« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月19日 (水)

鳥見歩る記*上柚木公園(野鳥定期カウント)2014.11.19

20141119 8時30分~10時30分 晴れ

Photo_6

 

公益財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団からの依頼による上柚木公園の11月度の野鳥調査を行った。

ヒヨドリが多く賑やか。

カワラヒワも約30羽の集団が来ていた。

野球場東側の土手にはツグミ2羽が地上に降りていた。

放任された柿の木の実にメジロ5羽が来ていた。

野球場北の林でカラ類の混群に出会った。

エナガ(写真)が20羽の他、シジュウカラ、メジロ、コゲラの集団であった。

その時、野球場の上空にチョウゲンボウが現れた。

ハクセキレイ1羽が民家のガラスに写る像を攻撃していた。

陽だまりにはチョウ4種が未だ残っていた。

フユシャクが飛び始めた。

弱い木枯らしが吹き、秋から冬への季節の変わり目を感じた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 7

コゲラ 1

チョウゲンボウ 1

モズ 1

ハシボソガラス 4

ハシブトガラス 12

シジュウカラ 14

ヒヨドリ 41

エナガ 20

メジロ 10

ムクドリ 2

ツグミ 3

ジョウビタキ 1

スズメ 23

ハクセキレイ 4

カワラヒワ 30

カシラダカ 3

アオジ 2

ガビチョウ 3

ウラナミシジミ 2

キタテハ 1

ベニシジミ 1

ヤマトシジミ 8

フユシャク 1

アカツメクサ 

ウシハコベ 

カツラ 

ガマズミ 

カラスウリ 

キツネノマゴ 

セイタカアワダチソウ 

ノイバラ 

ヒサカキ 

ヒメジョオン 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*川町田んぼ2014.11.18

20141118日  950分~1050分 晴れ

 

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

カケスが谷戸の谷を渡っていった。

1羽だけで、後が続かなかった。

モズが目の前に現れてくれた。

雑木林に入るとコジュケイ約10羽が慌ただしく逃げ去っていった。

アキアカネ、ナツアケネ(写真)が田んぼの陽だまりで未だ残っていた。

オオアオイトトンボも1匹見つけた。

Photo_5


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 1

トビ 2

モズ 1

カケス 1

ハシボソガラス 1

シジュウカラ 2

ヒヨドリ 8

カシラダカ 2

コジュケイ 10

ガビチョウ 8

ツマグロヒョウモン 3

アキアカネ 10

オオアオイトトンボ 1

ナツアカネ 2

イヌガラシ 

オオイヌノフグリ 

オオジシバリ 

セイヨウタンポポ 

タネツケバナ 

トキワハゼ 

トネアザミ 

ナズナ 

ノハラアザミ 

ハキダメギク 

ハハコグサ 

ヒメジョオン 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*藤野から奈良子峠経由陣場山2014.11.17

20141017日  730分~1415分 晴れ

藤野から姫谷温泉の前を通って奈良子峠に出て、陣場山に登り和田峠から八王子側の陣場高原バス停に下った。

沢井川ではカワガラスに2ヶ所で出あった。

姫谷温泉までの途中でサルの群れにあった。

また、道端にあるアワコガネギク(写真)の大株が清楚な花を着けていた。

奈良子峠への道には花の終わったオケラが目立った。

ここではダンコウバイの黄葉も多かった。

カラの混群には数ヶ所で会い、群の中にコガラがいて、印象的であった。

下り途中の陣場山直下の旧国民宿舎跡の所のカラの混群にソウシチョウも混じっていた。

この群の中のコガラは花の終わったシモバシラに草の茎だか葉だかで虫のようなものを捕っていた。

Photo_4


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

コゲラ 

モズ 

カケス 

ハシブトガラス 

コガラ 

ヤマガラ 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

エナガ 

メジロ 

カワガラス 

ツグミ 

ルリビタキ 

ジョウビタキ 

スズメ 

キセキレイ 

セグロセキレイ 

ソウシチョウ 

テングチョウ 

サル 

アズマヤマアザミ 

アワコガネギク 

キツネノマゴ 

コウヤボウキ 

シロヨメナ 

タチツボスミレ 

ノコンギク 

ノハラアザミ 

リュウノウギク 

オケラ 花終わる

リンドウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*種入り(クワイ収穫・稲脱穀)2014.11.16

201410月16日  900分~1600分 晴れ

 

上川口小学校裏の田んぼ(通称「種入り」)でクワイの収穫と1018日に刈って天日干しをしてあたった稲の脱穀をした。

午前中がクワイの収穫であったが、重労働で予定の半分しかできなかった。

しかし、立派なクワイが収穫できた(写真)。

午後の脱穀は「足踏み脱穀機」で行った。

足踏み脱穀機は日野市の元農家から借りてきたものである。

Photo_3


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アオサギ

カケス

シジュウカラ

ウグイス

ルリビタキ

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(稲荷山コース)2014.11.15

20141015日  1415分~1710分 晴れ

 

高尾山の稲荷山コースを登り2kmで引き返した。

紅葉祭りの晴れた土曜日で高尾山は人人人でごったがえしていた(写真)。

稲荷山コースを登り2kmに着いてのは午後330分、ここで1時間、ある鳥が出て来るのを待ったが空振りであった。

午後4時半に引き返したが、最後は暗くなってしまった。日が短くなった。

Photo


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト

アオゲラ

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2014年11月17日 (月)

鳥見歩る記*北浅川(日野稲門会)2014.11.14

20141014日  900分~11分 晴れ

Photo_3

 

日野稲門会の野鳥観察会を支援した。

コースは北浅川の松枝橋から陵北大橋まで。

このコースであれば、今の時期は30種以上が観察されるはずであるが、この日はそこに及ばず低調であった。

カワセミもちらっとしか姿を見せなかった。

しかし、ジョウビタキのメスは電線に長く止まっていたので、じっくり観察できた(写真上)。

ゴールのグランドには十月桜が咲いていた(写真下)。

Photo_4


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

カワセミ

コゲラ

モズ

ハシボソガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

シメ

ホオジロ

アオジ

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*種入り・北沢谷戸(上川口小裏の谷戸)2014.11.13

20141013日  1300分~1440分 晴れ

 

上川口小学校裏の谷戸(種入り・北沢谷戸)を歩いた。

カシラダカ(写真)が休耕田の枯草地に集団でいた。

20羽だった。

Photo_2


北沢谷戸の歩道の南斜面に午後に陽が当り、チョウが7種飛んでいた。

花は終わっていたが、雑木林のなかでオヤマボクチが100株位ある所があった。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

シジュウカラ 6

ヒヨドリ 4

ウグイス 1

ルリビタキ 1

カシラダカ 20

ガビチョウ 2

ウラギンシジミ 4

キタテハ 3

キチョウ 6

ツマグロヒョウモン 3

ベニシジミ 1

モンキチョウ 2

ヤマトシジミ 30

ウシハコベ 

オヤマボクチ 花終わる

カタバミ 

カントウヨメナ 

キツネノマゴ 

トネアザミ 

ノハラアザミ 

ノブキ 

ノミノフスマ 

ハキダメギク 

ハハコグサ 

ミヤマフユイチゴ 

リンドウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2014年11月13日 (木)

鳥見歩る記*小宮公園(読売文化センター講座)2014.11.12

20141112日  1035分~1400分 曇り

 

読売文化センターの野鳥観察講座で11月は八王子市にある小宮公園に行った。

JR八王子駅から歩いた。

浅川大橋手前で浅川右岸堤防を左折して暁橋経由で行った。

テレビアンテナにジョウビタキのメスがいて、よく鳴いていた。

暁橋から見た浅川にはアオサギとカワセミがいた。

小宮公園は秋らしくなっていて、オヤマボクチ(写真)の花にマルハナバチが来ていた。

Photo


弁天池にはカルガモ10数羽の中にマガモのメスのような個体が1羽とキセキレイがいた。

ツグミ1羽がひっそりとエノキの実を食べていた。

ひよどり山の草地にキジのオスがいて、全身を観察できた。

鳥合わせて27種であったが、帰りの浅川・浅川大橋からダイサギ、イカルチドリ、セグロセキレイ、タヒバリを観察し、この日は312種になった。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジ

マガモ

カルガモ

キジバト

アオサギ

ダイサギ

コサギ

イカルチドリ

カワセミ

コゲラ

アオゲラ

モズ

オナガ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ヤマガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

エナガ

メジロ

ムクドリ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

タヒバリ

カワラヒワ

ドバト

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2014年11月11日 (火)

鳥見歩る記*高尾山(稲荷山コース)2014.11.10

20141110  10時15分1445分 晴れ

 

高尾山の稲荷山コースを登り、紅葉台下の富士見台園地まで行って、同じルートを下山した。

麓の案内川にアオサギ、キセキレイがいた。

最近はアオサギが上流まで上がって来ているようだ。

アオゲラ、カケス、コゲラの声を聞きながらであったが、鳥は少なかった。

稲荷山コースを登りだして、稲荷を過ぎて少し進んだ所の登山道に気持ちのわるい毛虫の固まりがあちこちにあった(写真)。

Photo


写真を山頂のビジターセンターで聞いてみるとケバエ(メスアカケバエ)の終令幼虫と教えてくれた。

この幼虫は地下で暮らしていて、終令幼虫になると蛹になるために地上に出てくるのだという。

こんな凄まじい状況は高尾山では珍しい。

紅葉が始まっていてヌルデ(写真)、ツタなどが赤く染まっていた。

Photo_2


このようななかでタマアジサイ(写真)が未だ咲いていた。

Photo_3


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 

アオサギ 

コゲラ 

アオゲラ 

カケス 

ハシブトガラス 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

エナガ 

キセキレイ 

テングチョウ 1

コウヤボウキ 

シラネセンキュウ 

シロヨメナ 

タマアジサイ 

トネアザミ 

ヤクシソウ 

リュウノウギク 

リンドウ 

センボンヤリ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年11月10日 (月)

鳥見歩る記*多摩川(中央線鉄橋⇒多摩大橋)2014.11.9

201411  8時5分1100分 曇り

 

カワセミ会の月例探鳥会で多摩川の中央線鉄橋から左岸堤防を上流に向かった。

途中雨が降ってきたので、谷地川の新旭橋で探鳥会を中止した。

解散後、多摩大橋まであるいたが、解散後は雨が止んでくれた。

今年の冬に河原のニセアカシアの林が伐採され、その後が一面のオオブタクサに変わった。

そのオオブタクサが秋になり枯れて、カワラヒワが種を食べに大集団で来ていた。

ノスリに2回出会った。

シメ、ツグミ、カシラダカが戻ってきた。

ベニマシコは探したが出会わなかった。

河原のエノキが黄色く黄葉していて、目立った(写真)。

Photo_3


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ

ヒドリガモ

マガモ

カルガモ

カイツブリ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

イカルチドリ

イソシギ

ノスリ

カワセミ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

ムクドリ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

シメ

カシラダカ

アオジ

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*浅川(カワセミ会ジュニアクラブ野鳥観察)2014.11.8

201411  8時40分1150分 曇り

 

カワセミ会ジュニアクラブの浅川野鳥観察会。

浅川の右岸八高線鉄橋付近から堤防を下流に進み、長沼橋を渡って左岸堤防を出発点のエコひろばに戻った。

イソヒヨドリのオスが、中央線鉄橋と長沼橋の中間の八王子市高齢者在宅サービスセンターの屋上にいた。

昨年年119日も同じ場所にいて、この時はメスで、地面に降りて採餌したが、今年は屋上から飛び去ってしまった。

ツグミとシメは今期初認である。

アオジ、タヒバリ、セグロカモメも浅川に戻ってきた。

堤防のクコが綺麗な花を咲かせていた(写真)。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ

カルガモ

コガモ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

コサギ

イカルチドリ

セグロカモメ

トビ

カワセミ

コゲラ

ハシボソガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

メジロ

ムクドリ

ツグミ

ジョウビタキ

イソヒヨドリ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

タヒバリ

カワラヒワ

シメ

ホオジロ

アオジ

ドバト

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*暁町保全緑地2014.11.7

2014117日 13:4014:25 曇り

Photo

 

暁町保全緑地を歩いた。

リンドウが綺麗に咲いていた。

ガビチョウが林間でいつものように振舞っていた。

ウグイスの地鳴きが聞こえてきた。

ジョウビタキのメスがいた。

不明鳥に2回出会ったが、ともに一瞬だったので種の識別は出来なかった。

1回目はススキの原の小道で、少し大きめ(カラス大かそれより少し大きかった)で暗茶色がかっていた。

タカの仲間かも知れない。

もう1回は疎林の中で、ハト大であった。

キジバトより俊敏に飛び立っていった。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

ヒヨドリ 4

ウグイス 1

ジョウビタキ 1

ガビチョウ 4

不明鳥 3

アキノキリンソウ 

カタバミ 

キツネノマゴ 

コセンダングサ 

ゴンズイ 

ヌルデ 紅葉

ノコンギク 

ノハラアザミ 

ヒメジョオン 

ヤクシソウ 

リンドウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年11月 7日 (金)

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2014.11.5

20141100分~9時30分 曇り

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

Photo


 

オナガ10羽がニセアカシアの林にいた。

キカラスウリ(写真)がカラスウリとともに実を着けていた。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 3

モズ 1

オナガ 10

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 2

シジュウカラ 2

ヒヨドリ 8

セグロセキレイ 1

カワラヒワ 5

ホオジロ 1

アカツメクサ 

イシミカワ 

ウシハコベ 

カラスウリ 

キカラスウリ 

コセンダングサ 

スズメウリ 

セイタカアワダチソウ 

ヒメジョオン 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2014年11月 5日 (水)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2014.11.4

201411月4日、15分~1415分 曇り

Photo_2

 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

 

鳥が少なく寂しいカウントであった。

鳥が少なく寂しいカウントであった。

11月はアカモミタケの季節、モミの下で探しがたアカモミタケは見つけることができなかった。5号路(6号路出会いから1号路出会いの間)で今年もリンドウが咲き出した。

その隣りにツルリンドウの赤い実があった。

珍しくキッコウハグマが開花していた(写真)。白い小さな可愛い花で、中に赤い部分が3ヶ所あった。

1号路金毘羅台の坂道にトキリマメの実、1号路布流の滝近くにツルギキョウ(写真)の花と実があった。

Photo_3


 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

キジバト 1

コゲラ 2

ハシブトガラス 2

ヤマガラ 2

ヒガラ 4

シジュウカラ 4

ヒヨドリ 12

メジロ 2

ガビチョウ 2

アオミズ 

アキノキリンソウ 

アシボソ 

アズマヤマアザミ 

オオミゾソバ 

オクモミジハグマ 

カシワバハグマ 

キッコウハグマ 

ササガヤ 

シロヨメナ 

セキヤノアキチョウジ 

ダイコンソウ 

ツリフネソウ 

ツルギキョウ 花実

ツルリンドウ 

トキリマメ 

トネアザミ 

ノササゲ 

ノブキ 

ミズヒキ 

ムラサキシキブ 

メナモミ 

ヤクシソウ 

リュウノウギク 

リンドウ 

クモノスシダ 

ゲジゲジシダ 

コバノヒノキシダ 

トキワトラノオ 

ノキシノブ 

ビロウドシダ 

ホシダ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2014.11.4

2014114日00分~05分 晴れ

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

Photo

 

アオサギが最初は梅郷橋の下流側にいて、その後上流に飛んで蛇滝橋下付近に移動した。

ジョウビタキをスタート地近くと、ゴールの蛇滝橋近くの2回観察。蛇滝橋近くのものはメスで逆光の写真が撮れた。

コジュケイ1羽はのこのこ出て来て、再び藪に消えていった。

植物は実を結ぶものが増えてきた。

 

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

アオサギ 1

トビ 3

アオゲラ 1

モズ 1

カケス 3

ハシブトガラス 2

ヤマガラ 1

シジュウカラ 12

ヒヨドリ 30

メジロ 8

ジョウビタキ 2

スズメ 5

キセキレイ 1

アオジ 3

コジュケイ 1

アオツヅラフジ 

アズマヤマアザミ 

カントウヨメナ 

キツネノマゴ 

クサギ 

コセンダングサ 

コボタンヅル 

シロヨメナ 

ダイコンソウ 

チカラシバ 

トキワハゼ 

ノコンギク 

ノブキ 

ハキダメギク 

ベニバナボロギク 

マルバノホロシ 

ミヤマフユイチゴ 

ヤブコウジ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年11月 4日 (火)

鳥見歩る記*玉川上水2014.11.3

201411日  955分~10時35分 晴れ

Photo

 

拝島駅から立川市西砂町にある実家に行く途中玉川上水と途中から支線となる緑道を歩いた。

玉川上水には綺麗な水がながれカルガモが水面にきていた。

カワセミの声らしいものも聞こえてきたが、確認は出来なかった。

緑道ではミラサキシジミ、ウラギンシジミが葉に止まっていた。

どちらも成虫越冬のチョウである。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ

キジバト

モズ

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

ムクドリ

スズメ

ハクセキレイ

ウラギンシジミ

キチョウ

ムラサキシジミ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2014年11月 3日 (月)

鳥見歩る記*手賀沼(バードフェスティバル)2014.11.2

201411日  1115分~15時15分 曇り

Photo_2

 

岡発戸の森を1115分に出て、手賀沼湖岸の遊歩道を歩いてバードフェスティバルの会場に着いたのは1235分であった。

バードフェスティバルは我孫子市鳥の博物館で開催されていて、今年も多くの人が集まって賑やかであった。

ここに来るとあちこちの鳥の知り合いに出会えるので楽しい。

2台目カメラの携帯用のStrap Shotを買った。

手賀沼にはカンムリカイツブリ、オオバン、コガモなどがいた。

湖岸にテントを出して野鳥観察を支援している我孫子野鳥の会の説明で手賀大橋の街灯の傘に止まっているホイグリンカモメ(写真)を観察できた。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

コブハクチョウ 

マガモ 

カルガモ 

オナガガモ 

コガモ 

カイツブリ 

カンムリカイツブリ 

キジバト 

コサギ 

オオバン 

ハシボソガラス 

ハシブトガラス 

ヒヨドリ 

ムクドリ 

ハクセキレイ 

カワラヒワ 

ドバト 

バリケン 

ホイグリンカモメ 

ウラナミシジミ 

キタテハ 

モンシロチョウ 

アキアカネ 

アカツメクサ 

イヌガラシ 

オニノゲシ 

コセンダングサ 

コヒルガオ 

ツユクサ 

ナズナ 

ノボロギク 

ハルノノゲシ 

ホトケノザ 

シロダモ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*岡発戸市民の森2014.11.2

201411日  1025分~11時10分 晴れ

Photo

 

我孫子で開催中のバードフェスティバルに岡発戸市民の森経由で行った。

我孫子駅から成田線に乗り換えて東我孫子駅から歩いて行った。

岡発戸市民の森に着くと平坦な雑木林であった。

エナガの群れ、カケスがいた程度で、森を出ると畑にセグロセキレイとハクセキレイが同時にいた程度であった。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

モズ 

カケス 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

エナガ 

メジロ 

スズメ 

ハクセキレイ 

セグロセキレイ 

キタテハ 

キチョウ 

カタバミ 

コセンダングサ 

シロヨメナ 

セイタカアワダチソウ 

セイヨウタンポポ 

ノハラアザミ 

ベニバナボロギク 

ヤマハッカ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

|

2014年11月 1日 (土)

鳥見歩る記*黒平(キノコほうとう)2014.10.31

20141031日  1010分~16時45分 曇り後雨

Photo

 

山梨の昇仙峡の奥に黒平という小さな集落がある。

103日の夕方のNHKテレビ首都圏ネットでこの地のキノコほうとうが紹介された。

インターネットで調べてみたら藤原庵というほうとう屋さんがあるという。

藤原庵は秘境感100%のお店。古民家そのもので、綺麗でも、小洒落でもいないと説明があった。紅葉は11月上旬が最盛期とのころ。

そこで、1030日、紅葉を見ながらキノコほうとうを食べる「小さな旅」を計画した。

参加者7名であった。

甲府駅から昇仙峡滝上までバスで行った。

そこから約8kmを歩いた。

ジョウビタキがあちこちで出現、カケスもよく目についた。

荒川ダム(能泉湖)にはコガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、マガモ、オシドリ、カワウ、セグロセキレイがいた。

キンクロハジロ、ホシハジロ、マガモ、オシドリは各30羽以上が湖面にいた。

中でもオシドリがよく目立った。

ヤマセミを探したが空振りであった。湖面からの紅葉が素晴らしかった(写真)。

植物では実が目立った。

アワブキの赤い実は初めての出合いであった。

藤原庵には135分に到着した。キノコほうとうには、イワタケ、クリタケ、ハタケシメジ、ナメタケと4種の茸が入っていた(写真)。

とても美味しくて、ここまで歩いて食べに来る価値があった。

帰路も同じ道を歩いた。下り歩くのは楽であったが、途中から雨が降ってきた。

Photo_2


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

オシドリ 

マガモ 

コガモ 

キンクロハジロ 

カワウ 

コゲラ 

アカゲラ 

アオゲラ 

カケス 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

エナガ 

メジロ 

ジョウビタキ 

キセキレイ 

セグロセキレイ 

ホオジロ 

カンタン 

アワブキ 

クサギ 

クサボタン 

コセンダングサ 

コマツナギ 

ニシキギ 

ノコンギク 

ノブドウ 

ヒヨドリジョウゴ 

ムラサキシキブ 

ヤクシソウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »