« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月28日 (木)

鳥見歩る記*宇津貫丘陵2011.4.25

201125  00分1210分 晴

Photo

宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

JR横浜線みなみ野駅→毘沙門天→宇津貫公園→クボノキ湧水→宇津貫緑地(ホタル沢、尾根道)→兵衛川→みなみ野駅のコースを歩いた。

マルバアオダモ(写真)が咲く宇津貫公園の雑木林にシメ(写真)、イカルがいて、イカルが綺麗な声で鳴いてくれた。

メジロが巣材を運んでいた。

公園の地上にはツグミあり。

閑道緑地ではキンランが今年も花をつけてくれた。

この緑地内にある小さな湧水池でタゴガエルの声が聞こえてきた。

みなみ野ニュータウンの住宅未着工空き地ではヒバリ、セッカのさえずりが聞こえてきた。

渡り途中と思われるヒヨドリ約30羽の群が2回北の方を目指して飛んで行った。

宇津貫緑地ではトウキョウダルマガエルが鳴く池に、カワセミ、カイツブリ、アオサギが来ていて、ヤマザクラ、ウワミズザクラなどの樹木、ラショウモンカズラ、スミレ、イチリンソウなどの野草が花をつけていた。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

アオゲラ              1

コゲラ    2

キセキレイ           3

ヒヨドリ              4

ウグイス              2

ヤマガラ              2

シジュウカラ       6

メジロ    4

アオジ    2

カワラヒワ           2

ハシボソガラス    2

ハシブトガラス    2

ガビチョウ           2

キアゲハ              1

キタテハ              2

キチョウ              1

ツバメシジミ       1

ベニシジミ           8

モンシロチョウ    12

ルリタテハ           1

トウキョウダルマガエル   

イチリンソウ      

オオイヌノフグリ             

オニタビラコ      

オランダガラシ   

オランダミミナグサ          

カキドウシ          

カラスノエンドウ             

カントウタンポポ             

キュウリグサ      

キランソウ          

クサイチゴ          

ケキツネノボタン             

コオニタビラコ   

シオデ   

ジュウニヒトエ   

ジロボウエンゴサク          

スイバ   

スズメノテッポウ             

セイヨウタンポポ             

セリバヒエンソウ             

セントウソウ      

タチツボスミレ   

タネツケバナ      

チゴユリ             

ツクシ    胞子体

ツボスミレ          

ナズナ   

ニリンソウ          

ハコベ   

ハルジオン          

ハルノノゲシ      

ヘビイチゴ          

ホウチャクソウ   

マルバスミレ      

ミツバツチグリ   

ミミガタテンナンショウ   

ムラサキケマン   

ムラサキサギゴケ             

モミジイチゴ      

|

2011年4月25日 (月)

鳥見歩る記*川町田んぼ2011.4.24

201124日、45分~11分 

Dscn5526

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。

キセキレイ雄が屋根の上で繁殖期の声を出していた。

アオゲラは雑木林で声だけで姿は確認できず。

シジュウカラ、ヤマガラ、ウグイスのさえずりが聞こえた一方で、アオジも未だ残っていた。

トウキョウダルマガエルの声がよく聞こえてきた。

田んぼ一面のコオニタビラコが黄色の絨毯を引いたように咲き出した(写真)。

雑木林の中ではミミガタテンナンショウ、シオデ、ホウチャクソウなどが目立ってきた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アオゲラ              1

コゲラ    2

キセキレイ           3

ヒヨドリ              4

ウグイス              2

ヤマガラ              2

シジュウカラ       6

メジロ    4

アオジ    2

カワラヒワ           2

ハシボソガラス    2

ハシブトガラス    2

ガビチョウ           2

キアゲハ              1

キタテハ              2

キチョウ              1

ツバメシジミ       1

ベニシジミ           8

モンシロチョウ    12

ルリタテハ           1

トウキョウダルマガエル   

イチリンソウ      

オオイヌノフグリ             

オニタビラコ      

オランダガラシ   

オランダミミナグサ          

カキドウシ          

カラスノエンドウ             

カントウタンポポ             

キュウリグサ      

キランソウ          

クサイチゴ          

ケキツネノボタン             

コオニタビラコ   

シオデ   

ジュウニヒトエ   

ジロボウエンゴサク          

スイバ   

スズメノテッポウ             

セイヨウタンポポ             

セリバヒエンソウ             

セントウソウ      

タチツボスミレ   

タネツケバナ      

チゴユリ             

ツクシ    胞子体

ツボスミレ          

ナズナ   

ニリンソウ          

ハコベ   

ハルジオン          

ハルノノゲシ      

ヘビイチゴ          

ホウチャクソウ   

マルバスミレ      

ミツバツチグリ   

ミミガタテンナンショウ   

ムラサキケマン   

ムラサキサギゴケ             

モミジイチゴ      

|

2011年4月24日 (日)

鳥見歩る記*カワセミ会ジュニアクラブ浅川2011.4.23

201123  40分1000分 雨

Photo

浅川右岸堤防エコ広場裏から長沼橋まで、下り、同橋を渡って、左岸堤防を池のような湿地池で観察し、新浅川橋まで歩き、同橋を渡り、エコ広場に戻るコース

第27回カワセミ会ジュニアクラブ観察会。

天気がよくなくて、雨が降りそうだったが、行けるところまで行こうと出発した。

浅川の堤防に出ると南風が強く、カルガモが強風にあおられて風上の飛んで行けなく、風下に流されて行った。

ホオジロが河原でススキの株に巣材をくわえて入っていった。

先月カワセミが巣穴堀をしていた場所を観察すると、巣穴の前にカワセミ1羽が止まっていた。

堤防にはノジシャの花が目立つようになってきた(写真)。

コース半ばで雨が降り出し、本降りとなってきたので観察を中断した。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ   

ダイサギ             

コサギ   

アオサギ             

カルガモ             

コガモ   

キジバト             

ヒメアマツバメ   

カワセミ             

ツバメ   

ハクセキレイ      

セグロセキレイ   

ビンズイ             

ヒヨドリ             

ツグミ   

ウグイス             

シジュウカラ      

ホオジロ             

カワラヒワ          

スズメ   

ムクドリ             

ハシボソガラス   

ドバト   

オオイヌノフグリ             

オオカワジシャ   

オランダガラシ   

オランダミミナグサ          

カキドウシ          

カラスノエンドウ             

カントウタンポポ             

サトザクラ          

ショカツサイ      

セイヨウタンポポ             

ノジシャ             

ハコベ   

ヒメオドリコソウ             

ヘラオオバコ      

|

2011年4月23日 (土)

鳥見歩る記*日影沢、小仏城山、高尾山2011.4.22

201122  25分1430分 曇

Photo_3

八王子・日野カワセミ会のメンバーと「密猟パトロール」「野の鳥は野に」や「野鳥を飼うのはやめよう」などの腕章・ステッカーをつけ、野鳥や草花を探しながら奥高尾の山々を8時間歩いた。

日影沢から小仏城山に登り、一丁平、高尾山、いろはの道下山というルートだった。

先月の大地震のためか日影沢では入山者が少なかったが、城山から高尾山の縦走路に入るとハイカー、花見客が増え、高尾山頂は混雑するほどの人出で、密猟防止や野鳥保護のPRが出来たと思われる。

オオルリ、コマドリ、クロツグミ、ヤブサメやセンダイムシクイの夏鳥の飛来を確認した。

特にオオルリは姿を確認し、コマドリは鳴き声を近くで聞き感動した。

カケスが次々に集まるスプリングギャザリング(集団見合い?)の行動を確認できた。

低温の日が多かったせいか、遅れていた草花が一斉に咲いたようで70種を超える植物の花を観察できた。

特にヤマザクラやスミレの仲間が見事に咲き誇っていた。

Photo_4

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト             

アオゲラ             

コゲラ   

ツバメ   

キセキレイ          

ヒヨドリ             

ミソサザイ          

コマドリ             

クロツグミ          

ヤブサメ             

ウグイス             

センダイムシクイ             

オオルリ             

エナガ   

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

ホオジロ             

イカル   

ハシブトガラス   

コジュケイ          

ガビチョウ          

カケス   

タゴガエル          

アオキ   

アケボノスミレ   

イカリソウ          

イタヤカエデ      

ウグイスカグラ   

ウラシマソウ      

エイザンスミレ   

エンレイソウ      

オオヤマザクラ   

オカスミレ          

オヤブジラミ      

カキドウシ          

カジカエデ          

カントウミヤマカタバミ   

クサイチゴ          

クロモジ             

コクサギ             

コスミレ             

コチャルメルソウ             

シキミ   

ジュウニヒトエ   

シュンラン          

セイヨウタンポポ             

セントウソウ      

センボンヤリ      

タカオスミレ      

タチタネツケバナ             

タチツボスミレ   

タネツケバナ      

タマノカンアオイ             

ツルカノコソウ   

トウゴクサバノオ             

ナガバノアケボノスミレ   

ナガバノスミレサイシン   

ナツトウダイ      

ニオイタチツボスミレ      

ニガイチゴ          

ニリンソウ          

ハシリドコロ      

ハハコグサ          

ヒカゲスミレ      

ヒトリシズカ      

フタバアオイ      

ヘビイチゴ          

マルバスミレ      

マルバルコウソウ             

ミツバツチグリ   

ミツバツツジ      

ミミガタテンナンショウ   

ミヤマキケマン   

ミヤマシキミ      

ミヤマハコベ      

ムラサキケマン   

モミジイチゴ      

ヤブツバキ          

ヤマエンゴサク   

ヤマザクラ          

ヤマブキ             

ヤマルリソウ      

ユリワサビ          

ヨゴレネコノメ   

ラショウモンカズラ          

|

鳥見歩る記*上川口小学校野鳥観察2011.4.21

201121  50分1015分 曇

Dscn5219

八王子市立上川口小学校は八王子市西北の奥、川口川上流のある創立130年を超える小さな小学校です。

八王子・日野カワセミ会は、愛鳥モデル校であるこの学校に毎年依頼を受けて野鳥の観察支援を行っている。

新学期を迎えた421日、本年度の第1回全校一斉野鳥観察会があった。

いつものように1,2年生班、3,4年生班、5,6年生班の3班に分かれ学校周辺の観察コースを回った。

5,6年生班は学校の西側コースを歩いた。

民家庭先のミツバツツジが満開で、川沿いのイタヤカエデも鮮やかな新芽を輝かせていた。

林床ではヤマブキソウが黄色い花を咲かせていた。

ウグイス、シジュウカラ、ホオジロのさえずりがあり、カワラヒワが芽吹いたばかりのケヤキの中で見え隠れしていた。

アオジが何回かブッシュを出入りするのが目立ち、児童たちの目を引いたようであった。

畑に定植されていたイチゴの中に紅色の花のイチゴがあり、珍しいと思って写真を撮った。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

キジバト

アオゲラ

コゲラ

キセキレイ

ハクセキレイ

ヒヨドリ

ツグミ

ウグイス

シジュウカラ

メジロ

ホオジロ

アオジ

カワラヒワ

スズメ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

|

鳥見歩る記*藤野町沢井川2011.4.20

201120  1030分1400分 晴

Photo

読売文化センターの講座で今月は神奈川県藤野町の沢井川沿いを歩いた。

藤野駅から東側の踏切を渡りトンネルを出た所、日野カタクリの群生地では、既にカタクリの花が終わっていた。

イワツバメが飛んでいたので、注意して見ていると、近くの橋の下に出入りしていた。

橋の下に巣があるのだろう。

ミツバツツジ、シバザクラが満開となっていた。

これ等の目立つ花の一方で、石垣にひっそりと乙女スミレと思われる清楚な花も咲いていいた。

沢井川といえばカワガラスが観察できる場所である。

しかし、いつも観察できるところには現れず、心配していたら、桃花園手前の滝のような段差工のところで餌運びをする2羽に出会えることができた。

カワガラスはヤブツバキの落花が河原に散乱する傍らで餌とりをしていた。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

トビ

キジバト

アオゲラ

コゲラ

ツバメ

イワツバメ

キセキレイ

ハクセキレイ

ヒヨドリ

カワガラス

ミソサザイ

ツグミ

ウグイス

エナガ

ヒガラ

ヤマガラ

シジュウカラ

メジロ

ホオジロ

アオジ

スズメ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

|

2011年4月20日 (水)

鳥見歩る記*高尾山(スミレ)2011.4.18

201118  00分1645分 曇

Photo_4

南の国からやって来るキビタキ、オオルリ、クロツグミなどの野鳥の初認記録を取るため、さえずりを自動録音するための録音機を設置するために高尾山に行った。

6名の仲間が支援に参加してくれた。

録音機は毎朝5時半から8時半まで3時間、自動的に録音できるようにセットして、雨対策を施して3号路に設置した。

5月末まで毎日録音してくれるはずである。

どのような鳥が何時、囀ってくれるか、楽しみである。

今日は6号路から入り、琵琶滝から2号路、3号路、5号路と歩き、高尾山頂で昼食の後、もみじ平まで足を伸ばし、帰りは1号路を下った。

ツクバキンモンソウ、ジュウニヒトエなど野草の花が見頃であった。

アオイスミレ、アケボノスミレ、オカスミレ、オトメスミレ、タカオスミレ、タチツボスミレ、ナガバノアケボノスミレ、ナガバノスミレサイシン(写真)、マルバスミレとスミレだけで9種も観察することができた。

大収穫である。

Photo_5

ミツバツツジも丁度見頃であった。

下り途中の金毘羅台手前で葉が同時に出ているミツバツツジを見つけた。

どうもミツバツツジにしてはおかしい。

調べてみたらトウゴクミツバツツジ(写真)であった。

Photo_6

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ             

キジバト             

アオバト             

アオゲラ             

コゲラ   

ツバメ   

イワツバメ          

キセキレイ          

セグロセキレイ   

ミソサザイ          

シロハラ             

ヤブサメ             

ウグイス             

エナガ   

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

イカル   

スズメ   

カケス   

ハシブトガラス   

ガビチョウ          

カジカガエル      

タゴガエル          

アオイスミレ      

アオキ   

アケボノスミレ   

ウグイスカグラ   

エンレイソウ      

オカスミレ          

オトメスミレ      

オヤブジラミ      

カジカエデ          

カテンソウ          

カンスゲ             

カントウミヤマカタバミ   

キブシ   

キランソウ          

クサイチゴ          

クサノオ             

クロモジ             

コクサギ             

シャガ   

ジュウニヒトエ   

セントウソウ      

タカオスミレ      

タチツボスミレ   

タネツケバナ      

ツクバキンモンソウ          

ツルカノコソウ   

トウゴクミツバツツジ      

ナガバノアケボノスミレ   

ナガバノスミレサイシン   

ナツトウダイ      

ニリンソウ          

ハシリドコロ      

ヒサカキ             

ヒメオドリコソウ             

マルバスミレ      

ミツバツチグリ   

ミミガタテンナンショウ   

ミヤマキケマン   

ムラサキケマン   

モミジイチゴ      

ヤブツバキ          

ヤマブキ             

ヤマルリソウ      

ユリワサビ          

ヨゴレネコノメ   

|

鳥見歩る記*長池公園2011.4.17

201117  00分1500分 晴

Photo_2

長池公園でデジカメによる生きもの写真講座を開催し、その前後の早朝と午後に長池公園で観察した。

8時、自然館の前でエナガ、シジュウカラ、ツバメを認めたが、直ぐ下の築池、その奥の田んぼに行ってみるとガビチョウしかいなかった。

雑木林を通って長池に行くとコゲラ、アオゲラ、ヤマガラ、シロハラ、モズ、アオジ(写真)に出会うことができた。

ヤマザクラが満開で、芽吹き出した雑木林を一層引き立てていた。

ルリタテハ、ミヤマセセリなどの蝶、キジムシロ、ミツバツチグリ、キランソウなど数え上げればきりがないほど野草も花をつけていた。

中でもムラサキサギゴケ写真のモデルとして格好であった。

Photo_3

観察した野鳥などは以下の通りです。

アオサギ             

カルガモ             

キジバト             

アオゲラ             

コゲラ   

ツバメ   

ヒヨドリ             

モズ      

シロハラ             

ウグイス             

エナガ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

ホオジロ             

アオジ   

ハシボソガラス   

ハシブトガラス   

ドバト   

ガビチョウ          

キチョウ             

ナミアゲハ          

ベニシジミ          

ミヤマセセリ      

モンシロチョウ   

ルリタテハ          

アカネスミレ      

アカフタチツボスミレ      

アメリカスミレサイシン   

イチリンソウ      

イヌシデ             

ウグイスカグラ   

エノキ   

オオイヌノフグリ             

カキドウシ          

カラスノエンドウ             

カントウタンポポ             

キジムシロ          

キブシ   

キランソウ          

クロモジ             

サルトリイバラ   

ジュウニヒトエ   

セイヨウタンポポ             

タチツボスミレ   

ツボスミレ          

ナルコユリ          

ニオイタチツボスミレ      

ニガイチゴ          

ノジスミレ          

ヒメオドリコソウ             

ミツバツチグリ   

ミツバツツジ      

ムラサキサギゴケ             

モミジイチゴ      

ヤマザクラ          

ヤマツツジ          

ヤマブキ             

|

鳥見歩る記2011.4.14(自宅⇒富士見通り⇒八王子駅北口)

201114日、25~43分 

Photo

コースは自宅を出て八王子市八幡町の国道20号信号か南に約200m進み、南新町信号を左折して富士見通り(JR中央線の北側を平行)を約1km八王子駅北口までで、八幡町の国道20号信号から南新町信号踏切までは道路の両側にハナミズキの街路樹があるが、富士見通りには街路樹は全く無く、駅近くの西放射線通りにカツラが少しあるだけである。八王子駅北口は八王子市商店街の中心地で沿線は三小通りと比べ、緑環境が少ないコースである。

ヒヨドリ約30羽の群が北に向かって飛んで行った。

春の渡りの途中のヒヨドリであろう。

ちびっこ公園ではハナミズキが咲き出したが、桜の花も未だ残っていて、今年は桜とハナミズキが殆ど同時にさくという、北国的な開花状況である。 

観察した鳥は以下のとおりです。

ヒヨドリ              2

スズメ    8

ハシボソガラス    1

ドバト    10

|

2011年4月17日 (日)

鳥見歩る記*南浅川、浅川2011.4.13

201113  1345分1550分 

Dscn47441

南浅川の多摩御陵前から北浅川合流を経て、浅川の浅川橋まで桜の花見を兼ねて歩いた。

南浅川の堤防沿いは桜が満開であった。

ウグイスのさえずりが富士森高校近くで聞こえてきた。

3月、4月は雨が少なかったためか、南浅川は所々、流れが伏流してしまっているところがあった。

川に水がないのは寂しい限りだ。

しかし、流れのあるところにはコガモ、カルガモ、カワセミ、セキレイが来ていた。

カジカガエルの声も聞こえてきた。

カジカガエルの声は南浅川だけでなく、浅川の萩原橋付近でも鳴いていた。

萩原橋付近では、岸辺の目立たない所にタシギが1羽いて、急に飛び立ったので驚いてしまった。

また、オギ原ではマヒワ4羽がオギの鞘を剥いていた。

ここでマヒワに出会えるとは予想していなかった。

今年はマヒワの飛来が多いようだ。

観察した野鳥などは以下の通りです。

コサギ

アオサギ

カルガモ

コガモ

タシギ

キジバト

カワセミ

ツバメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

ツグミ

ウグイス

シジュウカラ

メジロ

アオジ

カワラヒワ

マヒワ

ムクドリ

ハシボソガラス

ドバト

|

2011年4月14日 (木)

鳥見歩る記2011.4.12(上野町⇒三小通り⇒八王子駅南口)

2011127時26分~7時43分 

Photo_3

コースは八王子市上野町金剛院の踏切から南に約200m進み、市民会館入口信号を左折して三小通り(JR中央線の南側を平行)を約1km八王子駅南口までで、踏切から市民会館入口信号までは道路の両側に里桜の街路樹、市民会館入口信号から国道16号の交差点までは道路の両側にハナミズキの街路樹、国道16号の交差点から八王子駅南口まではイチョウの街路樹が整備されている。沿線には寺が4つ、小学校が一つ、公園が一つある。

本立寺のソメイヨシノが満開であったが、今年は最近数年で最も遅い満開である。

シジュウカラは街路樹イチョウでさえずっていたが、JR八王子駅構内のイワツバメは朝が冷え込んだためか、飛翔していなかった。

街路樹の下のナガミヒナゲシが開花した。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ヒヨドリ              2

シジュウカラ       2

スズメ    4

ハシボソガラス    2

|

鳥見歩る記*南高尾山(梅の木平三沢峠西山峠)2011.4.11

201111  1010分1330分 曇、晴

Photo

南高尾の梅ノ木平から榎窪川を三沢峠に登り、関東ふれあいの道を大垂水峠方向に向かい西山峠から入沢川を下り、梅ノ木平まで戻るコースを歩いた。

梅ノ木平から榎窪川を三沢峠までは数年前の大雨で山が崩壊し道が塞がれて通行止めとなっていたが、ようやく通れるようになった。

梅ノ木平のカタクリの群落は満開であったが、早咲き種のカンヒザクラも満開であった。

本来カンヒザクラは沖縄の桜で3月中には満開になる桜である。

今年の春は寒さが続いたことによるものであろう。

ここではアズマイチゲ、アマナ、ヤマエンゴサク、セントウソウ、ヒメウズなどが咲いていた。

榎窪川ではタゴガエルの威勢よく鳴いていた。

このタゴガエルは入沢川でも声をきくことができた。

ミソサザイがさえずってくれた。

関東ふれあいの道の尾根道ではアカネスミレ、モミジイチゴが咲き、ヤマガラがよくさえずっていた。

ここではタチツボスミレの花にミヤマセセリがきていた。

西山峠を下るとニリンソウの大群落があった。

少し花が咲きだしたが、まだ満開にはなっていなかった。

ここはヤマブキソウも出るところであるので、その時期にもう一度来てみたいが、今年実現するかどうか不明である。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

コゲラ   

キセキレイ          

ハクセキレイ      

ヒヨドリ             

ミソサザイ          

ウグイス             

エナガ   

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

アオジ   

ハシブトガラス   

ガビチョウ          

キチョウ             

テングチョウ      

ミヤマセセリ      

タゴガエル          

アオイスミレ      

アカネスミレ      

アズマイチゲ      

アブラチャン      

エイザンスミレ   

オオイヌノフグリ             

カキドウシ          

カタクリ             

キブシ   

ショカツサイ      

セントウソウ      

タチツボスミレ   

タネツケバナ      

ナガバノスミレサイシン   

ニリンソウ          

ヒメウズ             

ヒメオドリコソウ             

ミツバツチグリ   

ミミガタテンナンショウ   

ミヤマキケマン   

モミジイチゴ      

ヤブツバキ          

ヤマエンゴサク   

ヤマルリソウ      

ユリワサビ          

ヨゴレネコノメ   

アマナ   

カントウミヤマカタバミ   

|

2011年4月13日 (水)

鳥見歩る記*北浅川・松枝橋から小田野中央公園2011.4.10

201110  00分1120分 曇

Photo

北淺川の松枝橋から右岸を上流に向かって小田野中央公園まで歩いた。

ソメイヨシノも丘陵のヤマザクラも綺麗に咲いていた。

キジが何回も大声で鳴き、姿を見せてくれた。

春本番の証である。

ベニマシコのメス1羽が対岸の枯れ草の上に止まっていた。

歩いている上をちりちりと小さな声で鳴きながら飛んで行った小集団があった。

どうやらヒレンジャクの群であったようだ。

マガモのペアーが未だ残っていて、オナガガモ的な逆立ち採餌を行なっていた(写真)。

アオジもあちこちで目立ち、ガビチョウ(写真)と一緒に姿を見せてくれたところもあった。

陵北大橋付近ではノスリが2羽、上空で旋回してくれた。

終点の小田野中央公園では、例年ならカワセミ10周年記念植樹のヤマザクラの下で花見をするところであるが、今年は先月の大地震の犠牲者をお悔やみし、中止とした。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ

ダイサギ

コサギ

アオサギ

マガモ

カルガモ

トビ

オオタカ

ツミ

ノスリ

キジ

イカルチドリ

キジバト

カワセミ

コゲラ

ツバメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

モズ

ヒレンジャク

ジョウビタキ

ウグイス

シジュウカラ

メジロ

ホオジロ

アオジ

カワラヒワ

ベニマシコ

イカル

スズメ

ムクドリ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ガビチョウ

|

2011年4月11日 (月)

鳥見歩る記*藤野町・沢井川2011.4.9

2011  45分1515分 小雨・曇・晴

Photo

中央線藤野駅から東側の踏切を渡って、トンネルを潜り沢井川沿いの道を北上して、和田の神奈川県立陣馬相模湖自然公園センターまで往復した。

天気予報は雨だったためか、この探鳥会に集まったのは7名と少なかった。

実際の天気は最初は小雨が降っていたが、そのうち曇となり、午後は薄日が差してきた。

当初計画では和田の自然公園センターから陣馬山に登る予定だったが、雨も予想されたため陣馬山には登らなかった。

トンネルをぬけるとカタクリの群生地があり、丁度満開であった。

ここではホオジロとキセキレイが競演するかのように綺麗な声で鳴いていた。

沢井川の目玉はカワガラス、今年も2回観察することができた。

ヤマザクラがこれまた満開で山の斜面に点々と咲き誇っている姿は何ともいえない美しさである。

蝶もミヤマセセリ、ムラサキシジミ、テングチョウ、ナミアゲハ春型、アカタテハなどが姿を見せてくれた。

ツクシが足の踏み場もないように生えている所もあった。

帰路、沢井川の伝馬橋下で思いもかけなかったオシドリのオスメスに出会えたことは本日の最大の収穫であった。

鷹も何種かが飛んでくれたが、トビ意外は遠くで識別できなかった。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ   

アオサギ             

オシドリ             

カルガモ             

トビ      

キジバト             

アオゲラ             

コゲラ   

ツバメ   

イワツバメ          

キセキレイ          

ハクセキレイ      

セグロセキレイ   

ヒヨドリ             

カワガラス          

ミソサザイ          

ウグイス             

エナガ   

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

ホオジロ             

アオジ   

カワラヒワ          

スズメ   

カケス   

ハシボソガラス   

ハシブトガラス   

コジュケイ          

ガビチョウ          

ソウシチョウ      

アカタテハ          

キチョウ             

スジグロシロチョウ          

テングチョウ      

ナミアゲハ          

ミヤマセセリ      

ムラサキシジミ   

モンキチョウ      

イカリソウ          

イヌナズナ          

オオイヌノフグリ             

オオジシバリ      

オキナグサ          

カキドウシ          

カタクリ             

カントウタンポポ             

キブシ   

キュウリグサ      

キランソウ          

ジュウニヒトエ   

タチツボスミレ   

タネツケバナ      

チョウジザクラ   

ナズナ   

ニリンソウ          

ノジスミレ          

ハルジオン          

ヒメオドリコソウ             

フキ      

フサザクラ          

ホトケノザ          

マルバスミレ      

ミチタネツケバナ             

ミヤマキケマン   

モミジイチゴ      

ヤブツバキ          

ヤマザクラ          

ヤマブキ             

ユリワサビ          

|

2011年4月10日 (日)

鳥見歩る記*浅川(右岸萩原橋付近のワンド)2011.4.8

2011  1001200分 曇

Photo

浅川右岸の萩原橋付近ワンドに行ってみた。

湧水池の近くではスズメとムクドリの群れが採餌中であった。

萩原橋下の一番大きい湧水池にはツグミが来ていた(写真)。

その池の近くの川原にアズマモグラの死体が1頭あった。

外傷はないので、何かに襲われたのではないと思われるが死因は分からない。

上空では帰ってきたツバメ、イワツバメが飛び交い、トビも1羽現れた。

オギ原ではアオジ、カワラヒワを確認できた。

水辺にはコチドリが2羽いて、時々ディスプレイフライトをしていた。

丸石河原のどこかで営巣すると思われる。

コチドリのいるあたりにはイソシギ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、タヒバリ、カルガモ、コガモなどがいた。

タヒバリは夏羽に変わりつつあるのか、胸のあたりに赤みが出てきた。

オオカワジシャ、オランダガラシが早くも咲きだした。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ              3

コチドリ              2

イソシギ              1

キジバト              3

ツバメ    4

イワツバメ           10

ハクセキレイ       3

セグロセキレイ    4

タヒバリ              1

ツグミ    6

アオジ    1

カワラヒワ           2

スズメ    40

ムクドリ              22

ハシボソガラス    1

ドバト    3

モンキチョウ       3

アズマモグラ       死体

オオイヌノフグリ             

オオカワジシャ   

オランダガラシ   

オランダミミナグサ          

カラスノエンドウ             

キランソウ          

クサイチゴ          

コハコベ             

ショカツサイ      

セイヨウタンポポ             

タネツケバナ      

ナズナ   

ノボロギク          

ハナニラ             

ヒメオドリコソウ             

|

2011年4月 8日 (金)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2011.4.7

2011日、59分~33分  

Photo_3

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

上智大学グランド土手の桜並木、遅かったソメイヨシノが満開近くになったが、今年は花見の自粛で、陣取りが一つもなかった。

桜の花の中でシジュウカラがさえずっていた。

桜の下には小さなヒメウズがひっそりと咲いていた。

ホテルニューオオタニ側の弁慶濠土手には今年もオドリコソウが花を着けていた。

弁慶濠には何故かカモ、サギが1羽もいなかった。

赤坂見附交差点の気温計が工事中で作動していなかった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ヒヨドリ      4

シジュウカラ  2

メジロ 2

スズメ 10

ハシブトガラス       4

ハシブトガラス外堀通り      4

ノネコ 2

ボート 1

アオキ 

アセビ 

アメリカフウロ      

ウシハコベ   

オオイヌノフグリ    

オドリコソウ 

オランダミミナグサ   

カラスノエンドウ    

カントウタンポポ    

キュウリグサ 

クサボケ      

シャガ 

ショカツサイ 

セイヨウタンポポ    

ノボロギク   

ハルノノゲシ 

ヒメウズ      

ヒメオドリコソウ    

レンギョウ   

|

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2011.4.6

201135分~112分 

Photo_2

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。ここからは尾根道のいろはの道を登り、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

ミソサザイが蛇滝前と4号路つり橋の下の2ヶ所で姿を見せてくれた。

先月に続き、今月もウソが観察された。

今月は6ヶ所で15羽であった。

ウソはイヌブナの新芽、ブナの新芽を食べていた。

芽吹いたイヌブナを見ると小さな花が着いていた。

ウソはこの花を食べていたのか、咲く前の蕾を食べていたのかどちらかであろう。

マヒワも数ヶ所で20羽を観察。

今年はマヒワが多いようだ。

高尾山頂からの下りは富士道を通ってみた。

ここではカツラの赤い花、ダンコウバイ、アブラチャン、ツノハシバミなど樹木の花、エイザンスミレ、ヒナスミレ(写真)、ナガバノスミレサイシンなどが目立った。

タゴガエルは蛇滝沢と1号路の布流の滝付近で声を聞くことができた。

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

トビ       1

コゲラ    5

キセキレイ           1

ヒヨドリ              10

ミソサザイ           3

ウグイス              2

エナガ    2

ヒガラ    30

ヤマガラ              35

シジュウカラ       15

メジロ    25

マヒワ    20

ウソ       15

イカル    2

ハシブトガラス    10

テングチョウ       3

ミヤマセセリ       3

タゴガエル          

アブラチャン      

イヌブナ             

ウグイスカグラ   

エイザンスミレ   

クサイチゴ          

クロモジ             

シキミ   

シュンラン          

セントウソウ      

タチツボスミレ   

ツノハシバミ      

ニリンソウ          

ハナネコノメ      

ヒナスミレ          

フサザクラ          

マルバスミレ      

ミミガタテンナンショウ   

ミヤマシキミ      

ヤブツバキ          

ヤマネコノメソウ             

ヤマルリソウ      

ユリワサビ          

ヨゴレネコノメ   

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2011.4.6

2011日、00分~25分 

Photo

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

出発地の小仏川上椚田橋でイカルの声が聞こえてきた。

小仏川は春の花が咲きだしてきた。

先ずタカオスミレが意外というか道端で咲いているのを確認。

ジロボウエンゴサク、ユリワサビ、コチャルメルソウ、アズマイチゲ、カテンソウ、セントウソウ、ミミガタテンナンショウ、キバナノアマナ(写真)、ヒメニラなどなど春をたっぷり感じることができた。

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

カワセミ              1

コゲラ    4

キセキレイ           8

セグロセキレイ    1

ヒヨドリ              5

ウグイス              5

ヤマガラ              6

シジュウカラ       16

メジロ    6

ホオジロ              2

カワラヒワ           4

イカル    1

スズメ    10

ムクドリ              10

ハシボソガラス    2

ハシブトガラス    6

テングチョウ       1

アオイスミレ      

アズマイチゲ      

アブラチャン      

オオイヌノフグリ             

カキドウシ          

カテンソウ          

カンスゲ             

カントウミヤマカタバミ   

キバナノアマナ   

キブシ   

コチャルメルソウ             

コブシ   

ショカツサイ      

ジロボウエンゴサク          

セントウソウ      

タネツケバナ      

ツボスミレ          

ナガバノスミレサイシン   

ニリンソウ          

ノジスミレ          

ハナニラ             

ヒカゲスミレ      

ヒメオドリコソウ             

ヒメニラ             

ミミガタテンナンショウ   

ヤブツバキ          

ヤマエンゴサク   

ヤマネコノメソウ             

ヤマブキ             

ユリワサビ          

|

2011年4月 6日 (水)

鳥見歩る記*戸吹(都保全緑地)2011.4.4

2011  15分1245分 

Photo

東京都緑地保全地域(戸吹地区)の野鳥カウント調査を行った。

保全緑地の入り口の所でウグイスのさえずりを聞いてスタート。

歩き出すと直ぐ、コゲラ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラの小さな混群に出会う。

このようなカラ類の混群には終了までに5回出会った。

栗の樹の上の方で新芽を食べていたシジュウカラ2羽とヤマガラ1羽の写真を撮っていたら、その上空にハイタカと思われるタカが飛んできた。

するとシジュウカラ、ヤマガラはアットいう間にどこかへ消えてしまった。

一瞬の間に身を隠してしまったようだ。

林の中の暗い所でシロハラ2羽を確認。

尾根道に出る手前でメジロの古巣を発見。

尾根道沿いの日の当たる所に距の長い花をつけたスミレがいっぱい咲いていた。

気温が上がりチョウが活動し出した。

6種のチョウを確認した。

中でもミヤマセセリ(写真)の数が多かった。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

ハイタカ              1

コゲラ    6

ヒヨドリ              2

シロハラ              2

ウグイス              7

エナガ    8

ヤマガラ              16

シジュウカラ       15

メジロ    8

ホオジロ              2

ハシブトガラス    6

テングチョウ       6

ナミアゲハ           1

ヒオドシチョウ    1

ミヤマセセリ       16

ムラサキシジミ    2

ルリタテハ           2

カナヘビ              1

アズマイチゲ      

アセビ   

ウグイスカグラ   

オオイヌノフグリ             

カキドウシ          

カタクリ             

カラスノエンドウ             

カントウタンポポ             

キジムシロ          

キランソウ          

シハイスミレ 花

シュンラン          

セイヨウタンポポ             

タチツボスミレ   

タネツケバナ      

ツクシ    胞子葉

ナガバノスミレサイシン   

ニワトコ             

ハルジオン          

ヒサカキ             

ヒメオドリコソウ             

ヒメカンスゲ      

フキ      

ホトケノザ          

モミジイチゴ      

ヤマルリソウ      

|

2011年4月 4日 (月)

鳥見歩る記*浅川公開探鳥会2011.4.3

2011  45分1140分 晴

Dscn42101

カワセミ会の八王子あったかホール内のエコプラザ展示「八王子市の鳥オオルリ」の一環として公開探鳥会を開催した。

展示の方は311日の東北関東大地震の関連で延期となったが、探鳥会は予定通り実施した。

八王子市北野町のあったかホールに8時半に集合して、1140分まで浅川の八高線鉄橋から長沼橋までを往復した。

ツグミは健在、オオジュリン、タヒバリも夏羽に移行中、マヒワも河原で採餌中、コガモはさいかち池に未だ残るなど冬鳥が未だ観察できたが、ツバメが川面を飛び交い、コチドリが河原を動き回るなどようやく夏鳥が揃ってきた。

太陽が顔を出さず真冬並みの寒い日であったが、野鳥達は春を感じているようで、6種の繁殖行動が観察できた。

カワセミは2ヶ所で繁殖行動が見られた。

2羽が巣穴に出入り、巣穴堀のような行動のようだった。

もう1ヶ所ではオスがメスに魚を渡す求愛給餌であった。

コサギが湯殿川合流付近に2羽いて、求愛ダンスを始めた。

左岸に渡って長沼橋上流のさいかち池ではオニグルミの樹洞にシジュウカラが出入りしていた(写真)。

さいかち池付近では、キジバト、ヒヨドリ、モズの交尾が観察できた。

6種もの繁殖行動が観察できたためか、特にカワセミを2ヶ所で繁殖行動を観察できたためか、一般市民参加者は大満足してくれたようで、6名がカワセミ会に入会した。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ

カワウ

コサギ

カルガモ

コガモ

ヒドリガモ

トビ

オオタカ

チョウゲンボウ

キジ

バン

コチドリ

イカルチドリ

イソシギ

キジバト

カワセミ

コゲラ

ツバメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

タヒバリ

ヒヨドリ

モズ

ツグミ

ウグイス

エナガ

シジュウカラ

メジロ

ホオジロ

アオジ

オオジュリン

カワラヒワ

マヒワ

シメ

スズメ

ムクドリ

オナガ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ドバト

ガビチョウ

雑種ガモ

|

2011年4月 2日 (土)

鳥見歩る記*高月水田 2011.4.1

2011年4月1日、9時30分~12時00分 晴

Photo_7

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

ヒバリのさえずりがあり、春らしくなってきた。

レンゲ、コオニタビラコなども咲きだした。

今年も例年と同じ場所の畔道に関東では珍しいシロバナタンポポが咲いていた。

オオタカが田んぼの上空を低くく飛翔して多摩川方面へ飛んで行った。

チョウゲンボウが田んぼから何かを捕まえて北の方へ飛び去って行った。

ヒヨドリ1羽が野菜の葉を食べていた。

野良仕事をしていたおばあさんに話かけた。

90歳だという。

大根の種を撒いてのだと言っていた。

田んぼのある高月集落の生活の様子を色々と聞くことができた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

トビ       1

オオタカ              1

チョウゲンボウ    1

キジバト              3

ヒバリ    2

ハクセキレイ       7

タヒバリ              9

ヒヨドリ              3

モズ       2

ツグミ    9

シジュウカラ       2

カワラヒワ           25

スズメ    50

ムクドリ              24

ハシボソガラス    2

ハシブトガラス    5

キタテハ              3

モンキチョウ       1

モンシロチョウ    5

オオイヌノフグリ             

カントウタンポポ             

コオニタビラコ   

セイヨウタンポポ             

タネツケバナ      

ナズナ   

ヒメオドリコソウ             

ホトケノザ          

トウダイグサ      

オランダミミナグサ          

シロバナタンポポ             

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原20110401

2011日、25分~20 

Photo_6

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

ウグイスのさえずりがあちらからも、こちらからも聞こえてきた。

ホオジロもさえずりあり。

シジュウカラが柳の新芽か雄花かを一所懸命に食べていた。

あるいは虫を食べていたかも知れない。

モズがオスメス一緒にいたので営巣しているものと思われる。

カキドウシが咲きだした。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

トビ       2

キジバト              2

ヒヨドリ              2

モズ       2

ツグミ    2

ウグイス              5

エナガ    2

シジュウカラ       2

ホオジロ              2

アオジ    4

カワラヒワ           4

ハシブトガラス    10

釣り人    1

スジグロシロチョウ          

オオイヌノフグリ             

カキドウシ          

カントウタンポポ             

タネツケバナ      

ヒメオドリコソウ             

|

鳥見歩る記*浅川、程久保川、多摩川合流地2011.3.27

201127  1230分1345分 

Photo_4

浅川、程久保川、多摩川合流付近に行ってみた。

ウグイスがさえずっていた。

こちらにはモズの2組のペアーがいた。ニセアカシアの林にはメジロ、コゲラが来ていた。

程久保川の河口ではカワセミが魚を狙っていた。

浅川と程久保川に囲まれた川原に花壇のようなものが作られていた。

河原は自然のままにしておいて欲しいものである。

Photo_5

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ              2

トビ       1

キジバト              2

カワセミ              1

コゲラ    1

ハクセキレイ       2

セグロセキレイ    2

ヒヨドリ              2

モズ       4

ツグミ    1

ウグイス              2

シジュウカラ       2

メジロ    2

ホオジロ              6

アオジ    1

カワラヒワ           1

ムクドリ              7

ハシボソガラス    1

ハシブトガラス    2

モンキチョウ       1

オオイヌノフグリ             

カントウタンポポ             

セイヨウタンポポ             

タネツケバナ      

ナズナ   

ヒメオドリコソウ             

ホトケノザ          

|

鳥見歩る記*浅川の一番橋下流ワンド2011.3.27

201127  1055分1215分 

Photo_3

日野市にある浅川一番橋の右岸下流にあるワンドで野鳥の観察をした。

以前はこの場所に三つの池があるワンドであるが、河川改修で埋め立てられ今では一つ半しか池は残っていない。

「半」というのは池が埋め立てられたが半分は残っているという意味である。

シジュウカラ、アオジが池に覆い被さるような木にやってきた。

カワセミが奥の浅川本流の岸辺の方の小さな木に止まった。

モズがオス、メスで現れた。

近くのどこかに営巣しているか、これから営巣するであろうと思われる。

イカルチドリも水辺にやってきた(写真)。

コチドリかとも思ったが確認するとイカルチドリであった。

イワツバメ約30羽が飛んで来て乱舞してくれた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

イカルチドリ       1

キジバト              1

カワセミ              1

コゲラ    1

イワツバメ           30

モズ       2

ジョウビタキ       1

シジュウカラ       4

アオジ    3

|

鳥見歩る記*高尾山2011.3.27

201127  00分1420分 

Photo

高尾の琵琶滝から3号路を歩き、富士道に出て薬王院から1号路を下った。

先ず目に入ったのが巣材をくわえて飛んできたハシブトガラスだ。

京王高尾山口駅の裏側の方へ飛んで行った。

高尾山口駅下の高架のイワツバメのコロニーでは数羽が出入り飛翔をしていた。

イワツバメの古巣を乗っ取ったと見られるスズメが繁殖期独特の声を出していた。

案内川を覗いて見ると、キセキレイ1羽(写真)が岸辺で採餌、川の上をカルガモ3羽が飛んで行った。

シジュウカラのさえずりあり、お土産屋さんの屋根でセグロセキレイもさえずり出した。

6号路に入るとエナガの声がケーブルカー駅の奥の方から聞こえてきた。

ユリワサビが左側の石垣で花を咲かせていた。

東京高尾病院の前はヒメカンスゲが多く、これも雄花を開かせていた。

岩屋大師の前ではニリンソウが蕾を大きくし、1輪だけ花となっていた。

ここではミソサザイがさえずり、フサザクラが開花していた。

琵琶滝でようやくヒヨドリに出会う。

ヤブツバキの赤い花がちらほらと眼に入る。

ハナノコノメソウの花は既に盛りを過ぎ、同じ場所でヨゴレノコノメが開花していた。

6号路を第1ベンチで折り返し、琵琶滝から2,3号路に向かって登って行った。

ヒガラのテンポの速いさえずりが聞こえてきた。

3号路に入りヤマガラの声、近寄っても逃げないキジバト2羽が登山道で採餌中。

その上の樹にヤマガラ20数羽、ヒガラ10数羽、シジュウカラ数羽、コゲラ1羽の混群がやってきた。

3号路に入って2番目の谷の橋の所でヤマルリソウの花(写真)、3番目の谷の橋の所でカテンソウの花、富士道でマルバスミレの花を見る。

下り1号路布流の滝近くでは今年もタゴガエルの声が聞こえてきた。

ウグイスがヤブツバキに飛んで来て姿を見せてくれた。

アブラチャンの黄色い花の近くの山裾にはシロハラがいて、落葉をひっくり返していた。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ             

キジバト             

コゲラ   

イワツバメ          

キセキレイ          

セグロセキレイ   

ヒヨドリ             

ミソサザイ          

エナガ   

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

マヒワ   

スズメ   

ハシブトガラス   

テングチョウ      

カテンソウ          

タチツボスミレ   

ニリンソウ          

ヒメカンスゲ      

マルバスミレ      

ヤブツバキ          

ヤマルリソウ      

ユリワサビ          

ヨゴレネコノメ   

ハナネコノメ      

フサザクラ          

|

鳥見歩る記*浅川長沼橋上流のさいかち池2011.3.26

1 

201126  1240分1355分 晴

浅川右岸の長沼橋上流に形成されている池、通称さいかち池に行った。

晴れていたが、冷たくて強い北よりの季節風が吹き荒れていた。

越冬中のコガモが少なくなったような感じがしたが、数えてみたら54羽いて、減ってはいなかった。

コガモのペアリング行動が見られ、メスの周りのオスが集まって、オスが盛んに求愛プロポーズをしていた(写真)。

カルガモも5羽池に入っていた。

バン2羽、オスのジョウビタキも今冬、ここで冬を過ごした個体と思われる。

カワセミも池にやってきたが、直ぐ淺川の方へ飛んで行った。

ウグイスのさえずりが聞こえてきた。

ニセアカシアの林ではハシブトガラスが営巣し、1羽が巣の中にいた。

オオタカが突如下から湧き上がるように現れて、直ぐ多摩丘陵の方へ飛んで行った。

腹の白い成鳥であった。

アカミミガメが目立ち、数えてみたら26頭いた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

コガモ    85

バン       2

キジバト              2

カワセミ              1

モズ       1

ジョウビタキ       1

ウグイス              1

シジュウカラ       2

カシラダカ           1

カワラヒワ           4

スズメ    1

ムクドリ              20

オナガ    10

ハシボソガラス    2

ハシブトガラス    2

アカミミガメ       10

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »