« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

鳥見歩る記*長池公園2013.4.28

201328日 900~100分 晴

カワセミ会では長池公園で42日から521日まで野鳥写真展を開催している。

この写真展に合わせて長池公園で公開探鳥会を行った。

参加者は一般市民19名、会員16名であった。

好天に恵まれたが鳥は今一であった。

その中でキビタキがよくさえずり、姿も確認できた。

オナガも集団で賑やかにふるまってくれた。

手入れされた雑木林ではキンランがあちこちで綺麗な花を咲かせていた。

羽化直後のコサナエという貴重なトンボがいた。

ヒメウツギの花にアオスジアゲハきて吸蜜していた。

Photo


観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

キジバト

コゲラ

アオゲラ

オナガ

ハシボソガラス

ヤマガラ

ヒガラ

シジュウカラ

ツバメ

ヒヨドリ

ウグイス

エナガ

メジロ

キビタキ

スズメ

シメ

アオジ

コジュケイ

ドバト

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年4月29日 (月)

鳥見歩る記*ジュニアクラブ観察会(浅川)2013.4.27

201327日 9時00分~11時40分 晴

 

カワセミ会ジュニアクラブの野鳥観察会。

ジュニアクラブ野鳥観察会の4月例会を浅川の八高線鉄橋から長沼橋往復のコースで行った。

好天に恵まれた絶好の探鳥日和であった。

八王子市エコひろばとの共催であったため、多くの参加者があった。

Photo_8


中央線鉄橋の上流側にアオサギ、ダイサギがいた。

2


さいかち池ではコガモのペアーがまだいた。

Photo_6


帰路、最後に八高線鉄橋下流側の河原でキジのオスがほろ打ちを見せてくれた。

Photo_7


観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ

カルガモ

コガモ

キジバト

カワウ

アオサギ

ダイサギ

イカルチドリ

キアシシギ

トビ

チョウゲンボウ

モズ

ハシボソガラス

シジュウカラ

ツバメ

イワツバメ

ヒヨドリ

ムクドリ

スズメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

カワラヒワ

ホオジロ

ドバト

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*小仏城山、高尾山2013.4.26

201326日 730~440分 晴

裏高尾日影沢から小仏城山、一丁平、高尾山を歩いた。

前半の小仏城山まではカワセミ会の野鳥密猟パトロールに参加、後半はパトロール隊から分かれ高尾山の3号路脇に据え付けてある野鳥の声自動録音機の電池交換に行った。

スタート地点の日影沢でヤブサメが鳴いていりというが、高音のため聞こえない。

オオルリ、センダイムシクイ、クロツグミのさえずりは聞くことができた。

ラショウモンカズラ、サワハコベが満開となっていた。

日影林道の終点近くでヒメハギが一株小さな花を付けていた。

一丁平への道でアケボノスミレ、イカリソウ出会う。

3号路でジュウニヒトエ、キランソウ、ツクバキンモンソウなどのシソ科植物とともに、不明のシソ科の花をつける株があった。

専門家に聞くとジュウニヒトエとキランソウとの交雑種にジュウニキランソウというのがあり、ひょっとするとそれかも知れないということだった(写真)。

Photo_5

録音機を付けた所にはギンリョウソウが出ていて、ヤマカガシもいた。琵琶滝に下るとオオルリがさえずっていた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

コゲラ 

アオゲラ 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

ヤブサメ 

エナガ 

センダイムシクイ 

メジロ 

ミソサザイ 

クロツグミ 

オオルリ 

ガビチョウ 

ツマキチョウ 

ムラサキシジミ 

ヤマトシジミ 

ヤマカガシ 

アオキ 

アカネスミレ 

アケボノスミレ 

イカリソウ 

イチリンソウ 

ウラシマソウ 

ウワミズザクラ 

オカスミレ 

カントウタンポポ 

キランソウ 

ギンリョウソウ 

クサイチゴ 

クサボケ 

クロモジ 

コバノガマズミ 

サルトリイバラ 

サワハコベ 

シャガ 

ジュウニキランソウ 

ジュウニヒトエ 

スミレ 

セントウソウ 

タチツボスミレ 

チゴユリ 

チドリノキ 

ツボスミレ 

ツルカノコソウ 

トウゴクサバノオ 

ナツトウダイ 

ニオイタチツボスミレ 

ニガイチゴ 

ニリンソウ 

ハナイカダ 

ハルジオン 

ヒメウツギ 

ヒメハギ 

フタバアオイ 

ヘビイチゴ 

ホウチャクソウ 

マルバアオダモ 

マルバスミレ 

ミツバツチグリ 

ミヤマキケマン 

モミジイチゴ 

ヤブタビラコ 

ヤブニンジン 

ヤマツツジ 

ヤマブキ 

ヤマルリソウ 

ラショウモンカズラ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年4月27日 (土)

鳥見歩る記*種入り、北沢谷戸野鳥カウント2013.4.25

201325日 1055~235分 晴

 

上川口小学校の野鳥観察支援が終わった後に同じコースで野鳥のカウントを行った。

このコースは地元で「癒しの道」と呼ばれている学校の裏に広がる谷戸で、通称種入り、北沢谷戸と呼ばれる二つの谷戸をまわった。

二つの谷戸は峠で結ばれている。

種入りではトウキョウダルマガエルが大声で鳴いていた。

北沢谷戸ではオオルリのさえずりが聞こえてきた。

アオゲラのドラミングが聞こえてきた。

ウスバシロチョウが出てきた。

蝶はこの種を含め14種を確認できた。

ベニシジミの写真が撮れた。

Photo_2


花は51種咲いていた。

このうち、在来種のミミナグサが見つかった(写真)。

Photo_3


キンランは未だ蕾であった。

花の多い谷である。

セリ摘みの人が6人来ていた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

アオゲラ 1

ハシボソガラス 1

ヤマガラ 2

シジュウカラ 2

ツバメ 2

ヒヨドリ 4

ウグイス 4

オオルリ 1

スズメ 2

カワラヒワ 2

アオジ 1

コジュケイ 2

ガビチョウ 2

キアゲハ 1

キタテハ 1

ミヤマセセリ 1

ムラサキシジミ 1

ルリタテハ 1

アカタテハ 2

ツマキチョウ 3

ウスバシロチョウ 5

スジグロシロチョウ 5

テングチョウ 5

ベニシジミ 10

キチョウ 15

モンキチョウ 15

ヤマトシジミ 15

トウキョウダルマガエル 

アオキ 

アメリカフウロ 

ウマノアシガタ 

オオイヌノフグリ 

オオジシバリ 

オカスミレ 

オトコヨウゾメ 

オニタビラコ 

オランダガラシ 

カキドウシ 

カタバミ 

カラスノエンドウ 

カントウタンポポ 

キジムシロ 

キュウリグサ 

キランソウ 

クサイチゴ 

クサボケ 

ケキツネノボタン 

コウゾリナ 

コオニタビラコ 

コナラ 

シャガ 

スイバ 

セイヨウタンポポ 

タチイヌノフグリ 

タチツボスミレ 

タネツケバナ 

チゴユリ 

ツボスミレ 

ナズナ 

ニガイチゴ 

ノミノツズリ 

ノミノフスマ 

ハナイカダ 

ハハコグサ 

ハルジオン 

ヒメオドリコソウ 

ヒメコウゾ 

フジ 

ヘビイチゴ 

ホウチャクソウ 

ホトケノザ 

マルバアオダモ 

ミツバウツギ 

ミミナグサ 

ムラサキケマン 

ヤブタビラコ 

ヤマツツジ 

ヤマルリソウ 

レンゲ 

キンラン 

マルバウツギ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*上川口小学校(全校野鳥観察)2013.4.25

201325日 8時50分~10時15分 晴

 

上川口小学校全校野鳥観察の支援に行った。

今回も低学年(1-2年生)、中学年(3-4年生)、高学年(5-6年生)の3班に分かれ、学校周辺に出向き野鳥を観察した。

私は高学年(5-6年生)を担当した。

コースは学校の裏に広がる谷戸で、通称北沢谷戸と種入りと呼ばれる二つの谷戸をまわった。

二つの谷戸は峠で結ばれている。

学校のグランド横にホオジロ、メジロがいた。

通称種入りと言われる田んぼにはキセキレイが来ていた。

峠を越えて北沢谷戸ではキビタキ、コジュケイ、ウグイスの声が聞こえてきた。

キビタキは姿を探したが確認できなかった。

上空をオオタカが横切った。

最後に田守神社に回ったら、鳥居の下に色の濃いオドリコソウが咲いていた。

Photo


観察した野鳥などは以下の通りです(低学年、中学年、高学年の3班をまとめたもの)。

キジ

カルガモ

キジバト

アオサギ

トビ

オオタカ

ノスリ

カワセミ

アオゲラ

モズ

カケス

ハシボソガラス

ハシブトガラス

シジュウカラ

ツバメ

ヒヨドリ

ウグイス

メジロ

キビタキ

スズメ

キセキレイ

ハクセキレイ

カワラヒワ

ホオジロ

コジュケイ

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年4月25日 (木)

鳥見歩る記*浅川サンクチュアリ野鳥調査(「淺川、程久保川、多摩川の3川合流付近)2013.4.24

201324日 1315~1400分 曇り後雨

浅川野鳥サンクチュアリの観察。

最後に「淺川、程久保川、多摩川の3川合流付近」に行った。

ウグイスのさえずりが聞こえてきた。

アオジが未だ残っていた。

オナガは川に隣接する雑木林にいたものである。

ヒメウラナミジャノメ成虫2匹、今年の初認である。

程久保川にカワセミがいた。

Photo_5


観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ 2

カワウ 3

アオサギ 1

トビ 1

カワセミ 1

オナガ 6

ハシボソガラス 2

シジュウカラ 4

ツバメ 18

ヒヨドリ 6

ウグイス 1

ムクドリ 5

スズメ 12

カワラヒワ 5

アオジ 1

ヒメウラナミジャノメ 2

アカバナユウゲショウ 

イモカタバミ 

オオイヌノフグリ 

オオカワジシャ 

オニグルミ 

オニタビラコ 

オランダガラシ 

カキドウシ 

カタバミ 

カラスノエンドウ 

カントウタンポポ 

ショカツサイ 

シロツメクサ 

スイバ 

スズメノエンドウ 

セイヨウカラシナ 

ナガミヒナゲシ 

ノジシャ 

ハルジオン 

ヒメオドリコソウ 

ヒメツルソバ 

ヘラオオバコ 

ヤエムグラ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*浅川サンクチュアリ野鳥調査(「淺川右岸一番橋下流のワンド付近)2013.4.24

201324日 1055~1145分 曇り

浅川野鳥サンクチュアリの観察。

次に「淺川右岸一番橋下流のワンド付近」に行った。

カワラヒワ2羽が水浴している所にイソシギが来て採餌を始めた。

Photo_3


カワセミがホバーリングから急降下して魚を捕った。

撮った写真を見ると捕えた魚はドジョウのようだ。

Photo_4


こちらでもヒメアマツバメが飛んでいた。

セッカ、ヒバリのさえずりを聞くことができた。

カジカガエルの声も聞こえてきた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ 7

キジバト 1

カワウ 3

ヒメアマツバメ 1

コチドリ 1

イソシギ 1

トビ 1

カワセミ 1

ハシボソガラス 2

ヒバリ 2

ツバメ 2

イワツバメ 6

セッカ 1

ムクドリ 12

スズメ 9

セグロセキレイ 2

カワラヒワ 6

ホオジロ 1

カジカガエル 

オオイヌノフグリ 

オオカワジシャ 

オオジシバリ 

カラスノエンドウ 

シロツメクサ 

スイバ 

スズメノエンドウ 

セイヨウカラシナ 

セイヨウタンポポ 

ナガミヒナゲシ 

ノジシャ 

ハルジオン 

ヒメオドリコソウ 

ヘラオオバコ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*浅川サンクチュアリ野鳥調査(淺川左岸長沼橋上流の通称サイカチ池付近)2013.4.24

20

1324日 8時5分~8時50分 曇り

浅川野鳥サンクチュアリの観察を423日に上流側3地域を行ったが、本日は「淺川左岸長沼橋上流の通称サイカチ池付近」、「淺川右岸一番橋下流のワンド付近」、「淺川、程久保川、多摩川の3川合流付近」の3地域の観察をした。

4名のカワセミ会メンバーが集まった。

「淺川左岸長沼橋上流の通称サイカチ池付近」では、藤の花が咲いている中でコガモがまだ4ペアー8羽が残っていた。

Photo


バンも成鳥1羽の姿を確認できた。

ミツバウツギが咲いていた。

高尾山など山の方に多いミツバウツギがここにもあって驚いてしまった。

Photo_2


ヒメアマツバメが上空を飛んでいた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ 7

コガモ 8

キジバト 4

バン 1

ヒメアマツバメ 4

イカルチドリ 1

イソシギ 1

カワセミ 1

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 1

ツバメ 5

イワツバメ 1

ヒヨドリ 7

ムクドリ 5

スズメ 2

セグロセキレイ 1

カワラヒワ 2

ホオジロ 1

ガビチョウ 2

アケビ 

オオイヌノフグリ 

オオカワジシャ 

オニグルミ 

カラスノエンドウ 

カントウタンポポ 

キショウブ 

ショカツサイ 

セイヨウカラシナ 

ナガミヒナゲシ 

ノジシャ 

ハルジオン 

ヒメオドリコソウ 

フジ 

ヘラオオバコ 

マユミ 

ミツバウツギ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年4月24日 (水)

鳥見歩る記*浅川サンクチュアリ野鳥調査(北浅川・陵北大橋~東京天使病院裏)2013.4.23

201323 750~840分 晴

浅川で地形的な特質から環境の多様性に富み、多くの種類の野鳥が生息している所や希少的な野鳥が生息している所を勝手にバードサンクチュアリとして設定して、このような地域を「生き物等の調査活動」、「野鳥の情報発信活動」、「自然体験学習、環境学習活動」の拠点とすることとしている。

浅川バードサンクチュアリの423日は「北淺川の陵北大橋上流から下流の東京天使病院裏の用水堰付近」、「北淺川、城山川、南淺川の3川合流地付近」、「淺川右岸萩原橋のワンド付近」の3地域の観察をした。

最初に「北淺川の陵北大橋上流から下流の東京天使病院裏の用水堰付近」に行った。

キジのさえずりが賑やかだ。

キジバトが寒いためか体を丸めていた。

Photo_5


モズのペアーがいて餌運びをしていた。

ツバメが多く飛び交い、イワツバメ、ヒメアマツバメも現れた。オオタカ、ノスリが上空を通過した。

東京天使病院裏堰の上にはバンの成鳥1羽がいた。

巣があるのではないかと双眼鏡でよく見たが見当たらなかった。

ガビチョウが近くでさえずり逃げなかった。

Photo_6

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ 2

カルガモ 5

キジバト 3

カワウ 1

アオサギ 4

ダイサギ 1

バン 1

ヒメアマツバメ 2

オオタカ 1

ノスリ 1

カワセミ 1

コゲラ 1

モズ 2

ハシボソガラス 1

ハシブトガラス 2

シジュウカラ 2

ツバメ 20

イワツバメ 2

ヒヨドリ 5

ウグイス 2

ムクドリ 3

スズメ 5

セグロセキレイ 1

カワラヒワ 9

アオジ 3

ガビチョウ 2

イヌガラシ 

オオイヌノフグリ 

オオカワジシャ 

オニグルミ 

オニノゲシ 

オランダガラシ 

カキドウシ 

カラスノエンドウ 

カントウタンポポ 

キュウリグサ 

クサノオ 

ショカツサイ 

スズメノエンドウ 

セイヨウカラシナ 

セリバヒエンソウ 

ナガミヒナゲシ 

ナズナ 

ハルジオン 

マユミ 

ムラサキケマン 

ヤマブキ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*浅川サンクチュアリ野鳥調査(南北浅川城山川合流付近)2013.4.23

201323 1015~1110分 晴

浅川野鳥サンクチュアリの観察。

次に「北淺川、城山川、南淺川の3川合流地付近」に行った。

2組のモズ親子に出会った。

巣立ち直後と思われる。

1組は♂♀親と巣立ち雛2羽、もう一組は♂親と巣立ち雛2羽であった。

Photo_4


カメラマンがカワセミを餌づけして写真を撮っていた。

セグロセキレイが餌運びをしていた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ 2

カルガモ 4

キジバト 3

カワウ 2

ヒメアマツバメ 2

カワセミ 1

モズ 7

ハシボソガラス 4

シジュウカラ 4

ツバメ 8

ヒヨドリ 4

メジロ 2

ムクドリ 14

スズメ 3

ハクセキレイ 2

セグロセキレイ 2

アオジ 1

ドバト 35

モンキチョウ 5

モンシロチョウ 5

ヤマトシジミ 7

オオイヌノフグリ 

オオカワジシャ 

オニタビラコ 

オランダガラシ 

カキドウシ 

カラスノエンドウ 

キュウリグサ 

クワ  

ショカツサイ 

シロツメクサ 

セイヨウカラシナ 

タネツケバナ 

ナガミヒナゲシ 

ハルジオン 

ヒメコウゾ 

ヘラオオバコ 

ホトケノザ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*浅川サンクチュアリ野鳥調査(浅川・萩原橋付近)2013.4.23

201323 1210~12時40分 曇

浅川野鳥サンクチュアリの観察。

423日の最後に「淺川右岸萩原橋のワンド付近」に行った。

湧水のあるワンドの所には鳥はいなかった。

萩原橋の下にセグロセキレイが4羽いた。

Photo_3


キジが2ヶ所でさえずり、オスの姿を観察した。

今の時期はキジが目立つ。

オオジシバリが小さな群落状に綺麗に咲いていた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ 2

カルガモ 8

コガモ 2

キジバト 8

カワウ 1

ヒメアマツバメ 2

シジュウカラ 2

ツバメ 8

イワツバメ 6

ヒヨドリ 1

ムクドリ 13

スズメ 7

ハクセキレイ 3

セグロセキレイ 5

ドバト 25

オオイヌノフグリ 

オオカワジシャ 

オオジシバリ 

オニグルミ 

オニタビラコ 

オランダガラシ 

カラスノエンドウ 

クサイチゴ 

クワ  

ショカツサイ 

セイヨウカラシナ 

セイヨウタンポポ 

セリバヒエンソウ 

ナガミヒナゲシ 

ノジシャ 

ハルジオン 

ホトケノザ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*川町田んぼ2013.4.22

201322日  930分~1045分 

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

 

ハシボソガラス1羽が田んぼに降りて採餌、ツバメ2羽が田面低く飛んで採餌していた。

椎茸ホダギの置いてある雑木林でヤマガラがさえずっていた。

小さな溜池でカルガモ2羽が羽を休めていた。

Photo


雑木林ではチゴユリ、ホウチャクソウ、ジュウニヒトエが咲いていた。

今年は孟宗竹の竹の子が不作とのことである。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ 2

ハシボソガラス 1

ハシブトガラス 2

ヤマガラ 1

シジュウカラ 4

ツバメ 2

ヒヨドリ 4

キセキレイ 1

カワラヒワ 2

アオジ 2

ガビチョウ 2

キチョウ 1

モンキチョウ 4

モンシロチョウ 4

ベニシジミ 8

ウワミズザクラ 

オオイヌノフグリ 

オオジシバリ 

オニタビラコ 

オランダガラシ 

カキドウシ 

カントウタンポポ 

キランソウ 

ケキツネノボタン 

コウゾリナ 

コオニタビラコ 

シオデ 

ジュウニヒトエ 

シロツメクサ 

ジロボウエンゴサク 

スズメノテッポウ 

セイヨウタンポポ 

セリバヒエンソウ 

タチツボスミレ 

チゴユリ 

ツボスミレ 

ナズナ 

ニリンソウ 

ハハコグサ 

ハルジオン 

ハルノノゲシ 

ヒメオドリコソウ 

ヘビイチゴ 

ホウチャクソウ 

ムラサキケマン 

ムラサキサギゴケ 

ヤマブキ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年4月21日 (日)

鳥見歩る記*種入り(田んぼ作業)2013.4.20

201320  1000分1230分 曇り

川口小学校裏の谷戸(通称種入り)で今年4回目の田んぼの作業を行った。

集まったメンバーは10名。

最近は雨が少なく、田んぼが干上がってしまっていた。

Photo


ヤマアカガエルのオタマジャクシが残った水溜りにひしめいていた。

前回の47日に引き続き、田んぼの畦の修復作業をした。

Photo_2


天気予報では午後から雨ということなので、12時半に作業を中止した。

野鳥はウグイスのさえずり以外は何も出て来なかった。

シュレーゲルアオガエルの声が聞こえてきた。

田んぼにアライグマの足跡があった(写真)。

Photo_3


ウワミズザクラ、マルバアオダモ(写真)が咲いていた。

Photo_4


観察した野鳥などは以下の通りです。 

ウグイス 

シュレーゲルアオガエル 

ウマノアシガタ 

ウワミズザクラ 

カキドウシ 

キランソウ 

クサイチゴ 

シャガ 

スズメノテッポウ 

セイヨウタンポポ 

タチツボスミレ 

タネツケバナ 

ツボスミレ 

ニガイチゴ 

ノミノフスマ 

ハルジオン 

ヘビイチゴ 

マルバアオダモ 

レンゲ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年4月20日 (土)

鳥見歩る記*泉町叶谷町湧水群2013.4.19

201319  00分1010分 曇り

泉町叶谷町湧水群の住宅地で4回目の野鳥カウントを行った。

集合場所の泉町会館に泉町町会長他5名、カワセミ会3名が集まった。

結果は12種の野鳥を確認できた。

冬鳥がいなくなって先月より4種減った。

町内は生垣状に仕立てられたモッコウバラがあちこちで咲いていた。

棚作りのフジも何ヶ所かで花を着けていた。

用水路のカラーが先揃ってきた。

Photo_5


用水路ではキショウブ、オランダガラス、オオカワジシャも咲きだした。

その用水路で今日はカワセミには出会わなかった。

休耕田の草地はタンポポの花も終わり、草の種を食べにカワラヒワが10羽程きていた。

Photo_3


このカワラヒワは南松枝公園のイチョウにも15羽が止まっていた。

ムクドリが餌運びをしていた。

巣には雛がいるものと思われる。

期待したツバメが少なく2羽に出会っただけで、巣を見つけることが出来なかった。

キジバトがテレビアンテナ、電線等あちこちでさえずっていた。

Photo_4


シジュウカラも2ヶ所でさえずりが聞こえてきた。

カウント対象地域でないが、北浅川にはキジ、城山川にはツグミ、コガモがいた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。 

カルガモ 3

キジバト 17

ハシボソガラス 1

ハシブトガラス 2

シジュウカラ 4

ツバメ 2

ヒヨドリ 6

ムクドリ 30

スズメ 70

ハクセキレイ 3

カワラヒワ 25

ドバト 6

アカバナユウゲショウ 

アメリカフウロ 

イヌガラシ 

オオカワジシャ 

オニグルミ 

オニタビラコ 

オランダガラシ 

カキドウシ 

カタバミ 

カラスノエンドウ 

カントウタンポポ 

キショウブ 

キュウリグサ 

クサイチゴ 

クサノオ 

シャガ 

ショカツサイ 

スズメノエンドウ 

セイヨウタンポポ 

セリバヒエンソウ 

ナガミヒナゲシ 

ナズナ 

ハハコグサ 

ハルジオン 

ハルノノゲシ 

ヒメオドリコソウ 

ヒメツルソバ 

ヒルザキツキミソウ 

ホトケノザ 

マツバウンラン 

ムラサキケマン 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*長池公園(館町・ひとの会)2013.4.18

201318  1010分1210分 晴

八王子市内の「館町ひとの会」という団体が地域ウオッチング「春の長池公園で自然観察&野鳥写真展」という催しを行い、その案内を依頼された。

八王子・日野カワセミ会が同公園で野鳥写真展を行っているために依頼があったものと思われる。

南大沢駅の5人のメンバーが集まった。

バスで公園に向かう。

新緑の公園は好天に恵まれて気持ちがよい。

ウグイスがあちこちでさえずっていて雑木林の中の枯れ木の枝でさえずっている姿を捉えることができた。

Photo_2


カルガモはペアーを田んぼ、トンボ池、長池、築池で観察できた。

Photo


そのうちに営巣するものと思われる。

カワウ1羽が築池にきていた。アオジもいた。

雑木林でシルバーに新芽が出るコナラ、ゴールドに新芽がでるクヌギの違いを見くらべてもらった。

気温が上がりルリタテハ、ミヤマセセリ、テングチョウなどの蝶が出てきた。キンラン、イチリンソウ、エビネなどの花にもお目にかかることができた。

翌日参加者代表から以下のメールを頂いた。

「思ってたいたよりずっと楽しかった、凄く面白かったというみんなの感想でした。野鳥への興味、関心、愛着を今日1日で蓄えた気分です。」

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ 

カワウ 

コゲラ 

ハシブトガラス 

シジュウカラ 

ウグイス 

エナガ 

メジロ 

アオジ 

コジュケイ 

ガビチョウ 

キチョウ 

クロアゲハ 

テングチョウ 

ベニシジミ 

ミヤマセセリ 

モンシロチョウ 

ルリタテハ 

シオカラトンボ 

シオヤトンボ 

イチリンソウ 

エビネ 

キジムシロ 

キンラン 

クサボケ 

ジュウニヒトエ 

ツリバナ 

ニガイチゴ 

フデリンドウ 

ミツバウツギ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年4月18日 (木)

鳥見歩る記*横浜自然観察の森(読売文化センター講座)2013.4.17

201317  117分1420分 曇り

読売文化センターの講座で今月は横浜自然観察の森に行った。

金沢八景駅から大船行のバスで横浜霊園前で下りると藤の花が綺麗に咲いていた。

午前中にウグイスの森コース、午後はハナミズキのコースを歩いた。

ハシブトガラスが多く、鳴き声がうるさかった。

トビは1,2羽が常に上空にあり、ウグイスのさえずりも多かった。

ウグイスの森コースでは参加者がヤマドリのメスをちらっと見たと言っていた。

ハナミズキのコースでは、渓流のところでウワバミソウ(ミズ)の大きな群落が花盛りであった。

ミズスマシの池でコサメビタキ1羽に出会った。

そこにはコゲラも現れた。

ホタルの沢ではカワトンボがいた。

Photo


ツルの植物でやや緑がかったクリーム色の花が咲いていた。

写真を捕り観察舎のレンジャーに聞くとシロバナハンショウヅルとのことであった。

初めて見た花である。

Photo_2

観察舎の近くにはウワミズザクラの花が咲き、そこにオナガアゲハが来ていた。

Photo_6

観察した野鳥などは以下の通りです。

4 ヤマドリ

74 キジバト

342 トビ

390 コゲラ

393 アカゲラ

435 ハシボソガラス

436 ハシブトガラス

442 ヤマガラ

445 シジュウカラ

461 イワツバメ

463 ヒヨドリ

464 ウグイス

465 ヤブサメ

485 メジロ

554 コサメビタキ

569 スズメ

624 アオジ

901 コジュケイ

909 ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年4月17日 (水)

鳥見歩る記*北浅川(花見探鳥会)2013.4.14

201314  00分1100分 晴

カワセミ会の月例探鳥会で4月は北浅川の松枝橋から小田野中央公園まで。

キジとウグイスのさえずりがよく聞こえてきた。

松枝住宅付近では川からカジカガエルの声が聞こえてきた。

河原ではウワミズザクラ(写真)が花を咲かせていた。

Photo


ダイサギのくちばしが黒く変わり目先が綺麗なブルーになる夏羽の個体がいた。

一方で同じダイサギのは冬羽の個体が東京天使病院裏の堰の上にいて、そのダイサギが魚を捕ったところの写真を捕ることができた。

1


同じ場所にカワウ2羽がいて同じように魚を捕っていた。

バン2羽も同じ場所にいた。

ゴールの小田野中央公園では恒例のカワセミ会花見を行った。

カワセミ会10周年の時の記念植樹でヤマザクラが植えてあり、1本は丁度満開であった。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。 

5 キジ

32 カルガモ

74 キジバト

127 カワウ

144 アオサギ

146 ダイサギ

148 コサギ

174 バン

342 トビ

354 ツミ

383 カワセミ

390 コゲラ

397 アオゲラ

420 モズ

429 オナガ

435 ハシボソガラス

436 ハシブトガラス

445 シジュウカラ

457 ツバメ

463 ヒヨドリ

464 ウグイス

466 エナガ

485 メジロ

506 ムクドリ

525 ツグミ

569 スズメ

573 キセキレイ

574 ハクセキレイ

575 セグロセキレイ

587 カワラヒワ

600 シメ

610 ホオジロ

624 アオジ

901 コジュケイ

903 ドバト

909 ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年4月12日 (金)

鳥見歩る記*高尾山(録音機の設置)2013.4.11

201311  10分138分 晴⇒雨

高尾山に野鳥の声を録音するために録音機の設置に行った。

タイマーで毎朝自動的に作動するように録音機を設定して夏鳥の初認日を調べようとするものである。

今年で3年目になり、今年も高尾山3号路に設置した。

Photo_9


3号路登りの最初の橋の所でタゴガエルの声を聞いた。

3号路にはヤマルリソウ、ツクバキンモンソウ、ハシリドコロ、シキミなどの花が観察できた。

Photo_10


少し遠くからアオバトの声が聞こえてきた。

近くではミソサザイがさえずってくれた。

朝は晴れていたが、12時前に天気が急変して雨になった。

下り1号路で雨に濡れたタカオスミレの写真を撮った。

Photo_11


観察した野鳥などは以下の通りです。 

キジバト 

アオバト 

カワセミ 

コゲラ 

アオゲラ 

ハシブトガラス 

ヤマガラ 

ヒガラ 

シジュウカラ 

ツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

メジロ 

ミソサザイ 

スズメ 

キセキレイ 

ハクセキレイ 

ガビチョウ 

テングチョウ 

タゴガエル 

アオキ 

エイザンスミレ 

カキドウシ 

カテンソウ 

カントウミヤマカタバミ 

キランソウ 

クサイチゴ 

コバノタツナミ 

シキミ 

シャガ 

ショカツサイ 

セイヨウタンポポ 

セントウソウ 

タカオスミレ 

タチツボスミレ 

タネツケバナ 

ツクバキンモンソウ 

ツルカノコソウ 

ニリンソウ 

ニワトコ 

ハシリドコロ 

ヒメウズ 

ヘビイチゴ 

マルバスミレ 

ミツバツツジ 

ミミガタテンナンショウ 

ミヤマキケマン 

ミヤマシキミ 

ムラサキケマン 

モミ 

モミジイチゴ 

ヤブツバキ 

ヤマザクラ 

ヤマブキ 

ヤマルリソウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*善福寺公園(バンの繁殖)2013.4.10

201310  1300分1410分 曇り

読売文化センター「野鳥を楽しむ」講座で4月からの新入会の方に説明のため荻窪教室に行った。

終了後に青梅街道を歩いて善福寺公園に行った。

公園の上池にはキンクロハジロが約40羽いた。

Photo_7


他にカルガモ、オナガガモ、オオバンがいたがカワセミはいなかった。

カワセミは下池にもいなかったが、下池にはゴイサギの成鳥、若鳥両方がいた。

バンが子育中で、カマラマンが1人いてその人の説明では雛は一昨日孵化し、7羽いるという。

気温が低いせいか親は羽を広げて雛を抱いていた。

Photo_8


観察した野鳥などは以下の通りです。 

30 マガモ

32 カルガモ

35 オナガガモ

46 キンクロハジロ

74 キジバト

174 バン

175 オオバン

397 アオゲラ

420 モズ

429 オナガ

436 ハシブトガラス

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

506 ムクドリ

600 シメ

903 ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*石砂山(ギフチョウ)2013.4.8

2013  5分1420分 晴

石砂山にギフチョウの観察に行った。

1


集まったメンバーは5名であった。

橋本から三ケ木までバスで行き、三ケ木から月夜野行きのバスに乗り換えて伏馬田入口で下車、東海自然歩道を石砂山めがけて登っていった。

道志川の亀見橋からヤマセミを探したが、いたのはキセキレイであった。

山道に入るとオオルリのさえずりが聞こえてきた。

オオルリはもう日本に到着したのだ。

ヒトリシズカ、ミミガタテンナンショウの花がめだつ。

ウリカエデ、ヤマナシ、ツクバネウツギも花を咲かせていた。

野生のヤマナシの花を見たのは初めてだ。

登山道に雄花が一杯落ちていた。

モミの雄花であった。

石砂山の頂上に近づくにつれてギフチョウが出てきた。

山頂までに6頭に出会った。

山頂では56頭が乱舞していた。

篠原に向けての下山路では、登山道を登っていくギフチョウ10頭以上に出会った。

ギフチョウは山頂を目がけてどんどん登って行く。

蝶の集団見合い現象として知られているヒル・トップ現象がギフチョウでもあるのであろうか。

麓の篠原にはギフチョウを求めて観察にきている人、写真を撮りにきている人が数人いた。

ミツバツツジが満開でギフチョウがその花にも来ていた。

2


観察した野鳥などは以下の通りです。 

358 ノスリ 

390 コゲラ 

427 カケス 

435 ハシボソガラス 

436 ハシブトガラス 

442 ヤマガラ 

443 ヒガラ 

445 シジュウカラ 

457 ツバメ 

463 ヒヨドリ 

464 ウグイス 

466 エナガ 

485 メジロ 

561 オオルリ 

569 スズメ 

573 キセキレイ 

574 ハクセキレイ 

587 カワラヒワ 

599 ウソ 

610 ホオジロ 

624 アオジ 

901 コジュケイ 

909 ガビチョウ 

 アカタテハ 

 キアゲハ 

 キチョウ 

 ギフチョウ 

 スジグロシロチョウ 

 テングチョウ 

 ベニシジミ 

 ミヤマセセリ 

 ヤマトシジミ 

 ルリシジミ 

 ルリタテハ 

 アケビ 

 アマナ 

 イヌナズナ 

 ウグイスカグラ 

 ウリカエデ 

 カキドウシ 

 キランソウ 

 クサイチゴ 

 クサノオ 

 サルトリイバラ 

 シュンラン 

 ショカツサイ 

 センボンヤリ 

 タチツボスミレ 

 ツクバネウツギ 

 ツルカノコソウ 

 ナズナ 

 ニワトコ 

 ヒトリシズカ 

 ヒメウズ 

 ホトケノザ 

 マルバスミレ 

 ミツバツツジ 

 ミミガタテンナンショウ 

 ムラサキケマン 

 ヤマナシ 

 ヤマブキ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*種入り(田んぼ作業)2013.4.7

2013  1255分1630分 晴

上川口小学校裏の谷戸(通称種入り)で田んぼの作業を行った。

集まったメンバーは9名。

先ず苗代作りをした。

古代米(黒米)の苗を自前で作るためで、は種は5月上旬に行う。

苗代は長方形に板で囲み、土に鶏糞堆肥を混ぜた。

Photo_3


昨年イノシシにやられた田んぼの畦の修復を行った。

土をスコップで動かす作業で重労働であり、全ては終わらず続きは次回に行う予定である。

Photo_4


田んぼにはオタマジャクシがいっぱいいた。

ヤマアカガエルのオタマジャクシである。

Photo_5


セリがいっぱい生えていて、収穫できた。

Photo_6


観察した野鳥などは以下の通りです。 

キセキレイ 

セグロセキレイ 

トウキョウダルマガエル 

ウグイスカグラ 

オランダミミナグサ 

タチツボスミレ 

タネツケバナ 

ツクシ 胞子体

ツボスミレ 

ネコノメソウ 

ベニバナイチゴ 

モミジイチゴ 

レンゲ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*藤野(佐野川散策)2013.4.6

2013  40分1200分 曇り

天気予報では午後から春の嵐到来ということだったので、藤野からの陣場山登山は止めて、沢井川沿いの道を和田の陣馬自然公園センターまでの散策に変更した。

このような天気予報のため参加者は3名であった。

このコースは日本の里100選に選ばれた地区である。

藤野駅の東側から踏切を渡り、トンネルを抜けると日野という集落がある。

ここはカタクリの群落があるところであるが、花の最盛期は過ぎていた。

その代わり花桃、レンギョウ、ユキヤナギなどが至るところで満開となり、正に桃源郷であった。

オドリコソウも可憐な花を付けていた。

Photo


カワガラスは子連れがいるという情報があったが、運悪くであうことができなかった。

イワツバメが中里大橋の下で営巣しているらしく、橋の下への出入り、河原から巣材の土運びをしていた。

旧沢井小学校はふるさと自然体験教室になっているが、その前の川からはカジカガエルの声が聞こえてきた。

イタヤカエデの薄い黄色の新葉と花が沢の流れによく似合っていた。

帰路は自然公園センターがバスに乗ったら雨が降ってきた。

Photo_2


観察した野鳥などは以下の通りです。 

32 カルガモ 

127 カワウ 

390 コゲラ 

435 ハシボソガラス 

436 ハシブトガラス 

442 ヤマガラ 

445 シジュウカラ 

457 ツバメ 

461 イワツバメ 

463 ヒヨドリ 

464 ウグイス 

506 ムクドリ 

569 スズメ 

573 キセキレイ 

574 ハクセキレイ 

575 セグロセキレイ 

587 カワラヒワ 

909 ガビチョウ 

2000 スジグロシロチョウ 

2000 ルリシジミ 

 アケビ 

 イカリソウ 

 イロバモミジ 

 ウグイスカグラ 

 オオイヌノフグリ 

 オドリコソウ 

 オランダガラシ 

 カタクリ 

 カテンソウ 

 カントウタンポポ 

 キランソウ 

 クサイチゴ 

 コクサギ 

 シロバナタチツボスミレ 

 セイヨウタンポポ 

 タチツボスミレ 

 ニリンソウ 

 ニワトコ 

 ノジスミレ 

 ホトケノザ 

 ミツバツツジ 

 ミヤマキケマン 

 ムラサキケマン 

 モミジイチゴ 

 ヤマザクラ 

 ヤマブキ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年4月10日 (水)

鳥見歩る記*高月水田 2013.4.5

2013年4月511時55分~13時25分 

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

 

田んぼでヒバリのさえずりあり。

タヒバリも未だ田んぼに残っていた。

モズが餌は運びをしていた。

農道のシロバナタンポポが今年も開花した。

田んぼではコオニタビラコが小さな黄色い花を付けていた。

Photo_4

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

74 キジバト10

420 モズ1

435 ハシボソガラス3

452 ヒバリ2

457 ツバメ4

463 ヒヨドリ2

506 ムクドリ10

525 ツグミ5

569 スズメ30

574 ハクセキレイ1

584 タヒバリ15

587 カワラヒワ40

600 シメ1

610 ホオジロ2

903 ドバト70

2000 キタテハ1

2000 ベニシジミ6

2000 モンキチョウ15

2000 モンシロチョウ10

6000 アマガエル  

8500 ワ・若菜摘み・人 9

 イヌガラシ  

 イヌナズナ  

 オオイヌノフグリ  

 オオジシバリ  

 オランダガラシ  

 コオニタビラコ  

 シロツメクサ  

 シロバナタンポポ  

 スイバ  

 スカシタゴボウ  

 スズメノエンドウ  

 スズメノテッポウ  

 スズメノヤリ  

 タチイヌノフグリ  

 タネツケバナ  

 ツクシ 胞子体 

 トウダイグサ  

 ナズナ  

 ノボロギク  

 ノミノフスマ  

 ハナニラ  

 ハルジオン  

 ヘビイチゴ  

 ホトケノザ  

 ムラサキサギゴケ  

 レンゲ  

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2013.4.5

2013日、1015分~1145分 

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

 

ウグイスのさえずりが四方から聞こえてきた。

シメが満開の桜に来ていて花びらを食べていた。

1_2


モズがタケヤブに営巣して、親が餌運びをしていた。

親が餌を運んで来ると雛の大きな声が聞こえてきた。

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

5 キジ1

74 キジバト10

174 バン1

342 トビ1

383 カワセミ1

390 コゲラ1

420 モズ1

429 オナガ10

436 ハシブトガラス2

463 ヒヨドリ4

464 ウグイス4

485 メジロ2

525 ツグミ2

600 シメ1

610 ホオジロ2

624 アオジ 4

901 コジュケイ2

909 ガビチョウ2

2000 ベニシジミ2

2000 キタテハ4

2000 モンキチョウ5

2000 モンシロチョウ5

 オオイヌノフグリ  

 カキドウシ  

 カントウタンポポ  

 ショカツサイ  

 シロバナタンポポ  

 タネツケバナ  

 ヒメオドリコソウ  

 ヘビイチゴ  

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2013.4.4

20134月4日、551535分 

 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

 

ミソサザイが蛇滝前の沢に2羽、オスの1羽はさえずりと巣材運びをしていた。

ヒヨドリがヤブツバキの花にくちばしを突っ込んで蜜を吸っていた。

1


薬王院にキセキレイがやってきた。

営巣のためと思われる。

1号路布流の瀧付近でタゴガエルの声を聞く。

4号路で雄花がいっぱい落ちていた。

アサダの雄花であった(写真)

Photo_2


帰路の富士道はスミレが多く、特にエイザンスミレ(写真)、ヒナフミレ、ナガバノスミレサイシンが見事であった。

Photo_3


ヤマルリソウもあり、この花の写真を撮っている時、NHKの首都圏ネットワークの取材を受けた。

 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

74 キジバト 5

342 トビ 1

390 コゲラ 3

397 アオゲラ 4

427 カケス 1

436 ハシブトガラス 12

441 コガラ 1

442 ヤマガラ 20

443 ヒガラ 12

445 シジュウカラ 20

463 ヒヨドリ 20

464 ウグイス 5

466 エナガ 4

485 メジロ 8

504 ミソサザイ 3

2000 キタテハ 

2000 テングチョウ 

 アオキ 

 アカシデ 

 アカネスミレ 

 アサダ 

 アブラチャン 

 イヌブナ 

 ウグイスカグラ 

 エイザンスミレ 

 オニタビラコ 

 カントウミヤマカタバミ 

 キランソウ 

 クサイチゴ 

 クマシデ 

 コクサギ 

 シャガ 

 セントウソウ 

 タカオスミレ 

 タチツボスミレ 

 ダンコウバイ 

 ツルカノコソウ 

 ニリンソウ 

 ハナネコノメ 

 ヒサカキ 

 ヒナスミレ 

 マルバコンロンソウ 

 マルバスミレ 

 ミツバツツジ 

 ミミガタテンナンショウ 

 ミヤマキケマン 

 ミヤマシキミ 

 モミジイチゴ 

 ヤブツバキ 

 ヤマザクラ 

 ヤマブキ 

 ヤマルリソウ 

 ヨゴレネコノメ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2013.4.4

2013日、00分~55分 

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

 

アオジが未だ残っていた。

上椚田橋付近の土手にハーブが野生化したポリジが花を付けていた。

キバナノアマナは既に花が終わっていたが、コチャルメルソウは未だ花があり、そこに落下したヤブツバキの花が目立った。

Photo

ジロボウエンゴサク、ヤマエンゴサクは今年も両種ともに開花、カントウミヤマカタバミも可憐な花を付けていた。

 

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

390 コゲラ 5

435 ハシボソガラス 1

436 ハシブトガラス 2

445 シジュウカラ 10

463 ヒヨドリ 12

464 ウグイス 4

485 メジロ 6

506 ムクドリ 2

573 キセキレイ 4

575 セグロセキレイ 1

624 アオジ 4

2000 ヤマトシジミ 1

4000 ナナホシテントウ 2

 アズマイチゲ 

 カキドウシ 

 カラスノエンドウ 

 カントウミヤマカタバミ 

 キバナノアマナ 花終わり

 キブシ 

 クサイチゴ 

 クサノオ 

 コクサギ 

 コチャルメルソウ 

 ショカツサイ 

 ジロボウエンゴサク 

 スイバ 

 セイヨウタンポポ 

 セントウソウ 

 タチツボスミレ 

 タネツケバナ 

 ダンコウバイ 

 ツクシ 胞子体

 ナガバノスミレサイシン 

 ナズナ 

 ナツトウダイ 

 ニリンソウ 

 ニワトコ 

 ハナニラ 

 ハナネコノメ 

 ヒメウズ 

 ヒメオドリコソウ 

 ヒメカンスゲ 

 フキ 

 ボリジ(ハーブ) 

 マルバスミレ 

 ミミガタテンナンショウ 

 ミヤマキケマン 

 ムラサキケマン 

 モミジイチゴ 

 ヤブツバキ 

 ヤマエンゴサク 

 ヤマブキ 

 ヨゴレネコノメ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkasuya.kazuo688*gmail.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年4月 5日 (金)

鳥見歩る記*長池公園(生きもの観察)2013.4.1

2013  135分1455分 

長池公園でカワセミ会の野鳥写真展を行うための展示作業を行った。

17名の会員が集まったため午前中に作業が終わったので、午後は公園で生きもの観察を行った。

池でキブシの花の下にカルガモがいた。

Photo_3

ジョウビタキが未だいた。

シメも未だいた。

田んぼ付近はガビチョウの天下になっていた。

Photo_4

ミヤマセセリを観察できた。

ヤマザクラが綺麗に咲いていた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。 

32 カルガモ 

74 キジバト 

127 カワウ 

390 コゲラ 

397 アオゲラ 

420 モズ 

436 ハシブトガラス 

442 ヤマガラ 

445 シジュウカラ 

463 ヒヨドリ 

464 ウグイス 

465 ヤブサメ 

525 ツグミ 

540 ジョウビタキ 

574 ハクセキレイ 

600 シメ 

624 アオジ 

901 コジュケイ 

903 ドバト 

909 ガビチョウ 

2000 キチョウ 

2000 テングチョウ 

2000 ミヤマセセリ 

2000 ルリタテハ 

 アカシデ 

 アカネスミレ 

 ウグイスカグラ 

 オカスミレ 

 カジイチゴ 

 カタクリ 

 カラスノエンドウ 

 カントウタンポポ 

 キジムシロ 

 キブシ 

 キランソウ 

 クロモジ 

 コスミレ 

 ジュウニヒトエ 

 セイヨウタンポポ 

 タチツボスミレ 

 タネツケバナ 

 ツボスミレ 

 ニワトコ 

 マメザクラ 

 ミツバツチグリ 

 ミツバツツジ 

 ムラサキケマン 

 モミジイチゴ 

 ヤマザクラ 

 ワサビ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスは kasuya.kazuo688[*]gmail.com([*]を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*ジュニアクラブ観察会(浅川)2013.3.30

201330日 8時40分~11時15分 小雨

 

カワセミ会ジュニアクラブの野鳥観察会。

ジュニアクラブ野鳥観察会の1月例会を浅川の八高線鉄橋から長沼橋往復のコースで行った。

天気がさえず小雨の中の探鳥会であった。

桜が綺麗に咲いていた。

Photo_2


ジュニアは1組だけの参加であったが、サポターが8人集まった。

イカルチドリが中央線鉄橋上流側の河原にいたが、1羽だけで繁殖行動は見られなかった。

Photo


長沼橋上流の河原のキジの親子がいるという通行人からの情報があった。

そこへ行って見るとキジのオスとメスの親が一緒にいるのは確認できたが、雛は確認できなかった。

長沼橋の街路灯にセグロカモメが1羽止まっていた。

ツバメが帰ってきた。

カジカガエルが鳴いていた。

北野卸売市場付近の川の流れの中から往き(右岸から)も帰り(左岸から)も声が聞こえてきた。

カジカガエルは複数であった。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

5 キジ

32 カルガモ

38 コガモ

74 キジバト

127 カワウ

144 アオサギ

146 ダイサギ

174 バン

202 イカルチドリ

299 セグロカモメ

342 トビ

383 カワセミ

420 モズ

429 オナガ

435 ハシボソガラス

436 ハシブトガラス

445 シジュウカラ

457 ツバメ

463 ヒヨドリ

464 ウグイス

485 メジロ

506 ムクドリ

521 シロハラ

522 アカハラ

525 ツグミ

540 ジョウビタキ

569 スズメ

573 キセキレイ

574 ハクセキレイ

575 セグロセキレイ

587 カワラヒワ

610 ホオジロ

617 カシラダカ

624 アオジ

903 ドバト

909 ガビチョウ

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kasuya.kazuo688*gmail.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »