« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月31日 (水)

鳥見歩る記*陣馬山・小仏峠2011.8.29

201129  30分1520分 晴

Photo_2

初秋の花を求めて陣場山に登った。

藤野駅からバスで和田(神奈川県立陣馬自然公園センター)まで行き、和田を830分に出発するコースをとった。

和田ではウグイスのさえずりが聞こえてきた。

最初のきつい急坂を登っているとカケスの声が聞こえ、やや過ぎるとアオゲラのけたたましい声が聞こえてきた。

陣馬山頂には10時に到着。

山頂に広がる草原には、ツリガネニンジン、オミナエシ、ユウガギク、コオニユリ、ツルニンジン、シシウド、マルバハギ、タムラソウなど華やかに咲いていた。

コオニユリにはキアゲハがよく似合う(写真)。

帰路は明王峠、景信山を越え小仏峠から降りることとした。

下り始めたところにはシモバシラの白い花が咲いていた。

明王峠でキジバト、景信山でホオジロ(写真)に直ぐ近くで会えた。

Photo_3

山の上ではアキアカネが多かったが、まだ赤くはなっていなかった。

下った終着地小仏バス停ではウラギンシジミの写真を撮れた。

Photo_4

観察した野鳥などは以下の通りです。

トビ      

キジバト             

アオゲラ             

コゲラ   

ヒヨドリ             

ウグイス             

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

ホオジロ             

カケス   

ハシブトガラス   

アオバセセリ      

イチモンジセセリ             

イチモンジチョウ             

ウラギンシジミ   

カラスアゲハ      

キアゲハ             

キチョウ             

クロアゲハ          

コミスジ             

スジグロシロチョウ          

ダイミョウセセリ             

ツマグロヒョウモン          

ヒカゲチョウ      

ヒメウラナミジャノメ      

ヒメジャノメ      

モンキチョウ      

モンシロチョウ   

ヤマトシジミ      

カノコガ             

アキアカネ          

ミヤマアカネ      

アブラゼミ          

ニイニイゼミ      

ヒグラシ             

ミンミンゼミ      

アキカラマツ      

アキノタムラソウ             

イタドリ             

イヌショウマ      

イヌトウバナ      

イノコズチ          

ウツボグサ          

ウマノミツバ      

エノコログサ      

オオガンクビソウ             

オオヤマハコベ   

オトコエシ          

オミナエシ          

ガガイモ             

カタバミ             

カナムグラ          

カラムシ             

ガンクビソウ      

キツネノカミソリ             

キツネノマゴ      

キバナアキギリ   

ギンミズヒキ      

クサノオ             

クズ      

クルマバナ          

ゲンノショウコ   

コアカソ             

コオニユリ          

シシウド             

シモバシラ          

ジャコウソウ      

シュウブンソウ   

シラヤマギク      

ススキ   

センニンソウ      

ダイコンソウ      

タマアジサイ      

タムラソウ          

チヂミザサ          

ツユクサ             

ツリガネニンジン             

ツルニンジン      

ツルボ   

トネアザミ          

ニラ      

ヌスビトハギ      

ヌルデ   

ノハラアザミ      

ノブキ   

ハエドクソウ      

ハキダメギク      

ヒヨドリバナ      

フジカンゾウ      

ボタンヅル          

マツカゼソウ      

ママコノシリヌグイ          

マルバダケブキ   

マルバハギ          

ミズヒキ             

ミヤマタニワタシ             

ムカゴイラクサ   

ムラサキニガナ   

メヒシバ             

メマツヨイグサ   

メヤブマオ          

ヤブラン             

ヤマゼリ             

ヤマニガナ          

ヤマノイモ          

ヤマホトトギス   

ユウガギク          

ワレモコウ          

*******

粕谷和夫

ブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2011.8.26

2011261234分~1312分 32℃ 晴

Photo

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

上智大学グランド上の桜並木はせみ時雨であるが、主役がミンミンゼミからアブラゼミに変わった。

桜並木では蔓草で白い花センニンソウが咲き出した(写真)。

幅広い青色帯の目立つ蝶アオスジアゲハも5頭飛んでいた。

紀之国坂信号付近ではジャコウアゲハのメスがいた。

写真を撮ろうとしたが、少し遠くで撮ることは出来なかった。

真夏の昼間で鳥はカラスとスズメしかいなかった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

スズメ 1

スズメ外堀通り       2

ハシブトガラス       6

ドバト外堀通り       10

ボート 5

アオスジアゲハ       6

イチモンジセセリ     2

キアゲハ      1

ジャコウアゲハ       1

ヒメウラナミジャノメ 2

ベニシジミ    1

ヤマトシジミ  3

アブラゼミ    55

ツクツクボウシ       45

ミンミンゼミ  30

エノコログサ 

オオイヌタデ 

カイコウズ   

カラスウリ   

クサギ 

コマツヨイグサ      

センニンソウ 

タチアオイ   

ハルノノゲシ 

ヒメジョオン 

ヒルガオ      

ヘクソカズラ 

メヒシバ      

メマツヨイグサ      

ヤブガラシ   

*******

粕谷和夫

ブログ:八王子で稲の不耕起栽培http://hukouki.blog.so-net.ne.jp

|

2011年8月26日 (金)

鳥見歩る記*安曇野せせらぎの道2011.8.24

201124  1430分1500分 晴

Photo_3

天候不順で諦めた爺が岳登山の2日目は、先ず穂高町の碌山美術館で、日本近代彫刻の扉を開いたという碌山の彫刻を鑑賞し、次に山岳写真家で高山蝶研究家の田淵行男の作品や業績を展示する田淵行男記念館に行った。

昼食後は、近くのワサビ田湧水公園から万水川堤防沿いの「せせらぎの道」を歩いて、鳥を探した。

ここではトビがん何羽か飛んでいたが、巣立ち間もないと見られるトビが木の枝にじっと止まっているのが印象的であった。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ

カルガモ

トビ

バン

キジバト

ツバメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

シジュウカラ

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

ハシブトガラス

アヒル

|

鳥見歩る記*八方尾根2011.8.23

201123  1030分1400分 曇雨

Photo

後立山連峰の爺が岳に登る予定であったが、天気雨のため予定を変更して、八方尾根を歩いた。

八方池山荘までは、白馬の八方尾根麓からゴンドラと2つのリフトを乗り継いで、歩くことなくたどり着ける。

運の良いことに歩き出すと雨は上がってしまった。

ともかく花の多いルートだ。

メモしただけで47種が記録できた。

既に開花の最盛期を過ぎたもの、今が盛りのもの、色とりどりだ。

リフトに乗って入る時に下にはノコンギク、ゴマナが多かったが、この2種は八方池山荘から上にはなかった。

歩き出して先ず眼に入ってくる花はカライトソウ、シモツケソウだ。

下の方には背の低いウメバチソウ(写真)やミヤマコゴメグサが眼に入る。

色が濃くて鮮やかなタカネマツムシソウ、ハクサンシャジン、タテヤマウツボグサ、ホタルブクロ、クロトウヒレン(写真)が競うように咲いている。

ハッポウタカネセンブリという小さいが4弁のるり色に黒い斑点を散らした模様が美しい花がアクセントを添えてくれた。

八方池で昼食をとり、出発したら雨が降ってきた。

帰路は雨の中だったが八方池でまとまって咲くミヤマタンポポが帰路を楽しませてくれた。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

イワツバメ          

ウグイス             

メボソムシクイ   

ヤマガラ             

ホオジロ             

イブキジャコウソウ          

イワオトギリ      

イワシモツケ      

イワショウブ      

イワツメクサ      

ウメバチソウ      

エゾシオガマ      

オオイタドリ      

オオバギボウシ   

オニアザミ          

カライトソウ      

キバナノカワラマツバ      

キンコウカ          

クガイソウ          

クモマミミナグサ             

クルマユリ          

クロトウヒレン   

ゴマナ   

シシウド             

シモツケソウ      

タカネニガナ      

タカネマツムシソウ          

タテヤマウツボグサ          

タムラソウ          

チングルマ          

ニッコウキスゲ   

ネバリノギラン   

ノコンギク          

ハクサンオミナエシ          

ハクサンシャジン             

ハッポウウスユキソウ      

ハッポウタカネセンブリ   

ホツツジ             

ミヤマアキノキリンソウ   

ミヤマアズマギク             

ミヤマウイキョウ             

ミヤマコゴメグサ             

ミヤマセンキュウ             

ミヤマタンポポ   

ミヤマママコナ   

ミヤマリンドウ   

ヤナギラン          

ヤマハハコ          

ヤマブキショウマ             

ヤマホタルブクロ             

ヨツバシオガマ   

ワレモコウ          

|

2011年8月19日 (金)

鳥見歩る記2011.8.16自宅⇒富士見通り⇒八王子駅北口)

201116日、28~43分 

20110816

コースは自宅を出て八王子市八幡町の国道20号信号南に約200m進み、南新町信号を左折して富士見通り(JR中央線の北側を平行)を約1km八王子駅北口までで、八幡町の国道20号信号から南新町信号踏切までは道路の両側にハナミズキの街路樹があるが、富士見通りには街路樹は全く無く、駅近くの西放射線通りにカツラが少しあるだけである。八王子駅北口は八王子市商店街の中心地で沿線は三小通りと比べ、緑環境が少ないコースである。

猛暑が続いている。

通りに面しているマンション1階車庫ではツバメが営巣している。

2番子の時期であるが、8月も半ば過ぎたというのに未だ巣中には孵化して間もない雛が2羽いた。

子育ての親も巣中の雛も暑くて大変だろう。

観察した鳥は以下のとおりです。

ツバメ    2

ヒヨドリ              6

ハシブトガラス    4

ドバト    6

|

鳥見歩る記*川町田んぼ2011.8.13

20111320分~30 

20110813

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。

稲の穂が出てきた。

田んぼにイナゴなどバッタの仲間が増え、ナガコガネグモも目立つようになった。

シオカラトンボが共食いをしていた。

栗園でなんとクマゼミが1匹鳴いていた(他にニイニイゼミ、アブラゼミ、ミンミンゼミの声あり)。

雑木林の中はウバユリが群落状に咲いていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ヒヨドリ              4

ウグイス              1

シジュウカラ       2

メジロ    2

ハシボソガラス    2

ハシブトガラス    4

ガビチョウ           10

キマダラセセリ    2

ヒメウラナミジャノメ       1

ヒメジャノメ       1

ヤマトシジミ       5

シオカラトンボ    25

ハグロトンボ       4

ミヤマアカネ       1

ムギワラトンボ    25

アブラゼミ           10

クマゼミ              1

ニイニイゼミ       6

ヒグラシ              2

ミンミンゼミ       6

キリギリス           4

アマガエル           4

アキノエノコログサ          

アキノタムラソウ             

イヌガラシ          

ウバユリ             

オオアレチノギク             

オッタチカタバミ             

オヒシバ             

オモダカ             

カタバミ             

カヤツリグサ      

キツネノマゴ      

クサノオ             

コウゾリナ          

シロツメクサ      

セイヨウタンポポ             

セリ    

ツユクサ             

ニガクサ             

ヌスビトハギ      

ノブドウ             

ハエドクソウ      

ハキダメギク      

ハルノノゲシ      

ヒデリコ             

ヒメジョオン      

ヒメヒオウギズイセン      

ヘクソカズラ      

ベニバナボロギク             

メヒシバ             

ヤブマオ             

ヤマホタルブクロ             

ユウガギク          

ヨウシュヤマゴボウ          

ワルナスビ          

|

鳥見歩る記2011.8.11(上野町⇒三小通り⇒八王子駅南口)

Photo

201111日、7時25分~7時45分 晴

コースは八王子市上野町金剛院の踏切から南に約200m進み、市民会館入口信号を左折して三小通り(JR中央線の南側を平行)を約1km八王子駅南口までで、踏切から市民会館入口信号までは道路の両側に里桜の街路樹、市民会館入口信号から国道16号の交差点までは道路の両側にハナミズキの街路樹、国道16号の交差点から八王子駅南口まではイチョウの街路樹が整備されている。沿線には寺が4つ、小学校が一つ、公園が一つある。

キジバト2羽が歩いて行く前方を横切って飛んで行った。

夏本番の暑さの中、いちょう公園のムクゲが大きな花を咲かせていた。

その近くにメジロ2羽が飛んで来た。

駅構内のイワツバメの巣への出入り飛翔は数が少なくなってきた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト              2

イワツバメ           5

ヒヨドリ              4

メジロ    2

スズメ    6

ドバト    2

|

2011年8月13日 (土)

鳥見歩る記*谷津干潟2011.8.10

201110  1045分1400分 

Photo_4

読売文化センターの講座で今月は谷津干潟に行った。

東京は30℃を越す猛暑のようだが、干潟はさわやかな風来て心地よい。

JR京葉線で南船橋駅で降り、歩いて干潟に着くと、入り口付近にはセッカの声があり、カルガモ、ダイサギ、アオサギが目立ち、他にウミネコがいた。

シギはキアシシギが2羽いただけだった。

潮は引いていたが、だんだんと満ちてくる様子であった。

自然観察センターの先の津田沼高校に近い方に行って観察すると、こちらからはシギチドリがよく観察された。

確認できたのはオオソリハシシギ、キョウジョシギ、ダイゼン、メダイチドリであった。

午後は自然観察センターに入館して冷房の効く部屋から観察した。

ここからは遠いいがセイタカシギ、トウネンが観察できた。

近くではイソシギがいてその近くにチドリが1羽いた。眼の周りが黄色くないが、レンジャーの説明ではコチドリの幼鳥とのことであった。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ

ダイサギ

コサギ

アオサギ

カルガモ

コチドリ

メダイチドリ

ダイゼン

キョウジョシギ

トウネン

キアシシギ

イソシギ

オオソリハシシギ

セイタカシギ

ウミネコ

コゲラ

ツバメ

ヒヨドリ

セッカ

メジロ

スズメ

ムクドリ

オナガ

ドバト

|

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2011.8.9

2011分~36分 曇り 31℃ 晴

Photo_3

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

夏本番で鳥の姿は殆どなく、虫の世界であった。

中でも桜並木はミンミンゼミが圧倒的に多く、その中にニイニイゼミ、アブラゼミそれに早くもツツツクボウシも鳴き出していた。

ジャコウアゲハは紀之国坂信号付近で飛翔していた成虫1頭、アオスジアゲハは外堀通り溜池付近で飛翔していた成虫1頭である。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ヒヨドリ      2

ハシブトガラス       2

ドバト外堀通り       2

ボート 3

アオスジアゲハ       1

ジャコウアゲハ       1

ナミアゲハ    2

ヤマトシジミ  3

アブラゼミ    5

ツクツクボウシ       5

ニイニイゼミ  10

ミンミンゼミ  55

アカツメクサ 

アカバナユウゲショウ 

エノコログサ 

オオアレチノギク    

カイコウズ   

カタバミ      

カナムグラ   

カラスウリ   

クサギ 

コマツヨイグサ      

ツユクサ      

ハキダメギク 

ヒメジョオン 

ヒルガオ      

ヘクソカズラ 

ヘラオオバコ 

メヒシバ      

メマツヨイグサ      

ヤブガラシ   

|

鳥見歩る記*小仏城山2011.8.7

2011  5分1400分 晴

Photo

八王子・日野カワセミ会の月例探鳥会で今月は小仏城山に登った。

中央線で相模湖駅まで行き、バスで国道20号の大垂水峠で降りて一丁平、小仏城山と向かった。

下りは日影林道を通り日陰沢に下り、喫茶店ふじだなでコーヒーを飲んで高尾駅まで歩いた。

喫茶店「ふじだな」は会報かわせみを展示用に置かせて頂いている店である。

大垂水峠から一丁平に向かう途中ではホトトギス、コジュケイ、ウグイスの声が聞こえてきた。

一丁平の水場(水道蛇口のこぼれ水)ではカラスアゲハが綺麗な翅を見せてくれた。

ここにはスズサイコが1株あったが、花は終わっていた。

小仏城山では山頂にトビ、ツバメ、イワツバメが姿を現した。

下山路ではキキョウ(写真)咲く近くで、ホオジロが暑い日差しを受けてさえずっていた。

小仏川の駒木野公園付近ではコバノカモメズル(写真)が咲き出していた。

鳥より蝶の方が種類が多く出た探鳥会であった。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

トビ      

ホトトギス          

アオゲラ             

コゲラ   

ツバメ   

イワツバメ          

ヒヨドリ             

ウグイス             

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

ホオジロ             

コジュケイ          

ガビチョウ          

ウラギンシジミ   

オオチャバネセセリ          

オナガアゲハ      

カラスアゲハ      

キアゲハ             

キチョウ             

クロアゲハ          

コミスジ             

スジグロシロチョウ          

ダイミョウセセリ             

ツマグロヒョウモン          

ミスジチョウ      

ミヤマカラスアゲハ          

モンキアゲハ      

ホソバセセリ      

アキノタムラソウ             

オオバギボシ      

オカトラノオ      

キンミズヒキ      

コバノカゴメヅル             

シシウド             

スズサイコ 花後

タマアジサイ      

ヌスビトハギ      

ハエドクソウ      

ハグロソウ          

ヒメヤブラン      

ヒヨドリバナ      

フジカンゾウ      

ヘクソカズラ      

ミヤマタニワタシ             

ヤブミョウガ      

|

2011年8月11日 (木)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2011.8.3

2011月3日、25分~100分 

Photo_6

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。ここからは尾根道のいろはの道を登り、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

高尾山頂に鷹が2羽旋回、トビであった。

山頂の蝶の来るコナラにはスミナガシが2頭来ていた。

モンキアゲハが多くて目だった。

蛇滝では今年もイワタバコが見事な花をいっぱい着けていた(写真)。

シロヨメナが早くも咲き出した。

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

トビ       2

アオゲラ              3

コゲラ    2

ヒヨドリ              14

ウグイス              4

ヒガラ    2

ヤマガラ              8

メジロ    18

イカル    5

ハシブトガラス    8

ガビチョウ           2

アオスジアゲハ    1

ウラギンシジミ    1

カラスアゲハ       1

キチョウ              2

クロアゲハ           6

ジャコウアゲハ    3

スジグロシロチョウ           1

スミナガシ           3

ダイミョウセセリ              1

ムラサキシジミ    2

モンキアゲハ       5

モンシロチョウ    1

ヤマトシジミ       1

アブラゼミ           12

ニイニイゼミ       10

ヒグラシ              3

アキノタムラソウ             

イヌトウバナ      

イワタバコ          

ウバユリ             

オオバギボシ      

ガンクビソウ      

キジョラン          

キツネノボタン   

キハギ   

ギンミズヒキ      

コマツナギ          

シロヨメナ          

ダイコンソウ      

タニタデ             

タマアジサイ      

ヌスビトハギ      

ノブキ   

ハエドクソウ      

ヒメヒオウギズイセン      

リュウノヒゲ      

ヒヨドリバナ      

ミズヒキ             

ムラサキニガナ   

ヤブミョウガ      

ヤマユリ             

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2011.8.3

2011日、00分~25分 

Photo_5

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

カワガラスが蛇滝橋付近で下流の方へ飛んで行った。

同じ場所の岸辺の草にミヤマカワトンボが2頭止まっていた。

クロコノマチョウが足元から飛び出し、木の根元の日影に止まった。

シロスジカミキリ、ラミーカミキリにも出会った。

ウバユリ(写真)、キツネノカミソリが咲いていた。

ユウガギクも咲き出した。

ミヤマタニワタシは1株ひっそりとの花に対し、ママコノシリヌグイが河原いっぱいに広がって咲いていた。

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ              5

キジバト              2

コゲラ    1

ツバメ    9

キセキレイ           2

ハクセキレイ       1

ヒヨドリ              6

カワガラス           1

ウグイス              2

メジロ    6

スズメ    10

ハシボソガラス    6

ハシブトガラス    6

ガビチョウ           5

アカタテハ           1

オナガアゲハ       1

カラスアゲハ       1

キチョウ              1

クロアゲハ           1

ダイミョウセセリ              1

ツバメシジミ       1

ヒメウラナミジャノメ       1

モンキアゲハ       2

ヤマトシジミ       1

ハグロトンボ       2

ミヤマカワトンボ              2

アブラゼミ           5

ニイニイゼミ       15

ミンミンゼミ       10

クロコノマチョウ              1

シロスジカミキリ              1

ラミーカミキリ    1

アキノエノコログサ          

アキノタムラソウ             

ウバユリ             

ウマノミツバ      

オカトラノオ      

オニドコロ          

カタバミ             

キツネノカミソリ             

クサノオ             

コニシキソウ      

ザクロソウ          

ダイコンソウ      

タケニグサ          

タマアジサイ      

ツユクサ             

ニガクサ             

ヌスビトハギ      

ハエドクソウ      

ハキダメギク      

ハグロソウ          

ハッカ   

ハハコグサ          

ヒメジョオン      

リュウノヒゲ      

ヒヨドリバナ      

ヒルガオ             

ママコノシリヌグイ          

ミヤマタニワタシ             

ヤブカンゾウ      

ヤブジラミ          

ヤブミョウガ      

ヤブラン             

ユウガギク          

ヨウシュヤマゴボウ          

|

鳥見歩る記*高月水田 2011.8.1  

2011年8月1日、1時2分~13時12分 曇り

Photo_3

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

大きく伸びた稲の中から首だけ出したサギが1羽、ダイサギであった。

キリギリスが鳴き出した。

水を張った休耕田にコチドリが1羽来ていた。

田んぼでお年寄りに会い、水車のあった頃やホタルがいた頃の話を聞かせてもらった。

稲の葉を手繰り寄せるナガコガネグモの巣が目立ってきた。

トウキョウダルマガエルは声だけでなく、姿も確認できた。

このカエルは畔にいて、人が近づくとばたばたと田んぼの中に避難する習性がある。

真っ赤なトンボ、ショウジョウトンボが2匹いた。

イトトンボが交接していた。

Photo_4

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ダイサギ              1

コチドリ              1

キジバト              5

ツバメ    20

ハクセキレイ       6

セグロセキレイ    2

ヒヨドリ              2

モズ       2

セッカ    1

スズメ    22

ムクドリ              2

ハシボソガラス    4

ドバト    5

キチョウ              1

ツバメシジミ       3

ヒメジャノメ       11

ベニシジミ           7

モンキチョウ       1

モンシロチョウ    20

ヤマトシジミ       14

アキアカネ           4

アジアイトトンボ              2

シオカラトンボ    27

ショウジョウトンボ           2

ハグロトンボ       38

ハラビロトンボ    1

マユタテアカメ    1

ミヤマアカネ       16

ムギワラトンボ    33

キリギリス           5

ナガコガネグモ    多数

アマガエル           姿

トウキョウダルマガエル    姿

アカツメクサ      

アカバナユウゲショウ      

アキノエノコログサ          

アゼナ   

イヌガラシ          

イヌホオズキ      

オオアレチノギク             

オオニシキソウ   

オヒシバ             

オモダカ             

ガガイモ             

カタバミ             

ガマ    

カヤツリグサ      

キツネノボタン   

シロツメクサ      

スズメノヒエ      

スベリヒユ          

セイヨウタンポポ             

タカサブロウ      

ツユクサ             

ノカンゾウ          

ノブドウ             

ハキダメギク      

ヒメジョオン      

ヒルガオ             

ブタナ   

ヘクソカズラ      

ヘラオオバコ      

メヒシバ             

ヤブガラシ          

ユウガギク          

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原20110801

2011日、1023分~1055分 曇り

Photo_2

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

ホトトギスが未だ鳴いていた。

コジュケイが2ヶ所で威勢よく鳴いていた。

河原は一面夏草に覆われて、一部の場所しか入ることが出来なかった。

ガガイモが咲き出した。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ホトトギス           1

ツバメ    3

ヒヨドリ              2

モズ       1

ウグイス              4

コジュケイ           6

ガビチョウ           4

釣り人    1

キチョウ              3

コミスジ              1

ツバメシジミ       2

ヒメウラナミジャノメ       5

ヒメジャノメ       1

ヤマトシジミ       2

シオカラトンボ    1

ハラビロトンボ    14

ミヤマアカネ       1

ニイニイゼミ       2

キリギリス           5

アカツメクサ      

アキノエノコログサ          

オッタチカタバミ             

ガガイモ             

カヤツリグサ      

ツユクサ             

ヒメジョオン      

ヒメヒオウギズイセン      

ヤブガラシ          

ワルナスビ          

|

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2011.7.28

2011日、分~35分 曇り 27℃曇り

Photo

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

今年もセミの季節になってきたが、ミンミンゼミとニイニイゼミだけで、アブラザミは未だ声を確認できなかった。

桜並木でも少し目立つ花はヒルガオ程度で、戻り梅雨のような天気のもとで花を開いていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

スズメ 4

スズメ外堀通り       2

ハシブトガラス       6

ドバト 4

ボート 2

ニイニイゼミ  25

ミンミンゼミ  25

アカツメクサ 

エノコログサ 

オオアレチノギク    

カイコウズ   

クサギ 

タチアオイ   

ツユクサ      

ハルノノゲシ 

ヒルガオ      

ヘラオオバコ 

メマツヨイグサ      

ヤブガラシ   

ヤブカンゾウ 

|

2011年8月 5日 (金)

鳥見歩る記*常念岳下山2011.7.27

201127  30分1425分 曇り

Photo_5

最終日は一の沢まで下るだけの日程、標準タイムは3時間半である。

出発前に小屋の周辺で観察した。

アマツバメが頭上の直ぐ上を何回も直線的に通過して行った。

カヤクグリがコメツガのテッペンに来てさえずってくれた。

ウソは声だけで姿は見えず。

ミヤマママコナ、ミヤマコゴメグサ、オヤマソバの花、チングルマの種などがあり、さらにコマクサが小屋近くのガレバで花を着けていた。

クモマスミレの黄色い可憐な花も印象に残る存在であった。

下りでもルリビタキ、コマドリなどよく鳴いていた。

途中メボソムシクイが餌をくわえているところにも出会った。

近くに巣があると思われる。思いがけずムシトリスミレ、オニノヤガラなど予期しない花に出会い、無事に一の沢まで下山することが出来た。

観察した野鳥などは以下の通りです。(植物は新たに見たものだけ)

キジバト             

アマツバメ          

ビンズイ             

カワガラス          

ミソサザイ          

イワヒバリ          

カヤクグリ          

コマドリ             

ルリビタキ          

ウグイス             

メボソムシクイ   

オオルリ             

ヒガラ   

シジュウカラ      

ウソ      

ハシブトガラス   

クロヒカゲ          

スジグロシロチョウ          

ヒカゲチョウ      

モンシロチョウ   

ヤマキマダラヒカゲ          

ヒメキマダラヒカゲ          

ベニヒカゲ          

オオバギボシ      

オニノヤガラ      

コマクサ             

サワギク             

シモツケソウ      

ベニバナイチゴ   

ミヤマウイキョウ             

ミヤマホツツジ   

ミヤマママコナ   

ムシトリスミレ   

ヤマホタルブクロ             

|

鳥見歩る記*常念岳登山2011.7.26

201126  00分1455分 曇時々晴

Photo_3

ガスがかかっていて、視界は不良の中、6時に小屋を出発した。

今日のコースは常念岳を越えて常念小屋まで。

標準コースタイムは5時間30分。

視界がよくないので、6人が離れ離れにならないように注意しながら歩いたが、途中からは時々日も射す天気になった。

歩き出して直ぐ、チシマギキョウの群落に出会った。

強風に耐えるように地面にへばり付いて花を咲かせていた。

この縦走路はアップダウンの連続で、下って登ってを何回も繰り返した。

下って樹林帯に入るとウグイスやミソサザイの声が聞こえてきた。

ニッコウキスゲの群落はハクサンフウロ、クルマユリ、ハクサンチドリなどの花も混じり、気持ちよく通過した。

この場所ではホシガラス3羽も姿を見せてくれた。

常念岳に近づくにしたがい、花崗岩の石が転がる狭い急坂となってきた。

ルートには赤丸が着いているので、その印を頼りに転落しないように神経を集中して登って行った。

Photo_4

前方ハイマツの根元から1頭のオコジョで出てきて可愛い姿を見せてくれた。

お目当てのミヤマモンキチョウもハイマツ帯で何回がお目にかかったが止まってくれないので、とても写真を撮れる状況ではなかった。

何とか常念岳の山頂にたどりついて記念写真。

山頂から常念小屋までの下りがまた歩きにくい急坂で難儀したが、35分前に何とか無事に小屋にたどり着くことが出来た。

観察した野鳥などは以下の通りです。(植物は新たに見たものだけ)

キジバト             

アマツバメ          

ビンズイ             

ミソサザイ          

イワヒバリ          

ルリビタキ          

ウグイス             

メボソムシクイ   

ヒガラ   

ホシガラス          

オコジョ             

タカネヒカゲ      

ミヤマモンキチョウ          

イワベンケイ      

オタカラコウ      

オヤマソバ          

クモマスミレ      

クルマユリ          

グンナイフウロ   

チシマギキョウ   

ニッコウキスゲ   

ネバリノギラン   

ハクサンチドリ   

マルバダケブキ   

ミヤマコゴメグサ             

ヨツバシオガマ   

|

鳥見歩る記*蝶が岳登山2011.7.25

201125  14分1400分 晴曇雨

Photo_2

山荘を切り盛りするご夫妻に朝5時の朝食をお願いして、5時半にタクシーで出発した。

メンバーは6名。

本日のコースは三股から蝶が岳ヒュッテまでの登山。

標準タイムは5時間半である。

ゆっくり歩き8時間ぐらいで目的地に着くつもりで、三股の駐車場を6時過ぎに出発。

オオルリがさえずっている姿や、渓流に2羽いたカワガラスなどを観察しながら林道を歩き、三股から本格的な登山道に入った。

後から登って来るパーティには全て道を譲り、抜かれていくペース。

笹の葉に止まったゴイシジミ(写真)の清楚な姿は一服の清涼剤だ。

ミソサザイが近くで盛んにさえずる。

少し離れたところからコマドリの声も聞こえるが姿が見えない。

ウソ、カケスも声だけである。

イノシシが前方を横切った。

タマガワホトトギス、オニシモツケ、ギンリョウソウがよく目にとまる。

予想もしないハクサンコザクラの花がぼちぼち出てきた。

そろそろ森林限界まで登ってきたと予感できた。

昼食を済ませ歩き出すと、突然雨が降ってきたので、雨具を着けた。

雨の中、稜線に出ると先ずウサギギクが1輪、我々を出迎えるように咲いていた。

お花畑では、アオノツガザクラ、コケモモ、ハクサンシャクナゲが見事な群落を作っていた。

ここを通り過ぎて、蝶が岳ヒュッテには145分前に着いた。

ほぼ8時間で予定通りの歩きであった。

観察した野鳥などは以下の通りです。

ホトトギス          

アカゲラ             

コゲラ   

キセキレイ          

カワガラス          

ミソサザイ          

コマドリ             

ルリビタキ          

ウグイス             

メボソムシクイ   

オオルリ             

エナガ   

ヒガラ   

シジュウカラ      

ウソ      

カケス   

ホシガラス          

クロヒカゲ          

イノシシ             

ゴイシシジミ      

ヒメキマダラヒカゲ          

アオノツガザクラ             

アカバナ             

イケマ   

イワツメクサ      

ウサギギク          

ウツボグサ          

ウラジロナナカマド          

エビガライチゴ   

オオバキスミレ   

オオバミゾホオズキ          

オオヒョウタンボク          

オオレン             

オサバグサ          

オニシモツケ      

ガクアジサイ      

キツリフネ          

キヌガサソウ      

ギンリョウソウ   

クガイソウ          

クマイチゴ          

コケモモ             

コバイケイソウ   

コバノイチヤクソウ          

サワオトギリ      

センジュガンピ   

ソバナ   

ダイコンソウ      

タマガワホトトギス          

ツマトリソウ      

ツリフネソウ      

ツルリンドウ 2008         

ノリウツギ          

ハクサンオミナエシ          

ハクサンコザクラ             

ハクサンシャクナゲ          

ハクサンフウロ   

ヒヨドリバナ      

ベニバナイチゴ   

ミヤマキンバイ   

メタカラコウ      

モミジカラマツ   

ヤマアジサイ      

ヤマブキショウマ             

リョウブ             

|

鳥見歩る記*蝶が岳温泉啼鳥山荘2011.7.24

201124  1525分1650分 晴

Photo

明日からの蝶ヶ岳、常念岳縦走に先立ち、蝶ヶ岳麓の蝶が岳温泉啼鳥山荘に前泊した。

大糸線豊科駅から迎えにきてくれた車で宿に着き、夕方までの午後の一時を山荘付近を散策した。

標高が1000m以下のこの地域では、涼しさは無く平地と格段の差は感じなかった。

鳥ではヒガラのさえずりが一番よく聞こえてきた。

柳の周りに来ていた蝶を確認するとコムラサキであった。

歩いている後ろから突然蝶が飛んで来て笹の葉に止まった。

メスグロヒョウモンのメスであった(写真)。

よく似通ったツルアジサイ、ノリウツギ、イワガラミが揃い踏みで花を咲かせていた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト             

アオゲラ             

ヒヨドリ             

ウグイス             

ヒガラ   

シジュウカラ      

ハシブトガラス   

イチモンジチョウ             

ウラギンシジミ   

カラスアゲハ      

クロヒカゲ          

コムラサキ          

コミスジ             

ヒカゲチョウ      

ベニシジミ          

ミスジチョウ      

モンシロチョウ   

ヤマキマダラヒカゲ          

イカリモンガ      

アキアカネ          

ノシメトンボ      

ニイニイゼミ      

ヒグラシ             

トラガ   

メスグロヒョウモン          

アカショウマ      

イケマ   

イワガラミ          

オカトラノオ      

オトコエシ          

キツネノボタン   

コアカソ             

タケニグサ          

ツルアジサイ      

トウバナ             

ノアザミ             

ノコギリソウ      

ノリウツギ          

ヒメジョオン      

ミツバ   

ミヤマママコナ   

モジズリ             

ユウガギク          

リョウブ             

|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »