« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月30日 (水)

鳥見歩る記*藤野(イソヒヨドリ営巣観察)2012.5.26

201226  1310分1630分 

Photo_5

午後、藤野駅周辺のイソヒヨドリの営巣調査に行って巣を確認した。

1310分から1630分までの間に♀3回、♂5回餌運びを観察した。

餌運びを追跡し、民家に営巣していることを確認した。

民家の大家さんも巣があることを気づいてなっかったが、大家さんには巣立ちまでそっとしておいて欲しいと依頼した。

観察した野鳥などは以下の通りです。

アオサギ

トビ

ツバメ

ハクセキレイ

イソヒヨドリ

ウグイス

スズメ

ムクドリ

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*カワセミ会ジュニアクラブ浅川2012.5.26

201226  40分1110分 晴

Photo_4

浅川右岸堤防エコ広場裏から長沼橋まで、下り、同橋を渡って、左岸堤防を池のような湿地池で観察し、新浅川橋まで歩き、同橋を渡り、エコ広場に戻るコース

第36回カワセミ会ジュニアクラブ観察会。

八王子の各小学校は運動会で、集まった親子は1組だけだったがサポーターが7名集まった。

渡りの途中と思われるキアシシギが1羽、中央線鉄橋下流の川で採餌していた。

湯殿川の河原にツマグロヒョウモンのオスメスが絡みあっていたが、交尾成立せずであった。

その後、アカボシゴマダラの春型が1頭飛んできた。

セッカの昇りの声、降りるときの声が聞き分けられた。

夏鳥のオオヨシキリが(声及び姿)が、本コースでは何年ぶりかの観察だった。

さいかち池ではバンの成鳥1羽が警戒音を出していた。

巣があるのかも知れない。

ハナウドが咲きだし、そこにヒメウラナミジャノメが来ていた(写真)。

帰路新浅川橋付近でヒバリの囀りを観察できた。

今ではこの地ではヒバリも希少である。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ   

アオサギ             

カルガモ             

トビ      

キアシシギ          

イソシギ             

キジバト             

カワセミ             

コゲラ   

ヒバリ   

ツバメ   

イワツバメ          

ハクセキレイ      

セグロセキレイ   

ヒヨドリ             

ウグイス             

オオヨシキリ      

セッカ   

シジュウカラ      

ホオジロ             

カワラヒワ          

スズメ   

ムクドリ             

オナガ   

ハシボソガラス   

ハシブトガラス   

ドバト   

ガビチョウ          

コミスジ             

ツマグロヒョウモン          

ナミアゲハ          

ヒメウラナミジャノメ      

ベニシジミ          

モンキチョウ      

モンシロチョウ   

ヤマトシジミ      

アカボシゴマダラ             

アカバナユウゲショウ      

イボタノキ          

オッタチカタバミ             

カタバミ             

カラスノエンドウ             

ギシギシ             

キショウブ          

クサフジ             

クスノキ             

コウゾリナ          

ショカツサイ      

スイカズラ          

センダン             

ナワシロイチゴ   

ニワゼキショウ   

ノイバラ             

ハナウド             

ハルジオン          

ヒメジョオン      

ピラカンサ          

ヒルガオ             

ブタナ   

ヘラオオバコ      

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*城ケ島(イソヒヨドリ営巣観察)2012.5.25

201225  1020分1321分 

Photo_3

内陸で営巣するイソヒヨドリの勉強の一環として、本場の海岸で営巣するイソヒヨドリを観察に行った。

三浦半島で長年野鳥の観察をしているM氏から頂いた以下のコメントを参考に城ケ島を選んだ。

「イソヒヨドリの繁殖の様子を観察されるのであれば、昔から代々繁殖している城ヶ島の赤羽根海岸がよいと思います(ウミウのねぐらがある崖の手前に砂浜がありますが、その砂浜が面している崖のどこかに毎年繁殖するはずです)」。

京浜急行線三崎口からバスで終点の城ケ島バス停まで行き、バス停から海岸に出て馬の背洞門に向かうと、洞門の手前約200m付近で巣立ち雛2羽と雄親1羽の家族に出会った。

親が巣立ち雛に餌を与えていた。

洞門のところでも雄雌の親に出会ったが、ここでは巣の場所は確認できなかった。

洞門を過ぎて「カワウ展望台」から赤羽根海岸(ウミウのねぐらがある崖の手前に砂浜)面している崖を観察できた。

先ず崖でトビの巣を見つけた。

大きくなった雛2羽が巣中にいて、親が餌運びをしていた。

イソヒヨドリの姿を確認したので注意深く観察し、餌を銜える親を追跡して巣の位置を確認することができた(写真)。

巣は崖の岩場の隙間にあるようで、親の出入りを観察した。

観察した野鳥などは以下の通りです。

トビ      

キジバト             

コゲラ   

ハクセキレイ      

イソヒヨドリ      

ウグイス             

シジュウカラ      

ホオジロ             

カワラヒワ          

スズメ   

ムクドリ             

ハシブトガラス   

コマツヨイグサ   

ジシバリ             

シャリンバイ      

トベラ   

ノイバラ             

ハマエンドウ      

ハマダイコン      

ハマヒルガオ      

ハマボッス          

ミヤコグサ          

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(日影沢・一丁平・小仏城山)2012.5.23

201223  45分1530分 晴

Photo

平日の高尾周辺歩きを開催したところ19名のメンバーが集まった。

コースは日影沢から一丁平に上がり、小仏城山を経て林道を日影まで下るルートとした。

日影沢入り口付近の小仏川にはヤブデマリの大きな株があり白い花を株全体に付けていた。

その近くのオオバアサガラは蕾であった。

林道に入るとガクウツギの花が芳香を放っていた。

カワトンボが眼につく。

ミツバツウツギの花にオナガアゲハが来ていた。

オオルリの囀りが真上から聞こえてきた。

一丁平への道に入るとキビタキも姿を見せてくれた。

ヤブサメの声は何とか聞こえたがセンダイムシクイは確認できなかった。

一丁平でクロツグミの声有り。

キジカクシが花を付けていた。

ハルゼミだかエゾハルゼミだかが鳴きだした。

小仏城山でのコース脇にキンランがいっぱい咲いていた(写真)。

小仏城山山頂で昼飯を食べているとトビ、ツバメが飛んできた。

下りの林道脇にワニグチソウあった。

ホオジロがさえずっていた。

林道の車止めのゲートでサルの群に出会った。

10頭以上はいた。

ニセアカシアの花を食べていた。

食べ残した花の着いた枝が道に落ちていた。

サルとの出会いは久ぶりである。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

トビ      

アオゲラ             

コゲラ   

ツバメ   

ヒヨドリ             

クロツグミ          

ヤブサメ             

ウグイス             

キビタキ             

オオルリ             

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

ホオジロ             

カケス   

ハシブトガラス   

コジュケイ          

ガビチョウ          

アオバセセリ      

アカタテハ          

ウスバシロチョウ             

オナガアゲハ      

カラスアゲハ      

クロアゲハ          

コミスジ             

テングチョウ      

カワトンボ          

コジャノメ          

サル      

ウシハコベ          

ウマノアシガタ   

ウワバミソウ      

オオギカズラ      

オトコヨウゾメ   

ガクウツギ          

キジカクシ          

キンラン             

ギンラン             

クサノオ             

クワガタソウ      

コウゾリナ          

コゴメウツギ      

シャガ   

ジャケツイバラ   

ジャニンジン      

チゴユリ             

ツボスミレ          

ツルカノコソウ   

ナツトウダイ      

ニガナ   

ニセアカシア      

ヒメハギ             

フタリシズカ      

ホウチャクソウ   

ホウノキ             

マルバウツギ      

ミズキ   

ミツバウツギ      

ミヤマキケマン   

ミヤマナルコユリ             

ムラサキケマン   

ヤブジラミ          

ヤブデマリ          

ヤマツツジ          

ラショウモンカズラ          

ワニグチソウ      

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2012年5月29日 (火)

鳥見歩る記(自宅⇒富士見通り⇒八王子駅北口)2012.5.22

201222日、25~40分 曇り

Photo

コースは自宅を出て八王子市八幡町の国道20号信号から南に約200m進み、南新町信号を左折して富士見通り(JR中央線の北側を平行)を約1km八王子駅北口までで、八幡町の国道20号信号から南新町信号踏切までは道路の両側にハナミズキの街路樹があるが、富士見通りには街路樹は全く無く、駅近くの西放射線通りにカツラが少しあるだけである。八王子駅北口は八王子市商店街の中心地で沿線は三小通りと比べ、緑環境が少ないコースである。

外来種ナガミヒナゲシがあちこちで花を付けている。

日本の雑草になりきってしまった。

強い植物である。

ツバメが3ヶ所で営巣中で、うち2ヶ所でツバメの姿を確認した。

一つは抱卵中、もう一つは巣造り中であった。

観察した鳥は以下のとおりです。

ツバメ    2

ヒヨドリ              4

スズメ    2

ドバト    5

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2012年5月25日 (金)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵2012.5.21

201221  00分1115分 

Photo_7

宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

JR横浜線みなみ野駅→毘沙門天→宇津貫公園→クボノキ湧水→宇津貫緑地(ホタル沢、尾根道)→兵衛川→みなみ野駅のコースを歩いた。

金環食の朝で、JR横浜線八王子みなみ野駅から雲がフィルターになって732分に丁度タイミングよく裸眼で拝むことができた。

多くの人が金環食に眼を向ける中、駅周辺でもしや営巣していると思われるイソヒヨドリを探したが、見つけることが出来なかった。

今月の駅から宇津貫緑地の野鳥カウントに参加したメンバーは5名であった。

ハルジオンの花が最盛期であるが、ヒメジョオンも先駆け株が花を付け出した。

宇津貫公園のヤマボウシは例年であれば木全体が白くなるほど花を付けるが、今年は花がまばらで寂しい。

よく手入れされた雑木林の縁にノアザミが群落のようになって綺麗な花を付けていた。

その隣の湧水にはクロスジギンヤンマがいた。

クロスジギンヤンマは他の1頭が来ると追い出す行動をとっていた。

宇津貫緑地に入るとコオニヤンマ(写真)、クロスジギンヤンマ、シオヤトンボがいた。

田んぼにはヒキガエルのオタマジャクシがぎっしり固まっていた。

先月いたキビタキが場所は変わっていたが、囀りが聞こえてきた。調整池には綺麗な夏羽のカイツブリが2羽いた。

浮き巣が出来てないか探したが、見つからなかった。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ           2

カワウ    1

キジ       3

キジバト              8

アオゲラ              1

コゲラ    4

ヒバリ    1

ツバメ    13

ハクセキレイ       5

ヒヨドリ              18

ウグイス              6

セッカ    1

キビタキ              1

ヤマガラ              4

シジュウカラ       12

メジロ    8

ホオジロ              2

スズメ    32

ムクドリ              9

ハシボソガラス    8

ハシブトガラス    4

コジュケイ           4

ガビチョウ           12

イチモンジチョウ             

オオチャバネセセリ          

カラスアゲハ      

キチョウ             

クロヒカゲ          

コミスジ             

ヒメウラナミジャノメ      

ヒメジャノメ      

ベニシジミ          

モンキチョウ      

ヤマキマダラヒカゲ          

ヤマトシジミ      

コオニヤンマ      

シオヤトンボ      

クロスジギンヤンマ          

アカツメクサ      

アカバナユウゲショウ      

アメリカフウロ   

イヌガラシ          

イモカタバミ      

ウシハコベ          

エゴノキ             

オオジシバリ      

オオバコ             

オカタツナミソウ             

オッタチカタバミ             

オニタビラコ      

オニノゲシ          

カタバミ             

キショウブ          

キツネアザミ      

ケキツネノボタン             

コウゾリナ          

コウリンタンポポ             

コゴメウツギ      

セイヨウタンポポ             

セイヨウミヤコグサ          

トキワハゼ          

ナガミヒナゲシ   

ニガナ   

ニワゼキショウ   

ノアザミ             

ハハコグサ          

ハルジオン          

ハルノノゲシ      

ヒメジョオン      

ヘラオオバコ      

ホウノキ             

マムシグサ          

ミヤマナルコユリ             

ヤブジラミ          

ヤマツツジ          

ヤマボウシ          

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*有機農業の里(下里集落)2012.5.19

201219  1100分1630分 晴

Photo

有機農業の里、埼玉県小川町の下里集落と霜里農場に行った。

小川町の駅に集まったのはここで生きもの調査をやってみようというメンバー3名。

駅を9時に出発しゆっくり花や虫や鳥を見ながら槻川沿いや丘陵地の裾を歩いて行ったら、約3kmのところを3時間かかり、霜里農場についたのは12時であった。

途中、サクラの実を銜えたムクドリ、ガクウツギ、ギンリョウソウなどの花を見たり写真を撮ったりで超スローペースとなった。

下里集落に入りオオヨシキリの声、ツツドリの声が聞こえてきた。

ハルジオンの花にアオスジアゲハ(写真)、トラフシジミが来ていた。

霜里農場は金子美登氏が実践する有機農業の情報発信地で今や下里集落全体が有機農業の里になっている。

金子さんの農場で弁当を食べた後、ビニールハウスのイチゴを自らもぎ取ってご馳走になった。

田んぼに行ってみるとモズが出迎えてくれた。

苗代の所にはシオヤトンボ(写真)がいてパトロールしていた。

Photo_2

水のはられた田んぼんはカルガモが2羽来ていた。

キジのオスも姿を見せてくれた。

槻川の島根橋から上流を見るとダイサギ1羽がいたので双眼鏡で見ていると丘陵の稜線から鷹が3羽出てきた。

ノスリが1羽確認できたので、全てノスリと思っていたら、1羽のノスリは南の方へ飛んで行ってしまい、残った2羽を改めて確認したらハチクマ(写真)であった。

ハチクマに対してノスリがスクランブルをかけたのかもしれない。

2羽のハチクマは少し絡むような飛翔をした。

もしかしたら求愛フライトだったかも知れない。

有機農業の里に自然豊かな所で暮らすハチクマはピッタシである。

Photo_3

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ          

ダイサギ             

アオサギ             

カルガモ             

ハチクマ             

ノスリ   

キジ      

キジバト             

ツツドリ             

ツバメ   

ハクセキレイ      

ヒヨドリ             

モズ      

ウグイス             

オオヨシキリ      

シジュウカラ      

ホオジロ             

カワラヒワ          

スズメ   

ムクドリ             

ハシブトガラス   

コジュケイ          

ガビチョウ          

アオスジアゲハ   

ウスバシロチョウ             

クロアゲハ          

コミスジ             

スジグロシロチョウ          

ダイミョウセセリ             

ツマグロヒョウモン          

トラフシジミ      

ヒメウラナミジャノメ      

ヒメジャノメ      

ベニシジミ          

モンキアゲハ      

モンキチョウ      

モンシロチョウ   

ヤマトシジミ      

カワトンボ          

シオヤトンボ      

アマガエル          

カジカガエル      

トウキョウダルマガエル   

アメリカフウロ   

イヌガラシ          

ウシハコベ          

ウマノアシガタ   

オオイヌノフグリ             

オニタビラコ      

オニノゲシ          

オヘビイチゴ      

カキドウシ          

カタバミ             

カラスノエンドウ             

カントウタンポポ             

カントウマムシグサ          

キツネアザミ      

キュウリグサ      

キリ      

クサイチゴ          

クサノオ             

コウゾリナ          

コゴメウツギ      

コヒルガオ          

シャガ   

ショカツサイ      

シロツメクサ      

スイバ   

セイヨウタンポポ             

セリバヒエンソウ             

トキワハゼ          

ナガミヒナゲシ   

ニセアカシア      

ニワゼキショウ   

ノイバラ             

ノミノツズリ      

ハハコグサ          

ハルノノゲシ      

ヘビイチゴ          

ホウノキ             

ホトケノザ          

ミミナグサ          

ムラサキサギゴケ             

ヤエムグラ          

ヤブジラミ          

ヤブタビラコ      

ヤブデマリ          

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2012年5月23日 (水)

鳥見歩る記*川町田んぼ2012.5.18

201218、830分~20分 

2

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

田んぼに水が引かれトウキョウダルマガエルが鳴き、早速カルガモが来て採餌していた。

シオヤトンボも田んぼで飛んでいた。

田植は6月とのことである。

雑木林に入るとフタリシズカがあちこちに咲いていた(写真)。

Photo_2

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ              6

コゲラ    2

ツバメ    4

キセキレイ           4

ヒヨドリ              10

ウグイス              2

シジュウカラ       5

カワラヒワ           3

スズメ    2

ハシボソガラス    4

ハシブトガラス    2

クロヒカゲ           1

ベニシジミ           2

モンキチョウ       1

シオヤトンボ       1

トウキョウダルマガエル   

アカバナユウゲショウ      

イヌガラシ          

ウシハコベ          

オオイヌノフグリ             

オオジシバリ      

オオバコ             

オッタチカタバミ             

オニタビラコ      

オニノゲシ          

オヘビイチゴ      

オランダガラシ   

カラスノエンドウ             

ケキツネノボタン             

コウゾリナ          

コゴメウツギ      

コヒルガオ          

セイヨウタンポポ             

セリバヒエンソウ             

トキワハゼ          

ナガミヒナゲシ   

ナズナ   

ニガナ   

ハハコグサ          

ハルジオン          

フタリシズカ      

ホウノキ             

ヤエムグラ          

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2012.5.17

20121710分~46分 20℃ 晴れ

Photo

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

シジュウカラが2ヶ所でさえずっていた。

桜並木に2羽のハシブトガラスがいて、そこを通りかかると1羽が後ろから飛んで来て私の頭を攻撃した。

帽子を被っていたので難無きであった。

近くに巣があるかも知れない。

上智大学グランド土手に咲くノアザミの花にクマバチが来ていたので写真を撮っていると、そこに1頭のクロアゲハが飛んできた。

上智大グランド土手にクサフジも咲き出した。

外堀通り赤坂見附交差点近くのAIU保険会社ビルのツバメの巣ではツバメの出入りや近くの飛翔は無かった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

シジュウカラ  4

メジロ 1

スズメ外堀通り       2

スズメ 14

ハシブトガラス       6

ドバト外堀通り       1

ボート 4

クロアゲハ    1

ヒメウラナミジャノメ 8

アカツメクサ 

イヌガラシ   

オオアレチノギク    

オオバコ      

オッタチカタバミ    

オニタビラコ 

カタバミ      

キショウブ   

クサフジ      

コマツヨイグサ      

セイヨウタンポポ    

ナガミヒナゲシ      

ニワゼキショウ      

ノアザミ      

ノミノツズリ 

ハナカタバミ 

ハルジオン   

ハルノノゲシ 

ヘラオオバコ 

ヤブジラミ   

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2012年5月18日 (金)

鳥見歩る記*高尾山コサメビタキ2012.5.16

201216  45分1530分 晴

Photo_2

コサメビタキの営巣調査で高尾山に登った。

10時に山頂に集合して14時までということでカワセミ会員に呼びかけたところ8名が集まった。

6号路から登って行った。

ウワバミソウが道ばたで多数花をつけていた。

地味な花が数多くて目だった。

クロツグミが2ヶ所でさえずってくれた。

途中から稲荷山コースの尾根に出るとアサギマダラに出会った。

2頭いた。

今期の初認である。

ミツバツチグリが道の真ん中で花を開いていた。

5号路に出て、6号路に向かって歩くとガビチョウが良く鳴いていて、道行くハイカーに鳥の名前を尋ねられた。

6号路の出会いの所ではツクバネウツギが咲いていた。

コサメビタキの調査は8人を4人づつに分けて2班で行った。

サンコウチョウのメスに出会い、コサメビタキ2羽を確認できた。

うち1羽は求愛ディスピレイのような変わった行動を見せてくれた。

ツツドリの声が聞こえてきた。

帰路は1号路の浄心門から4号路に入りヤマウツボ(写真)を見て、再び1号路に戻った。

途中金毘羅台付近でコバノタツナミの花が見られた。

杉並木のセッコクはまだ花をつけていなかった。

Photo_3

観察した野鳥などは以下の通りです。

トビ      

キジバト             

ツツドリ             

アオゲラ             

コゲラ   

キセキレイ          

ヒヨドリ             

クロツグミ          

ヤブサメ             

ウグイス             

キビタキ             

オオルリ             

コサメビタキ      

サンコウチョウ   

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

カワラヒワ          

ハシブトガラス   

ガビチョウ          

アサギマダラ      

オナガアゲハ      

クロヒカゲ          

カジカガエル      

イヌガラシ          

ウワバミソウ      

オニノゲシ          

ガクアジサイ      

キランソウ          

クサイチゴ          

クサノオ             

クワガタソウ      

コバノタツナミ   

コミヤマスミレ   

ササバギンラン   

シャガ   

ジャニンジン      

セリバヒエンソウ             

チゴユリ             

ツクバネウツギ   

ツボスミレ          

ツルカノコソウ   

ハルジオン          

ホウチャクソウ   

ホウノキ             

ミツバウツギ      

ミツバツチグリ   

ミヤマキケマン   

ムラサキケマン   

ヤブニンジン      

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記2012.5.14(三小通り⇒八王子駅南口)

2012514日、7時23分~7時40分 晴

Photo

コースは八王子市上野町金剛院の踏切から南に約200mみ、市民会館入口信号を左折して三小通り(JR中央線の南側を平行)を約1km八王子駅南口までで、踏切から市民会館入口信号までは道路の両側に里桜の街路樹、市民会館入口信号から国道16号の交差点までは道路の両側にハナミズキの街路樹、国道16号の交差点から八王子駅南口まではイチョウの街路樹が整備されている。沿線には寺が4つ、小学校が一つ、公園が一つある。

ツバメは第三小学校前の不動産屋車庫に営巣したペアーが巣に出入りしていたもの。

イワツバメはJR八王子駅構内の巣団営巣地から駅の上空を飛んでいたものである。

三小前の歩道脇にツツジに混じりナガミヒナゲシが咲いていた(写真)。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ツバメ    2

イワツバメ           4

ヒヨドリ              6

シジュウカラ       2

メジロ    2

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2012年5月16日 (水)

鳥見歩る記*小下沢林道2012.5.13

201213  30分1100分 

Photo

毎年5月の第2日曜日はカワセミ会の公開探鳥会で、裏高尾の小下沢でオオルリを探す会を開いている。

天気は晴れ、小下沢林道中央高速交差地付近の集合場所に集合時刻の830分にカワセミ会会員44名、一般市民25名が集合した。

先ず集合場所から囀るオオルリを観察できた。

小下沢林道に来る登山者は少ないため団体で歩く探鳥会には適しコースである。

後半のグループは杉林で囀っているキビタキの姿を何とか捕えたフィールドスコープを交替で覗くことが出来た。

前半のグループは旧キャンプ場付近でジュウイチの声と姿を確認できた。

その旧キャンプ場に後半グループも到着し、休憩していると上空に1羽のノスリが現れた。

通常の旋回飛翔だけでなく、急降下、宙返りのような行動を何回もやっていた。

もしかしたら求愛デスプレイフライトかも知れない。

全体的に鳥が少なく、毎年3,4羽出るミソサザイは1羽出ない、クロツグミも出なかった。

蝶ではオナガアゲハが多く、ウスバシロチョウも目立ち、ミツバウツギの花にはミヤマセセリ(写真)が来ていた。

帰りは有志により植物観察を行い、サツキヒナノウスツボ、オウギカズラ(写真)、フタバアオイなどの花を観察できた。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ             

ノスリ   

ジュウイチ          

コゲラ   

キセキレイ          

ヒヨドリ             

ヤブサメ             

ウグイス             

センダイムシクイ             

キビタキ             

オオルリ             

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

ホオジロ             

カケス   

ハシブトガラス   

コジュケイ          

ガビチョウ          

ウスバシロチョウ             

オナガアゲハ      

コミスジ             

サカハチチョウ   

テングチョウ      

ミヤマセセリ      

カワトンボ          

ヤマアカガエル   

オオギカズラ      

オニタビラコ      

カキドウシ          

ガクウツギ          

キツネアザミ      

クサイチゴ          

クサノオ             

コウゾリナ          

サツキヒナノウスツボ      

ツルカノコソウ   

ヒメウツギ          

ヒメコウゾ          

ヒロハコンロンソウ          

フタバアオイ      

ホウチャクソウ   

ミツバウツギ      

ミヤマキケマン   

ヤマルリソウ      

ラショウモンカズラ          

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2012年5月15日 (火)

鳥見歩る記*醍醐林道2012.5.11

201211  30分1350分 晴

Photo

オオルリ他夏鳥のカウント調査のため醍醐林道の上流部を歩いた。

最初に、ににく沢林道の終点まで行って折り返した。

ミソサザイが距離を置いて囀っていた。

ツツドリの声が聞こえてきたが姿が見えない。

クロツグミも声だけで姿は確認できない。

カケスは沢を横切ったので姿を確認できた。

醍醐林道に戻り、和田峠の直ぐ手前までをににく沢出会いの所から往復した。

全般に野鳥が少ない。

アマツバメが1羽北東の方へ飛んで行った。

渡りの途中かも知れない。

カラ類が動きまわる中でコサメビタキらしいものを1羽見つけた。

その巣があるかもと思い探したが見つからなかった。

和田峠の付近まで行ってようやくオオルリの囀りを聞く事ができた。

もしやクマタカが現れないかと期待していると1羽の鷹が出てきた。

しかしそれはトビであった。

ウスバシロチョウ、ツマキチョウ(写真)、ミヤマセセリなど7種の蝶に出会うことができた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

トビ

キジバト

ツツドリ

アマツバメ

アオゲラ

コゲラ

ヒヨドリ

ミソサザイ

クロツグミ

ウグイス

センダイムシクイ

キビタキ

オオルリ

コサメビタキ

ヒガラ

ヤマガラ

シジュウカラ

メジロ

カケス

アカタテハ

ウスバシロチョウ

オナガアゲハ

サカハチチョウ

ツマキチョウ

テングチョウ

ミヤマセセリ

カワトンボ

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2012年5月13日 (日)

鳥見歩る記*高尾山2012.5.9

2012  1030分1500分 曇り・小雨

Photo

読売文化センターの講座で今月は高尾山に行った。

雨が降りそうで、昼頃には実際に小雨が降ったが、本降りにならなかったので何とか探鳥が出来た。

山に登る前に案内川からカジカガエルの声が盛んに聞こえるので、川を覗いてみた。

高尾橋の下で濡れた石の上で鳴く3頭のカジカガエルを視認できた。

ケーブルカーで上に登った。

4号路でヤマウツボという珍しい寄生植物を観察できた。

女坂ではキビタキの囀りを堪能できた。

ツツドリの声も聞こえてきた。

富士道では林の中で鳴いてないキビタキのオスを見つけた。

時々センダイムシクイが鳴いてくれた。

6号路と5号路の出会いの所で昼食とした。

この場所で南の方面からアオバトの声が伝わってきた。

イカル、クロツグミの囀りもよく聞こえるが姿は確認できなかった。

帰路は浄心門から2号路に入り、琵琶滝に下った。

途中でオオルリの囀りを聞く事ができた。

琵琶滝付近にはコミヤマスミレが咲いていた(写真)。

観察した野鳥などは以下の通りです。

トビ      

キジバト             

アオバト             

ツツドリ             

アオゲラ             

コゲラ   

ツバメ   

イワツバメ          

ヒヨドリ             

クロツグミ          

ウグイス             

センダイムシクイ             

キビタキ             

オオルリ             

エナガ   

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

カワラヒワ          

イカル   

ハシボソガラス   

ハシブトガラス   

ドバト   

ガビチョウ          

エビネ   

コバノガマズミ   

コミヤマスミレ   

シャガ   

チゴユリ             

ツルカノコソウ   

ヤマウツボ          

|

2012年5月11日 (金)

鳥見歩る記*小渕沢(ペンションあるびおん)2012.5.7-8

2012-   晴

1

小淵沢に1泊で探鳥旅行をした。

中央高速バス小渕沢バス停で下車するとペンションあるびおんのご主人が迎えに来てくれた。

まずコムクドリ2羽が電線から迎えてくれた。

初日の午後は信玄棒道を歩いた。

カワラヒワ、メジロが多く、アカゲラ、アオゲラ、ケゲラ、ヒガラ、キビタキ、オオルリ、コサメビタキなどを観察できた。

2日目の早朝はペンション周辺を歩いた。

ゴジュウカラ、キビタキ、ホオジロなどは声だけでなく、姿も確認できた。

宿の近くではキジ、ガビチョウもいた。

朝食のペンション食堂からは目の前に現われたアカゲラを堪能できた。

ここの餌台には他にコムクドリ、シジュウカラ、ヤマガラ、カワラヒワ、スズメも現れた。

2日目の午前は小淵沢バス停に向かって歩いた。

2羽のキビタキのオスが争う所に2回出会った。

道の駅で足湯に暫しつかり、みどり池周辺で探鳥した。

クロツグミ、イカルがよくさえずっていた。

最後にノスリが上空を旋回してくれた。

小渕沢一帯は赤松を主体とした雑木林で新緑が綺麗であった。

2

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ              1

コゲラ    2

キセキレイ           3

ヒヨドリ              8

ウグイス              3

キビタキ              1

ヤマガラ              4

シジュウカラ       6

スズメ    5

ムクドリ              2

ハシブトガラス    2

ウスバシロチョウ              11

ベニシジミ           1

カワトンボ           10

カジカガエル       25

アオキ   

オドリコソウ      

オニグルミ          

オニタビラコ      

カキドウシ          

カテンソウ          

キュウリグサ      

クサイチゴ          

クサノオ             

シャガ   

ショカツサイ      

セイヨウタンポポ             

セリバヒエンソウ             

タチツボスミレ   

ツボスミレ          

ナズナ   

ハナイカダ          

ハルジオン          

ヒメコウゾ          

ヘビイチゴ          

ホウチャクソウ   

ムラサキケマン   

ヤブタビラコ      

ラショウモンカズラ          

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2012年5月 6日 (日)

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2012.5.5

201212分~20分 

Photo_2

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

キビタキを1羽観察、場所は梅郷橋付近の山麓である。

前日までの降雨で増水する小仏川でカジカガエルの声が聞こえてきた。

声の主のカウント結果約25頭であった。

ウスバシロチョウが飛び出した。

こちらのカウント結果は11頭であった。

既に最盛期の過ぎたシャガ(写真)であるが、未だ少し花が残っていた。

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ              1

コゲラ    2

キセキレイ           3

ヒヨドリ              8

ウグイス              3

キビタキ              1

ヤマガラ              4

シジュウカラ       6

スズメ    5

ムクドリ              2

ハシブトガラス    2

ウスバシロチョウ              11

ベニシジミ           1

カワトンボ           10

カジカガエル       25

アオキ   

オドリコソウ      

オニグルミ          

オニタビラコ      

カキドウシ          

カテンソウ          

キュウリグサ      

クサイチゴ          

クサノオ             

シャガ   

ショカツサイ      

セイヨウタンポポ             

セリバヒエンソウ             

タチツボスミレ   

ツボスミレ          

ナズナ   

ハナイカダ          

ハルジオン          

ヒメコウゾ          

ヘビイチゴ          

ホウチャクソウ   

ムラサキケマン   

ヤブタビラコ      

ラショウモンカズラ          

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2012.5.5

2012日、35分~分 

Photo

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。ここからは尾根道のいろはの道を登り、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

早朝のカウントを行った。

明るくなった435分に1号路を登り出した。

溢れ出るような野鳥のさえずりのフラッシュを期待したが、思ったほど鳥は鳴いていなかった。

むしろ静かであるという印象であった。

高尾山の鳥は減ってしまったのであろうか。

オオルリは布流の滝付近で1度さえずりをきいただけであったが、キビタキは11ヶ所でさえずりを聞くことができた(1号路入り口付近、金毘羅台付近、1号路横浜多賀辰講石碑付近、4号路入り口付近、4号路深山橋付近、薬王院の裏、1号路女坂、1号路浄心門付近、2号路、蛇滝遊歩道2羽)。

クロツグミは2ヶ所(4号路といろはの道出合い付近、イヌブナの道)。

アオゲラが多く6ヶ所で出合い姿も確認できた。

アオバトは4号路といろはの道出合い付近で声を聞いた。

コミヤマスミレは未だ蕾、コバノタツナミ、チゴユリ(写真)が咲いていた。

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

キジバト              2

アオバト              1

アオゲラ              6

コゲラ    7

ツバメ    2

ヒヨドリ              22

クロツグミ           2

ウグイス              17

センダイムシクイ              2

キビタキ              11

オオルリ              1

エナガ    2

コガラ    1

ヒガラ    24

ヤマガラ              14

ルリガラ              28

メジロ    12

イカル    7

カケス    1

ハシブトガラス    8

ガビチョウ           15

アオキ   

アカネスミレ      

ウワミズザクラ   

オニタビラコ      

キランソウ          

クサイチゴ          

コバノタツナミ   

サルトリイバラ   

シャガ   

セイヨウタンポポ             

タチツボスミレ   

チゴユリ             

ツクバキンモンソウ          

ツルカノコソウ   

ニガイチゴ          

ニワトコ             

ホウチャクソウ   

ミヤマキケマン   

ムラサキケマン   

ヤブツバキ          

ヤブニンジン      

ヤマグワ             

ヤマブキ             

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2012年5月 5日 (土)

鳥見歩る記*高月水田 2012.5.4 

2012年5月4日、9時55分~11時45分 晴

1

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

高月水田に今年もチュウサギがやってきた。

2羽でした。

渡りの途中でしょうか。

豚舎近くを歩いていると突如チョウゲンボウが豚舎の上に現れ上空旋回後滝山丘陵の方面へ消えた。

キジも突如目の前に現れ草の中にきえた。

ヒバリのさえずりあり。

オナガは農家の庭の方から声が聞こえてきた。

メジロは田んぼの脇の梅園にいたもの。

農道を歩いているとギンイチモンジセセリが足元から飛び出した。

モンキチョウ、ベニシジミ、ツバメシジミ等の蝶が目立った。

田んぼのなかのコオニタビラコも綺麗に咲いていた(写真)

Photo_2 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

チュウサギ           2

トビ       2

チョウゲンボウ    1

キジ       1

ヒバリ    3

ツバメ    8

ハクセキレイ       2

モズ       2

メジロ    2

カワラヒワ           4

スズメ    40

ムクドリ              16

オナガ    5

ハシボソガラス    8

ハシブトガラス    2

キタテハ              1

ギンイチモンジセセリ       1

ツバメシジミ       5

ヒメウラナミジャノメ       9

ベニシジミ           29

モンキチョウ       42

モンシロチョウ    29

アメリカフウロ   

イヌガラシ          

ウシハコベ          

ウマノアシガタ   

オオイヌノフグリ             

オオジシバリ      

オオバコ             

オニタビラコ      

オヘビイチゴ      

オランダガラシ   

カキドウシ          

カタバミ             

カラスノエンドウ             

カントウタンポポ             

キツネアザミ      

ケキツネノボタン             

コオニタビラコ   

コハコベ             

ショカツサイ      

シロツメクサ      

スカシタゴボウ   

スズメノエンドウ             

セイヨウタンポポ             

セトガヤ             

セリバヒエンソウ             

タチイヌノフグリ             

トウダイグサ      

トキワハゼ          

ナガミヒナゲシ   

ナズナ   

ノミノツズリ      

ハハコグサ          

ハルジオン          

ヘビイチゴ          

ヘラオオバコ      

ホトケノザ          

ムラサキサギゴケ             

ヤエムグラ          

レンゲ   

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2012年5月 4日 (金)

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2012.5.4

2012日、55分~45分 

Photo

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

昨日まで丸2日降り続いた雨で多摩川は激流であった。

河原は前日に水をかぶった模様で、倒されたセイヨウカラシナの花のモンシロチョウがきていた。

ウグイスのさえずりがあちこちからあり、オオヨシキリもさえずっていた。

その他セッカ、ホオジロのさえずりもあり。

ギンイチモンジセセリ、コミスジ、ツバメシジミ、ヒメウラナミジャノメ、ベニシジミ、モンキチョウ、モンシロチョウなど蝶が多く見られた。

カラスが河原のニセアカシアに巣を作り、巣中に1羽入っていた。

抱卵中なのだろう。

尾しか見えないのでブトかボソかの種別は不明。

堤防の海から48km地点の標識のある付近のノウサギ1頭が現れた。

直ぐ姿を消してしまったので、写真は撮れなかった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジ       1

キジバト              2

カワセミ              1

ヒバリ    1

ウグイス              4

オオヨシキリ       1

セッカ    1

シジュウカラ       2

メジロ    2

ホオジロ              2

スズメ    2

ハシボソガラス    2

ハシブトガラス    4

コジュケイ           4

ガビチョウ           2

ギンイチモンジセセリ       3

コミスジ              1

ツバメシジミ       9

ヒメウラナミジャノメ       5

ベニシジミ           5

モンキチョウ       4

モンシロチョウ    4

アマガエル          

ノウサギ              1

アメリカフウロ   

オオイヌノフグリ             

オニタビラコ      

カキドウシ          

カラスノエンドウ             

カントウタンポポ             

シロツメクサ      

スイバ   

スズメノエンドウ             

セリバヒエンソウ             

ナズナ   

ノジシャ             

ハハコグサ          

ハルジオン          

ヘビイチゴ          

ヘラオオバコ      

ヤエムグラ          

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2012年5月 3日 (木)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2012.5.1

2012日、40分~17分 19℃ 晴れ

Photo_8

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

上智大学グランド上の桜並木はソメイヨシノは葉桜になり、サトザクラは花は残っているが散り出した。

桜並木の下ではカントウタンポポの花が目立ち、セイヨウタンポポを大幅に上回っていた。

スズメが多く、シジュウカラもあちこちからさえずりが聞こえてきた。

弁慶濠には水鳥無し。

外堀通りの街路樹のハナミズキが綺麗に咲きだした。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

シジュウカラ外堀通り 2

シジュウカラ  12

スズメ外堀通り       6

スズメ 18

ハシブトガラス外堀通り      2

ハシブトガラス       6

ドバト外堀通り       2

アカミミガメ  4

アカツメクサ 

アメリカフウロ      

オオイヌノフグリ    

オニタビラコ 

カタバミ      

カラスノエンドウ    

カントウタンポポ    

キュウリグサ 

キリ   

サトザクラ   

シャガ 

スイバ 

セイヨウカラシナ    

セイヨウタンポポ    

ナガミヒナゲシ      

ナズナ 

ノミノツズリ 

ハナミズキ   

ハルジオン   

ハルノノゲシ 

ヘラオオバコ 

ホトケノザ   

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*川町田んぼ2012.4.30

201230、1310分~1440分 曇り

Photo_7

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。毎月1回の定期カウントです。

田んぼの中ではコオニタビラコの花が咲き、畦にはムラサキサギゴケの群落ができていた。

美しい畔だ。

ウワミズザクラの花にヒヨドリがきていた。

ベニシジミ、モンシロチョウが目立ち、モンキチョウ、キタテハ、ツバメシジミ、ルリタテハも観察できた。

シオヤトンボ、カワトンボも出てきた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アオサギ              1

ツバメ    2

キセキレイ           2

ヒヨドリ              10

ウグイス              1

シジュウカラ       4

メジロ    2

カワラヒワ           4

スズメ    6

ムクドリ              9

ハシボソガラス    2

ハシブトガラス    4

ガビチョウ           4

キタテハ              1

ツバメシジミ       4

ベニシジミ           14

モンキチョウ       6

モンシロチョウ    30

ルリタテハ           1

カワトンボ           1

シオヤトンボ       2

イヌガラシ          

ウシハコベ          

ウワミズザクラ   

オオイヌノフグリ             

オオジシバリ      

オニタビラコ      

オヘビイチゴ      

オランダガラシ   

カラスノエンドウ             

キュウリグサ      

キランソウ          

クサイチゴ          

コオニタビラコ   

ジュウニヒトエ   

ショカツサイ      

ジロボウエンゴサク          

スイバ   

スズメノテッポウ             

セイヨウタンポポ             

セリバヒエンソウ             

タチイヌノフグリ             

タチツボスミレ   

チゴユリ             

ツボスミレ          

ナズナ   

ニガイチゴ          

ニリンソウ          

ノミノフスマ      

ハナイバナ          

ハルジオン          

ヒメコウゾ          

ヘビイチゴ          

ホウチャクソウ   

ミミナグサ          

ムラサキケマン   

ムラサキサギゴケ             

ヤブタビラコ      

ヤマブキ             

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*宇津貫丘陵2012.4.30

201230  00分125分 晴

Photo_5

宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

JR横浜線みなみ野駅→毘沙門天→宇津貫公園→クボノキ湧水→宇津貫緑地(ホタル沢、尾根道)→兵衛川→みなみ野駅のコースを歩いた。

横浜線八王子みなみ野駅前でヒバリがさえずっていた。

法華寺隣りの手入れのされた雑木林ではキンラン、ジュウニヒトエが立派の花を咲かせていた。

造成地の空き地ではセッカのさえずりがよく聞こえてきた。

宇津貫緑地に入るとカイツブリ2羽が飛来していた。

この池で営巣して欲しいものだ。キビタキのオスが2ヶ所でさえずっていた。

イチリンソウが小さな群落を作り大きな白い花を咲かせていた。

谷戸田で羽化したばかりシオヤトンボいた。

タゴガエルの声が水路から聞こえてきた。

ヤマツツジが綺麗に咲いてきた。

Photo_6

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ           2

アオサギ              1

カルガモ              2

キジ       2

キジバト              2

アオゲラ              1

コゲラ    3

ヒバリ    2

ツバメ    12

ハクセキレイ       8

ヒヨドリ              13

ウグイス              2

セッカ    1

キビタキ              2

ヤマガラ              2

シジュウカラ       12

メジロ    8

ホオジロ              1

アオジ    2

カワラヒワ           3

スズメ    19

ムクドリ              3

ハシボソガラス    4

ハシブトガラス    6

ガビチョウ           8

アカネスミレ      

アケビ   

アメリカフウロ   

イチリンソウ      

ウマノアシガタ   

ウワミズザクラ   

エビネ   

オニノゲシ          

カキドウシ          

カマツカ             

カラスノエンドウ             

カントウタンポポ             

キツネアザミ      

キュウリグサ      

キランソウ          

キンラン             

クサイチゴ          

ケキツネノボタン             

コバノガマズミ   

サルトリイバラ   

ジシバリ             

ジュウニヒトエ   

シュンラン          

シロツメクサ      

スイバ   

スズメノヤリ      

ズミ      

スミレ   

セキショウ          

タチツボスミレ   

チゴユリ             

ツボスミレ          

ツリバナ             

ナガミヒナゲシ   

ナズナ   

ナルコユリ          

ニオイタチツボスミレ      

ニガイチゴ          

ノミノフスマ      

ハナイカダ          

ハハコグサ          

ハルノノゲシ      

ヒメコウゾ          

ヘビイチゴ          

ヘラオオバコ      

ホウチャクソウ   

マツバウンラン   

マムシグサ          

マルバアオダモ   

マルバスミレ      

ミチタネツケバナ             

ミツバウツギ      

ミツバツチグリ   

ミミナグサ          

ムラサキケマン   

ヤマツツジ          

ヤマブキ             

ヤマルリソウ      

ラショウモンカズラ          

レンゲ   

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*葉山町棚田2012.4.28

201228  35分1130分 晴

Photo_3

合唱団鯨の合宿で湘南国際センターに行った。

途中葉山の棚田に今年も立寄った。

横須賀線逗子駅からバスに乗り葉山の上山口でバスを降りるとウグイスのさえずりが聞こえてきた。

川からはカワセミの声も聞こえてきた。

棚田では麓の杉山神社からモズの警戒音が聞こえてきた。

畦の草が綺麗に刈られた棚田には水が張られていたが、田植は未だであった。

カエルの声が聞こえてきた。

棚田の上の里山的なところの道脇は春の野草の花が多く、ウラシマソウ(写真)を見つけることができた。

その近くにはツルカノコソウ、ニリンソウ、キランソウ等もあった。

Photo_4

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ             

トビ      

キジ      

キジバト             

カワセミ             

コゲラ   

ツバメ   

セグロセキレイ   

ヒヨドリ             

モズ      

ウグイス             

メジロ   

ホオジロ             

アオジ   

カワラヒワ          

スズメ   

ムクドリ             

ハシボソガラス   

ハシブトガラス   

コジュケイ          

アマガエル          

アメリカフウロ   

イヌガラシ          

イヌホオズキ      

ウラシマソウ      

オオイヌノフグリ             

オオジシバリ      

オニノゲシ          

オランダミミナグサ          

カキドウシ          

カタバミ             

カラスノエンドウ             

カントウタンポポ             

キュウリグサ      

キランソウ          

ケキツネノボタン             

コウゾリナ          

コハコベ             

シャガ   

ショカツサイ      

スイバ   

セイヨウタンポポ             

タチツボスミレ   

タネツケバナ      

ツルカノコソウ   

トウダイグサ      

ナガミヒナゲシ   

ナズナ   

ニリンソウ          

ノアザミ             

ハルジオン          

ハルノノゲシ      

ヒメウズ             

ヒメツルソバ      

ヘビイチゴ          

ホウチャクソウ   

ミミナグサ          

ムラサキケマン   

ヤエムグラ          

ヤブタビラコ      

ヤブニンジン      

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*浅川野鳥サンクチュアリ(上流側)2012.4.25

201225  10分1300分 晴後曇

Photo

浅川で地形的な特質から環境の多様性に富み、多くの種類の野鳥が生息している所や希少的な野鳥が生息している所を勝手にバードサンクチュアリとして設定して、このような地域を「生き物等の調査活動」、「野鳥の情報発信活動」、「自然体験学習、環境学習活動」の拠点とすることとしている。

浅川サンクチュアリの観察を420日は下流側3地域を行ったが、425日は上流側3地域を行った。

「淺川右岸萩原橋のワンド付近」では、河原でキジのオスとメスが一緒にいるところが観察できた。

アオジも河原の草藪の中に未だいた。

イカルチドリが2羽鳴き交わしながら上流下流行き来していた。

カジカガエルの声が聞こえてきた。

「北淺川、城山川、南淺川の3川合流地付近」では、城山川合流付近でカワセミがパトロールするように飛びまわっていた。

畑になっているところでモズが採餌していた。

「北淺川の陵北大橋上流から下流の丸太橋間付近」では河原にツグミが10羽程集合していた。

ウグイスのさえずりあり。

ダイサギが湧水池に止まっていた。

セリ摘みの人が来ていた。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

ダイサギ              3

アオサギ              2

カルガモ              16

コガモ    2

トビ       1

キジ       5

イカルチドリ       2

イソシギ              1

キジバト              14

カワセミ              2

コゲラ    1

ツバメ    24

イワツバメ           2

ハクセキレイ       3

セグロセキレイ    11

ヒヨドリ              4

モズ       3

ツグミ    20

ウグイス              2

シジュウカラ       8

メジロ    2

ホオジロ              3

アオジ    2

イカル    2

スズメ    22

ムクドリ              30

ハシボソガラス    10

ハシブトガラス    2

ドバト    40

ガビチョウ           4

イヌガラシ          

ウシハコベ          

オオイヌノフグリ             

オオカワジシャ   

オオジシバリ      

オニタビラコ      

オランダガラシ   

オランダミミナグサ          

カキドウシ          

カタバミ             

カテンソウ          

カラスノエンドウ             

カントウタンポポ             

キュウリグサ      

クサイチゴ          

クサノオ             

コハコベ             

ショカツサイ      

シロツメクサ      

スズメノエンドウ             

セイヨウカラシナ             

セイヨウタンポポ             

セリバヒエンソウ             

タチイヌノフグリ             

タチツボスミレ   

タネツケバナ      

ナガミヒナゲシ   

ナズナ   

ノジシャ             

ノミノツズリ      

ハコベ   

ハナニラ             

ハハコグサ          

ハルジオン          

ヒメオドリコソウ             

ヘビイチゴ          

ヘラオオバコ      

ホトケノザ          

ムラサキケマン   

ヤエムグラ          

ヤマブキ             

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2012年5月 2日 (水)

鳥見歩る記*菊川市上倉沢棚田2012.4.21

201221  1025分1530分 晴

2

JR東海道線の車窓から見える棚田として知られている倉沢の棚田(菊川市)に行ってきた。

八王子駅を553分発の横浜線で東神奈川、横浜、沼津で乗換えて目的の菊川駅に1021分に着いた。

目指す棚田まで図測すると片道7kmぐらいある。

駅を出て県道79号を東に向けて進むと、菊川が流れていた。

矢田部橋を渡る。

ツバメが飛び交い、茶畑が目に入る。吉沢で牧ノ原方面の道に入り、JR東海道線のガードをくぐり直ぐ右折して234号線を歩いて行った。

ウグイスのさえずりが聞こえてくる。

ホオジロのさえずりもあり。

友田という集落、この辺りは未だ棚田ではないが田植が終わっていて、カエルの声が聞こえてきた。

蛇行している菊川を何回も横切る。

カワガラスがいないか探すが姿無しだ。

棚田のある集落の上倉沢に丁度12時に着いた。

するとキジが歓迎するように鳴いてくれた。

広報スピーカーから「茶摘み」の歌が流れてきた。

さすが茶どころだ。

アオゲラの声も聞こえてきた。

上倉沢茶農協工場から犬の散歩で出て来たお年寄りに棚田までの道を聞くとあと500mぐらいだという。

その方と話していると棚田の写真とカモシカの写真を持っているから自分の家に立ち寄れという。

茶工場の直ぐ近くのお宅に伺い、写真を見せてもらった。

カモシカが出るという信じられないような話が本当であった。

棚田の1年間の活動をまとめた写真アルバムも見せてもらった。

この棚田は昭和30年代の農村風景が残っているというので、NHK朝ドラの「げげげの女房」のロケ地になったとの事であった。

茶工場の裏の花の終わったソメイヨシノにエナガ、シメ、ヒヨドリがいた。

東海道線の踏切を渡り棚田に着くと、「千框棚田」という表示があった。

ダイサギが1羽きていた。

ここの棚田の田植えは6月上旬ということで、田には水が張ってあるだけであった。

全体の半分ぐらいは休耕田として放棄されていたが、復元された棚田はまとまっていて、素晴らしい景観を見せてくれた。

1

ネコの額のような小さな田んぼがちりばめられていた。

棚田の上から眺めていると、何組かの見物の人が現れた。

田んぼの向こうを電車が走っていた。

帰路も菊川の駅まで歩き1530分に駅に着いた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

ダイサギ             

アオサギ             

キジ      

コチドリ             

キジバト             

アオゲラ             

コゲラ   

ツバメ   

キセキレイ          

セグロセキレイ   

ヒヨドリ             

モズ      

ツグミ   

ウグイス             

エナガ   

シジュウカラ      

メジロ   

ホオジロ             

アオジ   

シメ      

スズメ   

ムクドリ             

ハシボソガラス   

ハシブトガラス   

ベニシジミ          

モンキチョウ      

モンシロチョウ   

ヤマトシジミ      

アケビ   

アマドコロ          

アラカシ             

オオイヌノフグリ             

オオジシバリ      

オニタビラコ      

オヘビイチゴ      

オランダミミナグサ          

カタバミ             

カラスノエンドウ             

カントウタンポポ             

キュウリグサ      

キランソウ          

クサイチゴ          

クヌギ   

ケキツネノボタン             

コウゾリナ          

コハコベ             

ショカツサイ      

シロツメクサ      

シロバナタンポポ             

スイバ   

スズメノエンドウ             

スミレ   

セイヨウタンポポ             

タネツケバナ      

トキワハゼ          

ナガミヒナゲシ   

ナズナ   

ニガナ   

ノアザミ             

ノミノツズリ      

ノミノフスマ      

ハコベ   

ハハコグサ          

ハルジオン          

ハルノノゲシ      

ヘビイチゴ          

ホトケノザ          

マツバウンラン   

ミミナグサ          

ミヤマキケマン   

ムラサキケマン   

レンゲ   

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*浅川野鳥サンクチュアリ(下流側)2012.4.20

201220  15分1300分 曇り

Photo

浅川で地形的な特質から環境の多様性に富み、多くの種類の野鳥が生息している所や希少的な野鳥が生息している所を勝手にバードサンクチュアリとして設定して、このような地域を「生き物等の調査活動」、「野鳥の情報発信活動」、「自然体験学習、環境学習活動」の拠点とすることとしている。

浅川バードサンクチュアリの420日は「淺川、程久保川、多摩川の3川合流付近」、「淺川右岸一番橋下流のワンド付近」、「淺川左岸長沼橋上流の通称サイカチ池付近」の3地域の観察をした。

「淺川、程久保川、多摩川の3川合流付近」では、多摩川の下流側の府中四谷橋の橋柱に止まっているハヤブサが観察できた。

頭上の高圧線にはチョウゲンボウが2羽止まっていて、一方が聞きなれない鳴き声を盛んに発していた。

ペアリング行動なのか。カワセミも2羽一緒にいて盛んに鳴き交わしていた。

「淺川右岸一番橋下流のワンド付近」ではオオタカが突然現れて、河原の樹に止まっていたキジバトを襲ったが狩に失敗し、対岸のビルの3階のベランダにとまった。

若鳥であった。

セキレイとカラスがベランダのオオタカを攻撃していた。

一番橋に営巣するイワツバメが100羽近く川の上を飛び交っていた。

河原ではモズのオスが餌を求めて地上に降りたり枝に戻ったりしていた。

「淺川左岸長沼橋上流の通称サイカチ池付近」ではコガモが未だ10羽以上残っていた。

うち2羽のコガモが交尾した。

バンは4~5羽いて、うち2羽の争そいの行動が観察された。

イタチが池の対岸に姿を現し、上流側の藪に消えた。

コムクドリが住宅のテレビアンテナに1羽止まっていた。

その後電線に移った。飛んでいる虫をつかまえるためかフライキャッチのような行動を何回もした。

止まっている時は口から何かを吐き出した。渡り途中の個体と思われる。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ    3

ダイサギ              2

コサギ    1

アオサギ              3

カルガモ              3

コガモ    10

トビ       2

オオタカ              1

ハヤブサ              1

チョウゲンボウ    2

キジ       2

バン       1

オオバン              1

イカルチドリ       2

イソシギ              2

セグロカモメ       1

キジバト              3

カワセミ              3

コゲラ    2

ヒバリ    1

ツバメ    3

イワツバメ           102

ハクセキレイ       3

セグロセキレイ    3

ヒヨドリ              12

モズ       2

ツグミ    3

ウグイス              2

セッカ    2

エナガ    1

シジュウカラ       2

メジロ    1

ホオジロ              2

アオジ    1

カワラヒワ           3

シメ       1

スズメ    3

コムクドリ           1

ムクドリ              12

オナガ    1

ハシボソガラス    11

ハシブトガラス    1

ドバト    12

ガビチョウ           2

イタチ    1

ウシハコベ          

エノキ   

オオイヌノフグリ             

オオカワジシャ   

オニグルミ          

オランダガラシ   

オランダミミナグサ          

カキドウシ          

カラスノエンドウ             

カントウタンポポ             

キュウリグサ      

クヌギ   

クワ    

ショカツサイ      

スズメノエンドウ             

スズメノヤリ      

セイヨウカラシナ             

セイヨウタンポポ             

タチイヌノフグリ             

ツルニチニチソウ             

ナガミヒナゲシ   

ナズナ   

ノジシャ             

ハナニラ             

ヒメオドリコソウ             

ヒメツルソバ      

ヘラオオバコ      

ホトケノザ          

ミチタネツケバナ             

ムラサキケマン   

ヤエムグラ          

ヤマブキ             

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »