« 鳥見歩る記*種入り田んぼで田植2013.6.29 | トップページ | 鳥見歩る記*津軽線大川平(棚田を歩く)2013.7.3 »

2013年7月 6日 (土)

鳥見歩る記*青森探鳥会(小川原湖、下北半島)2013.6.30-7.2

20133072日  

 

630日から72日までJR東日本発売の大人の休日倶楽部バス(東北・北陸)を使って青森に探鳥旅行に行ってきた。

集まったカワセミ会のメンバーは11名、新幹線七戸十和田駅からレンター2台で上北下北地域をまわった。

630日の午後、先ず行ったのは小川原湖、地元オオセッカランドの活動家に案内して頂いた。

コウホネの咲く小川原湖でカンムルカイツブリが営巣していて、メスの背中に乗る雛、雛に餌を運ぶオスが観察できた。

Photo_3


オオヨシキリが多く、コヨシキリも混ざっていて両種に違いがはっきり分かった。

屋根付のオオバンの巣もあった。

カッコウが鳴く田園にミサゴも現れた。

夕方になったので仏沼に行った。

オオジュリンの数の多さに驚いた。

コジュリン、オオジュリン、チュウヒもいた。

71日は早朝の朝飯前と朝飯後の11時まで前日のコースをまわった。

防風林帯ではアカゲラ、コムクドリ、スズメが営巣していた。

ノスリの親子もいた。

仏沼ではカラカネイトトンボ(写真)、モートンイトトンボなどのトンボも観察できた。

Photo_4


山に咲くニッコウキスゲ、海岸に咲くハマヒルガオが同じ場所で咲いているのには驚いた。

71日の午後は下北半島に行った。

むつ市で地元の野鳥観察家に会い、観察スポットを教えて頂いた。

先ず行ったのが尻屋崎、足の赤いケイマフリが海に浮かび岩場に上がる9羽を観察できた。

ケイマフリのいる所はウミネコの集団繁殖地でウミネコは1000羽位はいた。

ウミネコと一緒に30羽程度のセグロカモメもいた。

Photo_5


セグロカモメのうち1羽は尻屋崎の灯台近くの岩の上で営巣し雛が3羽いた。

その雛を狙うのかどうか、近くにチョウゲンボウ1羽もいた。

尻屋崎には寒立馬という野生の馬がいたが、松林に入るとカモシカもいた。

夜は薬研温泉に泊った。

Photo_6


3日目の72日は早朝3時頃宿からアカショウビンの声が聞こえてきた。

朝飯前の5時に宿を出て大畑川遊歩道を歩いた。

狙いはシノリガモの親子である。

トラツグミ、カケスの声を聞きながら遊歩道から川を見るとカワガラスの親子がいて、さらに進むと待望のシノリガモの親子がいた。

5羽であったが急流に乗ってあっというまに下流の方に行ってしまった。

暫くすると再び上流に戻ってきて今度は6羽になっていて、うち先頭の1羽は親のようであった。

Photo_7


さらに上流に進むともう一組のシノリガモに出会うことができた。

朝食後は恐山(宇曾利山湖)を経て七戸十和田駅の無事に戻って。

観察した野鳥は72種であり、季節がら親子連れを多く観察できた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。 

コブハクチョウ 

オシドリ 

オカヨシガモ 

マガモ 

カルガモ 

オナガガモ 

コガモ 

キンクロハジロ 

スズガモ 

シノリガモ 

カイツブリ 

カンムリカイツブリ 

キジバト 

カワウ 

ウミウ 

アオサギ 

ダイサギ 

バン 

オオバン 

ホトトギス 

カッコウ 

コチドリ 

イソシギ 

ウミネコ 

セグロカモメ 

ケイマフリ 

ミサゴ 

トビ 

チュウヒ 

ノスリ 

アカショウビン 

カワセミ 

ヤマセミ 

コゲラ 

アカゲラ 

チョウゲンボウ 

モズ 

カケス 

ハシボソガラス 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ヒバリ 

ツバメ 

イワツバメ 

ウグイス 

ヤブサメ 

メボソムシクイ 

メジロ 

オオセッカ 

オオヨシキリ 

コヨシキリ 

ゴジュウカラ 

ミソサザイ 

ムクドリ 

カワガラス 

トラツグミ 

アカハラ 

イソヒヨドリ 

キビタキ 

オオルリ 

スズメ 

キセキレイ 

ハクセキレイ 

カワラヒワ 

ホオジロ 

ホオアカ 

ノジコ 

アオジ 

コジュリン 

オオジュリン 

カラカネイトトンボ 

カワトンボ 

モートンイトトンボ 

ルリイトトンボ 

ハルゼミ 

ヤマカガシ 

カモシカ 

イタチハギ 

イヌガラシ 

オニシモツケ 

クサフジ 

コウホネ 

スカシタゴボウ 

ズダヤクシュ 

セイヨウタンポポ 

ツルアジサイ 

ナズナ 

ナワシロイチゴ 

ナンテンハギ 

ニッコウキスゲ 

ハマナス 

ハマヒルガオ 

ヒメオドリコソウ 

ブタナ 

マタタビ 

ミヤコグサ 

ヤマアジサイ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

« 鳥見歩る記*種入り田んぼで田植2013.6.29 | トップページ | 鳥見歩る記*津軽線大川平(棚田を歩く)2013.7.3 »