« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月29日 (火)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2009.09.18  

20090918 

20091811分~1145分  22℃ 

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

セミが殆どいなくなり、アブラゼミわずか3匹の声が桜並木であっただけだった。

シジュカラが最初に姿を見せてくれた。

ヒガンバナが丁度見ごろであるが、株数が少ないのであまり目立たない。

弁慶濠ではアオサギが木の上で1羽休んでいるだけであった。

赤坂見附では氷川神社の秋祭りの準備が進んでいた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アオサギ      1

シジュウカラ  2

スズメ外堀通り       2

スズメ 8

ハシブトガラス       4

ハシブトガラス外堀通り      8

ドバト外堀通り       4

ボート 1

アブラゼミ    3

アカミミガメ  1

イヌホオズキ 

イノコズチ   

エノコログサ 

カタバミ      

キョウチクトウ      

クズ   

ススキ 

チカラシバ   

ツユクサ      

ハルノノゲシ 

ヒガンバナ   

ヒメジョオン 

ヒヨドリジョウゴ    

ヘクソカズラ 

メヒシバ      

ヤブガラシ   

ヨウシュヤマゴボウ   

|

鳥見歩る記*三浦半島の棚田(葉山町)2009.9.12

20090912

200912  45分~130分 雨

雨の中、逗子駅から衣笠行のバスに乗り、上山口小学校前で下車し、杉山神社の裏に広がる棚田を見て湘南国際村まで歩いた。

バスを降りて歩き出す前に、向かう方向とは反対側の小さな川に行き、橋の上から川を覗くとコサギ、ハクセキレイ、カルガモがいた。

水面にはアメンボが多く、クズの花も咲いていた。

モズ1羽がもう1羽を鋭く鳴きながら追い出して杉山神社のイチョウのてっぺんで高鳴きを始めた。

今はモズの縄張り形成時期なのだということを実感する。

棚田では既に一部稲刈りが行われ、乾燥用のハザが組み立てられていた。

黄色くなった刈り取り前のイネと縁取状に蒔かれた緑色の大豆が対象的な色合いになっていた。

彼岸花もさいているが、少ないためか、ここではあまり目立たない。

坂道を登って行くと上空にトビが現れ、コゲラが前方を横切り、コジュケイの賑やかな声が聞こえてきた。

湘南国際村では、午後から12日で合唱団鯨の合宿に参加。

宿舎の中庭の竹には今年もツバメの集団ねぐらが形成されていた(写真)。

20090912_2

観察した野鳥などは以下の通りです。

コサギ

カルガモ

トビ

キジバト

コゲラ

ハクセキレイ

ヒヨドリ

モズ

ホオジロ

スズメ

ムクドリ

ハシブトガラス

コジュケイ

|

鳥見歩る記2009.9.10(上野町⇒三小通り⇒八王子駅南口)

20090910  

20091035~53分 

コースは八王子市上野町金剛院の踏切から南に約200m進み、市民会館入口信号を左折して三小通り(JR中央線の南側を平行)を約1km八王子駅南口までで、踏切から市民会館入口信号までは道路の両側に里桜の街路樹、市民会館入口信号から国道16号の交差点までは道路の両側にハナミズキの街路樹、国道16号の交差点から八王子駅南口まではイチョウの街路樹が整備されている。沿線には寺が4つ、小学校が一つ、公園が一つある。

街路樹の下でヒガンバナが咲き出した。

本立寺境内でハクセキレイ1羽確認、三小の庭の片隅でスズメを見かけただけだった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ハクセキレイ1

スズメ2

|

鳥見歩る記2009.9.8(自宅⇒富士見通り⇒八王子駅北口)

20090908jr 

2009日、38~58分 

コースは自宅を出て八王子市八幡町の国道20号信号か南に約200m進み、南新町信号を左折して富士見通り(JR中央線の北側を平行)を約1km八王子駅北口までで、八幡町の国道20号信号から南新町信号踏切までは道路の両側にハナミズキの街路樹があるが、富士見通りには街路樹は全く無く、駅近くの西放射線通りにカツラが少しあるだけである。八王子駅北口は八王子市商店街の中心地で沿線は三小通りと比べ、緑環境が少ないコースである。

夏枯れで鳥に出会わない。

駅近くでドバトの姿3羽とスズメの声を聞いただけだけ。

セミの声も聞こえてこない。

道沿い住宅の庭でシュウメイギクが開花。

観察した鳥は以下のとおりです。

スズメ

ドバト

|

2009年9月12日 (土)

鳥見歩る記*松伏公園、野鳥の森2009.9.9

20099  1045分~100分 曇

読売文化センター野鳥講座、今月は埼玉県越谷市の松伏公園に行った。

公園に入るとツバメ、シジュウカラ、キジバトの姿を先ず確認できた。

モズの高鳴きが聞こえてきたので、姿を探すとメタセコイヤの高木のテッペンに止まっていた。

池には下見の時と同様にバン1羽とガチョウしかいなかった。

隣の田んぼに出ると稲刈りが始まっていた。

コンバインが動き稲が刈取られた田んぼにチュウサギ、アマサギが集まってきていた。チュウサギは数羽であったがアマサギは20羽以上いた。

この田んぼ、少し遠くの電線にはチョウゲンボウが1羽止まっていた。

この公園を早めに引き上げて北越谷駅に向かうバスに乗り途中下車して、「野鳥の森」に立ち寄ってみた。

ここは越谷市営の施設で、オーストラリアキャンベルタウンと越谷市の姉妹都市提携10周年を記念してキャンベルタウン市から贈られたオーストラリアの代表的野鳥が開放ケージで飼育されていた。

エミュー、ブロンズトキ、ズグロトサカゲリ、イシチドリ、ガマグチヨタカ、ワライカワセミ、モモイロインコなど100円の入園料でオーストラリアに行ってきた気分になれた。

また、ここでは、飼育下ではあるがシラコバトを観察できた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カワウ

アマサギ

チュウサギ

チョウゲンボウ

バン

キジバト

ツバメ

ハクセキレイ

セグロセキレイ

モズ

セッカ

シジュウカラ

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ドバト

ガチョウ

20090909

|

2009年9月11日 (金)

鳥見歩る記*越谷市松伏記念公園2009.9.5

2009  105分~135分 晴

東武伊勢崎北越谷駅からバスに乗り松伏高校前で下車。

99日予定の読売文化センター野鳥観察会の下見。

松伏公園に入ると草野球場があり、リトルリーグのような子供達の野球試合が行われていた。

ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシがよく鳴いている。

刈った草地にはベニシジミが、クスノキの周りにはアオスジアゲハが目に入るが、鳥がなかなか現れない。

ようやくハシブトガラスの声が聞こえてきた。

目指す池に来たらバン1羽とガチョウがいるだけだが、トンボが岸辺に目につく。

シオカラトンボ、コシアキトンボ、ギンヤンマ達だ。

ノシメトンボもいた。

キジバト、オナガの声が聞こえてきた。

池には他に鳥がいないので隣に広がる田んぼを覗いて見た。

稲は収穫まじかのようだ。

用水路にダイサギ1羽とキジバト1羽。

稲穂の上をセッカ、ツバメが飛び交う。

休耕田でイチビ(写真)、マルバルコウソウ、ヒルガオ、エノキグサの写真を撮って下見は終了とした。

シラコバトには会えなかった。

観察した野鳥などは以下の通りです。

ダイサギ             

チュウサギ          

バン      

キジバト             

ヒバリ   

ツバメ   

ハクセキレイ      

セッカ   

シジュウカラ      

カワラヒワ          

スズメ   

ムクドリ             

オナガ   

ハシボソガラス   

ハシブトガラス   

ガチョウ             

イチビ   

エノキグサ          

クサネム             

コヒルガオ          

マルバルコウソウ             

200909051

|

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2009.09.03

20090903 

2009日、分~9時40分  21℃ 晴

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

ミンミンゼミが前回818日と比べるとかなり減ってきた。

84日にソメイヨシノに来ていたムクドリが今日も約30羽程いた。

シジュカラも桜並木で出会った。

弁慶濠にはカルガモが2羽いただけであった。

ウスバキトンボが上智大グランドに飛び交っていた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

カルガモ              2

シジュウカラ       2

スズメ    8

スズメ外堀通り    2

ムクドリ              30

ハシブトガラス    10

ハシブトガラス外堀通り    2

ドバト    2

ドバト外堀通り    1

アオスジアゲハ    1

イチモンジセセリ              2

ヒメウラナミジャノメ       2

ヤマトシジミ       7

ウスバキトンボ    20

アブラゼミ           5

ツクツクボウシ    25

ミンミンゼミ       30

アカミミガメ       1

アカツメクサ      

アキカラマツ      

アキノゲシ          

イノコズチ          

エノコログサ      

オオアレチノギク             

オヒシバ             

ガガイモ             

カナムグラ          

クズ      

コセンダングサ   

ススキ   

センニンソウ      

ヒメジョオン      

ヘクソカズラ      

メヒシバ             

ヤブガラシ          

ヨウシュヤマゴボウ          

| | コメント (0)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2009.9.2

20090902_2

2009232分~145分 

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。ここからは尾根道のいろはの道を登り、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

雨はあがりつつあったが、鳥は少なかった。

高尾山頂も昼というのに暗い闇の中であった(写真)。

オオヤマハコベの可憐な花が蛇滝登山道の薄暗いところで咲き揃っていた。

ヤブミョウガは花盛りであったが、早い株には黒い実が着いていた(写真)。

20090902_3

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

コゲラ    1

ヤマガラ              8

シジュウカラ       2

メジロ    4

ハシブトガラス    6

ガビチョウ           2

アズマヤマアザミ             

イヌトウバナ      

ウマノミツバ      

オオヤマハコベ   

オニドコロ          

カラムシ             

ガンクビソウ      

キツネノマゴ      

キハギ   

キンミズヒキ      

クズ      

コアカソ             

シュウブンソウ   

シロヨメナ          

センニンソウ      

タマアジサイ      

ヌスビトハギ      

ノハラアザミ      

ノブキ   

ハエドクソウ      

ハグロソウ          

フジカンゾウ      

ミズヒキ             

ミヤマフユイチゴ             

ムカゴイラクサ   

ヤブガラシ          

ヤブミョウガ      

ヤブラン             

ヤマホトトギス   

ユウガギク          

ヨモギ   

ミゾホオズキ      

モミジガサ          

| | コメント (0)

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2009.9.2

20090902

20092日、0032分 

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

雨の中であったためか、鳥はあまり出なかった。

雨の中カラムシの花(花の後の実かも知れない)に雫が着いていて綺麗だった(写真)。

シュウブンソウ、ノハラアザミ、ノブキなど秋の花が咲き出した。

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト              4

コゲラ    2

キセキレイ           1

ヒヨドリ              4

ヤマガラ              2

シジュウカラ       2

メジロ    4

ハシブトガラス    6

イチモンジセセリ              1

モンキチョウ       1

ミヤマカワトンボ              2

アキノエノコログサ          

イタドリ             

イヌトウバナ      

ウマノミツバ      

オオアレチノギク             

オオイヌタデ      

オオブタクサ      

オトコエシ          

オニドコロ          

カナムグラ          

カラムシ             

ガンクビソウ      

キクイモ             

キツネノマゴ      

キバナアキギリ   

キンミズヒキ      

クサノオ             

クズ      

ゲンノショウコ   

コアカソ             

シュウブンソウ   

シロヨメナ          

センニンソウ      

タマアジサイ      

チカラシバ          

チヂミザサ          

ツユクサ             

ツルドクダミ      

ノハラアザミ      

ノブキ   

ノブドウ             

ハキダメギク      

ハグロソウ          

ハナタデ             

ヒメジョオン      

ヒヨドリバナ      

フジカンゾウ      

ベニバナボロギク             

ボタンヅル          

ママコノシリヌグイ          

ミズヒキ             

ミゾソバ             

ヤブガラシ          

ヤブミョウガ      

ヤブラン             

ユウガギク          

ヨモギ   

ヤブヅルアズキ   

| | コメント (0)

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2009.9.1

20090901_2 

2009日、00分~35分 

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

ママコノシリヌグイが群落となって開花、そこにベニシジミ(写真)、イチモンジセセリが一杯来ていた。

ここでも高月水田と同じようにモズの高鳴きを聞くことができた。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ヒヨドリ              2

モズ       1

ウグイス              1

シジュウカラ       4

スズメ    20

ハシブトガラス    2

釣り人    2

イチモンジセセリ              35

キタテハ              1

キチョウ              30

ギンイチモンジセセリ       2

スジグロシロチョウ           1

チャバネセセリ    1

ヒメウラナミジャノメ       3

ヒメジャノメ       1

ベニシジミ           1

モンキアゲハ       1

モンキチョウ       2

モンシロチョウ    1

ヤマトシジミ       7

シオカラトンボ    20

マユタテアカメ    4

ミヤマアカネ       2

ムギワラトンボ    2

アブラゼミ           5

ツクツクボウシ    5

ミンミンゼミ       5

エンマコオロギ    5

ツヅレサセコオロゴ           15

アカツメクサ      

アキノエノコログサ          

アレチウリ          

オオブタクサ      

ガガイモ             

カラムシ             

キクイモ             

キツネノマゴ      

キンミズヒキ      

クズ      

ケキツネノボタン             

シロツメクサ      

スズメウリ          

スズメノヒエ      

セイタカアワダチソウ      

チカラシバ          

ツユクサ             

ツルマメ             

ヒメジョオン      

ヘクソカズラ      

ママコノシリヌグイ          

メドハギ             

ヤブガラシ          

ヤマノイモ          

ヨモギ   

| | コメント (0)

鳥見歩る記*高月水田 2009.9.1

20090901   

2009年9月1日、40分~117分 

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

稲は未だ開花中のものが多く、ここの田んぼの収穫期は未だ先のようであるが、一方ではスズメ対策のネットも張られ出した。

モズが鳴いていた。

秋の高鳴きにしては早いと思われる。

シオカラトンボが目立ってきた。

先月多かったナガコガネグモは今月は何故か目立たなくなった。

イナゴの仲間が多くそれを狙って、チュウサギ(写真)、ダイサギが田んぼに来ていた。

用水路にクサガメと思われる亀の死体が浮かんでいた。

甲羅の長さが20cmぐらいの大きさの亀であった。

稲穂に地味な蛾が止まっていた。

調べてみたら野菜の害虫タバコガのようである(写真)。

200909011

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ダイサギ              8

キジバト              3

ハクセキレイ       3

セグロセキレイ    2

ヒヨドリ              2

モズ       1

シジュウカラ       2

スズメ    100

ハシボソガラス    6

ハシブトガラス    2

キチョウ              5

ツバメシジミ       5

ナミアゲハ           1

ヒメアカタテハ    1

ヒメウラナミジャノメ       2

ヒメジャノメ       1

ベニシジミ           5

モンキチョウ       9

ヤマトシジミ       50

オオシオカラトンボ           1

オニヤンマ           1

シオカラトンボ    145

ナツアカネ           1

ハグロトンボ       45

ミヤマアカネ       3

ムギワラトンボ    10

アブラゼミ           1

キリギリス           2

エンマコオロギ    10

ツヅレサセコオロゴ           12

ミツカドコオロギ              15

アギナシ             

アレチウリ          

イタドリ             

イヌガラシ          

イノコズチ          

エノコログサ      

オオアレチノギク             

オオジシバリ      

オオニシキソウ   

オオバコ             

オッタチカタバミ             

オヒシバ             

オモダカ             

カタバミ             

カヤツリグサ      

キツネノマゴ      

クズ      

ゲンノショウコ   

コナギ   

シロツメクサ      

スズメノヒエ      

セイヨウタンポポ             

センニンソウ      

タカサブロウ      

ツユクサ             

ツリガネニンジン             

ツルボ   

トキワハゼ          

ニラ      

ハキダメギク      

ヘクソカズラ      

ママコノシリヌグイ          

ミゾカクシ          

メヒシバ             

メマツヨイグサ   

ヤブラン             

| | コメント (0)

2009年9月 6日 (日)

鳥見歩る記*箱根仙石原2009.8.30

20090830

200930  30分~100分 曇

88日の下見に続いて2度目の箱根仙石原歩きとなった。

今日はカワセミ会の探蝶探鳥会であるが、雨予想の天気予報のためか、参加者は6名で少なめであった。

その代わり、人数が少ないので参加者が一体となって歩くことができた。

芦ノ湖湖尻から早川に沿って湿生花園までのハイキングコースはゴルフ場の脇を通るように設定されている。

訪れる人が少なく静かな散策を楽しむことができた。

コースほぼ中間の耕牧舎跡という昔牧場があったという所までは人工林の下を歩くところが多いが、ヤマニガナがあったり、野生ランが咲いたりしていた。

(このランは後で調べたらオオバノトンボソウらしいことがわかった)。

後半の方が開けた場所が多かく、道脇ではテンニンソウが花をつけていた。

ソウシチョウが林内で数羽動き回っていた。

心配した雨は何とかもってくれたが、湿生花園に着くと急に雨脚が激しくなったので、台ケ岳裾野のススキの原まで足を伸ばすのを取り止めて帰路についた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

トビ      

キジ      

キジバト             

アマツバメ          

ツバメ   

キセキレイ          

セグロセキレイ   

ヒヨドリ             

ウグイス             

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

カケス   

ハシブトガラス   

ガビチョウ          

ソウシチョウ      

アサギマダラ      

イチモンジセセリ             

キチョウ             

コミスジ             

サカハチチョウ              

ジャコウアゲハ   

スジグロシロチョウ          

ダイミョウセセリ             

チャバネセセリ   

ツマグロヒョウモン          

ヒメウラナミジャノメ      

モンキアゲハ      

ヤマトシジミ      

ハグロトンボ      

ヤマカガシ          

アカネ   

アキノゲシ          

アキノタムラソウ             

イタドリ             

イヌゴマ             

イヌザンショウ   

イヌタデ             

イノコズチ          

ウド      

オオアレチノギク             

オオイヌタデ      

オオバノトンボソウ          

オトギリドウ      

オトコエシ          

カナムグラ          

カワラナデシコ   

ガンクビソウ      

ギンミズヒキ      

ゲンノショウコ   

コアカソ             

コウゾリナ          

コバノギボウシ   

コマツナギ          

サワヒヨドリ      

シュウブンソウ   

シラヤマギク      

シロヨメナ          

センニンソウ      

ダイコンソウ      

タカサゴユリ      

タマアジサイ      

タムラソウ          

チヂミザサ          

ツユクサ             

ツリガネニンジン             

ツリフネソウ      

ツルボ   

ツルマメ             

テバコモミジガサ             

テンニンソウ      

トネアザミ          

ナンテンハギ      

ニガナ   

ヌスビトハギ      

ヒロハツリバナ   

ヘクソカズラ      

マツカゼソウ      

マルバハギ          

ミズタマソウ      

ミズヒキ             

ミソハギ             

ミツバウツギ      

ミヤマタニタデ   

モジズリ             

モミジガサ          

ヤブマオ             

ヤブマメ             

ヤマニガナ          

ヤマノイモ          

ヤマホタルブクロ             

ヤマハギ花(写真)

ヤマホトトギス   

ヨウシュヤマゴボウ          

ワレモコウ          

| | コメント (0)

鳥見歩る記*カワセミ会ジュニアクラブ(淺川)2009.8.29

20090829 

200929日、晴 8時15分~11時00

第12回カワセミ会ジュニアクラブの野鳥観察会。

コースは浅川右岸堤防を北野町のエコひろば裏から国道16号バイパス新浅川橋まで行って、この橋を渡り左岸を長沼橋まで往復するコース。

カワセミに3か所で5羽に出会った。

2か所で2羽ずつの4羽と別の場所でホバーリング(空中停止飛翔)していた1羽である。

流れの緩やかな浅瀬ではクサシギが1羽盛んに餌をとっていた。

このシギはこれからもっと南へ目指して飛んで行くものと思われる。

長沼橋上流側の湿地ではカルガモが10数羽いたが、ガマの茂みの中に隠れてしまった。

残ったのはカイツブリの子供1羽で、可愛い姿を見せてくれた(写真)。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ

ダイサギ

アオサギ

クサシギ

キジバト

カワセミ

コゲラ

ツバメ

セグロセキレイ

ヒヨドリ

オオヨシキリ

シジュウカラ

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

オナガ

ハシボソガラス

ドバト

ガビチョウ

| | コメント (0)

2009年9月 4日 (金)

鳥見歩る記*長野姨捨の棚田2009.8.27

20090827

200927  午後 晴

3日目は、姨捨棚田が目的。

まつだい駅を813分に出て、直江津から信越線に乗り換え、さらに長野で篠ノ井線に乗り換えて、目指す姨捨の駅に1232分に着いた。

姨捨駅のプラットホームから姨捨棚田と千曲川が一望できる。

日本三大車窓の一つに数えられた景色だという。

駅の下に広がるのが、日本人の原風景ともいうべき姨捨の棚田があった。

この棚田も一時荒れ果てたという。

しかし、平成11年には棚田として、初めて国の文化財に指定された。

今、この美しい棚田を救っているのは、「棚田貸します制度」だという。

この制度は地元の人々の尽力によって復活。姨捨ての棚田は息を吹き返した。

棚田の中を歩いてみると「田毎の月」ならぬ「田毎のオーナー」と感じがした。

この美しい棚田を守るため「棚田貸します制度」が発展することを願ってやまない。

繁殖を終えたと思もわれるオオヨシキリが1羽ひっそりとススキに止まっていた。

田んぼの一角ではオミナエシが満開になっていた。

オミナエシも千曲川を見下ろしているのであろうか。

200908271

棚田の近くに天台宗の姨捨山長楽寺がある。

その昔、松尾芭蕉、小林一茶、安藤広重などの文人・墨客が訪れたという。

長楽寺で休んでいるとイカル約30羽の群れが飛んで来て、綺麗な声で鳴いてくれた。

夕方前に姨捨駅をたち、松本経由でその日のうちに八王子まで帰り着くことができた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

トビ      

ヒヨドリ             

オオヨシキリ      

ホオジロ             

イカル   

スズメ   

イチモンジセセリ             

キアゲハ             

クロアゲハ          

コミスジ             

ヒメアカタテハ   

ヒメウラナミジャノメ      

ベニシジミ          

モンキチョウ      

オツネントンボ   

オオシオカラトンボ          

シオカラトンボ   

ノシメトンボ      

アブラゼミ          

アカツメクサ      

アキカラマツ      

アレチウリ          

イノコズチ          

ウド      

エノコログサ      

オオアレチノギク             

オオブタクサ      

オミナエシ          

オモダカ             

ガガイモ             

カタバミ             

カヤツリグサ      

カワラナデシコ   

クズ      

コウゾリナ          

コバノギボウシ   

シロツメクサ      

セリ    

ツリガネニンジン             

ナンバンハコベ   

ニラ      

ヌルデ   

ノコンギク          

ノハラアザミ      

ヒメジョオン      

ヒヨドリジョウゴ             

ボタンヅル          

メヒシバ             

メマツヨイグサ   

ヨウシュヤマゴボウ          

ワレモコウ          

| | コメント (0)

鳥見歩る記*新潟県まつだい棚田_第2日2009.8.26

20090826 

200926  終日 晴

「まつだいに来たら星峠の棚田はぜひ見た方がいいですよ」と旅館の主人から進められたので、市営のマイクロバスに乗って10km西側に開かれている星峠に先ず向かった。

今日はそこからあちこちの棚田めぐりをして駅前の旅館まで歩くことにした。

星峠の棚田は規模が大きく素晴らしいものであった。

ススキの穂の先に広がる田んぼにホオジロのさえずりが聞こえてきた。

アオジもさえずっていた。

オトコエシの花にイチモンジセセリがきていた。

農道上にヒミズの死体があった。

しばらく進むトビが出現した。

そのトビを見ているとヒミズの死体をつかんでいった。

トビはどのようにして農道の小さなヒミズを探し出すことができるのであろうか。

次の棚田までは山を一つ越えなければならない。

国道から離れて細い道を上がって行くと、小さな溜池があって、キイトトンボを見つけた。

数頭いるが中々止まってくれないので、写真を撮るのに苦労した。

200908261

大型のヤンマが池の上をパトロール飛翔していた。

ルリボシヤンマのようで胴体のルリ色が奇麗である。

2番目にたどり着いたのは儀明の棚田、着いたのはコンビニで買ってきた昼飯を食べた後だった。

儀明の棚田はゴルフ場でいえば、林間コースのような感じで樹木がパッチ状にちりばめられていて豊かな緑が目の前に展開した。

ここについたら、丁度畦の火入れが始まり、谷間に煙がたなびいてきた。

3番目の蒲生の棚田に向かう途中、ブナ林があり、そこではオオアカゲラが枯れた木の幹で採餌中であった。

まつだいはどこを歩いても美しい棚田が広がっている。

しかし、この棚田で米をつくるのは想像以上に厳しいと地元の方は言っていた。

その通りだと思う。

美しい棚田を今後も維持して頂くために私たち消費者ができることは、棚田米を買って食べることだと思う。

2日目も同じ宿に泊まったが、この日の晩は町のお祭りで、丁度宿の下の大通りが車を止めて盆踊り会場になり、夜遅くまで賑やかであった。

観察した野鳥などは以下の通りです。

トビ      

キジバト             

オオアカゲラ      

コゲラ   

ツバメ   

ヒヨドリ             

モズ      

ウグイス             

エナガ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

ホオジロ             

アオジ   

カワラヒワ          

スズメ   

ハシボソガラス   

ハシブトガラス   

イチモンジセセリ             

キタテハ             

サカハチチョウ              

ベニシジミ          

ウスバキトンボ   

オニヤンマ          

マユタテアカメ   

ツクツクボウシ   

ミンミンゼミ      

キイトトンボ      

ミドリヒョウモン             

メスグロヒョウモン          

ヒミズ    死体

アカバナ             

アキカラマツ      

アキノゲシ          

イタドリ             

イヌガラシ          

ウド      

オオイヌタデ      

オトギリドウ      

オトコエシ          

カタバミ             

キツリフネ          

クサネム             

クサフジ             

クサボタン          

ゲンノショウコ   

コアカソ             

コウゾリナ          

コバノギボウシ   

ゴマナ   

サワヒヨドリ      

シシウド             

シラヤマギク      

セイタカアワダチソウ      

ツユクサ             

ニガナ   

ヌスビトハギ      

ヌルデ   

ノコンギク          

ノハラアザミ      

ハンゴンソウ      

ヒヨドリバナ      

ヒルガオ             

ヘクソカズラ      

ヘラオモダカ      

ホツツジ             

ミクリ   

ミズタマソウ      

メマツヨイグサ   

ヤブガラシ          

ヤマノイモ          

ヤマハギ             

ヤマボウシ          

ユウガギク          

| | コメント (0)

鳥見歩る記*新潟まつだい棚田2009.8.25

20090825 

20095 午後 

鈍行列車利用で新潟県十日町「まつだい」の棚田と長野の「姨捨」棚田を23日で回ってきた。

初日は八高線で八王子を721分に出て高崎で上越線に乗り換え、六日町でほくほく線に乗り換え、目指す「まつだい」駅に1320分に着いた。

まつだいは旧松之山街道の宿場町で、4メートルにもおよぶ豪雪地帯とのこと。

予約しておいた宿は、駅から歩いて6分の純和風の「旭堂旅館」、宿場の面影が残る一角にその旅館はあった。

ここは町中がどこも棚田という感じであるが、主要な棚田が地図に記されているカラーの「棚田マップ」を手に入れることができた。

早速、このマップを持って歩くことにした。

初日は旧松之山街道を東の方面に向かって歩いてみた。

ブナ林の脇を通り、カンタンの鳴く農道を約1時間歩いて行くと、「菅刈」という集落の棚田に出た。

この棚田はあまり規模は大きくなかった。

今日はここで引き返し、次に向かったのはまつだい駅の裏側で、まつだい城の直下に展開する棚田である。

今、この地域では「越後妻有2009、大地の芸術祭」が行われていて、この棚田自体が芸術祭参加のアートになっていた(写真)。

夕日に映えるアートをしばし鑑賞することができた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト             

アカゲラ             

ツバメ   

キセキレイ          

セグロセキレイ   

ヒヨドリ             

モズ      

ウグイス             

ヤマガラ             

シジュウカラ      

ホオジロ             

ハシボソガラス   

ハシブトガラス   

キタテハ             

キチョウ             

コミスジ             

ナミアゲハ          

ヒメウラナミジャノメ      

ヒメジャノメ      

ベニシジミ          

オオシオカラトンボ          

シオカラトンボ   

ツクツクボウシ   

ミンミンゼミ      

エンマコオロギ   

アオダイショウ   

カンタン             

ホシホウジャク   

イノコズチ          

エノコログサ      

オトコエシ          

オニドコロ          

オモダカ             

カヤツリグサ      

カラムシ             

キンミズヒキ      

クズ      

ケキツネノボタン             

コアカソ             

サワヒヨドリ      

シラヤマギク      

ススキ   

セリ    

ツリフネソウ      

ツルマメ             

テンツキ             

ニガナ   

ヌスビトハギ      

ノハラアザミ      

ノブドウ             

ハキダメギク      

ヒヨドリバナ      

ヒルガオ             

ヘクソカズラ      

ベニバナボロギク             

ママコノシリヌグイ          

ミゾカクシ          

メハジキ             

メヒシバ             

メマツヨイグサ   

ヤブマメ             

ヤマハギ             

ユウガギク          

ヨウシュヤマゴボウ          

| | コメント (0)

2009年9月 2日 (水)

鳥見歩る記*茨城稲敷シギチドリ観察2009.8.22

200922  10分~140分 曇

8月は北の国で繁殖を終わった内陸性旅鳥のシギ、チドリが日本の田んぼに立ち寄って餌をたっぷり食べてエネルギーを補給し、さらに南の国を目指して飛んで行く。

霞ヶ浦周辺の田んぼは、そのようなシギ、チドリを観察できるポイントで、カワセミ会としては2006年以来、3年振りにその場所に行った。

とはいっても広い田んぼのどこに目指す鳥がいるのかは全く分からない。

地元の鳥事情に詳しい人に案内して頂かないと目指す鳥には出会えない。

今回も前回同様にこの地で野鳥の観察を続けているAさんに案内をお願いした。

今回はAさんとの待ち合わせは浮島の観察舎駐車場、朝630分に八王子駅南口をマイクロバスで出発して、910分に待ち合せ場所に着くと既にAさんが待っていてくれた。

先ず浮島でコジュリン、オオセッカ、ミサゴなどを観察できた。

この時期の田んぼは一面稲で埋まっていて、一部で稲の収穫が終わっている段階である。このため、シギ、チドリを観察できる田んぼは水を張ってある休耕田となるが、Aさんによると今年は例年になく休耕田が少なくシギ、チドリも立ち寄る場所に事欠いている現状とのこと。

今は稲敷市の旧東町を中心に何ヶ所か案内して頂いた。最初に行った休耕田にはタカブシギ、コチドリ、チュウュウサギ、バンの親子連れ、隣のハス田に飛び込むヨシゴイなどが観察できた。

次の休耕田でセイタカシギ、コアオアシシギ、キアシシギ、タシギなどを見ているとショウドウツバメが飛んできた。

さらに次の所ではムナグロの群(写真)、その次では、アオアシシギ、エリマキシギ、ヒバリシギなでがいるところを案内して頂いた。

最後に利根川を渡って不明のシギが来ているという我孫子市の休耕田を回って帰路についた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ

カワウ

ヨシゴイ

ゴイサギ

アマサギ

ダイサギ

チュウサギ

コサギ

アオサギ

カルガモ

ミサゴ

トビ

チョウゲンボウ

バン

コチドリ

ムナグロ

トウネン

ヒバリシギ

オジロトウネン

エリマキシギ

コアオアシシギ

アオアシシギ

クサシギ

タカブシギ

キアシシギ

オグロシギ

タシギ

セイタカシギ

キジバト

カワセミ

ヒバリ

ショウドウツバメ

ツバメ

ハクセキレイ

オオセッカ

セッカ

コジュリン

カワラヒワ

スズメ

ムクドリ

ハシボソガラス

ハシブトガラス

ドバト

20090822

| | コメント (0)

鳥見歩る記*東京港野鳥公園2009.8.19

20090819 

200919  1030分~140分 晴

読売文化センター野鳥講座、今月は東京港野鳥公園に行った。

先ず自然生態園に行くと季節がらセミの大合唱で、ミンミンゼミ、アブラゼミが主体であるが、何とクマゼミも鳴いていた。

ツクツクボウシも少しいる。

ウスバキトンボが蜘蛛の網に引っ掛かり犠牲になっていた。

田んぼは稲穂が出始めていて、シオカラトンボの他、オオシオカラトンボ、ギンヤンマが混じっていた。

その稲穂にアブラゼミが1匹止まっているのには驚いた。

写真を撮っていたら飛び立っていた。

鳴いていないのでメスであったのか。

エノキの葉にゴマダラチョウがとまり産卵しているところの写真がとれた。

池にはチョウトンボはいるが、カルガモ以外に鳥は見当たらない。

少し遠くで、帆翔するトビ1羽が観察できた。

ネイチャーセンターに向かう途中ムクドリの群の中にコムクドリ1羽を認めた。

東淡水池で、ヨシゴイ2羽を観察。

冷房のきいたネイチャーセンターに入りホットした。

干潟は丁度潮が引いていて、アオアシシギ、キアシシギ、ソリハシシギ、オオソリハシシギなどじっくり観察できた。

オオソリハシシギの中にオグロシギ1羽が混じっているというので、探したが中々見つけられない。

ネイチャーセンターを出て観察小屋に行くと熱心に観察する小学生がいて、この小学生がオグロシギを見つけてくれた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ

カワウ

ヨシゴイ

ダイサギ

コサギ

アオサギ

カルガモ

トビ

シロチドリ

メダイチドリ

アオアシシギ

キアシシギ

イソシギ

ソリハシシギ

オグロシギ

オオソリハシシギ

セイタカシギ

ウミネコ

キジバト

ツバメ

ハクセキレイ

ヒヨドリ

オオヨシキリ

スズメ

コムクドリ

ムクドリ

オナガ

ハシブトガラス

ドバト

雑種ガモ

| | コメント (0)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2009.08.18

20090818 

200918日、47分~9時27分  27℃ 晴

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

ミンミンゼミの世界になってきた。

桜並木にハクセキレイが1羽、足元からあまり逃げない(写真)。

ヤブカラシの花にアオスジアゲハ数頭集まっていた。

ウスバキトンボは上智大グラントの上を群で飛んでいた。

桜並木下の草にヤマトシジミ2頭かと思ってが、ヤマトシジミではなく、ルリシジミのようであった。

その近くのソメイヨシノにシジュウカラが数等現れた。

親子連れであった。

弁慶濠にはアオサギが2羽いただけであった。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アオサギ              2

ハクセキレイ       1

シジュウカラ       4

スズメ    8

ハシブトガラス外堀通り    4

ハシブトガラス    13

ドバト外堀通り    1

ナミアゲハ           1

モンシロチョウ    1

ルリシジミ           2

ウスバキトンボ    10

シオカラトンボ    1

アブラゼミ           35

ツクツクボウシ    25

ミンミンゼミ       55

アカミミガメ       4

アカツメクサ      

イノコズチ          

ウイキョウ          

エノコログサ      

オオアレチノギク             

オシロイバナ      

オニノゲシ          

ガガイモ             

カナムグラ          

クズ      

コセンダングサ   

センニンソウ      

ツユクサ             

ハキダメギク      

ハルノノゲシ      

ヒメジョオン      

ヘクソカズラ      

ヘラオオバコ      

メヒシバ             

ヤブガラシ          

ヨウシュヤマゴボウ          

| | コメント (0)

鳥見歩る記*景信山2009.8.16

20090816 

200916 8時25分~13時00分 晴

小仏峠から景信山に登って、山頂で約2時間、鳥や花を観察して下山した。

小仏峠への登り口、駐車場の隣の小仏川が小さな滝のようになっているところに裸姿の若者が数人いた。

挨拶したら、滝行をしているとのこと、毎朝ここで1週間やっていて、今日が最終日だと言っていた。

登って行くとコミスジが次々に現れた。

小仏峠近くで笹藪にムシクイの仲間が1羽姿を見せてくれた。

ヤブサメかと思ったが鳴かないので断定できない。

カケスが5,6羽集まってぃて賑やかになった。

景信山山頂手前の登山道脇に大きなヘビが出てきた。

シマヘビらしい。

山頂に着くとアマツバメが横切って飛んでいくのが見えた。

しかし、アマツバメはその時だけで後はツバメ、イワツバメが次々と東の方から数羽づつの小さな群で現れて西の方へ飛んで行った。

景信山も陣馬山と同様に山頂の一部が草原状になっていて気持ちがいい。

ツリガネニンジン、ノハラアザミ、シシウド、オグルマ、シラヤマギクなどが勢ぞろい。

総苞が長くて反り返るトネアザミもあった。

シラヤマギクの花を撮っていたら、隣のノハラアザミの花にキアゲハ来てくれてうまく写真が撮れた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト             

アマツバメ          

コゲラ   

ツバメ   

ヒヨドリ             

ウグイス             

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

ホオジロ             

カケス   

アオスジアゲハ   

イチモンジセセリ             

ウラギンシジミ   

キアゲハ             

キチョウ             

クロアゲハ          

クロヒカゲ          

コジャノメ          

コミスジ             

スジグロシロチョウ          

ダイミョウセセリ             

アキアカネ          

ミヤマアカネ      

アブラゼミ          

ツクツクボウシ   

ミンミンゼミ      

アキノゲシ          

イヌトウバナ      

イノコズチ          

ウマノミツバ      

オオバギボウシ   

オカトラノオ      

オグルマ             

オッタチカタバミ             

オニドコロ          

カノツメソウ      

カラムシ             

ガンクビソウ      

キンミズヒキ      

クズ      

クルマバナ          

ゲンノショウコ   

コアカソ             

コオニユリ          

コバノカゴメヅル             

シシウド             

シラヤマギク      

シロヨメナ          

センボンヤリ      

ダイコンソウ      

タカトウダイ      

タケニグサ          

タマアジサイ      

チヂミザサ          

ツユクサ             

ツリガネニンジン             

トチバニンジン   

トネアザミ          

ヌスビトハギ      

ネムノキ             

ノハラアザミ      

ノブキ   

ハエドクソウ      

ヒメジョオン      

ヒヨドリバナ      

ヘクソカズラ      

ボタンヅル          

マツカゼソウ      

ミズキ   

ミズタマソウ      

ミヤマタニワタシ             

ムカゴイラクサ   

メマツヨイグサ   

ヤブマオ             

ヤブラン             

ヤマノイモ          

ユウガギク          

ワレモコウ          

| | コメント (0)

2009年9月 1日 (火)

鳥見歩る記*川町田んぼ2009.8.15

20090815 

200915日、27分~100分 

コースは東京都八王子市川町の里山で浅川の支流城山川の又支流大沢川の流域にあり、田んぼと雑木林の谷戸約500mを一周します。

ビニルハウスの開き戸の隙間にスミナガシ1頭が閉じ込められていた。

羽化直後のシオカラトンボが稲にいっぱい止まっていた。

稲の穂が出てきた。

ナガコガネグモが稲の中で目立ってきた。

羽化直後のオオシオカラトンボの写真が撮れた。

ウスバキトンボがいっぱい飛んでいた。

雑木林に入るとイカルの声が聞こえてきた。

ウバユリは群落状に生えているがすでに花の最盛期は過ぎていた。 

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

アオゲラ              1

セグロセキレイ    1

ヒヨドリ              8

シジュウカラ       4

メジロ    2

イカル    2

ハシボソガラス    5

ハシブトガラス    10

イチモンジセセリ              1

ウラギンシジミ    1

キタテハ              1

クロヒカゲ           2

サトキマダラヒカゲ           2

スジグロシロチョウ           1

スミナガシ           1

ツバメシジミ       3

ツマグロヒョウモン           1

ヒメウラナミジャノメ       10

ヒメキマダラセセリ           2

ヒメジャノメ       1

ムラサキシジミ    1

モンキチョウ       1

モンシロチョウ    1

ヤマトシジミ       2

ウスバキトンボ    150

オオシオカラトンボ           5

シオカラトンボ    35

ハグロトンボ       1

ムギワラトンボ    25

アブラゼミ           10

ツクツクボウシ    25

ニイニイゼミ       5

ヒグラシ              5

ミンミンゼミ       5

ナガコガネグモ    110

アマガエル           多数

アキカラマツ      

アキノエノコログサ          

アキノタムラソウ             

イヌガラシ          

イヌトウバナ      

イノコズチ          

ウバユリ             

エノコログサ      

オオアレチノギク             

オオジシバリ      

オオバコ             

オオブタクサ      

オトコエシ          

オニドコロ          

オニノゲシ          

オモダカ             

カタバミ             

カヤツリグサ      

ガンクビソウ      

キツネノマゴ      

キンミズヒキ      

ギンミズヒキ      

クズ      

ケキツネノボタン             

ゲンノショウコ   

コナギ   

シロツメクサ      

スズメノヒエ      

セイヨウタンポポ             

タカサブロウ      

タネツケバナ      

タマアジサイ      

ツユクサ             

ツリガネニンジン             

テンツキ             

トキワハゼ          

ニガクサ             

ノハラアザミ      

ノブキ   

ハキダメギク      

ヒデリコ             

ヒヨドリバナ      

ヘクソカズラ      

ボタンヅル          

ミズキ   

ミズタマソウ      

ミゾカクシ          

メヒシバ             

メヤブマオ          

ヤブガラシ          

ヤブマオ             

ヤブラン             

ユウガギク          

ヨウシュヤマゴボウ          

ワルナスビ          

| | コメント (0)

鳥見歩る記2009.8.11(自宅⇒富士見通り⇒八王子駅北口)

20090811 

200911日、35~53分 

コースは自宅を出て八王子市八幡町の国道20号信号か南に約200m進み、南新町信号を左折して富士見通り(JR中央線の北側を平行)を約1km八王子駅北口までで、八幡町の国道20号信号から南新町信号踏切までは道路の両側にハナミズキの街路樹があるが、富士見通りには街路樹は全く無く、駅近くの西放射線通りにカツラが少しあるだけである。八王子駅北口は八王子市商店街の中心地で沿線は三小通りと比べ、緑環境が少ないコースである。

夏枯れのためか、鳥に殆ど出会わない。

駅近くのビル屋上からキジバトの声有り。

同じく駅近くの西放射線通り街路樹カツラの木(写真)からミンミンゼミの声がしてきた。

観察した鳥は以下のとおりです。

キジバト1

ヒヨドリ2

ドバト20

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »