« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月24日 (日)

鳥見歩る記*北浅川(鶴巻橋~松枝橋)2013.2.24

201324  55分1120分 晴

八王子市総合政策部市史編さん室と八王子・日野カワセミ会の共催で、浅川の野鳥観察会を開催した。

今年で3年目である。

八王子市役所裏の浅川・鶴巻橋下に集合、市史編纂室が参加者を公募したところ80名となった。

カワセミ会からも20名以上の参加があったので、総勢100名を越えた。

コースは北浅川の左岸を松枝橋まで歩くもの。

集合場所の鶴巻橋付近ではイカルチドリ(写真)、ジョウビタキ、ツグミ、ダイサギ等を観察。

Photo_5
出発して鶴巻橋の下流側河原でヨモギの種を食べているベニマシコ♂♀2羽を観察できた。

清川グランドに鳥の羽根が固まって落ちていた。

オオタカが捕まえた鳥(ドバトと思われる)の羽根を抜いていったものと思われる。

城山川の出会いの所ではアオサギ、コガモ、モズ、カシラダカ等を観察。

中央高速道付近でカワセミに出会うことができた。

カワセミは蟹のようなものを捕って食べていた。

天気がよく、36種の鳥が出たので参加者は満足したようであった。

カワセミ会入会希望者が6人いた。

Photo_6


観察した野鳥などは以下の通りです。

32 カルガモ

35 オナガガモ

38 コガモ

74 キジバト

127 カワウ

144 アオサギ

146 ダイサギ

148 コサギ

202 イカルチドリ

342 トビ

358 ノスリ

383 カワセミ

390 コゲラ

401 チョウゲンボウ

420 モズ

435 ハシボソガラス

436 ハシブトガラス

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

464 ウグイス

485 メジロ

506 ムクドリ

522 アカハラ

525 ツグミ

540 ジョウビタキ

569 スズメ

573 キセキレイ

574 ハクセキレイ

575 セグロセキレイ

587 カワラヒワ

592 ベニマシコ

600 シメ

610 ホオジロ

617 カシラダカ

624 アオジ

903 ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*ジュニアクラブ観察会(浅川)2013.2.23

201323日 8時50分~11時50分 晴

 

カワセミ会ジュニアクラブの野鳥観察会。

ジュニアクラブ野鳥観察会の1月例会を浅川の八高線鉄橋から長沼橋往復のコースで行った。

久しぶりに子ども達の参加が多く、笑顔や歓声が聞こえ良い観察会だった。

最低気温マイナス4度、最高でも6度、堤防は風が冷たかったが、マヒワや、タヒバリ等が出るころには少し温かくなった。

子ども達の参加が多いと鳥を見つけると歓声があがり、楽しい観察会となった。

北野卸売市場の横の河原でマヒワ3羽がメマツヨイグサの 実を食べていた。

この場所は毎年、年末に卸売市場の特売時に臨時に駐車場となり、草が刈り取られてしまう所の隣である。

Photo_3

河原は冬の鳥の餌場として大切な場所となっているので、駐車場にしないで欲しい。

サイカチ池では急にカラスが騒ぎ、コガモが飛び立った。

オオタカの出現のためだった。

オオタカはカラスに追われ多摩丘陵の方へ飛んで行った。

池の真ん中に集団でおりたコガモを数えるとなんと140羽もいた。

さいかち池にはバンの成鳥2羽(写真)と若鳥1羽がいた。

Photo_4
観察した野鳥などは以下の通りです。

32 カルガモ

38 コガモ

74 キジバト

127 カワウ

144 アオサギ

146 ダイサギ

148 コサギ

174 バン

202 イカルチドリ

244 イソシギ

342 トビ

356 オオタカ

383 カワセミ

390 コゲラ

420 モズ

435 ハシボソガラス

436 ハシブトガラス

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

464 ウグイス

485 メジロ

506 ムクドリ

525 ツグミ

540 ジョウビタキ

569 スズメ

573 キセキレイ

574 ハクセキレイ

575 セグロセキレイ

584 タヒバリ

587 カワラヒワ

588 マヒワ

600 シメ

610 ホオジロ

624 アオジ

903 ドバト

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*初沢城址(初沢山)2013.2.22

201322  1340分1600分 晴

 

NPO法人八王子さくらの会から野鳥を調べたいから省力して欲しいとの依頼があった。

場所は高尾駅の南側にある初沢城址である。

趣旨は「荒れている初沢城址の環境を整備する方向で今後初沢城址を守る会(仮称)のようなものを立ち上げて活動したい。

八王子城址を守る会を立ち上げるにあたり、幅広く各種の団体や個人に呼びかけていきたい」というものだった。

このような段階で八王子・日野カワセミ会にも参加を呼び掛けてきたというもの。

1330分から16時の間、初沢城址に詳しいM氏の初沢城の案内で初沢山を歩いた。

素晴らしい自然環境であった。

初沢山山頂(本丸跡)には誰が仕掛けてあるのか、餌台がおいてあってシジュウカラ、ヤマガラ、ヒヨドリ、クロジが来ていた。

クロジが餌台に来るとは驚きだ。

1

観察した野鳥などは以下の通りです。

393 アカゲラ1

435 ハシボソガラス2

436 ハシブトガラス20

442 ヤマガラ4

445 シジュウカラ8

463 ヒヨドリ4

574 ハクセキレイ1

599 ウソ2

600 シメ1

625 クロジ2

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

 

 

|

鳥見歩る記*川町田んぼ2013.2.22

20132日  1140分~1225分 

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

 

時間帯が昼のためか、鳥が少なかった。

田んぼではモズ1とツグミ1しか見当たらなかった。

雑木林に入りアオジ4羽がいただけで、後はヒヨドリとカラスだけであった。

オオイヌノフグリ、ナズナ、タナツケバナなど早春の草が花をつけ出した。

Photo_2

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

420 モズ1

435 ハシボソガラス2

436 ハシブトガラス2

463 ヒヨドリ2

525 ツグミ1

624 アオジ4

 オオイヌノフグリ花

 タネツケバナ花

 ナズナ花

 ノボロギク花

 ハコベ花

 ホトケノザ花

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2013.2.21

201321日、01分~32分 2℃ 晴

 

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

 

赤坂見附交差点の気温が2度と、東京は寒い朝が続いている。

上智大グランド土手に今年はビンズイは来ていないようであった。

今日はツグミが1羽いた。

東京は鳥は人の近くでも直ぐ逃げないので、ツグミも普通のデジカメで写真が撮れた。

弁慶濠にはカルガモが2羽いただけであった。

Photo

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

32 カルガモ2

436 ハシブトガラス2

436 ハシブトガラス(外堀通り)2

445 シジュウカラ2

463 ヒヨドリ2

525 ツグミ1

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasuya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年2月22日 (金)

鳥見歩る記*小下沢林道2013.2.20

201320  40分1315分 晴(残雪有)

裏高尾の小下沢林道を歩いた。

集まったメンバーは8名。

前日の雪が木の枝に残り、そこに朝陽が当たってとても綺麗な雪景色を堪能した。

1
高尾駅から小仏行のバスに乗り、大下バス停で下車、小下沢林道に入り中央高速道の下でジョウビタキ、シロハラ、ホオジロに出会う。

さらに進むとカシラダカが1羽だけ、雪の中の道脇で弱ったような姿で動きも鈍く、間近かに観察できた。

このカシラダカ(写真)は我々の帰り道でも同じ場所にいたが、雪が消えて元気を取り戻していた。

Photo

雪の林道を歩いて鳥は少なくルリビタキのオスだけが次々に出てきた。

林道を進み高圧線の所で引き返した。

帰路旧キャンプ場の所でウソのオス1羽が桜の木に飛来したところをようやくとらえることができた。

小下沢林道入り口付近まで戻ってきて、道脇の地上で採餌する2羽の小鳥に出会った。

1羽はアオジで、もう1羽はカヤクグリ(写真)であった。

Photo_2

中央高速道の所で解散後、JR中央線ガードの所でウソに出会った。

オス3羽、メス3羽でタマアジサイ、ウツギの種を食べていた。

アカウソのオスが1羽混じっていた。

早春にいち早く黄色い花を咲かせるアブラチャンの花芽が雪の綿帽子を被っていた。Photo_3


観察した野鳥などは以下の通りです。

390 コゲラ

435 ハシボソガラス

441 コガラ

443 ヒガラ

445 シジュウカラ

466 エナガ

485 メジロ

504 ミソサザイ

521 シロハラ

536 ルリビタキ

540 ジョウビタキ

566 カヤクグリ

599 ウソ

610 ホオジロ

617 カシラダカ

624 アオジ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年2月19日 (火)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵2013.2.18

201318  00分1050分 晴後小雨

宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

JR横浜線みなみ野駅→毘沙門天→宇津貫公園→クボノキ湧水→宇津貫緑地(ホタル沢、尾根道)→兵衛川→みなみ野駅のコースを歩いた。

 

住宅地の路上で袋に入れられた生ごみをカラスの集団がひき散らかしていた。

カラスはハシブトガラスでなく、ハシボソガラスであった。

数は8羽であった。

傍を自転車が通過したが、生ごみを夢中で食べていて、カラスは逃げなかった。

1

宇津貫公園を過ぎ遊水池のある雑木林でジョウビタキの♀の写真が取れた。

Photo


宇津貫緑地に入るとチョウゲンボウが北の方から低く飛んできて、南東の方へ飛んで行った。カシラダカ約20羽が地上で採餌していた。

谷戸ではアオジがあちこちに出没していた。

ケラの声が聞こえてきた。

アオゲラだった。

そのアオゲラが移動して止ったコナラにアカゲラも飛来した。

1本の木の幹に上にアカゲラ、下にアオゲラが止る豪華なショウを見せてもらった。

先月調整池にオシドリ5羽が飛来した。

今月もいるかどうか気にしていたらオス1羽、メス1羽が来ていた。

ここで越冬したのだろうか。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

24 オシドリ2

74 キジバト6

342 トビ1

390 コゲラ2

393 アカゲラ1

397 アオゲラ1

401 チョウゲンボウ1

420 モズ2

435 ハシボソガラス12

436 ハシブトガラス7

442 ヤマガラ4

445 シジュウカラ8

463 ヒヨドリ7

464 ウグイス1

466 エナガ7

506 ムクドリ5

521 シロハラ1

525 ツグミ9

540 ジョウビタキ4

569 スズメ14

574 ハクセキレイ3

587 カワラヒワ1

600 シメ2

610 ホオジロ8

617 カシラダカ20

624 アオジ10

909 ガビチョウ6

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年2月18日 (月)

鳥見歩る記*江戸川(妙典)2013.2.17

201317  1050分1425分 晴強風

読売文化センターの野鳥観察講座で今月は江戸川の妙典に行った。

冷たい風が吹き付ける日であった。

地下鉄東西線で妙典駅に11名が集まった。

先ず、江戸川の東西線鉄橋より下流側に行った。

いつもならスズガモなどのカモが一杯いるはずの所にはオオバン(写真)しかいなかった。

Photo

さらに下流の方へ移動すると小さいながらスズガモの群を観察することができた。

風の当たらない所で昼飯を食べ、午後は東西線鉄橋の上流側へ行った。

コサギ(写真)が直ぐ近くにいた。

Photo_2
河原に植えられたカワヅザクラが早くも一輪開花していた。

ヨシハラでオオジュリン(写真)約10羽を確認できた。

カモ達は風を避けるためか、左岸側に集結していて遠いがヒドリガモ、キンクロハジロ、オナガガモが確認できた。

よく見るとホシハジロもいた。

さらに探したらウミアイサのメスを1羽探すことができた。

午後になり、風がおさまって来て鉄橋の下流側の水面にカモが集まって来た。

ヒドリガモの群の中にアメリカヒドリのオスを1羽探すことができた。

Photo_3


観察した野鳥などは以下の通りです。

28 ヒドリガモ

29 アメリカヒドリ

35 オナガガモ

42 ホシハジロ

46 キンクロハジロ

47 スズガモ

60 ウミアイサ

74 キジバト

127 カワウ

144 アオサギ

146 ダイサギ

147 チュウサギ

175 オオバン

244 イソシギ

435 ハシボソガラス

436 ハシブトガラス

445 シジュウカラ

452 ヒバリ

463 ヒヨドリ

485 メジロ

506 ムクドリ

525 ツグミ

540 ジョウビタキ

569 スズメ

574 ハクセキレイ

624 アオジ

628 オオジュリン

903 ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年2月17日 (日)

鳥見歩る記*小川町下里集落2013.2.16

201316日 10時20分~13時10分 晴強風

埼玉県小川町の有機農業の里「下里集落」に越冬期の生きもの調査に行った。

9時に小川町の駅に集まったメンバーは3名。

冷たい北風が吹く中を歩いて出かけた。

下里集落に入り槻川にアオサギがじっとしているのが先ず目立った。

ツグミ、イカルチドリ、コガモ、カイツブリ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、キセキレイ、ダイサギもいた。

さらに進み用水堰付近に行くとシギが5羽飛び立った。

戻って来るのを待つとクサシギ(写真)であった。

Photo

そこにアカハラ(写真)も出てきた。

Photo_2

有機農業をやっている霜里農場にはキジのオスが出て来て採餌を始めた。

カシラダカも多い。

田んぼに行くとホオジロ、モズがいた。吹き飛ばされそうな冷たい強風の日であった。

Photo_3

観察した野鳥などは以下の通りです。

5 キジ 

38 コガモ 

62 カイツブリ 

74 キジバト 

144 アオサギ 

146 ダイサギ 

202 イカルチドリ 

239 クサシギ 

342 トビ 

420 モズ 

435 ハシボソガラス 

436 ハシブトガラス 

445 シジュウカラ 

463 ヒヨドリ 

464 ウグイス 

522 アカハラ 

525 ツグミ 

540 ジョウビタキ 

573 キセキレイ 

574 ハクセキレイ 

575 セグロセキレイ 

587 カワラヒワ 

600 シメ 

610 ホオジロ 

617 カシラダカ 

624 アオジ 

 オオイヌノフグリ 

 セイヨウタンポポ 

 ノボロギク 

 ホトケノザ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年2月16日 (土)

鳥見歩る記*昭和記念公園2013.2.15

201315日 9時40分~13時10分 曇後雨

川越の山登りのグループに知り合いがいて、そのグループから野鳥観察支援を頼まれた。

行った場所は昭和記念公園。

青梅線西立川駅から入った。

正面の水鳥の池にはカルガモだけが目立ち100羽弱いた。

その中にヒドリガモ約10羽とキンクロハジロのオス1羽を確認できた。

P2150006001
その他池にはカイツブリが2羽いたが、カワセミやサギはいなかった。

シロハラが多く、ツグミより数が多かった。

シメもあちこちで目立った。

ウソを探したが、ウソに出会うことが出来なかった。

こもれびの里にセツブンソウがこもれびの里で咲いていると案内されていたので、行って見るとアズマイチゲをか弱くしたような花が咲いていた。

Photo_5


最後に日本庭園に入ったがこの頃から雨が降り出してきた。

日本庭園の池には鳥は何もいなかった。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

28 ヒドリガモ

32 カルガモ

46 キンクロハジロ

62 カイツブリ

74 キジバト

390 コゲラ

420 モズ

429 オナガ

435 ハシボソガラス

436 ハシブトガラス

442 ヤマガラ

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

464 ウグイス

466 エナガ

506 ムクドリ

521 シロハラ

525 ツグミ

540 ジョウビタキ

569 スズメ

574 ハクセキレイ

575 セグロセキレイ

600 シメ

624 アオジ

903 ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記(自宅⇒富士見通り⇒八王子駅北口)2013.2.12

201312日、27~43分 

コースは自宅を出て八王子市八幡町の国道20号信号から南に約200m進み、南新町信号を左折して富士見通り(JR中央線の北側を平行)を約1km八王子駅北口までで、八幡町の国道20号信号から南新町信号踏切までは道路の両側にハナミズキの街路樹があるが、富士見通りには街路樹は全く無く、駅近くの西放射線通りにカツラが少しあるだけである。八王子駅北口は八王子市商店街の中心地で沿線は三小通りと比べ、緑環境が少ないコースである。

 

駅までハクセキレイ1羽に出会っただけだったが、駅前に来てキジバト1羽とドバト40羽がいた。

熊沢書店前のクスノキはハクセキレイの集団ねぐらになっているが、樹冠にネットが張られていて、前夜ネットの中に入ったハクセキレイ2羽が外に出られずもがいていた。

Photo_3


観察した鳥は以下のとおりです。

74 キジバト1

574 ハクセキレイ3

903 ドバト40

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*浅川サンクチュアリ野鳥調査(北浅川陵北大橋付近)2013.2.11

201311日 12時10分~13時50分 晴

最後に「北淺川の陵北大橋上流から下流の東京天使病院裏の用水堰付近」に行った。

用水堰にはイカルチドリがいた。

堰上にはカルガモが6羽いて、その周りにバン2羽とカイツブリ1羽がいた。

前日カヤクグリが出たという場所で昼飯を食べながら粘ったが、今日はカヤクグリは現れなかった。

スズメが河原に集団でいた。

Photo_2

アオジもちらほら、あちこちで出現した。湧水の池にはダイサギが1羽いた。

Photo


河川敷の野球場の草地にはカシラダカが降りて採餌していた。

キジの声が聞こえてきた。春の兆しかも知れない。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

5 キジ1

32 カルガモ6

62 カイツブリ1

74 キジバト7

127 カワウ1

144 アオサギ5

146 ダイサギ3

174 バン2

202 イカルチドリ 1

342 トビ1

390 コゲラ1

420 モズ2

435 ハシボソガラス2

436 ハシブトガラス2

445 シジュウカラ30+

464 ウグイス1

466 エナガ 6

506 ムクドリ10

525 ツグミ5

540 ジョウビタキ2

569 スズメ50+

574 ハクセキレイ4

575 セグロセキレイ4

587 カワラヒワ15

600 シメ3

610 ホオジロ12

617 カシラダカ30

624 アオジ17

903 ドバト2

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年2月15日 (金)

鳥見歩る記*浅川サンクチュアリ野鳥調査(南北浅川城山川合流付近)2013.2.11

201311日 9時00分~9時50分 晴

次に「北淺川、城山川、南淺川の3川合流地付近」に行った。ワセミが3羽ほぼ同じ場所に行った。ち1羽は何回もダイビングしていたが魚を捕った様子はなかった。岸にまわり城山川合流付近の畑でモズに出会うことができた。

Photo_4

観察した野鳥などは以下の通りです。

32 カルガモ2

74 キジバト17

127 カワウ1

144 アオサギ1

146 ダイサギ4

148 コサギ3

342 トビ2

383 カワセミ3

420 モズ3

435 ハシボソガラス4

445 シジュウカラ2

463 ヒヨドリ6

506 ムクドリ10

525 ツグミ7

569 スズメ2

574 ハクセキレイ3

575 セグロセキレイ3

587 カワラヒワ17

600 シメ1

610 ホオジロ2

617 カシラダカ5

624 アオジ2

903 ドバト30+

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*浅川サンクチュアリ野鳥調査(浅川・萩原橋付近)2013.2.11

201311日 7時55分~8時40分 晴

浅川野鳥サンクチュアリの観察を24日に下流側3地域を行ったが、本日は上流側3地域を行った。

先ず「淺川右岸萩原橋のワンド付近」に行った。

右岸萩原橋下流の河原の木に30羽程の小鳥がいた。

カワラヒワだった。

さらによく見るとマヒワもいた。

こちらも30羽程いた。

木から枯れたオギの中に降りてしまうのでじっくり観察は出来ないが、よく動き回っていた。

2


川の流れの部分にはカルガモ、コガモ、セグロセキレイ、イソシギがいた。

堤防脇のビワの花にメジロが来て花の蜜を吸っているような行動が観察できた。

Photo_3


 

観察した野鳥などは以下の通りです。

32 カルガモ14

38 コガモ6

74 キジバト12

127 カワウ1

146 ダイサギ1

244 イソシギ1

435 ハシボソガラス2

445 シジュウカラ2

463 ヒヨドリ2

485 メジロ2

506 ムクドリ50+

525 ツグミ4

540 ジョウビタキ1

569 スズメ20+

574 ハクセキレイ3

575 セグロセキレイ3

584 タヒバリ1

587 カワラヒワ30+

588 マヒワ30+

600 シメ1

624 アオジ3

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高月水田 2013.2.9 

 

2013年2月9日、12時55分~13時30分 晴

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

 

ツグミが田んぼで目立つ。

モズもオス3羽が出没していた。

ホオジロ、カシラダカも田んぼに降りていた。

タヒバリが北側の田んぼに20羽程の集団で飛び回っていた。

Photo_2

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

74 キジバト4

420 モズ3

435 ハシボソガラス2

445 シジュウカラ2

525 ツグミ11

569 スズメ80

574 ハクセキレイ5

584 タヒバリ20

587 カワラヒワ10

610 ホオジロ28

617 カシラダカ23

903 ドバト40

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2013.2.9

2013日、1255分~1330 

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

 

ホオジロ、カシラダカ、アオジが枯れたオギ原やその周辺を動き回っていた。

その中でアオジが特に目立った。

バン1羽が岸辺の草むらで見え隠れしていた。

Photo

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

74 キジバト5

174 バン1

342 トビ1

445 シジュウカラ2

463 ヒヨドリ5

464 ウグイス2

506 ムクドリ20

540 ジョウビタキ1

610 ホオジロ3

617 カシラダカ8

624 アオジ6

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年2月13日 (水)

鳥見歩る記*宇津木保全緑地(野鳥カウント)2013.2.9

20139日 9時40分~11時50分 晴

緑地保全地域の宇津木地区の野鳥カウントをした。

集まったメンバーはカワセミ会員4名であった。

この地区は宇津木台緑地と宇津貫緑地の2ヶ所から成り立っている。

共に雑木林を主体にした自然公園風の緑地である。

先ず宇津木台緑地を歩いた。

ヤマガラ、シジュウカラ、エナガに出会う。

あまり大きな規模でない混群だ。

ウグイスの地鳴きが聞こえてきた。

ルリビタキとシロハラが雑木林に現れた。

同じ場所にソウシチョウがやって来て道にまで出て来て採餌を始めた。

8羽であった。

Photo_3


コツコツする音の方向に目を向けるとアカゲラであった。

ヒサカキの株元にアカハラ、シロハラ、ガビチョウが一緒にいた。

3種混合である。

宇津木緑地に移ると林縁の桜にウソが4羽いた。

1と♀3であった。

両緑地とも雑木林の管理が行きとどいていて、篠は刈られ、明るい林になっていた。

地元の方々が町会別にボランティアで雑木林の手入れに取組んでいるとのこと。

今日も宇津木緑地の1角で10名程のボランティアが作業をしていた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

74 キジバト5

342 トビ1

390 コゲラ3

393 アカゲラ1

420 モズ1

435 ハシボソガラス2

436 ハシブトガラス4

442 ヤマガラ16

445 シジュウカラ20

463 ヒヨドリ14

464 ウグイス3

466 エナガ5

485 メジロ14

521 シロハラ2

522 アカハラ1

525 ツグミ2

536 ルリビタキ2

540 ジョウビタキ1

587 カワラヒワ10

599 ウソ4

624 アオジ1

909 ガビチョウ5

910 ソウシチョウ8

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2013.2.8

2013日、35分~1240分 

 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

 

26日に降った雪は殆ど消えていたが、4号路の最後の部分の日影には未だ残っていた。

蛇滝登山道でエナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、コゲラの群にコガラが混ざっていたがキクイタダキはいなかった。

近くでカケスの声がした。

蛇滝登山道の最後のケーブル山上駅下でアオゲラのメスに出会った。

その近くの足元にはツチグリがあった。

Photo

高尾山山頂の中西悟堂の歌碑を拝みに行ったらシジュウカラが歌碑にやってきた。

男坂、女坂の間の杉のテッペンにハシボソガラス1羽がいて、盛んに鳴いていた。

その後少し低い落葉樹に移ったので写真が撮れた。

高尾山でハシボソガラスは珍しい。

1

11号目茶屋の前で昼飯を食べているとドバト化したキジバト1羽が餌をねだりにやってきた。

無視するとキジバトは近くで眠ってしまった。

Photo_2


1号路の南面の陽だまりではタチツボスミレ、オニノノゲシが花をつけていた。

 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

74 キジバト2

390 コゲラ5

397 アオゲラ1

427 カケス1

435 ハシボソガラス1

436 ハシブトガラス14

441 コガラ2

442 ヤマガラ10

445 シジュウカラ8

463 ヒヨドリ6

464 ウグイス4

466 エナガ20

485 メジロ 4

 タチツボスミレ花

 オニニニゲシ花  

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年2月12日 (火)

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2013.2.8

2013日、40分~35分 

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

 

上椚田橋をスタートして直ぐ、右岸の梅林の中の桜に♂1羽が飛来して、蕾を食べ始めた。キジバト、ホオジロのさえずりが聞こえてきた。蛇滝橋の一つ手前の名前の無い橋の下の小さな茶樹の下に動くものあり、カヤクグリ1羽であった。

Photo_2


カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

74 キジバト4

390 コゲラ2

435 ハシボソガラス2

436 ハシブトガラス2

445 シジュウカラ6

463 ヒヨドリ6

464 ウグイス1

485 メジロ5

506 ムクドリ20

540 ジョウビタキ1

569 スズメ10

599 ウソ1

600 シメ1

610 ホオジロ2

617 カシラダカ5

624 アオジ3

909 ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記2013.2.7(三小通り⇒八王子駅南口) 

2013日、7時22分~7時44分 曇り

コースは八王子市上野町金剛院の踏切から南に約200mみ、市民会館入口信号を左折して三小通り(JR中央線の南側を平行)を約1km八王子駅南口までで、踏切から市民会館入口信号までは道路の両側に里桜の街路樹、市民会館入口信号から国道16号の交差点までは道路の両側にハナミズキの街路樹、国道16号の交差点から八王子駅南口まではイチョウの街路樹が整備されている。沿線には寺が4つ、小学校が一つ、公園が一つある。

 

本立寺の境内にツグミ、ムクドリがいた。キジバトは上空を横切っていったもの。八王子駅南口駅前の花壇には前日の雪が少し残っていた。

Photo


観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

74 キジバト1

435 ハシボソガラス2

463 ヒヨドリ2

506 ムクドリ5

525 ツグミ1

569 スズメ2

574 ハクセキレイ1

903 ドバト6

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年2月 8日 (金)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2013.2.5

2013日、03分~38分 5℃ 晴

 

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

 

上智大学は入学試験のようで、正門に向かう受験生の列が続いていた。

上智大グランド土手にはキジバト、ツグミがいたが、ビンズイはいなかった。

Photo

弁慶濠にはカルガモに混じりカイツブリが1羽来ていた。

白いサギはダイサギとコサギがいて、コサギは近くに来てくれたので写真が撮れた。

Photo_2

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

32 カルガモ14

62 カイツブリ1

74 キジバト3

127 カワウ 1

146 ダイサギ1

148 コサギ 1

436 ハシブトガラス4

445 シジュウカラ2

463 ヒヨドリ4

485 メジロ 2

525 ツグミ 1

903 ドバト 4

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasuya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*野鳥が集うスポット(浅川・ふれあい橋)2013.2.4

20134 9時45分~9時55分 晴

浅川に「野鳥が集うスポット」を見出した。

浅川のふれあい橋の下付近で、カワウ11羽が集団採餌している所にダイサギ10羽が来ていた。

さらにこの場所にマガモが8羽、カルガモが7羽いて、カワウの魚猟に連れだって移動しながら採餌していた。

カワウの集団採餌に便乗してダイサギが集まる行動はよくあるが、カモ、特にマガモも一緒に行動していた。

マガモはどういうメリットがあるのだろうか。

この場所近くには、他にアオサギ、コガモ1、セグロセキレイ1、ハクセキレイ2、ムクドリ5、ツグミ1、ハシボソガラス3、アオジ1、ドバト7がいた。

まさに野鳥が集うスポットである。

1

観察した野鳥などは以下の通りです。

30 マガモ8

32 カルガモ7

38 コガモ1

127 カワウ11

144 アオサギ1

146 ダイサギ10

435 ハシボソガラス3

506 ムクドリ4

525 ツグミ1

574 ハクセキレイ2

575 セグロセキレイ1

624 アオジ1

903 ドバト7

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年2月 7日 (木)

見歩る記*浅川サンクチュアリ野鳥調査(長沼橋上流)2013.2.4

20134 12時40分~13時55分 晴

 

「淺川左岸長沼橋上流の通称サイカチ池付近」では越冬中のコガモをカウントしたら52羽であった。

ゴイサギは若が2羽いた。

バンは成鳥羽3羽、若(または幼)鳥羽1羽で、うち成鳥1と若鳥1が一緒にいた。

2月2日は成鳥1が若鳥1を威嚇して、追い出すような行動が見られたが、今日はそのような行動がなかった。

Photo_3
浅川の河原にはタヒバリが5羽一緒にいて、同じ場所にイカルチドリもいた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

32 カルガモ6

38 コガモ52

74 キジバト4

127 カワウ1

139 ゴイサギ2

144 アオサギ1

146 ダイサギ3

174 バン4

202 イカルチドリ4

383 カワセミ2

420 モズ2

436 ハシブトガラス2

445 シジュウカラ2

463 ヒヨドリ6

464 ウグイス1

485 メジロ2

575 セグロセキレイ3

584 タヒバリ5

587 カワラヒワ5

610 ホオジロ1

624 アオジ1

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥見歩る記*浅川サンクチュアリ野鳥調査(一番橋下流)2013.2.4

20134 9時40分~11時00分 晴

 

「淺川右岸一番橋下流のワンド付近」では、カシラダカ約30羽の群に出会った。

カワラヒワも約10羽の群が河原でヨモギの種を食べていた。

カワウが川の流れの中で休んでいた。

ウグイスが堤防脇のサザンカの中にいた。

未ださえずりはしていなかった。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

32 カルガモ2

38 コガモ3

74 キジバト1

127 カワウ5

144 アオサギ1

146 ダイサギ6

244 イソシギ2

342 トビ1

383 カワセミ2

420 モズ1

435 ハシボソガラス1

445 シジュウカラ2

464 ウグイス1

485 メジロ1

506 ムクドリ30

525 ツグミ3

573 キセキレイ1

574 ハクセキレイ2

575 セグロセキレイ2

584 タヒバリ2

587 カワラヒワ10

610 ホオジロ8

617 カシラダカ30

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*浅川サンクチュアリ野鳥調査(浅川、程久保川、多摩川合流地)2013.2.4

20134 8時10分~9時5分 

 

浅川で地形的な特質から環境の多様性に富み、多くの種類の野鳥が生息している所や希少的な野鳥が生息している所を勝手にバードサンクチュアリとして設定して、このような地域を「生き物等の調査活動」、「野鳥の情報発信活動」、「自然体験学習、環境学習活動」の拠点とすることとしている。

浅川バードサンクチュアリの24日は「淺川、程久保川、多摩川の3川合流付近」、「淺川右岸一番橋下流のワンド付近」、「淺川左岸長沼橋上流の通称サイカチ池付近」の3地域の観察をした。

「淺川、程久保川、多摩川の3川合流付近」まで百草園駅まで歩いて行った。

程久保川の玉川橋からカワセミが3羽いるのを確認した。

程久保川のワンドにはダイサギ、アオサギ、カルガモが一緒にいた(写真)。

絵になる光景だ。

3

浅川河原のグランド脇の竹やぶからコジュケイのけたたましい声がステレオで聞こえてきた。

少し遠いがキジの声も聞こえてきた。

イカルチドリが2羽一緒に、イソシギも多摩川の浅瀬にいた。

イカルチドリは繁殖期独特の声を出していた。

モズのオスも鋭い声でなく、メスを呼ぶような優しい声を出していた。

ツグミが中々見つからなかったが、最後に河原の1羽を確認できた。

Photo

観察した野鳥などは以下の通りです。

5 キジ1

30 マガモ1

32 カルガモ10

74 キジバト10

127 カワウ3

146 ダイサギ2

202 イカルチドリ2

244 イソシギ1

299 セグロカモメ1

342 トビ2

383 カワセミ3

390 コゲラ1

420 モズ3

429 オナガ2

435 ハシボソガラス7

463 ヒヨドリ4

466 エナガ2

485 メジロ2

506 ムクドリ5

525 ツグミ1

540 ジョウビタキ2

573 キセキレイ1

574 ハクセキレイ3

584 タヒバリ1

587 カワラヒワ15

600 シメ2

610 ホオジロ8

624 アオジ3

901 コジュケイ2

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年2月 4日 (月)

鳥見歩る記*野鳥が集うスポット(川口川・川口川橋上流)2013.2.3

20133 15時55分~16時20分 

 

鳥が集うスポットを川口川で見つけた。

川口川橋の上流側である。

ここには流速のある本流の他にカワセミが魚を捕りやすそうな場所があり、そこでカワセミが魚を捕っていた。

Photo_4

また、雨水や生活排水が流入している所もあり、そこにはジョウビタキ、ツグミがきていた。

Photo_5
草地のところにはカワラヒワ、ツグミもいた。

30分の短い間に8種を観察できた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

32 カルガモ2

383 カワセミ1

445 シジュウカラ2

525 ツグミ3 

540 ジョウビタキ1

575 セグロセキレイ1 

587 カワラヒワ10

610 ホオジロ2

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*種入り(田んぼの作業)2013.2.3

20133日 10時00分~14時35分 晴

 

八王子里山クラブの今年1回目の谷戸の田んぼ作業。

2月としては暖かく、活動日和であった。

田んぼの被さる竹の伐採作業をした。

Photo_2
モズがさかんに田んぼをとびまわっていた。

セグロセキレイも田んぼに採餌にきていた。

カケスが何度か谷戸の谷間を鳴きながら横切って飛んだ。

雑木林に置いてあるホダギからシイタケを収穫できた。

シジュウカラ用の巣箱を取り付けた。

Photo_3

観察した野鳥などは以下の通りです。

420 モズ

427 カケス

575 セグロセキレイ

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*大和田小サタデースクール(浅川・野鳥観察)2013.2.2

2013 9時40分~11時30分 晴

 

大和田小学校のサタデースクール野鳥観察の支援に参加した。

コースは浅川の右岸堤防を新浅川橋から長沼橋上流のさいかち池まで往復。

チョウゲンボウが2回出現、上空を低く飛んでくれた。

トビ2羽が水管橋の下で仲よさそうに止まっていた。

既に繁殖期に入っているのだろうか。

トビはその後6羽が上空を旋回していた。

芝生広場にはツグミ4羽が集まっていた。

ツグミが地上に集まって来るのは春先の現象である。

シジュウカラのさえずりも聞こえてきた。

これも春の訪れを告げるものである。

最近浅川で少なくなったコサギが12羽中央線鉄橋下で集団採餌していた。

さいかち池には今日もコガモ、バン、ゴイサギがいた。

エナガ、シジュウカラの群もやって来た。

Ss3201322

観察した野鳥などは以下の通りです

32 カルガモ

38 コガモ

74 キジバト

127 カワウ

139 ゴイサギ

146 ダイサギ

148 コサギ

174 バン

342 トビ

383 カワセミ

401 チョウゲンボウ

420 モズ

429 オナガ

435 ハシボソガラス

436 ハシブトガラス

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

464 ウグイス

466 エナガ

506 ムクドリ

525 ツグミ

540 ジョウビタキ

569 スズメ

574 ハクセキレイ

575 セグロセキレイ

587 カワラヒワ

600 シメ

610 ホオジロ

624 アオジ

903 ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*野鳥が集うスポット(川口川・宮田橋付近)2013.2.1

2013 16時50分~17時00分 

川口川に「野鳥が集うスポット」を見出した。

宮田橋下流側の橋の直ぐ下で、21日の1650分頃の約10分間、カルガモ40、コガモ1、コサギ3、カワセミ1、アヒル2がいた。

カルガモに餌をやる人が1人きて餌を播くとカルガモが集まりだした。

Photo
観察した野鳥などは以下の通りです

32 カルガモ40

38 コガモ1

148 コサギ3

383 カワセミ1

927 アヒル2

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

鳥見歩る記*種入り、北沢谷戸野鳥カウント2013.2.1

20131日 13時10分~16時00分 晴

 

上川口小学校学校の裏に広がる谷戸で、通称種入り、北沢谷戸と呼ばれる二つの谷戸をまり野鳥のカウントをした。

二つの谷戸は峠で結ばれている。

学校の直ぐ裏の種入りの田んぼの立てられた杭にモズのメスが止まっていた。

モズはその後、餌捕りに移動すると今度はルリビタキのオスが来て、同じ杭に止まった。

小さな峠を越えて隣りの北沢谷戸に出ると、休耕田で赤い鳥が3羽採餌していた。

さらに近くでカシラダカ10羽が雪の残る田んぼにいて、よく見るとその中にミヤマホオジロのオスが2羽混じっていた。

上空には羽根がボロボロになったノスリ1羽が3羽のハシブトガラスに追われながら旋回していた。

シロハラがミソサザイの地鳴きのような声を出していた。

Photo
観察した野鳥などは以下の通りです(低学年、中学年、高学年の3班をまとめたもの)。

74 キジバト1

358 ノスリ1 

390 コゲラ1 

420 モズ1

436 ハシブトガラス3 

442 ヤマガラ2

445 シジュウカラ2

463 ヒヨドリ2

521 シロハラ2

536 ルリビタキ2

574 ハクセキレイ2

595 オオマシコ3

610 ホオジロ3

617 カシラダカ10

618 ミヤマホオジロ2 

624 アオジ4 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年2月 2日 (土)

鳥見歩る記*上川口小学校(全校野鳥観察)2013.2.1

 20131日 8時45分~10時15分 晴

上川口小学校全校野鳥観察の支援に行った。

今回も低学年(1-2年生)、中学年(3-4年生)、高学年(5-6年生)の3班に分かれ、学校周辺に出向き野鳥を観察した。

私は高学年(5-6年生)を担当した。

コースは学校の裏に広がる谷戸で、通称北沢谷戸と種入りと呼ばれる二つの谷戸をまわった。

二つの谷戸は峠で結ばれている。

スタートして学校近くの田守神社の桜にウソが3羽、蕾を食べていた。

喉の赤いオスが2羽、地味なメスが1羽だった。

北沢谷戸の入口にはジョウビタキ、モズがいて、モズがジョウビタキを追っていた。

休耕田にはカシラダカがいた。

少し谷戸を進むと休耕田にミヤマホオジロがいた。

鮮やかな黄色い顔のホオジロで全員が見ることができた。

近くにホオジロもいた。

学校の近くに戻って来るとウグイスの声、ガビチョウとシロハラの姿を観察できた。

観察会終了後は、場所を教室に移して1年間の総合学習の発表会が開かれ、これにも出席した。

学校公開日になっていて父母も参観に来ていた。

発表は1年生から順に行われた。

5年生の発表では、「鳥を見ることによって、自然の大切さがかかった」という言葉があった。

「自然を大切にするために川のゴミ拾いもした。ゴミ拾いをしてみて、ゴミを捨てないようにしなければならないことがわかった」と言っていた。

鳥を見ることがこのような子供達の成長に繋がることが実感できた。

昼は学校給食を子供達と一緒に頂くことが出来た。

 

学校にアオジの死体が標本として展示されていた。校庭に落ちていたらしい。寒さで餌がとれずに落鳥してのであろうか。

Photo_4

観察した野鳥などは以下の通りです(低学年、中学年、高学年の3班をまとめたもの)。

32 カルガモ

74 キジバト

127 カワウ

144 アオサギ

342 トビ

383 カワセミ

397 アオゲラ

420 モズ

427 カケス

435 ハシボソガラス

436 ハシブトガラス

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

464 ウグイス

485 メジロ

506 ムクドリ

521 シロハラ

522 アカハラ

525 ツグミ

536 ルリビタキ

540 ジョウビタキ

569 スズメ

574 ハクセキレイ

575 セグロセキレイ

587 カワラヒワ

599 ウソ

600 シメ

610 ホオジロ

617 カシラダカ

618 ミヤマホオジロ

624 アオジ

909 ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*東京港野鳥公園(タカサゴモズ)2013.1.31

201331日 14時45分~16時25分 晴

午後時間の余裕が出来たので、大井野鳥公園(正確には東京港野鳥公園)に行ってみた。

昨年9月下旬から来ているというタカサゴモズが未だいるかどうかを確かめるのが目的である。

東京モノレール流通センター駅から歩いて、公園についたのは1425分であった。

入場券を買って切符を切る人に聞くと、タカサゴモズは未だいるとのことで安心した。

どの辺で観察できるかと訊ねると東淡水池の東観察広場だという。

先ずネイチャセンター北隣りの芝生の所に行くとカメラマンが3名来ていた。

今日もこの近くにタカサゴモズは来ていて、20分前は近くに来ていたとのことだった。

しかし、今はモズが来ていて、モズがいるとタカサゴモズは来ないとのことだった。

タカサゴモズは体はモズより大きいがモズより弱いらしい。

待つこと約20分、少し遠い中州の小さな木にタカサゴモズが現れた。

地面に降りて餌を捕り、また低い木に戻る行動はモズと同じだ。

東観察広場のシュルターの覗き窓の方からの方が近いのでそちらに回った。

ここからでも7-80mの距離はあるが、何とかタカサゴモズの確認と証拠写真が撮れた。

横浜のベイブリッジに現れタカサゴモズを見たのは16前の事であり、久し振りの再会だが、16年という時の流れの速さを痛感した。

Photo_3


観察した野鳥などは以下の通りです。

30 マガモ

32 カルガモ

34 ハシビロガモ

42 ホシハジロ

46 キンクロハジロ

62 カイツブリ

74 キジバト

127 カワウ

144 アオサギ

175 オオバン

202 イカルチドリ

299 セグロカモメ

342 トビ

358 ノスリ

420 モズ

424 タカサゴモズ

429 オナガ

436 ハシブトガラス

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

485 メジロ

506 ムクドリ

521 シロハラ

525 ツグミ

540 ジョウビタキ

574 ハクセキレイ

587 カワラヒワ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2013.1.29

201329日、02分~38分 2℃ 晴 

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

 

この冬は寒い日が続く。赤坂見附交差点の気温計は2℃を示していた。

上智大グランド上の桜並木にも薄っすらと霜が降りていた。

その寒い中でビワは花を咲かせていた。

例年上智大グランド土手に今の時期、ビンズイがやって来るので、松の下などを探したが、今日はビンズイを見出すことが出来なかった。

その代わりシジュウカラ、ツグミが動き回っていた。

弁慶濠はコサギが1羽いただけで、カモは0であった。

弁慶濠の一角、歩道寄りで水の引いた所にツグミが1羽いて、盛んに採餌していた。

Photo_2

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

148 コサギ 1

436 ハシブトガラス2

445 シジュウカラ8

463 ヒヨドリ4

525 ツグミ 3

569 スズメ 8

903 ドバト 12

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasuya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*南浅川(睦橋付近の野鳥が集うスポット)2013.1.28

201328日 15時00分~15時45分 晴

 

南浅川に「野鳥が集うスポット」を見出した。

睦橋下流側の橋の直ぐ下で、128日の15時頃の約45分間、西日が当る所にカルガモ約20、コガモ5、コサギ1、イカルチドリ1、セグロセキレイ1、カワセミ1、カワウ2が集まっていた。

1
カワセミはダイビングを見せてくれた。

Photo

この野鳥達を観察する通行人が約10名いて、数名からはあの大きな黒い鳥は何ですかとカワウについて尋ねられた。

南浅川の素晴らしいスポットである。

この日、直ぐ下流の舟田川合流地にはタシギ1もいた。

1_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

32 カルガモ20

38 コガモ5

127 カワウ2

148 コサギ1

202 イカルチドリ1

219 タシギ1

575 セグロセキレイ1

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »