« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月27日 (木)

鳥見歩る記*小宮公園2014.2.24

201426  115分1220分 晴れ

 

雪の残る小宮公園を覗いてみた。

雑木林の木の根元だけ雪が消えていた(写真)。

Photo

樹木の根元は温かいのであろうか。

弁天池にはカルガモが10羽いた。

ウグイスは地鳴き、エナガが2羽で盛んに動きまわっていた。

繁殖行動かもしれない。

ツグミは数回、シロハラは1回だけの出会いであった。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ 

キジバト 

モズ 

ハシボソガラス 

ハシブトガラス 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

エナガ 

メジロ 

ムクドリ 

シロハラ 

ツグミ 

スズメ 

カワラヒワ 

ガビチョウ 

ウグイスカグラ 

オオイヌノフグリ 

セイヨウタンポポ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年2月26日 (水)

鳥見歩る記*川町田んぼ2014.2.25

201425日  10分~1055分 

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

 

214日の大雪が未だ残り、田んぼの道には20cm以上あって歩くのに苦労した。

田んぼが一面雪で覆われているためか、鳥がいなかった。

雑木林に入るとモミの木の下の雪の無い所にツグミが1羽いただけであった。

Photo


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ハシブトガラス 2

ヒヨドリ 2

ツグミ 1

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2014年2月25日 (火)

鳥見歩る記*醍醐の里2014.2.24

201424  40分1120分 晴れ

 

高尾山周辺の2月野鳥観察会は醍醐の里を歩いた。

214日の大雪で残雪を心配したが、ニニク沢出会いまでは除雪されていて、気楽に歩くことができた。

それにしても雪が深かったようで、集落は未だ雪に埋もれているような感じであった。

Photo_3


スタート地点の夕焼小焼公園のつり橋からカワガラスが観察できた。

この日、カワガラスは醍醐川のあちこちで観察できた。

小川養魚場付近、龍泉寺付近だけでなく、ニニク沢出会い前では2羽一緒にいるカワガラスがいた。

小川養魚場付近ではトラツグミ、ぼんぼり林道出会いではソウシチョウとカシラダカの群れに出会った。

ジョウビタキとルリビタキ(写真)もあちこちにいた。

Photo_4


全体が残雪で覆われているので、一部の雪の消えている所に鳥が集まって来ていて、鳥を見つけやすい。

降宿集落ではカヤクグリに出会うことができた。

ニニク沢出会いで折り返し、ゴールの夕焼小焼公園に着くとノスリの旋回が出て最後を飾ってくれた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト

アオサギ

トビ

ノスリ

コゲラ

モズ

カケス

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ヤマガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

エナガ

カワガラス

トラツグミ

シロハラ

ツグミ

ルリビタキ

ジョウビタキ

カヤクグリ

キセキレイ

カワラヒワ

ホオジロ

カシラダカ

アオジ

ガビチョウ

ソウシチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*葉山町の棚田2014.2.22

201422  40分1120分 晴れ

 

合唱団鯨の合宿が葉山町の湘南国際村センターであった。

そこへ行く途中、棚田を歩いた。

逗子駅に集まったメンバーは4名、上山口小学校バス停で下車して歩き出した。

先ず寺前橋から川を覗いてみたが、鳥はいなかった。

棚田にはモズがいた。

1週間前の大雪が棚田にも残っていて、綺麗な景観を楽しめた。

Photo


棚田の脇のユズが積もった雪の上に落果していた。

アオジ、ウグイスが藪の中にいた。

ウグイスのさえずりは聞こえて来なかった。

棚田の畦のホトケノザが満開で、梅もあちこちに咲いていた。

残雪はあるが、春の気配も感じられた。

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト

トビ

ノスリ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ヒヨドリ

ウグイス

スズメ

ハクセキレイ

カシラダカ

アオジ

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年2月24日 (月)

鳥見歩る記*日野南平駅からWING往復2014.2.21

201421  1400分1620分 晴れ

 

日野市南平にある日本野鳥の会鳥と緑の国際センター「WING」に鳥の資料の閲覧に行った。

大雪の後であったので、京王線南平駅から多摩丘陵の一角にあるWINGまでの往復(片道徒歩約20分)に出会った鳥を記録した。

駅直ぐ近くの田中稲荷台明神にはツグミがいた。

その隣りの屋敷のしだれ紅梅の花のなかにはスズメ、シジュウカラがいて、さらに隣りの植木にはコゲラがいた。

Photo


途中の小さな畑ではツグミ、ムクドリ、スズメが採餌していた。

路上の雪は除雪されているが道の両脇には未だ雪が残っていた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

コゲラ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ムクドリ

ツグミ

スズメ

ハクセキレイ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年2月20日 (木)

鳥見歩る記*山田川、浅川2014.2.19

201419  1515分1620分 晴れ

 

午後2時から3時まで八王子市役所の八王子駅南口総合事務所で保険指導を受けた。

定期健康診断の結果を受けて保健師から食事指導などを受けた。

その後、駅から山田川を通って浅川に出て長沼駅まで歩いた。

山田川には、セグロセキレイ、ハクセキレイ、キセキレイ、ムクドリ、ツグミ、コガモ8羽、カルガモ2羽(写真)の他、ジョウビタキもいた。

Photo


浅川に出ると、14日の大雪が未だ残り、白銀の世界が広がっていた。

カワウ、アオサギ、タヒバリ、イカルチドリが浅川にいた。

終了後は1620分から長沼駅のヒマアマツバメのねぐら入り羽数のカウントを540分まで行った。

ヒマアマツバメは19羽が巣にねぐら入りした。

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

コガモ

キジバト

カワウ

アオサギ

イカルチドリ

ハシブトガラス

ヒヨドリ

ムクドリ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

タヒバリ

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2014年2月18日 (火)

鳥見歩る記*雪の高尾山2014.2.18

201418  10分1340分 晴れ

 

雪の高尾山に登った。

JR高尾駅から甲州街道を歩いて高尾山口まで行った。

この間に12種の野鳥に会った。

両界橋の下にはカルガモ2羽が川の中にいた。

案内川と小仏川の合流地ではカワガラスに出会った。

カワガラスは下流から飛んで来て上流の案内川の方へ飛んでいった。

落合橋の所にはカシラダカがいた。

上椚田の袂ではウメの花が咲いていて、メジロが来て花の蜜を食べていた。

高尾山は1号路を登った。

1号路は除雪されていたが、布流の滝付近は道が凍っていてアイゼンを着けた。

ウグイスが地鳴きしていて、道脇にも出て来て近くで写真が撮れた。

ウグイスは採った餌を銜えていた。

Photo


1号路ではホオジロのさえずりが聞こえてきた。

浄心門ではイカルの綺麗な声が聞こえてきた。

薬王院までは道が除雪されていたが、そこから山頂までは完全な雪道であった。

富士道を登ったが、積雪は1メートル以上はあった。

狭い踏み跡を登っていった。久し振りの雪山登山である。

高尾山頂は雪に埋もれていたが、登山者はそれなりに来ていた。

途中ルリビタキ、シロハラ、エナガ、カケス、ヤマガラに出会えた。

下りはアイゼンを着けて同じ道を下った。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

キジバト

トビ

コゲラ

カケス

ハシブトガラス

ヤマガラ

ヒヨドリ

ウグイス

エナガ

メジロ

ムクドリ

カワガラス

シロハラ

ツグミ

ルリビタキ

スズメ

ハクセキレイ

カワラヒワ

イカル

ホオジロ

カシラダカ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年2月16日 (日)

鳥見歩る記*雪下ろし2014.2.16

201416  1630分1730分 晴れ

 

214日の大雪で八王子は1m近く積もった。

本日自宅近くの八幡町のスーパーダイエーに買い物に行くと、ダイエーの店の前の歩道のアーケードが雪で潰されていた。

そのため、歩道は立入禁止で、裏口から店に入った。

スーパーに裏口入店は初めての経験だ。

ダイエーは甲州街道に面していて、反対側のアーケードは無事であり、人が屋根に登って「雪下ろし」をしていた。

Photo


雪国でない八王子での雪下ろしも珍しい。

アーケードの下の歩道は両側とも立入禁止になっていて、歩行者が車道を歩いていた。

このため、甲州街道(国道20号)の八日町4丁目交差点から本郷横町交差点までの500mは道路閉鎖(車乗り入れ禁止)になっていた。

Photo_2


 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年2月15日 (土)

鳥見歩る記*浅川(浅川大橋)2014.2.15

201415  1415分1545分 曇り

 

昨日の大雪で八王子は1m近く降ったのではないかと思われた。

午後になって少し気温が上がってきたので、雪道の歩行訓練を兼ねて長靴を履いて天神町の自宅から浅川の浅川大橋袂にある八王子中央郵便局に料金別納の封筒を出しに行った。

浅川大橋の上から浅川を覗くとイソシギ(写真)、イカルチドリが採餌していた。

ムクドリの小集団がいた。

Photo


コサギが下流の方へ飛んでいった。

その先にカワウもいた。

郵便局と道を隔てて反対側の元横公園からウグイスのホー・ホケキョが聞こえてきた。

今期初認である。

2月の東京の大雪は春の魁といわれているが、それに合わせるかのようにウグイスがさえずってくれた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ

コサギ

イカルチドリ

イソシギ

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

ムクドリ

スズメ

セグロセキレイ

ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2014年2月14日 (金)

鳥見歩る記*小宮公園2014.2.13

201413  1225分1440分 曇り

 

残雪の小宮公園に午後行ってみた。

公園にはさすが人は少なかった。

鳥も予想より少なかった。

ガビチョウが目立った。

ツグミ、シロハラはそれぞれ単独で落ち葉をひっくり返していた。

誰もいないこげらの道で、シロハラが眼の前で採餌していて、リュウノヒゲの実を銜えたところの写真が撮れた(写真)。

Photo


こげらの道ではメジロ、エナガ、コゲラ、ヤマガラ、シジュウカラの混群に出会った。

カラ類の混群はもう1ヶ所、別の所でも出会った。

10羽以上の集団が雪の無い所で落ち葉をひっくり返して採餌していた(写真)。

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト

トビ

コゲラ

モズ

ハシブトガラス

ヤマガラ

シジュウカラ

ヒヨドリ

エナガ

メジロ

ムクドリ

シロハラ

ツグミ

アオジ

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年2月12日 (水)

鳥見歩る記*片倉城跡公園2014.2.12

201412  1045分1335分 晴れ

 

読売文化センターの野鳥観察講座で今月は片倉城跡公園に行った。

京王片倉駅から国道16号を横浜方面に進み、湯殿川の住吉橋から上流に向かった。

200mほど進むと直ぐ野鳥が次から次へと出てきた。先ずセグロセキレイ、カワセミもダイビングして魚を獲った。

クイナが出てきた(写真)。

Photo


コサギもいた。

4日前の雪が未だ残っているので、雪から枯れ草の出ている所ではホオジロ、カシラダカ、アオジ、スズメが一緒にいた。

シジュウカラも周りでちょろちょろ動き回っていた。

雪上でホオジロが雪浴を始めた。

野鳥の水浴、砂浴、煙浴、蟻浴などは知られているが、雪浴は初めての観察だ(写真)。

3


ここは正に湯殿川の野鳥が集まるスポットだ。

湯殿川をされに上流に進むと別のカワセミが直ぐ近くでじっくり観察できた。

湯殿川は川幅が狭いので、野鳥を真近に観察できる。

稲荷橋まで行くとカルガモ、コガモ、オナガガモ、カワウが一緒に観察できた。

上流から別のカワセミもやってきた。

次に集いの森公園に行き、モズ、ツグミ、シメに出会い、片倉城跡では二の丸広場の脇でシロハラとトラツグミに出会った。

今日はクイナやホオジロの雪浴、トラツグミなど貴重なものを観察できた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

オナガガモ

コガモ

キジバト

カワウ

アオサギ

コサギ

クイナ

カワセミ

コゲラ

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

メジロ

ムクドリ

トラツグミ

シロハラ

ツグミ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

シメ

ホオジロ

カシラダカ

アオジ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

鳥見歩る記*浅川バードサンクチュアリ(北淺川の陵北大橋上流から下流の東京天使病院裏)2014.2.11

201411  11時40分~13時5分 晴れ

 

最後に「北淺川の陵北大橋上流から下流の東京天使病院裏の用水堰付近」に行った。

用水堰にはイカルチドリ3羽、クサシギ1羽(写真)、キセキレイ1羽、セグロセキレイ1がいた。

Photo_5


堰上の水面にはカイツブリ、カワウ、カルガモがいた。

堰上の右岸のワンド状の所にはアカハラとバンがいた。

キジバトが雪の上でうずくまっているものが多かった。

陵北大橋下流の木の橋の付近も野鳥が集まるスポットになっていて、ダイサギ1、コサギ1(写真)、カルガモ2、セグロセキレイ2、ハクセキレイ1がいた。

その周辺の岸辺にはキジバト、アオジ、カシラダカ、ホオジロがいて、ここも賑やかであった。

Photo_6


観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ 2

カイツブリ 1

キジバト 15

カワウ 3

アオサギ 2

ダイサギ 1

コサギ 1

バン 1

イカルチドリ 3

クサシギ 1

コゲラ 2

モズ 3

ハシボソガラス 2

シジュウカラ 4

ヒヨドリ 2

エナガ 6

メジロ 2

ムクドリ 3

アカハラ 1

ツグミ 4

スズメ 35

キセキレイ 1

ハクセキレイ 3

セグロセキレイ 8

カワラヒワ 2

ホオジロ 15

カシラダカ 3

アオジ 23

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*浅川バードサンクチュアリ(南北浅川城山川の合流付近)2014.2.11

201411  8時50分~10時15分 曇り一時雪

 

次に「北淺川、城山川、南淺川の3川合流地付近」に行った。

鶴巻橋から川を覗くと右岸のワンド状の所にコサギ1、アオサギ1、カワセミ1、カルガモ2、カワウ4が一緒にいて、このうちカワセミ、コサギ、アオサギが1枚の写真に収まってくれた。

Photo_3


左岸の河原を歩いているとカシラダカが直ぐ近くの雪の無いところで盛んに採餌していた(写真)。

今日は地面が雪で覆われているため、所々枯草が露出している所に集まって来ているので鳥が見やすい。

清川グランドでは少し雪が舞ってきたが、直ぐに止んで青空が出てきた。

南浅川との合流の手前にはイソシギ、イカルチドリ、キセキレイ、セグロセキレイ、カワセミ、カルガモ、ダイサギ、コサギがほぼ同じ場所にいて、賑やかであった。

Photo_4


観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ 8

コガモ 6

キジバト 2

カワウ 3

アオサギ 2

ダイサギ 1

コサギ 2

イカルチドリ 1

イソシギ 1

カワセミ 1

モズ 3

ハシボソガラス 4

ハシブトガラス 2

シジュウカラ 4

ヒヨドリ 3

ムクドリ 35

ツグミ 10

スズメ 30

キセキレイ 1

ハクセキレイ 1

セグロセキレイ 3

カワラヒワ 2

ホオジロ 7

カシラダカ 10

アオジ 10

ドバト 20

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*浅川バードサンクチュアリ(萩原橋右岸ワンド付近)2014.2.11

201411 7時45分~8時30分 薄曇り

 

浅川野鳥サンクチュアリの観察を23日に下流側3地域を行ったが、本日は上流側3地域を行った。

先ず「淺川右岸萩原橋のワンド付近」に行った。

3日前の大雪が未だ消えずに残っていた。

アオジ(写真)、カワラヒワが被った雪から僅かに出ている枯草に集まっていた。

Photo


キジのオスとメスが一緒に姿を見せてくれた(写真の左に地味がメスが写っている)。

キジがいた下の水面にはカワセミ、コガモ5、カワウ5も来ていた。

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ 2

コガモ 5

キジバト 2

カワウ 5

ダイサギ 1

トビ 1

カワセミ 1

シジュウカラ 2

ウグイス 1

ムクドリ 60

ツグミ 3

スズメ 6

セグロセキレイ 2

カワラヒワ 10

カシラダカ 2

アオジ 12

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2014年2月 5日 (水)

鳥見歩る記*高月水田 2014.2.5

2014年2月5日、10時40分~12時15分 晴れ

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

 

田んぼに前日の雪が残り、畦の雪はとけていた。

ヒバリ10羽以上の集団が田んぼにいた。

2枚の接する田んぼにはハシボソガラス65羽、スズメ100羽、ムクドリ40羽、タヒバリ20羽、ツグミ1羽がいて賑やかだった。

ホオジロがあちこちにいた。

全てホオジロかと思ったらカシラダカも4羽いた。

さらにホオアカらしいのも1羽観察できた。

Photo_2


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 1

トビ 1

ハシボソガラス 70

ハシブトガラス 2

ヒバリ 17

ヒヨドリ 1

ムクドリ 40

ツグミ 2

スズメ 150

ハクセキレイ 1

タヒバリ 20

ホオジロ 32

カシラダカ 4

ドバト 30

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2014.2.5

2014日、1000分~10時30分 晴れ

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

 

前日の雪で薄化粧が綺麗であった。しかし鳥はあまりいない。カシラダカ(写真)の10羽の集団とスズメの10羽の集団が一緒にいたのとその近くにアオジがいたぐらいしか特記事項はない。

Photo


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 1

ハシボソガラス 2

ヒヨドリ 1

スズメ 10

カシラダカ 10

アオジ 4

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2014.2.4

20142月4日、50分~1225分 晴 

 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

 

小雨が霙に変わった。

高尾山頂は少し白くなった。

4号路でエナガ、ヤマガラ、コゲラの混群に出会ったが、シジュウカラには出会わなかった。

イカルが綺麗にさえずってくれた。

2号路のシロミタチバナの実は健在であった。

登山道にはモミの松ぼっくりが分解した破片が落ちていた(写真)。

Photo_2


1号路女坂で霙降る中のフユシャクを観察できた(写真)。

一番目立った鳥はヒヨドリで次はキジバトであった。

Photo_3


カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

キジバト 6

コゲラ 1

ハシブトガラス 4

ヤマガラ 10

ヒガラ 4

ヒヨドリ 30

エナガ 20

メジロ 10

ツグミ 2

イカル 2

アオジ 1

ガビチョウ 2

ヤブツバキ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2014.2.4

20144日00分~50分 

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

 

上椚田橋の袂の紅梅が綺麗に咲きだした。

Photo

小雨が降っていて、午後は雪になるという天気予報であったが、3人のメンバーが集まった。

小雨であったが定期カウントを実施することとし歩き出した。

駒木野公園を過ぎて、通称「ふかんど」の所にカワガラスがいた。

ルリビタキは藪の中で声だけで判定した。

ヒヨドリだけがよく目立った。

 

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 2

ヒヨドリ 22

メジロ 6

カワガラス 1

アオジ 1

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2014年2月 3日 (月)

鳥見歩る記*浅川バードサンクチュアリ(浅川左岸長沼橋上流さいかち池付近)2014.2.3

2014 13時35分~14時15分 

 

「淺川左岸長沼橋上流の通称サイカチ池付近」では越冬中のコガモをカウントしたら91羽であった。

オナガ27羽の群れがやってきた。

サイカチ池にはカワセミ1、バン2、オオバン4もいた。

そのサイカチ池にツミの幼鳥がいた。

葉影から飛び立った時はコガモが少しざわついたが、オオタカが来た時のような混乱はなかった。

汗の出る温かさになり、テングチョウも飛び出してきた。

1


観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ 1

カルガモ 1

コガモ 91

カイツブリ 1

キジバト 1

カワウ 3

アオサギ 1

ダイサギ 1

バン 2

オオバン 4

イカルチドリ 1

トビ 1

ツミ 1

カワセミ 1

モズ 2

オナガ 27

ハシボソガラス 1

ハシブトガラス 1

シジュウカラ 2

ヒヨドリ 5

ウグイス 1

ツグミ 2

ジョウビタキ 1

スズメ 10

ハクセキレイ 1

セグロセキレイ 2

タヒバリ 1

ホオジロ 4

カシラダカ 1

アオジ 1

テングチョウ 1

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*浅川バードサンクチュアリ(浅川右岸一番橋下流旧ワンド付近)2014.2.3

2014 10時40分~11時20分 

 

「淺川右岸一番橋下流の旧ワンド付近」では、コガモが50羽集まっていた。

殆どは水面にいたが、2羽は丸石河原で眠っていた。

写真はそのうちの1羽である。

春半ばの温かさになってきた。

イカルチドリの繁殖期の声、シジュウカラのさえずりが聞こえてきた。

Photo_5


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

ヒドリガモ 1

マガモ 2

カルガモ 9

コガモ 40

キジバト 4

イカルチドリ 5

トビ 1

モズ 1

ハシボソガラス 1

ハシブトガラス 2

シジュウカラ 3

ヒヨドリ 3

メジロ 2

ムクドリ 9

ツグミ 3

ジョウビタキ 3

スズメ 20

キセキレイ 2

ハクセキレイ 3

タヒバリ 1

カワラヒワ 6

ホオジロ 6

カシラダカ 4

アオジ 2

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*浅川バードサンクチュアリ(浅川程久保川多摩川合流付近)2014.2.3

2014 8時10分~8時55分 

 

浅川で地形的な特質から環境の多様性に富み、多くの種類の野鳥が生息している所や希少的な野鳥が生息している所を勝手にバードサンクチュアリとして設定して、このような地域を「生き物等の調査活動」、「野鳥の情報発信活動」、「自然体験学習、環境学習活動」の拠点とすることとしている。

浅川バードサンクチュアリの23日は「淺川、程久保川、多摩川の3川合流付近」、「淺川右岸一番橋下流の旧ワンド付近」、「淺川左岸長沼橋上流の通称サイカチ池付近」の3地域の観察をした。

「淺川、程久保川、多摩川の3川合流付近」まで百草園駅から歩いて行った。

最初に観察した程久保にはカルガモ2羽がいて、オスが求愛行動を取っていた(写真)。

Photo_3


桜の枝にはカワラヒワが50羽集まっていた(写真)。

浅川の河原ではモズが真似し鳴きをしていて、オオヨシキのさえずりとそっくりの声を出していた。

カワセミが4羽いた。うち2羽一緒にいた。

その2羽はお互い合わせで威嚇しているような行動だったので、縄張りの境界だったのかもしれない。

ハシボソガラスはいたが、ハシブトガラスはいなかった。

Photo_4


観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ 1

カルガモ 1

コガモ 91

カイツブリ 1

キジバト 1

カワウ 3

アオサギ 1

ダイサギ 1

バン 2

オオバン 4

イカルチドリ 1

トビ 1

ツミ 1

カワセミ 1

モズ 2

オナガ 27

ハシボソガラス 1

ハシブトガラス 1

シジュウカラ 2

ヒヨドリ 5

ウグイス 1

ツグミ 2

ジョウビタキ 1

スズメ 10

ハクセキレイ 1

セグロセキレイ 2

タヒバリ 1

ホオジロ 4

カシラダカ 1

アオジ 1

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*多摩川(昭島日野用水堰付近)2014.2.2

2014 15時35分~16時45分 

 

昭島市田中小学校区生涯学習住民協議会主催の「多摩川のツバメ・野鳥を知る会」の講演の講師を13301530分までつとめ、その後に近くの多摩川の野鳥を観察した。

場所は日野用水堰の上流側で、昭島水辺の学校として河原が整備されている所である。

川にはコガモ、カイツブリ、オオバン、イカルチドチ、タヒバリなどがいた。

河原にはホオジロ(写真)、アオジ、カシラダカの他にベニマシコを観察できた。

Photo


湿地には希少植物のタコノアシ(写真)があった。

夕方近くの約1時間で25種の野鳥を観察できた。

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ

コガモ

カイツブリ

カワウ

オオバン

イカルチドリ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

ウグイス

メジロ

ムクドリ

ツグミ

スズメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

タヒバリ

ベニマシコ

シメ

ホオジロ

カシラダカ

アオジ

コジュケイ

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2014年2月 2日 (日)

鳥見歩る記*宇津木(都指定保全緑地野鳥調査)2014.2.1

2014 7時50分~10時35分 

 

緑地保全地域の宇津木地区の野鳥カウントをした。

集まったメンバーはカワセミ会員3名であった。

この地区は宇津木台緑地と宇津貫緑地の2ヶ所から成り立っている。

カラ類の混群に宇津木台緑地と宇津木緑地の双方で回出会った。

構成は両方ともヤマガラ、シジュウカラ、エナガ、メジロ、コゲラであった。シジュウカラ、ヤマガラはさえずっていた。

宇津木緑地ではアオゲラかアカゲラのどちらかの声を聞いたが姿を確認できなかった。

宇津木台ではマンサクが綺麗に咲いていた。

Photo_3


観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 15

コゲラ 5

ハシボソガラス 1

ヤマガラ 1

シジュウカラ 25

ヒヨドリ 10

エナガ 22

メジロ 11

ムクドリ 3

シロハラ 1

ツグミ 3

ジョウビタキ 1

スズメ 10

ハクセキレイ 1

カワラヒワ 4

アオジ 1

ガビチョウ 2

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*種入り、北沢谷戸野鳥カウント2014.1.31

201431日 1330~410分 晴

 

種入り・北沢谷戸コースの野鳥カウントを行った。

このコースは地元で「癒しの道」と呼ばれている学校の裏に広がる谷戸で、通称種入り、北沢谷戸と呼ばれる二つの谷戸をまわった。

二つの谷戸は峠で結ばれている。

種入りの田んぼにセグロセキレイが2羽きて、採餌していた。

Photo_2


北沢谷戸は鳥の姿が殆どなく、わずかにカシラダカ1羽、アオジ1羽、トビ1羽を認めただけであった。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 4

トビ 1

ヒヨドリ 5

セグロセキレイ 2

カシラダカ 1

アオジ 1

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*上川口小学校野鳥観察支援2014.1.31

201431  45分1015分 晴れ

 

上川口小学校の野鳥観察支援を行った。

いつものように1-2年生班、3-4年生班、5-6年生班の3班に分かれ学校の周辺で野鳥観察をした。

今冬は鳥の数は少なく、ここでも例外でなかった。

そのような中でホオジロがさえずりを始めていた。

光の春を感じた繁殖行動の開始と思われる。

未だまともなさえずりでなかったが、確かにさえずりである。

最後にモズとジョウビタキを見つけて何とか格好がついた。

野鳥観察終了後は教室に戻り、小学生による総合的な学習発表会があり参加した。

その後の給食にも参加して子供たちと一緒に美味しい給食を頂いた。

Photo

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

モズ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ヒヨドリ

ジョウビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ホオジロ

アオジ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »