« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月31日 (土)

鳥見歩る記*宇津貫と宇津貫緑地2014.5.29

201429日  800分~1140分 

 

宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

JR横浜線みなみ野駅→毘沙門天→宇津貫公園→クボノキ湧水→宇津貫緑地(ホタル沢、尾根道)→兵衛川→みなみ野駅のコースを歩いた。

 

八王子みなみの駅の西口から線路沿いの道を進むと、道端に今年もミヤコグサが黄色い花を咲かせていた。

宇津貫公園ではヤマボウシが白い花を一杯咲かせていた。

宇津貫公園隣りの湧水池にはハラビロトンボが2匹飛んでいた。

ホトトギスの声が聞こえてきた。

以下は宇津貫緑地の中の様子である。

今月もログハウスの脇でキジのオスが出迎えてくれた。

谷戸の田んぼにハラビロトンボ、ショウジョウトンボ、ヤマサナエがいた。

キビタキが先月に続いて今月もよくさえずっていた。

キビタキは繁殖しているものと思われる。

カイツブリが調整池にいて鳴き交わしていた。

カイツブリの繁殖を期待する。葉のある木の周りをモンシロチョウのような白い蝶が集団で飛んでいた。

カウントしたら約30匹はいた。飛びまわっていてどこにも止まらないので、捕虫網で捕まえてみると蛾の仲間だった。

写真を撮り専門家に鑑定を依頼したらキアシドクガとの回答であった。

1


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジ 3

カイツブリ 2

キジバト 4

ホトトギス 1

コゲラ 1

アオゲラ 1

ハシボソガラス 3

ハシブトガラス 6

シジュウカラ 13

ツバメ 11

ヒヨドリ 15

ウグイス 2

メジロ 2

ムクドリ 4

キビタキ 1

スズメ 42

ハクセキレイ 5

ホオジロ 1

コジュケイ 1

ガビチョウ 10

オナガアゲハ 1

キタテハ 1

クロヒカゲ 5

サトキマダラヒカゲ 4

スジグロシロチョウ 1

ダイミョウセセリ 1

ナミアゲハ 2

ヒメウラナミジャノメ 3

ヒメキマダラセセリ 2

ミスジチョウ 1

モンシロチョウ 6

キアシドクガ 30

ショウジョウトンボ 2

ハラビロトンボ 7

ヤマサナエ 1

アカツメクサ 

アカバナユウゲショウ 

アサザ 

アメリカフウロ 

アヤメ 

イボタノキ 

イモカタバミ 

ウマノアシガタ 

オカタツナミソウ 

オッタチカタバミ 

カキツバタ 

ガマズミ 

カントウマムシグサ 

キショウブ 

ケキツネノボタン 

コウゾリナ 

コヒルガオ 

ゴンズイ 

サイハイラン 

シャリンバイ 

スイカズラ 

タマノカンアオイ 

ツユクサ 

ドクダミ 

ナツハゼ(はじまきそう) 

ナルコユリ 

ニガナ 

ノアザミ 

ノイバラ 

ヒメジョオン 

ブタナ 

フタリシズカ 

ホウノキ 

マユミ 

ミヤコグサ 

ムラサキシキブ 

リョウブ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2014年5月29日 (木)

鳥見歩る記*駒木野林道2014.5.28

201428 14時20分~15時40分 晴れ

 

午後は恩方の駒木野林道を終点まで歩いた。

キビタキ、オオルチ、サンコウチョウの声を聞くことができた。

ウスバシロチョウがハルジオン、イヌガラシ、ヤブデマリの花で吸蜜していた。

Photo_3


 

観察した野鳥は以下の通りです。

ホトトギス 

アオゲラ 

サンコウチョウ 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

メジロ 

キビタキ 

オオルリ 

アサギマダラ 2

ウスバシロチョウ 3

オナガアゲハ 4

コジャノメ 3

コミスジ 1

スジグロシロチョウ 5

ツマキチョウ 1

ミスジチョウ 2

モンキアゲハ 2

シラフシロオビエダシャク 1

カワトンボ 2

イヌガラシ 

クサイチゴ 

ショカツサイ 

セリバヒエンソウ 

ハルジオン 

フタリシズカ 

マタタビ 

マルバウツギ 

ヤブデマリ 

ユキノシタ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*君田小学校・野鳥観察支援2014.5.28

201428 8時50分~10時0分 晴れ

Photo_2

 

八王子市立みなみ野君田小学校1年生の野鳥観察を支援した。

学校の隣りの宇津貫公園を一回りした。

キジバトが2羽電線に止まっていたのと公園の芝草地のハクセキレイを皆で観察できた。

アオサギが1羽上空を通過したが、通り過ぎてします鳥の観察は難しい。

キビタキも雑木林で鳴いていたが少し遠かったので1年生に説明しても理解してもらえなかった。

物差し鳥4種が分かってくれれば充分であろう。

 

観察した野鳥は以下の通りです。

キジバト

アオサギ

ハシボソガラス

ツバメ

ヒヨドリ

ムクドリ

キビタキ

スズメ

ハクセキレイ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*利根川・笹川2014.5.27

201427 11時35分~14時10分 曇り

 

6月に予定している読売文化センターの野鳥観察コースの下見で利根川の笹川に行った。

八王子駅を72分の電車に乗ったが、成田線の笹川駅についたのは1132分であった。

4時間半もかかった理由は錦糸町駅でタッチの差で快速エアポート成田空港行の電車に乗れなかったためである。

理由は総武線の遅れであった。

笹川駅の改札を出ると早速キジの声が聞こえてきた。

2km歩いて利根川の堤防に着いた。

西風がすこぶる強い。

右岸堤防を下流方向に進んだ。

右手に田んぼが広がっている。

田植された稲がすっかり活着した田んぼにアオサギが多く、ダイサギとコサギが混ざるという状態である。

アマサギとタマシギを探したが見当たらなかった。

利根川の河原にはヨシが広がっている。

オオヨシキリが多い。

ヒバリも多い。

オオセッカ、コジュリン(写真)もいる。

ウグイスも多いがカッコウはいなかった。

2km歩いてコヨシキリに出会い、ここで折り返して笹川駅まで歩いた。

Photo


 

観察した野鳥は以下の通りです。

カルガモ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

コサギ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ヒバリ

ツバメ

ウグイス

オオセッカ

オオヨシキリ

コヨシキリ

セッカ

ムクドリ

スズメ

ハクセキレイ

カワラヒワ

コジュリン

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年5月27日 (火)

鳥見歩る記*高尾山3・6号路2014.5.26

201426 9時30分~14時50分 曇り

Photo

 

47日に高尾山31号路に設置した録音機をピックアップに行った。

コースは6号路入口から東京高尾病院の前の道を通り、2号路、3号路を経て5号路に北・西側コースから紅葉台南周りコースに入って富士見平まで行った。

帰路は富士見平で折り返し、5号路南・東側コースから6号路を下った。

キビタキのオスには7回出会ったが、オオルリのオスには出会ったのは1回だけであった。

6号路の入口の沢でカジカガエルが鳴いていた。

その同じ場所でバイカウツギが咲いていた(写真)。

東京高尾病院からの道にはサイハイランが咲いていた。

サルナシの花が3号路に落ちていた。紅葉台南周りコースの富士見平付近ではそのサルナシが綺麗に咲いているところの写真が撮れた。

5号路南・東側コースではイナモリソウが咲いていた。

6号路では同じ仲間のホシザキイナモリソウも咲いていた。

6号路の第2ベンチと第1ベンチの間では杉に着くセッコクが綺麗に咲いていた。

Photo_2


 

観察した野鳥は以下の通りです。

キジバト 

ホトトギス 

アオゲラ 

ハシブトガラス 

シジュウカラ 

ツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

メジロ 

クロツグミ 

キビタキ 7

オオルリ 1

スズメ 

キセキレイ 

セグロセキレイ 

ガビチョウ 

アサギマダラ 3

オナガアゲハ 2

カラスアゲハ 2

クロヒカゲ 4

コジャノメ 3

アゲハモドキ 2

シラフシロオビエダシャク 1

イチヤクソウ 

イナモリソウ 

イヌガラシ 

ウメバチソウ 

ウワバミソウ 

ガクウツギ 

カツラ 実(落果)

ガマズミ 

ギンラン 

クサノオ 

コゴメウツギ 

サイハイラン 

サルナシ 

サワハコベ 

シャガ 

シュロ 

シラキ 

スイカズラ 

セッコク 

セリバヒエンソウ 

ツルカノコソウ 

ツレサギソウ 

ニガナ 

バイカウツギ 

ハクウンボク 

ハルジオン 

ハンショウヅル 

フタリシズカ 

ホシザキイナモリソウ 

マタタビ 

マユミ 

マルバウツギ 

ミヤマウコギ 

ミヤマナルコユリ 

ヤブデマリ 

ヤブレガサ 

ヨツバムグラ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年5月26日 (月)

鳥見歩る記*富士森公園2014.5.25

201425 11時35分~13時5分 晴れ

Photo

 

蝶のカウントに富士森公園に行った。

アカボシゴマダラ(写真)がエノキの葉に産卵しているところに出会った。

写真も撮れた。

コナスビ(写真)が目立たない所で1輪だけ咲いていた。

オナガが騒いでいた。

今年もこの公園でツミが繁殖するかもしれない。

Photo_2


 

観察した野鳥は以下の通りです。

キジバト 

コゲラ 

オナガ 

ハシボソガラス 

ハシブトガラス 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

ムクドリ 

スズメ 

ドバト 

アカボシゴマダラ 2

スジグロシロチョウ 2

ツマグロヒョウモン 1

ヤマトシジミ 1

エゴノキ 

コナスビ 

スイカズラ 

ドクダミ 

ニガナ 

ヤマボウシ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年5月25日 (日)

鳥見歩る記*暁町保全緑地2014.5.24

201424 11時30分~13時5分 晴れ

 

ホオジロ、ウグイスがよくさえずっていた。

エナガ約30羽の群れが緑地内を移動していた。

そのエナガの群れを見ていたら、キビタキのオスが現れた。

524日時点でここにいることは繁殖していると思われる。

アカボシゴマダラの飛翔が目についた。

ヒメジョオンが咲きだした。今期初認である。

ノアザミも咲いていた。

Photo


 

観察した野鳥は以下の通りです。

ハシブトガラス 4

ヒガラ 2

シジュウカラ 4

ツバメ 1

イワツバメ 2

ヒヨドリ 10

ウグイス 2

エナガ 30

メジロ 2

ムクドリ 4

キビタキ 1

スズメ 10

ホオジロ 1

ガビチョウ 4

アカボシゴマダラ 3

オナガアゲハ 1

キチョウ 3

クロアゲハ 1

クロヒカゲ 2

コミスジ 2

スジグロシロチョウ 2

ダイミョウセセリ 2

テングチョウ 2

ヒメウラナミジャノメ 6

ミスジチョウ 3

モンシロチョウ 1

ヤマトシジミ 3

アカバナユウゲショウ 

イモカタバミ 

ウマノアシガタ 

エゴノキ 

オオジシバリ 

オニタビラコ 

ガマズミ 

クサフジ 

コアジサイ 

コウゾリナ 

コゴメウツギ 

ゴンズイ 

スイカズラ 

セイヨウタンポポ 

トキワハゼ 

ナガミヒナゲシ 

ナワシロイチゴ 

ニガナ 

ノアザミ 

ノイバラ 

ハハコグサ 

ハルジオン 

ヒメジョオン 

フタリシズカ 

ヘラオオバコ 

ホウノキ 

ヤマツツジ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年5月23日 (金)

鳥見歩る記*福寿園野鳥観察支援・三沢峠鳥見歩る記2014.5.23

201423 9時50分~15時10分 晴れ

Photo

 

南高尾の梅ノ木平から入った所に福寿園という高齢者施設がある。

この施設から毎年春と秋に野鳥の観察支援の依頼あり、本日春の野鳥観察の支援を行った。

この施設は高尾の緑に囲まれた所にある。

車椅子の施設利用者が2階のバルコニーに集まり、そこに現れる野鳥を観察した。

1時間程で、ウグイス、シジュウカラ、ホオジロ、ガビチョウ、ヒヨドリ、キセキレイ、ヤマガラが登場した。

キセキレイはこの施設の一角に営巣して、親が餌運びをしていた。

福寿園内にウスバシロチョウが飛び交っていた。

モンキアゲハ、ミスジチョウもいた。

終了後に三沢峠まで鳥見の往復をした。

キビタキが何ヶ所かでさえずっていた。

ホオジロ、キビタキ、サンコウチョウ、ホトトギスもいた。

ヤブデマリが白い花を輝かせていた(写真上)。

花の終わったトウゴクサバノオが鯖の尾の形をした実を着けていた(写真下)。

Photo_2


 

観察した野鳥は以下の通りです。

キジバト 

ホトトギス 

コゲラ 

サンコウチョウ 

カケス 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

ヤブサメ 

エナガ 

メジロ 

キビタキ 

オオルリ 

キセキレイ 

ホオジロ 

ガビチョウ 

ウスバシロチョウ 8

オナガアゲハ 2

クロヒカゲ 1

コジャノメ 11

ミスジチョウ 1

モンキアゲハ 2

モンシロチョウ 1

オオカギバ 2

シラフシロオビエダシャク 7

カワトンボ 10

ミヤマカワトンボ 1

ヒバカリ 1

ウラシマソウ 

ウリノキ 

オカタツナミソウ 

ガクウツギ 

ガマズミ 

コゴメウツギ 

サイカチ 

サイハイラン 

セントウソウ 花終わる

ツチアケビ 新芽

ツルカノコソウ 

トウゴクサバノオ 

フタリシズカ 

ホウノキ 

マルバウツギ 

ミツバウツギ 

ヤブデマリ 

ヤブムラサキ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年5月22日 (木)

鳥見歩る記*日影沢(読売文化センター講座)2014.5.21

201421 10時40分~13時30分 

 

5月の読売文化センターの野鳥講座は裏高尾の日影沢に行った。

あいにくの雨であった。

日影でバスを降りて日影沢林道に入ると沢にアオサギが1羽来ていた。

こんな上流にもアオサギが採餌に来ているとは驚きである。

日影沢キャンプ場の屋根の下で定点観察をした。

キジバト、シジュウカラが現れた。

上空では雨の中でイワツバメが飛び交っていた。

数えると8羽はいた。

雨が止まないので昼食後に林道を進み炭焼き体験小屋の方に移動した。

ヤマガラ、キセキレイが、コゲラがいた。

アオゲラの声を聞くことができた。

雨の中でミズキ(写真)、ヤブデマリの白い花が勢いよく咲いていた。

Photo

 

観察した野鳥は以下の通りです。

キジバト

アオサギ

コゲラ

アオゲラ

ハシブトガラス

ヤマガラ

シジュウカラ

イワツバメ

ヒヨドリ

キセキレイ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年5月20日 (火)

鳥見歩る記*上柚木公園(野鳥定期カウント)2014.5.20

201420 8時30分~10時25分 

Photo_3

 

公益財団法人八王子市学園都市文化ふれあい財団からの依頼による上柚木公園の5月度の野鳥調査を行った。

アオサギ2羽が上空を西に向かって飛んでいった。

テニスコート付近でイカルが綺麗な声で鳴いた。

オナガがいたので、ツミの巣を探したが見当たらなかった。

オナガはツミの巣の周辺に営巣する習性があるからである。

ムクドリとスズメが桜の実を食べに来ていた。

雑木林に竹が多く、この竹が枯れているように見える。

このように竹が春に黄変するのは、竹の秋と言われている。

筍に栄養分を費やして若返えさせるためらしい。

ヤマボウシが多数植えられていて、清々しい花を咲かせていた。

スイカズラは芳香を放っていた。

オカタツナミソウがひっそりと花を咲かせていた(写真)。

翅がぼろぼろになったヒオドシチョウがいた(写真)。

Photo_4


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 4

アオサギ 2

ホトトギス 1

コゲラ 2

アオゲラ 1

オナガ 10

シジュウカラ 6

ツバメ 2

ヒヨドリ 13

ウグイス 1

メジロ 2

ムクドリ 4

スズメ 10

イカル 2

オオチャバネセセリ 1

オナガアゲハ 2

カラスアゲハ 1

ヒオドシチョウ 1

ヒメウラナミジャノメ 20

ミスジチョウ 1

モンキチョウ 3

ヤマトシジミ 2

アカツメクサ 

アカバナユウゲショウ 

アメリカフウロ 

ウグイスカグラ 

オオイヌノフグリ 

オカタツナミソウ 

オニタビラコ 

オヤブジラミ 

カタバミ 

ガマズミ 

キツネアザミ 

キュウリグサ 

クスノキ 

コウゾリナ 

コゴメウツギ 

コヒルガオ 

ジシバリ 

シロツメクサ 

スイカズラ 

セイヨウタンポポ 

トチノキ 

ナガミヒナゲシ 

ニガナ 

ニワゼキショウ 

ノアザミ 

ノイバラ 

ハハコグサ 

ヒルガオ 

ブタナ 

フタリシズカ 

ホウノキ 

マユミ 

モミジイチゴ 

ヤマツツジ 

ヤマボウシ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*南高尾(西山峠から中沢峠)2014.5.19

201419 8時00分~13時55分 

 

カワセミ会高尾山周辺探鳥会で5月は南高尾に山下から西山峠に上り、南高尾尾根を中沢峠まで歩き、同峠から山下に下るコースを歩いた。

キビタキが多く観察できた。

オスだけで15羽以上に出会った。

さえずりでなく姿も一部確認できた。

山下から西山峠への登山道ではオスの餌運びを、中沢峠から山下への登山道では親子連れ(少なくともオス親1と巣立ち雛2羽はいた)も観察できた。

しかし、オオルリには出会うことが無かった。

期待したサンコウチョウにも出会えなかった。

下向き花のフジがほぼ終了して、上向き花のジャケツイバラの黄色い花が目立った。

昨年の大きな実と一緒の株もあった(写真)。

Photo


尾根道ではキンランの数株に出会えた(写真)。

中沢峠からの下りではウラシマソウがひときわ多かった。

蝶には18種出会い、ウスバシロチョウ、コジャノメが最も多く、次いでオナガアゲハであった。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

ホトトギス 

トビ 

コゲラ 

アオゲラ 

カケス 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ツバメ 

イワツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

ヤブサメ 

センダイムシクイ 

メジロ 

ミソサザイ 

クロツグミ 

キビタキ 15

スズメ 

キセキレイ 

セグロセキレイ 

カワラヒワ 

イカル 

ホオジロ 

コジュケイ 

ガビチョウ 

アオスジアゲハ 1

アサギマダラ 1

イチモンジチョウ 1

ウスバシロチョウ 25

ウラギンシジミ 1

オナガアゲハ 20

カラスアゲハ 3

キチョウ 1

クモガタヒョウモン 2

クロアゲハ 5

クロヒカゲ 2

コジャノメ 25

コミスジ 4

ダイミョウセセリ 1

ツマキチョウ 3

テングチョウ 2

ヒメウラナミジャノメ 1

モンキアゲハ 2

シラフシロオビエダシャク 5

カワトンボ 15

ダビドサナエ 1

ミヤマカワトンボ 1

カジカガエル 5

シマヘビ 2

ヒバカリ 1

イチリンソウ 

イヌガラシ 

ウマノアシガタ 

ウラシマソウ 

ウリノキ 

オオイヌノフグリ 

オオジシバリ 

オニタビラコ 

カキドウシ 

ガクウツギ 

カタバミ 

カントウタンポポ 

キクバドコロ 新葉

キショウブ 

キュウリグサ 

キリ 

キンラン 

クサイチゴ 

クサノオ 

ケキツネノボタン 

コゴメウツギ 

コバノタツナミ 

ゴンズイ 蕾

サルトリイバラ 

シャガ 

ジャケツイバラ 

ショカツサイ 

シラキ 

シロツメクサ 

セイヨウタンポポ 

セリバヒエンソウ 

セントウソウ 花終わる

タガネソウ 蕾

ツクバネウツギ 花

ツタウルシ 

ツボスミレ 

ツリバナ 

ツルカノコソウ 

ニガキ 

ニガナ 

ニセアカシア 

ニリンソウ 花終わる

ニワゼキショウ 

ヌルデ ミミフシ

ノビル 

ハクウンボク 

ハルジオン 

ハルノノゲシ 

ハンショウヅル 

ヒメコウゾ 

フジ 

フタリシズカ 

ホウチャクソウ 

ホウノキ 

マルバウツギ 

ミズキ 

ミツバアケビ 

ミヤマナルコユリ 花

メギ 新葉

ヤブタビラコ 

ヤブデマリ 

ヤブムラサキ 

ヤブレガサ 

ヤマガシュウ 新葉

ヤマツツジ 

ヤマブキソウ 

ラショウモンカズラ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年5月19日 (月)

鳥見歩る記*宇津木(都指定保全緑地野鳥調査)2014.5.18

201418 8時00分~10時15分 

 

宇津木台緑地(八王子市指定)と宇津木緑地(東京都指定)の野鳥カウントを行った。

集まったメンバーは3名。

宇津木台でホトトギスの声をきいた。

宇津木緑地では2ヶ所でキビタキのさえずりを聞いた。

宇津木台緑地の赤松にタカの巣があったが、タカのいる気配はなかった。

この巣の動向を今後も注視したい。

宇津木緑地で羽化直後のアカボシゴマダを観察した(写真)。

Photo_3


宇津木緑地にはサイハンランンが10株以上蕾2を着けていた。

コアジサイが両緑地で綺麗に咲いていた(写真)。

宇津木台緑地では野鳥に関心のある1名の男性と1組のご夫妻に出会った。

Photo_4


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 7

ホトトギス 1

コゲラ 2

ハシブトガラス 6

シジュウカラ 6

ツバメ 3

ヒヨドリ 10

ウグイス 2

エナガ 2

メジロ 5

ムクドリ 14

キビタキ 2

スズメ 20

ガビチョウ 8

アカボシゴマダラ 2

イチモンジチョウ 1

ウスバシロチョウ 1

オナガアゲハ 6

キチョウ 1

クロアゲハ 2

コジャノメ 10

サトキマダラヒカゲ 3

ツマグロヒョウモン 3

ナミアゲハ 1

ヒメウラナミジャノメ 1

ベニシジミ 1

ヤマトシジミ 6

アワブキ 

イチヤクソウ 

イボタノキ 

ウグイスカグラ 

ウマノアシガタ 

エゴノキ 

オオジシバリ 

オニタビラコ 

カタバミ 

ガマズミ 

キリ 

コアジサイ 

コウゾリナ 

コゴメウツギ 

ゴンズイ 

サイハイラン 

ジシバリ 

ショカツサイ 

シロツメクサ 

スイカズラ 

セリバヒエンソウ 

ナガミヒナゲシ 

ニガナ 

ニワゼキショウ 

ネジキ 

ノアザミ 

ノイバラ 

ハルジオン 

ブタナ 

フタリシズカ 

マユミ 

モミジイチゴ 

ヤブタビラコ 

ヤブレガサ 

ヤマボウシ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*小下沢(チョウの観察会)2014.5.17

201417  9時00分1430分 晴れ

 

日本チョウ類保存協会主催の春のチョウの観察会が小下沢林道であったので参加した。

全体では31種の観察であり、そのうち粕谷個人は22種を確認できた。

スタート移転の小下沢入口付近で羽化直後というか羽化中というか、未だ翅が伸びきっていないウスバシロチョウを観察できた(写真)。

Photo


この林道は今の時期、ミツバウツギが満開となり、アオバセセリがこの花に何匹も来ていて間近で観察できた(写真)。

オナガアゲハも多かった。

水溜りでなく地面でミネラルを採って(吸って)いると見られるスミナガシも観察できた。

ニセアカシアの花を食べている大きな1頭の離れサルにであった。

先週に引き続きの小下沢であったが、今日はオオルリの鳴声を聞くことができなかった。

Photo_2


帰路、日影沢にムカシトンボが出ているという情報を頂き、行ってみると1匹だけいた。

産卵中のようであった。

 

観察したチョウは以下の通りです。

アオスジアゲハ

アオバセセリ

アカタテハ

アサギマダラ

イチモンジチョウ

ウスバシロチョウ

オナガアゲハ

カラスアゲハ

キチョウ

クモガタヒョウモン

コジャノメ

コチャバネセセリ

コミスジ

サカハチチョウ 

スジグロシロチョウ

スミナガシ

ダイミョウセセリ

ツマキチョウ

テングチョウ

ベニシジミ

ヤマトシジミ

ルリタテハ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年5月18日 (日)

鳥見歩る記*長沼公園(「人の会」の自然観察支援)2014.5.16

 

201416  9時50分1225分 晴れ

 

「人の会」というグループから依頼を受けて、長沼公園の野鳥を中心とした自然観察会の支援を行った。

京王線長沼駅に集まったメンバー5名の女性陣であった。

駅で営巣しているツバメ、イワツバメ、ヒメアマツバメの説明をしてから長沼公園に向かった。

最初に井戸沢の道に入ったが途中で沢道が行き止まりとなってので、引き返して霧降の道を登った。ホトトギスが鳴いていた。

コゲラが2羽交代で道の直ぐ近くの枯れ枝に巣穴を掘っていた。

尾根に出るとかなり強い風が吹いていたが、皐月晴れの気持ちの良い日であった。

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 

ホトトギス 

コゲラ 

アオゲラ 

オナガ 

ハシブトガラス 

シジュウカラ 

ツバメ 

イワツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

メジロ 

ムクドリ 

キビタキ 

スズメ 

ハクセキレイ 

コジュケイ 

ガビチョウ 

クロアゲハ 1

コジャノメ 8

コミスジ 1

スジグロシロチョウ 1

ナミアゲハ 3

オニヤンマ 1

カワトンボ 6

アマドコロ 

イヌトウバナ 

ウワミズザクラ 

エゴノキ 

オオジシバリ 

オオバウマノスズクサ 

オカタツナミソウ 

オニタビラコ 

ガマズミ 

カントウマムシグサ 

キンラン 

コウゾリナ 

コゴメウツギ 

サイハイラン ツボミ

シャガ 

ツボスミレ 

ナルコユリ 

ニガナ 

ニセアカシア 

ハコネウツギ 

ハルジオン 

ハンショウヅル 

ブタナ 

フタリシズカ 

マルバウツギ 

ミヤマナルコユリ 

モミジイチゴ 

ヤマツツジ 

ヤマボウシ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年5月16日 (金)

鳥見歩る記*川町田んぼ2014.5.15

201415日  1245分~1410分 曇り

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

 

キセキレイのオスメスが餌運びをしていた。

近くに雛のいる巣があると思われる。

Photo


そのキセキレイを観察していると川辺の篠竹の葉の周りを飛び回る蝶がいた。

よく見るとゴイシシジミであった。

2匹いた。

キビタキが先月に続いて2ヶ所でオスがさえずっていた。

先月から継続して留まっているので繁殖していると思われる。

ホウノキ(写真)、ヤブデマリ、ヤマツツジが咲いていた。

田んぼに未だ水が引かれていないためか、ツバメはいなかった。

Photo_2


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ 2

キジバト 3

アオサギ 1

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 4

ヒヨドリ 4

ウグイス 3

キビタキ 2

キセキレイ 2

カワラヒワ 14

コジュケイ 2

ガビチョウ 4

アオスジアゲハ 1

ゴイシシジミ 2

コジャノメ 1

ナミアゲハ 2

ヒメウラナミジャノメ 4

ベニシジミ 2

モンキチョウ 2

カワトンボ 3

シオカラトンボ 2

アマガエル 

トウキョウダルマガエル 

アカバナユウゲショウ 

アメリカフウロ 

イヌガラシ 

オオイヌノフグリ 

オオジシバリ 

オッタチカタバミ 

オニノゲシ 

オヘビイチゴ 

オランダガラシ 

カマツカ 花ほぼ終わる

カラスノエンドウ 

キツネアザミ 

ケキツネノボタン 

コオニタビラコ 

コゴメウツギ 

ジュウニヒトエ 

シロツメクサ 

スイバ 

セイヨウタンポポ 

セリバヒエンソウ 

ツタウルシ 

トキワハゼ 

ナガミヒナゲシ 

ナズナ 

ニガナ 

ハハコグサ 

ハルジオン 

ヒメオドリコソウ 

フタリシズカ 

ホウチャクソウ 

ホウノキ 

ヤブタビラコ 

ヤブデマリ 

ヤマツツジ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2014年5月15日 (木)

鳥見歩る記*粟島(春の渡りの鳥見)2014.5.12-14

201412-14  23

Photo


春の粟島へ512から23日の日程で鳥仲間と鳥見に行った。

初日は12時に粟島の内浦港に着き、午後は早速内浦の近くの畑を探鳥、水路にタカブシギがいて、飾り羽を着けたチュウサギ1羽が採餌中であった。

センダイムシクイ、コムクドリ約10羽の集団もいた。

その後、島の北東端の鳥崎に移動、雨が降ってきてもめぼしい鳥が出なかった。

翌朝は早朝に鳥崎に行った。コルリを始め野鳥の声のシャワーであったが、雨が降ってきて鳥の声がぴったり止んでしまった。

朝飯後は釜谷に車で移動、天気は良くなったがめぼしい鳥はさっぱりでない。

南東端の八幡神社、矢ケ崎から内浦まで歩いた。

3日目は早朝に内浦の畑でカシラダカの夏羽(写真上)、ムネアカタヒバリ(写真中)、ツバメチドリ(写真下)に出会うことができた。

Photo_2


朝飯は海岸で粟島名物料理の「わっぱ煮」を食べた。

今回の粟島鳥見は春の渡り途中の多種の鳥に出会う予定であったが、タイミングが悪かったためか、予想よりはるかに少ない鳥との出会いであった。

そんななかでカワラヒワ、トビが多かった。渡り途中のヒヨドリの大きな集団にハヤブサが飛びこんでいくところが観察できた。

島民の皆様の優しい気持ちに感謝します。

Photo_3


 

観察した野鳥などは以下の通りです(ここでは野鳥48種であるが、探鳥会全体では57種である)。

ヒドリガモ 

カルガモ 

カラスバト 

キジバト 

オオミズナギドリ 

ヒメウ 

ウミウ 

アオサギ 

ダイサギ 

チュウサギ 

ツツドリ 

アマツバメ 

タカブシギ 

ツバメチドリ 

ウミネコ 

セグロカモメ 

オオセグロカモメ 

トビ 

ハヤブサ 

モズ 

ハシボソガラス 

ハシブトガラス 

シジュウカラ 

ツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

センダイムシクイ 

メジロ 

ムクドリ 

コムクドリ 

アカハラ 

ツグミ 

コルリ 

イソヒヨドリ 

コサメビタキ 

キビタキ 

オオルリ 

スズメ 

ハクセキレイ 

セグロセキレイ 

ビンズイ 

ムネアカタヒバリ 

カワラヒワ 

ホオジロ 

ホオアカ 

カシラダカ 

アオジ 

ドバト 

カラスアゲハ 

キアゲハ 

ダイミョウセセリ 

ナミアゲハ 

ヒメアカタテハ 

ベニシジミ 

モンキチョウ 

モンシロチョウ 

ヤマトシジミ 

ルリシジミ 

アサツキ 

アマドコロ 

ウシハコベ 

ウリノキ 

ウワバミソウ 

オオカメノキ 

オオジシバリ 

オオタチツボスミレ 

オニグルミ 

オニタビラコ 

カキドウシ 

カタバミ 

カラスノエンドウ 

キュウリグサ 

キランソウ 

ケキツネノボタン 

コウゾリナ 

サルトリイバラ 

サンショウ  

シオデ 

シャク 

シロツメクサ 

スイバ 

セイヨウタンポポ 

タニウツギ 

タネツケバナ 

タブノキ 

ツボスミレ 

トチノキ 

ナズナ 

ハマエンドウ 

ハマダイコン 

ハマハタザオ 

ハルジオン 

ヒメオドリコソウ 

ヘビイチゴ 

ホウチャクソウ 

ホトケノザ 

ミヤマキケマン 

ムラサキケマン 

ヤブタビラコ 

ヤブニンジン 

ユキザサ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年5月11日 (日)

鳥見歩る記*小下沢(オオルリを探す会)2014.5.11

201411  8時45分1300分 晴れ

 

カワセミ会の公開探鳥会で、毎年5月の第2日曜日は「八王子市の鳥オオルリを探す会」である。

好天に恵まれ会員と一般市民合わせて60名以上の参加があった。

しかし、どうしてしまったのだろうと思うくらいサイレント・スプリングであった。

そんな中でミソサザイが数ヶ所で元気にさえずっていて、姿も確認できた。

メインのオオルリは2回だけ観察できた。

最初はキャンプ場跡地で遠くの杉の木のテッペンにとまっているオスの個体である。

遠いためか声が聞こえなかった。

2回目は林道を先に進むと近くでオオルリのさえずりが聞こえてきた。

大人は皆、木のテッペンを探すが、姿は見当たらない。

「いた!」と声を上げたのは小学生であった。

オオルリのオスは通常であればキビタキがいるような広葉樹の木の中で低い所にいた。

お陰様で全員が近くで姿と声を堪能できた。

小下沢林道では今年もオウギカズラ、クワガタソウ、サツキヒナノウスツボ、フタバアオイなどの花を観察できた。

オオギカズラの花に来たオナガアゲハの写真が撮れた。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

コゲラ 

アオゲラ 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

ヤブサメ 

メジロ 

ミソサザイ 

キビタキ 

オオルリ 

キセキレイ 

ガビチョウ 

アオスジアゲハ 1

ウスバシロチョウ 15

オナガアゲハ 30

コジャノメ 1

コミスジ 10

サカハチチョウ  5

ツマキチョウ 5

ムラサキシジミ 1

ヤマトシジミ 5

シラフシロオビエダシャク 1

マドガ 1

カワトンボ 3

イワタバコ 新葉

ウラシマソウ 

オオバウマノスズクサ 

オオギカズラ 

カキドウシ 

ガクウツギ 

カジイチゴ 花終わる

キジムシロ 

クサイチゴ 

クワガタソウ 

コウゾリナ 

サイカチ 前年の鞘

サツキヒナノウスツボ 

チドリノキ 

ツボスミレ 

ツルカノコソウ 

トチノキ 新葉

ハシリドコロ 

ハナイカダ 

ハンショウヅル 

ヒメウツギ 

フタバアオイ 

ホウチャクソウ 

ホウノキ 

ミズキ 

ミツデカエデ 新葉

ミツバウツギ 

ミヤマキケマン 

ムラサキケマン 

ヤマルリソウ 花終わる

ラショウモンカズラ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*小下沢(野鳥の密猟パトロール)2014.5.11

201411  6時30分00分 晴れ

 

早朝630分から8時まで、醍醐林道の入口からキャンプ場跡地までを往復して野鳥の密猟防止パトローをした。

他に集まったメンバーはなく、一人で実施した。

早朝というのに鳥が少なく、ウグイスのさえずりしか聞こえないという状態であったが、ミソサザイ、キビタキ、オオルリの声も何とか聞くことができた。

出会った通行人は2名、自転車が1名であった。

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

ハシブトガラス

ヒヨドリ

ウグイス

ミソサザイ

キビタキ

オオルリ

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年5月10日 (土)

鳥見歩る記*浅川(カワセミ会ジュニアクラブ野鳥観察)2014.5.10

201410  8時45分1140分 晴れ

Photo

 

カワセミ会ジュニアクラブの浅川野鳥観察会。

浅川の右岸八高線鉄橋付近から堤防を下流に進み、長沼橋を渡って左岸堤防を出発点のエコひろばに戻った。

天気はよく晴れているが、北風が強く帽子が飛ばされた。

河原のキジが何回も姿を見せてくれた。

長沼橋手前ではホオジロのオスが餌を銜えて飛んで行った。

近くに雛のいる巣があると思われる。

長沼橋上流の中州ではキアシシギ3羽が羽を休めていた。

さいかち池はキショウブ、ハナウドが咲いていたが鳥はカワセミだけであった。

越冬したコガモも帰って行ったのであろう。

ニセアカシア、ジャケツイバラ(写真)、クサフジ、ノイバラ、オランダガラシが河原で咲き競っていた。

2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ 

カルガモ 

キジバト 

カワウ 

アオサギ 

ダイサギ 

コサギ 

ヒメアマツバメ 

イカルチドリ 

キアシシギ 3

カワセミ 

モズ 

ハシボソガラス 

ハシブトガラス 

シジュウカラ 

ツバメ 

イワツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

ムクドリ 

スズメ 

ハクセキレイ 

セグロセキレイ 

カワラヒワ 

ホオジロ 

ドバト 

アオスジアゲハ 1

ツマグロヒョウモン 1

ナミアゲハ 4

ヒメウラナミジャノメ 45

モンキチョウ 18

ヤマトシジミ 7

アカツメクサ 

アカバナユウゲショウ 

アメリカフウロ 

エゾノギシギシ 

オオイヌノフグリ 

オオカワジシャ 

オオジシバリ 

オッタチカタバミ 

オニグルミ 雌花

オニタビラコ 

オニノゲシ 

オランダガラシ 

カキドウシ 

カタバミ 

カラスノエンドウ 

カントウタンポポ 

キジカクシ 

キショウブ 

クサノオ 

クサフジ 

ケキツネノボタン 

コウゾリナ 

コマツヨイグサ 

ジャケツイバラ 

シロツメクサ 

スズメノエンドウ 

セイヨウカラシナ 

セイヨウタンポポ 

セリバヒエンソウ 

タチイヌノフグリ 

ナガミヒナゲシ 

ナワシロイチゴ 

ニセアカシア 

ノイバラ 

ノジシャ 

ノミノツズリ 

ハナウド 

ハルジオン 

ハルノノゲシ 

ブタナ 

ヘラオオバコ 

マメグンバイナズナ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年5月 9日 (金)

鳥見歩る記*醍醐林道(オオルリ他夏鳥調査)2014.5.9

2014  8時45分1435分 晴れ

 

醍醐川の上流部を歩いた。

目的はオオルリ他夏鳥調査。

3人のメンバーが集まった。

先ず「ににく沢」の林道を終点まで行って折り返した。

次に「ににく沢」出会いから醍醐林道を和田峠の直ぐ手前まで行って折り返した。

オオルリ2羽、キビタキ3羽、クロツグミ1羽、ツツドリ2羽の収穫であった。

鳥が少ないという印象であった。

ウスバシロチョウ、サカハチチョウ、オナガアゲハ、ツマキチョウ、カワトンボがそれなりに目立った。

タゴガエルの声を1ヶ所で聞いた。

ヒメウツギの純白の花が目立った。

ウワミズザクラの花が和田峠近くで多く、この花の直ぐ近くで高らかにさえずるオオルリをとらえることができた。

オオツクバネウツギの花を見つけた(写真)。

Photo


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 

アオバト 

ツツドリ 2

アオゲラ 

カケス 

ハシブトガラス 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 15

メジロ 

ミソサザイ 5

クロツグミ 2

キビタキ 3

オオルリ 2

イカル 

ガビチョウ 

ウスバシロチョウ 10

オナガアゲハ 9

コジャノメ 1

コミスジ 2

サカハチチョウ  40

スジグロシロチョウ 2

ツマキチョウ 11

ルリシジミ 2

シロツバメエダシャク 7

カワトンボ 13

タゴガエル 

アケビ 

ウワバミソウ 

ウワミズザクラ 

オオイヌノフグリ 

オオツクバネウツギ 

オオバアサガラ 

オニタビラコ 

カキドウシ 

ガクウツギ 

カジイチゴ 

キジムシロ 

キュウリグサ 

キランソウ 

クサイチゴ 

サルトリイバラ 

シャガ 

セイヨウタンポポ 

タチタネツケバナ 

チゴユリ 

ツボスミレ 

ツルカノコソウ 

ナルコユリ 

ニガナ 

ニリンソウ 

ニワトコ 

ハナイカダ 

ハルジオン 

ヒメウツギ 

ヒメコウゾ 

フジ 

ヘビイチゴ 

ホウチャクソウ 

ホウノキ 

ホソバテンナンショウ 

マルバウツギ 

マルバスミレ 

ミツデカエデ 

ミツバウツギ 

ミツバツチグリ 

ミミガタテンナンショウ 

ミヤマキケマン 

ムラサキケマン 

ヤマルリソウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2014年5月 8日 (木)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2014.5.7

20145月7日、304分~1525分 晴 

 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

 

キビタキのオスのさえずりには12ヶ所で出会ったが、オオルリのオスのさえずりは4ヶ所だけであった。

オオルリのオスがさえずっている姿は4号路の深山橋付近で確認できた。

高尾山頂の西側直ぐ下のテーブルで昼飯を食べていると、キビタキのオス2羽が争うように飛び交っていた。

同じ場所でコサメビタキも2羽確認できた。

クロツグミは1羽確認できたが、センダイムシクイ、ツツドリは確認できなかった。

4号路の深山橋を過ぎた所のコミヤマスミレは綺麗に咲いていた。

ケーブルカー清滝駅前で鳥合わせをしていると、モリアオガエルの鳴声が聞こえてきた。

数匹はいるようであった。

Photo_5


 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

キジバト 1

トビ 1

コゲラ 6

アオゲラ 4

ハシブトガラス 10

ヤマガラ 12

ヒガラ 7

シジュウカラ 26

ツバメ 2

ヒヨドリ 35

ウグイス 12

ヤブサメ 4

エナガ 6

メジロ 16

ミソサザイ 1

クロツグミ 1

コサメビタキ 2

キビタキ 12

オオルリ 4

イカル 2

ガビチョウ 10

オナガアゲハ 2

カラスアゲハ 1

キチョウ 1

サカハチチョウ  2

ツマキチョウ 1

ムラサキシジミ 1

シラフシロオビエダシャク 1

カワトンボ 6

モリアオガエル 

アオキ 

ウラシマソウ 

ウワバミソウ 

ウワミズザクラ 

エビネ 

オカスミレ 

カキドウシ 

ガクウツギ 

キュウリグサ 

クサイチゴ 

クワガタソウ 

コゴメウツギ 

コバノガマズミ 

コバノタツナミ 

コミヤマスミレ 

シャガ 

ジュウニヒトエ 

タチガシワ 

チゴユリ 

ツクバキンモンソウ 

ツクバネウツギ 

ツリバナ 

ツルカノコソウ 

トウゴクシソバタツナミ 蕾(1号路タチガシワ近く)

ニガナ 

ニリンソウ 

ハコベ 

ハナイカダ 

ヒメウツギ 

ホウチャクソウ 

ホウノキ 

マルバウツギ 

ミヤマキケマン 

ムラサキケマン 

ヤブタビラコ 

ヤブニンジン 

ヤマツツジ 

ラショウモンカズラ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2014.5.7

20147日00分~25分 

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

 

ウスバシロチョウが飛びだした。

ミツバウツギの花にきているところを撮れた(写真)。

Photo_3

小仏川ではキセキレイの他に川の中からはカジカガエルの声が聞こえ、周辺ではカワトンボが飛び交う季節となった。

セキショウ(写真)が綺麗にさいていた。

Photo_4

 

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ 2

キジバト 1

コゲラ 2

ハシボソガラス 1

ハシブトガラス 5

ヤマガラ 2

シジュウカラ 3

ヒヨドリ 18

ウグイス 1

メジロ 2

ムクドリ 2

キビタキ 1

スズメ 7

キセキレイ 2

ハクセキレイ 1

セグロセキレイ 2

イカル 2

ガビチョウ 2

ウスバシロチョウ 20

コミスジ 1

スジグロシロチョウ 2

ツマキチョウ 1

モンキチョウ 1

カワトンボ 25

カジカガエル 20

アリアケスミレ 

イヌガラシ 

オオイヌノフグリ 

オドリコソウ 

オニタビラコ 

カキドウシ 

ガクウツギ 

カテンソウ 

カマツカ 

キランソウ 

クサイチゴ 

クサノオ 

シャガ 

ショカツサイ 

スイバ 

セイヨウタンポポ 

セキショウ 

セリバヒエンソウ 

ツボスミレ 

ツルカノコソウ 

ナズナ 

ニガキ 

ハコベ 

ハルジオン 

ハルノノゲシ 

ヒメオドリコソウ 

ヒロハコンロンソウ 

フジ 

ホウチャクソウ 

ミツバウツギ 

ミツバツチグリ 

ムラサキケマン 

ヤマブキ 

ラショウモンカズラ 

レンプクソウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*一丁平から高尾山2014.5.6

2014  10時15分1535分 曇り

 

日影沢から萩沢作業道を登り、一丁平、高尾山を経由、逆沢作業道を下り日影沢に戻ってきた。

日影沢ではラショウモンカズラ、シャガの花が最盛期で多く目についた。

ウラシマソウも目についた。

ヒメウツギが純白の花を着けていた。

一丁平のホオノキ(写真)近くで昼飯を食べていると、ツバメ1羽が横切って飛んで行った。

Photo


一丁平から高尾山までで紅葉台の南周りルートでは、フタリシズカ、チゴユリ、ホタルカズラ(写真)、オオバウマノスズクサ、ミツバツチグリ、シャガ、クサイチゴ、ニガイチゴ、アオキ、ホウチャクソウの花に出会った。

赤系の濃い色のツツジが15株咲いていたが、このツツジ名前は分からなかった。

ガビチョウがサンコウチョウの真似し鳴きをした。鳴声の中に「ホイホイホイ」が何度も繰り返された。

高尾山頂の東側は樹冠がカットされてしまった。

その付近でコサメビタキを探したが、見つけることができなかった。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

コゲラ 

アオゲラ 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ツバメ 

ウグイス 

センダイムシクイ 

メジロ 

クロツグミ 

キビタキ 

オオルリ 

イカル 

ガビチョウ 

アオキ 

イカリソウ 

ウラシマソウ 

ウワミズザクラ 

エビネ 

オオバウマノスズクサ 

カキドウシ 

ガクアジサイ 

ガマズミ 

カントウタンポポ 

キジョラン 

キランソウ 

クサイチゴ 

サルトリイバラ 

シャガ 

ジュウニヒトエ 

セイヨウタンポポ 

タチタネツケバナ 

タチツボスミレ 

チゴユリ 

ツボスミレ 

ツルカノコソウ 

ツルニンジン 

ナツトウダイ 

ニガイチゴ 

ニリンソウ 

ハナイカダ 

ハルジオン 

ヒメウツギ 

フタバアオイ 

フタリシズカ 

ヘビイチゴ 

ホウチャクソウ 

ホウノキ 

ホタルカズラ 

マルバスミレ 

ミツバウツギ 

ミツバツチグリ 

ミヤマキケマン 

ミヤマハコベ 

ムラサキケマン 

ヤブツバキ 

ヤマグワ 

ヤマシャクヤク 

ヤマツツジ 

ヤマブキ 

ヤマルリソウ 

ラショウモンカズラ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年5月 5日 (月)

鳥見歩る記*奥多摩湖(イソヒヨドリを探す)2014.5.5

2014  10時50分1415分 曇り一時小雨

 

イソヒヨドリは山の中のダムが好きだという情報を聞いたので奥多摩湖に探しに行って来た。

1050分に奥多摩湖でバスを降りる。

余水吐の橋に営巣しているイワツバメが巣に出入りしていた。

30羽、このイワツバメ達、12時過ぎて小雨が降りだすと全く飛ばなくなってしまった。

巣に籠ってしまったのだろうか。

辺りを見回してもイソヒヨドリはいない。

ダムの下にもいない。

ダムの上を通って対岸側に行くとキビタキが直ぐ近くでさえずっているが、姿は全く分からない。

湖岸の木の上でさえずっているホオジロは直ぐ近くで姿はばっちりだ(写真)。

Photo_3


どこを探してもイソヒヨドリはいない。

オスのさえずりも聞こえない。

奥多摩むかし道の入口から少し入った集落の民家がイソヒヨドリの営巣に適しているように見えたので、坂を登って行ってみたが、ここにもいなかった。

しかし入口の水根沢ではミソサザイとオオルリに出会うことができた。

ヒメウツギが多く、他にマルマアオダモ、ウワミズザクラ、ミツバウツギ、クサイチゴと白い花のオンパレードであった。

中でもヒメウツギの多さにはびっくりした。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ 

ツツドリ 

トビ 

アオゲラ 

カケス 

ハシボソガラス 

イワツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

ミソサザイ 

オオルリ 

スズメ 

キセキレイ 

ハクセキレイ 

カワラヒワ 

ホオジロ 

コジュケイ 

ガビチョウ 

アケビ 

ウワミズザクラ 

ガクウツギ 

クサイチゴ 

ニガイチゴ 

ヒメウツギ 

フジ 

マルバアオダモ 

ミツバウツギ 

ヤマツツジ 

ヤマブキ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*種入り(上川口小学校裏の谷戸の田んぼ)2014.5.3

2014  10時00分1300分 晴

 

上川口小学校裏の谷戸(種入り)の田んぼでの稲の不耕起栽培の作業日で、黒米の苗代への種蒔きとクワイの植付を行った(写真)。

Photo


田んぼにキセキレイがやってきた。

田んぼはカエルの大合唱で、特にシュレーゲルアオガエルがよく鳴いていた。

畦にはこのカエルの卵が産み付けられていた。

モノアラガイにヘイケボタルの幼虫が取りついていた。

ミミナグサとオランダミミナグサがともに咲いていた。

ミミナグサには気品を感じる(写真)。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

オナガ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

メジロ 

キセキレイ 

ガビチョウ 

シオヤトンボ 

シュレーゲルアオガエル 

トウキョウダルマガエル 

アオキ 

オニノゲシ 

オランダミミナグサ 

カキドウシ 

キランソウ 

クマイチゴ 

ニガイチゴ 

ノミノフスマ 

ハルジオン 

ヘビイチゴ 

ミツバウツギ 

ミツバツチグリ 

ミミナグサ 

レンゲ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年5月 3日 (土)

鳥見歩る記*秋川(上川口小学校野鳥観察)2014.5.2

2014  9時15分1135分 晴

 

上川口小学校の全校野鳥観察支援で秋川の秋川橋から小和田橋まで歩いた。

スタート地点で記念写真を撮っているとその周りをイワツバメが乱舞した。

イワツバメはスタート地点の秋川橋と折り返し地点の小和田橋でも営巣していた。

アオサギ、ダイサギがよく観察できた。

小和田橋近くにはコチドリがいた。

畑にキジのオスメスが揃って出てきた。

Photo


オオヨシキが鳴いていたが、ヨシ原でなく竹藪の中であった。

カジカガエルがよく鳴いていた。

弁当は食育の一環として児童に弁当作りのいずれかの過程(調理、食器洗い、弁当詰など)に関わるよう指導しているとのことで、その結果を先生が各自の弁当箱を開けた写真を撮っていた。

そのうちの一つがおむすびに可愛い顔を食材で描いたものであった。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ

カルガモ

キジバト

アオサギ

ダイサギ

コチドリ

トビ

オナガ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ツバメ

イワツバメ

ヒヨドリ

ウグイス

オオヨシキリ

ムクドリ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

ホオジロ

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年5月 2日 (金)

鳥見歩る記*高月水田 2014.5.1

2014年5月1日、10時55分~12時30分 晴れ

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

 

ヒバリがさえずっていた。

2羽が一緒に飛んでいるヒバリもいた。

思いがけず地上の直ぐ近くでもヒバリと出会い、写真がとれた。

Photo_2


モンキチョウ、ルリシジミ、ベニシジミが目立った。

ウスバシロチョウも1匹飛んでいた。

アマガエルの声が聞こえてきた。

用水路のコンクリート底にカワニナが一杯いた。

カワニナはいるがここの用水路はコンクリート三面張のためゲンジボタルは発生できない。

Photo_3


一部の田んぼにはコオニタビラコ、レンゲが綺麗に咲いて見事であった。

今月末には田んぼに用水が入り、田植えが行われる。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 4

トビ 1

モズ 1

ハシボソガラス 6

ハシブトガラス 2

ヒバリ 6

ツバメ 4

ムクドリ 15

スズメ 20

キセキレイ 1

ハクセキレイ 1

カワラヒワ 2

ウスバシロチョウ 1

キタテハ 1

ナミアゲハ 2

ヒメウラナミジャノメ 2

ベニシジミ 11

モンキチョウ 24

モンシロチョウ 2

ルリシジミ 27

アマガエル 

アメリカフウロ 

イヌガラシ 

オオイヌノフグリ 

オオカワジシャ 

オオジシバリ 

オオバコ 

オヘビイチゴ 

オランダミミナグサ 

カキドウシ 

カタバミ 

カントウタンポポ 

キツネアザミ 

キュウリグサ 

クサノオ 

ケキツネノボタン 

コオニタビラコ 

シロツメクサ 

スイバ 

スズメノエンドウ 

スズメノテッポウ 

セイヨウタンポポ 

タチイヌノフグリ 

タネツケバナ 

トウダイグサ 

トキワハゼ 

ナズナ 

ノジシャ 

ノミノツズリ 

ノミノフスマ 

ハハコグサ 

ブタナ 

ヘビイチゴ 

レンゲ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2014.5.1

2014日、50分~10時45 晴れ

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

 

モズが警戒音を出していた。

近くに巣立ち雛がいないか探したが見つけることができなかった。

未だ巣中にいるのか。

玉石河原にカワラニガナの株があり綺麗な花を着けていた。

大きな1株には花が18、蕾が20以上あった。

他に2群落あり、1群落は6株(少ない花を着けている株3、花も蕾も無い株3)と40株(全ての株は花が少ない)であった。

蝶も色々飛んでいた。

ダイミョウセセリ、ギンイチモンジセセリもいた。

Photo


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジ 1

モズ 2

ヒヨドリ 3

ウグイス 2

ホオジロ 1

コジュケイ 2

ガビチョウ 4

アカタテハ 1

キタテハ 1

キチョウ 1

ギンイチモンジセセリ 3

ダイミョウセセリ 3

ツバメシジミ 1

ヒメウラナミジャノメ 7

ベニシジミ 13

モンキチョウ 3

モンシロチョウ 4

ルリシジミ 5

アマガエル 

イヌガラシ 

オオイヌノフグリ 

オニノゲシ 

カキドウシ 

カタバミ 

カラスノエンドウ 

カワラニガナ 

カントウタンポポ 

コメツブツメクサ 

ショカツサイ 

スイバ 

スズメノエンドウ 

セリバヒエンソウ 

タチイヌノフグリ 

ナズナ 

ノジシャ 

ノミノツズリ 

ハコベ 

ハルジオン 

ヒメオドリコソウ 

ヘビイチゴ 

ヘラオオバコ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2014年5月 1日 (木)

見歩る記*日影沢から小仏城山一丁平2014.4.28

201428  4時30分1425分 晴

 

野鳥密猟パトロールで、日影沢から小仏城山、一丁平をカワセミ会のメンバーと共に歩いた。

前夜日影沢キャンプ場でテント生活をし、朝4時過ぎに起床。

早朝探鳥では思ったより鳥の鳴き声が少なかった。

その中でクロツグミ、アオバト、イカル、キビタキ、キジバト、シジュウカラの声は聞こえてきた。

730分に日影沢林道の入口を出発した。

この時期はナガバノスミレサイシンのピークは過ぎているが、スミレの仲間の観察に適している。

観察できたスミレはマルバスミレ、タチツボスミレ、エイザンスミレ、タカオスミレ、ヒカゲスミレ(写真)、ツボスミレ、オカスミレ、アカネスミレ、アケボノスミレ、コスミレ、スミレであった。

Photo


サクラスミレと思われるものも咲いていた。

イワボタンの花もあった。

小仏城山から一丁平へ向かう山道にはイカリソウ(写真)も咲いていた。

オオルリ♂6羽、キビタキ♂8羽を確認できたが、タカの仲間には出会うことが無かった。

アオバトも早朝は鳴いていたが、730分以降は声を聞くことができなかった。

Photo_2


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 

コゲラ 

アオゲラ 

カケス 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

メジロ 

クロツグミ 

キビタキ 

オオルリ 

イカル 

ホオジロ 

ガビチョウ 

キアゲハ 2

サカハチチョウ  1

テングチョウ 1

シラフシロオビエダシャク 1

アケボノスミレ 

イカリソウ 

イワボタン 

ウワバミソウ 

ウワミズザクラ 

エイザンスミレ 

オカスミレ 

オヤブジラミ 

カキドウシ 

カントウタンポポ 

キジカクシ 

クサイチゴ 

クサボケ 

コクサギ 

コスミレ 

コチャルメルソウ 

サクラスミレ 

シャガ 

ジュウニヒトエ 

ジロボウエンゴサク 

スミレ 

セイヨウタンポポ 

セントウソウ 

センボンヤリ 

タカオスミレ 

タチガシワ 

タチツボスミレ 

タネツケバナ 

チゴユリ 

ツボスミレ 

ツルカノコソウ 

トウゴクサバノオ 

ナツトウダイ 

ニオイタチツボスミレ 

ニガイチゴ 

ニリンソウ 

ニワトコ 

ヒカゲスミレ 

ヒトリシズカ 

ヒメハギ 

フジ 

フタバアオイ 

ホウチャクソウ 

マルバコンロンソウ 

マルバスミレ 

ミツバツチグリ 

ミミガタテンナンショウ 

ミヤマキケマン 

ミヤマハコベ 

ヤマブキ 

ヤマルリソウ 

ラショウモンカズラ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »