« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月28日 (金)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵2013.6.27

201327  00分125分 晴

宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

JR横浜線みなみ野駅→毘沙門天→宇津貫公園→クボノキ湧水→宇津貫緑地(ホタル沢、尾根道)→兵衛川→みなみ野駅のコースを歩いた。

 

キビタキの親子が宇津貫緑地のホタル沢にいた。

3羽いて、そのうち1羽は成鳥雄で他の2羽は雌型であった。

この2羽のうち少なくとも1羽は巣立ち雛と思われる。

先月、先々月のカウント時にさえずっていたので、ここで繁殖したと思われる。

キビタキはこの3羽と離れた場所でもう1羽の雄のさえずりが聞こえた。

兵衛川にカルガモ親子が休んでいた。親1に子が8と多かった。

8羽の子は親と同じくらいに大きくなっていたが、胸に縦縞があった。

Photo


ホタル沢の田んぼに真っかなショウジョウトンボがいた。

同じくオオシオカラトンボもいて1組は交尾中であった。

Photo_2


雑木林のマダケの竹の子とキクラゲを頂き、美味しく賞味した。

Photo_3


観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ 14

キジバト 2

カワセミ 1

コゲラ 1

ハシボソガラス 1

ハシブトガラス 6

シジュウカラ 2

ツバメ 20

ヒヨドリ 11

ウグイス 1

メジロ 8

セッカ 1

キビタキ 4

スズメ 26

ハクセキレイ 5

ホオジロ 4

ガビチョウ 8

アカボシゴマダラ 1

キチョウ 10

スジグロシロチョウ 5

ダイミョウセセリ 1

ナミアゲハ 2

ヒカゲチョウ 10

ヒメウラナミジャノメ 7

ベニシジミ 6

ムラサキシジミ 1

モンキチョウ 5

モンシロチョウ 7

ヤマトシジミ 8

カノコガ 2

ウスバキトンボ 10

オオシオカラトンボ 6

コシアキトンボ 1

シオカラトンボ 8

ショウジョウトンボ 10

オオスズメバチ 1

ゴマダラカミキリ 1

キクラゲ 

アカツメクサ 

アカバナユウゲショウ 

アサザ 

アメリカオニアザミ 

ウマノミツバ 

エノコログサ 

オオバギボウシ 

オオバジャノヒゲ 

オトギリドウ 

カタバミ 

クマノミズキ 

シロツメクサ 

セイヨウタンポポ 

タケニグサ 

チダケサシ 

ツユクサ 

ツルドクダミ 

ヌマトラノオ 

ネムノキ 

ノアザミ 

ノハナショウブ 

ハエドクソウ 

ヒメジョオン 

ヒメヤブラン 

ヒヨドリバナ 

ヒルガオ 

ブタナ 

ヘクソカズラ 

ホタルブクロ 

ミヤマコゴメグサ 

ムラサキエノコロ 

ムラサキシキブ 

モジズリ 

ヤナギハナガサ 

ヨウシュヤマゴボウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年6月27日 (木)

鳥見歩る記*種入り田んぼで田植2013.6.23

201323  1000分1430分 晴

 

69日に予定した田植が水不足でできなかったが、その後降雨があり、2週間遅れで田植をした。

Photo


予定より2週間も遅くなったので、苗代の黒米の苗が大きくなり過ぎていた。

Photo_2


サンコウチョウ、キビタキ、ホオジロがさえずっていた。

シュレーゲルアオガエル、モリアオガエルも鳴いていた。

シュレーゲルアオガエルの卵泡があちこちにあった。

Photo_3


繊細で美しいオオイトトンボが今年も出てきた。

クマノミズキも花を盛りと着けていた。

自然豊かな中での田植えは疲れるが爽やかである。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。 

サンコウチョウ 

ツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

キビタキ 

イカル 

ホオジロ 

ガビチョウ 

チャバネセセリ 

ヒメウラナミジャノメ 

オオイトトンボ 

オオシオカラトンボ 

シオカラトンボ 

アカハライモリ 

シュレーゲルアオガエル 

モリアオガエル 

クマノミズキ 

シロツメクサ 

ドクダミ 

ヒメジョオン 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年6月21日 (金)

鳥見歩る記*泉町叶谷町湧水群2013.6.20

201320  00分1000分 小雨、曇り

 

泉町叶谷町湧水群の住宅地で6月の野鳥カウントを行った。

集合場所の泉町会館に泉町町会長他4名、カワセミ会3名が集まった。

結果は11種の野鳥を確認できた。

用水路のナガエミクリが花を着けていた。

Photo_8


用水路沿いのヤブカンゾウも綺麗な花を着けていたが、アブラムシも着いていた。

Photo_9


住宅地のガレージ、金属柱の横向きの小さい穴にスズメが営巣。

四角い穴の入口の大きさは約3cm×7cm、この大きさで奥まで続いていて、中が広くなっている訳でない。

餌を咥えた親が中に入ると、巣中の雛が大騒ぎしている声が聞こえてきた。

3


観察した野鳥などは以下の通りです。 

カルガモ 4

キジバト 10

ホトトギス 1

ハシボソガラス 6

ハシブトガラス 10

シジュウカラ 2

ツバメ 5

ヒヨドリ 8

ムクドリ 30

スズメ 60

ハクセキレイ 1

スジグロシロチョウ 2

アカバナユウゲショウ 

エノコログサ 

オオキンケイソウ 

オヒシバ 

オランダガラシ 

カタバミ 

ケキツネノボタン 

シロツメクサ 

セイヨウタンポポ 

タケニグサ 

ツユクサ 

ナガエミクリ 

ナガミヒナゲシ 

ナワシロイチゴ 

ヒメジョオン 

ヒメツルソバ 

ヒルガオ 

ムラサキカタバミ 

モジズリ 

ヤブカンゾウ 

ヤブジラミ 

ヨウシュヤマゴボウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*川町田んぼ2013.6.19

201319日  1000分~1110分 曇り

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

 

田植が終わった田んぼに大きなアオダイショウがいた。

Photo_6


稲の葉に1匹のゾウムシがいた。

図鑑で調べる地マダラアシゾウムシに似ているが、雑木林に棲むゾウムシが何故田んぼにいるのか疑問だ。

ホトギス、ウグイスの声を確認。雑木林にはサトキマダラヒカゲ(写真)、ヒガゲチョウがいた。

Photo_7


生産者のSさんによるともうゲンジボタルが出ていて、昨夜は家の中に入ってきたという。また、イノシシにジャガイモ畑を荒らされたとの事であった。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アオサギ 1

ホトトギス 1

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 4

シジュウカラ 2

ツバメ 8

ヒヨドリ 4

ウグイス 3

ムクドリ 3

キセキレイ 2

ガビチョウ 2

キチョウ 1

サトキマダラヒカゲ 2

スジグロシロチョウ 3

ヒカゲチョウ 1

ヒメウラナミジャノメ 1

ベニシジミ 6

モンキチョウ 3

モンシロチョウ 3

ヤマトシジミ 4

カノコガ 1

シオカラトンボ 10

アオダイショウ 1

アカバナユウゲショウ 

イヌガラシ 

ウシハコベ 

オオイヌノフグリ 

オヘビイチゴ 

カタバミ 

ケキツネノボタン 

コウゾリナ 

シロツメクサ 

セイヨウタンポポ 

セリバヒエンソウ 

ツユクサ 

ドクダミ 

ニガナ 

ハエドクソウ 

ヒメジョオン 

マンリョウ 

ヤブレガサ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(ランを探す)2013.6.17

201317  10分1500分 晴

6月の八王子・日野カワセミ会の「高尾山周辺歩き」は「ランを探す」で14名のメンバーが集まった。

スタートの高尾山口駅前の案内川で清流の中の石の上で鳴くカジカガエルの姿を確認。

Photo_3


キビタキ、コサメビタキも姿を確認できた。

クロツグミもよく鳴いていた。

アサギマダラは6頭。

ムラサキシジミは紅葉台付近で出会い、ギンレイカの花で吸蜜するスジグロシロチョウは下った日影沢で写真が撮れた。

Photo_4


オニシバリが赤い実を着けていた。

オオバジャノヒゲ、イチヤクソウ、ウメガサソウが咲き出した。

紅葉台のオオバウマノスズクサは実と咲き出した花の両方が観察できた。

目的のランはヨウラクラン、ムヨウラン(写真)が開花、アオスズランが蕾、セッコクは花の最盛期が過ぎていた。

Photo_5


観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ 

キジバト 

ホトトギス 

アオゲラ 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

ツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

ヤブサメ 

メジロ 

クロツグミ 

コサメビタキ 

キビタキ 

オオルリ 

ホオジロ 

コジュケイ 

ガビチョウ 

アオスジアゲハ 

アサギマダラ 6

イチモンジチョウ 

スジグロシロチョウ 

テングチョウ 

ムラサキシジミ 

オオカギバ 

カワトンボ 

カジカガエル 姿声

アオスズラン 

ウツギ 

ウメガサソウ 

ウリノキ 

オオバジャノヒゲ 

オカトラノオ 

オニシバリ 

カナウツギ 

ギンレイカ 

クサノオ 

サカキ 

サワハコベ 

シキミ 落果

セッコク 

テイカカズラ 

ニガナ 

ノアザミ 

ハエドクソウ 

ヤマタツナミソウ 

ヤマホタルブクロ 

ヨウラクラン 花

ワニグチソウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(録音機設置)2013.6.15

201315  10分1325分 晴

高尾山の野鳥の声を無人状態で自動的に録音するためにタイマーセットした録音機を設置した。

ケーブルカーで登り3号路に録音機を設置した。

3号路にはマタタビが多く、登山道にも花が落ちてあちこちに散らばっていた。

Photo


シキミの実も落ちていた。

高尾山で自生のシキミの花は見たことがあるが、実を見たのは始めてのような気がする。

Photo_2


ギンリョウソウも芽を出していた。

ハエドクソウも咲き出した。

帰路は2号路から高尾病院の前に出るコースを下った。

ホトトギスの声を聞き、アカボシゴマダラにも出会った。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

ホトトギス 

コゲラ 

アオゲラ 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

ヒガラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

メジロ 

クロツグミ 

キビタキ 

オオルリ 

イカル 

ガビチョウ 

アカボシゴマダラ 

ウラギンシジミ 

クロアゲハ 

スジグロシロチョウ 

テングチョウ 

イチヤクソウ 

ウマノミツバ 

オニタビラコ 

ギンリョウソウ 

ギンレイカ 

シキミ 落果

テイカカズラ 

ハエドクソウ 

マタタビ 落花

ムヨウラン 

ヤマアジサイ 

ヤマタツナミソウ 

ヤマボウシ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年6月15日 (土)

鳥見歩る記*舞岡公園(横浜市)2013.6.14

201314  1100分1420分 小雨

舞岡ふるさと村「虹の家」で、「舞岡の蝶(59)+日本の蝶=約120枚の生態写真展」を見てから舞岡公園へ行った。

天気は梅雨空で霧雨の中であった。

今はゼフィルスというミドリシジミの仲間の最盛期である。

公園に着くとアカメガシワが低い位置で満開になっていた。

その花に蜂と蝶が集まっていた。

よく見るとラッキーなことにミドリシジミ(写真)が来ていた。

Photo


翅を閉じているので表翅の色は見えない。

他にルリシジミ、ベニシジミ、スジグロシロチョウもいた。

近くのハンノキの所に行くとカメラマン2名が写真を撮っていた。

ミドリシジミのメスが来ているという。

公園を歩いているとルリシジミとベニシジミがやけに目立つというと、カメラマンはこの2種は雨に強いのだと教えてくれた。

田んぼは田植が終わり、池にはカワセミの他にカイツブリ(写真)がいた。

カイツブリは浮巣で抱卵している模様であった。

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。

32 カルガモ 

62 カイツブリ 

74 キジバト 

383 カワセミ 

435 ハシボソガラス 

436 ハシブトガラス 

445 シジュウカラ 

457 ツバメ 

463 ヒヨドリ 

464 ウグイス 

485 メジロ 

506 ムクドリ 

569 スズメ 

574 ハクセキレイ 

587 カワラヒワ 

610 ホオジロ 

901 コジュケイ 

2000 ウラギンシジミ 

2000 キチョウ 

2000 クロアゲハ 

2000 スジグロシロチョウ 

2000 ナミアゲハ 

2000 ヒメジャノメ 

2000 ベニシジミ 

2000 ミドリシジミ 

2000 モンキチョウ 

2000 モンシロチョウ 

2000 ルリシジミ 

2500 カノコガ 

3000 シオカラトンボ 

 ヤマサナエ 

6000 アマガエル 

6000 ウシガエル 

 アカメガシワ 

 イボタノキ 

 オオジシバリ 

 オカトラノオ 

 クマノミズキ 

 コヒルガオ 

 スイカズラ 

 ドクダミ 

 ヒメジョオン 

 ホタルブクロ 

 ムラサキシキブ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*生田公園(読売文化センター講座)2013.6.12

201312  1045分1350分 小雨

読売文化センターの講座で今月は生田公園に行った。

東京はようやく梅雨の天候となり、小雨が降っていたためか、集合場所の向ケ丘公園駅に集まったのは5名だけだった。

生田緑地に着くと入り口付近にハナショウブ園があり、小雨降るなかで美しい花菖蒲の花が輝いていた。

P1110469


花菖蒲園にカルガモ親子はいないか探したが確認できなかった。

ウグイスのさえずりがあちこちであり、ホトトギスもいるはずであると期待していたら、ホトトギスが応えてくれて鳴声が聞こえてきた。

エナガ、ジシュウカラ、コゲラ、メジロの混群に出会った。

エナガ、ジシュウカラ、コゲラはいずれも親子連れであり、可愛い子供達を観察できた。

クマノミズキの満開の樹が数本あり、この花は梅雨空の中で何故か輝いていた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト

カワウ

ホトトギス

ヒメアマツバメ

コゲラ

アオゲラ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ツバメ

イワツバメ

ヒヨドリ

ウグイス

エナガ

メジロ

トラツグミ

スズメ

ドバト

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

| | コメント (0)

2013年6月12日 (水)

鳥見歩る記*種入り(田んぼ草取り)2013.6.6

2013  30分1400分 晴

川口小学校裏の谷戸(通称種入り)で今年6回目の田んぼの作業を行った。

集まったメンバーは10名。

田植の予定であったが、最近の八王子は殆ど降雨がなく、天水たよりの田んぼに水がなくて田植をできなかった。

田んぼが乾いているため雑草が生えてきたので、来るべき田植に備えて田んぼの草取りと畦の草刈をした。

Photo


田んぼにはイワツバメの10羽程度の集団がきていた。

ウグイスとホトトギスがよくさえずっていた。

シュレーゲルアオガエルの泡のような卵泡が畦に産み付けられていた。

Photo_2


ミヤマカワトンボが飛んでいた。

田の草取りをしていると土の中にヘイケボタルの成虫がいた。

もう成虫になっていた。

Photo_3


観察した野鳥などは以下の通りです。 

ホトトギス 

ツバメ 

イワツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

キビタキ 

キアゲハ 成虫、幼虫

コミスジ 

モンシロチョウ 

オオシオカラトンボ 

シオカラトンボ 

ミヤマカワトンボ 

ヘイケボタル 成虫

シュレーゲルアオガエル 声、卵泡

トウキョウダルマガエル 

オヘビイチゴ 

キショウブ 

ケキツネノボタン 

シロツメクサ 

タネツケバナ 

トキワハゼ 

ドクダミ 

ニガナ 

ハハコグサ 

ヒメジョオン 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年6月10日 (月)

鳥見歩る記*小仏城山から一丁平、高尾山2013.6.8

2013  1140分1345分 晴

小仏城山から一丁平を通って高尾山5号路に向かった。

ハルゼミの声が聞こえてきた。

一丁平では植栽したものと思われるがヤマボウシが雪を被ったように見事に花を着けていた(写真)。

Photo_4


もみじ台の南側の道にはオオバウマノスズクサが多く、そこに産卵に来たのかジャコウアゲハもいた。

ナワシロイチゴの花にダイミョウセセリと小さな虫がいた。

小さな虫の方は蛾の仲間のマドガであった(写真)。

Photo_5


コチャバネセセリもナワシロイチゴの花に来ていた(写真)。

Photo_6


山の上だがサナエトンボが葉の上に止まっていた。

ヒメクロサナエのようである。

この時期はキイチゴが目立つ。

モミジイチゴ、クサイチゴ、ニガイチゴは実が着いていて、エビガライチゴは開花直前の蕾であった。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

アオゲラ 

シジュウカラ 

ウグイス 

メジロ 

ホオジロ 

ガビチョウ 

ウラギンシジミ 1

クロヒカゲ 1

コジャノメ 1

コチャバネセセリ 1

ジャコウアゲハ 2

ダイミョウセセリ 11

ヒメキマダラセセリ 1

ミヤマカラスアゲハ 1

ムラサキシジミ 1

モンキアゲハ 1

マドガ 1

ヒメクロサナエ 1

ハルゼミ 

イボタノキ 

ウツギ 

ウマノアシガタ 

ウリノキ 

エビガライチゴ 

オオバウマノスズクサ 

オニタビラコ 

ガマズミ 

クワ  

コゴメウツギ 

サンカクヅル 

スイカズラ 

ドクダミ 

ナワシロイチゴ 

ニガイチゴ 

ニガナ 

ノアザミ 

ハルジオン 

ヒメジョオン 

ブタナ 

マルバウツギ 

ミヤマタニワタシ 

モミジイチゴ 

ヤブムラサキ 

ヤマテリハノイバラ 

ヤマボウシ 

ヤマホタルブクロ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*日影沢林道から小仏城山2013.6.8

2013  35分1140分 晴

日影沢林道を小仏城山まで歩いた。

オオルリがさえずっている。

この時期咲いた花があちこちで地面に落花している。

エゴノキ、テイカカズラ、ウリノキと次々の出てくる。

圧巻はサイカチの雄花だ。

正に隙間が無いように地面に敷きつめられ、さらに雪が降るように音を立てながら落ち続けていた(写真)。

Photo


6月は蛾に出会う機会も多い。

今日は葉に上に止まっているギンスジカギバに出会った(写真)。

Photo_2


ダイミョウセセリが道の上を素早く飛ぶ。

このチョウは飛んでいる時は巣早やし過ぎて、何が飛んでいるかよくわからないが、時々葉や花に止まってくれる。

今日はウツギの花、ナワシロイチゴの花に止まってくれた(写真)。

Photo_3


日影林道の山頂近くにはヤマテリハノイバラが多い。

既に花の盛りは過ぎているが、ホトトギス、ツツドリ、ヒガラ、ウグイス、ホオジロの声を聞きながらヤマテリハノイバラの花を充分楽しむことができた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

ホトトギス 

ツツドリ 

コゲラ 

アオゲラ 

カケス 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

クロツグミ 

キビタキ 

オオルリ 

ホオジロ 

ガビチョウ 

イチモンジチョウ 2

カラスアゲハ 1

キチョウ 3

コジャノメ 1

コミスジ 5

スジグロシロチョウ 13

ダイミョウセセリ 5

テングチョウ 8

ナミアゲハ 1

ミスジチョウ 2

ギンスジカギバ 1

カワトンボ 4

イヌガラシ 

ウシハコベ 

ウツギ 

ウリノキ 落花

エゴノキ 落花

オッタチカタバミ 

オニタビラコ 

ガマズミ 

ギンレイカ 

クサイチゴ 

クリ 

クワ  

コウゾリナ 

サイカチ 落花

サイハイラン 

サワギク 

シャガ 

シロツメクサ 

スイカズラ 

セイヨウタンポポ 

テイカカズラ 落花

ドクダミ 

ナワシロイチゴ 

ニガナ 

ノアザミ 

ハタザオ 

ハナイカダ 

ヒメコウゾ 

ヒメジョオン 

マタタビ 

マルバウツギ 

ミツバウツギ 

ミヤマタニワタシ 

モミジイチゴ 

ヤブヘビイチゴ 

ヤマアジサイ 

ヤマウコギ 

ヤマテリハノイバラ 

ヤマホタルブクロ 

ユキノシタ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年6月 7日 (金)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2013.6.5

20136月5日、1010分~1630分 晴 

 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

 

キビタキのオスが多く13羽をカウントできた。

しかし、オオルリのオスは2羽だけであった。

高尾山頂西側下のテーブルで昼飯を食べていると、餌運び中のキビタキのオス1羽が近くにやってきた。

Photo_4


帰路富士道でクロツグミがさえずっていた。

蛇滝林道でカラスアゲハ2匹がいて、近くのユキノシタの花にはスジグロシロチョウが来て吸蜜していた。

Photo_5


この林道には蛾のフタスジヒトリが、フタスジモンカゲロウと一緒にいた。

2号路のイワガラミの蕾は大きくなってきた。

4号路でミヤマホウソ、富士道でカナメウツギを観察した。

花の終わったラショウモンカヅラのランナーが伸びていた。

オカタツナミソウがあちこちで花をつけ、ヤマタツナミソウの開花株も1株観察できた。

イイギリの花が落ちて地面で敷き占めているような所があった。

Photo_6


ヨウラクランが咲き、セッコクも満開、特に1号路の腰掛杉の所のセッコクは見事であった。

Photo_7


薬王院の前のお土産屋の所の側溝でモリアオガエルの声が今年も聞こえてきた。

マタタビが目立ってきた。

 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

キジバト 1

ホトトギス 2

ツツドリ 1

コゲラ 6

ハシボソガラス 1

ハシブトガラス 12

ヤマガラ 4

ヒガラ 4

シジュウカラ 2

ヒヨドリ 22

ウグイス 7

ヤブサメ 4

メジロ 6

クロツグミ 1

キビタキ 13

オオルリ 2

イカル 2

ガビチョウ 10

アオスジアゲハ 2

アサギマダラ 7

オナガアゲハ 1

カラスアゲハ 2

キチョウ 1

クモガタヒョウモン 2

コミスジ 3

スジグロシロチョウ 2

テングチョウ 6

ヒメキマダラセセリ 2

ミスジチョウ 3

モンキアゲハ 1

フタスジヒトリ 1

カワトンボ 2

フタスジモンカゲロウ 1

イイギリ 

イタヤカエデ 

イナモリソウ 

イワガラミ 

ウツギ 

ウリノキ 

ウワバミソウ 

オオバギボウシ 

オカタツナミソウ 

カナウツギ 

ガマズミ 

キジョラン 

ギンレイカ 

クワガタソウ 

サイハイラン 

サワギク 

サワハコベ 

シャガ 

スイカズラ 

セッコク 

テイカカズラ 

ニガナ 

ハダカホオズキ 

フタリシズカ 

ミヤマホウソ 

ムサシアブミ 

ヤマアジサイ 

ヤマタツナミソウ 

ヤマテリハノイバラ 

ヤマボウシ 

ユキノシタ 

ヨウラクラン 

ラショウモンカズラ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2013.6.5

20135日00分~1000分 

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

 

カルガモの親子がいた。場所は下草が生えているクリ園で、親1に孵化直後と見られる可愛い雛が8羽いた。

ガビチョウが蛇滝橋より2つ手前の名前のない橋の下付近で水浴びしていた。

同じ場所にカワラヒワ2羽が来て、こちらは水浴でなく、水飲みをした(写真)。

Photo

カジカガエルのよく鳴いていた。

カウントすると約20頭だった。

大きなアオダイショウが川に現れた。

1メートル半ぐらいはある。

Photo_2

そのヘビを狙ってかハシボソガラス1羽がやってきた。

ミヤマカワトンボが多く、約30匹いた。

そのうち、コンクリートの川岸の等間隔で1列に並んでとまっていた。

カウントすると17匹(写真)だった。

Photo_3

テイカカズラの花が目立った。

 

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ 10

キジバト 1

コゲラ 2

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 4

シジュウカラ 2

ツバメ 4

ヒヨドリ 10

ウグイス 5

メジロ 2

ムクドリ 10

スズメ 12

キセキレイ 2

セグロセキレイ 1

カワラヒワ 6

ガビチョウ 1

アサギマダラ 1

ウラギンシジミ 3

キチョウ 4

スジグロシロチョウ 2

ダイミョウセセリ 1

ナミアゲハ 1

ヒメウラナミジャノメ 20

モンシロチョウ 12

カワトンボ 10

ダビドサナエ 1

ミヤマカワトンボ 30

カジカガエル 20

アオダイショウ 1

アカメガシワ 

イボタノキ 

イモカタバミ 

ウツギ 

ウリノキ 

エゴノキ 

キササゲ 

キショウブ 

クサイチゴ 

クサノオ 

クリ 

コウゾリナ 

シラキ 

スイカズラ 

テイカカズラ 

ドクダミ 

ハナイカダ 

ハナウド 

ハハコグサ 

ヒメジョオン 

ヒルザキツキミソウ 

マタタビ 

ムシトリナデシコ 

ヤブジラミ 

ヤマアジサイ 

ユキノシタ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年6月 4日 (火)

鳥見歩る記*宇津木台・宇津木保全緑地2013.6.4

2013  35分1055分 晴

宇津木台緑地と宇津木緑地の野鳥のカウントをした。

宇津木台緑地の入口の桜にムクドリ2羽が来て実を食べていた。

雑木林にシジュウカラとメジロの混群がいた。

シジュウカラは親子連れであった。

ウグイスのさえずりが2ヶ所であった。

宇津木緑地に入るとハシブトガラスの数羽の集団が襲ってきた。

近くに巣があるのであろう。

キビタキの声は確認できなかった。

ミズイロオナガシジミ(写真)がいた。しかも2頭であった。

Photo_5


コアジサイ(写真)、ホタルブクロ、ムラサキシキブなどの花が咲いていた。

Photo_6


観察した野鳥などは以下の通りです。

コゲラ 1

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 10

シジュウカラ 12

ツバメ 6

ヒヨドリ 10

ウグイス 2

メジロ 6

ムクドリ 4

スズメ 12

ハクセキレイ 1

カワラヒワ 2

ガビチョウ 6

キアゲハ 1

サトキマダラヒカゲ 1

テングチョウ 2

ベニシジミ 1

ミズイロオナガシジミ 2

アカツメクサ 

ウグイスカグラ 

ウツギ 

オオジシバリ 

オッタチカタバミ 

オニタビラコ 

クリ 

コアジサイ 

シロツメクサ 

セリバヒエンソウ 

ドクダミ 

ニガナ 

ニワゼキショウ 

ヒメジョオン 

ブタナ 

ホタルブクロ 

ムラサキシキブ 

モミジイチゴ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高月水田 2013.6.2

2013年6月210時10分~12時10分 

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

 

田んぼに水が入り、田植の作業中であった。

田植は約2割が終了していた。

水の入った田んぼに今年もコチドリが来ていた。

Photo_3


カルガモも田んぼに来ていた。

トウキョウダルマガエル、アマガエルの声も田んぼから聞こえてきた。

農道の土がのこのこ動き出した。

モグラのトンネル堀であった。

ヒバリのさえずりを久し振りに聞いた。

シロツメクサの花に来ているベニシジミの写真を撮っていると、そこにミツバチがやって来た。

Photo_4


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ 12

アオサギ 1

コチドリ 2

トビ 2

モズ 1

ハシボソガラス 3

ハシブトガラス 2

ヒバリ 1

ツバメ 8

ムクドリ 12

スズメ 70

ハクセキレイ 4

セグロセキレイ 2

カワラヒワ 2

ドバト 7

キタテハ 1

ベニシジミ 12

モンキチョウ 6

モンシロチョウ 35

ルリシジミ 1

シオカラトンボ 6

アマガエル 

トウキョウダルマガエル 

モグラ 穴掘り

アカバナユウゲショウ 

アメリカフウロ 

イヌガラシ 

オオジシバリ 

オヘビイチゴ 

カタバミ 

カントウタンポポ 

ギシギシ 

キショウブ 

キツネアザミ 

クサノオ 

ケキツネノボタン 

コオニタビラコ 

コヒルガオ 

シロツメクサ 

トキワハゼ 

ニワゼキショウ 

ノビル 

ハハコグサ 

ヒメジョオン 

ブタナ 

ヘラオオバコ 

メキシコマンネングサ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2013.6.1

201320分~1000 

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

 

野鳥はウグイス、ホトトギス、オオヨシキリの声が聞こえるだけだった。

連日の晴天で河原は乾燥し、イボタノキは開花しているが枯れる寸前となっていた。

Photo


ハチクの竹林では今年も竹の子取りが行われていて、3人の竹の子取りがいた。

実際は日の出とともに初めて、9時には既に大半の竹の子取りの人は帰った後らしい。

河原の乾燥で竹の子も不作とのことであった。

Photo_2


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ホトトギス 1

ツバメ 2

ヒヨドリ 2

ウグイス 3

オオヨシキリ 2

ガビチョウ 2

キタテハ 1

ヒメウラナミジャノメ 1

ヒメキマダラセセリ 1

ヒメジャノメ 2

ベニシジミ 2

モンシロチョウ 4

シオカラトンボ 1

アカツメクサ 

イヌガラシ 

イボタノキ 

ウシハコベ 

オオイヌノフグリ 

オニタビラコ 

カタバミ 

キショウブ 

クサノオ 

シロツメクサ 

スイカズラ 

セイヨウタンポポ 

セリバヒエンソウ 

ドクダミ 

ハキダメギク 

ヒメジョオン 

ヘビイチゴ 

マメグンバイナズナ 

ヤセウツボ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年6月 3日 (月)

鳥見歩る記*イソヒヨドリ観察(南大沢)2013.5.31

201331 晴

531日に南大沢周辺の3ヶ所でイソヒヨドリ繁殖調査をしました。
11:20-13:55
 グリーンウオーク多摩、グリンタウン見附橋:イソヒヨドリ姿無し
14:15-15:00
 イトウヨウカドウ南大沢店:イソヒヨドリ姿無し
15:10-16:25
 三井アウトレット:昨年と同じ場所でイソヒヨドリ♂♀の餌運び観察

Photo_2

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥見歩る記*イソヒヨドリ観察(多摩境駅、橋本駅)2013.5.30

201330 小雨

530日、霧雨の中イソヒヨドリの繁殖調査をしました。
 
午前中は多摩境駅近くのカインズホーム・コストコに行きましたが、イソヒヨドリは確認できませんでした。
 
午後は橋本駅前のイソヒヨドリの巣の位置をほぼ確定できました。
 
場所は駅前の「杜のホールはしもと」の非常用階段でした。


Photo



5
28日に高尾駅南口のマンションで見つけたイソヒヨドリの巣も非常用階段でした。

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »