« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月30日 (日)

鳥見歩る記*戸吹保全緑地2010.5.25

201025  125分1515分 晴

Photo_3

キビタキの雄の声を4か所で聞いた。

姿を探したが確認はできなかった。

この時期にキビタキ雄が分散して鳴いているということは、繁殖していることが想定される。

アオバトの声が今年も聞こえてきた。

ガビチョウが多くあちこちで鳴いていた。

その中で明らかにガビチョウと異なる声が聞こえてきたので、クロツグミとしたが、繁殖期にこの地にクロツグミがいるかどうかもう少し調査する必要がある。

イノシシの出没跡が多く、何を掘りだすのか50cm以上深く掘った跡があちこちにあり、イボタノキの根元が掘り起こされたところもあった(写真)。

Photo_4

シュレーゲルアマガエルの声がする湿地の近くの道で地上1m以内の高さをパトロール飛翔するヤンマがいた。

どうやらサラサヤンマらしい。

ムラサキシジミが雑木林の葉の上に止まっていた(写真)。

雑木林を出た所の草の葉の上にゾウムシが2匹いた(写真)。

クワゾウムシではないかと思われる。

ヤマボウシ、マルバウツギ、エゴノキ、ホオノキ、コアジサイなどの樹木の花が目立ち、ノアザミ、オカタツナミソウなど野草も花をつけていた。

Photo_5

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ              2

アオバト              1

コゲラ    3

キセキレイ           1

ヒヨドリ              20

クロツグミ           1

ウグイス              1

キビタキ              4

ヤマガラ              5

シジュウカラ       4

メジロ    6

ホオジロ              2

ハシブトガラス    4

ガビチョウ           8

クロヒカゲ          

コミスジ             

ヒメジャノメ      

ムラサキシジミ   

ヤマトシジミ      

カワトンボ          

サラサヤンマ      

シオカラトンボ   

クワゾウムシ      

アメリカフウロ   

イヌガラシ          

イボタノキ          

ウグイスカグラ   

エゴノキ             

オカタツナミソウ             

オニタビラコ      

カタバミ             

カントウマムシグサ          

ケキツネノボタン             

コアジサイ          

コウゾリナ          

コゴメウツギ      

シャガ   

シュレーゲルアオガエル   

シロツメクサ      

スイカズラ          

スダジイ             

セイヨウタンポポ             

タマノカンアオイ             

ドクダミ             

ニガナ   

ノアザミ             

ノイバラ             

ハナイバナ          

ハハコグサ          

ハルジオン          

ヒメジョオン      

フタリシズカ      

ホウノキ             

マルバウツギ      

モミジイチゴ      

ヤブタビラコ      

ヤブレガサ          

ヤマツツジ          

ヤマボウシ          

|

鳥見歩る記*宇津貫丘陵ホタル沢2010.5.25

201025  10分115分 晴

Photo

宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

JR横浜線みなみ野駅→毘沙門天→宇津貫公園→クボノキ湧水→宇津貫緑地(ホタル沢、尾根道)→兵衛川→みなみ野駅のコースを歩いた。

今月は3人が集まってきた。

集合場所の横浜線みなみ野駅のコンコース屋根を支える鉄アングル桁の隙間にスズメの巣があって親が餌を運んでくると巣の中の雛が大声を出していた。

宇津木公園ではヤマボウシ(写真)が何本もあって白い花を木一面に広げていた。

クボノキ湧水にはギンヤンマがいたが、どうも普通のギンヤンマとは模様が違いクロスジギンヤンマであるようだ。

ニュータウン造成地で更地になっている所では、今日もヒバリ、セッカがさえずり飛翔をしていた。

蛍沢に入るとスイカズラ、テイカカズラ(写真)が咲いていた。

ホトトギスの声が聞こえてきた。

キビタキも鳴いていた。

調整池ではカワセミの声がちらっと聞こえてが、飛んで行ってしまったのか姿はなく、カルガモ1羽しか確認できなかった。

カントウマムシグサ、ムラサキマムシグサ、オカタツナミソウなどが咲きだした。

ハナウドの羽の上にはゾウムシが止まっていた。

クワゾウムシではないかと思われる。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ       2

キジバト              1

ホトトギス           1

カワセミ              1

コゲラ    1

ヒバリ    2

ツバメ    10

ハクセキレイ       2

セグロセキレイ    1

ヒヨドリ              21

ウグイス              1

セッカ    1

キビタキ              1

ヤマガラ              2

シジュウカラ       5

メジロ    6

ホオジロ              6

カワラヒワ           4

スズメ    14

ムクドリ              2

ハシボソガラス    15

ハシブトガラス    2

コジュケイ           2

ドバト    2

ガビチョウ           12

イボタノキ          

ウグイスカグラ   

エゴノキ             

オッタチカタバミ             

オニタビラコ      

ガマズミ             

カントウマムシグサ          

キツネアザミ      

キンラン             

コアジサイ          

コウゾリナ          

コゴメウツギ      

ジュウニヒトエ   

スイカズラ          

テイカカズラ      

ナワシロイチゴ   

ノアザミ             

ハナウド             

ハルジオン          

フタリシズカ      

ホウノキ             

ムラサキマムシグサ          

ヤブジラミ          

ヤマボウシ          

|

2010年5月29日 (土)

鳥見歩る記*カワセミ会ジュニアクラブ浅川2010.5.22

201022  00分~150分 晴

Photo_6

第19回カワセミ会ジュニアクラブ観察会。

先月は雨で中止だったので本年度の第1回目となった。

今日は市内の小学校の大半が運動会、又、中・高校生はテスト等で児童の参加は2名だった。

子供たちと一緒に観察したいという大人の方が3名サポーターとして入会。

今回は、鳥だけでなく、土手に咲く草花、蝶も一緒に観察した。

ヒバリのさえずりとその姿が観察できた。

浅川のこの場所でのヒバリは何年ぶりかの復活である。

セッカもさえずりだけでなく、姿も河原の草に止まった姿も確認できた。

巣立ち直後と思われるカワセミの幼鳥が長沼橋の上流側の岸辺の石の上に止まって、しばらくの間じっとしていた。

長沼橋の上流側のさいかち池ではバンの親2+3羽がいて、親が子に餌を与えていた。

新浅川橋付近まで帰って来ると、オオタカが河原でドバトの小群を追いかけていた。

クサフジ、ムシトリナデシコ、花ウド、キツネアザミ等がきれいに咲いた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

 カワウ

 ダイサギ

 アオサギ

 カルガモ

 オオタカ

 バン

 コチドリ

イカルチドリ

 キジバト

 カワセミ

 ヒバリ

 ツバメ

 イワツバメ

 ハクセキレイ 

セグロセキレイ

 ヒヨドリ

 モズ

 ウグイス

 セッカ

 シジュウカラ

 メジロ 

ホオジロ

 カワラヒワ

 スズメ

 ムクドリ

 オナガ

 ハシボソガラス

 ハシブガラス

キジバト

 ガビチョウ

|

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2010.5.21

201021日、分~43分  21℃ 

Imgp0466

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

上智大学グランドの土手にノアザミが綺麗に咲き出した。

その傍らをよく見るとヤセウツボ(写真)が今年も花を咲かせていた。

コゲラの声を紀之国坂信号のところで聞く。

弁慶濠にはアオサギが1羽いたが、他の鳥の姿は無かった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アオサギ      1

コゲラ 1

ヒヨドリ      4

シジュウカラ  2

メジロ 2

スズメ 14

ハシブトガラス       2

ドバト外堀通り       2

クロアゲハ    1

ヒメウラナミジャノメ 1

ヤマトシジミ  1

アカミミガメ  22

アカツメクサ 

アカバナユウゲショウ 

オオイヌノフグリ    

オッタチカタバミ    

オニタビラコ 

カタバミ      

カントウタンポポ    

クサフジ      

ドクダミ      

ナガミヒナゲシ      

ニワゼキショウ      

ノアザミ      

ノミノツズリ 

ハルジオン   

ハルノノゲシ 

ブタナ 

ヘラオオバコ 

ムラサキカタバミ    

ヤセウツボ   

ヤブジラミ   

|

鳥見歩る記*小宮公園2010.5.19

201019  45分25分 晴

Dscn7053

早起きして小宮公園に行ってみた。

公園に着くとキジの声が先ず聞こえてきた。

春らしい。

ガビチョウが目の前に現れた。

地上をポッピング歩行する。

5mぐらいの距離まで逃げない。

ガビチョウはずいぶん大胆になったものだ。

ムクドリが盛んに餌運びをしている。

近くの住宅地に巣があるのだろう。

ウグイスのさえずりはあるが、全体に鳥の鳴き声が少なく、大合唱の朝という感じではなかった。

ハナウドが白い花を咲かせ、ヤブデマリ、エゴノキなどの樹木も花をつけ出した。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ             

キジ      

アオゲラ             

コゲラ   

ツバメ   

ヒヨドリ             

ウグイス             

ヤマガラ             

メジロ   

ホオジロ             

カワラヒワ          

スズメ   

ムクドリ             

ハシブトガラス   

コジュケイ          

ガビチョウ          

エゴノキ             

ハナウド             

ヤブデマリ          

|

鳥見歩る記*南浅川から浅川を歩く2010.5.16

201016  1120分1600分 晴

Photo_3

高尾駅から南浅川に出て多摩御陵に立ち寄り、浅川合流点まで下って、さらに浅川右岸を浅川大橋まで行き、右折してJR八王子駅まで歩いた。

高尾駅前、ツバメ、スズメが駅舎に作られた巣に出入りしていた。

スズメはツバメの古巣の利用かもしれないが、確認はしなかった。

甲州街道を東へ、「歌の駅」の店の前を通り町田街道から南浅川に出る。

南浅川ではカルガモ2羽が採餌していた。

キセキレイ、ハクセキレイ、ムクドリもいた。

古道橋を渡り陵南公園へ、メジロのさえずりが聞こえてきた。

御陵に行くには綾南公園に入らず、その西側の細い道を行き、階段を登り左折すると正門は直ぐ近くだ。

御陵内の歩道の脇にはムラサキサギゴケが多い。

再び南浅川に戻り、南浅川橋の下でカジカガエルの声を聞く。

綾東橋の手前で白いチョウが横切った。

よく見るとツマキチョウだった。

こういうチョウに会えるとはラッキーである。

水無瀬橋を過ぎた所でセグロセキレの飛び立つ直前の写真を撮る。

同じ場所のオニグルミにシジュウカラの親子連れが飛んで来た。

1羽に子3羽が賑やかに鳴き交わし、親から子への餌渡しが何回も観察できた。

浅川に来ると川幅がぐっと広がりオープンスペースが気持ちいい。

キジ、オオヨシキリの声が聞こえてきた。

河原ではトンビ凧を揚げている人がいた。

萩原橋下のワンドでは人も遊んでいた。

カワウが出現セッカのさえずりも聞こえてきた。

Photo_4

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

キジ

キジバト

ツバメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

オオヨシキリ

セッカ

シジュウカラ

メジロ

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

オナガ

|

鳥見歩る記*池の沢2010.5.16

201016  5分35分 晴

Photo

早起きして、早朝の池の沢に行ってきた。

現場に着いたのは45分で、未だ暗かったがホトトギスが鳴いていた。

続いて声が聞こえてきたのは、順にハシボソガラス、ハシブトガラス、キビタキ、ガビチョウ、ホオジロ、ウグイス(417分)、コジュケイ(425分)、シジュウカラ、メジロ、イカル(437 分)、ヒヨドリ、鳥でないがシュレーゲルアオガエルの声(450分)、ガビチョウ、ダイサギ(上空通過)、キジバト、トビ(458分)、エナガ(5 00分)であった。

437分のイカルはニセアカシアに2羽止まっていたもので、この頃は既に明るくなっていた。

ホイホイホイとサンコウチョウの声が聞こえてきたと思って耳をすますとガビチョウの真似し鳴きであった。

少し離れたところ(八王子上寺田)の小規模な棚田に行ってみると、シュレーゲルアオガエルが鳴き、斜面林ではアオゲラの声が聞こえ、キビタキがさえずっていた。

ミズキ、フジ、ニセアカシア、ヤブデマリ、ホオノキなどの花も目立ち、カワラヒワの声がいい雰囲気を作ってくれた。再び池の沢の雑木林に戻ると、ガクウツギ、ヤブデマリ、ナルコユリ(写真)、ジュニヒトエ、カントウマムシグサ、フタリシズカ、ミズキなどが花を咲かせていた。ヤマガラのさえずり、カルガモが休耕田にきていた。

全体的な印象はガビチョウがともかく多く、ガビチョウ天国というか、ガビチョウに占拠されてしまったというような感じであった。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

ダイサギ             

カルガモ             

トビ      

キジバト             

ホトトギス          

アオゲラ             

ヒヨドリ             

ウグイス             

キビタキ             

エナガ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

ホオジロ             

カワラヒワ          

イカル   

ハシボソガラス   

コジュケイ          

ガビチョウ          

ガクアジサイ      

カントウマムシグサ          

ジュウニヒトエ   

ナルコユリ          

ニセアカシア      

フジ      

フタリシズカ      

ホウノキ             

ミズキ   

ヤブデマリ          

|

2010年5月27日 (木)

鳥見歩る記*南高尾2010.5.15

201015  10分1530分 晴

Photo

南高尾に植物観察に行った。

高尾山口駅に集まったメンバーは5名。

甲州街道を南下して入沢川の道に入り、「関東ふれあいの道」の尾根に出て、大垂水峠の方向に進み、中沢峠から中沢川の谷を下って甲州街道に戻って来るコースである。

登り入沢川の林道が終わり、山道に入るとヤマブキソウの群落に出会った。

既に花の盛りは過ぎているが、未だ多くの花が残っていた。

西山峠で関東ふれあいの道に出て、見晴らし台でホタルカズラ、コバノタツナミ、アズマネザサの花を観賞できた。

Photo_2

さらに進み、花をつけているキンランを見て、鉄塔の下でツクバネウツギに出会った。

中沢峠から中沢川の谷への下りは最初のうちは足場の悪い急坂であったが、直ぐに林道に出た。

そこにはウラシマソウの群落と言えるほど多くの株があり糸をたらした花がいっぱいあった。

ここから甲州街道への下りではクワガタソウやミツバウツギなどの花があった。

本日の花のベスト3はホタルカズラ、ヤマブキソウ、ウラシマソウということで5名の意見が一致した。

今年はフジの花もあちこちでよく目立った。

Photo_3

観察した野鳥などは以下の通りです。

トビ      

キジバト             

アオゲラ             

コゲラ   

ツバメ   

イワツバメ          

キセキレイ          

ヒヨドリ             

クロツグミ          

ヤブサメ             

ウグイス             

キビタキ             

エナガ   

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

スズメ   

ハシブトガラス   

ガビチョウ          

アオスジアゲハ   

ウスバシロチョウ             

オナガアゲハ      

カラスアゲハ      

クロアゲハ          

スジグロシロチョウ          

テングチョウ      

ミスジチョウ      

ルリシジミ          

カワトンボ          

アズマネザサ      

イヌガラシ          

イヌザクラ          

ウシハコベ          

ウマノアシガタ   

ウラシマソウ      

エビネ   

オオイヌノフグリ             

オオジシバリ      

オッタチカタバミ             

オニグルミ          

オニタビラコ      

カキドウシ          

ガクアジサイ      

ガマズミ             

カマツカ             

カントウタンポポ             

キジムシロ          

キツネアザミ      

キュウリグサ      

キランソウ          

キリ      

キンラン             

クサイチゴ          

クサノオ             

クワガタソウ      

ケキツネノボタン             

コバノガマズミ   

サイハイラン      

サルトリイバラ   

サンショウ       

シャガ   

ジャニンジン      

ジュウニヒトエ   

シュロ   

ショカツサイ      

ジロボウエンゴサク          

スイバ   

セイヨウタンポポ             

セリバヒエンソウ             

タガネソウ          

チゴユリ             

ツクバネウツギ   

ツボスミレ          

ツリバナ             

ツルカノコソウ   

ナルコユリ          

ニガイチゴ          

ニガキ   

ニリンソウ          

ニワゼキショウ   

ノアザミ             

ハコベ   

ハナイカダ          

ハナイバナ          

ハハコグサ          

ハルジオン          

ヒトリシズカ      

ヒメコウゾ          

ヒメジョオン      

フジ 花

ヘビイチゴ          

ホウチャクソウ   

ホウノキ             

ホタルカズラ      

ミズキ   

ミツバアケビ      

ミツバウツギ      

ミミナグサ          

ミヤマキケマン   

ムラサキケマン   

ヤブタビラコ      

ヤブデマリ          

ヤブニンジン      

ヤブヘビイチゴ   

ヤブレガサ          

ヤマツツジ          

ヤマブキソウ      

ラショウモンカズラ          

レンゲ   

|

2010年5月26日 (水)

鳥見歩る記2010.5.13(自宅⇒富士見通り⇒八王子駅北口)

20101327~41分 

Imgp0461

コースは自宅を出て八王子市八幡町の国道20号信号か南に約200m進み、南新町信号を左折して富士見通り(JR中央線の北側を平行)を約1km八王子駅北口までで、八幡町の国道20号信号から南新町信号踏切までは道路の両側にハナミズキの街路樹があるが、富士見通りには街路樹は全く無く、駅近くの西放射線通りにカツラが少しあるだけである。八王子駅北口は八王子市商店街の中心地で沿線は三小通りと比べ、緑環境が少ないコースである。

道端に出されていた生ゴミの袋に1ヶ所はハシボソガラス、もう1ヶ所はハシボトガラスが夫々2羽来て袋を破き、ゴミを引きちぎらせていた。

街路樹したに植えられたシランが綺麗な花を着けていた(写真)。

観察した鳥は以下のとおりです。

ハクセキレイ       1

ヒヨドリ              2

スズメ    2

ハシボソガラス    2

ハシブトガラス    2

ドバト    4

|

2010年5月14日 (金)

鳥見歩る記*高尾山2010.5.12

201012  10時45分~15時 雨

Photo_5

読売文化センターの野鳥を楽しむ講座で今月はオオルリを目当てに高尾山に行った。

午前中は雨でしかも雷も鳴っていた。

雨の中、高尾山口駅高架下のイワツバメの巣を観察したが、雨のためかイワツバメの巣出入りはなく、巣を乗っ取ったスズメがいただけであった。

駅裏の氷川神社で雨宿りをし、早めの昼飯を食べてしまった。

午後の天気快復を見込んで6号路に向かった。

案内川にはカルガモが2羽いただけであった。

最初のうちは雨が降っていたが、小降りになり、その後は青空が見えてきた。

午前中雨が降っていたためか、登山客は少なく野鳥観察には絶好のコンディションになった。

6号路に入って直ぐオオルリの声が聞こえてきた。杉の木のてっぺんに止まっている姿も観察できた。

第1ベンチ近くでもオオルリの声と姿を確認できた。

大山橋まで行って引き返したが、オオルリはツギツギのさえずりを聞かせてくれた。

その他、姿は見えないがツツドリ、クロツグミ、キビタキ、ヤブサメ、センダイムシクイのさえずりも確認できた。

しかし、昨年確認できたサンコウチョウの声は残念ながら確認できなかった。

帰路巣立ったばかりと思われるキセキレイの可愛いヒナ2羽が渓流にいたので、親が餌を運んでくるのではないかと少し粘ってみていたが、親は来なかった。

コミヤマスミレ、サツキヒナノウスツボの花が観察できた。

Photo_6

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

キジバト

ツツドリ

アオゲラ

コゲラ

ツバメ

キセキレイ

ヒヨドリ

クロツグミ

ヤブサメ

ウグイス

センダイムシクイ

キビタキ

オオルリ

エナガ

ヒガラ

ヤマガラ

シジュウカラ

メジロ

スズメ

ハシブトガラス

コジュケイ

ドバト

ガビチョウ

|

鳥見歩る記*手賀沼2010.5.10

201010  1045分1427分 薄曇

Photo_3

柏駅から手賀沼の南側を回り、手賀大橋を渡って北岸を歩いて我孫子駅まで歩いた。

柏駅東口から手賀沼のスタート地点「柏ふるさと公園」にたどり着くまで、道がよくわからず苦労した。

ヨシ原は小規模であり、セッカ、オオヨシキリはいるが数は多くないようだ。

コブハクチョウが湖面にいて、そのうち2組が可愛い子連れだった。

田んぼの畔にキジのオス1羽が出てきた。比較的近かったので写真が撮れた。

途中、沼に注ぐ大津川を超えるが、その橋(ひどり橋)の付近でヒバリのさえずりを聞く。

Photo_4

橋の上からバン、アオサギ、コブハクチョウ、カイツブリ、カワウを観察。

カワセミがいそうな雰囲気なので探してみたが、確認できなかった。

ツリ人が多く入っているからだろうか。その後、約30分歩いてようやくカワセミの声あり。

田んぼでは代かきの終わり、水が引かれている田にコチドリが1羽と水浴中のセグロセキレイが1羽いた。

同じ田んぼの畔にはイソシギも1羽いた。

手賀大橋の袂の道の駅「招南(しょうなん)」でトイレ休憩。

橋を渡り我孫子市側に来るとコアジサシが約10羽、湖面に突っ込んで魚をねらっていた。

沼の南岸(柏市)は田んぼが開け、広いサイクリング道が整備されているのに対し、北岸(我孫子市)側は住宅ちが迫っているが、林の中に遊歩道があって対照的が感じのするコースであった。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ

カワウ

アオサギ

コブハクチョウ

カルガモ

キジ

バン

イソシギ

コアジサシ

キジバト

カワセミ

ヒバリ

ツバメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

ウグイス

オオヨシキリ

セッカ

シジュウカラ

ホオジロ

スズメ

ムクドリ

ハシボソガラス

ドバト

|

鳥見歩る記2010.5.10(上野町⇒三小通り⇒八王子駅南口) 

201010日、8時23分~8時44分 晴

Dscn6329

コースは八王子市上野町金剛院の踏切から南に約200m進み、市民会館入口信号を左折して三小通り(JR中央線の南側を平行)を約1km八王子駅南口までで、踏切から市民会館入口信号までは道路の両側に里桜の街路樹、市民会館入口信号から国道16号の交差点までは道路の両側にハナミズキの街路樹、国道16号の交差点から八王子駅南口まではイチョウの街路樹が整備されている。沿線には寺が4つ、小学校が一つ、公園が一つある。

ツバメが今年も第3小学校前の不動産屋さん「八幡地所」の車庫に営巣したらしく、親が出入りしていた。

歩道の街路樹下のアチコチに外来種ナガミヒナゲシ(写真)が咲き出した。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ツバメ    2

イワツバメ           2

スズメ    4

ムクドリ              2

ハシブトガラス    4

|

鳥見歩る記*オオルリを探す会(小下沢)2010.5.9

2010  40分11 

Photo

毎年5月の第2日曜日は八王子市の鳥、オオルリを探す会を八王子・日野カワセミ会主催で開いている。

読売新聞多摩版や八王子市広報で一般市民にも参加を呼びかけた。

好天に恵まれたバードウイークの初日で、集合場所の中央高速道近くの小下沢林道入り口付近には一般市民参加者42名、カワセミ会会員42名、計84名が集まった。

コースは小下沢林道を上流方向に向かいキャンプ場跡地から浩宮植林記念碑まで、約3kmである。

歩き出すとオオルリの声が何か所かで聞こえてきたが、なかなか姿を捉えることができない。

途中のキャンプ場跡地の休憩地で稜線上の木の枝の止まる1羽のオオルリを捉えるも遠すぎて小さな点にしかみえない(写真)。

その代わりここではカケスがふわふわと飛んでくれた。

終点の記念碑のところで鳥合わせを始めるとようやく近くのモミのてっぺんにオオルリが来てくれた。

この他途中でセンダイムシクイ、ミソサザイのさえずりがあり、クロツグミは声(さえずり)は全員が確認できたが、姿は先頭グループしか見ることができなかった。

帰路は有志により植物を観察した。サツキヒナノウスツボがいつもの場所に無かったことが気になったが、オオバウマノスズクサ、ウラシマソウ(写真)は健在でありほっとした。

Photo_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

トビ      

サシバ   

ツツドリ             

コゲラ   

キセキレイ          

ヒヨドリ             

ミソサザイ          

クロツグミ          

ヤブサメ             

ウグイス             

センダイムシクイ             

キビタキ             

オオルリ             

エナガ   

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

カケス   

ハシブトガラス   

ガビチョウ          

イヌザクラ          

ウシハコベ          

ウラシマソウ      

ウワミズザクラ   

オオイヌノフグリ             

オオギカズラ      

オオバアサガラ   

オニグルミ          

オニタビラコ      

オランダガラシ   

カキドウシ          

ガクウツギ          

カントウタンポポ             

カントウマムシグサ          

クサイチゴ          

クワガタソウ      

コナラ   

ジロボウエンゴサク          

スイバ   

スズメノカタビラ             

セイヨウタンポポ             

ツボスミレ          

ツルカノコソウ   

ハコベ   

ハナイカダ          

ハルジオン          

ハンショウヅル   

ヒメウズ             

ヒメウツギ          

ヒメオドリコソウ             

ヒメコウゾ          

ヒロハコンロンソウ          

フタバアオイ      

ヘビイチゴ          

ホウチャクソウ   

マルバウツギ      

ミツバウツギ      

ミヤマキケマン   

ムラサキケマン   

ムラサキサギゴケ             

ヤエムグラ          

ヤブツバキ          

ヤブデマリ          

ヤブニンジン      

ヤブヘビイチゴ   

ヤマグワ             

ヤマブキ             

ヤマルリソウ      

ラショウモンカズラ          

|

2010年5月13日 (木)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2010.5.7 

2010日、27分~10分  21℃ 

Imgp0459

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

桜並木は4月のソメイヨシノ、サトザクラの花が終わり静かで上智大学グランド土手でノアザミが咲きだした。

上智大学グランのミズキが咲きだした(写真)。

シジュウカラのさえずりがあちこちから聞こえてきた。

弁慶濠はダイサギ1羽だけだった。

赤坂見附外堀通りAIU赤坂ビル1階車庫には未だツバメが来てなかった。

今年は営巣しないのだろうか。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ダイサギ      1

ヒヨドリ      2

シジュウカラ  8

スズメ 8

ハシブトガラス外堀通り      2

ハシブトガラス       6

ドバト外堀通り       1

ボート 1

アカミミガメ  2

アカツメクサ 

アカバナユウゲショウ 

オオイヌノフグリ    

オッタチカタバミ    

オニタビラコ 

カタバミ      

カントウタンポポ    

キュウリグサ 

キリ   

クサフジ      

スイバ 

ツメクサ      

ナガミヒナゲシ      

ニワゼキショウ      

ノアザミ      

ノボロギク   

ノミノツズリ 

ハルジオン   

ハルノノゲシ 

ヒメウズ      

ヘラオオバコ 

ミズキ 

ヤエムグラ   

ヤブニンジン 

|

2010年5月12日 (水)

鳥見歩る記*上川口小学校野鳥観察支援2010.5.6

201020分~10分 

Photo

上川口小学校の全校野鳥観察会。

5月は学校から五日市行きのバスに乗り秋川にいった。

バーベキュウで有名な秋川橋から上流に向かい小和田橋まで往復。

1年生から6年生を縦割りに6班に分け、6年生が班長で野鳥観察にリーダーをつとめた。

河原でイカルチドリ(写真)が上流方向、下流方向に飛び交っていた。

それを見ているとオシドリの雄雌が岸辺の草むらから出てきて、下流に流れて行った。

秋川の左岸堤防を上流に向かって行くと、桜の木の中にイカルが1羽いた。

じっくり観察しようとしたら飛んで行ってしまったが、別の桜のてっぺんではホオジロのオスがさえずっていてじっくりと観察できた(写真)。

カワセミは遠くにいたが、近くには来てくれなかった。

川ではダイサギ、アオサギが各1羽現れて、これは全員で観察できた。

Photo_2

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ダイサギ

アオサギ

オシドリ

カルガモ

トビ

キジ

イカルチドリ

キジバト

カワセミ

ツバメ

イワツバメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

ウグイス

シジュウカラ

ホオジロ

カワラヒワ

イカル

スズメ

ムクドリ

オナガ

ハシブトガラス

ガビチョウ

|

2010年5月11日 (火)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2010.5.5

201010分~110分 

Photo_7

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。ここからは尾根道のいろはの道を登り、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

オオルリは少し遠いのを含めて8か所、キビタキは6か所でさえずりが聞いたが、全て姿を確認できなかった。

ヤブサメは直ぐ近くで鳴くもの以外は聞こえて来なくなったが、若い同行者が確認してくれるので助かる。

年をとると周波数の高いヤブサメの声が聞こえなくなるのは止むを得ないことと諦める。

ヤマガラが目立ち、シュウジョウカラより数が多かった。

1号路の登山口近くではアオダイショウが草の生えている斜面に現れ、消えて行った。

ヒロハコンロンソウ、ツルコノコソウが咲きだした。

蛇滝沢ではヒメウツギが柔らかな白い花を着けていた。

蛇滝登山道ではツクバキンモンソウ(写真)が1株花を着けていた他、サツキヒナノウスツボが花を着けていて驚いた。

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

キジバト              1

アオゲラ              3

ヒヨドリ              13

クロツグミ           1

ヤブサメ              4

ウグイス              10

センダイムシクイ              3

キビタキ              6

オオルリ              8

ヒガラ    15

ヤマガラ              41

シジュウカラ       18

メジロ    14

カワラヒワ           2

ハシブトガラス    8

ガビチョウ           2

ダイミョウセセリ              1

アオダイショウ    1

トカゲ    1

アオキ   

ウワミズザクラ   

キランソウ          

クロモジ             

サツキヒナノウスツボ      

シャガ   

ジュウニヒトエ   

セントウソウ      

タマノカンアオイ             

チゴユリ             

ツクバキンモンソウ          

ツボスミレ          

ツルカノコソウ   

ニガイチゴ          

ニリンソウ          

ヒメウツギ          

ヒロハコンロンソウ          

ホウチャクソウ   

マルバコンロンソウ          

ミヤマキケマン   

|

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2010.5.5

2010日、00分~10分 

Photo_6

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

キビタキが3か所、オオルリが1ヶ所でさえずっていた。

カジカガエルが川の中でよく鳴き、鳴き声の出所を数えるとおおよそ25匹であった。

カワトンボが飛び始めた。

ここには翅がだいだい色型と透明型の両方がいる。

サナエトンボもいるが何サナエかわからない。

ウスバシロチョウとアサギマダラが飛び出した。

春たけなわの感じがする。

ムラサキシジミもいた。

圏央道トンネル工事付近で1m以上のアオダイショウが河原の方へ進んで行った。

駒木野病院付近の川沿いで今年もオドリコソウが花を咲かせてくれた。

オニグルミの赤い雌花の写真がとれた。

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ              2

カワセミ              1

コゲラ    3

ツバメ    10

イワツバメ           5

キセキレイ           2

セグロセキレイ    1

ヒヨドリ              10

ウグイス              4

キビタキ              3

オオルリ              1

ヤマガラ              4

シジュウカラ       16

メジロ    4

カワラヒワ           2

スズメ    6

ムクドリ              2

ハシボソガラス    1

ガビチョウ           8

アサギマダラ       2

ウスバシロチョウ              5

コミスジ              1

スジグロシロチョウ           5

ベニシジミ           2

ムラサキシジミ    1

モンシロチョウ    3

ヤマトシジミ       2

カワトンボ           12

サナエトンボsp              1

カジカガエル       25

アオダイショウ    1

アオキ   

アケビ   

イチリンソウ      

イヌガラシ          

イモカタバミ      

ウシハコベ          

オオイヌノフグリ             

オッタチカタバミ             

オドリコソウ      

オニグルミ          

オニタビラコ      

オニノゲシ          

カキドオシ          

カタバミ             

カラスノエンドウ             

カントウタンポポ             

キジムシロ          

キュウリグサ      

キランソウ          

クサイチゴ          

クサノオ             

クワガタソウ      

サルトリイバラ   

シャガ   

ショカツサイ      

ジロボウエンゴサク          

スイバ   

スズメノエンドウ             

スミレ   

セイヨウタンポポ             

セリバヒエンソウ             

セントウソウ      

タチツボスミレ   

タネツケバナ      

ツボスミレ          

ツルカノコソウ   

ナガミヒナゲシ   

ナズナ   

ニリンソウ          

ノミノフスマ      

ハコベ   

ハナイカダ          

ハルジオン          

ヒメウズ             

ヒメオドリコソウ             

フジ      

ホウチャクソウ   

|

鳥見歩る記*上川口小学校野鳥観察支援2010.4.26

2010126、845分~10分 

Dscn5268

新一年生を迎えた最初の全校野鳥観察会。

天気が良く絶好の野鳥観察日和となった。

1-2年生班、3-4年生班、5-6年生班と3班に分かれて学校の周辺で野鳥観察を行った。

1-2年生班の状況は以下のとおり。

学校を出るとスズメが電線に止まっていたので、先ずスズメをフィールドスコープで見てもらう。

1年生にとっては始めての経験であろう。

スコープの中のスズメを確認できると笑顔が広がる。

続いて電線に止まったハクセキレイをじっくり観察できたが、直ぐ近くにいたモズは直ぐ飛び立ってしまった。

ホオジロが道端に出てきて餌を探していた。

西北方向の丘陵の稜線上にオオタカが現れたが、1年生にタカの説明をするのは難しい。

学校までの帰路でカワセミが川を横切ったがこれも一緒に気がついたのは2年生であった。

当たり前のことかも知れないが、1年生と2年生ではその差が大きく、2年生の成長ぶりが実感できた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ

トビ

オオタカ

キジバト

カワセミ

コゲラ

ツバメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

モズ

ツグミ

ウグイス

シジュウカラ

メジロ

ホオジロ

アオジ

カワラヒワ

イカル

スズメ

ムクドリ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

コジュケイ

|

鳥見歩る記*宇津貫丘陵ホタル沢2010.5.4

2010  00分1145分 晴

Photo_4

宇津貫の丘陵地(ホタル沢とその周辺)の野鳥定期カウント。

JR横浜線みなみ野駅→毘沙門天→宇津貫公園→クボノキ湧水→宇津貫緑地(ホタル沢、尾根道)→兵衛川→みなみ野駅のコースを歩いた。

キビタキがよく出てくれた。

コース順に八王子みなみ野駅近くの宇津貫・毘沙門天で1羽、宇津貫公園で2羽、クボノオキ湧水付近雑木林で1羽、宇津貫緑地で1羽と計5羽のオスのさえずりに出会った。

全て渡りの途中であろうか。

宇津貫緑地のものは営巣して欲しい。

住宅や工場が立つ前の裸地にススキなどが生えているため、ヒバリ、セッカのさえずりが聞こえてきた。

蛍沢では、カワセミが調整池で魚を捕って食べていた。

尾根を歩いているとキビタキのさえずりが聞こえてきた。

アオジが未だ残っていた。

ズミがあって開花中であった。

大木のイヌザクラが花をつけていた。

逆に小木のオトコヨウゾメも花をつけていた。

尾根筋のヤマツツジが満開となっていた。

キンラン(写真)、ギンランが咲き、ササバギンランも咲く寸前であった。

雑木林の手入れをするとこのような植物が復活することが証明されている。

Photo_5

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジ       1

キジバト              7

ヒメアマツバメ    2

カワセミ              1

アオゲラ              1

コゲラ    2

ヒバリ    1

ツバメ    16

ハクセキレイ       4

ヒヨドリ              17

ツグミ    3

ウグイス              5

セッカ    1

キビタキ              5

ヤマガラ              4

シジュウカラ       2

メジロ    10

ホオジロ              3

アオジ    2

カワラヒワ           2

シメ       1

スズメ    8

ムクドリ              5

ハシボソガラス    2

ハシブトガラス    4

ガビチョウ           14

ヤマカガシ           0

イチリンソウ      

イヌザクラ          

ウラシマソウ      

エビネ   

オトコヨウゾメ   

キランソウ          

キンラン             

ギンラン             

クサイチゴ          

コバノガマズミ   

ササバギンラン   

ジュウニヒトエ   

ズミ      

チゴユリ             

ツボスミレ          

ナルコユリ          

ニガイチゴ          

ハコベ   

ハナイカダ          

ヒメコウゾ          

ヒメハギ             

フジ      

ホウチャクソウ   

マルバアオダモ   

ヤマツツジ          

ヤマルリソウ      

ラショウモンカズラ          

ランヨウアオイ   

|

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2010.5.2

201022分~1048分 

Photo_3

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

アオジが未だ残っていた(写真)。

新葉についている青虫を捕って食べていた。

また、小さな声でさえずっていた。

ウグイスが芽が出たばかりのニセアカシアに出てきて姿を見せ、さえずってくれた。

センダイムシクイのさえずりもあったが、こちらは渡りの途中で思われる。

キジのさえずりが聞こえてきた。

ガビチョウは姿も確認。

ギンイチモンジセセリが枯れたオギの中で3頭確認できた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カイツブリ           1

カルガモ              1

トビ       1

キジ       2

カワセミ              1

コゲラ    1

ヒバリ    1

ツバメ    1

ヒヨドリ              8

モズ       1

ウグイス              3

センダイムシクイ              1

セッカ    1

シジュウカラ       2

メジロ    2

アオジ    6

カワラヒワ           2

スズメ    2

ハシブトガラス    2

コジュケイ           2

ガビチョウ           2

釣り人    1

キタテハ              1

ギンイチモンジセセリ       3

コミスジ              1

スジグロシロチョウ           1

チャバネセセリ    1

ヒメウラナミジャノメ       1

ベニシジミ           5

モンキチョウ       2

ヤマトシジミ       3

アオダイショウ    1

オオイヌノフグリ             

オニグルミ          

オニタビラコ      

オランダミミナグサ          

カキドオシ          

カラスノエンドウ             

カントウタンポポ             

キュウリグサ      

ショカツサイ      

シロツメクサ      

セイヨウタンポポ             

セリバヒエンソウ             

タチイヌノフグリ             

タネツケバナ      

ナガミヒナゲシ   

ノミノツズリ      

ハコベ   

ハルジオン          

ヒメオドリコソウ             

ヘビイチゴ          

ムラサキケマン   

ヤエムグラ          

ヤブタビラコ      

|

鳥見歩る記*高月水田 2010.5.2 

2010年5月2855分~1212分 曇後晴

Photo

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

好天に恵まれ、周辺丘陵地は「山笑う」新緑、田はレンゲ咲く美しさが際立った。

ヒバリのさえずりがあり、モズの親子連れ(親2+子3)が観察された。

写真は雛3羽のうちの2羽である。

ベニシジミ、モンキチョウなどの蝶が目立つようになった。

アマガエルの声が聞こえてきた。

オオカワジシャが水路にナガミヒナゲシ(写真)が田んぼ(乾田)に生えていた。

河原ではびこるこの2種の外来種がついに田んぼにも入ってきたかという感じである。

Photo_2

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ              2

トビ       2

ヒバリ    2

ツバメ    6

ハクセキレイ       1

ヒヨドリ              2

モズ       7

カワラヒワ           8

スズメ    40

ムクドリ              14

ハシボソガラス    2

ハシブトガラス    4

ドバト    2

キアゲハ              1

キタテハ              5

ギンイチモンジセセリ       1

ヒメウラナミジャノメ       2

ベニシジミ           40

モンキチョウ       28

モンシロチョウ    11

ヤマトシジミ       4

アマガエル          

イヌガラシ          

オオイヌノフグリ             

オオカワジシャ   

オオジシバリ      

オオバコ             

オニグルミ          

オニタビラコ      

オランダミミナグサ          

カキドオシ          

カズノコソウ      

カタバミ             

カラスノエンドウ             

カントウタンポポ             

キジムシロ          

キツネアザミ      

ケキツネノボタン             

コウゾリナ          

コオニタビラコ   

シロツメクサ      

スイバ   

スズメノエンドウ             

スズメノテッポウ             

セイヨウタンポポ             

セトガヤ             

トキワハゼ          

ナガミヒナゲシ   

ナズナ   

ノジシャ             

ノミノツズリ      

ハルジオン          

ハルノノゲシ      

ヒメオドリコソウ             

ブタナ   

ヘビイチゴ          

ヘラオオバコ      

ホトケノザ          

ムラサキサギゴケ             

レンゲ   

|

2010年5月10日 (月)

鳥見歩る記*横瀬棚田・秩父霊場4寺2010.5.3

2010  910分~145分 晴

Photo

西武秩父線で横瀬駅から寺坂棚田に行き、その周辺の秩父34か所めぐり観音のうち、4寺を回ってきた。

横瀬駅を下りるとシバザクラで有名な羊山公園への観光客でごった返していた。

駅前上空をイワツバメが飛び交う。

9番寺の明智寺に立ち寄るとシジュウカラ、カワラヒワ、セグロセキレイが境内にいた。

国道に出る手前、村造林功労者顕彰碑の前にオドリコソウの小さな群落があり花をつけていた。

ホオジロのさえずりあり。

民俗資料館を過ぎても住宅地の中で、近くに棚田がありそうもないので、庭で草取りをしていた住人に聞くと、道順を丁寧に教えてくれた。

その通り行くと横瀬川に出た。

横瀬川では河原でバーベキューの人が多い。

橋の袂に小さな公園があってトイレが整備されていた。

横瀬川ではカジカガエルの声を聞く。

新田橋を渡ると寺坂の棚田があった。

思っていた程は広くないが、りっぱな棚田である。

田んぼにはスズメノテッポウが一面に生えていて、田植はまだ先のようだ。

トウキョウダルマガエルの声が聞こえてきた。

ヒバリのさえずりもあった。

畦にサワオグルマ(写真)の花が咲いていたので、写真を撮っているとホオジロ、モズも出てきた。

Photo_2

オオタカが何か大きな獲物を持って田んぼの上空を北の方へ飛んで行った。

ここでオオタカに出会うとは驚きだ。

近くに巣がありそうだ。

棚田から支流の苅米橋まで戻ると横瀬川まで50mしかないので横瀬川に行ってみた。

ヤマセミがいそうな雰囲気だが、河原にイカルチドリがいるだけだった。

7番法長寺では境内にスズメ、門前にカワラヒワ、ヒヨドリがいた。

次の寺に向かう道で公会堂を過ぎて、田舎風の店があったので昼飯を買いに立ち寄った。

手作り自慢といういなり寿司を買う。

その隣に置いてあった秩父名産という自家製のシャクシナを勧められたので、お土産に買った。

店を出るとオナガの群れが賑やかに通過した。

6番朴雲寺では本堂の屋根でホオジロガさえずり続けていた。

ウグイスとガビチョウの声があり、近くの家の屋根にはキセキレイが綺麗な声で鳴いていた。

近くに大きな小松沢観光農園があり、観光客で賑わっていた。

8番西善寺は天然記念物樹齢600年というコミネカエデが見事な新緑で輝いていた(写真)。

Photo_3

シジュウカラ、ヒヨドリがカエデの中に飛び込んで行った。

帰路は国道299号に出てたけみつ橋から横瀬川の覗くとカルガモが1羽、そこへカワセミが飛んで来て橋を超えて上流の方へ飛んで行った。

最後はカワセミが出て来てくれてほっとした気持ちで横瀬駅に向かった。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カルガモ

オオタカ

キジ

イカルチドリ

キジバト

カワセミ

ヒバリ

ツバメ

イワツバメ

キセキレイ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

モズ

ウグイス

シジュウカラ

メジロ

ホオジロ

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ドバト

ガビチョウ

|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »