« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月29日 (水)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵2011.6.24

201124  00分1040分 晴

Photo_6

宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

JR横浜線みなみ野駅→毘沙門天→宇津貫公園→クボノキ湧水→宇津貫緑地(ホタル沢、尾根道)→兵衛川→みなみ野駅のコースを歩いた。

6月の雑木林は蝶や蛾に会えて楽しい。

今日はアカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ、ゼフィルスといわれる6月の雑木林に出現する美しい3種のシジミ蝶に会った。

カノコガ、ホタルガ(写真)、イカリモンガという綺麗な蛾にも出会うことができた。

また、雑木林では遠くでホトトギス、近くでキビタキのさえずりが聞こえてきた。

花は一段落し、今盛りと咲き誇っているのはクマノミズキだけであった。

観察した野鳥などは以下の通りです。

アオサギ              2

オオタカ              1

ホトトギス           2

コゲラ    2

ツバメ    18

ハクセキレイ       1

セグロセキレイ    1

ヒヨドリ              14

ウグイス              2

セッカ    1

キビタキ              1

ヤマガラ              2

シジュウカラ       15

メジロ    4

ホオジロ              4

スズメ    13

ムクドリ              1

ハシボソガラス    37

ハシブトガラス    9

ガビチョウ           8

クロアゲハ           1

コミスジ              1

サトキマダラヒカゲ           3

ナミアゲハ           5

ヒカゲチョウ       7

ヒメウラナミジャノメ       4

ベニシジミ           4

モンキチョウ       7

モンシロチョウ    2

ヤマトシジミ       1

イカリモンガ       1

カノコガ              4

ホタルガ              1

イトトンボsp      1

オオシオカラトンボ           4

コシアキトンボ    5

ショウジョウトンボ           4

ハラビロトンボ    1

ウラナミアカシジミ           1

ミズイロオナガシジミ       1

アカシジミ           3

アカバナユウゲショウ      

ウマノミツバ      

クマノミズキ      

コウゾリナ          

シロツメクサ      

セイヨウミヤコグサ          

ドクダミ             

ニワゼキショウ   

ノアザミ             

ノハナショウブ   

ハエドクソウ      

ヒレアザミ          

ブタナ   

ヘラオオバコ      

ホタルブクロ      

ムラサキシキブ   

ヤマボウシ          

ヨウシュヤマゴボウ          

|

鳥見歩る記*川町田んぼ2011.6.19

201119日、50分~1050分 曇り

Photo_4

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。

田植えが終わり、活着した稲が活き活きしていた。

その田んぼでトウキョウダルマガエルが鳴き、シオカラトンボが連結飛翔をしていた。

また、田んぼからあがったカルガモが羽づくろいをしていた。

コオニヤンマが用水路沿いの草の葉に止まっていた。

小川ではガビチョウが水浴、雑木林からはキビタキのさえずりが聞こえてきた。

シジュウカラの親子連れが賑やかだった。

Photo_5

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ              6

ツバメ    2

ヒヨドリ              6

ウグイス              1

キビタキ              1

シジュウカラ       7

スズメ    2

ハシブトガラス    6

ガビチョウ           6

キタテハ              1

キチョウ              3

クロアゲハ           1

スジグロシロチョウ           4

ナミアゲハ           1

ヒメウラナミジャノメ       4

ベニシジミ           7

モンキチョウ       5

モンシロチョウ    50

カノコガ              2

コオニヤンマ       1

シオカラトンボ    6

トウキョウダルマガエル   

アカバナユウゲショウ      

イヌガラシ          

オオイヌノフグリ             

オオバコ             

オニタビラコ      

カタバミ             

カントウタンポポ             

キショウブ          

ケキツネノボタン             

コウゾリナ          

シロツメクサ      

セイヨウタンポポ             

セリバヒエンソウ             

ドクダミ             

ニガナ   

ノアザミ             

ノビル   

ハキダメギク      

ヒメジョオン      

ミミナグサ          

|

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2011.6.16

201116日、分~45分 曇り 24

Photo_2

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

桜並木の入り口近くのビワが稔っていた。

未だ完熟していないので鳥は食べにきていないようだ。

赤坂見附交差点付近にあるAIU保険会社ビル1階駐車場のツバメの巣は、巣中に可愛いヒナがいた。

ヒナの数は未だ小さくてよく分からないが3羽以上はいるようである。

弁慶濠沿いの歩道でアザミが花を着けていた。

ヒレアザミかと思ったがどうもそうではないようで、調べてみたらアメリカオニアザミのようである。

外堀通りの街路樹の下にタデがあり、花が咲いていた。

ハルタデかサナエタデか。

葉鞘に毛が無いので、サナエタデかと思う。

Photo_3

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ツバメ外堀通り       3

シジュウカラ  2

メジロ 2

スズメ外堀通り       2

スズメ 8

ハシブトガラス       6

アカツメクサ 

アカバナユウゲショウ 

アカメガシワ 

アメリカオニアザミ   

カタバミ      

コマツヨイグサ      

サナエタデ   

セイヨウタンポポ    

タチアオイ   

デイゴ 

ドクダミ      

ノアザミ      

ハキダメギク 

ハルノノゲシ 

ヒメジョオン 

ヒルガオ      

ビワ   

ヘラオオバコ 

ヤブガラシ   

|

鳥見歩る記2011.6.15自宅⇒富士見通り⇒八王子駅北口)

201115日、24~38分 曇り

Photo

コースは自宅を出て八王子市八幡町の国道20号信号か南に約200m進み、南新町信号を左折して富士見通り(JR中央線の北側を平行)を約1km八王子駅北口までで、八幡町の国道20号信号から南新町信号踏切までは道路の両側にハナミズキの街路樹があるが、富士見通りには街路樹は全く無く、駅近くの西放射線通りにカツラが少しあるだけである。八王子駅北口は八王子市商店街の中心地で沿線は三小通りと比べ、緑環境が少ないコースである。

ツバメの巣が2ヶ所にあり、両方とも巣に親がいて抱卵中の模様であった。

コースに新たにコンビニが1軒オープンした。

メジロが1羽鳴きながら頭上を横切っていった。

観察した鳥は以下のとおりです。

ツバメ    2

ヒヨドリ              2

メジロ    1

スズメ    4

ドバト    9

|

2011年6月26日 (日)

鳥見歩る記*戸隠森林植物園2011.6.12・13

201112、13日  

Photo_2

戸隠森林植物園では、612日の夕とm13日の早朝から午後3時まで野鳥や植物観察を行った。

12日は日曜日で最近戸隠はパワースポットとして脚光を浴びているとのこと、観光客でごったがえしであった。

森林公園の中に入るはサンショウクイの声が先ず聞こえてきた。

アオジ、キビタキが多い。

アカゲラも時々姿を見せてくれた。

夜は宿に近い宝光社の境内でナイトウオッチングに出かけたが、静かな森の中からは鳥の声が聞こえて来なかった。

翌日は3時に起きて暗いうちに森林公園に行った。

念願のアカショウビンの声が5時過ぎにようやく聞こえてきて、姿も何とか確認することができた。

ゴマキ、ズダヤクシュ、クリンソウ、コバイケイソウ(写真)、コケイランなどの植物も綺麗な花を楽しませてくれたが楽しみにしていたヤマシャクヤクは既に花が終わっていた。 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ                        

アオサギ                           

カルガモ                           

キジバト                           

カッコウ                           

ツツドリ                           

ホトトギス                        

アマツバメ                        

アカショウビン                  

アカゲラ                           

オオアカゲラ                     

コゲラ                  

サンショウクイ                  

ヒヨドリ                           

モズ                     

ミソサザイ                        

コルリ                  

クロツグミ                        

アカハラ                           

ヤブサメ                           

ウグイス                           

センダイムシクイ                           

キクイタダキ                     

キビタキ                           

コサメビタキ                     

エナガ                  

コガラ                  

ヒガラ                  

シジュウカラ                     

ゴジュウカラ                     

キバシリ                           

ノジコ                  

アオジ                  

イカル                  

ニュウナイスズメ                           

カケス                  

ハシボソガラス                  

ガマズミ                           

コマユミ                           

ヤブデマリ                        

コバイケイソウ                  

エゾニワトコ                     

オオタチツボスミレ                        

クルバマソウ                     

クリンソウ                        

コケイラン                        

ゴマキ                  

サンリンソウ                     

ズダヤクシュ                     

タチカメバソウ                  

ベニバナイチヤクソウ                     

ルイヨウボタン                  

|

鳥見歩る記*木島平(サシバの営巣地)2011.6.12・13

201112、13日  1100分1420分 曇

Nimg_09151

カワセミ会は昨年12月に立教大学で鷹の渡り全国集会を開催した。

この集会に参加された長野のNPO法人ラポーザ代表である荒井さんによれば木島平に来ればサシバもクマタカも同じ場所で繁殖行動が観察できるとの情報を得た。

荒井さんは木島平でサシバを中心にすえた田んぼを中心とした里山保全活動を行っているとのことであった。

そこで、サシバのヒナが孵化した時期を狙ってカワセミ会探鳥会として木島平へ行った。

615分に八王子駅南口をマイクロバスで出発、木島平には11時前に到着した。

現地で荒井さんと合流し、早速現場を案内していただいた。

関東ではサシバの繁殖地は丘陵地の谷戸であるが、信州では山麓であるとのこと、そのためクマタカの営巣地と重なるのだという説明であった。

とはいえ規模は小さいが棚田があり、そこで稲作が行われているところが営巣地であった。

観察地で待っているとトビが先ず現れ、サシバはカエルのような獲物を捕まえて巣の方向に向かったところ、近くの杉のテッペンに止まってくれたところが先ず観察できた。

南の山の稜線付近にはクマタカが現れ、西に稜線付近にはノスリも現れてくれた。

午後2時過ぎとなり現場を引き上げようとしたところへ大きな蛇を紐のようにぶら下げて運んできて巣に向かうサシバを観察できた(会員のF氏が撮影した写真)。

思わぬ光景に唖然としてしまった。

当日は木島平を引き上げて宿である戸隠に向かった。

2日目は戸隠のRAPOSAワイルドライフリサーチセンターで荒井さんからタカの調査について室内講座を受け、残った時間で戸隠森林植物園で野鳥観察をした。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ

アオサギ

カルガモ

トビ

ノスリ

サシバ

クマタカ

キジバト

アマツバメ

ツバメ

キセキレイ

ヒヨドリ

モズ

ホオジロ

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

|

鳥見歩る記2011.6.9(上野町⇒三小通り⇒八王子駅南口)

20117時23分~7時43分 晴

Photo

コースは八王子市上野町金剛院の踏切から南に約200m進み、市民会館入口信号を左折して三小通り(JR中央線の南側を平行)を約1km八王子駅南口までで、踏切から市民会館入口信号までは道路の両側に里桜の街路樹、市民会館入口信号から国道16号の交差点までは道路の両側にハナミズキの街路樹、国道16号の交差点から八王子駅南口まではイチョウの街路樹が整備されている。沿線には寺が4つ、小学校が一つ、公園が一つある。

金剛院前の電線にシジュウカラがいて、さえずっていた。

カシワバアジサイが咲き出した(写真)。

カワラヒワが街路樹のイチョウでビーンという繁殖期の声を出していた。

イワツバメはJR八王子駅構内で営巣しているものの出入り個体である。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト              1

ツバメ    2

イワツバメ           10

ヒヨドリ              6

シジュウカラ       2

スズメ    14

ムクドリ              2

|

2011年6月11日 (土)

鳥見歩る記*利根運河(読売文化センター講座)2011.6.8

2011  1045分1425分 小雨⇒曇

Photo_7

読売文化センターの野鳥観察講座で今月は千葉の利根運河に行った。

あいにくの雨で、午前中は小雨降る中を利根運河水辺公園を散策した。

雨が降っているためか、あまり鳥は出てこなかったが、水面上で採餌飛翔を繰り返すツバメがあちこちにいた。

オオヨシキリ、ウグイス、ホオジロのさえずる姿も何とか観察できた。

利根運河沿いの利根運河交流館に立ち寄り、雨宿りをした後、午後は西側の東京理科大学付属理窓公園に行った。

途中の運河河原にはキジのオスが2羽姿を現してくれた。

セッカも鳴いているが姿は見えない。ヨシ原ではヨシゴイが繁殖しているはずであるが、確認は出来なかった。

理窓公園には池が3ヶ所あり、可愛い雛を連れたカルガモに3組会うことができた。

 

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ

カワウ

ダイサギ

アオサギ

コブハクチョウ

カルガモ

キジ

キジバト

カワセミ

コゲラ

ツバメ

イワツバメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

ヤブサメ

オオヨシキリ

セッカ

シジュウカラ

メジロ

ホオジロ

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

コジュケイ

ドバト

雑種ガモ

|

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2011.6.7

2011日、43分~150分 

Photo_4

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。ここからは尾根道のいろはの道を登り、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

キビタキのさえずりが13ヵ所で聞こえたが、オオルリのさえずりは蛇滝林道1ヶ所だけであった。

6月は蛾が多数出現するが、種別を判定するのが難しい。

後翅に尾状突起があるウスキツバメエダシャクと蝶のように綺麗なツマキシロナミシャク(写真)は何とか分かったが、他の蛾は何だか分からない。

4号路でカケスの声を聞いた。

高尾山でカケスが繁殖しているのだろうか。

高尾山頂の蝶のレストラン(コナラ)にはスミナガシとオオスズメバチが来ていた。

イナモリソウの可愛い花を3ヶ所で確認(写真)。

Photo_5

4号路で地面に落ちた花は一見すると裏側が表のような模様になっていて、ひっくり返してみるとおしべが黒いサルナシであった(写真)。

6月はマタタビの白くなった葉、テイカカズラの花も最盛期のようだ。

杉に着生したセッコクも満開であった。

5月31日に見つけた1号路下の池に産み落とされていたモリアオガエルの卵胞は見当たらなかったが、新たに池の上の樹の枝に卵胞が一塊あった(写真)。

Photo_6

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

カルガモ              2

キジバト              4

ホトトギス           1

アオゲラ              5

コゲラ    11

ヒヨドリ              12

クロツグミ           2

ヤブサメ              7

ウグイス              8

センダイムシクイ              2

キビタキ              13

オオルリ              1

ヒガラ    6

ヤマガラ              17

シジュウカラ       27

メジロ    12

カケス    1

ハシブトガラス    10

ガビチョウ           4

アサギマダラ       3

オナガアゲハ       2

ジャコウアゲハ    1

スミナガシ           2

モンキアゲハ       1

ウスキツバメエダシャク    1

ツマキシロナミシャク       1

モリアオガエル    卵胞

イナモリソウ      

イヌガラシ          

イヌトウバナ      

ウリノキ             

ウワバミソウ      

オカタツナミソウ             

オニタビラコ      

ガマズミ             

ギンレイカ          

コアジサイ          

コゴメウツギ      

サイハイラン      

サワハコベ          

サルナシ             

シャガ   

セッコク             

ノイバラ             

ハハコグサ          

ハンショウヅル   

フタリシズカ      

ホウノキ             

マタタビ             

マユミ   

マルバウツギ      

ヤマアジサイ      

ヤマボウシ          

ユキノシタ          

ヨウラクラン      

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2011.6.7

2011日、00分~35 

Photo_2

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

上椚田橋から歩き出すと、直ぐ梅ノ木林にコジュケイが1羽いて、草地から飛び出していった。

コゲラ、シジュウカラの親子連れに出会った。

駒木野公園付近でオオバアサガラが1本あり、開花していた。

花ウドの花が未だ残っていて、そこにアサギマダラが飛んで来て止まった。

蛇滝橋の手前の橋の所のシラキが開花し、キンモンガが花に止まっていた(写真)。

サイハイランも多数咲いていた(写真)。

Photo_3

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

アオサギ              1

カルガモ              1

アオゲラ              1

コゲラ    11

ツバメ    2

キセキレイ           5

ヒヨドリ              15

ウグイス              3

キビタキ              1

エナガ    4

シジュウカラ       17

メジロ    8

ムクドリ              10

ハシボソガラス    4

ハシブトガラス    4

コジュケイ           1

ガビチョウ           4

アサギマダラ       1

オナガアゲハ       2

ヒメウラナミジャノメ       2

カワトンボ           2

ミヤマカワトンボ              2

カジカガエル       15

アゲハモドキ       1

キンモンガ           3

イボタノキ          

イモカタバミ      

ウツギ   

エゴノキ             

オオイヌノフグリ             

オオバアサガラ   

オドリコソウ      

カタバミ             

クサノオ             

コウゾリナ          

サイハイラン      

サルナシ             

スイカズラ          

セリバヒエンソウ             

ツユクサ             

テイカカズラ      

ドクダミ             

ナワシロイチゴ   

ニガナ   

ハナウド             

ヒルザキツキミソウ          

マタタビ             

ヤブジラミ          

ユキノシタ          

|

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2011.6.6

2011日、分~39分  21

Photo

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

桜並木でメジロ、シジュウカラのさえずりあり。

弁慶濠には水鳥がいなかったがツバメが2羽採餌飛翔をしていた。

赤坂見附交差点付近にあるAIU保険会社ビル1階駐車場のツバメの巣は、巣中に親が1羽いた。

抱卵中の模様である。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ツバメ外堀通り       1

ツバメ 2

シジュウカラ  4

メジロ 4

スズメ外堀通り       1

スズメ 8

ハシブトガラス外堀通り      1

ボート 1

アカミミガメ  1

アカツメクサ 

アカバナユウゲショウ 

オッタチカタバミ    

オニタビラコ 

オニノゲシ   

カタバミ      

キョウチクトウ      

セイヨウタンポポ    

タチアオイ   

ドクダミ      

ノアザミ      

ハルジオン   

ハルノノゲシ 

ヘラオオバコ 

ハナカタバミ 

|

2011年6月 8日 (水)

鳥見歩る記*高月水田 2011.6.1

2011年6月1日、10時45分~12時00分 小雨

Photo_2

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

田植えが始まりだした。

代かきを行っている田んぼもあり、アマサギ1羽が田んぼに降りていた。

水の張った田んぼにコチドリが2羽来ていた。

田んぼの畔で繁殖してくれればいいが。

タマネギを作っている人からアマサギについて尋ねられ、いろいろとはなしているうちにタマネギをお土産に頂いてしまった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アマサギ              1

アオサギ              1

カルガモ              3

トビ       1

コチドリ              2

キジバト              1

ヒバリ    2

ツバメ    3

ハクセキレイ       3

セグロセキレイ    2

ヒヨドリ              1

カワラヒワ           6

スズメ    100

ムクドリ              19

ハシボソガラス    12

ハシブトガラス    2

ドバト    2

ヒメウラナミジャノメ       4

ベニシジミ           1

モンシロチョウ    30

アカツメクサ      

アカバナユウゲショウ      

アメリカフウロ   

イヌガラシ          

ウシハコベ          

ウマノアシガタ   

オオジシバリ      

オオバコ             

カタバミ             

カントウタンポポ             

キツネアザミ      

コウゾリナ          

コオニタビラコ   

コヒルガオ          

シロツメクサ      

セイヨウタンポポ             

トキワハゼ          

ナズナ   

ノイバラ             

ノビル   

ノミノツズリ      

ハハコグサ          

ヒメジョオン      

ヘラオオバコ      

マメグンバイナズナ          

ミツバツチグリ   

ムラサキサギゴケ             

レンゲ   

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原20110601

2011日、50分~1035分 

Photo

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

今年も竹の子採りの季節になった。

河原には大勢の竹の子採りが集まっていた。

カウントコースにも自転車が3台あり、採った竹の子の皮を剥いていた。

意外に多くの竹の子を採っていたので驚いた。

ヒメアマツバメが2羽飛んできた。

河原の草地ではヒメウラナミジャノメが目立ち、ダイミョウセセリもチョコチョコと顔を出してくれた。

河原の草にイチモンジカメココハムシと思われる金色の透けて見える虫が3匹いてカメラを向けると1匹は葉の裏側に逃げてしまった(写真)。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

トビ       1

キジ       1

キジバト              2

ホトトギス           1

ヒメアマツバメ    2

ヒヨドリ              10

ウグイス              4

オオヨシキリ       2

メジロ    3

ホオジロ              2

スズメ    4

ムクドリ              2

コジュケイ           2

ガビチョウ           4

釣り人    1

コミスジ              1

ダイミョウセセリ              5

ヒメウラナミジャノメ       20

モンシロチョウ    3

カワトンボ           1

アカツメクサ      

アカバナユウゲショウ      

イボタノキ          

ウシハコベ          

オオイヌノフグリ             

オニタビラコ      

カントウタンポポ             

キショウブ          

キツネアザミ      

クサノオ             

シロツメクサ      

スイカズラ          

セリバヒエンソウ             

ノイバラ             

ノビル   

ハルノノゲシ      

ヒメジョオン      

ヤブジラミ          

|

2011年6月 7日 (火)

鳥見歩る記*高尾山2011.5.31

20113  551515分 曇

Photo

高尾山にやって来る夏鳥の飛来時期をキャッチするために、野鳥の声を毎日早朝の一定時間に稼動するように設定した録音機を419日に3号路に設置した。

今日はその録音機を回収するために高尾山に登った。

琵琶滝から3号路に向かう途中、オオルリ、キビタキのさえずりが聞こえてきた。

3号路の小さな沢を通過するための橋に差し掛かると花の香りが漂ってきた。

見渡すとガクウツギが花をいっぱい付けていた。

この花からの香りであろう。

3号路から少し外れて人目につかない所の樹に縛りつけておいた録音機を取り外した。

さらに登って行くと道に雪が降ったように落ちた小さな花が敷き詰められていた(写真)。

薄い緑がかった白っぽい小さな花だ。

アオハダの花らしい。

その直ぐ近くにはもう少し大きな白い花が、これも地面を覆い隠すように落ちていた。

こちらは見上げるとハクウンボクと分かった。

ツツドリとホトトギスの声を聞きながら山頂まで行った。

山頂付近ではコサメビタキを探したが見つけることは出来なかった。

帰路は1号路を下り、途中でササバギンランの花、イチヤクソウの蕾を見て、さらに杉についた満開のセッコクを見る事ができた。

1号路の一番下の小さなダム池には今年もモリアオガエルの卵が産んであった。

今年は卵胞が樹の枝でなく、直接池に産みつけられていた(写真)。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト             

ツツドリ             

ホトトギス          

アオゲラ             

コゲラ   

ツバメ   

イワツバメ          

キセキレイ          

ハクセキレイ      

ヒヨドリ             

クロツグミ          

ウグイス             

キビタキ             

オオルリ             

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

スズメ   

ハシブトガラス   

ガビチョウ          

アオスジアゲハ   

アカタテハ          

アサギマダラ      

オナガアゲハ      

クロアゲハ          

モンキチョウ      

オオカギバ          

モリアオガエル   

アオハダ             

イチヤクソウ      

イヌガラシ          

ウツギ   

エゴノキ             

オカタツナミソウ             

オニタビラコ      

ガクウツギ          

キショウブ          

クサノオ             

コゴメウツギ      

ササバギンラン   

シャガ   

ジャケツイバラ   

ショカツサイ      

セッコク             

セリバヒエンソウ             

ツリバナ             

ニガナ   

ハナニガナ          

ハルジオン          

ハンショウヅル   

フタリシズカ      

マタタビ             

マユミ   

マルバウツギ      

ムヨウラン          

ヤマボウシ          

ユキノシタ          

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »