« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月28日 (月)

鳥見歩る記*川町田んぼ2013.1.28

20138日  1255分~1355分 

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

 

田んぼ奥の野菜畑にジョウビタキのメス(写真)とモズのオスが日差しの当る所で採餌していた。

Photo
その隣りの栗林に1羽の鳥が飛来した。

確認するとアカゲラであった。

田んぼにはキセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ(写真)、ツグミ、ホオジロが来ていた。

雑木林は落ち葉掃きが済んでいて、イノシシが入らないように電気柵が張られていたが、アオジ、ルリビタキ、キジバトがいた。

Photo_2

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

445 シジュウカラ2

463 ヒヨドリ4

521 シロハラ1

525 ツグミ3

536 ルリビタキ1

540 ジョウビタキ1

573 キセキレイ1

574 ハクセキレイ1

575 セグロセキレイ1

600 シメ1

610 ホオジロ10

624 アオジ4

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年1月27日 (日)

鳥見歩る記*多摩川(多摩さくらフォーラム)2013.1.27

201327日 8時30分~11時10分 晴

 

読売新聞の多摩川さくらフォーラムによる冬鳥観察会が多摩川で開催され、カワセミ会として支援した。

コースは多摩川の中央線鉄橋付近から右岸堤防を上流に向かって歩き、谷地川の新旭橋を渡って多摩川の多摩大橋手前まで。

参加者は約60名とカワセミ会から15名であった。

スタート地点では、先ずカワウの集団とダイサギの集団が一緒に川に降りているところを観察した。

水辺でイカルチドリ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリが動きまわっていた。

カワセミが小枝に止まり朝日を受けて輝いていた。

カシラダカは数が多いが草の中にいてじっくり観察できない。

それに比べホオジロは木の枝に出て来るから見やすい。

ベニマシコの声が聞こえてきた。

オス、メス各1羽いたがこれも直ぐ草の中に入ってしまった。

対岸の空をヒメアマツバメ約10羽が群れで飛んでいた。

トビ、ノスリが出てきてノスリは遠くの木にとまった。

エナガ、シジュウカラの混群が近くに来たがコゲラは混ざってなかった。

シロハラの声がしたが姿は確認できず。

ゴール地点でモズが出て、ベニマシコの声が聞こえ、シメも姿を見せてくれた。

快晴で気温が上がってきて絶好の鳥見日和となった。

結果は41種、うち参加者が選んだベスト5はカワセミ、キセキレイ、ノスリ、カシラダカ、アオサギであった。

Photo_3

観察した野鳥などは以下の通りです。

5 キジ

32 カルガモ

74 キジバト

127 カワウ

144 アオサギ

146 ダイサギ

148 コサギ

193 ヒメアマツバメ

202 イカルチドリ

244 イソシギ

299 セグロカモメ

342 トビ

358 ノスリ

383 カワセミ

420 モズ

429 オナガ

435 ハシボソガラス

436 ハシブトガラス

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

464 ウグイス

466 エナガ

485 メジロ

506 ムクドリ

521 シロハラ

525 ツグミ

540 ジョウビタキ

569 スズメ

573 キセキレイ

574 ハクセキレイ

575 セグロセキレイ

580 ビンズイ

584 タヒバリ

587 カワラヒワ

592 ベニマシコ

600 シメ

610 ホオジロ

617 カシラダカ

624 アオジ

903 ドバト

909 ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*ジュニアクラブ観察会(浅川)2013.1.126

201326日 8時50分~11時30分 晴

 

カワセミ会ジュニアクラブの野鳥観察会。

ジュニアクラブ野鳥観察会の1月例会を浅川の八高線鉄橋から長沼橋往復のコースで行った。

いつものように親子よりサポターの方が参加者数が多かった。

久しぶりにセグロカモメが魚を採っているのが観察できた。

今回もカワウ約40羽とダイサギ約30羽の合同集団を観察できた。

ハシボソガラス1羽が河原で魚の赤い骨のようなものをつついていた。

シジュウカラはカマキリの卵嚢をつついていた。

メジロがツルヨシの茎をつついていた。

Photo

チョウゲンボウがホバーリングしていた。

地上にネズミでもいたのだろうか。

モズが数ヶ所で観察できた。

Photo_2

カシラダカ、ホオジロが河原の枯れた草地で採餌しているが、草の中に身を潜めてしまうのでじっくり観察できない。

さいかち池で越冬中のコガモ、写真一番左の♀に対し、数羽の♂が取り囲み、求愛ディスプレイをしていた。

もうすぐ春だが、今日は北風が吹き大変寒い日でした。

Dp

観察した野鳥などは以下の通りです。

32 カルガモ

38 コガモ

62 カイツブリ

74 キジバト

127 カワウ

139 ゴイサギ

144 アオサギ

146 ダイサギ

174 バン

202 イカルチドリ

299 セグロカモメ

342 トビ

383 カワセミ

401 チョウゲンボウ

420 モズ

435 ハシボソガラス

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

466 エナガ

485 メジロ

506 ムクドリ

540 ジョウビタキ

569 スズメ

574 ハクセキレイ

575 セグロセキレイ

584 タヒバリ

587 カワラヒワ

610 ホオジロ

617 カシラダカ

903 ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年1月26日 (土)

鳥見歩る記*泉町叶谷町湧水群2013.1.25

201325  10分1050分 晴

八王子市では、市街地周辺にある湧水地や水路などの水辺保全に取り組んでいて、当地の叶谷榎池と泉町湧水群水路の活用を図るべく、地元町会や環境市民会議の協力の基に、叶谷・泉町湧水群保全協議会を発足し検討を進めている。

その取り組みのひとつとして、自然環境調査を行っていて、水辺の生きものや植物の調査を実施し、協議会の中で、「泉町水路周辺に飛来する鳥が見受けられ、調査をしてほしい」との意見が出て、野鳥の調査を実施することとなり、八王子・日野カワセミ会に協力依頼があった。

今日はその下見という位置付で現地を歩いてみた。

この一帯は昭和40年代頃までは水田地帯で、今は住宅地となっている。

至る所に湧水とそこから流れでる小川がある所である。

集合場所の泉町会館に泉町町会長他、八王子市役所水環境整備課職員、カワセミ会3名が集まった。

結果は18種の野鳥を確認できた。

スズメが住宅地のあちこちにいて35羽をカウントした。

モズが休耕田にいて採餌していた。

オオタカとトビが上空に現れた。

キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイが水路にいて、カワセミも水路の上を飛んで行った。

ジョウビタキ、シジュウカラ、メジロ、ツグミ、ヒヨドリが住宅地の庭にいた。

カラスはハシボソガラス、ハシブトガラスの2種がいた。

この地域はキセキレイ、セグロセキレイ、モズ、カワセミ、オオタカ、ハシボソガラスなど自然環境の豊さを表す指標鳥が多く、一般の市街地の住宅地と比べ優れた自然環境を保持していることが示された。

Photo

観察した野鳥などは以下の通りです。

74 キジバト6

342 トビ1

356 オオタカ1

383 カワセミ1

420 モズ1

435 ハシボソガラス7 

436 ハシブトガラス8 

445 シジュウカラ2

463 ヒヨドリ4

485 メジロ2 

506 ムクドリ9

525 ツグミ2 

540 ジョウビタキ1

569 スズメ35

573 キセキレイ1

574 ハクセキレイ2

575 セグロセキレイ1 

903 ドバト7 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年1月23日 (水)

鳥見歩る記*醍醐林道(夕焼け公園からににく沢出合い往復)2013.1.23

201323  15分1345分 曇り一時晴

カワセミ会の醍醐林道探鳥会、夕焼け公園からににく沢出合いまで集落道を往復した。

集まったメンバーは6名。

歩きだすと直ぐ、関場でウソ2羽のオス、川にはカワガラス2羽と出足好調であった。

恩方第2小学校を通り過ぎて最初の集落の黒い木の橋から川を除くとガビチョウ2羽が岸辺で採餌しているのが目立ち、その直ぐ近くにカヤクグリが1羽いた。

さらに近くにもう1羽いて、チリチリチリと鳴いていた。

森久保橋でもカワガラスが2羽いて、そのうち1羽は落差工(滝)の中に入り、暫くすると出てきた。

もう巣作りが始まっているのだろうか。

降宿集落でもカヤクグリが2羽いた。

ここのカヤクグリも鳴き交わしていた。

ににく沢出合い地点の手前でエナガ約10羽、シジュウカラ2羽、コゲラ(写真)と一緒にここでもオスのウソを2羽観察した。

Photo

折り返して帰路で最大のヒットはミヤマホオジロのオス1羽に出会えたことであった。

場所は森久保橋を通り過ぎて、北側の斜面畑、ホオジロ5羽と一緒にいた。

クマタカには会えなかったが、ウソ、カヤクグリ、カワガラス、ミヤマホオジロなどが出て実り大きな探鳥会であった。

なお、スズメが1羽も出なかったのはちょっと気になるところである。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

74 キジバト

144 アオサギ

390 コゲラ

420 モズ

427 カケス

435 ハシボソガラス

436 ハシブトガラス

442 ヤマガラ

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

464 ウグイス

466 エナガ

512 カワガラス

521 シロハラ

536 ルリビタキ

540 ジョウビタキ

566 カヤクグリ

599 ウソ

610 ホオジロ

617 カシラダカ

618 ミヤマホオジロ

624 アオジ

909 ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年1月22日 (火)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵2013.1.21

201321  00分1145分 晴

宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

JR横浜線みなみ野駅→毘沙門天→宇津貫公園→クボノキ湧水→宇津貫緑地(ホタル沢、尾根道)→兵衛川→みなみ野駅のコースを歩いた。

 

未だ雪が残っていた。

駅近くの毘沙門天でシロハラの声を聞いた。

宇津貫公園ではシロハラの姿を確認した。

Photo
この公園の雑木林にはエナガ約10羽の群れがいた。

公園を過ぎて湧水のある所ではチョウゲンボウが飛んできて七国峠の方へ飛んで行った。

宇津貫緑地に入るとシメが地面に降りて採餌していた。

今年はシメが多い。

調整池の上空に5羽のカモが飛んで来たが、水面に降りず通り過ぎてしまった。

カルガモではないカモだったので気にしていたらもう一度飛んできて、今度は降りた。

何とオシドリであった。

オス2羽、雌3羽である。

昨年池の隣りでオシドリがタカに食べられた食痕があったのを思い出した。

ホタル沢ではルリビタキのオスを確認した。

ルリビタキはもう1羽メス型も観察できた。

雑木林から出て来るとヌルデの種を食べるイカル4羽を観察した。

草地の所ではカシラダカ約20羽が地上で採餌、スズメの一緒にいた。

20131211

観察した野鳥などは以下の通りです。

5 キジ1

24 オシドリ5

74 キジバト4

127 カワウ2 

342 トビ1

401 チョウゲンボウ1 

420 モズ5

435 ハシボソガラス15

436 ハシブトガラス7 

442 ヤマガラ3

445 シジュウカラ7

463 ヒヨドリ8

464 ウグイス2

466 エナガ20

485 メジロ3 

506 ムクドリ6

521 シロハラ2

525 ツグミ8 

536 ルリビタキ2

540 ジョウビタキ4

569 スズメ20

574 ハクセキレイ2

587 カワラヒワ1

600 シメ1

602 イカル4 

610 ホオジロ7

617 カシラダカ31

624 アオジ4 

909 ガビチョウ2

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年1月20日 (日)

鳥見歩る記*小宮公園2013.1.20

201320  15分1115分 晴

毎年1月の第3日曜日は小宮公園主催の野鳥観察会が開かれ、カワセミ会が支援している。

もう20年以上続いている。

今日の参加者は応募者とカワセミ会の会員を合わせると40人以上になった。

晴れて絶好の探鳥日和だ。

雑木林に入ると先ずヤマガラが姿を見せてくれた。

弁天池の笹藪にはソウシチョウが10羽くらいいて、見え隠れしていた。

コゲラ、ジョウビタキ、ルリビタキなどを観察し、林縁に出るとキジのオスが飛び立っていった。

トイレのある公園の上の草はらに出るとモズ、シロハラ(写真後ろ姿)、ツグミ、カシラダカを観察できた。

Photo_3
カシラダカは20羽以上の群れが地上に降りて採餌していた。

再び雑木林に入るとエナガ、シジュウカラ、ヤマガラの混群に出会い、その近くでキクイタダキ数羽を観察することができた。

参加者が選んだ本日のベスト3羽はキクイタダキ、コゲラ、ソウシチョウであった。

小宮公園といえば、ソシンローバイでも有名なので、探鳥会終了後行って見ると、2株だけ咲いていてほのかな香りを漂わせていた。

Photo_4

観察した野鳥などは以下の通りです。

5 キジ

74 キジバト

342 トビ

356 オオタカ

390 コゲラ

393 アカゲラ

397 アオゲラ

401 チョウゲンボウ

420 モズ

435 ハシボソガラス

436 ハシブトガラス

438 キクイタダキ

442 ヤマガラ

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

464 ウグイス

466 エナガ

485 メジロ

521 シロハラ

525 ツグミ

536 ルリビタキ

540 ジョウビタキ

569 スズメ

574 ハクセキレイ

587 カワラヒワ

599 ウソ

610 ホオジロ

617 カシラダカ

624 アオジ

910 ソウシチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasuya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*秋川、高月水田、滝山城跡2013.1.19

201319  40分1425分 晴

東京都農林振興財団主催の森林ふれあい教室(森林の成り立ちと野鳥観察)を支援した。

コースはJR五日市線東秋留駅集合で、秋川に出て、東秋川橋を渡り高月水田と通って滝山城跡公園まで。

秋川に出る前に通った畑に見事な霜柱(写真)が出来ていた。

Photo

茶畑でジョウビタキ、畑でモズ、ツグミ、ハクセキレイも観察できた。

秋川の河原ではアオジ、ホオジロ、シメなどを観察、流の所にはカワセミ、カルガモ、カイツブリ、ダイサギ、アオサギ、イカルチドリ、クサシギ等がいた。

高月ではタヒバリ、カシラダカ、上空にチョウゲンボウなどであった。

滝山城跡でシロハラ、ウソ、コゲラを全員が観察、アカゲラは一部の人の観察になった。

ウソは桜の芽を啄ばんでいる1羽であったが、旬の鳥を観察して本日の探鳥会を〆ることが出来た。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

26 オカヨシガモ

27 ヨシガモ

28 ヒドリガモ

30 マガモ

32 カルガモ

35 オナガガモ

38 コガモ

62 カイツブリ

74 キジバト

127 カワウ

144 アオサギ

146 ダイサギ

148 コサギ

202 イカルチドリ

239 クサシギ

342 トビ

383 カワセミ

390 コゲラ

393 アカゲラ

401 チョウゲンボウ

420 モズ

427 カケス

435 ハシボソガラス

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

464 ウグイス

485 メジロ

506 ムクドリ

521 シロハラ

525 ツグミ

540 ジョウビタキ

569 スズメ

573 キセキレイ

574 ハクセキレイ

575 セグロセキレイ

584 タヒバリ

587 カワラヒワ

599 ウソ

600 シメ

610 ホオジロ

617 カシラダカ

624 アオジ

903 ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasuya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年1月19日 (土)

鳥見歩る記*渡良瀬遊水地2013.1.18

201318  1010分1530分 晴強風

カワセミ会平日探鳥会を渡良瀬遊水地で開催した。

電車で行った。

参加者10名。

東武日光線柳生駅を10時過ぎに降りて、遊水地に向かった。駅から遊水地に入るまでの間でシラコバトを探したが、いなかった。

その代わりオナガ約30羽の群れに出会った。

上空をカラスの群れが通過した。

ミヤマガラスのようであった。

冷たい赤城下ろしが吹き抜ける日であった。

谷中湖のカモ達は強風を避ける所に避難していた(写真)。

Photo_4

カモはヒドリガモのいる場所、マガモのいる場所、オナガガモのいる場所と微妙にいる場所が違っていた。

カワアイサ、ミコアイサが結構目立った。

ヒドリガモとアマリカヒドリの雑種と思われるカモが1羽いた。

カンムリカイツブリは三々五々に対し、ハジロカイツブリは5羽がまとまっていた。

谷中村跡地で風のよける場所を選んで昼食をとっているとシメ、シロハラが現れた。

午後はヨシ原を歩いた。

タカ見台まで歩いて行った。

渡良瀬川の橋を渡る時は急風で飛ばされそうであった。

チュウヒを見ながら引き換えし、タカのねぐら入り場所へ向かった。

強風のため空気が澄んでいるので、筑波山(写真)、富士山が良く見えた。

タカのねぐら入り観察地に行くと観光バスが1台着いた。

旅行会社が仕立てたタカ見ツアーのご一行様であった。

4時半を過ぎ、当りが少し暗くなってきた頃、待ちに待ったハイイロチュウヒのオスが姿を見せてくれた。

白い羽根の美しいタカである。

観察地から少し遠かったが、寒いなか、夕方まで待ったかいがあった。

満足して引き上げる時にコチョウゲンボウがやってきた。

帰路は板倉東洋大前から電車で帰り、八王子駅前で一杯付の反省会を行った。

Photo_5

観察した野鳥などは以下の通りです。

5 キジ

28 ヒドリガモ

30 マガモ

32 カルガモ

34 ハシビロガモ

35 オナガガモ

38 コガモ

46 キンクロハジロ

58 ミコアイサ

59 カワアイサ

62 カイツブリ

64 カンムリカイツブリ

66 ハジロカイツブリ

74 キジバト

127 カワウ

144 アオサギ

146 ダイサギ

175 オオバン

194 タゲリ

202 イカルチドリ

293 ウミネコ

299 セグロカモメ

339 ミサゴ

342 トビ

349 チュウヒ

350 ハイイロチュウヒ

356 オオタカ

358 ノスリ

383 カワセミ

390 コゲラ

397 アオゲラ

403 コチョウゲンボウ

420 モズ

429 オナガ

434 ミヤマガラス

436 ハシブトガラス

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

506 ムクドリ

521 シロハラ

522 アカハラ

525 ツグミ

540 ジョウビタキ

569 スズメ

574 ハクセキレイ

575 セグロセキレイ

587 カワラヒワ

600 シメ

610 ホオジロ

617 カシラダカ

624 アオジ

628 オオジュリン

903 ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasuya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*仙川(仙川橋⇒成城橋)2013.1.17

201317  55分1130分 

京王線の仙川駅で下りて、仙川を国道20号の仙川大橋から下り小田急線の成城橋まで4km弱を川沿いに歩いた。

日陰の部分は雪が残り、かつ凍っているので、歩きにくいとい頃が何ヶ所かあった。

仙川大橋と大川橋の間ではダイサギ1(ダイサギ)、コサギ1の他、カルガモ4、コガモ2、シジュウカラ1、ムクドリ2、スズメ2、セグロセキレイ1、ハクセキレイ1と予想以上の鳥がいた。

Photo

宮前橋付近では、ツグミ1、アオサギ1、マガモ2、オナガガモ5、ハシボソガラス1、カツガモ2、ムクドリ7、ハクセキレイ2、キセキレイ1、ドバト5と、ここも野鳥スポットであった。

Photo_2
さらに下り宮下橋ではコガモ14羽が賑やかで求愛デスプレイをやっていた。

カモが予想より多く、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ(写真)、オナガガモ(写真)、コガモと6種で観察された。

Photo_3

観察した野鳥などは以下の通りです。

28 ヒドリガモ

30 マガモ

32 カルガモ

34 ハシビロガモ

35 オナガガモ

38 コガモ

74 キジバト

144 アオサギ

146 ダイサギ

148 コサギ

429 オナガ

435 ハシボソガラス

436 ハシブトガラス

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

485 メジロ

506 ムクドリ

525 ツグミ

540 ジョウビタキ

569 スズメ

573 キセキレイ

574 ハクセキレイ

575 セグロセキレイ

903 ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasuya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年1月16日 (水)

鳥見歩る記2013.1.16(三小通り⇒八王子駅南口)

 

 

201316日、7時27分~7時45分 晴

コースは八王子市上野町金剛院の踏切から南に約200mみ、市民会館入口信号を左折して三小通り(JR中央線の南側を平行)を約1km八王子駅南口までで、踏切から市民会館入口信号までは道路の両側に里桜の街路樹、市民会館入口信号から国道16号の交差点までは道路の両側にハナミズキの街路樹、国道16号の交差点から八王子駅南口まではイチョウの街路樹が整備されている。沿線には寺が4つ、小学校が一つ、公園が一つある。

 

114日に降った雪が未だ残っていた。

オナガが本立寺で1羽観察、もっといたと思われるが確認できなかった。

8種を認めたが、スズメには出会わなかった。

Photo

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

74キジバト 1

463ヒヨドリ 2

525ツグミ 1

485メジロ 2

506ムクドリ 7

429オナガ 1

435ハシボソガラス 1

436ハシブトガラス 2

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年1月15日 (火)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2013.1.15

201315日、1130分~1455分 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

 

蛇滝林道に入り約300m付近の杉林にシジュウカラ、アカゲラ、コゲラ、ミソサザイが一緒にいた。

蛇滝付近ではルリビタキ♀型とクロジ♂に出会った。

蛇滝登山道に入り半ばを過ぎると餌をねだるヤマガラ1羽が寄ってきた。

いつもであれば2号路、4号路を通って山頂を目指すが、4号路は雪で滑りやすそうなので、2号路を逆に進み1号路に出た。

1号路に出る直前の所でカヤクグリ(写真)2羽を確認した。

この場所でカヤクグリに出会うのは久し振りである。

Photo_3
1号路を登って行くと女坂の下でソウシチョウ約10羽が動きまわっていた。

1号路は薬王院までは除雪してあったが、それから先は除雪が一部人力程度であった。

薬王院から上は積雪が30cm以上あり、久し振りの雪道であった。

 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

74キジバト 2

393アカゲラ 1

390コゲラ 2

463ヒヨドリ 6

504ミソサザイ 2

536ルリビタキ 3

540ジョウビタキ 1

466エナガ 4

442ヤマガラ 7

445シジュウカラ 10

485メジロ 9

625クロジ 1

436ハシブトガラス 10

910ソウシチョウ 10

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2013.1.15

201315日、1025分~1130分 

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

 

前日に降った雪が凍っていて、滑らないように注意しながら小仏川沿いを歩いた。

林の中は道に雪が無く、雪のある所が5cm程度だった。

入り口の上椚田橋の所のケヤキにエナガ4羽、梅にジョウビタキのオスがやってきた。

Photo

オナガも約10羽飛んできた。

コース最後の蛇滝橋手前でカワガラスが下流方向から2羽飛んできて、1羽が橋の手前の杭の上に止まった(写真)。

Photo_2

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

74キジバト2

342トビ 2

429オナガ 10

435ハシボソガラス 2

436ハシブトガラス 4

445シジュウカラ 4

463ヒヨドリ 8

466エナガ 4

506ムクドリ 10

512カワガラス 2

525ツグミ 1

540ジョウビタキ 2

569スズメ 6

610ホオジロ 4

624アオジ 4

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年1月14日 (月)

鳥見歩る記*浅川(多摩川市民学会)2013.1.13

201313  10分15分 晴

Photo_2

日野市にある都立日野高校で多摩川流域市民学会が開催された。

この学会の開催を後援した八王子・日野カワセミ会は9時半からの受付前の時間を利用して最寄り駅から早朝浅川探鳥会を開催した。

京王線高幡不動駅から浅川を通って日野高校までのコースとモノレール万願寺駅から浅川を通って日野高校までの2コースを設けた。

このうち、万願寺コースの概要は以下のとおりである。

参加者はカワセミ会7名と会員以外3名。

新井橋から上流側の水面にダイサギが約30羽の群れが降りていた。

この群れにはアオサギ、カワウ、マガモも混じっていた。

同じ場所からイソシギ、セグロセキレイも観察できた。

下流側に進み枯れた草地の中を小鳥の群れが出没するが、見え隠れして姿を確認できない。

何とかホオジロとカシラダカを認めることができた。

それに比べ、直ぐ近くの低い木の枝に止まったモズのメス、1羽のシジュウカラがじっくり姿を見せてくれた。

対岸にオナガの群れが現れ、その近くにカワセミも姿を見せてくれた。

日野高校を通り過ぎ、河原に降りて多摩川の合流地手前まで行き、930分の受付開始に間に合うように引き返した。

鳥合わせで選んだベスト3はモズ、ダイサギ、シジュウからでいずれもはっきり観察できたものであった。

Photo_3

観察した野鳥などは以下の通りです。

30 マガモ

74 キジバト

127 カワウ

144 アオサギ

146 ダイサギ

244 イソシギ

383 カワセミ

429 オナガ

435 ハシボソガラス

436 ハシブトガラス

445 シジュウカラ

506 ムクドリ

525 ツグミ

540 ジョウビタキ

569 スズメ

574 ハクセキレイ

575 セグロセキレイ

587 カワラヒワ

600 シメ

610 ホオジロ

617 カシラダカ

624 アオジ

903 ドバト

909 ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasuya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*川口川(冬鳥一斉カウント)2013.1.12

201312  00分1055分 晴

1

毎年1月の恒例のカワセミ会冬鳥一斉カウントは今年も112日に19地区で行った。

私は昨年同様に川口川の浅川合流地から明治橋までの区間を担当した。

8時、今冬の寒い中を川口川の浅川合流地から自転車で出発した。

集まったメンバーは3名。

ツグミガが次々の出て来る。

ジョウビタキ、モズは時々顔を見せる。

水面ではコガモがあちこちで採餌している。

仲田橋を過ぎて対岸の岸辺をネコが降りていくと、1羽の鳥が飛び立った。

直ぐに近くの草の茂みに飛び込んだ。

シギのようだ。

タシギのようであるが、タシギとは少し様子が異なる。

ヤマシギのようであるが、ヤマシギの出る環境と異なり、タシギが出る環境であるので、とりあえずタシギとした。

新清水橋付近では、2羽のハシボソガラスが1羽のハシブトガラを追い払った。

カラスがタカを追い払う行動はよくあるが、カラス異種間でもこのような行動があるのを始めてみた。

清水公園にはカルガモが74羽いた。

餌づけされているらしく、人が行くとカモが近づいて来た。

帰路、シギのいた所に行って確認すると、ネコに追い出される前の所に戻っていた。

まさしくヤマシギであり、写真を撮ることができた。

2

観察した野鳥などは以下の通りです。

32 カルガモ 74

38 コガモ 32

74 キジバト 21

127 カワウ 5

144 アオサギ 2

212 ヤマシギ 1

244 イソシギ 2

342 トビ 1

354 ツミ 1

383 カワセミ 2

420 モズ 6

435 ハシボソガラス 17

436 ハシブトガラス 15

445 シジュウカラ 24

463 ヒヨドリ 32

464 ウグイス 3

485 メジロ 15

506 ムクドリ 67

525 ツグミ 19

540 ジョウビタキ 5

569 スズメ 76

573 キセキレイ 6

574 ハクセキレイ 5

575 セグロセキレイ 11

580 ビンズイ 2

587 カワラヒワ 50

600 シメ 3

610 ホオジロ 3

617 カシラダカ 10

624 アオジ 7

903 ドバト 50

Photo

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasuya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年1月11日 (金)

鳥見歩る記*片倉城跡公園、集いの森公園2013.1.11

201311  1310分1440分 晴

15時から由木市民センターでカワセミ会幹事会があるので、2時間早めに家を出て、近くの片倉城跡公園、つどいの森公園を歩いた。

晴れた陽だまりは心地よい散策であった。

Photo_3

片倉城跡公園入り口付近の田んぼは、公園にホタルが飛び交う夏は蛙の大合唱が聞こえる貴重な所であった。

しかし数年前に高齢な耕作者がお亡くなりになってから稲の耕作が無くなってしまった。

今年その田んぼがついにつぶされてしまった。

モズが田んぼを潰すことを抗議するかのように工事のために立てたポールに止まっていた。(私にはそう見えた)。

Photo_4

何時もカワセミの来る公園の池は氷が張っていた。

湯殿川に出ると日の当る所にカワセミとジョウビタキがいた。集いの森公園の芝生広場にタヒバリが5羽いた。ビンズイかと確認したが、飛んだ時の鳴き声は明らかにタヒバリであった。

再び片倉城跡公園に戻り、住吉神社の所でヤマガラ2羽を確認した。

日陰の林の地上で動くものあり、シロハラであった。

Photo_5

観察した野鳥などは以下の通りです。

32 カルガモ

74 キジバト

383 カワセミ

390 コゲラ

420 モズ

436 ハシブトガラス

442 ヤマガラ

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

485 メジロ

506 ムクドリ

521 シロハラ

525 ツグミ

536 ルリビタキ

540 ジョウビタキ

569 スズメ

574 ハクセキレイ

575 セグロセキレイ

580 タヒバリ

587 カワラヒワ

600 シメ

610 ホオジロ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasuya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*湯殿川2013.1.10

201310  33分10分 晴

840分に八王子市寺田町の旧稲荷山小学校にある八王子市史編集室との打合せがあったので、1時間早く家を出て途中の湯殿川で野鳥を観察した。

天神町の自宅から南に自転車で向かい、湯殿川の大橋に出て、そこから上流に向かい椚橋までの約1kmの区間である。

大橋の少し上流でコガモ約20羽が川に頭を突っ込んで採餌していた。

畑に目をやるとツグミが寒さで丸くなっていた。

Photo

カワラヒワも約20羽が畑に来ていた。

シメ1羽が川の岸辺にきていた。

シメらしくない場所である。

船橋付近にはカワセミがいて水面を睨んでいた。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

32 カルガモ

38 コガモ

383 カワセミ

420 モズ

435 ハシボソガラス

436 ハシブトガラス

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

506 ムクドリ

525 ツグミ

540 ジョウビタキ

574 ハクセキレイ

575 セグロセキレイ

587 カワラヒワ

600 シメ

624 アオジ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年1月 9日 (水)

鳥見歩る記*彩湖2013.1.9

2013  1040分1430分 晴

 

読売文化センターの講座で今月は武蔵野線西浦和駅から彩湖に行った。

駅から彩湖までの途中でチョウゲンボウが飛んで来て、北の方へ行った。

堤防を越えて彩湖に入ると高圧線鉄橋に止まっている鷹を発見、遠いのと後姿しか見えなかったが、時々振り向く顔と近くのカラスの大きさとの比較でノスリとした。

湖の周遊道に入るとベニマシコの声が聞こえてきた。

直ぐ近くにメスのベニマシコ(写真)がいてイノコズチの種を食べていた。

Photo_3

水面にはキンクロハジロ約30、ホシハジロ5、カンムリカイツブリ(ちらほら)がいて、されによく見るとヨシガモが約15羽、水から上がって羽根を休めていた。

岸辺のオギに出てきた小鳥に双眼鏡を向けるとホオジロであったが、同じ場所から出てきたもう1羽が近くの小さな木の枝に止まった。

これがアリスイであった。

アリスイは直ぐ他に移動してしまったが、ここで出会えるとはラッキーであった。

もう一つのラッキーはハンノキに来ていた約15羽のマヒワ(写真)にも会えたことである。

周遊するための橋まで行き、いつもなら橋を渡って帰りは左岸側を歩くところであるが、今日は荒川の堤防に出て、荒川左岸堤防を上流に向かって帰った。

荒川には鳥はあまりいなかったが、種不明のカモが1羽いた。

全体が黒で飛んだ時、時列風切羽の白が良く目立った。

印象ではビロードキンクロに似ていたが、こんなところにビロキンがいるはずがない。

気温が上がってきて気持ち良くなってきた。

最後に彩湖でミコアイサを探していると、代わってホオジロガモのメスが1羽見つかった。

Photo_4

観察した野鳥などは以下の通りです。

27 ヨシガモ

30 マガモ

32 カルガモ

42 ホシハジロ

46 キンクロハジロ

57 ホオジロガモ

62 カイツブリ

64 カンムリカイツブリ

74 キジバト

127 カワウ

144 アオサギ

175 オオバン

286 ユリカモメ

299 セグロカモメ

358 ノスリ

388 アリスイ

390 コゲラ

401 チョウゲンボウ

420 モズ

435 ハシボソガラス

436 ハシブトガラス

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

506 ムクドリ

521 シロハラ

525 ツグミ

569 スズメ

574 ハクセキレイ

584 タヒバリ

587 カワラヒワ

588 マヒワ

592 ベニマシコ

600 シメ

610 ホオジロ

624 アオジ

628 オオジュリン

903 ドバト

909 ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記(自宅⇒富士見通り⇒八王子駅北口)2013.1.8

2013日、1413~1427分 

コースは自宅を出て八王子市八幡町の国道20号信号から南に約200m進み、南新町信号を左折して富士見通り(JR中央線の北側を平行)を約1km八王子駅北口までで、八幡町の国道20号信号から南新町信号踏切までは道路の両側にハナミズキの街路樹があるが、富士見通りには街路樹は全く無く、駅近くの西放射線通りにカツラが少しあるだけである。八王子駅北口は八王子市商店街の中心地で沿線は三小通りと比べ、緑環境が少ないコースである。

 

八王子七福神がコースと交差しているため、七福神の旗が立っていた。

Photo

JR八王子北口前、ハクセキの集団ねぐら場となっている熊沢書店付近前の1本のクスノキに201212月に侵入防止のネットが張られたため、ネットを掻い潜って前夜入ったと見られるハクセキレイ1羽が、ネットに閉じ込められた状態になっていて、外に出ようともがいていた。

Photo_2

観察した鳥は以下のとおりです。

436 ハシブトガラス 2

463 ヒヨドリ 2

506 ムクドリ 3

574 ハクセキレイ 1

903 ドバト 10

|

2013年1月 8日 (火)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2013.1.7

2013日、00分~35分 1℃ 晴 

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

 

上智大グランド上の桜並木の土の道に霜が降りていた。

赤坂見附交差点の気温計は1℃であった。

今年の冬は寒い。

寒くてもシジュウカラがさえずっていた。

シジュウカラは光の春を感じたのか。

上智大グランド土手の松の下に今年もビンズイが来ているか探したが、いなかった。

その代わりシロハラが1羽いた。

そばにキジバトも2羽いた。

弁慶濠のカモはカルガモが主体で、マガモが1羽だけいた。

昨年の1月にいたオカヨシガモは今年はいなかった。

Photo
(写真は赤坂見附交差点)

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

30 マガモ 1

32 カルガモ 36

74 キジバト 2

127 カワウ 1

436 ハシブトガラス 4

445 シジュウカラ 2

463 ヒヨドリ 20

485 メジロ 10

521 シロハラ 1

569 スズメ 2

569.2 スズメ(外堀通り) 2

 ビワ 

 ヤツデ 

 レンギョウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasuya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年1月 6日 (日)

鳥見歩る記*富士森公園2013.1.6

2013  1015分1120分 1300分1425分 

京王高尾線狭間駅近くの「ギャラリーカフェさくら」に友人の写真展を見に行った。

自宅から自転車で行き、行き帰りに途中の富士森公園に立寄って鳥見をした。

コゲラ、シロハラ(写真、一番下)ウグイスが出たが、これだけかと思っていると突然ヤマガラが目の前に現れた。

ラッキーなことにヤマガラだけでなかった。

シジュウカウの混じる混群で、何とキクイタダキ(写真)2羽混じっていた。

キクイタダキはアカマツの葉の中で見え隠れして、証拠写真しか撮れなかった。

Photo

地面近くにはルリビタキもいた。

帰りにも公園に立寄るとジョウビタキ、モズ、メジロにも出会うことが出来た。

Photo_3

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

74 キジバト

390 コゲラ

420 モズ

435 ハシボソガラス

436 ハシブトガラス

438 キクイタダキ

442 ヤマガラ

443 ヒガラ

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

464 ウグイス

485 メジロ

521 シロハラ

536 ルリビタキ

540 ジョウビタキ

903 ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

|

2013年1月 5日 (土)

鳥見歩る記*亀戸七福神2013.1.5

20135  1030分135分 晴

亀戸七福神コース近くの亀戸天神の藤棚のある池にカワセミを期待して亀戸天神を歩いた。

亀戸駅から明治通りを亀戸4丁目信号まで行き、右折して最初の常光寺(寿老人)へ行った。

3番目の香取神社は初詣で賑わっていた。

ここで始めてスズメに出会う。

境内に亀戸大根の碑があった。

Photo
この辺りは嘗ては大根の産地であったと記されている。

普門院は緑が多いが手入れがあまりいきとどいていない感じでヒヨドリが多く、ツグミもいた。緑に囲まれた寺の後にスカイツリーがそびえていた。

Photo_2

天租神社でメジロに会う。

近くの神明橋から横十間川を覗くとカワウ、カルガモ、ハクセキレイがいた。

龍眼寺でキジバトが出現、境内にワビスケ(写真)の花が咲いていた。霜柱が立っていた。最近では都内で霜柱は珍しいのではないか。

ここの七福神は狭い範囲に集中しているので、1140分には全て回り終わってしまった。

Photo_3
カワセミが期待できる亀戸天神に向かった。

途中、横十間川の栗原橋の下の小さなヨシ原にいたスズメ10羽を見ているとそこにウグイスが現れた。

予想しない所でウグイスのお目見えである。

亀戸天神の池にはカルガモ、スズメがいた。

カワセミを30分以上待ったが待ち人来たらずであった。

初詣で賑わっているので無理なのだろう。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

32 カルガモ

74 キジバト

127 カワウ

436 ハシブトガラス

463 ヒヨドリ

464 ウグイス

485 メジロ

525 ツグミ

569 スズメ

574 ハクセキレイ

903 ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年1月 4日 (金)

鳥見歩る記*浅川(自宅⇔長沼橋)2013.1.4

2013  1425分~1715分 晴

天神町の自宅から浅川の長沼橋まで往復した。

8kmの距離。

1425分に出て、到着は1715分だった。

12日の午後はぽかぽか日和であったが、今日は冷たい風があり、底冷えのする日であった。

途中北野町のあったかホールに立寄り713日に開催するイベント(タカの渡りの勉強会)の会場予約をした。

あったかホール構内でメジロに出会った。

されに同構内の繁みでがさがさ音あり、シロハラであった。

ここから浅川右岸堤防を下流に向かって歩く。

水管橋の上にアオサギが1羽止まり、羽を休めていた。

長沼橋近くに来ると上空をヒメアマツバメが飛んでいた。1

0羽くらいいた。

長沼橋を渡り、左岸堤防に出て上流に向かうとコガモが集団で越冬するさいかち池がある。

時計は16時をまわり太陽が沈みかけてきた。

このさいかち池までなんとか日が沈まないうちに着こうと必死にあるいた。

お陰で西日を受けて羽を休めているコガモに出会うことができた(写真)。

この池には他にバン、アオサギ、ゴイサギがいて、カワセミとウグイスの声も聞こえてきた。

コガモは30羽以上いたようだ。

帰路、山田川沿いを歩いているとモズが飛んできた。

1715分、家に着いた時は暗くなっていた。

Photo

観察した野鳥などは以下の通りです。

32 カルガモ

38 コガモ

74 キジバト

139 ゴイサギ

144 アオサギ

193 ヒメアマツバメ

383 カワセミ

420 モズ

435 ハシボソガラス

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

464 ウグイス

485 メジロ

506 ムクドリ

521 シロハラ

525 ツグミ

569 スズメ

573 キセキレイ

574 ハクセキレイ

575 セグロセキレイ

584 タヒバリ

587 カワラヒワ

610 ホオジロ

903 ドバト

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2013年1月 3日 (木)

鳥見歩る記*高月水田 2013.1.3

 

2013年1月3日、10時35分~11時55分 晴

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

Photo_4

田んぼに着くとチョウゲンボウがいきなり飛んで来て、多摩川の方へ飛んで行った。

ノスリが上空を旋回してくれた。

トビが3羽同時に出てきたが、カラスのモビングは無かった。

ホオジロが3羽用水路の縁に止まった。

ヒバリ3羽が田んぼから飛びあがったが声は無かった。

田んぼで超望遠のレンズを着けたカメラマンが一人いた。

何を狙っているのだろうか。

Photo_5

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

74 キジバト 1

342 トビ 3

358 ノスリ 1

401 チョウゲンボウ 1

420 モズ 2

435 ハシボソガラス 2

452 ヒバリ 3

506 ムクドリ 2

525 ツグミ 2

569 スズメ 50

574 ハクセキレイ 15

575 セグロセキレイ 3

584 タヒバリ 7

587 カワラヒワ 10

610 ホオジロ 2

903 ドバト 100

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2013.1.3

2013日、30分~1020分 

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

 

河原の半分が工事用の道路になってしまっていた。

この場所は、国土交通省(京浜河川事務所)が定める多摩川河川環境管理計画に位置付けられた多摩川の機能空間区分の「生態保持空間」である。

「生態保持空間」は通称「マルハチ(⑧)空間」と呼ばれ、「学職経験者など専門家による生態学的な観点から、動物や植物などの生息・生育地として特に保全する必要があると認められた区域」と解説されている。

「生態保持空間」でこのような環境改変工事を行っていいのでしょうか。シメが2羽いた。

アオジが8羽まとまっていた。

ベニマシコの声らしい声が聞こえてきたが、確認で記なかった。

Photo_3

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

74 キジバト 2

342 トビ 1

435 ハシボソガラス 4

436 ハシブトガラス 2

463 ヒヨドリ 4

587 カワラヒワ 20

600 シメ 2

610 ホオジロ 2

617 カシラダカ 1

624 アオジ 8

909 ガビチョウ 2

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高月浄水場池(イタチ、ヨシガモ)2013.1.3

2013  1155分 晴

Photo

高月浄水場の池でカモを観察しているとイタチが出てきて、可愛い顔を見せてくれました。池で観察したカモ、その他水鳥は以下の通りで、今年もヨシガモが帰ってきました。常連のオカヨシガモは探したが1羽もいませんでした。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

27 ヨシガモ 8

28 ヒドリガモ 8

30 マガモ 27

32 カルガモ 14

35 オナガガモ 50

38 コガモ 10

46 キンクロハジロ 2

62 カイツブリ 1

127 カワウ 8

144 アオサギ 1

146 ダイサギ 1

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年1月 2日 (水)

鳥見歩る記*浅川散歩2013.1.2

2013  1500分1700分 晴

ぽかぽか陽気に誘われ、昼から飲んだ酒を冷やすため午後3時から浅川を散歩した。

天神町自宅から浅川橋に出て右岸堤防や河原を上流方向に向かい、南北浅川合流地まで行って折り返した。

浅川橋の下にはコサギ1とコガモ6がいて、コガモは顔を水中に入れて採餌していた。

萩原橋付近にはイソシギ(写真)、イカルチドリがいた。

Photo

ともに2羽ずつであった。

枯れたツルヨシの中にはホオジロ、アオジ、カシラダカが見え隠れしていた。

川にはアオサギ(写真)もいた。

鶴巻橋付近の河原広場には凧揚げが大勢いて、空の凧の数をカウントしたら10であった。

カメラマンが川に立てた枝にカワセミが来ていた。

その近くにジョウビタキのオスも出た。

ビワの花にはメジロが来ていた。

午後5時で夕暮れとなった。

心地よい散歩であった。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

32 カルガモ

38 コガモ

74 キジバト

144 アオサギ

148 コサギ

202 イカルチドリ

244 イソシギ

342 トビ

383 カワセミ

420 モズ

436 ハシブトガラス

463 ヒヨドリ

506 ムクドリ

525 ツグミ

569 スズメ

574 ハクセキレイ

575 セグロセキレイ

587 カワラヒワ

610 ホオジロ

617 カシラダカ

624 アオジ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2013年1月 1日 (火)

鳥見歩る記*習志野七福神2013.1.1

2013  1040分1430分 晴

毎年正月は七福神巡りをしている。

最近は七福神巡りコースでカワセミが出る(出そうな)コースを選択して歩いている。

今日は習志野七福神を歩いた。

寿老人のある無量寺近くの実籾本郷公園の池でカワセミが期待できるからである。

JR総武線津田沼駅で降りて、先ず毘沙門天に西光寺に行った。

この寺近くでメジロ、シジュウカラに出会った。

この寺の境内にはタブノキとスダジイの大木が鎮座していた。

常緑のタブノキの繁みの中でハシブトガラスが1羽眠っていた。

恵比寿様の東漸寺に行く途中の津田沼小学校校庭のスダジイにはオナガが約10羽来ていた。

東漸寺の境内にはイチョウの大木があり、メジロが来ていた。

布袋尊の正福寺も大きなイチョウ、さらに6番目の弁財天の薬師寺にもイチョウの大木があった。

この寺の門前には秋山好古が習志野に凱旋したという碑があった。

実籾に入り最後の寿老人無量寺に行く前に実籾本郷公園に行った。

ここにはホタルの里と看板がかかる田んぼがあり、湿地があり、小さな池があった。

その池にカメラマンが2人来ていた。

池にはカルガモ12羽、コガモ14羽いて、カワセミが直ぐ近くに来てくれた。

このコースは住宅地と農村が混在している所が多く、距離が長く、一つ一つの七福神にたどり着くのが大変で、何回もみちを尋ねたが、地元の方々は親切に教えてくれた。

巨木もあちこちに残っていた。

Photo

観察した野鳥などは以下の通りです。

32 カルガモ

38 コガモ

74 キジバト

383 カワセミ

429 オナガ

435 ハシボソガラス

436 ハシブトガラス

445 シジュウカラ

463 ヒヨドリ

485 メジロ

569 スズメ

574 ハクセキレイ

624 アオジ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »