« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月28日 (金)

鳥見歩る記*陣場山(サシバ観察)2012.9.24

201224日 8時30分~16時30分 晴

秋のサシバの渡りを観察するため陣場山に登った。

藤野駅からバスで終点の和田まで行った。

830分に和田を出発。

途中シモバシラ、キバナアキギリ、カシワバハグマなどの花を見ながらの登山、クサボタン(写真)も花を付けていた。

Photo

陣馬山頂に1010分着、草原の中でカンタンが鳴いていた。

ヤクシソウやアキノキリンソウも咲き出した。

山頂でタカの観察を始めた。

カワセミ会のメンバーが他に2人来てくれた。

1017分ハヤブサ1羽が通過して行った。

1211分ハチクマ1羽が頭上を通過して行った。

13151羽のサシバが東側に現れたが遠くて見失ってしまった。

1427分ノスリ1羽が通過して行ったのを見届けて和田峠経由陣馬高原バス停まで歩いた。

1時間に1本しかないバスで、次の発車まで50分あったので、夕焼け小焼け公園まで歩いた。1430分着。

途中ツルニンジンの花に出会い、ヒバカリというヘビも目撃した。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

ハチクマ 

ノスリ 

ハヤブサ 

キジバト 

アオゲラ 

ツバメ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

エゾビタキ 

エナガ 

コガラ 

ヤマガラ 

シジュウカラ 

メジロ 

ホオジロ 

カケス 

ハシブトガラス 

ガビチョウ 

アサギマダラ 

ウラギンシジミ 

キアゲハ 

キタテハ 

ツマグロヒョウモン 

ヤマトシジミ 

アキアカネ 

エンマコオロギ 

カンタン 

ツヅレサセコオロゴ 

ヒバカリ 

アキカラマツ 

アキノエノコログサ 

アキノキリンソウ 

アキノタムラソウ 

アズマヤマアザミ 

イヌコウジュ 

イヌショウマ 

イノコズチ 

オクモミジハグマ 

オトコエシ 

カシワバハグマ 

カゼクサ 

カラムシ 

ガンクビソウ 

キツネノマゴ 

キバナアキギリ 

キンエノコロ 

キンミズヒキ 

クサボタン 

クルマバナ 

ゲンノショウコ 

コウゾリナ 

コウヤボウキ 

シモバシラ 

シュウメイギク 

シロザ 

シロヨメナ 

ススキ 

チカラシバ 

チヂミザサ 

ツユクサ 

ツリガネニンジン 

ツリフネソウ 

ツルニンジン 

トネアザミ 

ノコンギク 

ノハラアザミ 

ノブキ 

ヒガンバナ 

ヒキオコシ 

ママコノシリヌグイ 

マルバハギ 

ミズヒキ 

ヤクシソウ 

ヤブガラシ 

ヤブマメ 

ヤブミョウガ 

ヤマゼリ 

ヤマハギ 

ヤマハッカ 

ユウガギク 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2012年9月23日 (日)

鳥見歩る記*小川町下里集落(有機農業の里)2012.9.22

201222日 11時15分~16時20分 曇後晴

有機農業の里、埼玉県小川町の下里集落を4人で歩いた。

小川町駅から歩いて、下里集落手前の槻川柳町橋手前でカワセミが出た。

橋から下流側にはカイツブリが2羽いて、潜水を繰り返していた。

下里の金子農園に着くとモズが高鳴きして、トビも上空で輪を描いてくれた。

金子農園ではシカクマメがハウスの中で栽培されていた。

畑ではモロヘイヤとクウシンサイ(写真)が花を咲かせていた。

このような作物の花を見るのは珍しい。

Photo_6

ヤマノイモには大きくなったキイロスズメの幼虫が葉を食べていた。

緑色型と褐色型の両方がいた。

田んぼに行くとアキアカネが多く飛んでいる中で、胸まで赤いナツアカネも稲穂に止まっていた。

稲穂の中で僅かのツユクサ、サクラタデの花がアクセントをつけていた(写真)

Photo_5

ヒガンバナを畦に植えたというが、未だ開花に至らず、川沿いの日影のヒガンバナは咲き出していた。

田んぼで大学生に出会った。有機の田んぼを題材にして卒論を書くための研究だそうだ。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ 

カワウ 

アオサギ 

カルガモ 

トビ 

キジバト 

カワセミ 

コゲラ 

キセキレイ 

セグロセキレイ 

ヒヨドリ 

ウグイス 

シジュウカラ 

メジロ 

イカル 

スズメ 

ハシボソガラス 

ハシブトガラス 

ガビチョウ 

イチモンジセセリ 

キタテハ 

キチョウ 

コミスジ 

チャバネセセリ 

ヒメジャノメ 

キイロスズメ 幼虫

アキアカネ 

オニヤンマ 

シオカラトンボ 

ナツアカネ 

ノシメトンボ 

ハグロトンボ 

ツクツクボウシ 

ミンミンゼミ 

オオカマキリ 

ジョロウグモ 

アオマツムシ 

エンマコオロギ 

キリギリス 

ツヅレサセコオロゴ 

トノサマバッタ 

アマガエル 

アカツメクサ 

アキカラマツ 

アキノエノコログサ 

アキノゲシ 

アキノタムラソウ 

アメリカセンダングサ 

アレチウリ 

アレチヌスビトハギ 

イタドリ 

イヌガラシ 

イヌタデ 

イヌホオズキ 

イノコズチ 

ウシハコベ 

エノコログサ 

オオアレチノギク 

オオイヌタデ 

オオニシキソウ 

オオブタクサ 

オシロイバナ 

オヒシバ 

カシワバハグマ 

カゼクサ 

カタバミ 

カナムグラ 

カヤツリグサ 

カラスノゴマ 

カラムシ 

クサギ 

クサノオ 

クズ 

ゲンノショウコ 

コバノギボウシ 

サクラタデ 

ザクロソウ 

シロザ 

ススキ 

セイバンモロコシ 

セイヨウタンポポ 

センニンソウ 

タカサブロウ 

タマガヤツリ 

チカラシバ 

チヂミザサ 

ツユクサ 

ツルボ 

ナンテンハギ 

ニラ 

ヌスビトハギ 

ノダケ 

ノブドウ 

ハエドクソウ 

ハグロソウ 

ハナタデ 

ハハコグサ 

ヒガンバナ 

ヒメジョオン 

フジカンゾウ 

ヘクソカズラ 

ママコノシリヌグイ 

ミズヒキ 

ミゾソバ 

メヒシバ 

メマツヨイグサ 

ヤブヅルアズキ 

ヤブラン 

ユウガギク 

ヨウシュヤマゴボウ 

ルコーソウ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2012.9.18

201218日、00分~39分 29℃ 晴れ

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

 

セミが激減した。ミンミンゼミの声は無し。

しかし、何とクマゼミの声が桜並木の桜から聞こえてきた。

ノシメトンボ1匹を桜並木で確認出きた。

弁慶濠沿いを歩いているとヤブガラシの葉にイチモンジセセリ1匹が止まっていた(写真)。

ダイサギ1羽は弁慶濠にいたものである。

Photo

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ダイサギ 1

ヒヨドリ 2

シジュウカラ 4

スズメ 4

スズメ外堀通り 2

ハシブトガラス 6

ドバト外堀通り 8

イチモンジセセリ 1

ヤマトシジミ 7

ノシメトンボ 1

クマゼミ 1

アブラゼミ 2

ツクツクボウシ 15

ボート 2

イタドリ 

イヌホオズキ 

イノコズチ 

エノコログサ 

オオアレチノギク 

オニドコロ 

カイコウズ 

カナムグラ 

クズ 

コセンダングサ 

コマツヨイグサ 

ススキ 

センニンソウ 

チカラシバ 

ツユクサ 

ヒメジョオン 

ヒルガオ 

メヒシバ 

メマツヨイグサ 

ヤブガラシ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasuya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2012年9月16日 (日)

鳥見歩る記*昭和記念公園 2012.9.12 

 

2012年9月12日、10時30分~14時20分 晴

読売文化センターの野鳥観察講座で、今月は立川の昭和記念公園に行った。

西立川口から入って真正面の水鳥の池にはカイツブリの親子、カルガモ、カワウがいた。

カワセミは探したがいなかったが、池を一周して湖畔の日影で昼食をとっている時に現れてくれた。

池にはチョウトンボもいた。

トチノキが稔り栗のような実が落ちていた。

バードサンクチャリには鳥影は無く、その近くの木にカラ類の混群がいた。

スイレンがある池に小さな赤とんぼがいた。

マユタテアカネかと思ったが顔に繭の模様はなくヒメアカネのようであった。

午後は日本庭園に行ってみた。

庭園に入ると日影は涼しかった。

ショウジョウトンボ、ギンヤンマなどがいた。

この公園はトンボの種類が多く、8種が観察された。

桜の木にツツドリはきていないか探したが見当たらずであったが、最後に立川門近くで前方を横切って飛んだツツドリに出会うことができた。

Photo_2

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カイツブリ

カワウ

アオサギ

カルガモ

トビ

キジバト

ツツドリ

ヒメアマツバメ

カワセミ

コゲラ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

エナガ

シジュウカラ

メジロ

ムクドリ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ドバト

イトトンボsp

オニヤンマ

ギンヤンマ

コシアキトンボ

シオカラトンボ

ショウジョウトンボ

チョウトンボ

ヒメアカネ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasuya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記(自宅⇒富士見通り⇒八王子駅北口)2012.9.11

20121125~40分 

コースは自宅を出て八王子市八幡町の国20号信号から南に約200m進み、南新町信号を左折して富士見通り(JR中央線の北側を平行)を約1km八王子駅北口までで、八幡町の国道20号信号から南新町信号踏切までは道路の両側にハナミズキの街路樹があるが、富士見通りには街路樹は全く無く、駅近くの西放射線通りにカツラが少しあるだけである。八王子駅北口は八王子市商店街の中心地で沿線は三小通りと比べ、緑環境が少ないコースである。

 

キジバト2羽が道を横切って低く飛んで行った他は、駅近くでハシブトガラスとドバトに出会っただけであった。

先週は三小通りでアサガオの花にあったが、オシロイバナも秋らしくなった気候で花が目立つようになってきた。

Photo

 

観察した鳥は以下のとおりです。

キジバト 2

ハシブトガラス 2

ドバト 6

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2012年9月12日 (水)

鳥見歩る記*多摩川(石田大橋⇒中央線鉄橋)2012.9.9

20129日 8時50分~11時15分 晴

カワセミ会の9月の月例探鳥会で、多摩モノレール万願寺駅集合、多摩川右岸に出て日野市民グランドから上流に向かい中央線鉄橋まで歩いた。

多摩川に出ると河原でモズ2羽が高鳴きをしていた。

秋となり、モズが高鳴きして縄張りを宣言する季節となった。

しかし、今日も残暑が厳しい。

中央自動車道付近ではカワウが川に降りていた。

ダイサギ、アオサギも1羽ずつ混ざっていた。

Photo

河原の葉を落とした小さな木の枝にセッカが来て止まってくれた。

木の枝に止まるセッカをじっくり見る機会は少ないので、運が良かった。

日野橋手前では河原にカワセミが1羽、イカルチドリが2羽いた。

暑いので日野橋の下の日影で休んでいると、橋脚にイソヒヨドリのメスが1羽現れて、虫を捕まえて食べていた。

Photo_2

チョウゲンボウが多摩者テールの上空を旋回し近くの高圧線鉄塔に止った。

最後は腰アカツバメ5羽が電線で羽根を休めているところを観察できた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ

カワウ

ダイサギ

アオサギ

カルガモ

トビ

チョウゲンボウ

イカルチドリ

イソシギ

キジバト

ヒメアマツバメ

カワセミ

ヒバリ

ツバメ

コシアカツバメ

イワツバメ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

モズ

イソヒヨドリ

ウグイス

セッカ

シジュウカラ

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ドバト

ガビチョウ

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2012年9月 8日 (土)

鳥見歩る記*高月水田 2012.9.7 

 

2012年9月7日、9時55分~11時28分 晴

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

 

稲穂がそろいあちこちに案山子が目立った。

この田んぼの案山子は毎年マネキンが使われている。

田んぼでは稗抜きの作業をしている人が目立った。

イナゴが多く、ハシボソガラスもイナゴを採っているような行動が観察されていた。

Photo_3

ツバメは渡り途中のものであろうか、2羽でやって来て西の方向へ飛んでいくのが5組観察された。

例年は初秋はナツアカネが稲穂の上から連結状態で産卵飛翔が見られるが、今年は稲穂にとまる雄1匹を観察しただけであった。

ウラギンシジミは田んぼの一角の木の下の日影で観察したものである。

Photo_4

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アオサギ 1

キジバト 2

ツバメ 10

ハクセキレイ 3

ヒヨドリ 2

シジュウカラ 2

カワラヒワ 2

スズメ 170

ムクドリ 20

ハシボソガラス 2

ハシブトガラス 2

イチモンジセセリ 4

ウラギンシジミ 1

キタテハ 1

ヒメウラナミジャノメ 2

モンキチョウ 5

モンシロチョウ 2

ヤマトシジミ 7

オニヤンマ 1

ナツアカネ 1

ミヤマアカネ 2

ムギワラトンボ 2

ウスバキトンボ 20

ハグロトンボ 25

シオカラトンボ 80

ミツカドコオロギ 5

エンマコオロギ 20

イタドリ 

イヌガラシ 

オオケタデ 

オオニシキソウ 

オヒシバ 

オモダカ 

ガガイモ 

カタバミ 

カラムシ 

キツネノマゴ 

クズ 

コセンダングサ 

コナギ 

シロツメクサ 

スズメノヒエ 

スベリヒユ 

センニンソウ 

タカサブロウ 

チョウジタデ 

ツユクサ 

ニラ 

ハキダメギク 

ヘクソカズラ 

ボタンヅル 

ミゾカクシ 

ミチヤナギ 

メヒシバ 

ヤブガラシ 

ヤブラン 

ユウガギク 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2012.9.7

2012日、50分~40分 

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

 

現場に着くとカラスが騒がしく鳴いていた。

オオタカがニセアカシアに止まっていたためであった。

その後オオタカは舞い上がり上空を旋回したがハシブトガラス4羽に追い回され北の方に消えた。

モズが高鳴きをしていた。

山から帰ってきたモズか、越夏したモズかは不明である。

ウグイスはさえずりから地鳴きに変わった。

キキイモが満開となっていた。

Photo_2


 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

トビ 1

オオタカ 1

ヒヨドリ 4

モズ 1

ウグイス 2

メジロ 2

スズメ 2

ハシボソガラス 3

ハシブトガラス 8

コジュケイ 2

ガビチョウ 2

キチョウ 1

ツバメシジミ 1

ミスジチョウ 1

スジグロシロチョウ 2

イチモンジセセリ 5

ヒメウラナミジャノメ 20

ハグロトンボ 1

ミヤマアカネ 2

シオカラトンボ 5

ツクツクボウシ 3

アカツメクサ 

アキノエノコログサ 

アレチウリ 

イノコズチ 

ウド 

オオイヌタデ 

オオブタクサ 

オヒシバ 

カヤツリグサ 

キクイモ 

キツネノマゴ 

ギンミズヒキ 

クズ 

センニンソウ 

タラ 

ツユクサ 

ツルマメ 

ヒメジョオン 

フタバムグラ 

ヘクソカズラ 

ママコノシリヌグイ 

メドハギ 

メヒシバ 

ヤブガラシ 

 

 

*******

粕谷和夫

 皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

アドレスは kk-kasya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

|

鳥見歩る記2012.9.6(三小通り⇒八王子駅南口)

 

 

2012日、7時23分~7時43分 晴

コースは八王子市上野町金剛院の踏切から南に約200mみ、市民会館入口信号を左折して三小通り(JR中央線の南側を平行)を約1km八王子駅南口までで、踏切から市民会館入口信号までは道路の両側に里桜の街路樹、市民会館入口信号から国道16号の交差点までは道路の両側にハナミズキの街路樹、国道16号の交差点から八王子駅南口まではイチョウの街路樹が整備されている。沿線には寺が4つ、小学校が一つ、公園が一つある。

 

朝顔の季語は、秋であり、秋の訪れを告げる花。

街路樹の下に中輪のアサガオが朝陽を受けていた。

確かに季節は秋になったが、厳しい残暑は続いていて、野鳥もが街路樹のイチョウにいただけであった。

Photo

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

スズメ 4

ドバト 2

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

 

|

2012年9月 7日 (金)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2012.9.5

2012日、20分~1500分 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。さらに4号路を進み、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

 

蛇滝林道でケヤキに集まるメジロの群に出会った。

20羽。

枝の脇でホバーリングして餌を採るものもいた。

コゲラ、シジュウカラも混ざっていた。

2号路を歩いているとカヤの実があちこちに落ちていた。

皮だけで中身は食べられていた。

犯人は誰であろうか。

ヒメネズミかもしれない。

毎月何時咲くかと楽しみにしていたミヤマウズラがどうやら開花したようだ。

4号路を歩いていたらモミの木の下にマツグミが落ちていた。

直ぐ近くではモミジガサが満開であった。

フクシマシャジンとツリガネニンジンの区別がガクの形で見分けることが出来た。

セミではミンミンゼミも多いがツクツクボウシが断然多くて160匹を数えた。

キハギが今年も咲き出した。

1号路の下山途中の葉の上にとまるヒダリマキマイマイに出会った。

Photo_3

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。



アオゲラ 1Photo_4

コゲラ 2

ヒヨドリ 4

エナガ 12

ヤマガラ 4

シジュウカラ 10

メジロ 28

ハシブトガラス 6

ガビチョウ 2

アオスジアゲハ 1

アカボシゴマダラ 1

アサギマダラ 1

カラスアゲハ 2

クロアゲハ 1

モンキアゲハ 1

アブラゼミ 10

ツクツクボウシ 160

ミンミンゼミ 65

アカネ 

イノコズチ 

ウマノミツバ 

オオヤマハコベ 

カラムシ 

ガンクビソウ 

キハギ 

キンミズヒキ 

クサギ 

ゲンノショウコ 

シロヨメナ 

ダイコンソウ 

タマアジサイ 

チヂミザサ 

ツユクサ 

ツリガネニンジン 

ナガバノコウヤボウキ 

ヌスビトハギ 

ノササゲ 

ノハラアザミ 

ノブキ 

ハグロソウ 

ハナタデ 

ヒメガンクビソウ 

ヒヨドリバナ 

フジカンゾウ 

フクシマシャジン 

マツカゼソウ 

マツグミ 

ママコノシリヌグイ 

ミズヒキ 

ミヤマウズラ 

ムカゴイラクサ 

ムラサキニガナ 

メヤブマオ 

モミジガサ 

ヤブヘビイチゴ 

ヤブマオ 

ヤブミョウガ 

ヤブラン 

ヤマホトトギス 

ユウガギク 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2012.9.5

2012日、005分 

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

 

駒木野病院前の梅林下のヤブランの群落が今年も花を一斉に咲かしてくれた。

その中に白花のものが2株あった。

Photo_2

ツルボが咲き出した。

ママコノシリヌグイの花にイチモンジセセリが来ていた。

数が多く、ざっと数えただけで20匹はいた。

林に入りエナガの群に出会った。

こちらも20羽ぐらいはいた。

ヤマガラ、シジュウカラが少し混じっていた。

 

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト 1

コゲラ 1

キセキレイ 1

セグロセキレイ 1

ヒヨドリ 8

エナガ 20

ヤマガラ 2

シジュウカラ 12

メジロ 4

スズメ 5

ガビチョウ 2

イチモンジセセリ 20

ヒメウラナミジャノメ 10

ミヤマアカネ 1

ムギワラトンボ 1

アブラゼミ 6

ツクツクボウシ 10

ニイニイゼミ 1

ミンミンゼミ 45

アキノタムラソウ 

アマチャズル 

イタドリ 

イヌトウバナ 

イノコズチ 

ウマノミツバ 

オオイヌタデ 

オオブタクサ 

オトコエシ 

カゼクサ 

カナムグラ 

カラムシ 

ガンクビソウ 

キクイモ 

キツネノマゴ 

キンミズヒキ 

クサギ 

クズ 

センニンソウ 

タマアジサイ 

チヂミザサ 

ツユクサ 

ツルボ 

ヌスビトハギ 

ノハラアザミ 

ノブキ 

ハグロソウ 

ハナタデ 

ヒメジョオン 

ヒヨドリバナ 

フジカンゾウ 

ヘクソカズラ 

ママコノシリヌグイ 

ミズヒキ 

ムカゴイラクサ 

ムラサキエノコロ 

メヒシバ 

メマツヨイグサ 

メヤブマオ 

ヤブガラシ 

ヤブラン 

ユウガギク 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等をkk-kasuya*nifty.com(*を@に変換して下さい)宛に頂ければ幸いです。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2012.9.4

2012日、00分~35分 30℃ 晴れ

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

 

前回821日と比べてセミが減ってきた。

野鳥は未だこの季節は少なくてスズメとハシブトガラスだけであった。

残暑は相変わらず厳しいが、アキカラマツ、センニンソウ(写真)など、初秋の花が咲き出した。

Photo

 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

スズメ 2

スズメ外堀通り 2

ハシブトガラス 4

ハシブトガラス外堀通り 1

ドバト 3

ドバト外堀通り 3

アオスジアゲハ 1

ナミアゲハ 1

アブラゼミ 25

ツクツクボウシ 55

ミンミンゼミ 40

アキカラマツ 

イノコズチ 

エノコログサ 

オオアレチノギク 

オニノゲシ 

カナムグラ 

クズ 

コセンダングサ 

コマツヨイグサ 

センニンソウ 

チカラシバ 

ツユクサ 

メヒシバ 

メマツヨイグサ 

ヤブガラシ 

 

 

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。

アドレスは kk-kasuya*nifty.com(*」を「@」に変えて下さい) です。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »