« 鳥見歩る記*新潟県まつだい棚田_第2日2009.8.26 | トップページ | 鳥見歩る記*カワセミ会ジュニアクラブ(淺川)2009.8.29 »

2009年9月 4日 (金)

鳥見歩る記*長野姨捨の棚田2009.8.27

20090827

200927  午後 晴

3日目は、姨捨棚田が目的。

まつだい駅を813分に出て、直江津から信越線に乗り換え、さらに長野で篠ノ井線に乗り換えて、目指す姨捨の駅に1232分に着いた。

姨捨駅のプラットホームから姨捨棚田と千曲川が一望できる。

日本三大車窓の一つに数えられた景色だという。

駅の下に広がるのが、日本人の原風景ともいうべき姨捨の棚田があった。

この棚田も一時荒れ果てたという。

しかし、平成11年には棚田として、初めて国の文化財に指定された。

今、この美しい棚田を救っているのは、「棚田貸します制度」だという。

この制度は地元の人々の尽力によって復活。姨捨ての棚田は息を吹き返した。

棚田の中を歩いてみると「田毎の月」ならぬ「田毎のオーナー」と感じがした。

この美しい棚田を守るため「棚田貸します制度」が発展することを願ってやまない。

繁殖を終えたと思もわれるオオヨシキリが1羽ひっそりとススキに止まっていた。

田んぼの一角ではオミナエシが満開になっていた。

オミナエシも千曲川を見下ろしているのであろうか。

200908271

棚田の近くに天台宗の姨捨山長楽寺がある。

その昔、松尾芭蕉、小林一茶、安藤広重などの文人・墨客が訪れたという。

長楽寺で休んでいるとイカル約30羽の群れが飛んで来て、綺麗な声で鳴いてくれた。

夕方前に姨捨駅をたち、松本経由でその日のうちに八王子まで帰り着くことができた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

トビ      

ヒヨドリ             

オオヨシキリ      

ホオジロ             

イカル   

スズメ   

イチモンジセセリ             

キアゲハ             

クロアゲハ          

コミスジ             

ヒメアカタテハ   

ヒメウラナミジャノメ      

ベニシジミ          

モンキチョウ      

オツネントンボ   

オオシオカラトンボ          

シオカラトンボ   

ノシメトンボ      

アブラゼミ          

アカツメクサ      

アキカラマツ      

アレチウリ          

イノコズチ          

ウド      

エノコログサ      

オオアレチノギク             

オオブタクサ      

オミナエシ          

オモダカ             

ガガイモ             

カタバミ             

カヤツリグサ      

カワラナデシコ   

クズ      

コウゾリナ          

コバノギボウシ   

シロツメクサ      

セリ    

ツリガネニンジン             

ナンバンハコベ   

ニラ      

ヌルデ   

ノコンギク          

ノハラアザミ      

ヒメジョオン      

ヒヨドリジョウゴ             

ボタンヅル          

メヒシバ             

メマツヨイグサ   

ヨウシュヤマゴボウ          

ワレモコウ          

|

« 鳥見歩る記*新潟県まつだい棚田_第2日2009.8.26 | トップページ | 鳥見歩る記*カワセミ会ジュニアクラブ(淺川)2009.8.29 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥見歩る記*新潟県まつだい棚田_第2日2009.8.26 | トップページ | 鳥見歩る記*カワセミ会ジュニアクラブ(淺川)2009.8.29 »