« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月15日 (土)

鳥見歩る記*陣馬山2009.8.9

20090809_4

2009 30~14:0 

八王子・日野カワセミ会の月例探鳥会。

陣馬山山頂から動かず、山頂で定点観察をした。

陣馬山頂は草原状になっていてかなり広い。

オオバギボシ、シシウドの背の高い花が目立ち、その中にコオニユリ、ツリガネニンジン、チダケサシなどが混じる。

オミナエシ、タチフウロ、シラヤマグキ、キキョウも咲いていた。

フシグロセンノウは1輪だけあった。

スズサイコは実をつけていた。

他の登山者からセイタカトウヒレンの噂をきいたが、この花を見つけることは出来なかった。

上空にはツバメ、イワツバメが飛び交い、その中にヒメアマツバメも混じっていた。

山頂の林縁ではホオジロとウグイスが1本の樹に止まってお互いにさえずっていた。

この2種が一緒に姿をみせるのは珍しい。

アサギマダラ、キアゲハ、ルリタテハ、アカタテハ、ツマグロヒョウモンなども山頂をにぎわしていた。

ふと、キアゲハとは違う飛び方をした大型の蝶が飛んで来て直ぐ前のサクラの葉に止まった。

双眼鏡で確認するとオオムラサキのメスであった。

予期しないチョウの出現である。

この他林内の地面でタマゴタケを3ヶ所見つけた。

タマゴタケは美味しいはずであるが、取って食べるだけの自信はないのが残念である。

観察した野鳥などは以下の通りです。

ハチクマ             

トビ      

キジバト             

アオバト             

ホトトギス          

ヒメアマツバメ   

アカゲラ             

コゲラ   

ツバメ   

イワツバメ          

ヒヨドリ             

ウグイス             

コサメビタキ      

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

ホオジロ             

イカル   

カケス   

ハシブトガラス   

ガビチョウ          

アカタテハ          

アサギマダラ      

ウラナミシジミ   

オオムラサキ      

カラスアゲハ      

キアゲハ             

キチョウ             

コミスジ             

サカハチチョウ   

ジャコウアゲハ   

スジグロシロチョウ          

スミナガシ          

ダイミョウセセリ             

ツバメシジミ      

ツマグロヒョウモン          

ヒメアカタテハ   

ベニシジミ          

モンキアゲハ      

モンキチョウ      

ヤマトシジミ      

ルリタテハ          

ホソバセセリ      

ウスバキトンボ   

オニヤンマ          

アブラゼミ          

ミンミンゼミ      

| | コメント (0)

鳥見歩る記*箱根仙石原2009.8.8

20090808 

2009日 9:55~14:30 晴

箱根桃源台から仙石原湿生花園までのハイキングコースとそのコースの隣りにあるススキの草原を歩いてきた。

小田原からバスに乗り、ハコネレイクホテル前で下車。

キャンプ場でメジロ、イカルの声を聞き、湖尻新橋でさえずるホオジロを目撃。

耕牧舎跡までの間、アオスジアゲハ、スジグロシロチョウ、コミスジなどが現れ、イヌザンショウの花にはヒメウラナミジャノメ、イチモンジチョウが来ていた。

林の中からミソサザイの地鳴き、カケス、コゲラ、クロツグミなどの他、ガビチョウがいた。

耕牧舎跡を過ぎ少し登りの道にさしかかりジャコウアゲハ、ミスジチョウ、オナガアゲハ、ハグロトンボなどを確認。

このコースはゴルフ場の脇を通るように設定されていて、サイクリングロードも併設されている。

コースの後半、早川に出るとカワラナデシコが可憐な花を咲かしていた。

早川の橋を渡ると下流側にカワセミ、アオサギが出現。

浄水センター、住宅地を過ぎると湿生花園に着く。

ここまでトイレがない。

仙石原といえばススキの草原。

湿生花園に入らずさらに20分歩いてススキの原の入口に着く。

ススキの原の中を歩く道は1本あって、涼しい風が吹いていた。

シシウドの花が目立ち、その花の上でホオアカ♂1羽がさえずっていた。

花を着けているテンニンソウも1株発見、オミナエシも黄色い花をつけていた。

20090809 

観察した野鳥などは以下の通りです。

アオサギ             

トビ      

キジ      

キジバト             

ホトトギス          

カワセミ             

アオゲラ             

コゲラ   

ツバメ   

キセキレイ          

セグロセキレイ   

ヒヨドリ             

ミソサザイ          

クロツグミ          

セッカ   

ヒガラ   

ヤマガラ             

シジュウカラ      

メジロ   

ホオジロ             

ホオアカ             

イカル   

カケス   

ハシブトガラス   

ガビチョウ          

アオスジアゲハ   

イチモンジチョウ             

オナガアゲハ      

カラスアゲハ      

キチョウ             

コミスジ             

サトキマダラヒカゲ          

ジャコウアゲハ   

ジャノメチョウ   

スジグロシロチョウ          

ダイミョウセセリ             

テングチョウ      

ヒメウラナミジャノメ      

ヒメキマダラセセリ          

ミスジチョウ      

ホソバセセリ      

オオシオカラトンボ          

オニヤンマ          

ハグロトンボ      

アキノゲシ          

アキノタムラソウ             

イノコズチ          

ウツボグサ          

オオバコ             

オカトラノオ      

オトギリドウ      

オトコエシ          

オニドコロ          

オミナエシ          

カラスザンショウ             

カワラナデシコ   

キクイモ             

キツリフネ          

キンミズヒキ      

クガイソウ          

クサイチゴ          

ケキツネノボタン             

ゲンノショウコ   

コアカソ             

コウゾリナ          

コマツナギ          

ゴマナ   

シシウド             

センニンソウ      

ダイコンソウ      

タケニグサ          

タマアジサイ      

チダケサシ          

ツユクサ             

ツリガネニンジン             

ニガクサ             

ヌスビトハギ      

ネムノキ             

ノアザミ             

ハキダメギク      

ヒメキンミズヒキ             

ヒヨドリバナ      

ヘクソカズラ      

ボタンズル          

マツカゼソウ      

ミツバ   

ムラサキシキブ   

メヤブマオ          

ヤブカンゾウ      

ヤマノイモ          

ヤマホタルブクロ             

ヤマユリ             

ユウガギク          

ヨウシュヤマゴボウ          

| | コメント (0)

鳥見歩る記2009.8.6(上野町⇒三小通り⇒八王子駅南口) 

20090806 

200936~57分 

コースは八王子市上野町金剛院の踏切から南に約200m進み、市民会館入口信号を左折して三小通り(JR中央線の南側を平行)を約1km八王子駅南口までで、踏切から市民会館入口信号までは道路の両側に里桜の街路樹、市民会館入口信号から国道16号の交差点までは道路の両側にハナミズキの街路樹、国道16号の交差点から八王子駅南口まではイチョウの街路樹が整備されている。沿線には寺が4つ、小学校が一つ、公園が一つある。

三小前の歩道にカブトムシ♂1羽の死んだ個体が転がっていた。

ユリ(写真)、オシロイバナ、サルスベリ、ムクゲ、エノコログサが歩道に咲いていた。

ヒメアマツバメ1羽がイワツバメと同じように駅構内の巣から飛び出して行った。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ヒメアマツバメ    1

イワツバメ           4

ヒヨドリ              4

スズメ    4

ハシブトガラス    4

| | コメント (0)

鳥見歩る記*高尾山(蛇滝コース)2009.8.5

20090805_3

200950分~1分 晴

コースは小仏川の蛇滝橋から行の沢の林道を蛇滝まで進み、蛇滝から細い登山道をケーブルカー山上駅の西側まで登り2号路に入る。2号路は距離が短く、4号路に入ると途中釣り橋(みやま橋)があり、いろはの道と合流する。ここからは尾根道のいろはの道を登り、頂上手前のトイレから5号路に入り、江川杉の林から高尾ビジターセンターの裏側に出て高尾山山頂にたどり着く。下りは1号路を薬王院、ケーブル山上駅、金毘羅台、布流の滝を経て登山口まで、登り下り合わせて約7kmコースである。

4号路深山橋のところでタカの雛のような声、姿が一瞬だったので正確な断定はできなかったが、トビらしかったので、記録はトビとした。

金毘羅台付近でイカルの綺麗な声を聞く。

ガビチョウは5ヶ所で声を聞いた。

2号路を歩いていると突然足元を大きな蛇が横切ってびっくりした。蛇の種名は分らなかったが1m以上はあった。

蛇滝付近のイワタバコは最盛期は過ぎていたが可憐な花を着けていた。

キバナショウキラン1株が花を終わり大きな実を二つ着けていた。

スジグロシロチョウが結構目についた。

1号路林野庁職員殉職の碑があるところで、変わった形のキノコ(変形キノコ)を見つけた(写真)。

20090805_5

通称イヌブナの道を歩いていると、皮の剥かれたようなイヌブナの実が道にいっぱい落ちていた。ムササビの食痕であろうか(写真)。

金毘羅台ではツクツクボウシの声を聞いた。

今年の初認である。

20090805_4 

カウントした鳥や虫、花は以下のとおりです。

トビ       1

コゲラ    2

ツバメ    1

ヒヨドリ              10

ウグイス              3

ヒガラ    2

シジュウカラ       6

メジロ    10

イカル    2

カケス    2

ハシブトガラス    10

ガビチョウ           10

ウラギンシジミ    1

オナガアゲハ       1

カラスアゲハ       3

クロアゲハ           1

コミスジ              2

スジグロシロチョウ           11

スミナガシ           4

ダイミョウセセリ              2

モンキアゲハ       4

アブラゼミ           20

ツクツクボウシ    1

ニイニイゼミ       15

ヒグラシ              20

ミンミンゼミ       15

アズマヤマアザミ             

イヌトウバナ      

イノコズチ          

イワタバコ          

オオヤマハコベ   

オカトラノオ      

キハギ   

キバナノショクキラン      

ケキツネノボタン             

コアカソ             

コマツナギ          

セリ    

ダイコンソウ      

タマアジサイ      

ツユクサ             

ノブキ   

ハエドクソウ      

ハグロソウ          

フジカンゾウ      

マツカゼソウ      

マツグミ             

ミズヒキ             

ミゾホオズキ      

ムラサキニガナ   

メヤブマオ          

ヤブマオ             

ヤマハギ             

ユウガギク          

リュウノヒゲ      

| | コメント (0)

鳥見歩る記*高尾山(小仏川)2009.8.5

20090805

2009日、00分~50分 

コースは小仏川の東椚田橋(国道20号)から左岸を上流に進み、途中駒木野公園、天神梅園などを経て蛇滝橋まで約1.5kmの川沿いで山裾を歩くコースである。

小仏川の上椚田橋スタート地点にはウスバキトンボ約30頭が飛んでいた。

山懐の民家裏からコジュケイの声あり。

キツネノカミソリ(写真)、ウバユリの花が目についた。キツネノマゴが咲き出した。

鳥影は少なく、川にキセキレイも認めることが出来なかった。

ミズタマソウの花にかわいいバッタの仲間の虫がいた(写真)

20090805_2

カウントした鳥や生きものは以下のとおりです。

コゲラ    1

ツバメ    9

ヒヨドリ              10

ウグイス              2

シジュウカラ       4

メジロ    2

ハシボソガラス    1

ハシブトガラス    6

コジュケイ           2

ガビチョウ           6

イチモンジチョウ              1

キチョウ              2

クロヒカゲ           1

クロコノマチョウ              2

スジグロシロチョウ           5

ダイミョウセセリ              1

ツバメシジミ       4

ヒメウラナミジャノメ       3

ヒメキマダラセセリ           1

モンキチョウ       1

ヤマトシジミ       6

ウスバキトンボ    30

オニヤンマ           1

ハグロトンボ       1

ミヤマカワトンボ              1

アブラゼミ           20

ニイニイゼミ       15

ミンミンゼミ       30

キリギリス           5

             

アキノエノコログサ          

アキノタムラソウ             

イノコズチ          

ウバユリ             

ウマノミツバ      

エノコログサ      

オッタチカタバミ             

オトギリドウ      

オトコエシ          

オニドコロ          

オニノゲシ          

ガンクビソウ      

キクイモ             

キツネノカミソリ             

キツネノマゴ      

キンミズヒキ      

ギンミズヒキ      

クサギ   

クサノオ             

ゲンノショウコ   

ダイコンソウ      

タマアジサイ      

ツユクサ             

ニガクサ             

ヌスビトハギ      

ハエドクソウ      

ハキダメギク      

ハグロソウ          

ハナタデ             

ヒメキンミズヒキ             

| | コメント (0)

鳥見歩る記(四谷駅⇒赤坂見附⇒溜池)2009.08.04

20090804 

2009日、9時02分~9時46分  25℃ 霧雨

コースは、四谷駅をスタートし、上智大学グランドを見下ろす桜並木を通り、「紀之国坂」信号で外堀通りに出て弁慶掘りを左に見て、赤坂見付交差点まで進み、ここから外堀通りをさらに進んで「溜池」交差点で終点です。

距離は四谷駅から赤坂見付までが約1.2km、赤坂見付から溜池までが約1kmで、前半が桜並木、土手、グランド、水掘のある自然度が高い所であるのに対し、後半(外堀通)は高層ビル街を通る市街地です。

8月というのに東京は未だ梅雨が明けたという状況ではない。

今日も霧雨の中であった。

しかしセミは夏の虫、上智大学グランド上の桜並木はセミの声声声、特にミンミンゼミが数多く元気だ。

そんな桜並木のうち、1本のソメイヨシノにムクドリ約30羽が集まってきていた。

実がある訳でないので、葉に着く虫を食べてるのかと思いしばし観察したが、虫をとる様子も確実には観察できなかった。

弁慶濠にダイサギ1羽、するとその近くをカワセミ1羽が鳴きながら飛んで行った。

赤坂見附の外堀通りAIU赤坂ビル1階車庫(写真)のツバメの巣は巣中に巣立つ直前最後の1羽の雛がいた。

管理人に聞くと雛は4羽いて3羽が育ち上がり2羽が今朝巣立ち1羽が巣中に残っているとのこと。

直ぐ近くの外堀通りを横断する電線に親2羽、雛2羽のツバメが止まっていた。最後の1羽を待っているのであろうか。

それにしても、私はいいタイミングにここに通りかかったものである。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ダイサギ              1

カワセミ              1

ツバメ外堀通り    5

シジュウカラ       2

スズメ外堀通り    4

スズメ    8

ムクドリ              30

ハシブトガラス外堀通り    4

ハシブトガラス    15

ドバト外堀通り    4

ヤマトシジミ       2

コシアキトンボ    1

アブラゼミ           20

ニイニイゼミ       15

ミンミンゼミ       65

アカミミガメ       3

アカツメクサ      

アカバナユウゲショウ      

ウイキョウ          

エノコログサ      

オオアレチノギク             

オシロイバナ      

オッタチカタバミ             

カイコウズ          

カナムグラ          

カラスウリ          

クズ      

タチアオイ          

ツユクサ             

ヒメジョオン      

ヒルガオ             

ヘクソカズラ      

ヘラオオバコ      

ヤブガラシ          

| | コメント (0)

鳥見歩る記*多摩川右岸昭和堰上流河原2009.8.3

20090803_3

2009日、1015分~1049分 

コースは多摩川右岸昭和堰上流河原で河口から48km地点です。「多摩川自然観察路」の看板が立っています。ヨシ、オギ、セイタカアワダチソウ、センダングサ他の野草、タケ林、ニセアカシア林、釣掘池になっているワンド、草混じりの丸石河原がパッチ状に広がり、手入れのされてない環境です。

多摩川の増水でワンドの池の水位が上がっていた(写真)。

河原一帯の草が生い茂り、一部しか足を入れることが出来なかった。

シジュウカラの親子ぐらいで鳥も少ない。

昨年観察されたコムラサキはヤナギが昨年8月下旬の洪水で流されてしまったためか、探したが確認できなかった。

キリギリスが鳴き出した。

マユタテアカネ2頭。

ガガイモが咲き出した。

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

キジバト              1

ツバメ    4

ウグイス              3

シジュウカラ       4

メジロ    2

スズメ    30

ガビチョウ           4

釣り人    1

キチョウ              7

ツバメシジミ       3

ヒメウラナミジャノメ       3

ベニシジミ           3

ミスジチョウ       1

モンキチョウ       2

モンシロチョウ    2

ヤマトシジミ       4

ウスバキトンボ    2

オニヤンマ           1

ギンヤンマ           1

コシアキトンボ    5

シオカラトンボ    15

ハグロトンボ       10

マユタテアカメ    1

ミヤマアカネ       4

ムギワラトンボ    2

アブラゼミ           3

ニイニイゼミ       10

ミンミンゼミ       2

キリギリス           5

カナヘビ              2

カブトムシ           1

ウシガエル          

アカツメクサ      

イヌガラシ          

イヌトウバナ      

ウシハコベ          

オニドコロ          

ガガイモ             

カタバミ             

ギシギシ             

キンミズヒキ      

ケキツネノボタン             

サンカクイ          

セイタカアワダチソウ      

ヒメジョオン      

ヒルガオ             

ヘクソカズラ      

ママコノシリヌグイ          

ミゾホオズキ      

メマツヨイグサ   

ヤブガラシ          

ワルナスビ          

| | コメント (0)

鳥見歩る記*高月水田 2009.8.3 

20090803  

2009年8月3日、45分~123分 

コースは、高月水田を一周するものです。高月水田は東京都では最大規模級のまとまった水田(約30ha)で八王子市高月町にあります。秋川と多摩川が合流する地点の右岸堤防沿いにあり、中心部にできた高月浄水場で南側と北側に分断されています。

稲は未だ穂が出ていなかった。

稲株の間にはナガコガネグモが目立っていた。

緑の田んぼに白いサギがよく似合う。

しかもダイサギ、チュウサギ、コサギ3種勢ぞろいだ。

ハクセキレイの親子も田んぼで採餌中。

夏休みのためか、田んぼの用水路に網を持った魚取り親子が現れた。

こういう所に子供を連れて来る親は素晴らしい。

セッカ1羽が田んぼの上空を鳴きながら飛んでいた。

モズがいて高鳴きのような声を出していた。

しかし、未だ秋の高鳴きでないのだろう。

ウスバキトンボ、シオカラトンボ、ミヤマアカネなどのトンボが目立ち、ギンヤンマ、オオシオカラトンボも認めることができた。

まっかなショウジョウトンボは溜池にいた。

稲の葉に止まるミヤマアカネ連結を撮影できた。

20090803_2

観察した鳥や生きものは以下のとおりです。

ダイサギ              18

チュウサギ           3

コサギ    3

アオサギ              1

トビ       2

キジバト              1

カワセミ              1

ツバメ    29

ハクセキレイ       4

セグロセキレイ    2

ヒヨドリ              2

モズ       1

セッカ    1

スズメ    40

ムクドリ              1

ハシボソガラス    2

ハシブトガラス    2

ナミアゲハ           1

ヒメアカタテハ    1

ヒメジャノメ       1

ベニシジミ           25

モンキチョウ       11

モンシロチョウ    2

ヤマトシジミ       45

ウスバキトンボ    60

オオシオカラトンボ           2

ギンヤンマ           2

コシアキトンボ    1

シオカラトンボ    105

ショウジョウトンボ           2

ハグロトンボ       15

ミヤマアカネ       65

ムギワラトンボ    65

アブラゼミ           10

ミンミンゼミ       5

キリギリス           10

ナガコガネグモ    250

アマガエル          

トウキョウダルマガエル   

アカツメクサ      

アカバナユウゲショウ      

アキノエノコログサ          

イヌガラシ          

イヌホオズキ      

エノコログサ      

オッタチカタバミ             

オニノゲシ          

オモダカ             

カタバミ             

カヤツリグサ      

カラスウリ          

ギシギシ             

シロツメクサ      

スズメノヒエ      

セイヨウタンポポ             

セリ    

タカサブロウ      

ツメクサ             

トキワハゼ          

ハキダメギク      

ヒメジョオン      

ブタナ   

ヘクソカズラ      

ヘラオオバコ      

ミゾホオズキ      

メヒシバ             

メマツヨイグサ   

ユウガギク          

| | コメント (0)

2009年8月14日 (金)

鳥見歩る記*区界高原2009.8.1

20090801

2009

岩手県盛岡市に行ったついでに、山田線区界駅まで足を伸ばし、駅前の旅館に泊まって、翌日区界高原の兜明神岳に登ってきた(「区界」は「くざかい」と読む)。

兜明神岳は、北上山地の準平原に聳える独立峰で、山頂部にある岩塊が兜の様に見える事から名前が付けられという。 

標高1005m。麓の「区界高原ウォーキングセンター」という案内所に立ち寄ってキアゲハのヒルトッピングという行動の説明を読んだ。

ヒルトッピングと言うのはチョウが丘のてっぺんに集まる習性のことで、兜明神岳山頂ではキアゲハやミヤマカラスアゲハのヒルトップが観察されると解説されていた。

このことを知って期待を膨らませて頂上で待っているとノスリの親子らしい3羽の雄大な飛翔が見られたもののチョウは現れないので、帰ろうと腰をあげたら、何と1頭のキアゲハが飛んで来て私の左腕に止まった。

キアゲハのヒルトップは事実であった。

一人であったので自分の腕に止まるチョウの写真を撮れなかったのが残念だった。

区界高原は、「残丘(兜明神岳と岩神山)を核として展開する準平原とシラカンバ林やシバ草原などが広がる景観があり、北上山地を特徴づけている。」と案内版に書かれている。

林の中は植物が多く、林の下草で目を引いたのは野生のラン、あちこちに咲いていた。調べてみるとオオヤマサギソウのようだ。

黄色い花のタマガワホトトギスが多いとも書いてあったが花期の盛りは既に過ぎていた。

草原にはトリアシショウマ、ノリウツギが満開で蝶たちもいっぱい来ていた。

写真はアザミに来ていたウラギンヒョウモンです。

この草原に野生のオミナエシが咲いていたのは感激でした。

20090801_2

なお、この日の早朝、泊まった旅館の隣りにある道の駅周辺を観察すると、電話ボックスやトイレの窓におびただしい種類の蛾が来ていた。

蛾も真近でよく見ると11種皆大きさが違い、これ程蛾が綺麗な模様をしているのかと改めて知った。

この蛾を求めてスズメ、ハクセキレイ、ハシボソガラスが来て、彼らも蛾を朝飯にしているかのようであった。

観察した野鳥などは以下の通りです。

ノスリ   

キジバト             

アカゲラ             

コゲラ   

ヒバリ   

ツバメ   

イワツバメ          

キセキレイ          

ハクセキレイ      

ヒヨドリ             

モズ      

ウグイス             

エナガ   

ヒガラ   

シジュウカラ      

ホオジロ             

アオジ   

カワラヒワ          

スズメ   

カケス   

ハシボソガラス   

ハシブトガラス   

アオバセセリ      

ウラギンヒョウモン          

ウラギンスジヒョウモン   

キアゲハ             

キタテハ             

クジャクチョウ   

クロヒカゲ          

サカハチチョウ   

ジャノメチョウ   

スジグロシロチョウ          

ヒメアカタテハ   

ミドリヒョウモン             

モンキチョウ      

モンシロチョウ   

アキアカネ          

イカリモンガ      

アカバナ             

アキカラマツ      

イケマ   

イヌタデ             

ウツボグサ          

ウド      

ウバユリ             

ウマノミツバ      

オオダイコンソウ             

オオバギボシ      

オオヤマサギソウ             

オカトラノオ      

オトギリドウ      

オミナエシ          

キツリフネ          

キンミズヒキ      

クガイソウ          

クルマユリ          

ゲンノショウコ   

コウゾリナ          

コウリンタンポポ             

サワヒヨドリ      

シラネセンキュウ             

セイタカアワダチソウ      

セイヨウタンポポ             

ダイコンソウ      

タマガワホトトギス          

ツリガネニンジン             

トリアシショウマ             

ニガナ   

ヌスビトハギ      

ノアザミ             

ノブキ   

ノリウツギ          

ハエドクソウ      

ヒメジョオン      

ヒヨドリバナ      

ホタルブクロ      

ホツツジ             

ミズヒキ             

ミツバ   

ミツモトソウ      

メマツヨイグサ   

モジズリ             

ヤマジノホトトギス          

ヤマハギ             

ヤマハハコ          

ユウガギク          

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

鳥見歩る記*権八池アサザオニバス他2009.7.27

20090727

200927 9時分~100分 晴

東京にアサザの自生地があるという。

そのアサザの咲く権八池は水元公園の一角にあって、午前9時から午前10時までの1時間だけ一般公開しているというので、八王子駅を朝7時の電車に乗り葛飾の金町駅まで行き、そこから歩いて約20分、9時ちょっと過ぎに現地に着くと私と同じようなカメラを持った人が2人来ていた。

権八池はフェンスで囲まれていて、中に入ると手前の水面を覆っているのはアサザの葉とヒシばかりで、アサザの花は1花しかない(写真:黄色い花)。

よく見ると一番奥の方に小さなアサザの群落があって、黄色い花が小さく点々と見えるだけだった。

仕方がないので、一旦外に出て池の後に回り、金網越しにかろうじてアサザの証拠写真を撮ることができた。

キュウリの花に似ている可憐な黄色い花は、午後にはしぼんでしまう半日花のため、公開時間が9時から1時間というのも頷ける。

権八池の隣にオニバス(写真)の自生池がありここでも花を観察できた。

200907271

さらにその隣は東京都水産試験場の跡地で、ガガブタ(写真)が咲いていた。

そこには「いのちの勉強田んぼの学校」という田んぼの体験学習田(写真)があり、田植えされた稲は穂を出していた。

観察した野鳥などは以下の通りです。

カイツブリ          

チュウサギ          

カルガモ             

キジバト             

ツバメ   

カワラヒワ          

スズメ   

ムクドリ             

ハシブトガラス   

ドバト   

アオスジアゲハ   

キアゲハ             

クロアゲハ          

スジグロシロチョウ          

ツバメシジミ      

ツマグロヒョウモン          

ベニシジミ          

ヤマトシジミ      

ウスバキトンボ   

ギンヤンマ          

コシアキトンボ   

シオカラトンボ   

ショウジョウトンボ          

チョウトンボ      

アブラゼミ          

ニイニイゼミ      

ミンミンゼミ      

ウシガエル          

アカツメクサ      

アカバナユウゲショウ      

アサザ   

エノコログサ      

オッタチカタバミ             

オニバス             

ガガブタ             

200907271_2

カタバミ             

ガマ    

クサギ   

コウホネ             

シロツメクサ      

セイバンモロコシ             

セイヨウタンポポ             

タコノアシ          

ツユクサ             

ヒメガマ             

ヒルガオ             

ヘクソカズラ      

ヘラオオバコ      

ホタルイ             

ミソハギ             

ヤナギハナガサ   

ヤブガラシ          

ヤブカンゾウ      

20090727_2

| | コメント (0)

鳥見歩る記*小仏城山2009.7.26

20090726

200926 9時5分~14時35分 晴

高尾山系には約1300種の植物があるという。

そこでその1300種に挑戦しようと高尾山系で実際に観察した植物リストの作成を行っている。

今日はその一環で日影沢から林道を小仏城山に登り、一丁平、紅葉台を経て逆沢作業道を下って日影沢に戻って来るコースを歩いた。

95分に歩き出して、自転車を置いた日影沢入口に戻って来たのは1435分でした。

日影沢入口にはキツリフネが咲いていた。

夏休みで日曜のためかキャンプ場までは車を含め混んでいたが、その先は空いていた。

オオルリ、クロツグミが未だよくさえずっていた。

さらに進んでタカの声らしいものが聞こえてきたので、しばし耳を傾けるとカケスの真似鳴きであった。

ダイコンソウ(写真)、タカトウダイなどが目立つ。ミツモトソウも黄色い花をつけていた。

20090726_2

ムラサキシジミが横切った。

城山頂上近くにくるとオオバギボウシ、ヒヨドリバナが現れその花にアサギマダラ、サカハチチョウ(写真)が来ていた。

城山山頂の手前でイワツバメ約30羽の集団が現れ、西の方向へ消えて行った。

イワツバメはもう秋の渡りが始まっているのだろうか。

観察した野鳥などは以下の通りです。

キジバト             

コゲラ   

ツバメ   

イワツバメ          

ヒヨドリ             

クロツグミ          

ウグイス             

オオルリ             

ヒガラ   

ヤマガラ             

メジロ   

ホオジロ             

カケス   

ガビチョウ          

アサギマダラ      

ウラギンシジミ   

キチョウ             

キマダラセセリ   

コミスジ             

サカハチチョウ              

スジグロシロチョウ          

ツマグロヒョウモン          

テングチョウ      

ベニシジミ          

ミスジチョウ      

ムラサキシジミ   

モンキアゲハ      

ルリシジミ          

ニイニイゼミ      

ヒグラシ             

アキノタムラソウ             

イヌザンショウ   

イヌトウバナ      

イノコズチ          

ウツボグサ          

ウマノミツバ      

オオバギボシ      

オオバコ             

オカトラノオ      

オッタチカタバミ             

オニタビラコ      

オニドコロ          

キツリフネ          

キンミズヒキ      

ケキツネノボタン             

コアカソ             

シンミズヒキ      

セリ    

ダイコンソウ      

タカトウダイ      

タケニグサ          

タニタデ             

タマアジサイ      

チダケサシ          

ツユクサ             

ドクダミ             

ナワシロイチゴ   

ナンテンハギ      

ニガクサ             

ニガナ   

ヌスビトハギ      

ハエドクソウ      

ハキダメギク      

ハグロソウ          

ヒメキンミズヒキ             

ヒメジョオン      

ヒメヤブラン      

ヒヨドリジョウゴ             

ヒヨドリバナ      

ヘクソカズラ      

ヘビイチゴ          

ホウチャクソウ   

マツカゼソウ      

マユミ   

ミズヒキ             

ミゾホオズキ      

ミツバ   

ミツモトソウ      

ミミガタテンナンショウ   

ムカゴイラクサ   

ムラサキニガナ   

メヤブマオ          

ヤブガラシ          

ヤブミョウガ      

ヤブラン             

ヤマテリハノイバラ          

ヤマホトトギス   

ヤマユリ             

ユウガギク          

ヨウシュヤマゴボウ          

ワレモコウ          

| | コメント (0)

鳥見歩る記*多摩川ツバメ集団ねぐら探し2009.7.25

20090725

200925 17時30分~19時30分 晴

毎年この時期に実施している多摩川流域ツバメ集団ねぐらの一斉調査で、多摩川右岸の浅川合流付近を担当した。

1830分頃、10羽程度のツバメの集団が幾つか現われて飛び交うが、定着せず下流方向へ向かってしまう。

チョウゲンボウ1羽が北の方から出てきて、南の方へ飛んで行った。

暗くなってからライトスコープで河原を確認するもツバメの姿は無く、下流の四谷橋下流側に形成されている大きな集団ねぐらの方に向かったものと思われる。

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »