« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月22日 (金)

鳥見歩る記*川町田んぼ2011.7.16

201116日、40分~45分 

Photo

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。

生長してきた稲の上をツバメが採餌飛翔していた。

雑木林ではウグイスとガビチョウのさえずり有り。

トンボが少し目立つようになってきた。羽化直後のアキアカネ、ハシビロトンボ(写真)を認めることができた。

用水路沿いではチダケサシ、ニガクサの花が咲いていた。

用水路には蕾を付けたヘラオモダカが数株生えていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト              2

コゲラ    1

ツバメ    4

キセキレイ           2

セグロセキレイ    2

ヒヨドリ              6

ウグイス              2

メジロ    2

ハシボソガラス    2

ハシブトガラス    4

ガビチョウ           8

イチモンジセセリ              2

キチョウ              3

スジグロシロチョウ           4

ベニシジミ           2

アキアケネ           1

モンキチョウ       4

モンシロチョウ    10

カワトンボ           5

シオカラトンボ    5

ハラビロトンボ    1

ミヤマアカネ       2

ニイニイゼミ       6

アマガエル           声、姿

アカバナユウゲショウ      

アキノエノコログサ          

アキノタムラソウ             

イヌガラシ          

エノコログサ      

オオジシバリ      

オカトラノオ      

オニノゲシ          

キツネノボタン   

クレオメ             

シロツメクサ      

スベリヒユ          

セイヨウタンポポ             

タカトウダイ      

タケニグサ          

チダケサシ          

ツユクサ             

ニガクサ             

ハキダメギク      

ヒメジョオン      

ミツバ   

メヒシバ             

ヤブカンゾウ      

ヨウシュヤマゴボウ          

|

2011年7月15日 (金)

鳥見歩る記*富士山5合目2011.7.13

201113  1030分1430分 晴

Photo_5

読売文化センターの野鳥観察講座で今月は富士山5合目にお中道と奥庭に行った。

新宿から富士山5号行きの直通バスに乗ると中央高速、スバルラインを通って、2時間半で5合目に着いてしまう。

大勢の富士登山者を後目にお中道に入る。

ルリビタキ、ビンズイ、メボソムシクイの声がよく聞こえてくる。

姿をじっくり観察できたのはビンズイだけだった。

タカネバラ、ハクサンシャクナゲ、ナナカマドなどの木々の花、地面にはオンタデ、コケモモ、ベニバナイチヤクソウなどの花が楽しませてくれた。

奥庭荘に着くと水場には大勢のギャラリーが水浴に来る野鳥たちを見たり、写真を撮ったりしていた。

昼食をとっていると奥庭荘屋根上のアンテナでカヤクグリがさえずってくれた。

昼食後、水場でじっくり観察していると、ヒガラ、ウソ、メボソムシクイ、キクイタダキ、ルリビタキが次々に姿を見せてくれた。

Photo_6

観察した野鳥などは以下の通りです。

アマツバメ          

キセキレイ          

ビンズイ             

ミソサザイ          

カヤクグリ          

ルリビタキ          

ウグイス             

メボソムシクイ   

キクイタダキ      

コガラ   

ヒガラ   

ウソ      

ハシブトガラス   

オンタデ             

コケモモ             

タカネバラ          

ナナカマド          

ハクサンシャクナゲ          

ベニバナイチヤクソウ      

|

鳥見歩る記2011.7.12自宅⇒富士見通り⇒八王子駅北口)

20111224~40分 

Photo_4

コースは自宅を出て八王子市八幡町の国道20号信号南に約200m進み、南新町信号を左折して富士見通り(JR中央線の北側を平行)を約1km八王子駅北口までで、八幡町の国道20号信号から南新町信号踏切までは道路の両側にハナミズキの街路樹があるが、富士見通りには街路樹は全く無く、駅近くの西放射線通りにカツラが少しあるだけである。八王子駅北口は八王子市商店街の中心地で沿線は三小通りと比べ、緑環境が少ないコースである。

梅雨が明けて暑い夏がやってきた。

岡田建材付近では巣立ったツバメの親子かどうかは不明であるが、元気よく飛んでいた。

通りに面する民家の庭というか、玄関先のクチナシ八重が大きな、真っ白い花をつけていた。

観察した鳥は以下のとおりです。

ツバメ    5

ヒヨドリ              4

スズメ    2

ドバト    1

|

鳥見歩る記*多摩動物公園2011.7.11

201111  1045分1415分 晴

1

アオサギのコロニーを調べるために多摩動物園に行った。

動物園前を流れる程久保川は水が枯れ上がっていた。

動物園に入ると右手の林の中でガビチョウが高らかに出迎えてくれた。

先ず昆虫園に行ってみた。

昆虫園では二つの展示に注目した。

一つはハキリアリ。

生きたアリの群が葉っぱを切り取る→巣に運ぶ→その葉で 菌( キノコ)栽培するという様子が見事に展示されていた。

もう一つはグローワーム。

多摩動物公園で展示しているグローワームは、オーストラリアやニュージーランドの洞窟内の天井で光っている「ヒカリキノコバエ」という昆虫の幼虫。

幼虫は洞窟の天井から、粘液のついた糸をたくさん垂らし、みずから発光して、小さな虫を誘因、集まってきた虫が、ヒカリキノコバエ幼虫の餌になるというもの。

展示場はかなり暗くしてあるが、闇の中で光るグローワームの光が星座のように見える。 

本命のアオサギのコロニーであるが、以前はコウノトリ園の北側の林にあったが、今回行ってみるとそこにはアオサギはいなかった。

暫く観察しているとコウノトリ園の東側林にコロニーが移動していることがわかった。

しかし規模は以前より小さくなっていて。

巣の数は10以下のようであった。

既に巣立った巣もあり、アオサギがいる巣中にいることが確認できたのは半分程度の4巣であった。

巣中にいたアオサギは多分巣立ち直前の雛と思われ、時々餌を運んでくる親が観察された。

Photo_3

観察した野鳥などは以下の通りです。

アオサギ             

カワセミ             

コゲラ   

ツバメ   

ハクセキレイ      

ヒヨドリ             

ウグイス             

シジュウカラ      

メジロ   

スズメ   

ハシブトガラス   

ドバト   

ガビチョウ          

ウラギンシジミ   

キチョウ             

クロアゲハ          

スジグロシロチョウ          

ナミアゲハ          

ニイニイゼミ      

アキノタムラソウ             

オカトラノオ      

シロツメクサ      

タケニグサ          

ネムノキ             

ヒメジョオン      

ヒヨドリバナ      

|

鳥見歩る記*醍醐林道2011.7.10

201110  20分1050分 晴

Photo_2

カワセミ会の月例探鳥会、7月は毎年、八王子の奥座敷といわれる醍醐林道。

オオルリ、イカルが何ヶ所かでよくさえずってくれたが、木々の葉がよく茂ってきたため、姿は確認できなかった。

サンコウチョウ、アオバトも今年は観察できなかった。

オオムラサキ、ミヤマカラスアゲハの成虫が林道で観察できた。

道沿いにはサワギク(写真)が咲いていたが、今年は1株しか確認できなかった。

帰路ヤマアカガエル、クガビルが道に出てきた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

アオサギ             

カルガモ             

トビ      

キジバト             

アオゲラ             

コゲラ   

ツバメ   

キセキレイ          

ヒヨドリ             

ミソサザイ          

ウグイス             

キビタキ             

オオルリ             

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

ホオジロ             

イカル   

スズメ   

カケス   

ハシボソガラス   

ハシブトガラス   

ガビチョウ          

オオムラサキ      

サカハチチョウ   

スジグロシロチョウ          

ミヤマカラスアゲハ          

オニヤンマ          

ニイニイゼミ      

ヤマアカガエル   

クガビル             

アカバナユウゲショウ      

アカメガシワ      

オカトラノオ      

カタバミ             

カラスビシャク   

キツネノボタン   

クサノオ             

サワギク             

セイヨウタンポポ             

タケニグサ          

ツユクサ             

ヒメジョオン      

ホタルブクロ      

ボタンクサギ      

マタタビ             

ミツバ   

ヤブカンゾウ      

ヤマホタルブクロ             

ヤマホトトギス   

リョウブ             

|

鳥見歩る記2011.7.7(上野町⇒三小通り⇒八王子駅南口)

2011日、7時26分~7時44分 曇り

Photo

コースは八王子市上野町金剛院の踏切から南に約200m進み、市民会館入口信号を左折して三小通り(JR中央線の南側を平行)を約1km八王子駅南口までで、踏切から市民会館入口信号までは道路の両側に里桜の街路樹、市民会館入口信号から国道16号の交差点までは道路の両側にハナミズキの街路樹、国道16号の交差点から八王子駅南口まではイチョウの街路樹が整備されている。沿線には寺が4つ、小学校が一つ、公園が一つある。

スズメがあちこちでめについた。

三小隣のいちょう公園のヤマモモの実が熟れていて、メジロ2羽がこの樹に飛び込んだ。

ムクドリも近くの電線に止まっていた。

イワツバメはJR八王子駅構内で営巣しているものの出入りである。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

イワツバメ           10

ヒヨドリ              2

メジロ    2

スズメ    18

ムクドリ              4

|

2011年7月14日 (木)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2011.7.6

2011日、15分~155分 

Photo_4

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。ここからは尾根道のいろはの道を登り、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

キビタキは前月同様に10ヶ所でオスのさえずりを確認できた。

クロツグミは4号路つり橋の付近でさえずっていたが、これ1羽だけであった。

イカルの綺麗なさえずりが数ヶ所で聞こえてきた。

オオムラサキは高尾ビジターセンターの建物の裏側の壁と薬王院境内で飛翔していたものの2頭の確認であった。

オオミドリシジミ(写真)は1号路リフトの山上駅付近で葉に止まっていた。

アサギマダラには10ヶ所で出会った。

小さな蛇ヒバカリは蛇滝林道で車に轢かれた死体である。

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

キジバト              4

アオゲラ              1

コゲラ    4

ツバメ    3

キセキレイ           2

ヒヨドリ              27

クロツグミ           1

ヤブサメ              1

ウグイス              7

キビタキ              10

オオルリ              2

ヒガラ    18

ヤマガラ              14

シジュウカラ       8

メジロ    18

イカル    8

ハシブトガラス    8

ガビチョウ           10

アサギマダラ       10

オオムラサキ       2

クロアゲハ           1

クロヒカゲ           1

サトキマダラヒカゲ           1

スジグロシロチョウ           10

スミナガシ           1

ミスジチョウ       1

ミヤマカラスアゲハ           3

ムラサキシジミ    1

ルリシジミ           1

アゲハモドキ       1

オオミドリシジミ              1

ヒバカリ              死体

アオスズラン      

アカショウマ      

ウマノミツバ      

ウメバチソウ      

オオバジャノヒゲ             

ガンクビソウ      

キツネノボタン   

タケニグサ          

タニタデ             

ツルニガクサ      

ドクダミ             

ハエドクソウ      

マタタビ             

ムラサキシキブ   

ムラサキニガナ   

ヤブコウジ          

ヤブミョウガ      

ヤマアジサイ      

ヤマホタルブクロ             

ユウガギク          

ユキノシタ          

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2011.7.6

2011日、0015分 

Photo_3

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

アカショウマ、オオバジャノヒゲ、キササゲ、ネムノキ、ハエドクソウ、ハグロソウ、ムラサキニガナ、ヤブカンゾウ、アカメガシハ(写真)などが咲き出してきた。

リスが2頭、追いかけるように杉の木に出て消えて行った。

ホタルガが飛び出した。

鳥の方は低調で、特に目立つものは無かった。

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

コゲラ    4

ツバメ    14

キセキレイ           2

ヒヨドリ              10

ウグイス              1

ヤマガラ              8

シジュウカラ       12

メジロ    18

ムクドリ              2

ハシボソガラス    1

ハシブトガラス    5

ガビチョウ           2

キチョウ              1

スジグロシロチョウ           1

ベニシジミ           1

モンシロチョウ    2

ヤマトシジミ       2

ホタルガ              4

ハグロトンボ       1

ミヤマカワトンボ              2

カジカガエル       10

シロツバメエダシャク       2

リス     2

アカショウマ      

アカメガシワ      

イモカタバミ      

ウマノミツバ      

オオバジャノヒゲ             

オカトラノオ      

キササゲ             

キツネノボタン   

クサノオ             

セイヨウタンポポ             

タケニグサ          

ツユクサ             

テイカカズラ      

ドクダミ             

ネムノキ             

ハエドクソウ      

ハキダメギク      

ハグロソウ          

ヒメジョオン      

ムラサキシキブ   

ムラサキニガナ   

ヤブカンゾウ      

ヤブジラミ          

ヤブラン             

|

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2011.7.5

2011日、分~38分 曇り 30

Photo_2

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

桜並木でニイニイゼミが鳴き出した。

今季初認である。

ヤブカンゾウ、タケニグサが上智大学グランド土手で開花した。

アオスジアゲハは上智大学グランド土手と外堀通りで各1羽観察した。

赤坂見附交差点付近にあるAIU保険会社ビル1階駐車場のツバメの巣は、ツバメの姿を認めることができなかった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ヒヨドリ      2

シジュウカラ  4

メジロ 4

スズメ外堀通り       2

スズメ 6

ハシブトガラス       2

ハシブトガラス外堀通り      3

ドバト外堀通り       2

ボート 2

アオスジアゲハ       3

ナミアゲハ    1

ニイニイゼミ  2

アカツメクサ 

エノコログサ 

カイコウズ   

カタバミ      

キョウチクトウ      

コマツヨイグサ      

タケニグサ   

タチアオイ   

ツユクサ      

ノアザミ      

ハキダメギク 

ハルノノゲシ 

ヒメジョオン 

ヒルガオ      

ヘクソカズラ 

ヘラオオバコ 

ヤブガラシ   

ヤブカンゾウ 

ヤマモモ      

|

鳥見歩る記*川口中学1年生2011.7.4

2011  1355分1450分 曇

Photo

毎年7月始めに川口中学校から1年生の地域調べで野鳥班の指導を依頼される。

今年は11名だった。

川口川に出かけて野鳥を観察した。

川中新橋から下流に向かって堀口橋までを往復した。

カルガモが川で1羽のんびりしていた。

その後川の近くにある田んぼの畦にもカルガモがいた。

こちらは良く見ると親に付き添って可愛い雛がいた。

今年の1年生はおとなしい。

可愛いカルガモの親子を見ても感動の声を出す子は一人もいない。

再び川に戻り下流方向に向かうとカワセミが出てきてくれた。

枝に止まったところをスコープにいれて覗かせても、こども達の反応は鈍い。

ガビチョウが直ぐ近くのブッシュの中で高らかに鳴いていた。

セグロセキレイの親子が河原で採餌しているのを観察して学校に引き返した。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

カワセミ

ツバメ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

スズメ

ムクドリ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ガビチョウ

|

2011年7月 8日 (金)

鳥見歩る記*甘利山と千頭星山2011.7.2

2011  15分1530分 曇晴

Photo_6

中央線韮崎駅からタクシーを利用して、甘利山と千頭星山に登ってきた。

参加5名。

雨が心配されたが、山はガスに覆われ時々陽が射す天気で、降られることは無かった。

甘利山はレンゲツツジが盛りを過ぎたためか、一般観光客は殆どなく、千頭星山を目指す登山者が我々の他に10数組といった状況であった。

この山も鹿の被害が甚大で、植物相が貧弱になっていた。

笹は鹿に食べられ刈られたように背が低く、鹿の食べないマルバダケブキの大きな葉が目についた。

樹林帯では樹皮を鹿に食べられた跡があちこちに目につき、樹皮を守るために化学繊維の網のようなものが巻きつけられていた。

ハクサンフウロ(写真)、グンナイフウロ、オオヤマフスマ、シロバナヘビイチゴ、ハナニガナなど小さい花が足元を楽しませてくれた。

エゾハルゼミがよく鳴いていた。

帰路甘利山でギンイチモンジセセリ(写真)に出会った。

Photo_7

観察した野鳥などは以下の通りです。

ツツドリ             

ホトトギス          

ビンズイ             

ウグイス             

コガラ   

ヒガラ   

シジュウカラ      

ホオジロ             

ガビチョウ          

アサギマダラ      

キアゲハ             

ギンイチモンジセセリ      

ツマグロヒョウモン          

ヒメウラナミジャノメ      

モンキチョウ      

ヤマキマダラヒカゲ          

エゾハルゼミ      

ヒミズ    死体

アヤメ   

ウマノアシガタ   

ニガナ   

マユミ   

ヤマツツジ          

ハクサンフウロ   

オオヤマフスマ   

グンナイフウロ   

サラサドウダン   

シロバナヘビイチゴ          

ナナカマド          

ネバリノギラン   

ハナニガナ          

ベニバナツクバネウツギ   

マイヅルソウ      

ヤマハタザオ      

レンゲツツジ      

|

鳥見歩る記*高月水田 2011.7.1 

2011年7月1日、9時50分~10時43分 晴

Photo_3

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

ヤブカンゾウが開花し、その花の近くでカルガモ2羽が羽づくろいをしていた。

今年もアイガモ田んぼが3ヶ所あり、元気のよいアイガモの雛が田んぼにいた。

Photo_4

アオサギ1羽、ダイサギ1羽が田んぼに飛来、採餌していた。

ベニシジミが道脇にあちこちの草に止まっていた。

暑さの中、木陰で休んでいるとカワセミが目の前を横切っていった。

ハラビロトンボが休耕田にいた。

シオカラトンボがハグロトンボを食べていた。

Photo_5

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ダイサギ              1

アオサギ              2

カルガモ              6

トビ       1

キジバト              2

カワセミ              1

ツバメ    1

ハクセキレイ       4

セグロセキレイ    3

モズ       1

セッカ    1

シジュウカラ       3

スズメ    60

ムクドリ              2

ハシボソガラス    6

キマダラセセリ    4

ベニシジミ           22

モンキチョウ       1

モンシロチョウ    40

ヤマトシジミ       16

オニヤンマ           1

ギンヤンマ           4

コシアキトンボ    4

シオカラトンボ    16

ハラビロトンボ    3

アカツメクサ      

アカバナユウゲショウ      

イヌガラシ          

エノコログサ      

オヘビイチゴ      

カタバミ             

コヒルガオ          

シロツメクサ      

スズメノヒエ      

セイヨウタンポポ             

ツユクサ             

トキワハゼ          

ハキダメギク      

ヒメジョオン      

ヒルガオ             

ヘラオオバコ      

ヤブカンゾウ      

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原20110701

2011日、45分~40分 

Photo_2

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

ウグイスのさえずりが四方から聞こえ、ホトトギスも1羽がパトロールするように飛んでいた。

ハグロトンボは今期初認である。

背の低い河原のニセアカシア林でホオジロのものらしい古巣を見つけた(写真)。

近くにホオジロがいたので、間違いはないと思うが、既に巣立った後のようで、断定はできないのが残念だ。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ホトトギス           1

ツバメ    1

セグロセキレイ    1

ヒヨドリ              4

モズ       1

ウグイス              6

オオヨシキリ       1

シジュウカラ       2

ホオジロ              2

スズメ    5

ハシボソガラス    2

コジュケイ           4

ガビチョウ           2

トラフシジミ       1

ヒカゲチョウ       1

ヒメジャノメ       1

ベニシジミ           2

モンキチョウ       1

モンシロチョウ    2

ヤマトシジミ       1

カノコガ              1

コシアキトンボ    7

ハグロトンボ       3

ミヤマアカネ       1

カバキコマチグモ             

ウシガエル          

アカツメクサ      

ウシハコベ          

オオイヌノフグリ             

カタバミ             

ギシギシ             

シロツメクサ      

タケニグサ          

ツユクサ             

ドクダミ             

ヒメジョオン      

ヒルガオ             

マメグンバイナズナ          

ヤブガラシ          

ヤブジラミ          

|

鳥見歩る記*カワセミ会ジュニアクラブ浅川2011.6.25

201125  40分1120分 曇り

Photo

浅川右岸堤防エコ広場裏から長沼橋まで、下り、同橋を渡って、左岸堤防を池のような湿地池で観察し、新浅川橋まで歩き、同橋を渡り、エコ広場に戻るコース

第28回カワセミ会ジュニアクラブ観察会。

小学校の授業公開日と重なり、子供たちの参加はなく、大人だけ8名での探鳥となった。

この時期は巣立ち雛を連れた親子が観察できるのが楽しみである。

今日はイカルチドリ、イソシギ、キセキレイの親子連れを確認できた。

ホオジロがさえずっていた(写真)。

このコースでおなじみのサイカチ池では、バンの成鳥が1羽出てきた。

ゴールにさしかかる直前、八高線鉄橋あたりでツバメに追われるチョウゲンボウが観察できた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ

アオサギ

カルガモ

チョウゲンボウ

キジ

バン

イカルチドリ

イソシギ

キジバト

カワセミ

イワツバメ

キセキレイ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

ウグイス

セッカ

シジュウカラ

ホオジロ

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

オナガ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

コジュケイ

ドバト

ガビチョウ

|

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »