« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月31日 (土)

鳥見歩る記*打越碁石坂公園(クマゼミ)2013.8.30

201330  1050分1225分 晴

 

カワセミ会会員のH氏から自宅付近の打越碁石坂公園(北野台5丁目)でクマゼミが毎日鳴いているという情報をえたので、写真を撮りに行った。

1050分に公園に着いたがアブラザミとツクツクボウシが鳴いているだけでクマゼミは鳴いていなかった。

この公園はケヤキ、カツラ、サクラが主体の疎林の明るい公園であった。

アブラゼミがすこぶる多く、1本の樹に数匹がいて、カウントはしなかったが多分全体で200匹は越えるだろうと思った。

さほど大きくない公園でこれ程アブラゼミが多いのは脅威である。

待つこと30分以上、1135分にようやくシャーシャーシャーと鳴いてくれた。

3ヶ所から声が聞こえたがクマゼミがどこにいるか見つからない。

ケヤキの低い所で鳴いているのだが姿を捕えることができない。

2分程度鳴いて、直ぐ鳴き止んでしまった。

次に45分後の1215分に鳴き出した。3ヶ所のうち、桜に止まっている1匹をようやく見つけて写真を撮れた。

Photo


クマゼミが鳴くのを待っている間、ガビチョウ1羽が出てきた。

暑そうに口を開けていた。

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト

ハシブトガラス

シジュウカラ

メジロ

スズメ

ガビチョウ

サトキマダラヒカゲ

ナミアゲハ

アブラゼミ

クマゼミ

ツクツクボウシ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年8月29日 (木)

鳥見歩る記*野鳥の集うスポット(浅川大和田橋下流)2013.8.28

201328  1710分1745分 晴

 

夕方浅川に散歩に行った。

大和田橋の下流側約300m付近に野鳥が集まるスポットがあった。

中州の上流側突端でオオイヌタデが岸辺ね繁る流れの殆どない浅瀬である。

イソシギ1羽が採餌していた。

Photo


隣りにイカルチドリ2羽もいた。

ハクセキレイもいた。

その後にセグロセキレイもやってきた。

ムクドリ約30羽が夕方の水浴にやってきた。

するとイソシギは逃げて行ったが、ムクドリが去るとまた戻ってきた。

オオイヌタデにはオオヨシキリ1羽、スズメ数羽もやってきた。

近くにはカルガモ、カワラヒワもいて、カワセミが目の前を横切っていった。

ハグロトンボも数匹がいた。

セッカ、ハシブトガラスの声が聞こえてきた。

30分の間に13種の野鳥を観察できた。

近くの河原のオギの穂ではスズメバチが蜂を捕まえて食べていた。

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

イカルチドリ

イソシギ

カワセミ

ハシブトガラス

ツバメ

オオヨシキリ

セッカ

ムクドリ

スズメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

ハグロトンボ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

鳥見歩る記*八王子湧水めぐり2013.8.26

201326  55分1425分 晴・曇り

 

亀とクマゼミの観察のため、八王子湧水巡りを自転車でやった。

コースは子安神社(明神町)⇒六本杉公園(子安町)⇒片倉城跡公園(片倉町)⇒真覚寺・万葉公園(散田町)⇒横川弁天池(横川町)⇒叶谷榎池(叶谷町)⇒清水公園(犬目町)⇒子安神社(中野山王)。

結果はミシシピアカミミガメを子安神社(明神町)、六本杉公園、片倉城跡公園、真覚寺の池、清水公園の池の5ヶ所で観察した。

Photo


セミはアブラゼミ、ツクツクボウシ、ミンミンゼミを観察できたが、クマゼミはいなかった。

片倉城跡公園と清水公園の池には真っ赤なショウジョウトンボがいた。

片倉城跡公園にはシュロソウ、カノツメソウ、ツリガネニンジンが咲いていた。

清水公園にはキツノノカミソリ、ツリガネニンジン、オトコエシが咲いていた。

この公園にはトネアザミが多く、走りが1輪咲いていた。

明神町の子安神社境内ではアブラゼミを捕まえたヒヨドリを観察できた。

ヒヨドリは幹に止まっているセミを先ず地上に落として、弱わらせてから食べた。

3


観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 

オナガ 

ハシボソガラス 

ハシブトガラス 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ムクドリ 

スズメ 

オナガアゲハ 

キアゲハ 

ツマグロヒョウモン 

ナミアゲハ 

オニヤンマ 

ギンヤンマ 

シオカラトンボ 

ショウジョウトンボ 

ハグロトンボ 

アブラゼミ 

ツクツクボウシ 

ミンミンゼミ 

アカミミガメ 

オトコエシ 

カノツメソウ 

キツネノカミソリ 

コウホネ 

コバノギボウシ 

シュロソウ 

シラヤマギク 

センニンソウ 

ダイコンソウ 

ツユクサ 

ツリガネニンジン 

トネアザミ 

ヘクソカズラ 

ヤマホトトギス 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年8月22日 (木)

鳥見歩る記*葛西臨海公園(読売文化センター講座)2013.8.21

201321  1045分1420分 晴

 

8月の読売文化センターの野鳥観察講座は葛西臨海公園に行った。

入口付近で蛾の幼虫を見つけた。

家に帰り図鑑で調べるとセスジスズメの幼虫のようだ。

黒の下地に黄と赤色の円紋が並んだ奇抜なファッションだ。

Photo_5


先ず東渚に行くと、カルガモ、カワウが目につき、よく見るとアオアシシギ、キアシシギ、チュウチャクシギ、イソシギがいた。

ウミネコ、セグロカモメが飛んでいる。

ウオッチングセンターに行って涼しい風を浴びて昼食。

午後は暑い中、「上の池」(淡水)と「下の池」(汽水)を回った。

所々に設けられている観察小屋は蒸し風呂のように暑かった。

それでもダイシャクシキ、セイタカシギを間近に観察できた。

Photo_6


アカガシラサギがいるという情報があったので探したが見つけることができなかった。

Photo_7


その代わりいそうな所を注視しているとアカアシシギが出てきた。

クマゼミが良く鳴いていた。

アブラゼミを捕まえて食べているオオカマキリには驚いた。

Photo_8

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

カイツブリ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

コサギ

メダイチドリ

セイタカシギ

チュウシャクシギ

ダイシャクシギ

アカアシシギ

アオアシシギ

キアシシギ

ソリハシシギ

イソシギ

ウミネコ

セグロカモメ

オナガ

ハシブトガラス

ツバメ

ヒヨドリ

セッカ

スズメ

ハクセキレイ

セスジスズメ

アブラゼミ

クマゼミ

ミンミンゼミ

オオカマキリ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*高尾山一丁平2013.8.20

201320日  737分~1615分 

 

高尾山の6号路から高尾林道、大平林道、一丁平、高尾山を歩いた。

案内川にキセキレイとカラスアゲハがいた。

6号路入口でオオモクゲンジが花を着けていた。

カエデの葉に蛾がとまっていた。

濃茶褐色で、前翅に三角形の白紋を2つずつ持つ目立つ蛾げあった。

家に帰って調べると「ギンモンスズメモドキでシャチホコガの仲間、幼虫は、カエデ類の葉を食べて育つ」とあった。

Photo


河原に黄色の点が目についた。

キビタキの雄であった。

双眼鏡を向けると直ぐに林の中に隠れてしまった。

大平林道でオニルリソウを見つけた。

既に花の殆どが終わり、最後の1輪が咲いていた。

オオヒナノウスツボもあった。その直ぐ近くで葉にもっと丸みのあるオオヒナノウスツボに似た個体があった。

フシグロセンノウの花がきらッと光っていた。

Photo_2


大平林道のふれあい館付近でヒヨドリの幼鳥に出会った。

尾が無く、可愛い顔であった。

Photo_3


一丁平に向かって防火帯の道を登って行くとコヤブタバコ、シモバシラ、ナガバノコウヤボウキの花に出会った。

紅葉台の南側の道を歩いていると、大きな蛾の幼虫がいた。

これも家に帰って調べるとコエビガラスズメで、小蝦殻天蛾と書くとあった。

Photo_4


最後にミヤマウズラの花を見て下山した。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 

コゲラ 

アオゲラ 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

エナガ 

メジロ 

キビタキ 

キセキレイ 

イカル 

ホオジロ 

ガビチョウ 

アカボシゴマダラ 

イチモンジセセリ 

イチモンジチョウ 

オナガアゲハ 

カラスアゲハ 

キチョウ 

コジャノメ 

コミスジ 

サカハチチョウ 

ジャコウアゲハ 

スジグロシロチョウ 

スミナガシ 

ダイミョウセセリ 

テングチョウ 

ベニシジミ 

ムラサキシジミ 

モンキアゲハ 

ヤマトシジミ 

ギンモンスズメモドキ 

コエビガラスズメ 

ウスバキトンボ 

オオシオカラトンボ 

オニヤンマ 

アブラゼミ 

ツクツクボウシ 

ミンミンゼミ 

スケバハゴロモ 

ラミーカミキリ 

アマガエル 

アキカラマツ 

アズマヤマアザミ 

アメリカイヌホオズキ 

イタドリ 

エノコログサ 

オオイヌタデ 

オオツヅラフジ 

オオヒナノウスツボ 

オオモクゲンジ 

オオヤマハコベ 

オトコエシ 

オニドコロ 

オニルリソウ 

カタバミ 

カノツメソウ 

カヤツリグサ 

ガンクビソウ 

キジョラン 

キツネノボタン 

キンミズヒキ 

ギンミズヒキ 

クズ 

ゲンノショウコ 

コナスビ 

コボタンヅル 

コヤブタバコ 

シモバシラ 

シュウブンソウ 

シラキ 

シラヤマギク 

シロヨメナ 

シンミズヒキ 

ススキ 

セリ  

センニンソウ 

ダイコンソウ 

タニタデ 

タマアジサイ 

チヂミザサ 

ツユクサ 

ツリガネニンジン 

ツルリンドウ 

トウバナ 

トキリマメ 

ナガバノコウヤボウキ 

ノブキ 

ハエドクソウ 

ハダカホオズキ 

ハナタデ 

ヒメガンクビソウ 

ヒヨドリジョウゴ 

ヒヨドリバナ 

ヒレアザミ 

フジカンゾウ 

ヘクソカズラ 

ベニバナボロギク 

ボタンヅル 

マツカゼソウ 

ママコノシリヌグイ 

マルバハギ 

ミズタマソウ 

ミズヒキ 

ミゾホオズキ 

ミヤマウズラ 

ミヤマタニソバ 

ミヤマフユイチゴ 

メヒシバ 

メマツヨイグサ 

ヤブミョウガ 

ヤブラン 

ヤマニガナ 

ヤマノイモ 

ヤマホタルブクロ 

ヤマホトトギス 

ヤマムグラ 

ユウガギク 

ワレモコウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年8月19日 (月)

鳥見歩る記*川町田んぼ2013.8.19

201319日  910分~1010分 

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

 

8月は鳥が少ない。

暑い中、鳥はキジバト、ヒヨドリ、ガビチョウの3種だけであった。

ガビチョウは元気よく鳴いていた。稲にはシオカラトンボが多く目立った。

稲の葉にトリノフンザマシという蜘蛛がいた。

Photo_3


用水路脇でツリガネニンジン、ノハラアザミが咲き出した。

ヘクソカズラの花にはクマバチがきていた。

Photo_4


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 2

ヒヨドリ 4

ガビチョウ 4

イチモンジセセリ 1

キチョウ 3

ヒメウラナミジャノメ 2

モンシロチョウ 5

ヤマトシジミ 1

ウスバキトンボ 5

オオシオカラトンボ 5

ギンヤンマ 1

シオカラトンボ 70

アブラゼミ 

ツクツクボウシ 

ニイニイゼミ 

ミンミンゼミ 

トリノフンダメシ 1

ナガコガネグモ 

アキノエノコログサ 

アキノタムラソウ 

イヌゴマ 

オオブタクサ 

オニドコロ 

オモダカ 

カナムグラ 

カヤツリグサ 

ガンクビソウ 

キツネノマゴ 

クサギ 

クズ 

コヒルガオ 

シラヤマギク 

スベリヒユ 

セイバンモロコシ 

タカサブロウ 

タマアジサイ 

ツユクサ 

ツリガネニンジン 

ヌスビトハギ 

ノハラアザミ 

ノブキ 

ヒヨドリバナ 

ブタナ 

ヘクソカズラ 

ベニバナボロギク 

メヒシバ 

メヤブマオ 

ヤブガラシ 

ユウガギク 

ヨウシュヤマゴボウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*種入り田んぼの草取り2013.8.18

201318  00分1200分 晴

 

八王子里山クラブの種入り(上川口小学校裏の谷戸)の田んぼの草取りをした。

728日に行った草取りが終わらなかったので、その続きを行ったものである。

前回は参加者が少なかったが、今回は14名の参加があった。

暑かったが人数が多かったので何とか午前中で終わった。

Photo


雑草の種別ではコナギ、オモダカ、チョウジタデが多かった。

古代米(黒米)が穂を出してきた。

イノシシにやられなければ今年は秋の収穫が楽しめそうだ。

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。 

キジバト 

シジュウカラ 

ツバメ 

ヒヨドリ 

メジロ 

ウラギンシジミ 

モンシロチョウ 

オオイトトンボ 

オオシオカラトンボ 

シオカラトンボ 

アブラゼミ 

ツクツクボウシ 

ミンミンゼミ 

アキノタムラソウ 

オカトラノオ 

オニドコロ 

オモダカ 

コナギ 

サンカクイ 

セリ  

ダイコンソウ 

チョウジタデ 

ボタンヅル 

ミソハギ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年8月17日 (土)

鳥見歩る記*小宮公園2013.8.16

201316  1420分1630分 晴

 

クマゼミを探しに小宮公園にいった。

オトコエシの花にオナガアゲハが来ていた。

ススキの株の下にナンバンギセルが咲いていた。

隣接する弁天池は半分以上、干上がっていた。

オオシオカラトンボが10匹程度飛んでいて、そのトンボを見ていると小さいクサガメが出てきた。

1


甲羅の表に3本の盛り上がりがあること、顔に黄色い模様があることでクサガメとした。

2


なお、ミシシッピアカミミガメはいなかった。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 

ハシブトガラス 

ヒヨドリ 

ガビチョウ 

オナガアゲハ 

サトキマダラヒカゲ 

ルリタテハ 

オオシオカラトンボ 

オニヤンマ 

クサガメ 

アキノタムラソウ 

オトコエシ 

オニドコロ 

キツネノカミソリ 

キンミズヒキ 

シラヤマギク 

タマアジサイ 

ツリガネニンジン 

ナンバンギセル 

ハエドクソウ 

ヒヨドリバナ 

フジカンゾウ 

ヘクソカズラ 

ミズヒキ 

メヤブマオ 

ヤブガラシ 

ヤブミョウガ 

ヤブラン 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年8月16日 (金)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2013.8.14

20138月14日、35分~1550分 晴 

 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

 

猛暑の中のカウントであった。

8月は鳥が少ない。

目立ったのはメジロとヒヨドリだけであった。

蛇滝前のイワタバコは最盛期を過ぎて最後の数輪が花を着けていた。

Photo_3


毎年8月の楽しみのミヤマウズラは未だ蕾であった。

1号路はヤブミョウガの群落で綺麗に咲き誇っていた。

Photo_4


カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

キジバト 3

トビ 1

コゲラ 1

アオゲラ 1

ハシブトガラス 12

ヒガラ 2

シジュウカラ 4

ヒヨドリ 22

ウグイス 1

メジロ 16

イカル 2

ガビチョウ 4

アオスジアゲハ 2

アサギマダラ 4

カラスアゲハ 1

クロアゲハ 1

クロヒカゲ 1

コミスジ 1

サトキマダラヒカゲ 1

ミヤマカラスアゲハ 1

ムラサキシジミ 1

モンキアゲハ 3

オニヤンマ 2

ツクツクボウシ 

ミンミンゼミ 

アキノタムラソウ 

イノコズチ 

イワタバコ 

ウバユリ 

ウマノミツバ 

オオヤマハコベ 

ガンクビソウ 

ギンミズヒキ 

ケキツネノボタン 

ゲンノショウコ 

ススキ 

セリ  

タマアジサイ 

ヌスビトハギ 

ノブキ 

ハエドクソウ 

ハグロソウ 

ハダカホオズキ 

ヒメガンクビソウ 

ヒヨドリジョウゴ 

フジウツギ 

フジカンゾウ 

ヘクソカズラ 

マツカゼソウ 

マツグミ 

ミズヒキ 

ミヤマウズラ 

ムカゴイラクサ 

モミジガサ 

ヤブミョウガ 

ヤマハギ 

ヤマホトトギス 

ユウガギク 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2013.8.14

201314日00分~35分 

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

 

小仏川の梅林の下に今年もヤブランが咲いた。

Photo

キツネノカミソリも咲いていた。

メジロの小集団が葉の中をうろちょろしていた。スズメ50羽程の集団が蛇滝橋付近にいた。

ルリモンハナバチがいたが、動きが早く写真を撮れなかった。

オオブタクサの茎にスケバハゴロモがいた。

蛇滝橋近くの河原にはサナエトンボがいた。

ダビトサナエのようだ。

Photo_2


カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 2

コゲラ 1

アオゲラ 1

ハシブトガラス 4

シジュウカラ 5

ヒヨドリ 4

ウグイス 1

メジロ 8

スズメ 50

キセキレイ 1

イチモンジセセリ 4

カラスアゲハ 1

クロアゲハ 1

サトキマダラヒカゲ 2

ヒメウラナミジャノメ 8

ベニシジミ 1

ミヤマカラスアゲハ 2

ヤマトシジミ 10

オニヤンマ 1

シオカラトンボ 1

ダビドサナエ 1

ハグロトンボ 1

アブラゼミ 

ツクツクボウシ 

ニイニイゼミ 

ミンミンゼミ 

スケバハゴロモ 

ルリモンハナバチ 

アキノタムラソウ 

イヌトウバナ 

ウマノミツバ 

エノコログサ 

オオブタクサ 

オトコエシ 

オニドコロ 

ガンクビソウ 

キクイモ 

キツネノカミソリ 

キツネノマゴ 

キンミズヒキ 

クサギ 

クサノオ 

ゲンノショウコ 

コアカソ 

コボタンヅル 

シュウカイドウ 

ススキ 

セイタカアワダチソウ 

センニンソウ 

ダイコンソウ 

タマアジサイ 

チヂミザサ 

ツユクサ 

ツルヨシ 

ヌスビトハギ 

ノハラアザミ 

ノブキ 

ハエドクソウ 

ハキダメギク 

ハグロソウ 

ヒメジョオン 

ヒヨドリジョウゴ 

ヒヨドリバナ 

フジカンゾウ 

ボタンヅル 

ミズヒキ 

ミヤマタニワタシ 

メマツヨイグサ 

ヤブガラシ 

ヤブラン 

ユウガギク 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年8月15日 (木)

鳥見歩る記*初沢山2013.8.13

20133  5分1045分 晴

 

ホトトギスの終認とクマゼミを求めて初沢山に登った。

登る途中にキツネノカミソリが小群落で斜面に咲いていた。

山頂に着くとアオゲラのけたたましい声が聞こえてきた。

頂上のベンチで休んでいるとヤマガラ、シジュウカラ、エナガがやってきた。

下り道でウリカエデの実を着けている樹を観察。

Photo


下に降りて草むらでキンミズヒキの花にとまり交尾中のマメコガネがいた。

Photo_2


ホトトギスはいなかったが、みころも霊園の池の付近でクマゼミの声を聞くことができた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 

アオゲラ 

ハシボソガラス 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

シジュウカラ 

ツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

メジロ 

ヒメウラナミジャノメ 

ヤマトシジミ 

シオカラトンボ 

ミヤマアカネ 

アブラゼミ 

クマゼミ 

ツクツクボウシ 

ニイニイゼミ 

ヒグラシ 

ミンミンゼミ 

アカミミガメ 5

アキノエノコログサ 

アキノタムラソウ 

ウマノミツバ 

ウリカエデ 

オトコエシ 

オニドコロ 

ガンクビソウ 

キツネノカミソリ 

キツネノマゴ 

キンミズヒキ 

クサギ 

クズ 

ケキツネノボタン 

コアカソ 

スズメノヒエ 

ダイコンソウ 

タマアジサイ 

ツメクサ 

ナガバヤブマオ 

ヌスビトハギ 

ノブキ 

ハグロソウ 

ブタクサ 

ホタルブクロ 

マツカゼソウ 

マンリョウ 

ミズタマソウ 

ミズヒキ 

ヤブガラシ 

ヤブミョウガ 

ヨウシュヤマゴボウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年8月12日 (月)

鳥見歩る記*三頭山探鳥会2013.7.7

2013  50分1507分 晴

 

カワセミ会探鳥会で三頭山に登った。

集まったメンバーは18名。

コースは都民の森(森林館)から三頭大滝、避難小屋、山頂、鞘口峠、都民の森(森林館)。

森林館直ぐ裏の椎茸林でヤワタソウが一杯咲いていた。

Photo_7


同じ場所でギンバイソウも多く、こちらは蕾であった。

ハルゼミが鳴いていて、野鳥は目立たなかった。

そんな中でミソサザイが沢筋でよくさえずっていた。

三頭滝近くの葉の無い木の枝にタカが1羽とまっていた。

遠くてよくわからないが、写真を撮ってみると眉斑があり、少し小さめであったのでハイタカとした。

三頭山の名物であるナツツバキが花を着けていた。

陵線の避難小屋で昼食、山頂に登った後は鞘口峠に下った。

急坂の連続であったが、目立たないバイカウツギの花が疲れを癒してくれた。

Photo_8


観察した野鳥などは以下の通りです。

ハイタカ 

ノスリ 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ウグイス 

メジロ 

ミソサザイ 

クロツグミ 

キビタキ 

オオルリ 

キセキレイ 

アサギマダラ 

ミドリヒョウモン 

ハルゼミ 

アカショウマ 

アワブキ 

ウツギ 

ウリノキ 

ギンバイソウ 

クサイチゴ 

クモキリソウ 

クワガタソウ 

コアジサイ 

コゴメウツギ 

コマツナギ 

サツキヒナノウスツボ 

サワハコベ 

サンカクヅル 

タンナサワフタギ 

ツルアジサイ 

トウバナ 

ナツツバキ 

ニガナ 

ノリウツギ 

バイカウツギ 

ホツツジ 

マタタビ 

モミジガサ 

ヤマアジサイ 

ヤマオダマキ 

ヤマツツジ 

ヤワタソウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*景信山探鳥会2013.8.11

201311  40分1400分 晴

 

高尾駅北口から小仏までバスで行き、小仏峠から景信山を往復した。

小仏バス停でクマゼミの声を聞いた。

景信山頂でもクマゼミの声を聞いた。

クマゼミの分布が広がってきているのだろうか。

小仏川沿いで最も目立った花はコボタンヅルであった。

タマアジサイも咲き出した。

ウマノスズクサも花を着けていた。

Photo_4


キツネノカミソリも花があった。

Photo_5


ムサシアブミは赤い実を着けていた。

Photo_6


ジャコウソウは株が多いが既に花のピークが過ぎていた。

小仏峠ではクロツグミのさえずりが聞こえてきた。

景信山頂ではホオジロがさえずっていた。

連日35℃を越える猛暑が続いているが、山頂は涼しい風が吹いていた。

山頂ではクルババナが目立った。

ノカンゾウ、コオニユリはあったが、カセンソウの花を見つけることが出来なかった。

山頂で雷の音が聞こえてきたので、予定を早めて下山した。

運のいいことに小仏バス停について、バスに乗った途端に大粒の雨が降ってきた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

ヒガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

メジロ 

クロツグミ 

ホオジロ 

ガビチョウ 

アオスジアゲハ 

アカタテハ 

イチモンジセセリ 

イチモンジチョウ 

ウラギンシジミ 

キアゲハ 

キタテハ 

キチョウ 

クロアゲハ 

コミスジ 

スジグロシロチョウ 

ツマグロヒョウモン 

テングチョウ 

ミヤマカラスアゲハ 

ムラサキシジミ 

モンキアゲハ 

ヤマトシジミ 

アキアカネ 

オニヤンマ 

ミヤマアカネ 

アブラゼミ 

クマゼミ 

ツクツクボウシ 

ニイニイゼミ 

ミンミンゼミ 

アキノタムラソウ 

ウマノスズクサ 

ウマノミツバ 

オオバギボウシ 

オカトラノオ 

オニドコロ 

カノツメソウ 

カラムシ 

ガンクビソウ 

キツネノカミソリ 

キンミズヒキ 

クサギ 

クズ 

クルマバナ 

ゲンノショウコ 

コアカソ 

コオニユリ 

コバノギボウシ 

コボタンヅル 

ジャコウソウ 

シラヤマギク 

ススキ 

セリ  

ダイコンソウ 

タマアジサイ 

ツルニガクサ 

ニガナ 

ヌスビトハギ 

ノカンゾウ 

ノブキ 

ハエドクソウ 

ハキダメギク 

ヒルガオ 

フジカンゾウ 

ヘクソカズラ 

マツカゼソウ 

ママコノシリヌグイ 

マルバハギ 

マンリョウ 

ミズタマソウ 

ミズヒキ 

ミヤマタニワタシ 

ムカゴイラクサ 

ムサシアブミ 

メマツヨイグサ 

モミジガサ 

ヤブガラシ 

ヤブラン 

ヤブレガサ 

ヤマノイモ 

ヤマブキ 

ヤマホタルブクロ 

ユウガギク 

ヨウシュヤマゴボウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*高月水田 2013.8.10

2013年8月10日、6時45分~8時35分 晴

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

 

稲の穂が出始めていた。

モズが鳴いていたので探したが、姿を確認することができなかった。

ムクドリの群れが田んぼに降りて採餌していた。

ベニシジミ、ヤマトシジミが出穂したばかりの稲穂にとまっていた。

ベニシジミは写真が撮れた。

Photo_3


ナガコガネグモが田んぼの中で目立ってきた。

トウキョウダルマガエルのオタマジャクシからカエルに変態したばかりの子供が多数した。

シオカラトンボが目立った。羽化直後のものが稲の葉に一杯とまっていた。

ハネナガイナゴの成虫になる一歩前と見られる終齢幼虫が無数にいた。

数が多くてカウントレスである。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 1

モズ 1

ハシボソガラス 10

ツバメ 10

ヒヨドリ 1

ムクドリ 50

スズメ 30

ハクセキレイ 2

セグロセキレイ 3

ホオジロ 2

キアゲハ 1

チャバネセセリ 1

ベニシジミ 1

モンシロチョウ 1

ヤマトシジミ 30

ウスバキトンボ 5

シオカラトンボ 180

ハグロトンボ 45

ミヤマアカネ 3

ナガコガネグモ 多数

エンマコオロギ 10

キリギリス 5

ハネナガイナゴ 無数

トウキョウダルマガエル 子供多数

アカツメクサ 

アカバナユウゲショウ 

イヌガラシ 

エノコログサ 

オオアレチノギク 

オオイヌタデ 

オオケタデ 

オオニシキソウ 

オッタチカタバミ 

オヒシバ 

オモダカ 

カタバミ 

カヤツリグサ 

コセンダングサ 

コヒルガオ 

ジュズダマ 

シロツメクサ 

スズメノヒエ 

スベリヒユ 

セイバンモロコシ 

セイヨウタンポポ 

セリ  

ツユクサ 

トキワハゼ 

ハキダメギク 

ヒルガオ 

ブタナ 

ヘクソカズラ 

メマツヨイグサ 

ヤブガラシ 

ユウガギク 

ヨウシュヤマゴボウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2013.8.10

201310日、00分~35分 

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

 

猛暑が続いているので朝の涼しいうちにカウントした。

ホトトギスが鳴いていた。

ウグイスも3ヶ所からさえずりが聞こえてきたので、ホトトギスが未だいてもおかしくないが、8月になっても頑張っているホトトギスにエールを送りたい。

コジュケイが道に出てきた姿を見せてくれた。

ガガイモが咲き出した。

地元付近の人が前夜仕掛けた網篭を当人が、朝6時過ぎに引き上げるところだったので、獲物の写真を撮らせてもらった。

Photo


一つの網篭には30センチくらいはある大きなスッポンが入っていた。

もう一つの網篭にはモズクガニが1匹入っていた。

Photo_2


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ホトトギス 1

ツバメ 2

ヒヨドリ 4

ウグイス 3

セッカ 1

コジュケイ 4

ガビチョウ 4

キチョウ 1

サトキマダラヒカゲ 1

チャバネセセリ 1

ヒメジャノメ 2

ベニシジミ 2

ヤマトシジミ 1

シオカラトンボ 8

ハグロトンボ 5

ミヤマアカネ 3

アブラゼミ 

ニイニイゼミ 

カバキコマチグモ 

スッポン 1

モズクガニ 1

アカツメクサ 

アキノエノコログサ 

オオイヌタデ 

ガガイモ 

キンミズヒキ 

スズメノヒエ 

セイバンモロコシ 

タラ 

ツユクサ 

ヒメジョオン 

ヒメヒオウギズイセン 

ヘクソカズラ 

ムラサキエノコロ 

メマツヨイグサ 

ヤブガラシ 

ヤブラン 

ワルナスビ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年8月11日 (日)

鳥見歩る記*小宮公園2013.8.10

201310  155分1630分 晴

 

家でパソコンをやっていたが、あまりにも暑いので、午後3時過ぎに小宮公園に行ってみた。

アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、カナカナゼミとセミ4種がそろって鳴いていたが、鳥はさっぱりだった。

ヒヨドリバナにセミの抜け殻がぶら下がっていた。

Photo


ウバユリ(写真)、ヤブラン、フジカンゾウ、オトコエシ、キツネノカミソリ、ヤブミョウガが目立った。

Photo_2


知らない花が1種あった。

その近くで腕章を着けた方がいたので聞いてみるとヤマトラノオとのことであった。

オオシオカラトンボがいた。

センニンソウは蕾であったが、ワレモコウ、ツリガネニンジンが咲き出した。

秋の走りであろうが、今年の残暑は格別だ。

雑木林にはパンのような大きなキノコ(写真)が出ていた。

Photo_3


観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト 

ハシブトガラス 

ヒヨドリ 

メジロ 

スズメ 

ガビチョウ 

キチョウ 

コミスジ 

サトキマダラヒカゲ 

ダイミョウセセリ 

ヤマトシジミ 

オオシオカラトンボ 

アブラゼミ 

ツクツクボウシ 

ヒグラシ 

ミンミンゼミ 

アオバハゴロモ 

アキノタムラソウ 

ウバユリ 

オオバギボウシ 

オトコエシ 

オニドコロ 

キツネノカミソリ 

キンミズヒキ 

コバノギボウシ 

シラヤマギク 

シロツメクサ 

センニンソウ 

タマアジサイ 

ツリガネニンジン 

ハエドクソウ 

ヒメジョオン 

ヒヨドリバナ 

フジカンゾウ 

ブタナ 

ヘクソカズラ 

ミズタマソウ 

メヤブマオ 

ヤブガラシ 

ヤブミョウガ 

ヤブラン 

ヤマトラノオ 

ヤマノイモ 

ヨウシュヤマゴボウ 

ワレモコウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年8月10日 (土)

鳥見歩る記*針の木峠(蓮華岳)2013.8.4-6

2013-6日  23日)

 

84日から6日まで、23日で針の木峠に行ってきた。

初日84日は大糸線大町駅から扇沢までバスで行き、大沢小屋まで2時間半を歩いた。

途中、ホオジロ、クロジに会った。

ウグイス、コガラ、ヒガラ、コゲラの混群にも一度出会った。

ソバナ、タマガワホトトギス、メタカラコウ、チョウジギク、シシウド等が咲いていた。

大沢小屋付近にはシナノナデシコが咲いていた。

2日の朝はマミジロの声で起こされた。

大雪渓はアイゼンを着けて登った。

雪渓を登り終わり、そこから峠までの急坂ではウソ、カヤクグリ、イワヒバリなどに出会った。

キヌガサソウ、サンカヨウ、ベニバナイチゴ、キバナノコマノツメ、チングルマ、コイワカガミ、アオノツガザクラなど次から次へ出てくる花を楽しみながら登ることができた。

針の木峠に着くと、イワヒバリが歓迎するように足元50センチの近くまで寄ってきてくれた。

Photo


針の木岳に登るつまりだったが、雨が降ってきたので断念、針の木小屋の周辺を観察した。

ウサギギク、イワギキョウ、ヨツバシオガマ等が小屋の近くに咲いていた。

Photo_2


3日目は蓮華岳を目指し、615分に小屋を出発した。蓮華岳の山頂手前で雨が降ってきたので引き返したが、コマクサの群落には感激した。

白花のコマクサも3株あった。

Photo_3


ライチョウを期待したがライチョウは姿を見せてくれなかった。

針の木峠に戻り大雪渓を下って扇沢に戻った。

雪渓を下る途中でコマドリ、ルリビタキ、ミソサザイの声を聞いた。

途中アサギマダラに何回もであった。

扇沢近くではコサメビタキに出会った。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

アマツバメ 

トビ 

コゲラ 

コガラ 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ウグイス 

メボソムシクイ 

メジロ 

ミソサザイ 

マミジロ 

コマドリ 

ルリビタキ 

コサメビタキ 

イワヒバリ 

カヤクグリ 

キセキレイ 

ウソ 

ホオジロ 

クロジ 

アサギマダラ 

オオミスジ 

ヒメキマダラヒカゲ 

アキアカネ 

アオノツガザクラ 

イチヤクソウ 

イワギキョウ 

ウサギギク 

ウマノミツバ 

ウラジロナナカマド 

エゾアジサイ 

エゾシオガマ 

オオイタドリ 

オオバミゾホオズキ 

オオヒョウタンボク 

オガラバナ 

オトギリドウ 

オニシモツケ 

ガケカンバ 

キオン 

キヌガサソウ 

キバナノコマノツメ 

キンミズヒキ 

クガイソウ 

コイワカガミ 

コウゾリナ 

コマクサ 

サワヒヨドリ 

サンカヨウ 

シシウド 

シナノナデシコ 

シロバナニガナ 

ソバナ 

ダイコンソウ 

タカネシオガマ 

タカネシュロソウ 

タカネヤハズハハコ 

タテヤマウツボグサ 

タマガワホトトギス 

チョウジギク 

チングルマ 

ツマトリソウ 

ツルリンドウ 

テツカエデ 

トリアシショウマ 

ニッコウキスゲ 

ノリウツギ 

ハクサンシャクナゲ 

ハクサンチドリ 

ベニバナイチゴ 

ホツツジ 

マイヅルソウ 

ミヤマカラマツ 

ミヤマクワガタ 

ミヤマコゴメグサ 

ミヤマダイモンジソウ 

メタカラコウ 

ヤマハハコ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年8月 2日 (金)

鳥見歩る記*多摩川の浅川合流付近(ツバメ集団ねぐら)2013.7.30

201330日、1730分~1900分 曇り雨

 

ツバメの集団ねぐら探しの多摩川の中央高速道橋から浅川合流付近に行った。

八王子から自転車で浅川の堤防を走り、最後に都立日野高校前をとおり多摩川との合流地につくとホオジロが木のテッペンでよくさえずっていた。

足元ではコマツナギが花をつけていた。

多摩川の河原ではノカンゾウが花を咲かせていた。数えると50本程はあった。ヤブカンゾウはどこにでもあるが、ノカンゾウは珍しい。

堤防にはカワラサイコ、マツヨイグサもあった。

Photo


メマツヨイグサが多い中で、開花後にしぼんだ花が赤くなるマツヨイグサもこの辺ではどこにでもあるものでなく、珍しい。

Photo_2


1730分以降、ツバメは多摩川の上空に三々五々現れるが、やがて下流の方向へ消える。

詳しくはカウントしなかったが100羽は越えていたと思う。

1830分以降、石田大橋の上流側で河川敷野球場の北側(対岸は国立温泉湯楽の里)のヨシ原らしき所にツバメが数羽集まっていたので、この場所で集中的に観察した。

コウモリが飛び出した1845分過ぎてもツバメは数羽いたので、数羽が何処かにねぐら入りしたかもしれないが雨が降ってきたので観察を終了した。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 

カワウ 

アオサギ 

トビ 

ハシボソガラス 

シジュウカラ 

ツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

スズメ 

ホオジロ 

ガビチョウ 

コシアキトンボ 

アブラゼミ 

カナカナゼミ 

ミンミンゼミ 

キリギリス 

カワラサイコ 

クサギ 

コマツナギ 

ノカンゾウ 

ヒメジョオン 

ヘクソカズラ 

ヘラオオバコ 

マツヨイグサ 

メマツヨイグサ 

ワルナスビ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年8月 1日 (木)

鳥見歩る記*種入り(田んぼの草取り)2013.7.28

2013728  30分1600分 晴(一時小雨)

 

623日に田植をした田んぼの草取りをした。

田んぼにはオモダカ、コナギなどの雑草がはびこっていた。

Photo


人力での草取りは大変で7枚ある田んぼのうち、参加者が少なかったこともあり、1枚半しか草取りはできなかった。

草取りをした田んぼは綺麗になったが、未だの田んぼでは稲が草に負けてしまいそうである。

Photo_2


8月に残りの田んぼの草取りをすることとした。

オオタカが上空を飛んで行った。

草取りをしていると汚れた半ズボンにウラギンシジミがとまってしばらくじっとしていた。

ヤマユリ、オバギボウシの花は盛りが過ぎ、アキノタムラソウ、キツノノマゴ、ヤマホトトギスが咲き出した。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。 

オオタカ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

コジュケイ 

ガビチョウ 

ウラギンシジミ 

キチョウ 

ウスバキトンボ 

オオイトトンボ 

オオシオカラトンボ 

シオカラトンボ 

アブラゼミ 

ツクツクボウシ 

ヒグラシ 

アカハライモリ 

モリアオガエル 

アキノタムラソウ 

オオバギボウシ 

オカトラノオ 

オニドコロ 

オモダカ 

キツネノマゴ 

コアカソ 

コナギ 

サンカクイ 

シロツメクサ 

ダイコンソウ 

ヤマホトトギス 

ヤマユリ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »