« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月30日 (金)

鳥見歩る記*奥多摩白丸ダム2011.1226

20111226  1035分1345分 晴

Photo

多摩川、奥多摩の白丸ダムでヤマセミ、カワセミが見られるという案内書をたよりに、奥多摩駅で下車して多摩川沿いを鳩ノ巣駅まで歩いた。

多摩川を最初に渡る昭和橋では上流方面からトビが飛んできた。

はじめは国道を歩き、発電所の所で「数馬峡遊歩道」に入った。

枯れた草藪から小さな声が聞こえてきた。

ホオジロとシジュウカラであった。

狭い旧道のような遊歩道を歩いて行くと柚子がなっている小さな集落あり、その先がトンネルであった。

白丸湖沿いの遊歩道は3月の大地震の影響で崩れた所があるという説明書きがあり、通行禁止になっていた。

しかしヤマセミとカワセミに会いたいので、行ける所まで行って途中で引き返すつもりで歩いていったら、全線通行可能であった。

白丸ダムから下流は急流の鳩の巣渓谷となっていた。

ヤマセミとカワセミは出なかったが白丸ダムではオシドリ約30羽の群がいた。

オシドリは警戒心が強く、遠くからの観察になった。

他にはカルガモ数羽、キンクロハジロとカワウが各1羽、キセキレイだけで、思ったより鳥は少なかった。

鳩ノ巣駅の弧線橋から柿の実にメジロが2羽いるのを見ていると運良く電車がホームに入って来た。

観察した野鳥などは以下の通りです。

オシドリ

カルガモ

キンクロハジロ

トビ

キセキレイ

ヒヨドリ

ミソサザイ

ウグイス

エナガ

ヤマガラ

シジュウカラ

メジロ

ホオジロ

カワラヒワ

ハシブトガラス

*******

粕谷和夫

コメント、感想等を頂ける方は、「プロフィール」に記載のアドレスにお願いします。

ブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2011年12月28日 (水)

鳥見歩る記*カワセミ会ジュニアクラブ浅川2011.12.24

20111224  40分1110分 晴

Photo_3

浅川右岸堤防エコ広場裏から長沼橋まで、下り、同橋を渡って、左岸堤防を池のような湿地池で観察し、新浅川橋まで歩き、同橋を渡り、エコ広場に戻るコース

第32回カワセミ会ジュニアクラブ観察会。

コースはいつもの通り浅川の八高線鉄橋から長沼橋まで左右岸の堤防を一回り。

カワウとダイサギ、コサギの群は今月も来ていた。

既に集団採餌は終わったようで中央線鉄橋の上流側河原で休んでいた。

イカルチドリが3羽、河原でじっとしていた。

寒いためか体を丸くしていた。

カルガモのカップルの1羽が首を上下に振っていた。

求愛ディスプレイでその後に交尾した。

湯殿川ではダイサギ2羽、カワウ3羽、カルガモ数羽がほぼ同じ場所で採餌していた。

そこにカワセミ2羽が現れた。

縄張り争いのようで1羽がもう1羽を追い出すような行動であった。

モズがよく観察されオスとメスの区別も明瞭であった。

キジのメスのメスが堤防下から飛び立ち近くのオギの原に飛んで行った。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ

カワウ

ダイサギ

コサギ

アオサギ

マガモ

カルガモ

コガモ

トビ

キジ

バン

オオバン

イカルチドリ

キジバト

カワセミ

コゲラ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

モズ

ジョウビタキ

ツグミ

ウグイス

シジュウカラ

メジロ

ホオジロ

アオジ

カワラヒワ

スズメ

ハシボソガラス

ドバト

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*陣場山2011.12.23

20111223  30分1430分 

Photo

シモバシラの氷の結晶の観察とクマタカの飛翔観察を目的に陣場山に登り、下りは醍醐林道をあるいた。

集まったメンバーは10名。

陣場高原下でバスを降り、和田峠まで歩いた。

途中カヤランの小さな株が道路に落ちていた。

強風で落ちたのだろうか。

陣場山直下の国民宿舎跡付近で秋にシモバシラの花が咲いていたので、冬の今の時期に株元に氷の結晶が見えるはずと見込みを立てていた。

その結果、予想通りのシモバシラがあった。

しかし、予想していたより規模が小さく少しがっかりした。

頂上付近ではヤクシソウやノハラアザミの花の後が綺麗な自然に出来たドライフラワー状態になっていた。

Photo_2

ツグミが約20羽集団で飛んでいた。

今年はツグミの平地への飛来が遅れているが、山に未だ餌になる木の実が残っているのだろうか。

頂上ではカワラヒワ約30羽の群にアトリが1羽混ざっていた。

醍醐林道ではお目当てのクマタカは出なかったがオオタカが姿を見せてくれた。

最後に集落のあるところではガビチョウの群が小さな声を出しながら動き回っていた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

オオタカ             

キジバト             

コゲラ   

ヒヨドリ             

ツグミ   

ウグイス             

エナガ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

ホオジロ             

アトリ   

カワラヒワ          

イカル   

ハシブトガラス   

ガビチョウ          

ミヤマフユイチゴ             

ムラサキシキブ   

ヤブコウジ          

ヤブラン             

リュウノヒゲ      

*******

粕谷和夫

コメント、感想等を頂ける方は、「プロフィール」に記載のアドレスにお願いします。

ブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2011年12月24日 (土)

鳥見歩る記*上野動物園2011.12.21

20111221  1235分1445分 晴薄曇り

Photo_2

2月に八王子ぞう列車合唱団の公演で「ぞう列車がやってきた」の組曲を歌うので、実物の象を確認し写真を撮るために上野動物園に行った。

動物園門の前の植え込みでメジロ、ウグイスに出会った。

象はアジアゾウが3頭、牙のあるアフリカゾウが1頭いた。

象の檻にはハクセキレイが来ていた。

池には野性のカワウ、コサギ、ダイサギ、キンクロハジロがいて、飼育の羽を切られたコウノトリもいた。

カワウはかつての営巣していたような賑わいはなく、数羽しかいなかった。

弁天門から出て不忍池でカワセミを探した。

ここも以前のようなカモたちの賑わいはない。

鳥に餌やりの人がいて、スズメが手乗りになっていた。

キンクロハジロ、オナガガモ、ハシビロガモも餌やりの周りにたむろしていた。

ボート池の片隅でじっと魚を狙っているカワセミを見つけた。

Photo_3

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ

ダイサギ

コサギ

マガモ

ヒドリガモ

オナガガモ

ハシビロガモ

ホシハジロ

キンクロハジロ

バン

オオバン

ユリカモメ

カワセミ

ハクセキレイ

ヒヨドリ

ウグイス

シジュウカラ

メグロ

スズメ

ムクドリ

ドバト

*******

粕谷和夫

コメント、感想等を頂ける方は、「プロフィール」に記載のアドレスにお願いします。

ブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2011.12.20

20111220日、分~38分 4℃ 晴

Photo

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

今年も上智大学グランド土手の松林のビンズイが帰ってきた。

2羽を確認できた。

そのビンズイの近くでキジバト2羽も地面に降りて採餌していた。

桜並木のレンギョウも今年も冬の開花が見られた(写真)。

弁慶濠では久し振りにカワセミを観察。

ここではカワウ、カルガモの他にオカヨシガモ2羽も観察できた。

赤坂見附交差点の気温計は4℃であった。

寒い12月である。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カワウ 2

カルガモ      10

オカヨシガモ  2

キジバト      2

カワセミ      1

ハクセキレイ  1

ビンズイ      2

ヒヨドリ      8

メジロ 4

スズメ 4

ハシブトガラス外堀通り      2

ハシブトガラス       10

ドバト 3

ノネコ 1

レンギョウ   

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2011年12月21日 (水)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵2011.12.19

20111219  00分1445分 晴

Photo_2

宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

JR横浜線みなみ野駅→毘沙門天→宇津貫公園→クボノキ湧水→宇津貫緑地(ホタル沢、尾根道)→兵衛川→みなみ野駅のコースを歩いた。

宇津貫丘陵の野鳥定期カウント、集合時刻の8時にJR八王子みなみ野駅前に4名集まった。

駅前の低いビルの屋上にヒヨドリ大の鳥が来て止った。

直感でイソヒヨドリと思った。

確認するとイソヒヨドリのメスであった。

雑木林では公式とおりカラ類の混群にであったが、今日はその中にエナガがいなかった。

宇津貫緑地に入り、蛍沢の谷戸の小さな田んぼにコガモ2羽が来ていた。

Photo_3

その奥ではルリビタキのオス1羽を確認できた。

上空をオオタカの成鳥が通過した。

白い腹が光線に当たり目立った。

横浜線の線路近くの草地の縁にはビンズイが2羽いた。

今冬もビンズイが帰ってきた。

Photo_4

カウントの途中、昼飯をはさんでフクロウ用の巣箱を架けた。

フクロウが利用してくれるといいのだが。。。

Photo_5

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ              3

コガモ    2

トビ       1

オオタカ              1

キジバト              2

コゲラ    1

キセキレイ           1

ハクセキレイ       5

ビンズイ              2

ヒヨドリ              20

ルリビタキ           1

イソヒヨドリ       1

ウグイス              1

ヤマガラ              8

シジュウカラ       12

メジロ    20

アオジ    3

スズメ    2

ムクドリ              6

ハシボソガラス    3

ハシブトガラス    2

ガビチョウ           2

ガマズミ             

ゴンズイ             

マユミ   

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*新宿御苑2011.12.18

20111218  1150分135分 晴

Photo

日本チョウ類保全協会主催で「チョウ類生態写真展」が新宿御苑インフォメーションセンターで開催されている。

その写真展にイチモンジセセリの表情を撮った私の写真が展示されているので見に行った。

ついでに新宿御苑に入園して「上の池」に行って見た。

カルガモが数羽とカイツブリが1羽いて、目当てのオシドリは奥の樫の木の下でちらちら見えるだけであった。

そこから新宿門に向かう途中に落葉で埋まったような小さな池があり、コサギ1羽が採餌していた。片足を震わせながら獲物を捕る姿を近くで撮影できた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ

コサギ

オシドリ

カルガモ

ハクセキレイ

ヒヨドリ

ウグイス

メジロ

ハシブトガラス

*******

粕谷和夫

コメント、感想等を頂ける方は、「プロフィール」に記載のアドレスにお願いします。

ブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2011年12月19日 (月)

鳥見歩る記*川町田んぼ2011.12.16

2011121650分~1030分 

Photo_4

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。

今冬は鳥が少ない。

川町谷戸も例外でなく、鳥が少なかった。

休耕田にアオサギ1羽がいたが、直ぐに飛び去ってしまった。

ジョウビタキの♀1羽が大沢川の浅瀬で水浴をしていた。

雑木林でキツツキの幹を叩く音が聞こえてきた。

コゲラは直ぐわかり、その後でもう少し太く低い音が聞こえてきた。

その音が発するさきにアオゲラがいた。

田んぼと雑木林の間にユズリハが緑色の葉を輝かせていた(写真)。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アオサギ              1

アオゲラ              1

コゲラ    2

ハクセキレイ       1

セグロセキレイ    1

ヒヨドリ              6

ジョウビタキ       1

シジュウカラ       2

メジロ    2

ハシボソガラス    4

ハシブトガラス    2

タネツケバナ      

ナズナ   

マンリョウ          

ヤブコウジ          

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

|

鳥見歩る記*上川口小学校2011.12.15

20111215  40分1030分 

Photo_3

上川口小学校全校野鳥観察に支援に行った。

校庭を見下ろす杉のテッペンにオオタカの成鳥が止まっていた。

いつものように1-2年生班、3-4年生班、5-6年生班に分かれて学校周辺で野鳥観察を行った。

5-6年生班を受け持った。

しかし、何故か鳥がでない。

ツグミもジョウビタキモ、ルリビタキも出なかった。

ダイサギ1羽が川口川の上を飛んでくれた。

後半にモズがようやく出てくれた。

1本の街路樹に集まったスズメの小さな群が最後に出たが、スズメに出会ってほっとした。

観察した野鳥などは以下の通りです。

ダイサギ

トビ

オオタカ

キジバト

ヒヨドリ

モズ

ヤマガラ

メジロ

スズメ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ドバト

*******

粕谷和夫

コメント、感想等を頂ける方は、「プロフィール」に記載のアドレスにお願いします。

ブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*平林寺2011.12.14

20111214  1040分1345分 

Photo_2

読売文化センターの講座で、今月は平林寺に行った。

境内にはカエデが隙間なくという感じで植えられていて、そのカエデの紅葉の最盛期であった。

赤より黄色になるカエデが多かったが、まさに色づいた世界であった。

タカの食痕と思われるドバトの羽根が散乱していた。

鳥は少なかったが雑木林で5種混合のカラ類の混群に出会った。

エナガの数が最も多く、ヤマガラ、シジュウカラ、コゲラがいて、よく見ているとヒガラも混じっていた。

後半は野火止用水の緑道を通り新座駅まであるいた。

キセキレイはちらっと見ただけであったが、柿の実がなっているところではツグミが来ていた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト

コゲラ

キセキレイ

ヒヨドリ

ツグミ

ウグイス

エナガ

ヒガラ

ヤマガラ

シジュウカラ

メジロ

スズメ

ハシブトガラス

*******

粕谷和夫

コメント、感想等を頂ける方は、「プロフィール」に記載のアドレスにお願いします。

ブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記2011.12.13自宅⇒富士見通り⇒八王子駅北口)

20111213日、26~44分 

Photo

コースは自宅を出て八王子市八幡町の国道20号信号から南に約200m進み、南新町信号を左折して富士見通り(JR中央線の北側を平行)を約1km八王子駅北口までで、八幡町の国道20号信号から南新町信号踏切までは道路の両側にハナミズキの街路樹があるが、富士見通りには街路樹は全く無く、駅近くの西放射線通りにカツラが少しあるだけである。八王子駅北口は八王子市商店街の中心地で沿線は三小通りと比べ、緑環境が少ないコースである。

住宅地の庭に赤い花の木あり、サザンカかと思って近づいてみるとバラの花であった。

歩道にハクセキレイ1羽、ムクドリが屋根に2羽いただけであった。

観察した鳥は以下のとおりです。

ハクセキレイ       1

ムクドリ              2

ドバト    25

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2011年12月17日 (土)

鳥見歩る記*湯殿川片倉城跡公園2011.12.11

20111211  830分1110分 晴

P10906961

カワセミ会の月例探鳥会で、前日とほぼ同じコースを歩いた。

前日クイナがいた所にはバンがいて、バンがいた所にはカイツブリがいた(写真)。

湯殿川のような小さな川にカイツブリは珍しい。

ジョウビタキ、モズがあちこちで出たがツグミは出なかった。

1010分で探鳥会は終わり、その後は毎年恒例の片倉城跡公園に架けてある巣箱の利用調査と清掃を行った。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ

カワウ

ダイサギ

コサギ

カルガモ

コガモ

キジ

バン

イソシギ

キジバト

カワセミ

コゲラ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

モズ

ジョウビタキ

ウグイス

ヤマガラ

シジュウカラ

メジロ

ホオジロ

カシラダカ

アオジ

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ドバト

*******

粕谷和夫

コメント、感想等を頂ける方は、「プロフィール」に記載のアドレスにお願いします。

ブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*湯殿川片倉城跡公園2011.12.10

20111210  830分1140分 晴

P10905711

日野稲門会の野鳥観察会を支援した。

場所は片倉城跡公園とその近くを流れる湯殿川である。

先ず湯殿川を上流に向かって歩き殿田橋で折り返した。

イソシギが川の中で盛んに採餌していた(写真上)。

カワセミが水面上を通過していった。

稲荷橋の下でコガモ小集団がツルヨシの株元で潜んでいる所にバンの幼鳥がいた(写真下)。

かたくり橋の下でもコガモ小集団がツルヨシの株元で潜んでいる所にクイナ1羽がいた。

どちらも警戒心が強くツルヨシの中に隠してしまい姿ははちらっとしか見えなかった。

P10906121

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ

コサギ

カルガモ

コガモ

トビ

クイナ

バン

イソシギ

キジバト

カワセミ

コゲラ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

モズ

ジョウビタキ

シジュウカラ

メジロ

スズメ

ムクドリ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ドバト

*******

粕谷和夫

コメント、感想等を頂ける方は、「プロフィール」に記載のアドレスにお願いします。

ブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記2011.12.8(上野町⇒三小通り⇒八王子駅南口) 

201112日、7時28分~7時44分 曇り

Photo_4

コースは八王子市上野町金剛院の踏切から南に約200mみ、市民会館入口信号を左折して三小通り(JR中央線の南側を平行)を約1km八王子駅南口までで、踏切から市民会館入口信号までは道路の両側に里桜の街路樹、市民会館入口信号から国道16号の交差点までは道路の両側にハナミズキの街路樹、国道16号の交差点から八王子駅南口まではイチョウの街路樹が整備されている。沿線には寺が4つ、小学校が一つ、公園が一つある。

八王子市立第3小学校隣りのイチョウ公園にイチョウがある。

そのイチョウの黄葉が丁度良かった。

12月の黄葉とは遅くなったものだ。

そのイチョウにカワラヒワ、ヒヨドリが来ていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ハクセキレイ       1

ヒヨドリ              12

カワラヒワ           2

スズメ    4

ムクドリ              2

ハシブトガラス    2

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2011.12.7

201127日、5分~115分 

Photo_3

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。ここからは尾根道のいろはの道を登り、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

ルリビタキの声があちこちで聞こえてきて姿を中々確認できなかったが、後半1号路の杉並木で♂の姿を確認できた。

蛇滝登山道を歩いているとアオキの下で動きまわるものがありじっと見ているとソウシチョウが約10羽認められた。

晴れていたが青空に通常の虹とは違う円形の虹のようなものが上空に現れた。その虹の近くをヒマアマツバメが飛びまわっていた。

マルバスミレの季節外れの花があった。

ウラジロノキ(写真)、イイギリ、マユミ、ムラサキシキブ、シロダモ、キカラスウリなど実が目立った。

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

トビ       1

ヒメアマツバメ    10

コゲラ    7

ヒヨドリ              30

ミソサザイ           2

ルリビタキ           4

シロハラ              1

ウグイス              1

エナガ    25

ヒガラ    2

ヤマガラ              25

シジュウカラ       6

メジロ    35

イカル    2

ハシボソガラス    2

ハシブトガラス    12

ドバト    2

ソウシチョウ       10

アズマヤマアザミ             

イイギリ             

ウラジロノキ      

シロダモ             

セキヤノアキチョウジ      

ツリフネソウ      

マユミ   

マルバスミレ      

マルバノホロシ   

ミヤマシキミ      

ムラサキシキブ   

ヤブコウジ          

ヤマゼリ             

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2011.12.7

201112日、00分~57 

Photo

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

スタート地点の小仏川河原の種をつけて枯れたコセンダングサにベニシジミ、ヤマトシジミが寒さに耐えてじっと止まっていた。

河原を歩いていると、前方の日の当る所に赤く光るというか輝くものがあった。

近づいて見るとニシキギであった。

クサギ、ハダカホオズキの実がめだった。

ゴールの蛇滝橋付近でジョウビタキの♀に出会った。

Photo_2

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト              1

キセキレイ           1

ハクセキレイ       1

ヒヨドリ              10

ジョウビタキ       1

シジュウカラ       12

メジロ    2

アオジ    2

スズメ    2

ハシボソガラス    6

ハシブトガラス    2

ベニシジミ           1

ヤマトシジミ       1

クサギ   

コセンダングサ   

ハダカホオズキ   

ヒメジョオン      

ベニバナボロギク             

ミヤマフユイチゴ             

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2011年12月 6日 (火)

鳥見歩る記*東京工科大学2011.12.6

201110  1100分1140分 曇り

Photo_9

八王子市御殿山の国道16号脇の東京工科大学の池を覗いてみた。

紅葉が綺麗であった。

池にはカルガモ10羽、奥にコガモ3羽、カワウ8羽がいてカワセミもいそうなので約40分待ったがカワセミは出て来なかった。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ    8

カルガモ              10

コガモ    3

コゲラ   

キセキレイ          

ハクセキレイ      

ヒヨドリ             

シジュウカラ      

*******

粕谷和夫

コメント、感想等を頂ける方は、「プロフィール」に記載のアドレスにお願いします。

ブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2011.12.5

201112日、分~41分 8℃ 晴

Photo_8

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

桜並木の終点近くのヤブツバキが花を咲かせていた。

弁慶濠ではダイサギ1羽とカルガモ10羽がいたが、鳥が少なくさびしい感じた。

赤坂見附交差点の気温計は8℃と表示されていた。

東京も一桁のさむさにようやくなってきた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ダイサギ      1

カルガモ      10

ヒヨドリ      6

シジュウカラ  2

ハシブトガラス外堀通り      6

ハシブトガラス       8

ドバト 2

ドバト外堀通り       2

ノネコ 1

ボート 1

ヒメジョオン 

ヤブツバキ   

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*高月水田 2011.12.4 

2011年12月49時00分~10時25分 晴

Photo_6

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

晴れ上がった天気であったが鳥は少なかった。

最初にチョウゲンボウが上空に現れたが直ぐの飛んで行ってしまった。

ハシボソガラスだけは多く、約20羽が田んぼに降りて採餌していた。

ハクセキレイ1羽が近くに来てくれて写真のモデルになってくれた。

セグロセキレイ4羽が同じ田んぼに集まっていた。

そのうち2羽が求愛ディスプレイのように鳴き交わし賑やかだった。

初冬でもこのような行動をするのかと思った。

気温が上がりミヤマアカネ1、ベニシジミ2、キタテハ1が鈍い動作で飛んでいた。

Photo_7

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

チョウゲンボウ    1

ハクセキレイ       2

セグロセキレイ    4

タヒバリ              16

モズ       1

スズメ    10

ハシボソガラス    20

キタテハ              1

ベニシジミ           2

ミヤマアカネ       1

イヌガラシ          

オオイヌノフグリ             

オオジシバリ      

コセンダングサ   

セイヨウタンポポ             

ナズナ   

ノボロギク          

ハキダメギク      

ハルノノゲシ      

ブタナ   

ホトケノザ          

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2011.12.4

201112日、20分~55分 

Photo_4

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

オオバン2羽が岸辺で採餌していた。

岸辺の枯れ枝にはカワセミもいたが、こちらは飛んで行ってしまった。

オギのなかにはカシラダカ、アオジ、ウグイスが確認できた。

カメラマンも来ていた。

こちらはベニマシコを狙っているようであったが、直ぐには出てこなかった。

Photo_5

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

オオバン              2

カワセミ              1

セグロセキレイ    2

モズ       1

ウグイス              1

カシラダカ           3

アオジ    3

カワラヒワ           2

ハシボソガラス    2

コジュケイ           2

ガビチョウ           2

セイタカアワダチソウ      

カラスウリ          

ノイバラ             

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*種入りの田んぼ・セリ摘み2011.12.3

201112  1300分1500分 晴

Photo

午前中は大雨で上川口小学校の校庭で開催予定の「ゆずりはの会」は体育館で行われた。

午後は雨が上がり同校裏の田んぼでセリ摘みを行った。

セリは田んぼの畔に隙間ないほど生えていて、いっぱい収穫できた。

その後、谷戸を観察した。

ビナンカズラの赤い実が眼についた。

Photo_2

タカに襲われた鳥の羽が産卵していた。

羽を家に持ち帰り調べてみたらコガモのようであった。

ルリビタキが雑木林で鳴いていたが姿を確認できなかった。

カラ類の混群にも出会ったが姿を確認できたのはヤマガラだけであった。

Photo_3

観察した野鳥などは以下の通りです。

コゲラ   

ヒヨドリ             

ルリビタキ          

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

アオジ   

ハシブトガラス   

ガビチョウ          

ビナンカズラ      

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2011年12月 2日 (金)

鳥見歩る記*戸越公園2011.11.30

20111130  1435分1550分 晴

Photo_5

カワセミ探しは本日3ヶ所目。

大井町線戸越公園駅から公園まで歩いた。

小さな池にオナガガモがひしめいていた。

数は約120羽、他にカルガモが15羽、マガモ、キンクロハジロがともにメスで各1羽だった。

ここも公園に来る人が餌をまいていてカモがそこに群がる構図であった。

水が澄んでいて底まで見える気持ちよい池だった。

池が小さ過ぎるのか、人工的過ぎるのかカワセミは出現しなかった。

帰路は戸越銀座と国道1号を歩いて山手線五反田駅まで歩いた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

マガモ    1

カルガモ              15

オナガガモ           120

キンクロハジロ    1

キジバト             

ヒヨドリ             

ウグイス             

メジロ   

カワラヒワ          

スズメ   

ハシブトガラス   

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*洗足池2011.11.30

20111130  1250分145分 晴

Photo_3

カルガモを求めて次は千足池に行った。

自由が丘で東横線から大井町線に乗換え北千束駅で下車、そこから歩いた。

大きな池だ。

ユリカモメが先ず眼入った。

カワウ、オナガガモも一緒にいた。

公園に来る人が餌をやっていてそこに群がる構図だった。

橋を渡り弁天様に先ずお参り。

そこにはカメラマンが数人した。

カワセミは来るかと尋ねると1時半頃には来るという返事だった。

上空高くオオタカが池の上を旋回していた。

1時半になると予告通りカワセミは来てくれた。

メスで腹のオレンジ色の濃い個体であった。

弁天島一体にはコサギもいてカワセミが来るにはふさわしい場所であった。

Photo_4

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ    10

コサギ    1

カルガモ              5

オナガガモ           30

キンクロハジロ    30

オオタカ              1

ユリカモメ           50

カワセミ              1

ウグイス             

シジュウカラ      

ハシブトガラス   

ドバト   

アヒル   

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*碑文谷公園2011.11.30

20111130  1045分1210分 晴

Photo_2

カワセミを求めて碑文谷公園に行ってみた。

東横線の学芸大学前で下車、歩いて公園に行った。

池にはキンクロハジロが目群れていた。

カウントすると約50羽だった。

厳島神社にお参り。

神社裏側の目立たないところにはカルガモが12羽いた。

カワセミがいそうな雰囲気で、池を2週したがカワセミには出会えなかった。

自転車で散歩中の高齢男性がカウントしているのですかと、話しかけてきてくれた。

キンクロハジロを知っていたので鳥に少し詳しい人であった。

この池にはよく来るらしいので、カワセミを見たことがあるかと問うと、この池ではカワセミを見たことがないという返事だった。

池に枝を張り出したトウネズミモチにゴイサギの若鳥(通称ホシゴイ)が1羽潜んでいたが、公園に来ている人達は誰も気付いていないようだった。

ヒイラギ、ツバブキが花を咲かせていた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

ゴイサギ              1

カルガモ              12

キンクロハジロ    50

ヒヨドリ             

シジュウカラ      

メジロ   

スズメ   

ハシブトガラス   

ドバト   

アヒル   

ツワブキ             

ヒイラギ             

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記*宇津貫丘陵2011.11.29

20111129  00分1130分 曇り

120111129

宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

JR横浜線みなみ野駅→毘沙門天→宇津貫公園→クボノキ湧水→宇津貫緑地(ホタル沢、尾根道)→兵衛川→みなみ野駅のコースを歩いた。

宇津貫公園でルリビタキの声が聞こえてきたが姿を確認できなかった。

宇津貫緑地に入るとアオジの地鳴きがあちこちから聞こえてきた。

ツグミは1羽木に止っている姿を確認できた。

アナグマと思われる糞が尾根道にあり、そこに虫が来ていた。

Photo

アキノタムラソウの花が未だある一方で、ムラサキシキブの実が綺麗に稔っていた。

帰路雑木林の階段でタカに食べられたと思われる鳥の羽が産卵していた。

自宅に持ち帰り羽図鑑で調べてみるとオシドリのようであった。

220111129

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト              2

コゲラ    1

ハクセキレイ       1

ヒヨドリ              19

モズ       1

ルリビタキ           1

ツグミ    1

ウグイス              8

エナガ    20

ヤマガラ              2

シジュウカラ       12

メジロ    20

アオジ    4

ハシボソガラス    2

ハシブトガラス    3

ガビチョウ           2

アキノタムラソウ             

コセンダングサ   

ノハラアザミ      

*******

粕谷和夫

皆様からコメント、感想等を頂ければ幸いです。粕谷宛のアドレスはこの頁右上カレンダーの下にある「プロフィール」に記載しておきました。

もう一つのブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »