレイ 1

カワラヒワ 5

コジュケイ 2

ガビチョウ 2

コミスジ 1

モンシロチョウ 2

ヤマトシジミ 2

シオカラトンボ 15

ミヤマカワトンボ 1

アマガエル 

アカバナユウゲショウ 

アメリカフウロ 

イヌガラシ 

イモカタバミ 

エゴノキ 

オオイヌノフグリ 

オッタチカタバミ 

オニタビラコ 

オヘビイチゴ 

オランダガラシ 

カタバミ 

キツネアザミ 

キュウリグサ 

クサノオ 

コウゾリナ 

コヒルガオ 

シロツメクサ 

スズメノテッポウ 

セイヨウタンポポ 

セリバヒエンソウ 

トキワハゼ 

ドクダミ 

ナガミヒナゲシ 

ナズナ 

ナワシロイチゴ 

ニガナ 

ノイバラ 

ノボロギク 

ハハコグサ 

ハルジオン 

ヒメジョオン 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年5月20日 (水)

鳥見歩る記*醍醐林道(オオルリ他夏鳥調査)2015.5.19

2015年5月19日、8時45分~15時40分 曇り

 

醍醐林道の「ににく沢林道」と「ににく沢」出会いから和田峠までの間のオオルリ他夏鳥調査に参加した。

集まったメンバーは5名。

オオルリ(写真)のオス8羽、キビタキのオス9羽と前回54日と比べ大幅な増加であった。

前回に比べて多かった原因は不明である。

ホトトギス、ツツドリも声が何回も聞こえてきた。

アオバトも数ヶ所で声を聞き、姿も確認できた。

昨日の西山峠に続きににく沢、醍醐林道の両方でマルミノヤマゴボウを観察した。

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 

アオバト 

ホトトギス 1

コゲラ 

アオゲラ 

カケス 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ツバメ 2

ヒヨドリ 

ウグイス 16

ヤブサメ 3

ミソサザイ 1

キビタキ 9

ムギマキ 8

イカル 

コジュケイ 

ガビチョウ 

アサギマダラ 1

ウスバシロチョウ 3

オナガアゲハ 3

カラスアゲハ 3

コジャノメ 7

コミスジ 10

ツチグリ 

ウリノキ 

ウワバミソウ 

オオバアサガラ 

ガクアジサイ 

コゴメウツギ 

シラキ 

ハンショウヅル 

ホウノキ 

マルバウツギ 

マルミノヤマゴボウ 

ヤマツツジ 

ヤマボウシ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年5月19日 (火)

鳥見歩る記*南高尾尾根(西山峠から中沢峠)2015.5.18

2015年5月18日、8時10分~13時45分 曇り

 

南高尾尾根を歩いた。

集まったメンバーは12名。

高尾山口駅をスタートし甲州街道を梅ノ木平方面に進んで、案内川貴布祢橋を渡り入沢川コースから西山峠に出て南高尾尾根を中沢峠まで歩き、中沢川コースで山下に下った。

案内川にはカジカガエルが多く、至る所から鳴き声が聞こえてきた。

案内川のかじか橋からはカワガラスが採餌しているところが観察できた。

ヤマガラが餌運びをしていた。

キビタキのオスのさえずりには7ヶ所で出会った。

オオルリは2羽のオスが同時にさえずり、クロツグミは1羽のオスのさえずりを聞いた。

西山峠には蕾を着けているマルミノヤマゴボウがあった(写真)。

Photo


尾根は風があって心地よく、キンラン、ササバギンランが咲いている所も通った。

アオダイショウには2ヶ所で出会った。

中沢川林道を下っていくとミゾホオズキの花が咲いていた(写真)。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 

アオバト 

アオゲラ 

カケス 

ハシブトガラス 

ヒガラ 

ヤマガラ 

シジュウカラ 

ツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

ヤブサメ 

エナガ 

メジロ 

カワガラス 

クロツグミ 1

キビタキ 6

オオルリ 2

スズメ 

キセキレイ 

ハクセキレイ 

セグロセキレイ 

ホオジロ 

コジュケイ 

ガビチョウ 

アオスジアゲハ 2

アサギマダラ 1

ウスバシロチョウ 15

オナガアゲハ 3

カラスアゲハ 5

クモガタヒョウモン 2

クロヒカゲ 1

コジャノメ 35

コミスジ 5

サカハチチョウ  2

サトキマダラヒカゲ 2

ダイミョウセセリ 3

ツバメシジミ 1

テングチョウ 2

ミスジチョウ 1

モンキアゲハ 3

カワトンボ 15

カジカガエル 多数

アオダイショウ 2

アカツメクサ 

イヌガラシ 

ウマノアシガタ 

エゴノキ 

オッタチカタバミ 

オニタビラコ 

カキドウシ 

ガクウツギ 

カタバミ 

キショウブ 

キツネアザミ 

キンラン 

クサイチゴ 

クサノオ 

クワ  

コウゾリナ 

コゴメウツギ 

コバノタツナミ 花・実

ササバギンラン 

シャガ 

ジャケツイバラ 

シロツメクサ 

スイカズラ 

セリバヒエンソウ 

ツボスミレ 

ツルカノコソウ 

テイカカズラ 

ニガナ 

ノイバラ 

ハハコグサ 

ハルジオン 

ヒメコウゾ 

フタリシズカ 

ホウノキ 

マルバウツギ 

マルミノヤマゴボウ 

ミゾホオズキ 

ヤブデマリ 

ヤマブキソウ 

レンゲ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年5月17日 (日)

鳥見歩る記*小下沢林道(チョウ観察会)2015.5.17

2015年5月17日、9時30分~14時20分 晴れ

 

日本チョウ類保存協会主催のチョウ観察会に参加した。

場所は裏高尾の小下沢林道で、50名以上の参加があり、4班に分かれて観察した。

観察会全体では33種のチョウが観察できたが、うち私が確認したのは19種であった。

蝶の他ではアゲハモドキ、ハートの模様が背中にあるカメムシ(エサキモンキツノカメムシ)、マドガ、ビロードエダシャクの仲間なども観察できた。

小下沢林道入口から少し入った所の梅林の奥にサルが数頭いて、争いをしているような声を出していた。

録音したオオルリの声を流してオオルリを誘き寄せて写真を撮っているカメラマンがいた。

自然を冒涜する行為である。

本日観察した主なチョウは以下のとおりである。

ウスバシロチョウ:交尾していた。

Photo_9


ミスジチョウ:道にとまってくれた。

Photo_10


スミナガシ:観察者の手にとまり、赤い口吻を出していた。

Photo_11


ヒメキマダラセセリ:羊歯の葉の上に2匹一緒にいた。

Photo_12


アオバセセリ:ハルジオンの花にいた。足に毛が密生しているので、メスの個体とのことであった。

Photo_13


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

オオルリ

アオスジアゲハ

アオバセセリ

イチモンジチョウ

ウスバシロチョウ

オナガアゲハ

カラスアゲハ

キチョウ

コジャノメ

コチャバネセセリ

コミスジ

サカハチチョウ 

スミナガシ

ダイミョウセセリ

テングチョウ

トラフシジミ

ヒメキマダラセセリ

ミスジチョウ

ミヤマカラスアゲハ

ヤマトシジミ

アゲハモドキ

マドガ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*宇津木(保全緑地の野鳥カウント)2015.5.16

2015年5月16日、13時00分~15時30分 曇り

Photo_6


 

宇津木台緑地と宇津木緑地の野鳥カウントをした。

午前中は雨だったので、午後に行った。

ムクドリが餌運びをあちこちでやっていた。

近くに巣があり、巣中に雛がいると思われる。

巣立ち直後のシジュウカラに2ヶ所で出会った。

栗園ではヤセウツボが20株以上出ていた。

満開のエゴノキが何本もあり賑やかであった。

ヤマボウシも花を咲かせていた(写真)。

テイカカズラも高木のテッペンに覆いかぶさり隙間が無い程花を着けていた。

ニガナも花いっぱいであった(写真)。

Photo_7


サイハイランが数株花を着けていた(写真)。

オオタカの巣は空巣になっていた。

Photo_8


観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 1

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 2

ヤマガラ 2

シジュウカラ 12

ツバメ 3

ヒヨドリ 20

ウグイス 5

メジロ 4

ムクドリ 15

スズメ 2

ホオジロ 1

コジュケイ 2

ガビチョウ 6

アオスジアゲハ 1

オナガアゲハ 4

クロアゲハ 2

コジャノメ 7

コミスジ 1

サトキマダラヒカゲ 5

ダイミョウセセリ 1

ヒカゲチョウ 5

ヒメウラナミジャノメ 5

アカツメクサ 

イボタノキ 

ウツギ 

エゴノキ 

オオジシバリ 

オニタビラコ 

ガクウツギ 

ガマズミ 

ギシギシ 

コアジサイ 

コゴメウツギ 

コメツブツメクサ 

サイハイラン 

シュロ 

スイカズラ 

セリバヒエンソウ 

タニウツギ 

テイカカズラ 

ドクダミ 

ナガミヒナゲシ 

ニガナ 

ニワゼキショウ 

ハコネウツギ 

ピラカンサ 

ヒルガオ 

ブタナ 

ホウノキ 

ヤセウツボ 

ヤマボウシ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*高月水田 2015.5.15

2015年5月15日、11時15分~12時40分 晴れ

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

 

田んぼの一部に水が入り、苗代が出来ていた。

水の入った田んぼにコチドリが1羽来ていた。

ヒバリがさえずっていた。

巣立ち直後のモズがいた。

休耕田にヤセウツボが5株出ていた(写真)。

外来種のヤセウツボがこの田んぼにも出現したかという感じである。

Photo_5


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

コチドリ 1

トビ 1

モズ 1

ハシボソガラス 8

ヒバリ 3

ツバメ 8

ムクドリ 40

スズメ 50

ハクセキレイ 1

セグロセキレイ 2

カワラヒワ 7

キアゲハ 1

キタテハ 1

ツバメシジミ 2

ベニシジミ 5

モンキチョウ 7

シオヤトンボ 10

アカツメクサ 

アカバナユウゲショウ 

アメリカフウロ 

オオジシバリ 

オッタチカタバミ 

オヘビイチゴ 

カタバミ 

キツネアザミ 

ケキツネノボタン 

コメツブツメクサ 

シロツメクサ 

スズメノエンドウ 

スズメノテッポウ 

トキワハゼ 

ナズナ 

ナワシロイチゴ 

ノイバラ 

ノビル 

ノミノツズリ 

ハハコグサ 

ブタナ 

ヘラオオバコ 

ホトケノザ 

ムラサキサギゴケ 

ヤセウツボ 5

レンゲ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

 

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2015.5.15

201515日、1025分~11時00分 晴れ

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、一部ワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

 

ホトトギスの声が聞こえてきた。

今年もホトトギスが帰ってきた。

ハチクの竹藪に竹の子採りの人が来ていた。

巣立ち直後のモズがいた。

ノイバラが満開で株の数が多く白い花があちこちで見られた(写真)。

イボタノキの方は未だ蕾であった。

イボタノキでウラゴマダラシジミを探したが、見当たらなかった。

カワラニガナが10株以上あったが、元気がなく細々という感じであった。

Photo_4


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジ 1

キジバト 2

ホトトギス 1

モズ 2

シジュウカラ 2

ヒヨドリ 5

ウグイス 5

メジロ 2

スズメ 1

カワラヒワ 2

コジュケイ 2

ガビチョウ 2

キチョウ 4

コミスジ 2

ツバメシジミ 1

ヒメウラナミジャノメ 25

モンキチョウ 2

ワ・若菜摘み・人 竹の子採り3

アカツメクサ 

アカバナユウゲショウ 

イボタノキ 

ウシハコベ 

オッタチカタバミ 

オニタビラコ 

オヤブジラミ 

カワラニガナ 

ギシギシ 

キショウブ 

キツネアザミ 

コメツブツメクサ 

シロツメクサ 

ナズナ 

ニセアカシア 

ノイバラ 

ハルジオン 

ヘビイチゴ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*小宮公園(「人の会」野鳥観察支援)2015.5.14

201514  9時40分1150分 晴れ

 

八王子市館が丘団地の「人の会」というグループから依頼されて小宮公園の野鳥観察を支援した。

8人のメンバーが集まった。

先ず最初に集合場所に数羽来ていたムクドリを教材にバードウオッチングの基本を説明した。

ウグイス、キジがよく鳴いていたが、姿の確認ができなかった。

本日の目玉であるキビタキも2ヶ所でさえずっていたが、姿の観察は出来ず残念であった。

弁天池のほとりにキジバトが1羽いた。

そのキジバトは我々の目の前でいきなり地上で羽を広げてうずくまった(写真)。

蟻浴かと思った。しばらくその姿を観察し、キジバトが去った後で地面を見ると蟻はいなかったので、日光浴であったのかも知れないと判断した。

Photo_3


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ

カルガモ

キジバト

コゲラ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ツバメ

イワツバメ

ヒヨドリ

ウグイス

メジロ

ムクドリ

キビタキ

スズメ

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*秋が瀬公園(読売文化センター野鳥講座)2015.5.13

201513  11時00分1430分 晴れ

 

読売文化センターの野鳥観察講座で今月は秋が瀬公園に行った。

武蔵野線西浦和から歩いて行った。

野鳥園の中から何の鳥かわからない声が聞こえてきた。

何だろうとしばらく声の方に耳を傾けているとコジュケイが「ちょっと来い、ちょっと来い」と鳴き出した。

コジュケイの前奏であったことが判明した。

秋が瀬公園は野鳥が少なく、野鳥園ではメボソムシクイとセンダイムシクイの声が聞こえた程度であった。

しかし、公園から出て隣りの鴨川放水路がある田んぼに出ると野鳥が多かった。

先ずチョウゲンボウが飛んできた。

休耕田のヨシにはオオヨシキリがいて、大きな口を開けて賑やかにさえずっていた(写真)。

田植の終わった田んぼにはカルガモがいた。

畦にはコチドリが来ていた。ヒバリ、セッカも鳴いていた。

田んぼは賑やかであった。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ

カルガモ

コガモ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

チュウサギ

コチドリ

コゲラ

チョウゲンボウ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒバリ

ツバメ

ヒヨドリ

ウグイス

メボソムシクイ

センダイムシクイ

オオヨシキリ

セッカ

ムクドリ

スズメ

カワラヒワ

ホオジロ

コジュケイ

ドバト

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*八王子市立君田小学校(野鳥観察支援)2015.5.12

201512  9時00分1005分 晴れ

 

八王子市立みなみ野君田小学校1年生の野鳥観察を支援した。

場所は学校の直ぐ近くの宇津貫公園。

可愛い1年生であった。よく目立ったムクドリの観察から始まった。

公園内はガビチョウが多く、アオゲラとキビタキがいたが声だけで姿は見られなかった。

キビタキの姿を見せてやりたかったが、それが果たせず残念であった。

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

アオゲラ

ハシブトガラス

ヤマガラ

シジュウカラ

ツバメ

ヒヨドリ

ムクドリ

キビタキ

スズメ

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年5月15日 (金)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2015.5.11

20155月11日、25分~1450分 晴れ

 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

 

オオルリが1羽も出なかった。

センダイムシクイも出なかった。

長年のカウントで5月にオオルリ♂のさえずりが0は初めてである。

アオバトは4号路の山頂手前で声を聞いた。

山頂付近でコサメビタキを探したが、これも見つけることが出来きかった。

5号路の1号路と6号路を結ぶ間でキンランの花が咲いていた。

1号路女坂の下の4号路には今年もヤマウツボが数株出ていた(写真)。

Photo_2


 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

キジバト 2

アオバト 2

アオゲラ 3

ハシブトガラス 2

ヤマガラ 9

ヒガラ 9

シジュウカラ 8

ヒヨドリ 12

ウグイス 11

ヤブサメ 5

メジロ 8

クロツグミ 1

キビタキ 9

ガビチョウ 2

オナガアゲハ 2

クモガタヒョウモン 1

クロヒカゲ 2

コミスジ 3

カワトンボ 4

イヌガラシ 

ウワバミソウ 

ガクウツギ 

キランソウ 

キンラン 

クサイチゴ 

クワガタソウ 

コバノガマズミ 

コミヤマスミレ 

サイハイラン 

シャガ 

ジュウニキランソウ 

ツルカノコソウ 

ニガナ 

ハンショウヅル 

ヒメウツギ 

ヒメコウゾ 

ブタナ 

フタリシズカ 

ホウノキ 

マルバウツギ 

ミズキ 

ミヤマキケマン 

ミヤマナルコユリ 

ムサシアブミ 

ヤマウツボ 

ヤマツツジ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2015.5.11

201511日00分~20分 晴れ

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

 

キビタキが2ヶ所でさえずっていた。

セグロセキレイは今年巣立ったと思われる幼鳥であった。

アサギマダラの成虫が現れた。

ウスバシロチョウは18匹カウントした。

うち、コゴメウツギで吸蜜するウスバシロチョウの写真が撮れた。

小仏川の駒木野公園付近のオドリコソウは今年も健在で花を綺麗に咲かせていた。

Photo

 

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ 1

キジバト 2

コゲラ 2

ハシボソガラス 4

ハシブトガラス 1

ヤマガラ 5

シジュウカラ 23

ツバメ 3

ヒヨドリ 10

キビタキ 2

スズメ 4

キセキレイ 2

セグロセキレイ 2

イカル 1

コジュケイ 2

ガビチョウ 4

アサギマダラ 1

ウスバシロチョウ 18

クロヒカゲ 2

コジャノメ 3

コミスジ 3

スジグロシロチョウ 3

テングチョウ 1

カワトンボ 45

ダビドサナエ 4

カジカガエル 2ヶ所

アカバナユウゲショウ 

イモカタバミ 

オドリコソウ 

オニタビラコ 

カラスノエンドウ 

キショウブ 

クサノオ 

コゴメウツギ 

シャガ 

セイヨウタンポポ 

ツボスミレ 

ニガキ 

ニガナ 

ニセアカシア 

ノイバラ 

ハナウド 

マルバウツギ 

ヤブデマリ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年5月13日 (水)

鳥見歩る記*小下沢(オオルリを探す会)2015.5.10

201510  8時55分1055分 晴れ

 

カワセミ会の公開探鳥会で、裏高尾の小下沢で「オオルリを見る会」を開催した。

野鳥観察日和の好天に恵まれ、会員27名、一般市民17名の参加があった。

しかし、鳥は不作で、目的のオオルリは出発早々にさえずりと姿をスコープで1回確認できただけであった。

アオゲラは比較的近くでドラミングを何度も聞いたが、姿は確認できなかった。

キャンプ場跡地でキセキレイの姿を全員がよく観察できた。

11時に浩宮誕生記念碑の先で現地解散した。

帰りは有志で植物観察した。

オウギカズラ、フタバアオイは健在であったが、サツキヒナノウスツボは無くなっていた。

オオバウマノスズクサの花に繭が作られていた(写真)。

繭を作っている虫は、はたしてジャコウアゲハなのか。

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。

トビ 

コゲラ 

アオゲラ 

カケス 

ヤマガラ 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

ヤブサメ 

エナガ 

センダイムシクイ 

メジロ 

キビタキ 

オオルリ 

キセキレイ 

イカル 

ガビチョウ 

オウギカズラ 

オオバウマノスズクサ 

ガクウツギ 

キツネアザミ 

ジャニンジン 

ツボスミレ 

ハルジオン 

ヒメウツギ 

ヒメコウゾ 

フタバアオイ 

ミツバウツギ 

ヤブデマリ 

ラショウモンカズラ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

 

|

鳥見歩る記*浅川(カワセミ会ジュニアクラブ野鳥観察)2015.5.9

2015  8時5010時50分 小雨

 

カワセミ会ジュニアクラブの浅川野鳥観察会。

今月は1組の親子が参加した。

コースはいつもと同じでエコ広場(八王線鉄橋)から長沼橋まで浅川一周に向けて出発したが、途中から雨が降ってきたので、北野の公設市場で折り返した。

新浅川橋を過ぎて、河原にジャケツイバラの大きな株が見事な黄色い花を咲かせていた(写真)。

Photo


イカルチドリを見ているとカルガモの親子がいたが、可愛い子どもたちは直ぐに姿を隠してしまった。

キジのオスが河原に出て来て綺麗な姿を見せてくれた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ

カルガモ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

ヒメアマツバメ

イカルチドリ

イソシギ

カワセミ

ハヤブサ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ツバメ

イワツバメ

ヒヨドリ

ムクドリ

スズメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

ホオジロ

ドバト

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2015年5月12日 (火)

鳥見歩る記*山形・飛島(春の渡り観察)2015.5.6-8

2015~8日  晴れ

山形の飛島へ2泊3日で鳥見に行った。

一緒に行ったメンバーは17名。

晴天に恵まれ、3日で71種の野鳥に出会った。

印象に残って観察録は以下のとおりです。

ハヤブサ:オスのキビタキを掴んで巣のあると思われる所へ飛んで行った。

ヨーロッパビンズイ(写真):小学校の校庭の草地にいた。変わったタヒバリかビンズイとおいう印象であったが、近くにいたベテランのバードウオッチャーからヨーロッパビンズイと教えて頂いた。

Photo


ウミアイサ:四谷展望台からオスメス各1と鴨の浜でメス12回出会った。

シベリアアオジ:アオジの亜種で胸から頭が濃い灰色であった。

ノビタキ(写真):小学校の校庭とヘリポートで2回出会った。

写真のものはヘリポートでオオイタドリの新葉にとまっていたもの。

Photo_2


マガモ:四谷ダムに親子連れがいた。

アカガシラサギ:勝浦集落の山際を2回飛んでくれた。

ノドアカツグミ:巨木の森でちらっと見たもので、不十分が観察で参考記録とした。

飛島は今年は全体に鳥が少なかった。この島では餌を播くカメラマンもなく、気持ちよく観察できた。

シャク、オオダイコンソウ、オオハナノミミナグサ、オドリコソウ、アマドコロ等の野草も咲き揃っていて、特にシャクの群落の中の花見をしながらのバードウオッチングは最高であった。

 

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

マガモ 

カルガモ 

ウミアイサ 

カラスバト 

キジバト 

アオバト 

オオミズナギドリ 

カワウ 

ウミウ 

アカガシラサギ 

アオサギ 

ダイサギ 

ツツドリ 

アマツバメ 

タシギ 

タカブシギ 

イソシギ 

ウミネコ 

オオセグロカモメ 

コアジサシ 

トビ 

オオタカ 

ノスリ 

アオバズク 

ハヤブサ 

サンショウクイ 

モズ 

ハシボソガラス 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

シジュウカラ 

ツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

ヤブサメ 

メボソムシクイ 

エゾムシクイ 

センダイムシクイ 

メジロ 

コムクドリ 

マミジロ 

クロツグミ 

マミチャジナイ 

シロハラ 

アカハラ 

ツグミ 

コルリ 

ルリビタキ 

ジョウビタキ 

ノビタキ 

イソヒヨドリ 

コサメビタキ 

キビタキ 

オオルリ 

ニュウナイスズメ 

スズメ 

ハクセキレイ 

ヨーロッパビンズイ 

ビンズイ 

タヒバリ 

アトリ 

カワラヒワ 

マヒワ 

イカル 

ホオジロ 

ホオアカ 

カシラダカ 

ノジコ 

アオジ 

クロジ 

ドバト 

アマドコロ 

ウラシマソウ 

ウワミズザクラ 

エゾタンポポ 

オオダイコンソウ 

オオタチツボスミレ 

オオハナノミミナグサ 

オドリコソウ 

コバンソウ 

シャク 

スミレ 

ニワトコ 

ハマボッス 

ヒメハギ 

ヒロハヘビノボラズ 

フジ 

ホウチャクソウ 

ホタルカズラ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年5月 4日 (月)

鳥見歩る記*醍醐林道、ニニク沢(オオルリ他夏鳥カウント)2015.5.4

20154日  825分~13分 晴れ

 

オオルリ他夏鳥のカウントで醍醐林道支線のににく沢と醍醐林道のににく沢から上流の和田峠まで歩いた。

ウグイスが多く22羽のさえずる♂に出会えた。

次がキビタキで9羽のさえずる♂、さえずるオオルリの♂は3羽だけであった。

他にツツドリ、センダイムシクイ、クロツグミ、ヤブサメにも出会った。

ニニク沢の奥でホオジロの♂がいたが、草原性のホオジロが山の中にいるのは疑問である。

和田峠の近くでタカが1羽出た。

クマタカかと期待したが、トビであった。

蝶はオナガアゲハ、ツマキチョウ、コミスジ、ミヤマササリ、コジャノメ、キチョウ、サカハチチョウ、ヤマキマダラヒカゲの8種であった。

ツマキチョウが最も多く27匹、ミヤマセセリ(写真)はににく沢で出会った。

Photo_8

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アオバト             

ツツドリ             

トビ      

コゲラ   

アオゲラ             

カケス   

ヒガラ   

シジュウカラ      

ウグイス             

ヤブサメ             

センダイムシクイ             

メジロ   

ミソサザイ          

クロツグミ          

キビタキ             

オオルリ             

ホオジロ             

ガビチョウ          

オナガアゲハ       8

キチョウ              1

コジャノメ           1

コミスジ              3

サカハチチョウ               7

ツマキチョウ       27

ミヤマセセリ       1

ヤマキマダラヒカゲ           1

カワトンボ           2

ウワバミソウ 

ウワミズザクラ 

オオイタドリ 

オニタビラコ 

ガクウツギ 

カジイチゴ 

カントウタンポポ 

キランソウ 

サンショウ  

シャガ 

ジャニンジン 

タチツボスミレ 

タネツケバナ 

チゴユリ 

チドリノキ 

ツルカノコソウ 

ニリンソウ 

ハハコグサ 

ヒメコウゾ 

ヘビイチゴ 

ホウチャクソウ 

ホウノキ 

マルバウツギ 

ミツデカエデ 

ミツバウツギ 

ミツバツチグリ 

ミヤマキケマン 

ムラサキケマン 

ムラサキマムシグサ 

ヤブニンジン 

ヤマルリソウ 

ラショウモンカズラ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*種入り(稲の不耕起栽培)2015.5.3

2015年5月3日、10時00分~15時30分 晴れ

 

川口小学校裏の谷戸(種入り)で今年4回目の田んぼの作業を行った。

419に作った苗代に古代米(黒米)の種を播いた(写真)。

Photo_6

クワイの種イモを植え付けた。

クワイ植付の終わった田んぼに早速ツバメが来て巣材の土を持っていった(写真)。

Photo_7

田んぼの草取りを行ったが、疲れ果ててしまった。

フジ、ウマノアシガタが綺麗に咲いていた。

トウキョウダルマガエルがよく鳴いていた。

シオヤトンボが田んぼの中に増えてきた。

20匹以上はいたと思われる。

夏水田んぼにアカハライモリが数匹いた。

最後にオオタカが上空に現れた。

 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

オオタカ             

ハシブトガラス   

シジュウカラ      

ツバメ   

ヒヨドリ             

ウグイス             

イカル   

カラスアゲハ      

モンキチョウ      

シオヤトンボ      

トウキョウダルマガエル 

ウマノアシガタ 

オニタビラコ 

カタバミ 

ツボスミレ 

ハルジオン 

フジ 

レンゲ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(稲荷山から3号路)2015.5.2

20152日  840分~1340分 晴れ

 

高尾山の稲荷山コースを登り3号路、2号路から琵琶滝に下った。

3号路のかしき谷園地で昼飯を食べているとアオバトの声が聞こえてきた。

昼食後声のした奥へ行ってみるとサクラの木に3羽のアオバトがいた。

サクラには未だ熟していない実が着いていたので、未熟であるがこの実を食べに来ていたのかも知れない。

稲荷山コースと6号路から上がってきた出会いの所にガマズミとコマユミ(写真)が咲いていた。

Photo_4

キビタキのオスのさえずりには7ヶ所、オオルリのオスのさえずりには3ヶ所でであった。

アケボノスミレが稲荷山コースの最後で道の真ん中の木の根元に1株咲いていた。

コミヤマスミレは琵琶滝の前で綺麗な花を咲かせていた(写真)。

Photo_5

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ             

キジバト             

アオバト             

アオゲラ             

カケス   

ハシブトガラス   

ヤマガラ             

ヒガラ   

シジュウカラ      

ヒヨドリ             

ウグイス             

センダイムシクイ             

メジロ   

クロツグミ          

キビタキ             

オオルリ             

キセキレイ          

コジュケイ          

アオスジアゲハ   

オナガアゲハ      

スジグロシロチョウ          

テングチョウ      

アケボノスミレ 

オオバウマノスズクサ 

オニタビラコ 

ガクウツギ 

ガマズミ 

クサイチゴ 

クサノオ 

コスミレ 

コバノガマズミ 

コマユミ 

シャガ 

ジュウニヒトエ 

ショカツサイ 

タチツボスミレ 

チゴユリ 

ツクバネウツギ 

ツボスミレ 

ツルカノコソウ 

ニガイチゴ 

ハルジオン 

ホウチャクソウ 

ホウノキ 

マルバアオダモ 

ミツバツチグリ 

ヤブニンジン 

ヤマツツジ 

カジカガエル 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*秋川(上川口小学校野鳥観察)2015.5.1

20151日  1000分~1150分 晴れ

Photo_3

 

上川口小学校の全校野鳥観察支援で、今日は秋川に行った。

秋川橋から小和田橋までの堤防を一周するコース。

スタート地点の秋川橋上流側の対岸の杉に釣り人が放置した釣り糸に犠牲になったダイサギが死体となってぶら下がっていた(写真)。

心痛む話である。

小和田橋下にはイワツバメのコロニーがあって30羽以上が橋の近くを飛び交っていた。

カワセミには出会うが無かった。

キジはよく鳴いていた。

小和田グランド端の雑木林ではキビタキがさえずっていたが、少し遠かったことと姿が見えないため子ども達に分かってもらえなかった。

河原にはイカルチドリとコチドリの両方がほぼ同時に出たため、こちらはアイリングの違いを比較できて、子ども達の理解が深まったようであった。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジ

マガモ

カルガモ

キジバト

アオサギ

イカルチドリ

コチドリ

トビ

ハイタカ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ツバメ

イワツバメ

ウグイス

ムクドリ

キビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

ホオジロ

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*長池公園2015.4.30

201530日  1000分~1230分 晴れ

Photo

カルガモペアーが小さな池に来ていた。

ツバメは四谷見附橋付近で飛び交っていた。

田んぼの脇でガビチョウが2,3メートルの直ぐ近くに出てきた。

キンランが満開であちこちに咲き誇っていた。

ササバギンラン、ギンランも目立たないように咲いていた。

田んぼの畦にはオカオグルマが咲いていた(写真上)。

1株だけであるが輝くように咲いていた。

雑木林のホタルカズラの花も輝いていた(写真下)。

ミツバウツギが多く、開花していたが期待のチョウは花に集まっていなかった。

Photo_2

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ             

キジバト             

コゲラ   

ハシボソガラス   

ハシブトガラス   

シジュウカラ      

ツバメ   

ヒヨドリ             

ウグイス             

メジロ   

キビタキ             

オオルリ             

ガビチョウ          

キチョウ             

クロヒカゲ          

コミスジ             

スジグロシロチョウ          

ベニシジミ          

ミヤマセセリ      

モンシロチョウ   

シオヤトンボ      

ウシハコベ 

オオジシバリ 

オカオグルマ 

オニタビラコ 

カキドウシ 

カマツカ 

カントウタンポポ 

キジムシロ 

キンラン 

ギンラン 

クサボケ 

ケキツネノボタン 

ササバギンラン 

サワフタギ 

ジュウニキランソウ 

ジュウニヒトエ 

シラスゲ 

セイヨウタンポポ 

セキショウ 

タチツボスミレ 

ツクバネウツギ 

ツボスミレ 

ツリバナ 

ナルコユリ 

ニガイチゴ 

ハルジオン 

ヒゴクサ 

ホウチャクソウ 

ホウノキ 

ホタルカズラ 

ミズキ 

ミツバウツギ 

ミヤマナルコユリ 

ムラサキサギゴケ 

ヤブタビラコ 

ヤブデマリ 

ヤマツツジ 

ヤワラスゲ 

ナツノハナワラビ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年5月 3日 (日)

鳥見歩る記*生藤山から醍醐丸(多種のスミレ観察)2015.4.28

201528日  900分~1645分 晴れ

 

中央線上野原駅から井戸行のバスで石楯尾神社まで行き生籐山、醍醐丸、和田峠、陣馬高原下まで歩いた。

狙いはスミレの観察。

結果はサクラスミレ。12種のスミレに出会うことができた。

中でもサクラスミレ(写真)、ヒゴスミレに出会えたことは収穫であった。

Photo_5

サクラスミレの写真を撮っていると足元にヤマドリのメスが現れたのにはびっくりした(写真)。

Photo_6

アケボノスミレも多く、見事な株もあった。

ヒゴスミレは萱丸と醍醐丸にあった(写真)。

シロバナタチツボスミレも醍醐丸での観察である。

帰路、和田峠から陣馬高原下バス停までの間ではオオルリに5回出会った。声だけでなく姿も確認できた。

Photo_7

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ヤマドリ

キジ

キジバト

ツツドリ

コゲラ

アオゲラ

カケス

ハシブトガラス

ヤマガラ

ヒガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

ヤブサメ

メジロ

ミソサザイ

クロツグミ

オオルリ

スズメ

キセキレイ

イカル

ガビチョウ

ウスバシロチョウ

キアゲハ

コミスジ

スジグロシロチョウ

テングチョウ

ヒオドシチョウ

ベニシジミ

ミヤマセセリ

モンキチョウ

モンシロチョウ

スミレ・ アカネスミレ 

スミレ・ アケボノスミレ 

スミレ・ エイザンスミレ 

スミレ・ オカスミレ 

スミレ・ サクラスミレ 

スミレ・ シロバナタチツボスミレ 

スミレ・ タチツボスミレ 

スミレ・ ツボスミレ 

スミレ・ ナガバノスミレサイシン 

スミレ・ ニオイタチツボスミレ 

スミレ・ ヒゴスミレ 

スミレ・ マルバスミレ 

 アマドコロ 

 イカリソウ 

 ウラシマソウ 

 オオジシバリ 

 オオシマザクラ 

 オッタチカタバミ 

 オニタビラコ 

 オニノゲシ 

 カキドウシ 

 カシワ 

 カラスノエンドウ 

 キジムシロ 

 キュウリグサ 

 キランソウ 

 キリ 

 クサイチゴ 

 コクサギ 

 サルトリイバラ 

 サンショウ  

 シャガ 

 ショカツサイ 

 シロバナエンレイソウ 

 シロバナタチツボスミレ 

 スズメノエンドウ 

 セイヨウタンポポ 

 セリバヒエンソウ 

 センボンヤリ 

 チゴユリ 

 ツルカノコソウ 

 トウダイグサ 

 ニガイチゴ 

 ニワトコ 

 ノミノツズリ 

 ハルジオン 

 ヒトリシズカ 

 ヒメウツギ 

 ヒメオドリコソウ 

 フデリンドウ 

 ホウチャクソウ 

 ミツバツチグリ 

 ミツバツツジ 

 ミミガタテンナンショウ 

 ミヤマキケマン 

 ムラサキケマン 

 モミジイチゴ 

 ヤマツツジ 

 ヤマブキ 

 ヤマルリソウ 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*浅川サンクチュアリ(淺川右岸萩原橋のワンド付近)2015.4.27

201527日  1255分~1340分 晴れ

Photo_3

最後に「淺川右岸萩原橋のワンド付近」に行った。

昨年度の河川改修で右岸のワンドが消滅してしまった(写真)。

キジがセイヨウカラシナの花の影のところに現れてくれた(写真)。

アオジが未だいた。イカルチドリのペアーがいた。

河原で営巣しているカモ知れない。

Photo_4

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジ       2

カルガモ              3

キジバト              2

イカルチドリ       2

トビ       1

ツバメ    10

イワツバメ           2

ムクドリ              4

スズメ    10

セグロセキレイ    4

ホオジロ              1

アオジ    1

ドバト    25

アオスジアゲハ    1

スジグロシロチョウ           1

モンシロチョウ    2

オオカワジシャ 

オオジシバリ 

オランダガラシ 

カラスノエンドウ 

セイヨウカラシナ 

ノジシャ 

ヘラオオバコ 

ミズキ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*浅川サンクチュアリ(北淺川、城山川、南淺川の3川合流地付近)2015.4.27

201527日  1120分~1210分 晴れ

 

次に「北淺川、城山川、南淺川の3川合流地付近」に行った。

鳥は特記事項無し。

カジカガエルの声が聞こえてきた。

ミズキが咲き出した(写真)。清川グランドの芝草地にギンイチモンジがいた。

写真を撮ろうと思ってカメラを出したら河原の草むらに逃げ込まれ、見失ってしまった。

Photo_2

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジ       3

カルガモ              2

キジバト              1

カワウ    1

アオサギ              1

カワセミ              1

モズ       2

ハシボソガラス    2

ツバメ    6

イワツバメ           6

ムクドリ              16

スズメ    5

セグロセキレイ    2

ホオジロ              1

ドバト    15

オナガアゲハ       1

キチョウ              1

ギンイチモンジセセリ       1

ヒメウラナミジャノメ       6

モンキチョウ       7

モンシロチョウ    3

ヤマトシジミ       2

カジカガエル 

イモカタバミ 

オオカワジシャ 

オッタチカタバミ 

オニグルミ 

オランダガラシ 

オランダミミナグサ 

カキドウシ 

カラスノエンドウ 

クワ  

シロツメクサ 

スズメノエンドウ 

セイヨウカラシナ 

タチイヌノフグリ 

ノジシャ 

ハルジオン 

ヘラオオバコ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*浅川サンクチュアリ(北淺川の陵北大橋上流から下流の東京天使病院裏の用水堰付近)2015.4.27

201527日  800分~1000分 晴れ

 

浅川野鳥サンクチュアリの観察を424日に下流側3地域を行ったが、本日は上流側3地域を行った。

先ず「北淺川の陵北大橋上流から下流の東京天使病院裏の用水堰付近」に行った。

集合場所の木の橋(通称流れ橋)に着くとアオゲラがよく寝鳴いていた。

カワラヒワの集団が飛び交っていた。

モズの親子連れがいた。

切り通しのアオサギのコロニーには杉の木の上に親が4羽いて巣が2つ有るのが認められた。

コガモのペアーが右岸の池でひっそりと休んでいた(写真)。

412日にトビが対岸のモミで巣作りをしていたが、放棄してしまったのか今日は巣と巣の近くのトビは認められなかった。

Photo

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジ       7

カルガモ              5

コガモ    2

カイツブリ           1

キジバト              4

カワウ    3

アオサギ              4

イカルチドリ       2

トビ       1

カワセミ              3

コゲラ    1

アオゲラ              1

モズ       5

ハシブトガラス    10

シジュウカラ       2

ツバメ    8

イワツバメ           6

ヒヨドリ              5

ウグイス              5

メジロ    2

ムクドリ              6

スズメ    6

キセキレイ           1

ハクセキレイ       4

セグロセキレイ    6

カワラヒワ           50

イカル    4

アオジ    1

ガビチョウ           6

キアゲハ              2

キタテハ              1

コミスジ              3

スジグロシロチョウ           2

ツバメシジミ       2

ナミアゲハ           1

ヒオドシチョウ    1

ヒメウラナミジャノメ       7

ベニシジミ           2

モンキチョウ       17

ヤマトシジミ       2

カジカガエル 

オオイヌノフグリ 

オオカワジシャ 

オニグルミ 

オニタビラコ 

オランダガラシ 

カキドウシ 

カキネガラシ 

カラスノエンドウ 

キュウリグサ 

キリ 

クサイチゴ 

クサノオ 

コメツブツメクサ 

ショカツサイ 

シロツメクサ 

スイバ 

スズメノテッポウ 

セイヨウカラシナ 

セリバヒエンソウ 

ナガミヒナゲシ 

ナズナ 

ノミノツズリ 

ハルジオン 

ハルニレ 

ヒメオドリコソウ 

ヘビイチゴ 

ホウノキ 

マユミ 

ムラサキケマン 

ヤマブキ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2015年5月 1日 (金)

鳥見歩る記*川町田んぼ2015.4.26

 

201526日  10分~1140分 晴れ

 

毎月1回、川町谷戸(田んぼと雑木林)で野鳥と他の生きものの定期カウントを行っている。

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

Photo

シイタケほだ木のある林の隣りの林でキビタキがさえずっていた。

ウスバシロチョウが飛び出した。

今期初認である。

カワトンボ約20匹が陽だまりに集まっていた(写真)

雑木林に入るとシオデが開花していた(写真)。

Photo_2

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ              2

キジバト              3

アオゲラ              1

モズ       1

ハシブトガラス    4

ヤマガラ              2

シジュウカラ       6

ヒヨドリ              8

ウグイス              4

メジロ    2

ムクドリ              5

キビタキ              1

スズメ    2

カワラヒワ           2

ガビチョウ           6

ウスバシロチョウ              3

キアゲハ              1

キタテハ              3

キチョウ              3

ベニシジミ           2

モンシロチョウ    6

ルリシジミ           2

カワトンボ           20

トウキョウダルマガエル 

イヌガラシ 

オオイヌノフグリ 

オオジシバリ 

オニタビラコ 

オヘビイチゴ 

オランダガラシ 

カキドウシ 

カラスノエンドウ 

カントウタンポポ 

キュウリグサ 

クサイチゴ 

クサノオ 

コオニタビラコ 

サルトリイバラ 

シオデ 

スイバ 

スズメノテッポウ 

セイヨウタンポポ 

チゴユリ 

トキワハゼ 

ナズナ 

ニリンソウ 

ハコベ 

ハルジオン 

ヘビイチゴ 

ホウチャクソウ 

ムラサキケマン 

ムラサキサギゴケ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »