« 鳥見歩る記*茨城稲敷シギチドリ観察2009.8.22 | トップページ | 鳥見歩る記*新潟県まつだい棚田_第2日2009.8.26 »

2009年9月 4日 (金)

鳥見歩る記*新潟まつだい棚田2009.8.25

20090825 

20095 午後 

鈍行列車利用で新潟県十日町「まつだい」の棚田と長野の「姨捨」棚田を23日で回ってきた。

初日は八高線で八王子を721分に出て高崎で上越線に乗り換え、六日町でほくほく線に乗り換え、目指す「まつだい」駅に1320分に着いた。

まつだいは旧松之山街道の宿場町で、4メートルにもおよぶ豪雪地帯とのこと。

予約しておいた宿は、駅から歩いて6分の純和風の「旭堂旅館」、宿場の面影が残る一角にその旅館はあった。

ここは町中がどこも棚田という感じであるが、主要な棚田が地図に記されているカラーの「棚田マップ」を手に入れることができた。

早速、このマップを持って歩くことにした。

初日は旧松之山街道を東の方面に向かって歩いてみた。

ブナ林の脇を通り、カンタンの鳴く農道を約1時間歩いて行くと、「菅刈」という集落の棚田に出た。

この棚田はあまり規模は大きくなかった。

今日はここで引き返し、次に向かったのはまつだい駅の裏側で、まつだい城の直下に展開する棚田である。

今、この地域では「越後妻有2009、大地の芸術祭」が行われていて、この棚田自体が芸術祭参加のアートになっていた(写真)。

夕日に映えるアートをしばし鑑賞することができた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト             

アカゲラ             

ツバメ   

キセキレイ          

セグロセキレイ   

ヒヨドリ             

モズ      

ウグイス             

ヤマガラ             

シジュウカラ      

ホオジロ             

ハシボソガラス   

ハシブトガラス   

キタテハ             

キチョウ             

コミスジ             

ナミアゲハ          

ヒメウラナミジャノメ      

ヒメジャノメ      

ベニシジミ          

オオシオカラトンボ          

シオカラトンボ   

ツクツクボウシ   

ミンミンゼミ      

エンマコオロギ   

アオダイショウ   

カンタン             

ホシホウジャク   

イノコズチ          

エノコログサ      

オトコエシ          

オニドコロ          

オモダカ             

カヤツリグサ      

カラムシ             

キンミズヒキ      

クズ      

ケキツネノボタン             

コアカソ             

サワヒヨドリ      

シラヤマギク      

ススキ   

セリ    

ツリフネソウ      

ツルマメ             

テンツキ             

ニガナ   

ヌスビトハギ      

ノハラアザミ      

ノブドウ             

ハキダメギク      

ヒヨドリバナ      

ヒルガオ             

ヘクソカズラ      

ベニバナボロギク             

ママコノシリヌグイ          

ミゾカクシ          

メハジキ             

メヒシバ             

メマツヨイグサ   

ヤブマメ             

ヤマハギ             

ユウガギク          

ヨウシュヤマゴボウ          

|

« 鳥見歩る記*茨城稲敷シギチドリ観察2009.8.22 | トップページ | 鳥見歩る記*新潟県まつだい棚田_第2日2009.8.26 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥見歩る記*茨城稲敷シギチドリ観察2009.8.22 | トップページ | 鳥見歩る記*新潟県まつだい棚田_第2日2009.8.26 »